August 25, 2005

ストーカー女、プレーオフを完全私物化! / 今週の「ドカパロSS」

 いよいよ試合開始となったプレーオフ第2ステージ第1戦。四国のトップバッターとして打席に入ったお嬢は右手で持ったサードの方へかざし、一見、岩鬼を挑発しているの様に見えたが、実は右手首にしていた「4」と書かれたリストバンドをセカンドの方へ向けて、殿馬へラブコールを送っていたのだった。このストーカー女は殿馬の方へ打球を飛ばしたいに違いないと察知した山田は引っ張り狙いを警戒するが、お嬢はサード前へセーフティバントを敢行。一見、裏をかいたかの様に見えるが、実は殿馬がファーストのバックアップに来させて、一歩でも近付く事が狙いだった。結局、岩鬼の送球は間一髪間に合わず、セーフ。殿馬の「ナイスバントづら」と言う声にすっかり昇天状態のお嬢。続く偽知三郎はヘッポコバントをかまして、キャッチャーフライ。一刻も早くも二塁に行きたいお嬢はこのヘッポコバントに怒り心頭で、最早、他人は相手にならんとばかりに二盗を敢行。山田の好送球の前にあえなく憤死するが、お嬢はクロスプレーにかこつけて、スライディングの儘、殿馬と抱擁するセクハラ行為。ノーサインで走った上、失敗してヘラヘラしているお嬢に四国ベンチは憤慨する事しきり。無表情で沈黙を貫いている小次郎が不気味だ。3番・左貫はショートゴロに倒れて、結局、3人で攻撃終了した四国だが、お嬢は殿馬とのどさくさ紛れの抱擁に喜色満面。サードの守備についても、殿馬が三塁まで来たら何をしようかなどと妄想する事しきり
 
このストーカー女、早いトコ、この作品から退場してくれないだろうか。
 
 小次郎もこんな大一番で勝敗度外視の独断専行プレーをかます様な奴を起用するなよ! そろそろ殿馬に「おっ、よぉ、てめぇ、試合を私物化するのも大概にしろづらぜ…」と、冷たい一言を放って貰って、傷心のストーカー女にはサッサと身を引いて貰いたい。因みに、サチ子ショックで絶不調の筈の里中に関しては、全くフィーチャーされず、無難な立ち上がりを見せるなど、またまたスカシネタだった。左貫との対戦成績が6の0だそうだが、エースのくせに2位チームの3番とたったそれしか対戦がないのはどういう事よ!?
 
 
 
ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング


ritzberry at 20:15コメント(0)トラックバック(0)2005 ドカベン  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ