February 05, 2008

2008春季キャンプ事情 #2 3

◆パウエル二重契約問題、パ・リーグ裁定に両球団猛反発
パ・リーグ連盟は交流戦終了後の6月23日以降の登録…と言う事実上の出場停止処分を前提にソフトバンクの契約を認める勧告を出した。三方一両損と言う方針だが、契約無効とされた偽バファローズは一方損と言う思いしかなく、「両球団共に契約を認めないと言う裁定でなければ、納得出来ない」と怒り心頭。連盟側の主張はあくまで勧告であって、強制力は働かない為、この儘、偽バファローズが簡単に引き下がる筈もないのだが、中村本部長は「腸が煮えくり返る思い」,コリンズ監督は「同じアメリカ人として恥ずかしい」,破戒僧・清原は「グラウンドでやっつける価値もない」と、パウエルをメタクソに叩いており、最早、偽バファローズ入りした所で不協和音しか起こさない状況だ。開幕ローテに不安がある為にパウエルの緊急獲得に動いたソフトバンクも3ヶ月も使えないのでは獲得意図が希薄になると不快感を示しているが、その一方で出場停止処分は不正を働いたからではなく、球界を騒がせた事によるペナルティと解釈し、連盟が偽バファローズではなく、ソフトバンクとの契約に優位性があると認めた事になる…と都合のいい所だけは受け入れるつもり満々だ。自己主張の為に来日したパウエルはメディカルチェック後に来季のバイアウトに関する契約事項に球団側に有利になる様な変更を要求してきた偽バファローズに不信感を抱いて、契約破棄を通告した事を主張しており、既に、心はソフトバンクの一員であると強調した。

◆早くも呪いの影響!? トンガ、腹痛でダウン寸前
キャンプ初日に柵越えを連発したトンガだったが、飛ばし過ぎた影響で全身に張りを訴え、一気にペースダウン。その上、腹痛にまで見舞われて、ダウン寸前。早くも水島の呪いの影響が出てしまったのか!?

◆巨人、リタイア第1号は内海
巨人春季キャンプの風物詩・ソーサ元木のリタイアが見られなくなって以来、混沌としているリタイア第1号争いだが、今年は内海が右脇腹痛で不名誉な歴史に名を刻んでしまった。第1号になる様な事があってはならない選手の筆頭クラスとも言えるだけに、若大将もご立腹の様子。こうしてみると、ソーサ元木の存在は偉大だった。誰もが回避したいリタイア第1号に進んで(?)なってくれて、他の選手のプレッシャーを軽減。恒例行事なので、首脳陣からも「またか…」で軽く済まされてしまうなど、全く波風を立たせない素晴らしい働きだった訳だ。

◆人斬り抜刀斎、ようやくサイン
川相不在と言う計り知れない逆境下で12勝もしたのに何故評価してくれないのだ!とばかりに球団側の提示に不快感を示し、自費キャンプを送っていた人斬り抜刀斎だが、結局、球団側の提示は現状維持で変わらず、渋々サイン。これで中日はようやく全選手の契約更改が完了した。

 ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:47コメント(0)トラックバック(3)2008 プロ野球  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. パウエル投手はホークス入りへ  [ FREE TIME ]   February 06, 2008 09:35
先週から球界を騒動に巻き込んだ、あの投手の去就が決まりました。
2. 岡本 ジャパン入り!?  [ なごやぶろぐ ]   February 06, 2008 22:28
正気か!?星野!! 「岡本はいい選手。本当は北京五輪予選に連れて行こうと思っていた。」 連れてっとったら岡本の西武入りはなかったような気が。。 「おれの頭の中に入っているからな。」 頭に入れとかなかんのは、アジアシリーズ韓国戦の超特大の一...
3. パウエル問題にパリーグ裁定〜三方一両損?〜  [ 虎哲徒然日記 ]   February 07, 2008 10:01
パ・リーグの小池唯夫会長は4日、前巨人のジェレミー・パウエル投手(31)がソフトバンク、オリックスと二重契約状態になった問題で、6月23日以降にソフトバンク側の支配下選手契約を認めるとする解決策を両球団の代表に勧告した。 パ連盟はこの日、前日来日したパウエル投....

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ