August 15, 2005

第6話 「希望のバウンドボール」 / 今週の「プレイボール」

pb06.jpg

 谷口の攻守に渡る活躍で1回戦を突破した墨高。田所は2回戦から、最も打力の高い谷口の4番サードでのスタメン起用を決意する。まるで投げられないと思われていた谷口だが、バウンドボールなら投げられる上、それですら他の部員の送球より速い事が分かった以上、あとは送球を受ける側が確実に捕球出来る様になればいいと特訓を開始。ランニングの最中、2回戦の相手・城東高が近くにある事を思い出した田所は城東高の主将・小倉が中学時代の親友であると言うコネを生かし、ナインを引き連れて堂々と偵察に乗り込む。墨高ナインの案内役として小倉が呼びつけた一年生は谷口の墨谷二中時代のチームメート・松下だった。明らかに格下相手と見て、練習を惜しげもなく見せてくれる城東高だったが、谷口の「決して勝てない相手じゃない」と言う言葉に墨高ナインは奮起して、痣だらけになりながらもバウンドボール捕球の特訓に精を出す。谷口は例によって、夜間の神社特訓を行っていたが、そこへ突然、松下が訪れる。中学時代と全く変わらず、目の前の事に一生懸命な谷口を羨ましく思う松下。周りに追いつきたいと焦るばかりで野球が楽しいと言う事すら分からなくなっていたのだが、「それじゃ、分かるまでやってみればいいんじゃないかな」と言う谷口の言葉に励まされる。そして、迎えた2回戦当日。シートノック中の谷口のバウンド送球を見て同情し、エース・藤井を温存して、3番手投手の安藤を先発起用するなど、すっかり墨高をナメてかかっている城東高だったが、バウンドボール特訓の効果により、守備力が上昇していた墨高内野陣の好守により、初回、三者凡退に倒れる。その裏、墨高は二死から山口がヒットで出ると、4番で初スタメンとなった谷口がレフトスタンドへ豪快な2ランを叩き込み、2点を先制。それでも余裕を見せていた城東高ナインだったが、谷口メモを参考に弱点を巧みにつく中山の前に2回も三者凡退に終わり、徐々に顔色が変わっていく。事態を重く見た城東高の監督は、流れを引き寄せるべく、その裏から早くもエース・藤井を投入するのだった。

 城東高偵察に行く谷口に菓子折りを持たせる母ちゃんに和まされる今回、目玉はやはり、旧友・松下の登場だろう。前回も触れたが、「キャプテン」でのメガネキャラ設定を引き継いでいるのがいい。キャプテンに対しては同級生であろうとも敬語を使う…と言う世界なので、谷口と松下がタメ口で会話をしているだけで非常に新鮮。加えて、神社でのオリジナルの会話シーンはかなり嬉しかった。対等な立場になった事で、余計に谷口の凄さが引き立った気がする。谷口の様な人間に引っ張られる事で頑張る力を貰っていた松下だが、谷口と袂を分かってなお墨谷二中スピリットを保ち続けられる程、強い人間ではなかった様だ。とは言え、層の厚い城東高において、何だかんだで1年生でベンチ入りしているくせに、自信喪失状態なんて贅沢だぞ、松下!(もし、部員数が少なくて必然的に入れたのだとしたら、全然層厚くないし…)
 ところで、今回の試合は原作とは大幅に変更されている。原作では墨高は後攻だったし、城東高の先発は松下。初回、いきなり山本,太田と連続三振に取るも、谷口を意識し過ぎて、田所に死球。谷口との対決では完全に飲まれてしまい、投げる前からアップアップの松下は特大ファールを打たれた所で降板となり、代わったエース・藤井が2ランを打たれると言う展開だった。来週の予告からすると、松下は谷口に対するワンポイントリリーフで出てくる模様。試合前から谷口にひたすら怯え続けて自滅してしまった原作の松下。谷口は味方にすると心強いが、敵に回すと恐ろしいと言う事を伝える意味では大いに成功だったのだが、その後、何らフォローがない儘、消えていった松下の描写には不満が残っていた。今回のアニメ版では谷口に悩みを打ち明ける前振りがあったりして、原作よりドラマチックな対決になりそう予感。谷口との対決が今後の松下にとって糧になる様な描写を期待したい。予告を見る限り、あの独特の投球モーションは一応、再現している様だが、膝を上げた時のタメが短く、そこから伸び上がる様な動きも小さくなってしまっていて、ちょっと残念。
 まぁ、「プレイボール」の選手の動きは全体的に不満なので、仕方あるまい。どいつもこいつも手投げだしなぁ。お前ら、みんなバッティングピッチャーか! あと、谷口のバウンド送球が他の部員が普通に投げたより速い……なんて、他の部員の送球はどれだけ遅いねん!とツッコミたくなるくらい無理がある設定なのだが、説得力を感じさせる程、速く見せてくれるのかと思いきや、完全に一塁へ来る頃には失速しきっていて、全く速そうに見えないのには、ガックリ来る…。もう言うまいと思っていても、言わずにいられない不満が多いなぁ(T_T)。


プレイボール (6)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:06コメント(1)トラックバック(2)キャプテン・プレイボール  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 予告編に興奮  [ 空はどこまでも ]   August 16, 2005 16:55
松下の投球フォームがぁ! み・みましたか!?奥さん!!ってな勢い。 小さな私の目が{/face_sup/}こんなに見開きましたよ〜。 予告編にこんなに興奮するなんて!一瞬でしたが期待通りに変!祝〜{/roket/} やればできるじゃない〜{/face_naki/}スタッフの皆さんっ。 お陰で
2. プレイボール  [ ゼロから ]   August 17, 2005 01:20
レギラー入りして、4番サード。 谷口、凄いよ!

コメント一覧

1. Posted by わんだーサク   August 16, 2005 16:55
もう、言うまい…と思ってもやはり言ってしまいますよねー。
けれども松下のフォームは今までの流れでいくとスタッフ頑張ったのかもしれません。
やれば出来るから頑張ってほしいです。
お前らみんなバッティングピッチャーか?に笑ってしまいました。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ