December 16, 2007

星王、大凋落のヘッポコ投球! 中日打線、またも三者凡退の体たらく! / 今週の「ドカパロSS 超地獄変」 2

 4番手としてマウンドに上がった星王に対して、山田は出すサインは2つであとはミットの位置を変えるだけだと指示。一方、落合監督は素人投手を次々に送り出す土井垣のイカレ継投策に怒り心頭でここまでパーフェクトに抑え込まれているのは恥だとナインを叱咤していた。当の星王は打たれても、素人を起用する土井垣の責任である上、向こうが勝手に余計な事を考えてくれると言う山田の言葉もあって、プレッシャーに苛まれる事なく、すっかりリラックスモード。山田の思惑通り、荒木は星王の球種を予想したり、大きな体躯から実は150kmのボールを投げるのではなどと、無駄に思案するばかりで、チェンジアップ紛いの星王の遅いボールに打つのも気の毒なくらいだと、無為に見逃して、簡単に追い込まれてしまう。そして、3球目の速球にあえなく空振り三振。このボールが150kmかと言う錯覚に襲われた荒木だが、実際には135kmしか出ておらず、単に、緩急に翻弄されただけの事だった。続く井端は1球毎に「よっしゃー!」と派手なガッツポーズを繰り返す星王に苛つかされていた上、バックホームの様な野手投げに相手が素人投手である事を改めて確認させられ、余計な力みが入ってしまい、捉えたかに思われた打球も平凡なセンターフライに終わってしまう。星王の投球がストレートかスローボールの二択しかない事を認識した上で打席に入った森野は初球、スローボールにヤマを張る。山田はストレート狙いと読み違えたものの、星王が「よっしゃー!」といきり立っているのを見た森野は「あの力み方はストレートだ」などと、余計な考えを起こして狙いを翻してしまった挙げ句、スローボールに泳がされてのファーストライナーに打ち取られ、中日はまたも三者凡退。プライドもへったくれもない打撃妨害紛いの投球を続けているくせに、東京の継投策を見てて、安いプライドに火がついた山井は闘志を燃やしながら、結局、目眩まし投法を駆使する姑息さで殿馬,微笑,山田の好打順を3人で退ける。見守るしかない里中は残りのイニングも残りの野手で繋いでいく事を想像しながら、その可能性を否定。また、ブルペンでは投手陣に対する不信感丸出しの土井垣の采配にぶち切れながら、いつか出番が来ると信じて池田が熱投を繰り広げていたが、本職の投手陣に対する計り知れない不信感に揺らぎはない土井垣は池田らの怒りの炎に油を注ぐがごとく、5回のマウンドに岩鬼を送り込むのだった。

 地獄のオールスター,意味不明の相撲編が収録されている「ドカパロSS」の最新刊で、水島氏はセ・リーグがクライマックスシリーズに便乗してしまった事に関して激しく憂いており、この点に関しては同感なのだが、だからと言って、その八つ当たりをリーグ制覇もせずに上がってきてしまった中日にする事はないだろう。それならば、史実を覆して、巨人をシリーズに出場させていた方がまだマシだった…と言うくらい、今週も中日はひたすらシメにシメにシメられまくる可哀想な展開。孤軍奮闘の山井もその活躍の要因が姑息な目眩ましにある訳で中日勢は誰一人としてまともな扱いは受けていない訳だ。またも素人投手に三者凡退に抑え込まれ、依然としてパーフェクト。山井のパーフェクトはたった6人で断ち切りながら、打線の方は素人投手9人リレーの前にパーフェクトなんて事になったら、完全に中日に対する冒涜だろう。いや、もう既に十分冒涜し過ぎていると思うが…。ところで、星王は危惧していた通り、ヘッポコ投手に…。りんご園時代の凄い投球を知るだけにこの凋落ぶりには涙が止まらない。さて、いよいよ次回は岩鬼登板。またノーコンぶりを山田があの手この手で調整すると言うパターンだろうか。たまには新鮮味のある展開を期待したいものだが…。それにしても、池田がぶち切れるのは当たり前。投手陣に何の説明もなしにこういう事をやってしまうと言うのは上に立つ者としてどうなのか? こんな暴君の為に勝ってやろうと思う選手はいないと思うのだが…。

ドカベン スーパースターズ編  (21)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(4)トラックバック(0)2007 ドカベン  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by むめい   December 16, 2007 20:41
山井ではなく、東京の素人投手陣の方にパーフェクトをさせて落合監督に当てつける…って事になるんでしょうかね。
2. Posted by ギア   December 16, 2007 22:30
5 土井垣が高校時代キャッチャーだったことは知られているのに、星王がピッチャーだったことは全然知られてないんですよね。なんだかなあ。また、あの丸めた人差し指から相手を見やる洞察力パワーが見られるかと期待してたのに……。
3. Posted by 主砲・原   December 17, 2007 06:50
>むめいサン
その可能性はあるんですが、あまり当てつけになってないですよね。
8回まで完全の山井を続投させてこそ意味があるのに…。

>ギアさん
土井垣は高校時代は最後の年の白新戦まで捕手で
日ハム時代もずっと捕手ですから、知られていて当然です。
星王は明訓戦で数イニング投げただけと言うマニアックな情報ですし
忘れられていたとしても、そう不思議ではないと思いますよ。
清原がPL時代に甲子園で投げた…程度の印象ですかね。
まぁ、投球の印象度は清原とは雲泥の差ですが…。

4. Posted by ぽるち   December 17, 2007 22:58
むしろ土井垣は
「高校時代捕手だった」
と言われるひどい扱いでしたよね。

日ハム時代は代打の切り札になっていたときもあったみたいなので、印象が薄いのかもしれませんが。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ