November 2010

November 20, 2010

では、続いてパ・リーグ編。

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
和田 H 76 62 19 585
杉内 H 59 54 23 480
西岡 M 44 25 36 331
ハマのスペランカー H 14 20 37 167
ダルビッシュ F 4 9 19 66
金子千 Bs 6 8 11 65
ファルケンボーグ H 3 11 11 59
摂津 H 5 7 11 57
小久保 H 3 2 3 24
川崎 H 1 3 9 23
馬原 H 0 6 3 21
T−岡田 Bs 1 0 6 11
成瀬 M 1 0 1 6
本多 H 0 1 2 5
中島 L 0 1 2 5
稲葉 F 0 1 0 3
片岡 L 0 0 2 2
岩隈 E 0 0 2 2
小谷野 F 0 0 1 1
(白票)   0 7 19 40

相変わらず、最優秀選手ではなく、最高殊勲選手の印象が濃いMVPだけに、一番気がかりだったのは、日韓クラブチャンピオンシップごときエキシビジョンマッチに進出した事で浮かれ果てているロッテに食われ、すっかり優勝チームの印象が消え失せてしまっているソフトバンクが果たして、正当に優勝チーム扱いして貰えているのかと言う点だったが、とりあえず、ソフトバンクから和田が選ばれて、一安心。と言っても、ロッテは突出したヒーローがおらず、200安打越えで首位打者の西岡ですら大活躍のイメージが薄かったのが奏功しているだけの事かもしれないが…。パ・リーグは打点・本塁打の数字が物足りず、投手陣もダルビッシュや金子千が4,5位チームとあって、普通に考えれば、和田,杉内の争いになるのは、目に見えていたか。ダントツ最下位とは言え、10勝しかしていない岩隈に3位票が2票入っているのは、釈然としない。投手だけ3人選んでも、岩隈は入って来ないだろ…

【新人王】

選手名 球団 得票数
榊原 F 84
甲藤 H 50
森福 H 15
荻野貴 M 10
トンガ F 6
清田 M 4
(該当者なし)   48

独走体勢と思われた荻野貴の戦線離脱により、混沌となってしまったパ・リーグ新人王レース。序盤の貯金だけで荻野貴が取ってしまいやしないかと警戒していたが、流石に、離脱期間が長過ぎた。該当者なしの可能性も予想に入れていたが、結局、中盤戦に驚異の勝ち運を発揮した榊原が混戦を制して、栄冠をゲット。本当の意味での「ルーキー」が殆ど活躍していないだけに、2年目以降の有資格者の争いになるのは分かっていたが、、上位3人が中継ぎ投手なんて珍しい事もあるもんだ。ポストシーズンで大ブレイクした清田だが、いかんせん台頭が遅過ぎた。トンガもアーチ量産時はもしや…と思わせたが、長続きしなかったのが残念。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
和田 H 59
金子千 Bs 56
ダルビッシュ F 50
杉内 H 36
ファルケンボーグ H 1
成瀬 M 1

最多勝を分け合った和田&金子千と、二冠のダルビッシュの三つ巴は和田が僅差で逃げきり、初受賞。僅かに遅れを取った杉内も十分、圏内ではあった。ホールド王のファルケンボーグは単純に先発投手陣と比較出来ない部分があるとしても、成瀬をトップ評価すると言うのは、イカレ投票と言わないまでも、少々疑問符が…。

【捕手】

選手名 球団 得票数
E 191
細川 L 3
里崎 M 3
鶴岡 F 3
田上 H 1
上本 L 1
的場 M 1

突如、打撃開眼した嶋が満票近い数字で初受賞。ゴールデングラブの受賞はかな〜り微妙だったが、こちらは文句なしだろう。満票取っても不思議ではないくらい、打撃成績では図抜けていた。下位の面々の成績を見ていくと惨憺たるもので(辛うじて里崎がマシな程度か)、よくもまぁ、こいつらに票を入れる気になったもんだと…。特に、的場とかに入れてる奴、誰だよ!

【一塁手】

選手名 球団 得票数
カブレラ Bs 128
小久保  H 50
M 15
T−岡田 Bs 8
フクーラ M 1
小谷野 F 1

すっかり中距離ヒッターっぽくなってしまったカブレラが2年ぶり4度目(他DHで1度)の受賞。カブレラとしては、大人しい数字ではあるのだが、他にめぼしい候補がいなかった。金は水島の呪いにさえかからなければ、打点王もベストナインもゲットしていたかもしれなかっただけに気の毒である。「ドカパロ」に置いて、存在を抹殺される事より、むしろ引っ張り出される事の方が恐ろしいのだと、まざまざと見せつけられた。小久保の50票は優勝チーム補正か?

【二塁手】

選手名 球団 得票数
田中 F 125
本多 H 42
井口 M 21
片岡 L 13
後藤 Bs 2

打率2位の田中が2年連続4度目の受賞。盗塁王の本多が追いすがったが、何だかんだで田中も34盗塁しているし、やはり、盗塁と言う要素はベストナインにおいて、あまり強みにはならない様だ。盗塁王を分け合い、ほぼ同じ打率の片岡に大差をつけている辺り、一応、本多に優勝チーム補正は付いていたのだろうか? それにしても、細川と言い、後藤と言い、こういう形で検証すると、FA戦線の目玉扱いされているのが何だか不思議に思えてくる。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
小谷野 F 146
今江 M 56
中村 L 1

日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦のMVPなど、微塵も評価される筈がなく、今江を抑えて、打点王の小谷野が余裕の初受賞。長期離脱が響いた中村はフル出場していれば、本塁打王だったかもしれないと思わせる底力は見せたものの、今季に限って言えば、1票貰えたのが不思議なくらいである。だから、どうせ大局に影響しないだろ…的な投票はやめろっつーの!

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
西岡 M 191
川崎 H 6
中島 L 6

200安打越えの首位打者・西岡が圧倒的大差をつけて3年ぶり3度目の受賞。昨年の大不振から巻き返した川崎だが、ここまでの差をつけられるとは思わなかった。打率に盗塁と、西岡とアピール出来る点が同じとは言え、この差は大き過ぎる気が…。中島もあの成績でこれ程の惨敗は予想外。もしや、西岡には亡命補正でも付いてるんじゃないか?

【外野手】

選手名 球団 得票数
ハマのスペランカー H 195
T−岡田 Bs 157
栗山 L 111
糸井 F 52
鉄平 E 50
坂口 Bs 15
稲葉 F 9
オーティズ H 8
サブロー M 6
聖沢 E 2
松中 H 1
高山 L 1
荻野貴 M 1
劇団ひちょり F 1

膝の高さから飛び降りただけで命を落としかねない貧弱な体で何と140試合も出ると言う奇跡を見せてくれた事に感動した記者の投票が殺到したのか、ハマのスペランカーがトップ当選で悲願の初受賞。開幕前からの多大な期待に応えて、見事、本塁打王に輝いたT−岡田も堂々の初受賞。3人目は僅差の戦いが予想されたが、結果は栗山が2年ぶり2度目の受賞となった。個人的には、糸井を推していたので、ちょっと残念。他にも鉄平,坂口など、似通った数字の選手が並んでおり、誰が獲っても理解は出来る状況ではあったが、その中で、栗山が4位以下にこれだけの差を付ける事が出来た決定的なポイントは一体何だったのか、イマイチ分からない。

【指名打者】

選手名 球団 得票数
フクーラ M 75
山崎 E 59
カブレラ Bs 36
ブラウン L 15
オーティズ H 4
中村 L 4
T−岡田 Bs 4
稲葉 F 2
小久保 H 1
ペタジーニ H 1
あの男 F 1
北川 Bs 1

フクーラが17年目にして、ついに初受賞。打撃専業のDHとしては、イマイチ、パッとしない数字で規定打席にも到達していない訳だが、他の面々がそれ以上にパッとせず、DHが本業でなかったりしているのだから、仕方ない。該当者なしじゃダメなの? やはり、DHにはもう少し長打力を求めたい所なのだが、山崎は長打力が及第点でも、打率が低過ぎたのが、頂けなかったと言う所だろう。それにしても、あの男に1票入れる暇があったら、他に幾らでも入れる奴がいるだろ! .262 7本 47打点なんて数字でリーグ随一のDHにあてがうくらいなら、いっそ白票にしろよ!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 15:29コメント(0)トラックバック(7)2010 プロ野球 

November 18, 2010

この日、プロ野球のコンベンションが行われ、ようやくMVP・新人王・ベストナイン受賞者が発表されたと言う事で、投票結果を追っていこうと思う。まずはセ・リーグから…

【MVP】

選手名 球団 1位 2位 3位 点数
ベンちゃん D 131 75 16 896
浅尾 D 66 82 24 600
マット・マートン T 22 29 73 270
前田健 C 18 20 31 181
寿司職人ラミレス G 6 15 22 97
森野 D 5 11 30 88
岩瀬 D 4 5 13 48
ウッチャン D 3 7 9 45
青木 S 0 4 7 19
阿部 G 0 2 0 6
高橋聡 D 0 0 4 4
吉見 D 0 0 1 1
ソニック T 0 0 1 1
J.マッケンジー T 0 0 1 1
ブラゼル T 0 0 1 1
久保 G 0 0 1 1
(白票)   0 5 21 36

ベンちゃんは最高出塁率をマークしたとは言え、いわゆる打撃三冠は無冠。後述のベストナイン外野手部門でもあわや4位と言う僅差での3位ながら、MVP(=セ・リーグ最年長記録)をゲットしてしまう辺り、本来「最優秀選手」である筈のMVPが、相変わらず優勝チーム優先の「最高殊勲選手」として扱われている印象を受けた。そういう意味では、個人的には密かに浅尾の受賞を期待していた。優勝チームから選ぶならば、あれだけ僅差で優勝した中日にとって、紙一重の試合を何度も勝利に導いた浅尾の貢献度は計り知れないだろうと思っていたのだが、やはり、MVP扱いして貰えるまでには中継ぎ投手の地位は高まっていないのかもしれない。MVPに関しては、意外とイカレ投票が少なく、そこそこ妥当な名前が続き、ツッコミづらいのだが、あえて言うなら、久保に3位票が1票入っている事に疑問符が付くくらいだろうか…。

【新人王】

選手名 球団 得票数
長野 G 233
堂上直 D 5
秋山 T 5
加賀 YB 3
中沢 S 2
西村 T 1
岩本 C 1
(該当者なし)   5

長野がぶっちぎりトップで受賞。唯一の規定打席到達で19ホーマーじゃ、他の追随を許さないのも仕方ない…と言うか、満票でも不思議ではないくらいなのだが、単純に比較出来ない投手はまだしも、明らかに数字で見劣りする堂上直や岩本と言った野手に票を入れてしまう記者の神経はいかがなものか? 一時期2割台前半まで落ち込み、ファーム落ちも経験した長野だが、ここまで盛り返したのは見事だった。これで巨人からは山口,松本に続いて3年連続の新人王輩出(1986年の広島以来)。ドラ1の沢村がこれに続けるか、注目である。開幕前の段階では中沢が本命かなと思っていて、実際、序盤はそういう気配だったし、このペースなら10勝もいけるかも…と期待していたら、夏場に入って失速し、防御率も急降下。後半戦の印象が悪過ぎるのか、新人最多の7勝をマークしてるのに、僅か2票しか貰えない有様とは、何ともガッカリだ。3勝12敗の加賀にすら負けるとは…。まぁ、加賀が負けまくってるのは、明らかに横浜が弱過ぎる所為ではあるのだが…。

以下はベストナイン…。

【投手】

選手名 球団 得票数
前田健 C 238
浅尾 D 6
ソニック T 1
館山 S 1

投手三冠に加え、沢村賞もゲットした前田健が文句なしの初受賞。浅尾やソニックは辛うじて分かるとしても、館山を最優秀投手などと考えてる記者はどういうつもりなのか? 好成績ではあるけれど、リーグトップとまで評価するその根拠を是非とも聞かせて貰いたい。プロの記者なんだから、納得のいく理由くらい当然説明出来る筈だ。

 【捕手】

選手名 球団 得票数
阿部 G 148
J.マッケンジー T 83
谷繁  D 14
相川 S 1

ゴールデングラブはJ.マッケンジーに持って行かれた阿部だが、打撃優先のベストナインはしっかり確保し、4年連続5度目の受賞。J.マッケンジーも十分、ベストナイン級の成績だが、流石に、44発も打たれては仕方ない。規定打席にすら達してない谷繁に14票も入ってるのは、やはり優勝チーム補正か?

【一塁手】

選手名 球団 得票数
ブラゼル T 212
ガッツ G 21
内川 YB 5
ブランコ D 4
栗原 C 2
森野 D 1
ホワイトセル S 1

ゴールデングラブはリーグ史上初となる該当者なしの惨状だった一塁手部門だが、ベストナインはギリギリまでホームランキングを争ったブラゼルが大差で初受賞。 他に流れてる票がガッツ,内川,栗原,森野と「ファーストを守る事もあったけどさ…」的な連中ばかりなのには苦笑するばかりである。

【二塁手】

選手名 球団 得票数
平野 T 221
田中 S 19
堂上直 D 3
井端 D 1
東出 C 1
カスティーヨ YB 1

ゴールデングラブは田中を僅か3票差で上回っての受賞だった平野だが、あわや首位打者と言う巧打が評価され、ベストナインでは田中に圧倒的な差をつけた。平野や田中を差し置いて、堂上直に票を入れている記者は一体何を考えているのか。優勝チーム補正が入っても追い付きようのない差があるだろう。井端に至っては、もう頭がおかしいとしか思えない。こんな形で大事な1票を使うのは、職権濫用以外の何物でもないだろう。こういう馬鹿げた票をなくす為にも投票者の実名を公開して貰いたいものだ…。

【三塁手】

選手名 球団 得票数
森野 D 171
ガッツ G 54
新井 T 19
宮本 S 2

数字で言うと、打点,本塁打で上を行くガッツが、森野にこれだけの大差をつけられたと言うのは、優勝チーム補正以外の何物でもないだろう。しかし、2位どころか3位とすらたった1ゲーム差での優勝なのに、こんなに補正が付いていいものか? 初受賞となった森野だが、昨年と比べると、数字程、パッとした印象がないので、これ程の圧勝はちょっと意外であった。更に、112打点も挙げているのに、殆ど票が入らなかった新井は何だか不憫だな…。とにかもかくにも、宮本のベストナインはどう考えてもありえない。

【遊撃手】

選手名 球団 得票数
鳥谷 T 139
坂本 G 50
C 47
荒木 D 8
石川 YB 2

100打点突破の鳥谷,30発越えの坂本,盗塁王の梵の三つ巴の戦いは、予想以上に下位に差をつけて鳥谷が制し、2年連続2度目の受賞。坂本はエラーが多過ぎる点に関しては、ここでは目を瞑って貰えてると思うが、やはり、終盤の大不振が大きく響いてしまった感じだ。

【外野手】

選手名 球団 得票数
マット・マートン T 212
青木 S 187
ベンちゃん D 170
寿司職人ラミレス G 158
ルパン広瀬 C 9
赤松 C 1
内川 YB 1

鈴木一朗越えの214安打をマークしたマット・マートン(初受賞),首位打者の青木(6年連続6度目),MVPのベンちゃん(パでは外野手で4度,DHで1度だが、セでは初)と上位3名は蒼々たる顔ぶれではあるものの、49本129打点と言う堂々たる数字で二冠王に輝いた寿司職人ラミレスが落選すると言うのは衝撃的な展開だ。本塁打・打点の二冠でベストナイン落ちしたのは、1960年の藤本勝巳(阪神)以来、50年ぶりの珍事。この4人の争いで落ちるとすればマット・マートンか青木だろうと予想していたのだが…。個人的には、青木は閉幕ギリギリで平野に打率で抜かれる可能性にビビって、打席に入らなかったくせに、全試合出場を続ける為にちゃっかり守備には出てきた件が大減点モノなのだが…。それにしても、ルパン広瀬,内川は百歩譲るとしても、赤松に入れた記者は何を考えているのか分からない。ゴールデングラブはともかく、ベストナインはありえないだろう。大局に影響がなければ、何をやっても構わないとか思ってないか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(1)トラックバック(11)2010 プロ野球 

November 13, 2010

11/13清田◆ロッテ3−0SK◆(日韓クラブチャンピオンシップ)
36年もの間、日本一の座から遠ざかっており、今季もウェーバー的には日本6位でしかないにも拘わらず、出場辞退チームが相次いだ事により、日本代表として日韓クラブチャンピオンシップに出る事となったロッテ。たとえ、日本で何位であろうとも、アジアシリーズ,日韓クラブチャンピオンシップの制覇を逸した事のない日本代表としては、断じて敗れる訳にはいかないと言うプレッシャーのかかる中、先発に起用された唐川は初回、いきなり先頭の朴哉相にレフト前へ弾き返されると、林勲に犠打を決められ、一死二塁のピンチ。しかし、金宰荽をセカンドフライ,韓国MVP・朴正権をセンターフライに仕留めて、ピンチ脱出。一方、韓国シリーズを制したSKの先発一昨年オフに巨人から戦力外通告を受けた後、韓国で堂々たる結果を残して、2年ぶりの凱旋登板となったアゴくら。これに対して、ロッテはこの試合を最後に亡命する気満々の西岡,清田と続けてライト前に弾き返して、一、三塁。井口の三塁線への痛烈なライナーはダイビングしたサード・朴廷煥に叩き落とされ、一死となった後、サブローが歩いて、満塁。ここで今江がセンターへのライナー。ここで三塁走者・西岡はタッチアップをせずにスタートを切ってしまう大チョンボをかまし、先制点はお預け…どころか、二塁走者・清田まで飛び出す大チョンボをかましており、センターから二塁へ転送されて、ゲッツーを食らう体たらくで結局、無得点。直後の2回、唐川は一死から鄭相昊に痛打されると、2つの死球を食らわせるなど、二死満塁のピンチを背負うが、朴哉相をセカンドゴロに打ち取り、何とか無失点で切り抜ける。その裏、ロッテは2つの内野安打に四球とクリーンヒットなしで二死満塁のチャンスを掴むと、清田の詰まり気味のゴロがしぶとく二遊間を破って、2点を先制。続く3回には一死から今江,フクーラの連打で一死一、三塁と追加点のチャンス。ここで里崎は見逃し三振に倒れると、SKは早くもアゴくらを下ろして、全炳斗にスイッチ。これに対し、塀内はサードゴロに終わり、二者残塁。4回には一死から西岡のヒット,清田の四球で一、二塁のチャンスを掴むが、ダブルスチールを仕掛けて、清田が憤死。この後、井口が歩いて、一、三塁とするも、サブローが三振に倒れて、またも二者残塁。しかし、続く5回、先頭の今江が左中間スタンドへソロアーチを叩き込み、3点目を追加。投げては、3回以降立ち直った唐川が3,4,5回と3人ずつで斬って取ると、6回からは薮田−内−伊藤がそれぞれ1回を三者凡退に抑える好投を展開。9回からはこの試合を最後に亡命する気満々の守護神・小林宏が3人でピシャリと締めて、完封リレーを達成。11残塁2盗塁死1走塁死の大拙攻を展開しながら、投手陣の頑張りに救われたロッテは辛くも日本球界の面目を保った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:21コメント(1)トラックバック(13)2010 プロ野球 

November 10, 2010

ソウ ザ・ファイナル 3D 世界で最も成功したホラー映画としてギネスに申請された「SAW」シリーズが3Dとなって、いよいよ完結。どマイナーな低予算映画だった第1作目から、きっちり全作劇場で見続けてきた訳だが、当時はよもやこんなメジャータイトルになるとは思わなんだなぁ…。「SAW」と言うと、過去作未見者置いてけぼり作品。今回も「6」の時と同様、これまでの復習として本編前に「ソウ集編」が流れた訳だが、これまた「6」の時と同様、過去作未見であっても、とりあえず、「ソウ集編」を見ておけば、今作は何とかなる的な代物では全然ないので、未見者はちゃんと予習をしておく様に!
 今作、まず最初に言いたいのは、「3D分の割り増し料金返せ!」と…。流行りだからと、安易に3D化に走る傾向は何とかして欲しいね。仮に、2D版と同時上映にした場合、たとえ割り増し料金を払ってでも、あえて3D版を見たいと言う人の方が大半…なんて事になる程、3D版が望まれているとは思えないのだがなぁ。あえて3Dで作る以上、それなりの甲斐がある様に作って貰いたいものだが、少なくとも、今作においては3Dとする必要性は全く感じられなかった。そもそも、ただでさえ、あまり画面を凝視したくないシーンの多い作品なのだから、しっかり見てナンボの3Dなんかにしないで欲しいものだ。まぁ、3D化に関しては、どうせこういう感想になるだろうな…とは思っていたので、見る前から諦めていたのだが、肝心の内容の方はと言うと、面白いか否かで言えば、それなりに面白かったが、「ファイナル」としては、かなり不満が残ると言った所だろうか。過去作とのリンクが不足がちで、集大成感が乏しく、ジョンの陰が薄過ぎた上、これでジクソウのゲームは全て終了…と言った印象が全く残らなかったからである。あと、計画の障害となる警官はともかくとして、全く罪なき人物がゲームに巻き込まれて無惨な死を遂げたり、ラスボスが最前列にいないとか、ジグソウの美学が欠如していたのにも不満が残った。
 以下、ネタバレありなので、これから見る人は注意。

続きを読む

ritzberry at 23:00コメント(0)トラックバック(7)映画 

November 09, 2010

11/8トーレス 巨人はこの日、ホワイトソックスのカルロス・トーレス投手(28)=188cm、82kg、右投右打=と1年契約を結んだと発表。年俸は4000万円(推定)で背番号は未定。長身から投げ下ろす140km台後半のカットボールが武器と言うトーレスはメジャーでは2年間で通算13試合に登板し1勝3敗、防御率6.86(今季は0勝1敗 防御率8.56)とパッとしないものの、まだまだ伸びしろがあるとの定評を受けていると言う。それを裏付ける様に、3Aシャーロットでは3年間で46試合に先発し、19勝13敗1S、289奪三振、防御率3.07とまずまずの内容で2年連続3Aインターナショナル・リーグのオールスター・ゲームに出場。昨年は10勝4敗、防御率2.39の好成績で、mlb.com3A最優秀先発投手賞を受賞するなど、結果を残している。清武代表から「ハングリー精神があり、それが球威になっている。スカウトも日本で成功するタイプの投手だと話している。向上心を持っている事が一番の決め手。投手陣の競争を激化させて欲しい」と先発ローテ入りの期待を寄せられているトーレスは「伝統ある球団の一員になれる事を誇りに思う。巨人の一員になる事は私にとって計り知れないくらい意味がある事。レベルの高い日本でプレー出来る事や、生まれて初めて日本へ行く事を非常に楽しみにしている」とコメントを残した。
 どうやらグライシンガーを残すからではなく、トーレスの獲得が内定していたから、オビスポを放出出来たと言う事らしい。こうなってくるとグライシンガーの残留はいよいよ微妙になってきた。トーレスについては、まだ投げている姿を確認していないので何とも言えないが、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、その動向に注目していきたい所である。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(1)トラックバック(0)2010 プロ野球 

November 08, 2010

─────目覚めたら箱の中。脱出不可能。そのとき、あなたを救うのは、誰だ?

リミット予告編を見た段階で凄く気になった作品。今や、すっかり一ジャンルとしての地位を築いたワンシチュエーションスリラーだが、これは恐らく史上最も狭い空間で表現された映画であろう。イラクで働くアメリカ人のトラック運転手である主人公・ポールが閉じこめられた棺の中で目覚める所から始まり、外部のシーンも回想シーンも一切出て来ないまま、最後まで棺の中だけで完結してしまうのである。ポール以外の登場人物の顔は、You Tubeの映像で1〜2分程映し出されるもう一人の被害者だけで、あとは携帯電話を通した声のみの為、電話相手の風貌も表情も全く分からず、善意も悪意も真偽の程も想像する事しか出来ない。劇中時間と上映時間がイコールと言うリアルタイム作品だ。
 そういう特性上、これは暗所恐怖症,閉所恐怖症の人にはとても勧められない。また、他人が激しく呼吸しているのをずっと聞かされていると 、それに釣られて自分の呼吸が正常に出来なくなってくる様な人にもかなりしんどい作品である。私はこれに該当してしまったので、開始数分の段階で死にそうな気分になった。ただでさえ、狭い空間で息苦しい中、ポールは不安障害を抱えているもので、冒頭、画面が真っ黒のまま、大音量で激しい呼吸音を延々聞かされ続けるのだ。あの調子で90分続いたら、果たして、最後まで席に着いて見ていられたかどうか、あまり自信がない。やがて、ポールは薬を服用し、落ち着いてくるので、やや呼吸は収まるものの、息苦しい事に変わりはないので、最後までそれなりに息が荒い状態で、終始、自分の呼吸を整えながら見なくてはならないと言う意味で、これ程、見ている最中に疲弊した作品は未だかつてなかったと言っていい。同室で床に就いて、先に寝息立てられてしまったら、落ち着いて息が出来ないレベルの人でも、それなりの覚悟を持って見て欲しい。
 恐らく、家でDVDで見る分には、ゆったりした空間で明るさ、音量も調節出来、途中で再生停止も出来ると言う意味で、その辺の不安要素は解消されると思うのだが、やはり、この作品を真に堪能するには、劇場がベストではなかろうか。こういうタイプの作品は自分だったら、どうするか…と考えながら見る事が多いと思うのだが、あの圧迫感,閉塞感,不安感と言った主人公の体験を自分にフィードバックするには、暗く閉鎖的な空間で途中で抜け出せない劇場は正に、最適の空間なのである。これ程、主人公の体験を心身共に実感出来る作品もなかなかないのではないか。と言う事で、体調を崩さない自信のある人には、なるべくDVD鑑賞よりは、劇場で鑑賞する事をお勧めしたい

 以下、思いっきりネタバレありなので、これから見る人は注意。

続きを読む

ritzberry at 23:10コメント(1)トラックバック(7)映画 

November 07, 2010

11/7岡田◆D7−8M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、既に、日本一を決めながら、名手・川相を無為に現役引退に追い込んだ上、理不尽に放出した事により、楽に勝てる試合をむざむざ逃して、日韓クラブチャンピオンシップの日本代表の座を奪われそうな中日はこの日も先発・吉見が初回からいきなり西岡,清田,井口と3連打を浴びて、あっさり先制を許すと、更に、サブローに犠飛を打ち上げられて、2点目を献上する苦しい展開。しかし、第2戦で快投を見せたロッテ先発・渡辺俊がこの日は不調。これに対し、中日は先頭の荒木が四球を選ぶと、昨日の壊滅的なバント失敗地獄に猛省して特訓でもしたのか、大島がきっちり送って、一死二塁。ここで表の守備で清田の打球を追った際、荒木と交錯して左足を負傷した森野が痛みを堪えながら執念のタイムリーで1点を返すと、ベンちゃんのヒット,ブランコの死球で満塁とチャンスを広げた所で野本がタイムリー,谷繁が犠飛を放って、逆転に成功。続く2回には一死からヒットで出た荒木が二盗を決めた所で大島がライト前へタイムリー。なおも一、三塁のチャンスだったが、負傷した森野に代わり、3回から守備に入っていた堂上直はキャッチャーファールフライに倒れて、二者残塁。渡辺俊はこの回限りでKOとなった。更に、3回には2番手・小野から連打と野選で無死満塁とすると、一死後、荒木の犠飛,大島のタイムリーで2点を追加。2回以降立ち直ったかに見えた吉見は4回も簡単に二死を取るが、ここから里崎に二塁打を浴びると、続く岡田にタイムリーを許し、この回限りで降板。これで流れを引き寄せたロッテは続く5回、2番手・河原に対し、清田,サブローのヒットで二死一、二塁とすると、今江がセンター前へタイムリー。更に、金が死球を食らって満塁となった所で里崎が2点タイムリーを放ち、ついに同点。6−6で迎えた7回、中日3番手・寝損に対し、ロッテは二死走者なしから今江がレフトフェンス直撃のヒットを浴びせると、ベンちゃんの悪送球と、寝損の暴投で三進。ここで金がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。その裏、中日は二死走者なしから谷繁,井端と連打を浴びせ、一、二塁とするも、代打・ブーちゃんが空振り三振に倒れて、二者残塁。土壇場9回、この回から登板の中日5番手・浅尾は清田の死球,今江のこの日4本目となるヒットで二死一、三塁とされるも、金を空振り三振に斬って取り、ピンチ脱出。その裏、ロッテは守護神・小林宏を投入するが、中日は先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、左中間フェンスを直撃する三塁打となると、続くブランコがセンターへきっちり犠飛を打ち上げ、試合は昨日に続いて延長に突入。10回、中日は先頭の井端が一、二塁間を破ると、昨日の壊滅的なバント失敗地獄に猛省して特訓でもしたのか、浅尾がきっちり犠打を決めて、一死二塁。続く荒木が三振に倒れた所でこの日2安打の大島は敬遠されると、代打・平田はライトファールフライに倒れて、二者残塁。迎えた12回、一向に岩瀬を出そうとしない落合監督の不思議継投により、4イニング目を強いられた浅尾から先頭の今江が四球で歩くと、伊藤の犠打で二進。里崎が倒れて、二死となるが、続く岡田がバックホームに備えて浅めに守っていた右中間の頭上を越えるタイムリー三塁打を浴びせて、ついに均衡を破る8点目を獲得。ここでようやく登板となった守護神・岩瀬が塀内を打ち取り、裏の攻撃に望みを繋ぐも、その裏、谷繁がライトフライ,井端が見逃し三振に倒れて、あっと言う間に二死。ここで登場した代打・藤井もショートゴロに倒れて、万事休す。開催中止となった日本シリーズとは何の因果関係もないエキシビジョンマッチに負け越した所で中日の日本一の座は揺らぐ筈もないが、36年もの間、日本一から遠ざかっており、今季もウェーバー的には日本6位でしかないロッテが何故か日本代表を名乗って日韓クラブチャンピオンシップに出場する事となった。

追記:こういう書き方ばかりしていると、ロッテへの中傷と誤解する人もいるかもしれないが、これはあくまで徹底した「クライマックスシリーズ」と言う腐れシステムへの抵抗なのであって、ロッテ自体に何ら問題がある訳ではない事くらい重々承知しているし(それでいてロッテファンにとっては不愉快な内容になっているのは非常に申し訳ないのだが)、川相不在の中日を無闇に擁護している筈もないので、念の為…。リーグ3位チームが日本一になると言う異常事態がついに現実のものとなってしまった事で、来季以降、この腐れシステムが廃止となる事を祈るばかりであるが、妙に熱戦ばかり続いた事で無駄に盛り上がってしまったのが災いして、興行的に成功した印象を残してしまった為、そういう流れにはならないんだろうなぁ、残念ながら…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:55コメント(6)トラックバック(18)2010 プロ野球 

November 06, 2010

11/6西岡◆D2−2M◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙っているロッテは、ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、既に、日本一を決めている中日先発のウッチャンに対して、初回、先頭の西岡がいきなり三塁線を破る二塁打で早くもチャンス到来。清田はキャッチャー小フライを打ち上げるヘッポコバントをかますも、井口のライトフライで西岡を三塁へ進めると、ここでサブローがセンター前に弾き返して、1点を先制。難敵・成瀬相手に早くもビハインドを背負う事となった中日だが、その裏、先頭の荒木がライト前に弾き返すと、スタメン復帰となった井端がきっちり送って、一死二塁。ここで森野が左中間を破るタイムリー二塁打を浴びせて、荒木が同点のホームイン。なおも勝ち越しのチャンスだったが、ベンちゃん,ブランコと打ち取られ、1点止まり。立ち直った両先発は2,3,4回とノーヒットに抑える好投を展開し、試合は膠着状態に…。1−1で迎えた5回、ロッテは先頭の里崎が三遊間へ痛打するも、これを荒木の超ファインプレーに阻まれて、一死。この後、岡田が久々にヒットの走者として出塁すると、成瀬が送って、一打勝ち越しの場面を作るが、西岡が三振に倒れて、無得点。その裏、中日も先頭の谷繁が初回の森野以来となるヒットで出ると、小池が送って、一死二塁とするが、英智,ウッチャンと倒れて、勝ち越しならず。しかし、続く6回、一死から17打数ノーヒットの井端がようやく初安打を放つと、二死後、ベンちゃんが歩いて、一、二塁となった所でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、ライトフェンスを直撃するタイムリー二塁打となり、勝ち越しに成功。1点を追うロッテは直後の7回、先頭の金がライト前へ弾き返すと、里崎が送って一死二塁。代打・ゼブラ今岡はライトへ打ち上げ、二死となった所で成瀬を下げて、代打・青野を投入するも、ショートゴロに終わり、同点ならず。その裏からマウンドに上がった2番手・内は小池,英智と連続三振。ここでウッチャンに代わる代打・ブーちゃんに二塁打を浴びるも、荒木をピッチャーゴロに仕留めて、ピンチ脱出。中日は8回から浅尾を投入する必勝リレーを展開するも、一死から清田に右中間へ二塁打を浴びるピンチ。ここで井口を空振り三振に斬って取り、続くサブローもカウント2−1と追い込みながら、センター前へタイムリーを許して、試合は振り出しに。土壇場9回、中日は3番手・伊藤に対し、一死から谷繁が四球を選ぶも、小池がスリーバントに失敗する体たらく。これにより名手・川相をむざむざ手放してしまった球団の愚かさを改めて痛感し、落胆の色を隠せない英智も空振り三振に倒れ、延長に突入した。迎えた10回、この回から代わった3番手・高橋に対し、ロッテは先頭の代打・細谷が四球で歩くも、続く西岡がピッチャー小フライを上げるヘッポコバントをかまし、飛び出した細谷は戻れずに最悪のゲッツー。続く清田も倒れて、結局、3人で攻撃終了となった。その裏、中日は4番手・薮田から先頭の大島がヒットで出るも、荒木がキャッチャー小フライを打ち上げるヘッポコバントを敢行。名手・川相を現役復帰させなかった球団の愚かさを改めて痛感しながらも井端が何とか送ると、暴投で大島が三塁まで進んだ後、森野が歩いて、一、三塁とチャンスを広げるが、ベンちゃんはどん詰まりのサードゴロに倒れ、二者残塁。ピンチを脱したロッテは11回、先頭の井口がライト前ヒットで出るも、続くサブローがピッチャー前に小フライを打ち上げるヘッポコバントを敢行。これを高橋にショートバウンドで処理されて、ゲッツーであっと言う間に二死。ここから今江が四球を選ぶと、代わった河原から金がレフト前に弾き返して、一、二塁とするも、里崎の左中間への大飛球はセンター・大島の好守に阻まれ、結局、無得点。その裏、中日は一死から谷繁が四球で歩くも、ピンチバンターとして起用された岩崎達がピッチャー前にまともに転がしてしまうヘッポコバントをかまし、谷繁は二塁で封殺。球団の愚行により、もう2度と名手・川相に頼れないと言う絶望的な状況に愕然とした代打・野本だったが、薮田が制球を乱したおかげで何とか四球を拾うと、ここで代わった古谷から大島も四球を選び、満塁のチャンス。しかし、6番手・小野の前に荒木はファースト正面のライナーに倒れて、三者残塁。迎えた12回、いよいよマウンドに上がった守護神・岩瀬は3人でピシャリと締める好投を展開すると、その裏、中日は先頭の井端がライト前ヒット。怒濤のバント失敗地獄に業を煮やし、川相不在ではバントを仕掛けても無駄とばかりに落合監督は強行策を指示するが、森野は最悪のセカンドゴロゲッツー。ここからベンちゃんが四球,ブランコが死球で出るも、谷繁がピッチャーゴロに倒れると言う相変わらずのチグハグな展開でサヨナラならず。続く13回、落合監督は王手をかけられ、後がない状況だと言うのに、1イニングだけで岩瀬を引っ込める相変わらずの不思議継投をかますも、代わった寝損が無難に抑えて事なきを得ると、その裏、二死から内野安打の大島が井口の悪送球で二塁へ進み、一打サヨナラのチャンス。しかし、荒木はセカンドゴロに終わり、またも無得点。続く14回、ロッテはようやく守護神・小林宏を投入。これに対し、中日は二死からヒットで出たベンちゃんが二盗を決めるも、ブランコはサードゴロに倒れて、またもサヨナラならず。ラストイニングとなった15回、12回以降走者を出せずにいるロッテはこの回も7番手・久本の前に三者凡退に終わり、この日の勝ちが消滅。その裏、中日は一死から代打・堂上剛がライト線へヒット。ここで野本はいきなり一塁線へ小フライを打ち上げるヘッポコバント。幸いにも捕球されずにファールとなったが、川相不在ではバントを仕掛けても無駄とばかりに落合監督は強行策に切り替えた挙げ句、結局、野本は空振り三振に倒れる体たらく。大島もファーストゴロに倒れ、規定により、ドローに終わった。5時間43分もかけて、15回まで突入なんてしたものだから、この試合を大熱戦などと好意的に煽り立てる人もいるだろう。随所に好プレーがあったのも確かだが、どちらかのチームに川相がいれば、とっくに決着がついていた訳で、とても手放しで賛辞する様な試合展開とは言えないのだ。まがりなりにもプロの試合で、こうも立て続けにヘッポコバントを見せられまくるとは、何とも苛々するばかり。打球を殺す以前に、転がす事すらままならないって、あまりにも酷過ぎるだろ…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:59コメント(2)トラックバック(20)2010 プロ野球 

November 05, 2010

11/5オビスポ 共に連覇を逃した巨人と日本ハムの間でオビスポ←→さすらいの賭博師・須永&紺田と言う1対2の交換トレードが成立した事が明らかになった。この2球団と言うと、一軍が苦戦している状況下、毎度の故障癖により選手会長のくせに二軍でくすぶっていると言う立場をわきまえずに大スキャンダルを起こしたあの男(&林)←→MICHEAL&工藤の交換トレードが思い出される。あの時はモラル面で大幅に改善されただけでなく、坂本が気がねなく一人立ち出来たと言う意味でも巨人の一方得だったが、今度は流石に、日本ハムの一方得なのではなかろうか。須永はさすらいの賭博師なだけに個人的には入団時から気にかけていた選手ではあるのだが、成績からすると、今オフ解雇されたとしても不思議ではなかったくらいで、巨人が欲しがる理由がどこにあるのかイマイチ分からない。高卒時のドラフトで相思相愛だったのに、日本ハムにかっさらわれた…と言う因縁はあるけれど、今更、それは関係ないだろう。左の中継ぎが欲しいのだとしても、先発ローテ候補に入りうるオビスポを出してまで…と言うと釈然としないものがある。オビスポと須永の1対1では流石に釣り合わないと言う事でくっついて来た感のある紺田も決して悪い選手ではないが、鈴木の残留が決まった矢先に、これ以上こういうタイプの左打ち外野手を増やしてどうするのかと…。亀井をサード転向させるから…では理由としては弱いだろう。このトレードでとにもかくにも残念なのは、オビスポが出ていってしまう事である。「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、オビスポは期待の星だったのに…。今オフの助っ人陣大量粛正により、来季は外国人枠に縛られる事なく出番も増えるであろうと予想していたのだが、ここでオビスポを出すと言う事はもしかして、グライシンガーを残留させるつもりなのだろうか? 今後の伸びしろを考えても、オビスポを残した方がいい様な気がするのだが…。ともあれ、決まってしまったものは仕方ない訳で、オビスポには日本ハムで頑張って貰いたいものである。さすらいの賭博師・須永も高校時代からの念願だった巨人入りで化けてくれるといいのだが…。紺田は……、結局、工藤みたいな感じになるんじゃなかろうかね。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:10コメント(0)トラックバック(3)2010 プロ野球 

November 04, 2010

11/4今江◆M10−4D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙っているロッテは成瀬の中4日起用の可能性も囁かれていたが、勝ちを焦らずにペンが先発登板。これに対して、不振の井端をスタメンから外し、昨日のヒーロー・大島を2番,堂上直をセカンドでスタメン起用するテコ入れを敢行した中日は初回、一死から新2番・大島が四球を選ぶと、森野が三塁線を破る二塁打で続き、二、三塁。ここでベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十分のレフトフライとなり、大島が先制のホームイン。その裏、10月2日以来の登板となる中日先発・中田賢に対して、ロッテは先頭の西岡がセカンドゴロに倒れるも、井端に代わってセカンドに入った堂上直がいきなりエラー。続き清田は立て続けにヘッポコバントをかまして追い込まれた挙げ句の強攻策で空振り三振に倒れるが、井口,サブローの連打で満塁とした所で今江がレフト線へ2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。なおも二、三塁の場面でフクーラ,金と連続タイムリーを浴びせて、この回一挙4点を獲得。3点を追う中日は2回一死から谷繁が四球,3回には先頭の荒木がヒットで出るも、全くの無策の儘、後続が漫然と凡退する淡泊な攻撃を繰り返し、とうとう4回には初の三者凡退。一方、ロッテも2回一死二塁,3回一死一、二塁と得点圏に走者を送りながら、チャンスを潰してきたが、4回、ヒットの西岡が二盗を決めると、清田が送って、一死三塁。井口は三振に倒れるも、続くサブローがレフトスタンドへ2ランを叩き込み、6点目。続く5回には一死から金,里崎と連打すると、岡田もライト前に弾き返して、早くも先発全員安打を達成。この満塁のチャンスに西岡がセンターへ犠飛を打ち上げると、清田も2点タイムリーで続き、3点を追加。中田賢はこの回限りで降板となった。大量8点ビハインドとなった中日は6回、大島,森野の連打で無死一、二塁とすると、一死後、ブランコのタイムリー二塁打でペンをKO。なおも二、三塁のチャンスだったが、ここで代わった古谷の前に野本,谷繁と打ち上げて、1点止まり。7回に暴投でむざむざ10点目を献上してしまった中日は8回、二死一塁からブランコが川相不在では一発に懸けるしかないとばかりに左中間スタンドへ2ラン。9回には守護神・小林宏から一死一、三塁のチャンスを作ったものの、反撃もここまで。荒木,大島と打ち上げて、ゲームセットとなり、ロッテに王手をかけられた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:58コメント(0)トラックバック(13)2010 プロ野球 

November 03, 2010

11/3大島◆M3−4D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙っているロッテは8月26日以来、実戦から遠のいている病み上がりの唐川を先発起用。これに対し、ソフトバンクの日本シリーズ出場辞退により、既に、日本一を決めている中日は初回、先頭の荒木がいきなりセンター前ヒットで出るも、続く井端はセカンドゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。この後、森野がライト線へ二塁打を放つも、ベンちゃんが打ち上げるチグハグな攻撃で結局、無得点。続く2回には一死から野本が四球を選ぶも、英智,小田と連続三振。3回には先頭の大島がヒットで出るも、荒木が送りバントを仕掛けるでもなく、無策の儘、簡単に追い込まれると、ここで大島が牽制で刺される大チョンボ。結局、荒木は三振に倒れると、井端も打ち上げて、3人で攻撃終了。川相をむざむざ手放してしまったツケが回ってきている無様な攻撃に落胆の色を隠せない中日先発・山本昌に対し、その裏、ロッテは一死から岡田がセンター前に弾き返すと、西岡が三塁線を破るタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。更に、二死後、井口がライトポール際へ2号2ランを叩き込み、この回3点。直後の4回、中日は先頭の森野が左中間へ大飛球。これに対し、レフト・清田が決死のダイビングを仕掛けるも、グラブに当てるのが精一杯で、この間に森野は一気に三塁へ。ここでベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、レフトフェンス直撃のタイムリー二塁打となり、森野がホームイン。続くブランコのライトフライでベンちゃんが三塁へ進むと、何と西村監督は早くも唐川を引っ込め、古谷をワンポイントで投入。これに対し、野本がセンターへきっちりと犠飛を打ち上げ、1点差。その裏、落合監督も早くも山本昌を下ろし、寝損を投入。これに対し、ロッテは先頭の今江がセーフティバントを決めると、代打・根元が送って、一死二塁とするが、金,里崎と連続三振を喫して、追加点ならず。直後の5回、中日は小野のエラー,大島の死球で一、二塁とすると、荒木の三塁線のバントでロッテが一塁をガラ空きとしてしまうチョンボに助けられ、クリーンヒットなしで無死満塁の大チャンス。ここで井端はこの日2本目となるセカンドゴロゲッツーを食らうも、この間に三塁走者・谷繁が返って、ついに同点。一気に畳み掛けたい中日は続く6回、先頭のベンちゃんがライト前ヒットを放つも、またも牽制死。この後、ブランコ,野本が内野ゴロに終わり、結局、3人で攻撃終了。その裏、ロッテは二死から今江が左中間突破の三塁打を浴びせると、4番手・三瀬から代打・フクーラが四球を選んで、一、三塁。しかし、ここで代わった5番手・河原に対し、金の痛烈なライナーはライト・英智の守備範囲で二者残塁。8回も両軍共に、二死一、二塁のチャンスを潰し、3−3の儘、土壇場9回へ突入。中日は一死から英智がライト前へシリーズ初安打を放つと、谷繁の犠打で二死二塁と勝ち越しのチャンスを作るも、大島はどん詰まりのセカンドゴロに終わり、無得点。その裏、ロッテは8回途中からマウンドに上がっている5番手・浅尾から先頭の金がセンター前ヒット。続く里崎が送って、一死二塁と一打サヨナラの場面を築くが、岡田は空振り三振。続く西岡はレフトフェンス直撃の大飛球を放ち、サヨナラ勝ちを確信してガッツポーズをかました直後にファールをコールされて赤っ恥をかいた末、結局、空振り三振に倒れて、試合は延長に突入。迎えた10回、5番手・伊藤に対し、中日は二死から森野の四球,ベンちゃんのセンター前ヒットで一、三塁とするも、ブランコが空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。その裏、ロッテは先頭の清田が四球。続く井口はライト前に凡フライを打ち上げるも、英智が一旦、後ろへ下がってしまう判断ミスを犯して捕球出来ないばかりかバウンドで頭上を越されて、ボールが転々とする間に走者はそれぞれ進んで、無死二、三塁。サブローが浅いレフトフライに倒れると、今江が歩かされて、満塁となるも、ここで代わった6番手・高橋に対して、フクーラがフルカウントからサードへのハーフライナーに倒れ、飛び出した三塁走者・清田が戻れずに最悪のゲッツー。絶体絶命のピンチを切り抜けた中日は直後の11回、一死からヒットの英智を谷繁が送ると言う9回とまるっきり同じ展開で二死二塁のチャンス。ここで9回には凡退した大島が今度はセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち、ついに勝ち越し。その裏、引き続きマウンドに上がった高橋が里崎,岡田と簡単に打ち取って二死を取ると、何故か、このタイミングで守護神・岩瀬を投入する落合監督の相変わらずの不思議継投が炸裂。代わりばな、代打・南に粘られて、四球を許してしまった岩瀬だが、続く西岡を打ち取って、何とか逃げ切りに成功。7回以外全てのイニングで走者を出しながら、1併殺2牽制死を食らうなど、一発が出ないと如何ともし難い無様な攻撃を繰り返す川相不在の弊害を大露呈したものの、相次ぐピンチを凌ぎきった6人のリリーフ陣の粘り強い投球に救われた中日はこれで2勝2敗の五分に戻し、ナゴヤドームへ戻れる事が確定した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(1)トラックバック(16)2010 プロ野球 

November 02, 2010

11/2清田◆M7−1D◆(日韓クラブチャンピオンシップ出場権争奪戦)
親会社が事業を広げている韓国と戦いたくて仕方ないからとシーズン3位にも拘わらず、いけしゃあしゃあと日本代表の座を狙うロッテに対し、中日はゴーグルで照明の光を反射させて打者の目を眩ませでもしないと到底通用しない四流投手などと言う理不尽極まりない水島の呪いを受けている山井を先発起用。どうせ8回までパーフェクトに抑えても岩瀬に代えられるに違いないと、3年前のアジアシリーズ出場権争奪戦での悪夢がトラウマとなっている山井は初回、一死から清田に痛打され、早くもパーフェクトは崩壊。二死後、サブローにもヒットを浴び、一、二塁とされるが、続く好調・今江を打ち取り、このピンチは辛くも脱出。一方、ロッテ先発・渡辺俊の前に1,2回と三者凡退に終わっていた中日は3回、先頭の谷繁がライト前に弾き返すと、一死後、大島もライト前ヒットを浴びせて、一、三塁とした所で荒木がレフトへ犠飛を打ち上げ、1点を先制。しかし、その裏、ロッテはヒットの西岡を清田が送ると、二死後、サブローがセンター前へ同点タイムリー。追い付かれた中日は直後の4回、先頭の森野がヒットで出るも、ベンちゃんが最悪のショートゴロゲッツー。続くブランコも三振に倒れて、結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、ロッテはフクーラが二塁打,金が四球で出ると、里崎がきっちり犠打を決め、二、三塁。二死後、西岡も四球を選んで満塁となった所で清田がセンターオーバーの走者一掃タイムリー三塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。更に、続く井口も右中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、山井をKO。何とか点差を詰めたい中日だが、尻上がりに調子を上げていく渡辺俊に翻弄され、5,6,7回と三者凡退と完全に沈黙。その裏から3番手・清水を投入するも、井口に二塁打,サブローに四球を許すと、暴投で二、三塁とした所で今江,フクーラと連続犠飛を浴びて、致命的な2点を献上。渡辺俊は8,9回も無難に締めて、1失点完投勝利。地元に戻ってきたロッテが投打に渡って、中日を圧倒し、2勝1敗と再び一歩リードした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:22コメント(0)トラックバック(18)2010 プロ野球 

November 01, 2010

11/1沢村 相変わらずの裏工作が決まり、沢村の一本釣りに成功した巨人。沢村は大学時代にも付けていたエースナンバー「18」を希望。巨人の「18」はここ50年で藤田元司,悪太郎・堀内,桑田真澄と一時代を築いた3人しか付けていない神聖な番号であり、桑田の退団後は見合う選手が一向に現れない為に、現在、4年間空番となっている。「18」を背負うとなれば、長期に渡って、エースとして君臨し、背番号を守り続けなければならないとあって、沢村の希望に対して、巨人がどう出るのか注目していたが、実際に提示された番号は「15」。清武代表は永久欠番となっている沢村栄治の「14」を引き合いに、「沢村栄治を1つ越えると言う意味で『15』を背負って欲しい」などと上手い事を言ったつもりの様だが、最近の巨人で「15」をつけた選手と言うと…

2010年:木村正太…「15」をつけてからは一軍登板なし。
2006〜2008年:辻内崇伸…未だに一軍出場なし。
2005年:後藤光貴…シーズン途中、河原とトレードも殆ど二軍暮らしでオフに西武に逆戻り。
1995〜2005年:河原純一…輝いた年はあったが、巨人通算25勝で西武に放出。
1992〜1994年:小原沢重頼…僅か3勝でロッテ移籍。
1979〜1990年:山倉和博…何故かMVP捕手だが、数字的には特筆すべきものはなし。
1972〜1977年:横山忠夫…僅か12勝でロッテ移籍。
1962〜1971年:城之内邦雄…1年目から24勝し、通算141勝。引退後、ロッテで現役復帰。

…と、投手で実績があるのは、約40年前の城之内くらいで、あまり大成しないイメージの番号なのである。あと、何故か、ロッテ移籍者が妙に多い…。まだ「19」とかの方がいいんじゃないかと思うのだが、結局、「沢村栄治を1つ越える」と、無理矢理こじつけたいが為に「15」にした訳だよなぁ…。その理屈で言うと、背番号がでかい程、より沢村栄治を越える期待を抱かれている事になってしまうし、こういう理由で「15」を与えると言う事は沢村には沢村栄治を越えるまで(沢村栄治は実働期間が僅か5年と短く、球団創世記のエースで故人と言う数字だけでは語れない「伝説」の存在なので、どれだけ白星を積み重ねても越えられない…つまり、実質、半永久に)「15」で頑張ってくれ…とも聞こえかねないのだが、清武代表は一応、「『18』は力で勝ち取って貰いたい」と付け加えており、実績次第で将来的に「18」を与える可能性を示唆してはいる。藤田氏も悪太郎も共に1年目は「21」で、それぞれ17勝,16勝と結果を残して、2年目から「18」を獲得しているからだ。沢村もとりあえず、来年、新人王級の働きをすれば、もしくは…と言う所だろうか。こういう話を聞くだに、1年目から「18」を貰った桑田に対する評価と期待がいかに高いものだったかを改めて思い知らされる気がする…と言う、実は桑田プッシュの記事でありましたとさ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 07:12コメント(1)トラックバック(0)2010 プロ野球桑田真澄 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ