June 2010

June 30, 2010

◆C4−5G◆
巨人は4回、先頭のガッツがヒットで出ると、一死後、阿部がライトスタンドへ26号2ランを叩き込み、先制。更に、長野,脇谷と連打を浴びせるが、江戸川,西村健と倒れて、2点止まり。その裏、西村健の暴投で1点を返した広島は続く5回、倉,東出のヒットで一死一、三塁とした所で梵がライト線へ同点タイムリー二塁打を放ち、西村健をKO。更に、2番手・星野に対し、代打・赤松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。追いかける巨人は7回、連続四球で無死一、二塁とした所で坂本はゲッツーを食らうも、マッスル千代の富士がライト前へ弾き返して、1点差。突き放したい広島は8回、二死二塁から満を持して登場した求道者・前田がショートへの内野安打を放ち、チャンスを広げるが、東出がセンターへ打ち上げ、二者残塁。ピンチを脱した巨人は土壇場9回、先頭の江戸川が二塁打を浴びせると、亀井の犠打がエラーを誘って、一、三塁とした所で坂本が犠飛を打ち上げ、同点。更に、マッスル千代の富士のピッチャー強襲安打をカバーした東出が悪送球をかました間に亀井が勝ち越しのホームイン。その裏から登板した守護神・クルーンはいきなり先頭の梵を歩かせ、不安を抱かせたが、後続3人を打ち取って、辛くも逃げ切った。8回のピンチを凌いだ5番手・豊田は今季初勝利。これで巨人は開幕から対広島8連勝となった。

6/30和田◆T1−2D◆
0−0で迎えた4回、中日は二死走者なしからベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとはがりにライトスタンドへ21号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、その裏、阪神はマット・マートン,新井のヒットで二死一、二塁とした所でJ.マッケンジーがレフト前へ弾き返して、マット・マートンが同点のホームイン。5回無死二塁に続き、7回にも二死満塁のチャンスを逃す拙攻三昧の中日だったが、8回、一死一、二塁からベンちゃんのタイムリーでようやく勝ち越し。あとは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切った。先発のウッチャンは7回2/3を1失点で5勝目。尚、この日、中日の堂上兄弟の他、阪神の新井浩,中日の新井良と組の兄弟選手が同時出場。リー兄弟&松沼兄弟以来となる29年ぶりの珍事だった。

◆YB2−3S◆
加賀,中沢のルーキー対決となったこの試合。3回までパーフェクトと上々の滑り出しを見せた中沢に対し、加賀は序盤は苦しみながらも、尻上がりに調子を上げていく。しかし、5回、相川,宮本と連打を浴びると、藤本に犠打を許すと、暴投を犯して、やらずもがなの先制点を献上。更に、二死後、青木,田中と連続タイムリーを浴びて、3点を失い、この回限りで降板となった。一方、中沢も6回、簡単に二死を取りながら、内川,村田と連続二塁打を浴びると、スレッジにもタイムリーを許して、KO。勢い付く横浜は続く7回、二死から下園,石川と連打を浴びせるも、内川がピッチャーゴロに倒れて同点ならず。ヤクルトは8回からマツ・オカ−林と繋ぐ必勝パターンで1点のリードを守りきった。中沢は5回2/3を2失点で5勝目

◆M7−3H◆
ロッテは初回、二死から3者連続出塁で満塁とすると、オーティズがレフト前へ先制の2点タイムリー。その裏、ロッテは今江が5号ソロを叩き込み、1点差。続く2回にはソフトバンクが川崎のタイムリー三塁打で1点を追加すれば、ロッテも2四球にエラーとノーヒットで1点を返して応戦。1点差の儘、迎えた5回、ロッテは的場,今江のヒットで二死二、三塁とすると、金が左中間突破のタイムリ二塁打を放ち、逆転に成功。更に、大松が歩いた後、サブローが2点タイムリー三塁打,竹原がタイムリー二塁打を浴びせて、この回一挙5点。ロッテは7回から伊藤−薮田−小林宏と繋いで、ソフトバンクの反撃を断ち切った。先発の大嶺は6回を3失点で2ヶ月半ぶりの3勝目をマーク

◆Bs3−2E◆
移籍初登板となる偽バファローズ先発・長谷川に対し、3回まで無得点に抑え込まれていた楽天だが、4回、先頭の嶋がヒットで出ると、一死後、中村紀が先制のタイムリー二塁打。1点を追う偽バファローズは5回、バルディリスの四球,坂口のヒットで二死一、二塁とした所で赤田がセンター前へタイムリーを放ち、同点。続く6回にはカブレラ,ティー岡田の連打で無死一、二塁とするも、北川が最悪のショートゴロゲッツー。バルディリスもファーストゴロに終わり、結局、無得点。1−1の儘、迎えた土壇場9回、この回から代わった4番手・岸田に対し、楽天は鉄平,中村紀のヒットで二死一、三塁とすると、山崎のサードゴロの間に鉄平が勝ち越しのホームイン。更に、草野のヒット,渡辺の四球で満塁とチャンスを広げるが、内村は三振に倒れて、1点止まり。すると、その裏、抑えの川岸に対し、偽バファローズは先頭のバルディリスがレフト前へ弾き返すと、日高がライトスタンドへ5号2ランをぶち込んで、劇的な逆転サヨナラ勝ち。一時は勝ち越し点を献上した岸田に5勝目が転がり込んだ。

◆L4−7F◆
2回、日本ハムは先頭の糸井が9号先制ソロ。更に、この後、二死満塁とチャンスを広げるが、劇団ひちょりがサードライナーに倒れて、三者残塁。1点を追う西武は4回、ヒットの栗山を一塁に置いて、中島が11号逆転2ラン。直後の5回、日本ハムは一死から小谷野,糸井の連打で一、三塁とすると、陽がライトへ同点犠飛。更に、高橋が二塁打で繋いだ所で野上が暴投を犯して、労せずして勝ち越し。しかし、その裏、西武は片岡の7号ソロであっさり同点とすると、続く6回には二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、代打・上本が三振に倒れて、三者残塁。7,8回もゲッツーを食らうなど、勝ち越しの機会を逃し、試合は延長に突入。迎えた11回、日本ハムは一死から田中のヒットに連続四球で満塁とした所で小谷野がレフト前へ2点タイムリーを浴びせて、ついに勝ち越し。二死後、陽,高橋にも連続タイムリーが飛び出し、ダメ押し。その裏、西武は礒?に3号ソロが飛び出したものの、及ばなかった。5番手・宮西は1回2/3を無失点に抑えて、2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(12)2010 プロ野球 

June 29, 2010

6/29ラミレス◆C9−12G◆
巨人得意の一発攻勢が序盤から炸裂。まずは2回に寿司職人ラミレスが24号ソロを叩き込むと、長野のゲッツーでチャンスが潰えたに見えた直後に脇谷が2号ソロ。4回には寿司職人ラミレスの2打席連続25号ソロ,阿部の25号ソロと連続アーチの後、江戸川,坂本にはタイムリーが飛び出し、4点を追加。その裏、広島は嶋,ルパン広瀬の連続二塁打で3点を返すが、直後の5回、巨人は寿司職人ラミレスが3打席連続の26号ソロ。更に、6回には江戸川に3号ソロが飛び出した後、二死一、二塁で回ってきた寿司職人ラミレスは左中間へ大飛球。日本タイの4打席連続アーチか…と思われたが、惜しくもフェンス上部直撃に留まる走者一掃のタイムリー二塁打となって10点目。ワンサイドゲームになるかと思いきや、粘る広島はその裏、石井タクローのタイムリーで1点を返すと、7回には代打・赤松がタイムリー。8回に坂本の15号ソロで1点を返されるが、その裏、東出のタイムリー三塁打,嶋の5号3ランで一気に4点を奪い、2点差まで詰め寄った。しかし、巨人は9回、長野の10号ソロでダメ押し。最後は守護神・クルーンが3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切った。先発・東野は5回3失点で降板となったが、打線の援護に恵まれて、初の2桁勝利を達成した

◆T11−5D◆
中日は2回、先頭のベンちゃんが三塁打。一死後。連続四球で満塁とするも、後続を断たれて、三者残塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・あちゃくらさんはその裏、ブラゼルに24号先制ソロを被弾。続く3回には荒木のエラー等で作ったピンチでマット・マートンにタイムリー二塁打を浴びると、新井,ブラゼルと連続アーチを叩き込まれて、5失点。阪神は5回にもブラゼルの3打席連続26号2ラン,J.マッケンジーの12号ソロとまたも連続アーチで3点を追加。7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに野本に4号ソロを浴びるが、その裏、代打・浅井のタイムリー二塁打,桜井の犠飛でダメ押しの2点を追加。この後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した荒木の今季初アーチ等で4点を返した序盤の失点が大き過ぎた。阪神先発・スタンリッジは7回を1失点の好投で4勝目

◆YB0−10S◆
0−0で迎えた4回、ヤクルトは二死からガイエルが二塁打を浴びせると、謎の新助っ人・ホワイトセルが2号先制2ラン。続く5回には二死から村中が四球を選ぶと、青木がヒットで繋いだ所で田中が走者一掃のタイムリー三塁打。続く飯原にもタイムリーが飛び出して、この回3点。更に、6回には無死満塁のチャンスに村中が2点タイムリー。一死後、田中もタイムリーを放って、8点目。8回には飯原,ホワイトセルのタイムリーでダメ押しの2点を追加。投げては先発・村中が毎回の様に走者を出しながらも落ち着いた投球で後続を断ち、8回無失点で5勝目をあげた

◆M1−19H◆
ソフトバンクのスーパー(アクセントは「スー」)ダブルチャンス打線(若大将・原辰徳命名)が大爆発。初回の二死一、二塁のチャンスは逃したものの、3回に田上の2号3ラン,松田のタイムリーで4点を先制すると、3回には森本のプロ初アーチとなる2ランが飛び出して、6点目。4回に金の18号ソロで1点を返されるが、5回、オーティズの18号3ランなど9長短打「を集中し、大量10点のビッグイニングを作って、早くも先発全員安打を達成。攻撃の手を緩めないソフトバンクは6回にも松田,柴原の連続アーチ,長谷川のタイムリーで3点を追加し、計23安打19得点。投げては先発・杉内が8回を1失点の好投を見せ、4年連続の10勝目をマークした

◆Bs0−3E◆
楽天先発・田中に対し、偽バファローズは初回、坂口,赤田と連打を浴びせると、後藤がライトスタンドへ6号3ランを叩き込み、僅か10球で3点を先制。田中は2回以降、走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球を見せるが、肝心の味方打線が一向に得点を奪えない。3回に二死から聖沢が三塁打を浴びせるも、嶋がセカンドゴロに終わり、無得点。7回には二死からルイーズのヒットと連続四死球で満塁とするが、代打・憲史実がショートゴロに倒れて、三者残塁。9回にも先頭の中村紀がヒットで出るが、後続3人が打ち取られ、ゲームセット。偽バファローズ先発・木佐貫は7年ぶりの完封で8勝目をあげた

◆L4−6F◆
初回、日本ハムは二塁打の田中を劇団ひちょりが送った所で稲葉がライトスタンドへ13号先制2ラン。更に、二死後、糸井がヒットで出ると、規定打席にも到達しない中途半端な成績で何故かファン投票1位となったあの男によもやのタイムリー二塁打が飛び出して、3点目。2回にも劇団ひちょりのタイムリーで1点を加えると、3回には一死一、二塁から鶴岡のタイムリー,田中の犠飛で2点を追加。6点を失った西武先発・岸は5回で降板となった。追いかける西武は5回、栗山のタイムリーでようやく1点を返すと、続く6回には理不尽にもあの男にファン投票1位の座を奪われたブラウンが怒りの16号ソロを叩き込み、2点目。土壇場9回には二死一、二塁から栗山の走者一掃タイムリー二塁打で2点差と詰め寄り、抑えの武田久を引っ張り出すと、連続四死球を選んで満塁と長打が出れば、一気に逆転サヨナラのチャンス。しかし、最後は阿部がショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。日本ハム先発の矢貫は5回1/3を2失点でプロ初勝利を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:51コメント(0)トラックバック(17)2010 プロ野球 

June 28, 2010

 ある日、吾郎が見た事もない真剣な表情で素振りをしている姿を見かけたいずみ。これに対し、ダイエットと言ってはぐらかした吾郎は2ヶ月程、沖縄に自分探しの旅に出るとぬかし、春休みにディズニーランドに連れて行くと言う去年からの約束を反故にされたいずみは怒り心頭。入団テストに受かったのだから、本当の事を明かせばいいのに…と言う薫だったが、まだ育成選手として入れて貰ったに過ぎず、34歳にもなる自分が上に上げて貰うには、オープン戦で相当な結果を出さなければならないと言う危機感を抱き、下手に期待させてぬか喜びさせたくないと、その時が来るまで隠し抜く事を決めていた吾郎は、大観衆に声援を浴び、白球に命を懸けるプロの親父の姿を見せたいとキャンプで汗と泥にまみれるのだった。そして、いよいよ始まったペナントレース。薫に連れられ、スタジアムにやって来たいずみだが、吾郎の所為で不機嫌モードが続いており、祖父の英毅が昔、あのマウンドで投げていたと言っても、冷たい態度を取ってしまう。試合は100マイルを連発するサウスポーとして、メジャーから鳴り物入りでやって来たシャイアンズの新助っ人・ゴルボーンの前にマリンスターズが初回から5者連続三振を喫していた。ここで打席に登場したのは、6番レフトでスタメン起用されていた吾郎。予想だにしない父の姿に驚きを隠せないいずみだが…。

 当然の事だが、「ゲキトウ」リスペクトではなく、本田茂治リスペクトだった今シリーズ。しかし、これはワールドシリーズで消えたと思われた吾郎死亡フラグへまっしぐらなのではないか? 来日したのが不思議なくらいのメジャーの大物左腕ゴルボーンが、茂治と対戦した時のギブソンにかぶりまくりではないか。このままいくと、復帰初打席で吾郎がスタンドへ叩き込み、バント戦法で苛々が頂点に達したゴルボーンが吾郎の第2打席で頭部死球を食らわせる事になってしまうぞ…。んでもって、未亡人となった薫が吾郎の親友でプロ野球選手の寿也と結婚→寿也の移籍で佐藤家は引越→3年後に横浜へ戻ってきた後、高校野球は女子解禁となっており、いずみは海堂へ入学…なんて事になったりすまいな…。死亡フラグのスカシネタをやって間もないだけに、ここまでクリソツな展開は流石にミスリードだと思うのだが…。とにもかくにも、かっこいい父親の姿を見せたい相手の本命が大吾ではなく、女の子のいずみである事が、今後の展開にどれだけ重要な意義を持っているのかが気になる所だね。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:38コメント(0)トラックバック(0)2010 MAJOR 

June 27, 2010

◆G2−4YB◆
1,2回と二人ずつの走者を許す苦しい立ち上がりの巨人先発・黄は3回、内川に二塁打,スレッジに四球を許して、二死一、二塁とまたまたピンチ。ここで金城,藤田と連続タイムリーを浴びて、3点を失い、この回限りで降板となった。横浜は続く4回にも内川の4号ソロで1点を追加。その裏、巨人は亀井,マッスル千代の富士の連打で一、二塁とするも、寿司職人ラミレス,阿部,長野と倒れて、二者残塁。7回、一死から長野,脇谷の連打で二、三塁とした所で江戸川がレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、横浜先発・ブーチェックをKOすると、代打・ガッツが内野安打で出るが、代走・鈴木が痛恨の二盗失敗。この後、坂本が四球で繋ぐも、亀井はセカンドゴロに終わり、2点止まり。8回には早くも登場した守護神・山口に対し、二死から連打を浴びせるも、脇谷が三振に斬って取られて、二者残塁。最後は三者凡退に仕留められ、連勝は3でストップ。入団当初の守護神としての期待が外れた事で中継ぎを経て、来日初先発となったブーチェックは6回1/3を2失点で初勝利をあげた

◆D4−6C◆
名手・川相が現役復帰どころかコーチとしてすら一軍ベンチから遠ざけられている最悪の状況で一向に浮上の気配が見えて来ない中日。事態を重く見てるのか見てないのか、よく分からない落合監督は川井を先発起用する事でお茶を濁そうとするが、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、2回に内野ゴロの間に先制するも、3回にヒューバーに同点タイムリーを許すと、4回には痛恨のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。更に、5回にはヒューバーに5号2ランをぶち込まれ、あえなくKO。広島は8回にも一死満塁から東出のタイムリー,梵の犠飛で2点を追加。中日は9回、堂上直が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチとなる3ランを叩き込み、史上24組目の兄弟アーチを達成するが、小山,代打・藤井と倒れて、ゲームセット。広島先発・篠田は7回を無四球1失点の好投で2勝目

◆S8−4T◆
ヤクルトは2回にデントナの11号先制ソロ,3回にもデントナの犠飛で2点のリード。4回まで1併殺6残塁と攻めあぐねていた阪神は5回、2四球で一死一、二塁とすると、新井,ブラゼルの連続タイムリーで一気に同点。しかし、その裏、ヤクルトは一死から田中,飯原と連打を浴びせ、阪神先発・フォッサムをKO。二死後、謎の新助っ人・ホワイトセルが走者一掃の勝ち越しタイムリー三塁打を浴びせると、続く相川もタイムリーを放って、この回3点。6回には一死二塁から青木のタイムリーで6点目。阪神は8回に代打・キュラソ星人の史上13人目の通算450号となる8号2ランで2点差まで詰め寄るが、その裏、相川の6号ソロ,田中のタイムリーで致命的な2点を献上。最後はセーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・林に反撃を断たれた。ヤクルト先発・由規は5回で6四球と制球に苦しみながらも、阪神の拙攻に助けられ、4勝目をマークした

◆E1−1H◆
岩崎,川井の両先発がいずれも粘りの投球を見せ、6回まで両軍ゼロ行進。迎えた7回、ソフトバンクは長谷川の二塁打,田上の四球で一死一、三塁とした所で川崎がセンター前に弾き返し、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、その裏、楽天も先頭の中村紀が二塁打で出ると、二死後、内村のタイムリーで同点のホームイン。試合はその儘、延長にもつれ込んだが、ソフトバンクは16残塁,楽天は12残塁の拙攻合戦の末、最後まで勝ち越し点を奪えず、延長12回規定でドローとなった。

6/27ケッペル◆F10−3M◆
ロッテ先発・小野は初回、先頭の田中に痛打されると、劇団ひちょりに犠打を許して、一死二塁のピンチ。しかし、稲葉を打ち取ると、続く小谷野もショートゴロに仕留めて、チェンジ…と思いきや、これを西岡が大きく弾き、ボールが転々とする間に田中が先制のホームイン。これでガックリ来た小野は糸井,あの男,高橋と3連打を浴びて、この回3失点。2回、ロッテは南のタイムリーで1点を返し、3−1の儘、中盤へ突入。迎えた5回、日本ハムは小谷野のタイムリーで1点を追加し、小野をKO。6回、ケッペルの暴投で1点を返されるが、その裏、2四球で二死一、二塁とした所で田中,劇団ひちょりと連続タイムリーを浴びせて、3点を追加。更に、7回にも2四球で貰ったチャンスに金子誠,田中と連続タイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの10点目。先発・ケッペルは7回を投げ、7安打2四死球を許しながらも、2失点に留める粘りの投球でハーラートップタイの10勝目を飾った。ロッテは今季初の3連戦3連敗。

◆L4−2Bs◆
片岡の6号先頭打者アーチで先制された偽バファローズは2回、一死からティー岡田,北川の連打で一、三塁のチャンス。バルディリスはセカンドへ打ち上げるが、続く鈴木がタイムリー内野安打を放ち、同点。1−1の儘、迎えた6回、西武は先頭の中島が二塁打で出ると、ブラウンのライトフライで三進。G.G.佐藤が歩いた後、礒?がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。続く7回には先頭の原がライトスタンドへ2号ソロを叩き込み、3点目。2点を追う偽バファローズは直後の8回、坂口の四球,後藤のヒットで二死一、二塁とすると、ティー岡田がライト前へタイムリー。なおも一打同点のチャンスだったが、北川はライトフライに倒れて、同点ならず。すると、その裏、西武は礒?の2号ソロで貴重な1点を追加。最後はシコースキーが3人で締めて、逃げ切った。先発のミャオは6回1/3を1失点に抑え、5勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:05コメント(0)トラックバック(19)2010 プロ野球 

June 26, 2010

◆G11−2YB◆
横浜は初回から二死満塁と先制のチャンスを掴むが、大西がセンターフライに倒れて、三者残塁。2回には先頭の武山がヒットで出るも、カスティーヨがゲッツーを食らい、無得点。しかし、3回、四球の下園を一塁に置いて、石川が先制のタイムリー三塁打。更に、一死一、三塁となった所でスレッジのセカンドゴロの間に2点目を追加。その裏、巨人は投手の藤井がセンター前へ弾き返し、自ら反撃の口火を切ると、坂本もヒットで続き、一死後、カスティーヨのエラーでまず1点。続く寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、同点とした所で阿部がライトスタンドへ23号3ランをぶち込んで、一気に3点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレス,阿部,長野の3連打で1点をあげ、横浜先発・清水をKOすると、代わった小林太から脇谷がタイムリー,江戸川が2号3ランを浴びせて、10点目。6回にも阿部がこの日2本目となる24号ソロをぶち込んで、ダメ押し。先発・藤井は5回2失点で6勝目をマークした

◆D1−0C◆
広島先発・ジ・oに対し、中日は先頭の荒木が二塁打で出ると、藤井のセカンドゴロで三進。ここで森野がレフトへ犠飛を打ち上げ、荒木が先制のホームイン。1点を追う広島は4回、嶋,ルパン広瀬のヒット,天谷の四球で二死満塁とワンヒットで逆転のチャンスを作るも、小窪がレフトフライに倒れて、三者残塁。8回には二死から嶋が振り逃げで出ると、ヒューバーが歩いて、一、二塁として、中日先発・中田賢をKOするが、代わった浅尾の前に、ここまで2安打のルパン広瀬が三振に倒れて、無得点。9回には岩瀬投入ではなく、何故か続投を強いられた浅尾から天谷のヒット,浅尾のエラーで無死一、二塁と絶好の場面を作るが、石原はピッチャーゴロに倒れると、ここに来てようやく登場した守護神・岩瀬の前に後続を断たれて、完封負け。2回以降、散発2安打無失点と完璧な投球を見せたジ・oをむざむざ見殺しにしてしまった。中田賢は7回2/3を無失点に抑えて、2勝目

◆S4−2T◆
バーネットの大炎上により、デントナもガイエルも一軍に残した上で昇格となった謎の新助っ人・ホワイトセルが5番スタメンで初登場。初回から二死一、二塁のチャンスに回ってきたホワイトセルだったが、初打席はセカンドゴロに倒れてしまう。0−0で迎えた5回、阪神はヒットのブラゼルが暴投で二進すると、浅井のタイムリーで1点を先制。その裏、ヤクルトは二死走者なしから青木の二塁打,田中の四球で一、二塁とすると、飯原がタイムリー二塁打を放ち、同点。なおも二、三塁の場面だったが、デントナはセンターへ打ち上げ、勝ち越しならず。阪神は7回、一死満塁のチャンスに増渕の暴投で労せずして勝ち越し。1点を追うヤクルトは8回、先頭の田中がヒットで出ると、飯原が4号2ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、二死後、ここまで内野ゴロ2つに三振といい所のなかったホワイトセルがライトスタンドへ来日初安打初本塁打を叩き込み、ダメ押し。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。3番手のマツ・オカは1回無失点で今季初勝利

◆E1−2H◆
2回、ソフトバンクは一死からペタジーニの四球、長谷川の二塁打で二、三塁とした所でオーティズ,柴原と連続タイムリーを浴びせて、2点を先制。なおも一、二塁のチャンスだったが、田上はサードゴロゲッツーを食らい、2点止まり。楽天は3回、四球の牧田を一塁に置いて、渡辺が左中間突破のタイムリー二塁打を放って、1点差。しかし、続く聖沢が小フライを上げるヘッポコバントをかまして、最悪のゲッツー。この後、嶋,鉄平と連打を浴びせるも、中村紀が打ち上げるチグハグな攻撃で同点ならず。楽天は4回以降、僅か1安打と沈黙。8回以降は6者連続三振に喫する有様で、最後まであと1点が届かず、8回2失点と好投の先発・永井を見殺して、最下位に転落。ソフトバンク先発・和田は6回1失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、3年ぶりの2桁勝利に到達した

6/26稲葉◆F10−4M◆
開幕6連勝中のロッテ先発・マーフィーだったが、この日は大乱調。初回、稲葉のタイムリーで先制を許すと、2回には二死満塁のピンチにまたも稲葉に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3失点。更に、3回には制球を乱して、無死満塁のピンチを作ると、鶴岡に犠飛,田中にタイムリーを浴びるなど、3点を許し、早くも7失点。4回まで毎回得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ないなど、拙攻続きのロッテは7回、今江のタイムリーでようやく1点を返すと、8回にはフクーラ,南,西岡のタイムリーで3点を追加し、3点差まで詰め寄った。その裏、4回以降立ち直り、追加点を阻止してきたマーフィーから内にスイッチするが、これが裏目。内は一死から内野安打と連続四球で満塁とし、あえなくKO。代わった古谷も二死後、小谷野に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、致命的な3点を失い、試合を決定付けられた。日本ハムは3カード連続の勝ち越しで最下位を脱出。先発のダルビッシュは7回を1失点で7勝目。マーフィーは立ち上がりの失敗が大きく響き、来日初黒星。

◆L5−7Bs◆
偽バファローズは初回、先頭の坂口のレフト前ヒットを皮切りに、荒金,後藤,カブレラ,ティー岡田と5連打を浴びせて、2点を先制。更に、一死後、バルディリスが犠飛を打ち上げ、3点目。2回以降は立ち直ったかに見えた西武先発・帆足だが、5回、二死一、二塁のピンチを背負うと、ティー岡田に15号3ラン,北川に6号ソロと連続被弾でKO。5回まで6安打を浴びせながら、無得点が続いていた西武は6回、G.G.佐藤の5号ソロでようやく1点を返すと、原の三塁打,代打・上本のタイムリー二塁打でこの回2点。7回にはG.G.佐藤のタイムリーの後、二死満塁から原が押し出し死球を食らって、4点目。なおも一発が出れば一気に逆転と言う所だったが、上本はセンターフライに倒れて、三者残塁。続く8回には先頭の片岡が5号ソロを放って、2点差。更に、栗山もヒットで続いたが、中島がサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開。9回にも二死から連打で一、二塁と一発で逆転サヨナラと言うチャンスを作るが、上本が三振に斬って取られて、万事休す。偽バファローズ先発の小松は6回を2失点で4勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(0)トラックバック(14)2010 プロ野球 

June 25, 2010

◆G3−1YB◆
巨人は坂本の14号先頭打者アーチで先制。一方、横浜は初回一死二塁のチャンスを潰し、2回には先頭打者を出しながらゲッツー、3回には二死二、三塁のチャンスを逸するなど、拙攻続き。4回も村田の二塁打,スレッジの四球で一、二塁のチャンス。ここで大西はセカンドゴロに倒れるが、この日ファーストに入っていた阿部がスレッジを挟殺しようと二塁へ悪送球を犯し、ボールが転々とする間に村田がタナボタの同点ホームイン。5,6,7回と3人ずつで切り抜けるなど、尻上がりに調子に上げていた巨人先発・ゴンザレスだが、8回、一死から石川にヒット,内川に四球を許した所で無念のKOとなり、またも白星ならず。しかし、ここで代わった2番手・久保が村田,スレッジの4,5番を連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。その裏、巨人は四球のマッスル千代の富士を一塁に置いて、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ23号2ランをぶち込んで、勝ち越しに成功。最後は守護神・クルーンが三者三振の快投で締め括った。好リリーフの久保に5勝目がついた

◆D3−1C◆
初の2桁勝利を目指す広島先発・前田健の前に3回までノーヒットに封じられていた中日は4回、先頭の藤井がチーム初安打を放つと、二死後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ18号2ランを叩き込み、2点を先制。6回には二死走者なしからベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ20号ソロを放り込んで、3点目。広島は7回、ヒットの梵が二盗を決めると、二死後、ルパン広瀬がセンター前へタイムリーを放ち、ようやく1点を返したが、反撃もここまで。8,9回と一人の走者も出せずにゲームセット。中日先発・吉見は8回を散発4安打1失点の好投で7勝目

◆S4−9T◆
ヤクルト先発・バーネットが立ち上がりから大炎上。四球の鳥谷を二塁へ進められると、マット・マートン,新井,ブラゼルと3連打を浴びて2失点。更に、二死後、林,桜井と連続タイムリーを許し、この回4失点。2回にはブラゼルに犠飛を打ち上げられると、3回にも鳥谷にタイムリー二塁打を浴びて、あえなくKO。代わった高市も平野にタイムリーを許し、7点目を献上。阪神は6回にも新井,ブラゼルの連続二塁打で2点を加え、ダメ押し。ヤクルトは青木,相川のタイムリー二塁打で4点を返したものの、序盤の大量失点があまりにも痛かった。阪神先発・ソニックは8回4失点で7勝目をあげた

◆E2−6H◆
楽天先発・岩隈に対し、ソフトバンクは初回一死から本田,松中,ハマのスペランカー,ペタジーニと4連打を浴びせて、2点を先制。一方、謎の新助っ人・ダービンの前に3回まで1安打と抑え込まれていた楽天は4回、鉄平の内野安打,ルイーズの四球で二死一、二塁とすると、山崎がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも二、三塁とワンヒットで逆転の場面だったが、高須はショートゴロに終わり、二者残塁。ソフトバンクも毎回の様に塁上を賑わせながら、残塁を量産するばかりで追加点を奪えず、1−2の儘、土壇場9回へ突入。守護神・馬原に対し、楽天は中村紀の二塁打の後、ルイーズがライト前へ弾き返して、ついに同点。一死後、高須のヒットで一、二塁とチャンスを広げたが、草野のファーストライナーでこの日4つ目のゲッツーを食らい、延長へ突入。迎えた10回、ソフトバンクは敬遠含む3四球で二死満塁とすると、依然として打率0割台と壊滅的不振から抜け出せずにいる田上がタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く川崎も走者一掃のタイムリー二塁打を放って、ダメ押し。続投となった馬原が最後を締めて、3勝目をマークした

◆F7−3M◆
日本ハムは初回、二死一塁から小谷野の5号2ランで先制。直後の2回、ロッテはフクーラのヒット,サブローの四球で一、二塁とした所で竹原に今季初アーチとなる3ランが飛び出し、一気に逆転に成功。1点を追う日本ハムは3回、田中,劇団ひちょりの連打で二、三塁とすると、一死後、小谷野がレフト前へ2点タイムリーを放ち、再逆転。5回にはまたも小谷野がタイムリーを浴びせるとね糸井に8号2ランが飛び出し、7点目。先発の金森は尻上がりに調子を上げ、6回3失点で今季初白星をあげた

6/25涌井◆L7−3Bs◆
2回に日高の4号2ランで先制して貰った先発・山本だが、3回、阿部,細川,片岡と3連打を浴びて、1点を返されると、栗山に犠打を許した所で中島に10号逆転3ランを被弾。更に、続くブラウンにも15号ソロをぶち込まれると、4回にも片岡にタイムリー二塁打を浴びて、この回限りでKOとなった。西武は5回にも平尾のタイムリー内野安打で1点を追加。偽バファローズは6回、バルディリスの犠飛で1点を返すと、続く7回には山崎浩の四球、荒金の内野安打で一、二塁のチャンス。しかし、後藤,カブレラと打ち上げて、二者残塁。このピンチを切り抜けた西武先発・涌井は8,9回と乗り切っての3失点完投で両リーグ10勝一番乗りとなった

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(11)2010 プロ野球 

June 24, 2010

◆S2−4G◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木を福地が送ると、二死後、デントナがセンター前へ先制のタイムリー。1点を追う巨人は4回、先頭の寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ21号ソロを放り込み、同点。1−1で迎えた6回、寿司職人ラミレスが2打席連続22号をぶち込んで、勝ち越しに成功。更に、一死後、松田記者がレフト前へ弾き返すと、長野がレフトスタンドへ9号2ランを放ち、この回3点。ヤクルトは7回、一死から宮本,代打・畠山と連打を浴びせて、巨人先発・内海をKO。代わった久保から代打・ガイエルが四球を選んで、満塁とすると、青木のファーストゴロの間に宮本が生還。なおも二死二、三塁とワンヒットで同点の場面だったが、福地はサードへ打ち上げて、同点ならず。続く8回にも一死一、二塁のチャンスを作ったヤクルトだったが、相川,宮本と打ち取られ、二者残塁。最後は山口の前に三者凡退に終わり、万事休す。内海は6回1/3を2失点で7勝目を飾った

◆D2−5YB◆
中日先発・ウッチャンに対し、横浜は2回、先頭のスレッジがレフトスタンドへ15号ソロを叩き込み、1点を先制。4回には先頭の村田がヒットで出ると、またもスレッジがライトスタンドへ2打席連続の16号2ラン。更に、5回にはヒットの下園を石川が送ると、二死後、村田,スレッジと連続タイムリーを浴びせ、ウッチャンはこの回限りでKO。一方、開幕6連敗中の横浜先発・ランドルフに対し、4回まで僅か1安打と沈黙していた中日は5回、無死一塁から堂上直のタイムリー二塁打でようやく1点。7回には一死一、二塁から弟に負けじと、代打・堂上剛がタイムリー。なおも一、二塁と一発が出れば、同点のチャンスだったが、荒木,中川と倒れて、1点止まり。横浜は8回から早くも守護神・山口を投入すると、山口は期待に応えて、残り2回を抑えて、逃げ切った。6回1失点のランドルフは10度目の登板でようやく今季初勝利

6/24山田◆H6−1F◆
4月2日以来の登板となった日本ハム先発・八木は3回まで無失点とまずまずの滑り出し。しかし、4回、一死からハマのスペランカーに二塁打を浴びると、ペタジーニにタイムリーを許し、先制点を献上。更に、オーティズを歩かせた後、松田に走者一掃のタイムリー三塁打,長谷川に犠飛を浴びて、この回4失点。5回以降当たりが止まったソフトバンクだが、8回、二死からハマのスペランカーが死球を食らった後、ペタジーニ,オーティズと連続二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。先発の山田は完封まであと二人と言う所で小谷野にタイムリーを浴び、KOとなったが、摂津のリリーフを仰いで、プロ初勝利。パ・リーグの育成選手出身としては初の勝利投手となった。ソフトバンクの連敗は6でストップ、一方、日本ハムの連勝は5でストップとなった。

◆E6−2L◆
ブラウンのタイムリー二塁打で先制された楽天だが、2回、ヒットのルイーズを一塁に置いて、高須が4号2ランを叩き込み、一気に逆転。続く3回には一死から鉄平が三塁打を放つと、中村紀がセンター前へタイムリー。更に、山崎が二塁打で繋ぐと、二死後、高須がレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。高須は7回にもこの日5打点目となるタイムリーを放ち、ダメ押しの6点目。先発・井坂は9回に大島に犠飛を許したものの、後続を断ち切り、プロ初完投で2勝目をあげた

◆M6−2Bs◆
初回のピンチを切り抜けたロッテはその裏、、二死一、二塁から大松が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。4回まで毎回2人ずつの走者を出しながら、一向に決定打が出ずにいた偽バファローズは5回、荒金の二塁打と連続四球で無死満塁のチャンスを掴むが、一死後、青波の永瀬のファーストゴロの間に1点を返すのが精一杯。その裏、ロッテは一死一塁から今江,井口と連続タイムリーを放ち、2点を追加。偽バファローズは6回に荒金のタイムリーで応戦するも、ロッテは7回、井口,金の連続アーチで突き放した。先発の渡辺俊は5回1失点でマウンドを降りたが、4人のリリーフを仰いで、5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:03コメント(0)トラックバック(10)2010 プロ野球 

June 23, 2010

◆S4−3G◆
ヤクルト先発・館山は初回、いきなり連打で無死一、三塁のピンチを背負うと、脇谷が二盗した際に暴投をかまして先制点を許すと言う、まるで昨夜の村中の再現の様な嫌な立ち上がり。更に、マッスル千代の富士の内野ゴロの間にも脇谷の生還を許して、2失点。ヤクルトは2回、先頭の武内がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、1点差。巨人は4回、二死から好調・阿部が22号ソロを叩き込み、再び点差は2点に拡大。しかし、その裏、ヤクルトは連続四死球で貰ったチャンスに相川,宮本と連続タイムリーで同点とし、巨人先発・西村健をKO。更に、二死満塁とした所で福地はショートゴロに倒れるも、坂本からの送球をマッスル千代の富士が落球するタイムリーエラーにより、タナボタの勝ち越し点をゲット。巨人は5回に坂本がヒットで出た以降はノーヒットと沈黙し、最後まで1点が届かなかった。館山は6回を3失点で4勝目

◆D4−2YB◆
ゴーグルで照明の光を反射させ、打者の目を眩ませると言う卑劣極まりない手段でもかましでもしなければ、とてもプロでは通用しない三流投手と言う悪夢の様なレッテルを貼られる水島の呪いに苛まれ続けている中日先発・山井は3回にカスティーヨに7号ソロを被弾し、先制点を献上。横浜先発のルーキー・加賀の前に5回まで僅か2安打、しかもいずれもゲッツーで殺してしまう有様で二塁も踏めずにいた中日は6回、二死から山井,荒木の連続二塁打でようやく追い付くと、続く7回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が2戦連発10号ソロをぶち込んで、勝ち越し。更に、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロを放り込むと、二死後、弟の代打として起用された兄・堂上剛の二塁打,谷繁のタイムリーで4点目。9回、守護神・岩瀬は連打を浴びて、1点を返されたものの、後続を断って、史上単独2位iに躍り出る通算253セーブ目。ゴーグルによる目眩ましをしなくても、7回1失点の好投を見せた山井は2勝目をあげた。

◆C4−9T◆
スタルツ,スタンリッジと助っ人同士の先発対決となったこの試合。阪神がスタルツの出鼻をくじき、マット・マートンのタイムリーで先制すると、2回には2四球で二死一、二塁とした所で鳥谷,平野,マット・マートンと3連打を浴びせて、3点を追加。一方、広島は4回、梵のヒットと連続四球で無死満塁とすると、ルパン広瀬,赤松と連続犠飛を打ち上げて、2点を獲得。7回に1点ずつ取り合って迎えた8回、広島は一死二塁からルパン広瀬がタイムリー二塁打を放ち、1点差。なおも一打同点の場面だったが、赤松,石井タクローと連続三振に斬って取られて、同点ならず。ピンチを脱した阪神は直後の9回、5長短打を集中して、4点を奪い、試合を決定付けた。スタンリッジは6回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

6/23高橋秀◆H3−9F◆
先発陣が踏ん張れない試合の続いているソフトバンク。この日も先発・高橋秀が初回からいきなりの3連打で先制を許すと、小谷野の犠打の後、糸井,高橋の連打を浴びて、この回3失点。3回にも1点を失うと、4回には一死一、三塁のピンチを作って、あえなくKO。2番手・金沢も代わりばな四球を出して、満塁とピンチを広げた挙げ句、稲葉,小谷野と連続タイムリーを浴びた上、糸井には7号2ランを被弾し、この回大量5失点。。その裏、ソフトバンクは松中の5号ソロ,ペタジーニの3号2ランで3点を返し、更に、3連打を浴びせるが、二塁走者・オーティズが本塁憤死すると、後続2人も打ち取られ、3点止まり。結局、ソフトバンクのチャンスはこれが最初で最後。5回以降は僅か1安打に抑え込まれての完敗で泥沼の6連敗。日本ハム先発の矢貫は4回途中KOとなったが、後を継いだ榊原が2回2/3を無失点の好リリーフで3勝目をあげた

◆E10−8L◆
西武は初回、ブラウンのライトポールを直撃する14号3ランで先制。その裏、嶋の犠飛で1点を返した楽天だが、直後の2回に原にタイムリーを浴び、3回にルイーズのタイムリーで1点を返すと、またも直後の4回に中島にタイムリーを許し、一向に点差が縮まらない。3点ビハインドの儘、迎えた6回、楽天はこの回から代わった大沼に対し、一死から連打を浴びせると、二死後、嶋がライト前へタイムリー。更に、鉄平が歩いた後、4番手・小野寺から中村が同点2点タイムリー。更に、山崎のサードゴロが黒瀬の悪送球を誘い、勝ち越すと、ルイーズ,高須と連続タイムリーが飛び出し、この回大量7点のビッグイニングを形成。続く7回には鉄平のタイムリー三塁打で10点目。西武は8回に2点、9回に1点を返し、2点差まで追い上げたが、僅かに及ばず、連勝は4でストップ。楽天2番手の青山は2回1/3を無失点に抑え、今季初勝利

◆M−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:41コメント(0)トラックバック(17)2010 プロ野球 

June 22, 2010

◆S1−5G◆
苦手とするヤクルト先発・村中に対し、巨人は2回、一死から松田記者のヒット,マッスル千代の富士の四球で一、二塁とすると、ここでダブルスチールを敢行。この時、村中が暴投を犯し、松田記者は一気に三塁を蹴って、先制のホームイン。4回には寿司職人ラミレスが10年連続となる20号ソロをぶち込んで、2点目を追加。1,2,3回と得点圏に走者を進めながら、あと一本がでないヤクルトは5回、二死走者なしから青木の二塁打,福地のタイムリーでようやく1点。更に、田中,ガイエルと連続四死球で満塁とチャンスを広げたが、畠山はサードライナーに終わり、三者残塁。1点差の儘、迎えた7回、巨人は阿部の四球,マッスル千代の富士のヒットで一死一、三塁とすると、長野がセンター前へタイムリーを放ち、3点目。9回には一死一塁からまたも長野がレフトスタンドへダメ押しの8号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。先発の東野は制球に苦しみながらも、6回を1失点で切り抜け、ハーラートップタイの9勝目

6/22ブランコ◆D5−2YB◆
ハマのチンピラ,あちゃくらさんの両先発が上々の滑り出しを見せ、4回まで両軍無得点。均衡が敗れたのは5回、横浜はヒットのカスティーヨをハマのチンピラが送ると、下園がライト前へ先制のタイムリー。続く石川も二塁打を浴びせ、追加点のチャンスだったが、内川はファーストライナーに倒れ、1点止まり。4,5回とチャンスを潰した中日は6回、荒木,藤井の連打の後、森野が犠飛を打ち上げて、同点。二死後、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ17号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。8回には二死から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号ソロを放つと、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号ソロを放り込み、ダメ押し。9回、浅尾が大西にタイムリーを浴びたものの、ここから代わった守護神・岩瀬がピシャリと締めて、ササキ様に並ぶ史上2位タイの252セーブ目をマーク。あちゃくらさんは7回を1失点に抑え、3勝目

◆C7−13T◆
初回に新井のタイムリーで先制した阪神は3回には絶好調・ブラゼルが5戦連発となる23号ソロ。その裏、広島は梵の6号2ランで一気に同点とするが、直後の4回、阪神は一死二塁から鳥谷が勝ち越しタイムリー二塁打。その裏、広島は一死二、三塁から大竹の2ランスクイズが決まり、逆転に成功するが、それも束の間、阪神は5回、J.マッケンジーが11号2ランを放り込み、再逆転。粘る広島は6回、連打と四球で無死満塁とすると、石原が押し出し四球を選んで、同点。ここで満を持して代打で登場した求道者・前田だったが、交流戦でのDHによる出場が極めて少なかった事による試合勘の欠落の影響か、よもやのセカンドゴロゲッツー。しかし、細心の注意を注がなければならない求道者・前田との勝負で心身共に激しく疲弊させられた阪神3番手・西村の甘いスライダーを東出がセンター前に弾き返して、2点を勝ち越し。追いかける阪神は8回、二死一、二塁のチャンスに代打・関本が走者一掃の同点タイムリー三塁打を放ち、延長戦に持ち込んだ。迎えた11回、阪神は梵のエラー,桜井の四球゛て二死一、二塁とした所で代打・悠久の若虎・桧山が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせ、2点を勝ち越し。更に敬遠と死球で満塁とした所でマット・マートンが9号グランドスラムをぶち込んで、ダメ押し。1回を無失点に抑えた守護神・藤川球に3勝目がついた

◆H0−7F◆
ソフトバンク先発・小椋が初回から全くストライクが入らず、3四死球で一死満塁のピンチを背負うと、糸井に先制タイムリーを浴び、2点を献上。更に、よりにもよって残塁量産マシンの名を欲しいままにするあの男にまでタイムリーを浴びて、この回3失点。3回の一死満塁のピンチは切り抜けたものの、4回、またも四球から満塁のピンチを作った所で稲葉に犠飛を許して、4点目を献上。7回には2番手・陽が二死から3連続四球でKOされた挙げ句、代わった藤岡が金子誠に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びる体たらく。日本ハムは僅か5安打で7点を奪ったのに対し、ソフトバンクは7安打を放ちながら、屈辱の完封負け。日本ハム先発・武田勝はプロ初完封を無四球で飾り、5勝目

◆E3−5L◆
楽天先発・田中に対し、西武は初回一死一、三塁からブラウンがライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。続くG.G.佐藤もセンターへ犠飛を打ち上げ、この回2点。3回には黒瀬,中島,ブラウン,G.G.佐藤と4連打を浴びせて、2点を追加。4点を楽天は4回、二死一、二塁から高須,草野と連続タイムリーで2点。なおも二、三塁と一打同点のチャンスだったが、渡辺は三振に倒れて、二者残塁。5回には西武が中島のタイムリーで1点をあげるが、楽天も負けじと聖沢の今季初アーチで応戦。2点を追う楽天は夜会、一死から嶋,鉄平と連打を浴びせるも、中村紀,山崎の4,5番が凡退し、二者残塁。西武は8回から長田−シコースキーと繋いで、2点のリードを守りきった。先発の岸は6回で11安打を浴びながら、3失点で食い止め、ハーラートップに並ぶ9勝目をマークした

◆M1−9Bs◆
2回に大松の12号ソロで先制された偽バファローズは3回、一死から大引,坂口と連打を浴びせると荒金が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。二死後、カブレラもタイムリーを放ち、3点目。5回には荒金,ティー岡田のタイムリー二塁打で2点を追加。更に、7回にはが犠飛、8回には後藤,カブレラが連続タイムリーと着々と加点。9回にも大引にタイムリー二塁打が飛び出し、ダメ押しの9点目。投げては大量援護を貰った先発・木佐貫が8回まで1失点に抑える好投で7勝目をあげた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:48コメント(0)トラックバック(13)2010 プロ野球 

June 21, 2010

 吾郎がホーネッツをワールドシリーズ制覇に導いてから6年。眉村は開幕から連勝街道を走り、Jr.は通算350号をマークするなど、ライバル達がメジャーで活躍し続ける中、2年前に肩を壊し、現役引退を余儀なくされた吾郎は日本でぐうたらな日々を過ごしていた。小学生になった長女・いずみは昔は凄かったと言う話を散々聞かされてはいるものの、現在はいつも家でゴロゴロしてばかりで、たまに外へ出るかと思えばパチンコで、ロクに遊びにも連れていってくれないダメ親父の吾郎に対し、友達の父親と比べて劣等感を抱き、不信感,嫌悪感は強まる一方。やがて、その反抗心を口に出してしまう。薫から真実を話す様に促される吾郎だったが、形になるまでは話したくないとし、かつて茂治が見せてくれた様に背中で納得させるべく薫の提言を拒否する。そんなある日、いずみはパチンコに行った筈の吾郎が何やらトレーニングをしているらしき姿を目にするのだった。時は流れて、秋となり、NPBの合同トライアウトに姿を現した吾郎は3打数3安打1本塁打と打棒を爆発させる。投手生命を断たれた吾郎は打者としての再起を目論んでいたのだ。

 今回の話ば本田茂治リスペクトなのか、はたまた「ゲキトウ」のリスペクトなのか? まぁ、普通に考えりゃ、前者だよな。吾郎の引退は想定範囲内だったが、血行障害ではなく右肩痛が原因だったか…。つくづく故障に泣かされる野球人生だな…。それにしても、吾郎ともあろう者が野手転向に2年も懸けるとは…。投手をしながら、類い希なる打撃センスも発揮し続けていただけに、肩がぶっ壊れた段階ですぐにそういう発想に至っても不思議ではなさそうなものだ。右肩を壊した際に、英毅から、左腕転向がうまくいかなければ茂治の様に野手でもいいじゃないか、と言われてるくらいだし…。両肩共に壊れた事でさしもの吾郎も長らく打ちのめされたのだろうか…。さて、このエピソードはエピローグの一端なのか、これから長期に渡って野手転向編が始まるのか気になる所だ。NPBだと、高校時代のライバルとか色々出てきそうなので、それはそれで結構、楽しみではあるのだが、「MAJOR」なのにNPBでいいのか?と思うと、やはり、エピローグなのかなぁと言う気もする。ところで、吾郎は「大吾」が諦めきれなかったのか、3年後に作った長男にちゃっかり「大吾」と命名しているのが、何だが微笑ましかったね。

ゲキトウ (リュウコミックス)
ゲキトウ (リュウコミックス)
クチコミを見る

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:54コメント(0)トラックバック(0)2010 MAJOR 

June 20, 2010

◆G5−2D◆
首位戦線に留まる為にも何としてもこの3連戦を勝ち越したい落合監督は現役どころかコーチとしてすら名手・川相をベンチから遠ざけてしまった愚行を悔い改める事をせずに、またしても川井を先発させる事でお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井にはチームの空気を一気に変える事は出来ず、初回に先制点を貰いながら、2回に阿部に3戦連発となる21号2ランを被弾し、あっさり逆転を許してしまう。巨人は4回にも二死一塁から松田記者のタイムリー二塁打で3点目を追加。2点を追う中日は直後の5回、一死から野本が四球を選ぶと、二死後、小山がタイムリー二塁打を放って、1点差。3−2の儘、迎えた8回、巨人は先頭のガッツが16号ソロ。一死後、3者連続出塁で満塁とすると、二死後、亀井が押し出し四球を選んで、ダメ押しの5点目。土壇場9回、昨日は3失点の炎上で初黒星を喫した守護神・クルーンが二死からヒットを浴びたものの、後続を断ち切って、汚名を返上。先発の藤井は6回を散発2安打2失点に抑え、5勝目

◆C−S◆
1,2回と先頭打者をヒットで出しながら、後が続かないヤクルトに対し、広島は2回、二死一、三塁から東出がレフト前へ先制のタイムリー。5回には四球の東出を三塁へ進めた所で嶋がレフトへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。広島先発・ジ・oの前に7回までゼロ行進のヤクルトだったが、8回から高橋にスイッチするや、青木の二塁打と2四球で一死満塁のチャンス。ここで代わった梅津から、デントナが押し出し四球を選ぶと、福地がライト前へ同点タイムリー。更に、相川もレフト前へ2点タイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。その裏からマツ・オカ−林とパーフェクトリレーを見せ、広島の反撃を断ち切った。先発の由規は制球に苦しみながらも、7回を2失点で切り抜け、3勝目をマーク

◆YB14−6T◆
鳥谷の7号先頭打者アーチで先制された横浜だが、その裏、内川の3号2ランですかさず逆転に成功。続く2回にはカスティーヨが6号ソロ,4回にはスレッジが13号ソロと一発攻勢で加点。更に、この後、一死一、三塁とすると、ソニックの犠飛,下園のタイムリー二塁打で2点を追加し、阪神先発・フォッサムをKO。阪神は5回にブラゼルの4試合連続21号2ランで応戦すると、更に、J.マッケンジー,林の連打で一、三塁とするが、桜井がショートゴロに終わり、2点止まり。すると、その裏、横浜は一死二塁からスレッジ,大西,武山と3連打を浴びせて、点差は再び5点と拡大。横浜は6,7回にも3点ずつを加え、一気に突き放した。阪神は代打・キュラソ星人の7号2ラン,ブラゼルのこの日2発目となる22号ソロで追い上げたものの、及ばなかった。横浜先発・ソニックは6回途中で降板となったが、打線の援護に恵まれ、通算100勝目となる今季7勝目をあげた

◆L6−4H◆
序盤から点の取り合いとなったこの試合。初回は両軍2人の走者を出しながら、無得点に終わったが、2回、ソフトバンクが柴原,山崎の連続タイムリーで2点を先制すれば、その裏、西武は阿部のタイムリー二塁打,栗山のタイムリーであっと言う間に同点。3回にソフトバンクがオーティズの犠飛,柴原のタイムリー二塁打で2点を勝ち越すも、その裏、西武は二死満塁から2試合連続4打点とこの所、ポイントゲッターになっている細川が3試合連続となる6号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。ソフトバンクは4回以降は一転して、西武の小刻みな継投の前に僅かに1安打と沈黙し、屈辱の3連戦3連敗。西武2番手の武隈は2回1/3を無失点の好リリーフでプロ初勝利を飾った

6/20小谷野◆Bs1−11F◆
日本ハムは2回、四球の糸井が二盗と内野ゴロで三塁へ進むと、鶴岡のセンター前ヒットで先制のホームイン。3回には3四球で二死満塁とし、偽バファローズ先発・近藤をKOするが、代わった香月の前に高橋が打ち取られ、追加点ならず。ピンチを脱した偽バファローズはその裏、二死から四球で出た下山が牽制悪送球で二塁を陥れた所で後藤がセンター前へ同点のタイムリー。1−1で迎えた5回、日本ハムはヒットの劇団ひちょりが二盗とライトフライで三塁へ進んだ所で糸井がレフト前へ勝ち越しのタイムリーヒット。7回には二死満塁からレスターの暴投でタナボタの3点目。そして、8回には小谷野,金子誠と1イニング2発の満塁弾で一挙8点を奪い、試合を決定付けた。先発のケッペルは6回を自責点0の好投でハーラートップに並ぶ9勝目

◆M3−1E◆
無傷の5連勝中のロッテ先発・マーフィーに対し、楽天は2回、二死満塁から聖沢が押し出し四球を選んで、労せずして、1点を先制。しかし、3回以降立ち直ったマーフィーの前に6回まで一人の走者も出せず、7回にエラーで貰ったチャンスも生かせず、追加点を奪えない。一方、楽天先発・永井の前に無得点に抑え込まれていたロッテは7回、サブローの四球,竹原のヒットで無死一、二塁とした所で里崎がタイムリー二塁打を放ち、ようやく同点。二死後、今江がライト前へタイムリーを浴びせて、ついに2点を勝ち越し。8回からは薮田−小林宏と繋いで逃げ切った。マーフィーは7回を1失点に抑え、開幕6連勝

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:32コメント(0)トラックバック(15)2010 プロ野球 

June 19, 2010

◆G4−7D◆
巨人先発・ゴンザレスは立ち上がりから制球が定まらず、無死二塁から連続四死球で満塁のピンチ。ここからベンちゃん,ブランコと連続三振に斬ってとるも、野本に痛恨の押し出し四球を許し、先制点を献上。更に、続く堂上直にもタイムリーを浴びて、この回2失点。その裏、巨人は一死から脇谷の三塁打,ガッツのタイムリーですかさず1点を返すと、4回には阿部の19号ソロで同点。更に、6回には寿司職人ラミレスに19号ソロが飛び出して、勝ち越しに成功。この後、二死満塁とチャンスを広げたが、坂本がセンターへ打ち上げ、1点止まり。直後の7回、中日は森野のタイムリーで追い付くと、8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号ソロを放り込み、再び勝ち越し。一方、巨人もその裏、負けじと阿部がこの日2本目両リーグ1番乗りとなる20号ソロを放ち、試合は振り出しに。二死後、連打で一、三塁と勝ち越しのチャンスを作るも、またも坂本がブレーキとなって、勝ち越しならず。土壇場9回、同点ながらマウンドに上がったクルーンは簡単に二死を取ったものの、ここから森野に二塁打,ベンちゃんに四球を許した所でブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続16号3ランをぶち込まれ、一気に3点のリードを許す体たらく。その裏、中日は守護神・岩瀬を投入し、逃げ切り。一時は同点アーチを浴びた浅尾に6勝目がついた

6/19前田健◆C5−1S◆
初回、広島は先頭の東出が二塁打を浴びせると、梵のセカンドゴロで三進。ここで嶋がライトへ犠飛を打ち上げ、東出が先制のホームイン。ヤクルトは3回、二死走者なしから、青木,田中の連打にガイエルの死球で満塁と一打逆転のチャンス。しかし、ここでデントナが三振に倒れて、三者残塁。一方、2回以降、ゼロ行進が続いていた広島は6回、一死から嶋の4号ソロ,ヒューバーの4号ソロと連続アーチを叩き込むと、更に、ルパン広瀬がヒットで繋いだ所で赤松にも今季初アーチが飛び出して、この回一挙4点。ヤクルトは8回に代打・畠山の今季初アーチで完封を免れるのが精一杯。広島先発・前田健は7回を無失点に抑えて、ハーラー単独トップに躍り出る9勝目を飾った。広島は今季初の4連勝。


 

◆YB3−7T◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた4回、阪神は二死一、二塁から投手のソニックがライト前へ弾き返すと、これを下園がお手玉する間に二塁走者・J.マッケンジーが勝ち越しのホームイン。更に、鳥谷のタイムリー内野安打,平野の2点タイムリー二塁打でこの回4点を獲得。続く5回には新井,ブラゼルと連続アーチを叩き込み、横浜先発・大家をKO。横浜は2,4回とゲッツーを食らい、3回二死三塁,5回二死満塁のチャンスを潰すなど、拙攻三昧。6回に橋本のタイムリーで2点を返したものの、7回以降は渡辺−西村−上園と繋ぐリレーの前に反撃を断たれた。阪神先発・ソニックは6回を3失点で6勝目をマーク

◆L5−1H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは2四球とペタジーニのヒットで二死満塁とすると、森本がライト前へ先制のタイムリー。1点を追う西武は5回、二死から佐藤の内野安打,阿部の四球で一、二塁とすると、細川がレフトスタンドへ2試合連続の5号3ランをぶち込んで、一気に逆転。6回には一死一、三塁からG.G.佐藤が犠飛を打ち上げると、7回にはヒットの佐藤を阿部が送った所でソフトバンク先発・和田をKO。代わった甲藤に対し、またも細川がタイムリーを放って、ダメ押し。8回からは長田−シコースキーと繋いで、逃げ切った。先発の帆足は6回2/3を1失点で切り抜け、7勝目をあげた

◆Bs1−3F◆
交流戦初制覇の勢いで首位戦線に迫りたい偽バファローズは難敵・ダルビッシュ相手に3回、ハイツ田口のタイムリーで1点を先制。しかし、直後の4回、日本ハムは劇団ひちょり,稲葉,小谷野の3連打で無死満塁とすると、一死後、怒濤のチャンスブレイカーの名を欲しい儘にするあの男によもやのタイムリー二塁打が飛び出して、二者生還で逆転に成功。1点リードの儘、迎えた8回には二死走者なしから稲葉が三塁打を浴びせると、続く小谷野がレフト前へ弾き返して、貴重な3点目を追加。4回以降、一人の走者も出せずにいた偽バファローズはその裏、一死から3連打で満塁と一打同点のチャンス。しかし、ハイツ田口,後藤と打ち取られ、三者残塁。9回にはこの回から代わった抑えの武田久に対し、3本のヒットで一死満塁。しかし、ここで日高のライナーはセカンドの守備範囲。飛び出した二塁走者・森山は戻れずにゲッツーとなり、ゲームセットとなった。ダルビッシュは8回を1失点で6勝目

◆M0−3E◆
ロッテ先発・成瀬は4回まで7三振を奪ってのノーヒットピッチング。しかし、5回、一死から伏兵・高須にチーム初安打となる3号ソロを被弾し、先制点を献上。更に、二死後、渡辺,聖沢,嶋と3連打を許して、この回2失点。7回には二死一、三塁から嶋にタイムリーを浴びて、無念のKO。ロッテは6回以降、一人の走者も出せず、完封負け。楽天先発・岩隈は7回を無失点の好投で5勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:33コメント(0)トラックバック(16)2010 プロ野球 

June 18, 2010

6/18内海◆G5−0D◆
交流戦ではパ・リーグ相手に苦戦を強いられ、リーグ戦再開で調子を取り戻したい両チーム。巨人先発・内海は3回まで7三振と素晴らしい立ち上がり。一方、2回に満塁のピンチを切り抜けた中日先発・ウッチャンだったが、3回、脇谷のヒット,マッスル千代の富士の死球で二死一、二塁とされると、ガッツにタイムリーを浴び、先制点を献上。巨人は5回にも一死満塁と絶好のチャンスを作るが、ガッツ,寿司職人ラミレスの3,4番が倒れて、三者残塁。しかし、続く6回、先頭の阿部が18号ソロを叩き込み、ウッチャンはこの回限りでKO。続く7回には2番手・清水昭から無死一、二塁とした所でガッツがレフトスタンドへ15号3ランを放り込み、ダメ押し。内海は2回以降は二塁も踏ませない完璧な投球を展開し、散発2安打無四球の今季初完封で6勝目を飾った

◆C−S◆
降雨中止。

◆YB−T◆
降雨中止。

◆L8−1H◆
ソフトパンクは初回から3安打を浴びるなど、不安定だった西武先発・涌井の立ち上がりを捉えきれず、先制点を奪えない。一方、西武は2回、二死満塁のチャンスで片岡が走者一掃の先制タイムリー三塁打を浴びせると、続く栗山もタイムリーを放ち、この回4点。4−0の儘、迎えた6回、ソフトバンクはペタジーニの2号ソロでようやく1点を返すが、西武は8回、二死走者なしから代打・佐藤の二塁打,オーティズのエラー,阿部の四球で満塁とすると、細川が4号グランドスラムをぶち込んで、一気に試合を決定付けた。尻上がりに調子を上げた涌井は8回を1失点の好投でーハーラートップタイの9勝目。ソフトバンク先発・山田は4回もたずにKOとなり、プロ初黒星。

◆Bs0−3F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは二死走者なしから金子誠が四球を選ぶと、田中のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、後藤のタイムリーエラーで1点を加えると、続く4回には一死から糸井がライトスタンドへ6号ソロを放り込み、3点目。先発の糸数が右脇腹を痛めて、3回一死で降板を余儀なくされるアクシデントに見舞われたが、そこから4人の中継ぎ陣が8回まで無失点で繋ぐと、最後は武田久が完封リレーを決めて、今季26度目の登板にしてようやく今季初セーブ。緊急登板で2回2/3を無失点の好リリーフを見せた2番手・榊原に2勝目がついた。偽バファローズ先発・金子千は3安打完投ながら、味方打線が見殺しにしてしまった。

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:48コメント(0)トラックバック(6)2010 プロ野球 

June 17, 2010

 今週の「ドカパロ」で衝撃的な展開が! 何と代打の切り札として、金泰均が登場したのだ! 例によって、全く似ていない為、実在選手とイメージがカスリとも合致せず、謎の新キャラなのかと思ったが、よもやの金泰均とは…。水島ワールドと言えば、頑ななまでに鎖国政策が徹底されている事で知られているだけに、西洋人でないとは言え、外国人である事に変わりない金が登場したと言うのは革新的と言える(直接関わった試合ではないものの、昨年の日本シリーズで巨人と日本ハムのメンバーに助っ人が何人も名を連ねてはいたのだが…)。とは言え、パ・リーグ打点トップを独走する金を代打要員に貶める辺りは流石、御大である。さて、こうなると気になるのは、やはり、水島の呪いだ。何せ、数週前には新人王レースを独走すると思われた荻野貴がよりにもよって投手の球道を代打に出されると言う悪夢の様な呪いをかけられたばかりだ。雑誌掲載時には既に荻野貴はリタイアしていたのだが、原稿が描き上げられたタイミングないしは球道を代打に出そうと考えついたタイミングを推測するに、荻野貴のリタイアの直前である可能性が高く、荻野貴のケガは水島の呪いの影響だったのではないかと疑わずにはいられない。そんな前例があるだけに金が今後、五体満足でプレー出来るのか、突然、大スランプに見舞われたりしないのか、心配でたまらない。ここで主砲・金が戦線離脱する様な事になれば、ロッテは首位戦線から脱落しかねないだろう。プロ野球選手会は肖像権が球団と選手のどちらにあるかなどと、必死こいて裁判している暇があったら、まず、水島の呪いの対策を考える事が先決ではなかろうか…。

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:39コメント(0)トラックバック(0)2010 ドカパロ 

June 16, 2010

6/16岩瀬◆D5−3F◆
照明の光をゴーグルに反射させて、打者の目を眩ませる様な卑劣極まりない方法をかまさなければ抑える事が出来ない三流投手と言う水島の呪いの烙印を押されてしまった中日先発・山井は立ち上がりからピリッとせず、一死から劇団ひちょりに死球を食らわせると、稲葉にタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。更に、小谷野に内野安打を許した後、糸井のショートゴロの間に2点目を献上。その裏、中日はヒットの荒木が二盗と内野ゴロで三進すると、森野の犠飛で生還し、1点差。1−2の儘、迎えた5回、日本ハムはヒットの田中を劇団ひちょりが送ると、二死後、小谷野がレフト前に弾き返して、3点目。2点を追う中日は7回、突如、制球を乱した日本ハム先発・矢貫から連続四球を選んで、一、二塁。一死後、2番手・石井から野本がタイムリー二塁打。二死後、代打・藤井が歩いて、満塁とワンヒットで逆転の場面を作ったが、代打・英智が三振に倒れて、三者残塁。しかし、続く8回、大島,ベンちゃんのヒットで二死一、二塁とした所でブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ14号3ランをぶち込んで、一気に逆転に成功。最後は守護神・岩瀬が締めて、史上3人目の通算250セーブを達成し、名球会入りの資格をゲットした。3番手の浅尾は1回を無失点に抑えて、5勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(1)トラックバック(14)2010 プロ野球 

June 15, 2010

6/15内川◆YB5−2H◆
1,2,3回と毎回2個ずつ、早くも6個の残塁を量産した横浜だが、4回、2四球と石川の二塁打で二死満塁とした所で内川がレフトスタンドへプロ入り初となるグランドスラムをぶち込んで、一気に4点を先制。一方、横浜と同様に毎回残塁を築いてきたソフトバンクは5回、代打・柴原の3号ソロ,ハマのスペランカーの13号ソロと一発攻勢で応戦。4−2の儘、迎えた8回、横浜は一死から橋本が2号ソロを放り込み、貴重な1点を追加。8回からマウンドに上がっていた守護神・山口が9回もピシャリと抑え、横浜は何とか10連敗を免れた。先発のルーキー・加賀は5回2失点で2勝目をマーク


◆S2−10F◆
日本ハムは初回、二死走者なしから稲葉がレフトスタンドへ先制の11号ソロアーチ。稲葉は3回にも2打席連続となる12号ソロ。4回には二塁打の糸井を金子誠が送った所で陽がレフト前へタイムリー。続く5回には二死走者なしから死球と野選で作ったチャンスで糸井のタイムリー二塁打に続き、金子誠が3号3ラン。更に、この後、鶴岡にもタイムリーが飛び出し、この回5点。ヤクルト先発・館山はあえなくKOとなった。日本ハムは9回にも代打・高口の2号ソロ,陽のタイムリーで2点を加え、ダメ押しの10点目。先発・増井は1回を投げ終えた所で右肩痛により降板するアクシデントに見舞われたが、2回以降、6人のリリーフが散発4安打2失点の好投でヤクルトの反撃を断ちきった。2番手の榊原は2回無失点でプロ初勝利。この日、日本ハムが勝った事により、交流戦は上位6球団をパ・リーグで占める事が確定した。ヤクルトの連勝は5でストップ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:53コメント(0)トラックバック(4)2010 プロ野球 

June 14, 2010

6/14デントナ◆S8−3F◆
この日、謎の新助っ人・ホワイトセルが一軍に合流にした事で、入れ替え候補の両助っ人は戦々恐々。ガイエルよりも二軍落ちが有力視されているデントナはテンパった事で逆にスパークしたのか、初回、一死一、二塁のチャンスで9号先制3ラン。更に、飯原が歩いた後、相川,宮本と連打を浴びせて、1点を追加。4回には内野安打の青木を二塁へ進めると、またもデントナがこの日2本目となる10号2ランをぶち込んで、日本ハム先発・武田勝をKO。5回に田中のタイムリーで1点を返されるも、その裏、エラー絡みで2点を加え、大きく突き放す。7点を追う日本ハムは連打と四球で無死満塁とすると、田中が2点タイムリーを浴びせて、ヤクルト先発・村中をKO。一気に畳み掛けたい所だったが、代わった増渕の前に劇団ひちょり,稲葉,小谷野と打ち取られ、二者残塁。ヤクルトは8回からマツ・オカ−押本と繋いで逃げ切った。ヤクルトは今季初の5連勝。村中は6回0/3を3失点で4勝目をあげた。尚、2発5打点のデントナとは対照的に、ガイエルは3打席連続三振に終わり、一軍残留へ崖っぷちに立たされた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:30コメント(0)トラックバック(5)2010 プロ野球 

 万感の想いを込めて投じた吾郎の10球目に対し、Jr.の渾身のスイングは空を切り、ウイニングボールは寿也のミットに飛び込んだ。この瞬間、ホーネッツは悲願のワールドシリーズ制覇を達成。ナインと共に喜びを分かち合う姿を見て、ギブソンは幾多の試練を潜り抜け、父を越えた吾郎に感慨を覚えるのだった。吾郎の姿を見届けた薫は間もなくして出産。翌朝になって、ようやくこの事を知らされた吾郎は病院に駆けつけると、出産前から男の子と聞かされていた為、「大吾」と名付けようとする。しかし、エコー検査で担当医の見誤りがあり、実際に生まれたのは女の子だった。やがて、時は流れ…。

 悲願のワールドシリーズ制覇…だが、イマイチ盛り上がらない。人生最高のファストボールとか言うから、170kmでも出るんじゃあるまいな…と勘繰ったが、球速表示もなし。吾郎の頭部のケガも想いっきりスカシネタに終わったし…。しつこい様だが、寿也のグランドスラムで完全に興が冷めてしまったよなぁ。勝敗とは何ら関係ない最後の宿命の対決も吾郎とJr.の想いが全く噛み合っておらず、決着後も二人の直接の絡みはないどころか、相手に対するモノローグすらなく、まるで刺身のツマにされてしまったかの様なJr.の扱いは残念だ。まぁ、今シリーズ最大の不満は小森がしがない営業マンに成り下がっていた事なのだが…。さて、吾郎の第一子はよもやの女の子。流石に、「大吾」はありえないとして、何で「いずみ」なんだろな…。薫のセンスか? あれから何年経ったのかはまだ不明だが、小学校にあがったばかりっぽい雰囲気なので、6年後か? どうやら薫達は日本に戻ってきている様だが、吾郎は果たして、現役メジャーなのか、日本でプレーしているのか、はたまた引退しているのか…。年齢的にはまだ早いとは言え、血行障害を再発させたりしてるくらいだから、故障による引退の可能性はなくはないが…。今回の後遺症で既に他界しているなんて超展開の可能性も考慮しておこう。それにしても、今度こそ、エピローグになるのだろうか。まさか、いずみが女性初のメジャーリーガーを目指す話が始まりやしないだろうな…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:45コメント(0)トラックバック(0)2010 MAJOR 

June 13, 2010

◆H7−5G◆
巨人は初回、先頭の坂本が内野安打で出るも、続くマッスル千代の富士がゲッツー。2回には寿司職人ラミレス,阿部と連続二塁打を浴びせながら、寿司職人ラミレスが判断を誤り、三塁止まりの大チョンボ。それでも無死二、三塁のチャンスが続いたが、後続3人があっさり打ち取られ、二人の走者は釘付け。そして、迎えた3回裏、一死一塁から本多の打球が胸に直撃した先発・西村健が降板を余儀なくされると、緊急登板となった黄が満塁とピンチを広げた上、松中に4号先制グランドスラムを被弾し、あっと言う間の4失点。巨人は4回、ガッツ,寿司職人ラミレス,阿部の3連打で無死満塁と一発で同点のチャンスを作るが、松田記者のショートゴロゲッツーの間にガッツが生還しただけの1点止まり。すると、その裏、ソフトバンクは2番手・黄からハマのスペランカーのタイムリー二塁打で2点を追加。しかし、粘る巨人は5回、マッスル千代の富士の犠飛,ガッツのタイムリーで2点を返し、ソフトバンク先発・杉内はこの回限りで降板。更に、6回には3連打に本多の悪送球が重なり、1点をあげると、一死後、日本一高価な代打要員・李のセカンドゴロに間に1点を加えて、1点差。しかし、反撃もここまで。ソフトバンクは7回にハマのスペランカーの12号ソロで突き放すと、8回から摂津−馬原と繋ぐ必勝リレーでリードを守りきった。杉内は5回3失点降板と不本意な内容ながらも、リリーフの援護を仰いで、ハーラートップタイの9勝目

◆F5−0D◆
名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督はまたもや川井を先発起用してお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変えるには至らず、初回から3四球で二死満塁のピンチを背負うと、よりにもよって、残塁量産マシンの名を欲しいままにするあの男に走者一掃の先制タイムリー二塁打を浴びてしまうと言う大失態。続く2回には一死一、三塁から劇団ひちょりに犠飛を許して、4点目を献上。7回まで僅か1安打と三塁も踏めずにいた中日は8回、二死走者なしから藤井の内野安打,谷繁の四球で一、二塁とするも、代打・小池がサードゴロに終わり、二者残塁。すると、その裏、4番手・岩田がよりにもよって、あの男に5号ソロを被弾する大失態を演じ、試合を決定付けられた。日本ハム先発・ケッペルは散発2安打完封と完璧な投球で8勝目をマークした

◆L2−4C◆
2回にブラウンの13号ソロで先制を許した広島だが、直後の3回、一死二塁から梵のタイムリーで追い付くと、続く4回には一死二塁からフィオがレフト前へ勝ち越しのタイムリー。更に、5回には一死から嶋がヒットで出ると、ヒューバーがレフトスタンドへ3号2ランを叩き込み、4点目。土壇場9回、この回からマウンドに上がったベイルに対し、西武は一死から中島のヒット,代打・佐藤の四球で一、二塁のチャンス。二死後、代打・阿部がセンター前にタイムリーを放ち、2点差。なおも一、二塁と一発が出れば、逆転サヨナラの場面だったが、平尾はセンターへ打ち上げて、ゲームセット。広島先発のジ・oは6回を1失点の好投で来日初勝利をあげた

◆M9−8T◆
阪神は初回、二死一、二塁から新井がレフト前へ弾き返して、先制のタイムリー。しかし、その裏、ロッテは一死満塁から大松の2点タイムリー二塁打で逆転に成功。続く2回には二死二、三塁から井口,金と連続タイムリー二塁打を浴びせて、3点を追加。4点を追う阪神は3回、一死から連打と四球で満塁とするが、ブラゼルの犠飛で1点を返すのが精一杯。5回に井口,大松のタイムリーで更に突き放されてしまった阪神は5回、ブラゼルの19号2ラン,林のタイムリーで3点を返し、2点差まで詰め寄った。7回に1点ずつ取り合い、2点差の儘、迎えた土壇場9回、ロッテは守護神・小林宏を投入し、逃げ切り体勢。しかし、阪神はJ.マッケンジーのヒット,代打・関本の四球で無死一、二塁すると、林がこの日4安打となるタイムリー二塁打を放ち、1点差。更に、小林宏が暴投を犯して、タナボタの同点。なおも無死二塁と勝ち越しのチャンスだったが、鳥谷,平野,マット・マートンの上位打線があえなく凡退し、同点止まり。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは9回途中からマウンドに上がっていた守護神・藤川球に対し、一死から井口がライトスタンドへ5号ソロを放り込み、劇的なサヨナラ勝ち。一時は同点を許した小林宏に2勝目がついた。

◆E1−3S◆
由規,田中の両先発が上々の滑り出しを見せ、0−0の儘、中盤へ突入。迎えた5回、楽天は先頭の山崎が15号ソロアーチをぶち込んで、ついに均衡を破る先制点をゲット。更に、一死後、草野の四球,嶋の二塁打で二、三塁とするも、内村,聖沢とセカンドゴロに打ち取られ、1点止まり。7回までゼロ行進を続けていたヤクルトだが、8回、福地,青木の連打で無死二、三塁。一死後、ガイエルが歩いて満塁となった所でデントナが犠飛を打ち上げ、ついに同点。更に、飯原に続いて、相川も四球を選んで、押し出しで勝ち越しに成功。その裏、楽天は二死から連打を浴びせて、由規をKOするが、2番手・マツ・オカの前に山崎が三振に倒れて、同点ならず。すると、9回にヤクルトは田中のタイムリー二塁打で貴重な1点を追加。最後は守護神・林が3人でピシャリと締めて、逃げ切った。由規は7回2/3を1失点の好投で2勝目をマークした

6/13岡田監督◆Bs7−2YB◆
交流戦制覇へ王手をかける偽バファローズは初回から村田のタイムリーで先制されるが、その裏、死球の坂口を三塁へ進めると、カブレラのタイムリーで同点。更に、続くティー岡田が14号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。3回にもカブレラのタイムリーで1点を追加。4回に内藤のタイムリーで1点を返されるも、その裏、二死満塁から下山がタイムリーを放って、6点目。6回には石川のエラーで労せずして、ダメ押し点を追加。6回以降は平野−レスター−岸田と繋ぐリレーで追加点を許さず、快勝。これで偽バファローズは交流戦初優勝を飾った。先発の木佐貫は5回を2失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:25コメント(0)トラックバック(17)2010 プロ野球 

June 12, 2010

6/12和田◆H4−1G◆
東野,和田と両リーグのハーラーダービートップを走る投手同士の対決となったこの試合は初回の攻防で明暗を分けた。巨人は坂本,寿司職人ラミレスのヒットで二死一、二塁のチャンスに阿部がサードファールフライに倒れて、二者残塁。一方、ソフトバンクはその裏、二死二塁から松中が先制タイムリーを浴びせると、連続四球で満塁とした所で長谷川が2点タイムリーを放ち、この回3点。東野は2回以降、ムラのある投球ながらも、要所を締め、7回まで追加点を許さずにいたが、8回、一死からハマのスペランカーに11号ソロを叩き込まれて、無念のKO。土壇場9回、セーブのつかない場面ながら、マウンドに上がった守護神・馬原に対し、巨人は一死から日本一高価な代打要員・李の内野安打寝亀井の二塁打で二、三塁のチャンス。ここで代打・工藤がタイムリー内野安打を放つと、代打・松田記者がタイムリー二塁打で続き、2点差。なおも二、三塁と一打同点のチャンスだったが、坂本は浅いセンターフライ,マッスル千代の富士はショートゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。和田は7回無失点でハーラー単独トップの9勝目。東野の連勝は8でストップ。イースタン二冠王の好成績を引っ提げて、大田が8番ファーストでプロ初スタメンに起用されたが、ショートゴロ2つに三振と3タコに終わり、第4打席目では代打を送られる有様だった。

◆F9−0D◆
中日先発・中田賢に対し、日本ハムは初回、一死二塁から稲葉の9号2ラン,糸井の5号ソロと一発攻勢で3点を先制。4回には無死三塁からあの男が犠飛を打ち上げると、二死後、鶴岡に3号ソロが飛び出し、中田賢はこの回限りでKO。5回には弾丸所持による出場停止処分がようやく解けて、今季初登板となった寝損に対し、いきなり連打を浴びせると、稲葉がこの日2本目の10号3ラン。更に、一死満塁とした所で鶴岡が犠飛を放ち、ダメ押しの9点目。8回からは高橋由伸−加藤武と繋いで、完封リレーを達成。先発のダルビッシュは7回を散発3安打無失点に抑え、5勝目を飾った

◆L2−6C◆
主砲・栗原が骨折で戦線離脱する非常事態にも拘わらず、野村監督は求道者・前田をDHですらスタメンに起用しない大暴挙を敢行。落胆の色を隠せない広島先発・大竹に対し、西武はいきなり無死一、二塁のチャンスを作ると、中島が先制タイムリー。更に、栗山が送った後、ブラウンが犠飛を打ち上げ、2点目。しかし、2,3回と立て続けに二死満塁のチャンスを逃すと、徐々に流れは広島へ。5回、広島は赤松,天谷,小窪の3連打で1点を返すと、石原が送って、二、三塁となった所で東出がレフト前へ逆転の2点タイムリー。7回には一死から石原が7号ソロを放り込むと、二死後、梵がヒットで出た所で嶋が3号2ランを放ち、ダメ押しの3点を追加。中11日で登板した大竹は西武の拙攻に助けられながら、6回を2失点で切り抜け、ようやく今季初白星となった

◆M2−4T◆
2回一死からブラゼルの18号ソロで先制した阪神は4回には二死走者なしからJ.マッケンジーがレフトスタンドへ10号ソロ。続く5回には二死からマット・マートンが二塁打を浴びせると、キュラソ星人がライト前へタイムリーを放ち、3点目。ロッテ先発・吉見はこの回限りで降板となった。更に、阪神は7回、3番手・古谷がキュラソ星人が6号ソロを放り込み、1点を追加。4点を追うロッテは8回二死から今江の4号ソロでようやく1点。9回には守護神・藤川から代打・竹原のタイムリー二塁打で1点をあげ、一発が出れば同点と言う見せ場を作ったものの、最後は代打・ムニスが三振に斬って取られた。阪神先発・ソニックは8回を1失点の好投で5勝目をマークした

◆E1−4S◆
初回の一死二塁に始まり、2回二死一、三塁,3回一死一、二塁,4回二死一塁と再三再四のピンチを潜り抜けたヤクルトは5回、相川のヒット,鬼崎のインターフェアー,青木の内野安打で二死満塁のチャンスを掴むと、田中,ガイエルの連続タイムリーで3点を先制。拙攻続きの楽天はその裏、聖沢,高須の連打で無死一、三塁とまたも絶好のチャンスを作るが、一死後、鉄平が最悪のセカンドゴロゲッツーを食らい、またも無得点。6回先頭の中村紀の10号ソロでようやく1点をあげるが、後が続かない。ヤクルトは7回に田中のタイムリーでダメ押し。その裏から、増渕−マツ・オカ−林と1回ずつ繋いで逃げ切った。先発・石川は6回で10安打を浴びながらも、無四球と安定した制球を見せ、1失点で凌ぎきっての2勝目。楽天は毎回走者を出し、ヤクルトを上回る12安打で1点の拙攻が響き、交流戦初優勝の可能性が消滅した。

◆Bs7−1YB◆
初回にスレッジのタイムリーで先制された偽バファローズだが、3回、二死走者なしから下山,後藤と連打を浴びせた所でカブレラがレフトスタンドへ10号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。5回には村田のエラー,後藤のヒットの後、またもカブレラにタイムリーが飛び出すと、更に、ティー岡田が13号3ランをぶち込んで、大きく突き放した。偽バファローズ先発の山本は2回以降は追加点を許さず、6回1失点で6勝目。西武が敗れた為、偽バファローズは交流戦初優勝へ王手をかけた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:10コメント(0)トラックバック(12)2010 プロ野球 

June 10, 2010

◆Bs4−2G◆
偽バファローズ先発・小松は初回、簡単に二死を取るも、ガッツに痛打されると、連続四球で満塁とピンチを広げた挙げ句、亀井にタイムリーを浴び、2点を献上。一方、巨人先発・藤井は4回まで無失点に抑えていたが、5回に北川に5号ソロを被弾し、この回限りで降板。昨日3回1/3を投げた久保が使えない状況ながら、6回から山口−豊田と繋ぎ、8回からは越智を投入する勝ちパターンのリレーを展開するが、内野安打にエラーと死球で満塁のピンチを背負った越智は北川,バルディリスと連続タイムリーで3点を失い、KO。逆転に成功した偽バファローズは9回から登板した岸田がピシャリと締めて、逃げ切った。2番手の平野は1回1/3をノーヒットに抑えて、4勝目をあげた

◆H10−5YB◆
育成選手から這い上がり、悲願のプロ初登板となった山田に対し、横浜は一死から4連続四死球で労せずして先制すると、更に、金城が2点タイムリー二塁打を浴びせて、この回3点。しかし、横浜先発・小林太がこのリードを守れない。その裏、連打と四球でいきなり無死満塁のピンチを背負うと、一死後、ハマのスペランカー,ペタジーニと連続タイムリーを浴び、あっさり追い付かれると、更に、二死後、山崎に2点タイムリー二塁打を浴びて、この回悪夢の5失点。2点を追う横浜は7回、二死二、三塁から内川の2点タイムリーで一気に同点とするも、それも束の間、その裏、ソフトバンクは本多,オーティズ,松中の3連打であっと言う間に勝ち越し。続くハマのスペランカーはゲッツーに倒れるも、ペタジーニ,長谷川が連続タイムリー。更に、森本が死球を食らった後、山崎が2点タイムリー二塁打を浴びせて、試合を決定付ける10点目。2失点で山田のプロ初勝利を粉砕した2番手の摂津に3勝目が転がり込んだ。横浜は今季ワーストの7連敗。

◆E2−7D◆
中日は初回、ベンちゃん,野本のタイムリーで早くも3点を先制。2回には一死一、三塁から大島が犠飛を打ち上げて、4点目。更に、4回にも一死一、三塁からまたも大島が犠飛を打ち上げると、5回には一死一、二塁から新井にタイムリーが飛び出し、6点目。7回まで3安打と抑え込まれていた楽天は8回、先頭の聖沢がヒットで出ると、二死後、山崎の14号が飛び出し、ようやく2点を獲得。しかし、9回、中日は藤井のタイムリーでダメ押しの1点を追加。最後は清水昭が3人で締め括った。先発のウッチャンは6回を無失点に抑え、4勝目

6/10前田智◆M7−12C◆
2回に西岡の犠飛、3回にはサブローのタイムリーで1点ずつ失った広島は4回、二死から連打で一、二塁といた所で石原が6号逆転3ラン。5回に両軍1点ずつ取り合って迎えた7回、嶋の2点ソロ5点目を追加。3点を追うロッテは8回、井口のタイムリー等で同点とすると、更に、サブローのタイムリー二塁打で勝ち越しの2点をゲット。土壇場9回、守護神・小林宏を投入し、逃げ切りを図るロッテに対し、広島は二死一、二塁のチャンスを作ると、ここで代打に起用された求道者・前田がDHとしてすらスタメン起用されない鬱憤を晴らす走者一掃の同点タイムリー二塁打。試合はその儘、延長に突入。ラストイニングとなった12回、広島は一死満塁から天谷のタイムリーで勝ち越すと、更に石井タクローが走者一掃のタイムリー三塁打,石原がスクイズを決め、この回一挙5点。最後を締めた大島は2回無失点で今季初勝利

◆L4−8T◆
初回、マット・マートンのタイムリー,新井の8号2ランで3点を先制された西武は2回、一死から平尾のタイムリー,片岡の犠飛で1点差と詰め寄ると、3回には一死満塁のチャンスを掴むが、G.G.佐藤が痛恨のゲッツーに倒れ、同点ならず。すると、直後の4回、阪神はJ.マッケンジー,鳥谷のタイムリー二塁打等で3点を追加。7回にもJ.マッケンジーのタイムリーが飛び出すなど、2点を加えて、大きく突き放した。西武は8回に高山の4号2ランで追い上げたものの、最後は4点差ながらも登板した守護神・藤川球の前に反撃を断ちきられた。阪神先発の下柳は7回を2失点の好投で4勝目をマークした

◆F4−6S◆
3回まで5安打1四球と押しまくりながら、一向に先制点を奪えずにいたヤクルトだが、4回に相川の5号ソロ,鬼崎の今季初アーチで2点を先制。続く5回には相川のタイムリー等で2点、6回には田中がこの日4安打目となるタイムリー二塁打を浴びせて1点を追加。5回まで無失点の好投を続けていた先発・中沢は6回に突如、崩れ、一死から3連打で1点を返されると、稲葉に8号3ランを被弾し、KO。日本ハムは更に、代わった押本から小谷野,あの男とヒットを浴びせて、長打が出れば、逆転のチャンスを作ったが、鵜久森が三振に倒れて、二者残塁。ピンチを脱したヤクルトは7回に宮本のタイムリーで貴重な1点を追加。その裏から増渕−マツ・オカ−林と1回ずつを締めて、逃げ切った。中沢は6回途中で降板となったが、4勝目がついた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:29コメント(0)トラックバック(16)2010 プロ野球 

June 09, 2010

◆Bs2−9G◆
巨人の先発はゴンザレスの不調により、育成選手から引き上げた謎の新助っ人・黄。初回にガッツのタイムリー二塁打,阿部の犠飛で2点、2回には亀井の3号ソロにガッツ,寿司職人ラミレスの連続タイムリーで3点と早々5点のリードを貰った黄は3回まで2安打無失点とまずまずの滑り出しを見せるが、4回、一死一、二塁のピンチで北川にタイムリー二塁打を浴びた所であっさり降板を強いられるほろ苦いデビュー戦となった。2番手・星野は続く日高のセカンドゴロの間に1点を失うが、早くも登場した3番手・久保がフェニックス一輝を打ち取り、勢いに乗りかけた偽バファローズを何とか食い止める。3回以降1安打と辺りが止まっていた巨人だが、8回、二死から連続四球で一、二塁とした所でマッスル千代の富士に走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。9回には阿部の17号ソロ,亀井のこの日2発目となる4号ソロと一発攻勢で試合を決定付けた。3回1/3を無失点に抑える好リリーフを見せた久保に4勝目がついた

◆H4−3YB◆
初回、ソフトバンクは2死球1四球とノーヒットで二死満塁のチャンスを掴むと、ペタジーニ,長谷川の連続タイムリーで3点を先制。3点を追う横浜は4回、先頭の村田が10号ソロを叩き込み、まず1点。6回には二死二、三塁からカスティーヨが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。追い付かれたソフトバンクは再三のチャンスをモノに出来ず、試合は3−3の儘、延長に突入。迎えた10回、9回から続投の3番手・真田に対して、先頭打者として打席に入ったペタジーニが出戻り初アーチをぶち込み、ソフトバンクが劇的なサヨナラ勝ち。5番手の馬原に2勝目がついた。

◆E4−1D◆
0−0で迎えた4回、楽天は3四球で二死満塁のチャンスを拾った所で嶋がレフト前へ先制の2点タイムリー。更に、続く渡辺直も走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回4点。一方、中日は5回まで毎回走者を出しながら、残塁を量産するばかりで、6回にはとうとう三者凡退。7回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに新井の今季初アーチが飛び出すが、後が続かない。8回には先頭の森野がヒットで出るも、一死後、ベンちゃんがゲッツー。9回も一死からから藤井が内野安打で出た後、新井がゲッツーに倒れる拙攻三昧で万事休す。楽天先発・永井は8回を1失点に抑え、4勝目をマークした

◆M2−2C◆
DHが使えると言うのに、ロッテの先発が左の成瀬だからと、相手投手の右左などと言った些末な次元を遙かに超越した求道者・前田をスタメンに起用しないと言う暴挙に出た広島は3回までパーフェクトに抑え込まれる体たらく。しかし、4回、一死から梵がライト前へチーム初安打を放つと、二死後、栗原がライトスタンドへ7号2ランを放り込み、先制。8回まで散発3安打無失点と完封ペースの快投を見せていた広島先発・前田健だったが、土壇場9回、先頭の西岡に内野安打を許すと、二死後、金を歩かせ、一、二塁とこの日初めてのピンチ。ここで大松に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴び、試合は延長へなだれ込んだが、両軍決め手に欠き、結局、12回規定でドローに終わった

6/9涌井◆L2−1T◆
西武先発・涌井に対して、阪神は初回、先頭の鳥谷がいきなり二塁打を浴びせると、平野のセカンドゴロの間に三進。ここでマット・マートンがライト前へ弾き返して、鳥谷が先制のホームイン。阪神先発・フォッサムの前に4回まで2安打と沈黙していた西武は5回、二死から阿部が歩くと、片岡が同点のタイムリー三塁打。続く6回には二死走者なしから四球と連打で満塁とするも、細川が打ち上げて、勝ち越しならず。1−1の儘、迎えた土壇場9回、西武は先頭のG.G.佐藤が四球を選ぶと、一死後、原が送って、二死二塁。ここで片岡がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。立ち上がりに失敗した涌井だが、2回以降は散発2安打と付け入る隙を許さず、1失点完投でハーラートップタイの8勝目


◆F1−6S◆

1,2回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出なかったヤクルトだが、3回、一死から青木のヒット,田中の四球で一、二塁とるすと、ガイエルがライト前へ先制タイムリー。更に、デントナがヒットで繋いで満塁とした所で飯原がレフトスタンドへ3号グランドスラムをぶち込んで、この回一挙5点。追いかける日本ハムはその裏、一死から連打を浴びせるも、劇団ひちょりがセカンドゴロゲッツー。4回には3連打で1点を返し、なおも無死一、二塁のチャンスで「恐怖のゲッツー量産マシン」の名を欲しい儘にするあの男が本領発揮のサードゴロゲッツー。続く佐藤も倒れて、結局、1点止まり。すると、直後の5回、ヤクルトは一死二、三塁からまたも飯原にタイムリーが飛び出し、点差は再び5点に拡大。日本ハムは以降も塁上を賑わせるが、詰めが甘く、追加点を奪えず、最後は守護神・林の前に三者三振に斬って取られ、ゲームセット。ヤクルト先発・館山は8回で11安打を浴びながらも1失点で切り抜ける粘りの投球で3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:10コメント(0)トラックバック(10)2010 プロ野球 

June 08, 2010

 粘った末、ついに捉えてレフトポール際へ飛んだJr.の打球は惜しくも左に切れるファール。マウンドに駆け寄った寿也は、Jr.の執拗な粘りで球場全体のムードが盛り上がってきている事を鑑みて、ここで出塁を許す様な事になると、4点リードとは言え、嫌な感じになると察知し、徐々にストレートにタイミングが合ってきている事もあり、フォークならまず空振りを取れると進言するが、吾郎はこれを頑なに拒否。かつて右打席ではストレートを苦手とし、左打席で対応していたJr.だったが、今ではそれを克服し、この土壇場でも右打席で向かって来ている事を挙げ、自分の一番自信のあるスタイルで吾郎の一番自信のあるボールを待っているからだと言うのだ。W杯ではラストボールをライトポールに当てられたが、今度こそウイニングボールとして、人生最高のファストボールを寿也のミットに投げ込みたいと言う吾郎の想いを、半ば予想していた寿也は大人しく引き下がるのだった。かくして迎えた10球目、万感の想いを込めて投げ込んだ吾郎のストレートは果たして、寿也のミットに飛び込むのか!?

 え〜い、まだ引っ張るのか…。まぁ、前回も書いた様に吾郎側の描写が全然ないまま、終わる訳にはいかないよな…。フォークを投げれば簡単に終わる…と言う状況でバカ正直にストレート勝負をかました挙げ句にスタンドに叩き込まれ、イップス編パート2になだれ込んだりしたら、笑うのだが、流石にそれはないか…。状況を知らずに、この回だけ見たら、結構、燃える展開に思えるのだが、毎回きっちり読んでいると、それ程には盛り上がって来ない。吾郎は都合のいい解釈でJr.を美化し過ぎだよなぁ…。当のJr.はつい数球前まで吾郎への対抗心など頭にはなく、ファンへの不信感に苛まれていただけだったのにさ…。とにもかくにも、この打席を試合の勝敗とは何ら関係のないものにしてしまった寿也のグランドスラムは失敗だった気がしてならない。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:50コメント(0)トラックバック(0)2010 MAJOR 

June 07, 2010

◆G1−0E◆
二軍から帰ってきてから、なかなか調子の上がってこない巨人先発・内海だが、この日は3回まで1安打と上々の滑り出し。4回に制球を乱して満塁のピンチを背負うも、ゲッツーで切り抜けると、6回にはエラーで作った無死一、二塁のピンチをかわし、7回も一死一塁からゲッツーを取る粘り強い投球で先制点を与えない。一方、楽天先発・ラズナーも再三ピンチを背負いながら、あと一本を許さずに6回まで無失点。7回二死から脇谷にヒット、内海を下げてまで登場した日本一高価な代打要員・李に四球を許して、KOとなるが、代わった小山が坂本を退け、ピンチ脱出。土壇場9回、楽天は巨人3番手・越智を攻め、鉄平のヒット,山崎の四球で一死一、二塁のチャンス。しかし、嶋が三振,代打・ルイーズがファーストフライに倒れて、二者残塁。その裏、巨人は三者凡退に終わり、0−0の儘、延長戦に突入した。10回、早くも投入された守護神・クルーンは三者三振と久々に守護神らしい快投を展開。すると、その裏、巨人は脇谷のヒット,坂本の四球,マッスル千代の富士のヒットで一死満塁。ここでブラウン監督は必殺の内野5人シフトを敢行するが、ここまで4タコのガッツが5人シフトの頭上を越えるセンターへの犠飛を打ち上げ、巨人が劇的なサヨナラ勝ち。クルーンに今季初白星がついた。

◆T3−3H◆
ソフトバンクは2回、ペタジーニのヒット,明石の二塁打,山崎の敬遠四球で二死満塁のチャンスを掴むと、投手の杉内がレフト前へ先制タイムリー。その裏、阪神は先頭のブラゼルが三振に倒れるも、振り逃げで生きると、J.マッケンジーが内野安打で続き、一死後、浅井が同点タイムリー。3回にオーティズの17号ソロで勝ち越された阪神は4回、またも浅井が今季初アーチを放り込んで、再び同点。続く5回には平野,マット・マートンと連打を浴びせると、一死後、ブラゼルが犠飛を打ち上げ、勝ち越し。3−2の儘、迎えた8回、ソフトバンクは二塁打のオーティズを江川が送ると、二死後、長谷川のタイムリー内野安打でついに同点。更に、明石が二塁打で続き、二、三塁とチャンスを広げるが、山崎が三振に倒れて、勝ち越しならず。試合はこの儘、延長に突入したが、両軍合わせて1安打と得点の入る気配もなく、12回規定でドローとなった。

6/7岩瀬◆D3−4L◆
名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督はまたもや川井を先発起用してお茶を濁す事に…。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変えるには至らなかったが、初回にベンちゃんのタイムリーで先制した中日は、3回にはブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロ。更に、ベンちゃん,井端と連続二塁打を浴びせて、3点目。川井は7回まで散発3安打無失点の快投を見せるが、日本シリーズでパーフェクト目前の投手を平然と引っ込める落合監督は8回から当たり前の様に浅尾にスイッチ。しかし、これが悪夢のきっかけになろうとは…。簡単に二死を取った浅尾だが、代打・上本に2号ソロを被弾し、2点差。9回からは通算250セーブでの名球会入りへ王手を懸ける守護神・岩瀬がマウンドに上がるが、代わりばな、片岡,代打・中村と連打を浴びると、中島を歩かせて、無死満塁の大ピンチ。栗山はサードファールフライに打ち取ったものの、高山にレフト前へ同点2点タイムリーを浴び、この日の名球会入りは消滅。更に、続く礒?にもタイムリーを許し、勝ち越し点を献上。逆転に成功した西武はその裏、シコースキーがきっちり締めて、20セーブ目。4番手の大沼は1回を三者凡退に斬って取り、今季初勝利

◆C10−21Bs◆
壮絶な乱打戦は初回、後藤,ティー岡田の先制連続アーチで幕を開けた。広島は2回に石原の5号3ランで一気に逆転。3回に1点ずつ取り合って迎えた4回、偽バファローズは北川,日高の連続二塁打で追い付くと、二死一、二塁から坂口のタイムリー,荒金の2号3ランで一気に4点を勝ち越し、広島先発のジ・oをKO。広島も負けじと、5回に4安打で3点を返し、1点差と詰め寄るが、直後の6回、偽バファローズは北川の3号3ラン等、怒濤の10連打で大量8点を獲得。なおも勢いの止まらない偽バファローズは7回に北川の2打席連続アーチが飛び出すと、8回にも5安打で4得点。広島の18安打10得点が霞んでしまう25安打21点の大爆発で圧勝を収めた。しかし、先発・近藤は5回もたずに6失点KOの体たらく。3番手・レスターに今季初勝利がついたものの、2回を2失点と不本意な内容だった。

◆S2−14M◆
3回に1点を先制されたヤクルトは5回、二死三塁から青木,田中の連続タイムリーで逆転に成功。先発の村中は6回まで散発2安打1失点と好投していたが、7回、一死から里崎を歩かせると、南,代打・青野,西岡と3連打で逆転を許し、KO。勢い付くロッテは今江,井口と連打を浴びせた後、金が15号満塁弾,サブローが10号ソロと連続アーチで2番手・増渕を粉砕。更に、3番手・吉川からムニスが二塁打、里崎が8号2ランを叩き込み、この回大量10点目。続く南もヒットを放ち、史上初の10人連続安打を記録した。ロッテは8回には3点を追加し、ダメ押し。先発・マーフィーは6回を2失点に抑えて、来日5連勝をマークした

◆YB3−13F◆
初回に内野ゴロの間に1点を先制した横浜は直後の2回、先発・清水が5長短打で4点を失い、あっさり逆転を許すも、その裏、下園の今季初アーチとなる2ランで応戦。突き放したい日本ハムは4回、金子誠,鶴岡と連打を浴びせると、投手のケッペルが自らを楽にするタイムリーを放ち、清水はこの回でKO。6回には稲葉のタイムリー二塁打等で4点を奪うと、8回には鶴岡がこの日4安打となる2号ソロ。更に、小谷野にも3号3ランが飛び出し、試合を決定付けた。2回までに3失点と不安を感じさせた先発・ケッペルだが、尻上がりに調子をあげ、7回まで追加点を許さず、7勝目を飾った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(12)2010 プロ野球 

June 06, 2010

6/6中村紀◆G4−10E◆
楽天は初回、ヒットの聖沢を三塁まで進めると、中村紀がライトスタンドへ先制8号2ラン。しかし、その裏、巨人は坂本の二塁打,マッスル千代の富士の四球で一、二塁とすると、二死後、阿部が3試合連続となる16号3ランをぶち込んで、一気に逆転。1点を追う楽天は4回、先頭の中村紀が今度はレフトスタンドへ2打席連続9号同点ソロアーチ。6回には先頭の鉄平が歩いた後、中村紀は3打席連続アーチ…ではなく、最悪のゲッツーに倒れるが、今度は山崎が13号ソロを放り込み、勝ち越し。更に、7回には高須が2号3ラン、8回には嶋が3号ソロ,代打・ルイーズの2号2ランと巨人のお株を奪う一発攻勢で大きく突き放した。先発・田中は2回以降は粘りの投球で追加点を許さず、7回3失点でハーラートップタイの8勝目をあげた

◆T9−2H◆
阪神は初回、一死から平野,マット・マートン,新井と3連打を浴びせて、1点を先制。なおも二、三塁のチャンスだったが、ブラゼル,J.マッケンジーと倒れて、1点止まり。3回には二死から連続四球で一、二塁とするも、ブラゼルがピッチャーゴロとまたもブレーキとなり、追加点ならず。すると4回、ソフトバンクは本多,オーティズの連打で一、三塁。ハマのスペランカーのサードゴロで本多は挟殺されるが、ペタジーニが歩いて一死満塁。ここで柴原はショートゴロに倒れて、ゲッツーと思いきや、セカンド・平野が一塁へ悪送球。ボールが転々とする間に、オーティズに続いて、ハマのスペランカーも一気に生還し、逆転に成功。その裏、桜井の7号ソロであっさり追い付いた阪神は続く5回には鳥谷,平野,マット・マートンの3連打で勝ち越し。6回には5安打を集中して、一挙5点を奪うと、8回にはまたもマット・マートンがタイムリーを放ち、試合を決定付けた。大量援護を貰った先発・ソニックは2失点完投で4勝目をあげた

◆D0−9L◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物…とは言え、ナイター程の安定感は持ち合わせていないデーゲームに引っ張り出されてしまった西武先発・岸と、照明の光をゴーグルに反射させて、打者の目を眩ませる様な卑劣極まりない方法をかまさなければ抑える事が出来ない三流投手と言う水島の呪いの烙印を押されてしまった中日先発・山井がいずれも4回まで散発1安打無失点の好投。均衡が破れたのは5回、西武は先頭のブラウンが二塁打を浴びせると、高山のショートゴロの間に三進。ここで礒?がレフトへ犠飛を打ち上げ、ついに1点を先制。続く6回にはヒットの片岡を三塁へ進めた所で中島が9号2ラン。中日は8回からプロ初登板となる高島を投入するが、これが大誤算。いきなり投手の岸に痛打されるや、3安打4四球の大乱調で5点を失い、完全に試合をぶち壊してしまった。岸は散発2安打完封と全く付け入る隙を許さない投球でハーラートップタイの8勝目

◆C1−6Bs◆
初回、広島は梵,栗原のヒットで二死一、三塁とするとルパン広瀬が先制のタイムリー二塁打。支配下登録されてから初先発に抜擢されたソリアーノは初回を3人で抑えると、2回も簡単に二死を取るが、ここから突如、制球を乱して、3連続四球で満塁の大ピンチ。ここで大引に同点タイムリー内野安打を浴びるも、続く坂口を打ち取り、何とかピンチ脱出。1−1で迎えた4回、偽バファローズは日高のヒット,木佐貫の四球で二死一、二塁とすると、またも大引がタイムリー二塁打を放って、勝ち越し。続く5回には無死満塁から北川の犠飛,日高のタイムリーで2点を追加。6回には一死一、三塁から後藤の犠飛で5点目。8回には永川勝の暴投で労せずして1点を追加し、ダメ押し。その裏からレスター−岸田と繋いで、広島の反撃を断ちきった。先発・木佐貫は7回を1失点に抑えて、5勝目をマーク

◆6−3M◆
3回、2四球で一、二塁のチャンスを貰ったロッテは今江のレフト前タイムリーで1点を先制。。5回には一死から投手の渡辺俊がライト前へ弾き返すと、二死後、西岡もヒットで繋いだ所でまたも今江が走者一掃のタイムリー二塁打。3点を追うヤクルトは6回、田中のタイムリーで1点を返すと、続く7回には一死から宮本,藤本の連打で二、三塁とし、ロッテ先発・渡辺俊をKO。ここで代わった伊藤の前に福地は三振に倒れるも、代打・畠山がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点差。なおも一、三塁のチャンスに田中がライトスタンドへ2号3ランを放り込み、一気に逆転に成功。続く8回には相川が4号ソロを放ち、6点目。最後はこの日、一軍に復帰した守護神・林がきっちり締めて、5月1日以来、実に35日ぶりとなる7セーブ目。2番手の増渕は1回を無失点に抑えて、今季初勝利。

◆YB1−2F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死から劇団ひちょりがレフトスタンドへ今季初アーチとなる先制ホームラン。日本ハム先発・武田勝の前に4回まで僅か1安打と沈黙していた横浜は5回、先頭の村田が9号ソロを叩き込み、同点。毎回の様に走者を出しながら、横浜先発・加賀を攻めあぐねていた日本ハムだが、8回、2番手・牛田にスイッチすると、内野安打の糸井を二塁へ進めた所で大野がレフト前へタイムリーを放ち、ようやく勝ち越し。その裏、横浜は先頭のスレッジが二塁打を浴びせるも、反撃もここまで。後続3人があえなく打ち取られると、9回も三者凡退に終わり、万事休す。武田勝は散発3安打1失点完投で4勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:40コメント(0)トラックバック(13)2010 プロ野球 

June 05, 2010

6/5高橋◆G6−5F◆
2回、巨人は一死から阿部の2試合連続15号ソロで先制。8連勝中の巨人先発・東野だが、この日は立ち上がりからピリッとせず、2回までは何とか無失点で凌いだものの、3回、二死走者なしから劇団ひちょり,稲葉,小谷野と3連打を浴びて、逆転を許してしまう。更に、4回には一死一塁から鶴岡に今季初アーチとなる2ランを被弾し、今季最短のKO。3点を追う巨人は5回、先頭の脇谷が小谷野のエラーで出ると、二死後、マッスル千代の富士が2試合連続の6号2ランを放り込み、1点差。しかし、直後の6回、日本ハムは糸井,高橋の連打の後、金子誠の犠打が野選を誘って、無死満塁とすると、鶴岡のショートゴロの間に糸井が生還。日本ハムは7回から先発・糸数を下げ、林を投入する継投モードに切り替えるが、これが裏目。代わりばな、代打・松田記者を歩かせると、坂本に痛打された所でマッスル千代の富士に2打席連続となる7号3ランを被弾し、一気に形勢逆転。8回からは越智−クルーンと繋ぐ必勝リレーが決まり、逃げ切った。4番手の久保は1回を無失点に抑え、3勝目がついた

◆C3−9H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーが均衡を破る10号先制アーチ。この後、松中,ペタジーニの連打で一、三塁とした所で江川が犠飛を打ち上げ、2点目。更に、山崎のヒットの後、和田が送って二、三塁となった所で川崎,本多,オーティズと3連打を浴びせて、この回、大量5点。続く5回には二死二、三塁から岸本の暴投,川崎のタイムリー内野安打で2点を加えると、更に、満塁となった所で岸本がこの回2度目のボークをかまし、この回3点。5回まで散発2安打と沈黙していた広島は6回、二死一、三塁からルパン広瀬が3号3ランで応戦。しかし、ソフトバンクは8回、江川のタイムリー二塁打でダメ押しの9点目。先発・和田は8回を3失点で切り抜け、ハーラートップタイの8勝目をあげた

◆D7−4M◆
初回、先発・中田賢が暴投を連発し、ノーヒットでやらずもがなの先制点を献上した中日は2回、内野安打のベンちゃんを一塁に置いて、井端が同点のタイムリー二塁打。なおも無死二塁と勝ち越しのチャンスだったが、後続3人があえなく凡退し、井端は二塁へ釘付け。追い付かれたロッテは3回、先頭の岡田がヒットで出ると、一死後、ブランコのエラー,井口の四球で満塁のチャンス。ここで金がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越し。続く4回には連打の後、吉見の犠打で一死二、三塁となった所で岡田のボテボテのファーストゴロをまたもやブランコがエラーし、3点目。その裏、中日は先頭のベンちゃんが二塁打を浴びせると、一死後、今季初スタメンに起用された中川が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに7年目のプロ初アーチとなる2ランを叩き込み、一気に同点。続く5回にはヒットの荒木が二盗と犠打で三塁へ進むと、森野のファーストゴロの間に勝ち越しのホームイン。更に、ブランコが歩いた後、ベンちゃん,井端と連続タイムリーを放ち、2点を追加。ロッテは7回、この回から代わった2番手・浅尾に対し、二死走者なしから井口が二塁打を浴びせると、金がタイムリーを放ち、2点差。しかし、中日は8回 二死から代打・新井のヒットの後、荒木のタイムリー二塁打で貴重名1点を追加。最後は守護神・岩瀬が無難に締めて、ゲームセット。中田賢は3点を失ったものの、6回を3安打に抑える好投で今季初勝利

◆T4−9Bs◆
鶴,山本の両先発がいずれも3回までノーヒットに抑える上々の滑り出しを見せるが、4回に揃って変調を来す。鶴は先頭の後藤に初安打を許すと、ティー岡田を歩かせ、一、二塁のピンチ。北川は三振に取ったものの、日高に先制3号3ランを被弾し、一気に3失点。一方、山本もそ脳ら、一死から平野に二塁打を浴びると、二死後、新井に7号2ラン,ブラゼルに17号ソロと連続被弾で、これまた3失点。3−3で迎えた7回、偽バファローズは一死から大引の四球、坂口のヒットで一、二塁とすると、二死後、後藤のタイムリーで勝ち越し。更に、ティー岡田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う阪神はその裏、一死からブラゼルが二塁打を浴びせると、二死後、桜井がタイムリーを放ち、2点差。しかし、偽バファローズは8回に赤田のタイムリーで1点、9回には代打・喜田,日高の連続タイムリーで2点を加え、試合を決定付けた。山本は6回3失点で降板となったが、リリーフの援護を仰いで、5勝目

◆S4−5L◆
10度目の登板でようやく初白星を掴んだヤクルト先発・石川。ここから一気に白星街道に乗りたい所だったが、いきなり片岡に4号先頭打者アーチを被弾。2回に相川の3号ソロで追い付いて貰うも、5回、平尾に今季初アーチをぶち込まれ、再び勝ち越し点を献上。西武は続く6回にも阿部,中島,栗山の3連打で1点をあげると、二死一、三塁となった所でG.G.佐藤もタイムリーを放ち、4点目。3点を追うヤクルトは7回、一死二、三塁から代打・上田が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、1点差。更に、青木が歩いて、一、二塁とチャンスを広げるが、田中,ガイエルと倒れて、二者残塁。追い上げられた西武は直後の8回、二死一塁から細川に3号2ランが飛び出し、点差は再び3点と拡大。土壇場9回、ヤクルトは守護神・シコースキーから先頭の福地が四球を選ぶと、二死後、ガイエルが15号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄るが、最後はデントナが三振に斬って取られ、あと一歩及ばなかった。先発のミャオは6回1/3を3失点で4勝目をあげた

◆YB4−5E◆
0−0で迎えた3回、横浜は二塁打の石川「を下園が送った所で内川がショートへ先制の内野安打。直後の4回、楽天は二死走者なしから3者連続出塁で満塁とすると、渡辺直が走者一掃の逆転タイムリー二塁打。しかし、その裏、横浜はスレッジ,カスティーヨの助っ人コンビが連打を浴びせると、金城が送った所で代打・藤田のタイムリー二塁打が飛び出し、一気に同点。続く5回には一死二塁から村田がライト前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。4−3の儘、迎えた土壇場9回、満を持して登場の守護神・山口に対し、楽天は先頭の渡辺直がセンター前に弾き返すと、代打で登場した謎の新助っ人・ルイーズがレフトスタンドへ来日初アーチとなる起死回生の逆転2ラン。その裏は川岸が無難に抑えて、楽天が逃げ切った。2番手の小山は1回を3人で抑えて、3勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(14)2010 プロ野球 

June 04, 2010

6/4坂本◆G7−6F◆
初回、日本ハムは稲葉,巨人はプロ入り初めて2番に起用されたマッスル千代の富士がソロアーチを打ち合うと、2回にも大野のタイムリー二塁打,阿部の13号ソロで1点ずつ取り合い、2−2。巨人は3回にもガッツが14号ソロと、3イニング連続のソロアーチで勝ち越しに成功。しかし、日本ハムは5回、劇団ひちょりのタイムリー三塁打で追い付くと、更に、小谷野のタイムリー二塁打,糸井の4号2ランで3点を勝ち越し。追いかける巨人は6回、先頭の阿部がこの日2本目となる14号ソロを放り込むと、二死二塁から代打・小田嶋のタイムリーで1点差。8回には一死から長野がヒットで出るが、ここで代わった4番手・武田久の前に亀井がレフトフライ。更に、ここで長野が牽制で刺されて、無得点。土壇場9回、続投となった武田久は、まず先頭の脇谷を三振に斬って取り、ようやく今季初セーブが視界に入ってきたが、ここで日本一高価な代打要員・李に死球を食らわせると、代走・鈴木尚の足が気になったか、ここまで4タコの坂本に甘い所に投じてしまうと、これがバックスクリーンへ一直線に飛び込む13号2ランとなり、逆転サヨナラ負け。武田久は今季初セーブどころか、一転して負け投手となった。巨人4番手・山口は2回をパーフェクトと久々に山口らしい好リリーフを見せ、3勝目が転がり込んだ。

◆C5−4H◆
川崎の4号先頭打者アーチで先制したソフトバンクは更に、二死満塁から今季初スタメンに抜擢された江川のタイムリーで1点を追加。2点を追う広島はその裏、栗原の犠飛で1点を返すと、4回には二死二、三塁から石井タクローの2点タイムリーで一気に逆転。更に、石原が敬遠された後、投手のスタルツが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回一挙4点。直後の5回、ソフトバンクは二死二塁からハマのスペランカーが9号2ランを放り込み、1点差。7回には二死からオーティズが四球を選び、広島先発・スタルツをKO。ここで前の打席に一発を放っているハマのスペランカーに期待が懸かったが、代わった岸本の前にライトフライに打ち取られ、無得点。広島は8回から高橋−横山と繋いで、1点のリードを守りきった。スタルツは6回2/3を4失点で3勝目をあげた

◆D5−4M◆
中日は初回、四球の荒木を二塁へ進めると、森野がセンター前へタイムリーを放ち、1点を先取。一方、ロッテは3回、二死から西岡が四球を選ぶと、今江のタイムリー二塁打で同点のホームイン。続く4回にはノーヒットで一死満塁のチャンスを掴むも、大嶺,南と倒れて、勝ち越しならず。同点で迎えた6回、ロッテは先頭の大松がライトスタンドへ11号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。8回には二死一、二塁から今江が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。その裏、中日は荒木が四球で出るも、続く大島が最悪のセカンドゴロゲッツー。しかし、森野の四球,今江のエラーとタナボタのチャンスを再び作った所でベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ17号3ランを叩き込み、一気に同点。これで流れを引き寄せたか、中日は続く9回にも二死満塁と絶好のサヨナラチャンスを作るも、ブランコがレフトへ打ち上げて、試合は延長に突入。迎えた11回、中日は荒木の内野安打、森野の敬遠四球等で二死二、三塁とすると、先のチャンスを潰したブランコがレフト前へ名誉挽回のタイムリーを放ち、サヨナラ勝ちを収めた。5番手の平井は2回をノーヒットの好リリーフで今季初勝利。

◆T6−2Bs◆
0−0で迎えた4回、ここまで6人もの走者を出しながら、残塁を量産するばかりだった阪神はJ.マッケンジー,桜井の連打で一、三塁とすると、一死後、投手の下柳がライト前へ先制のタイムリー。なおも一、三塁の場面で鳥谷のファーストゴロの間に桜井が返って、2点目。続く5回には新井,ブラゼルの連打の後、J.マッケンジーが犠飛を打ち上げ、3点目。6回には二死から平野,マット・マートン,新井の3連打で1点をあげると、7回にも代打・悠久の若虎・桧山のタイムリー,鳥谷の犠飛で2点を加え、6点目。偽バファローズは8回に坂口のタイムリー内野安打,9回にハイツ田口の犠飛で1点ずつ返したが、反撃が遅過ぎた。阪神先発・下柳は7回を4安打無失点に抑える好投で3勝目をマークした

◆S12−6L◆
ヤクルトは西武先発・帆足の前に1,2回と三者凡退。しかし、3回、先頭の宮本が四球で出ると、二死二塁となった所で青木が先制タイムリー二塁打。5回には二死一、三塁からまたも青木がタイムリーを浴びせるとブラウンのエラーが重なり、2点を追加。更に、田中が内野安打で繋いだ所でガイエルが14号3ランを叩き込み、6点目。西武は6回、二死走者なしから中島の二塁打,栗山のタイムリーでようやく1点。更に、ブラウンのヒット,高山の四球で満塁とし、ヤクルト先発・バーネットをKOするが、代わった増渕の前に代打・礒?がレフトフライに倒れて、1点止まり。8回にはブラウンが12号ソロを叩き込み、点差を縮めるが、その裏、ヤクルトは相川の2号ソロや3連続タイムリー等、集中攻撃で一挙6点のビッグイニングを形成し、ダメ押し。西武は9回に代打・中村に14号グランドスラムが飛び出しただけに、8回の6失点が悔やまれる結果となった。暫定ストッパーに任命されながら、一度として出番が回ってこないうちに林の復帰にメドが立ち、先発に舞い戻ってきたバーネットは6回途中まで1失点に抑え、久々の3勝目。ヤクルトの神宮での白星は5月1日以来、実に34日ぶり。

◆YB0−12E◆
楽天打線が序盤から大爆発。初回、連打で一、三塁とした所で鉄平が先制犠飛。この後、二死二、三塁のチャンスを逃すと、2回にも無死一、二塁のチャンスを逸したが、続く3回、鉄平,中村紀が連続アーチ。更に、山崎が死球を食らった後、草野,嶋,渡辺直の3連打で2点を追加。二死後、高須にもタイムリーが飛び出し、この回大量5点。更に、4回には嶋が2号2ラン,6回には山崎が12号ソロと着々と加点。終盤にも得点を重ねて、計19安打12得点。投げては4人の投手が散発5安打の完封リレーを決め、完勝。今季初先発の井坂は6回を無失点の好投で今季初白星となった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:56コメント(0)トラックバック(17)2010 プロ野球 

June 02, 2010

◆M8−1G◆
3戦連続完封勝利で29イニング無失点中のロッテに対し、巨人は初回からガッツの犠飛で1点を先制し、連続完封を阻止。しかし、打線好調のロッテ打線の前に巨人先発・ゴンザレスが炎上。その裏、井口のタイムリーで簡単に追い付かれると、続く2回にはフクーラにタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。更に、4回には5連打で3点を失い、一死も取れずにKO。2番手・オビスポも今江にタイムリーを許して、この回4失点。勢い付くロッテは6回にも西岡のタイムリー三塁打,今江の犠飛でダメ押しの2点を追加。投げては先発・成瀬が2回以降、散発4安打と三塁も踏ませず、完投で7勝目をマーク。ロッテはこれで4連勝となった。

◆H6−1S◆
ソフトバンクは初回、ヒットの本多が二盗を決めると、二死後、ハマのスペランカーの内野安打に荒木のエラーが重なり、1点を先制。続く松中はライトスタンドへへ3号2ランを放り込み、この回3点。直後の2回、ヤクルトは田中のタイムリーで1点を返し、なおも二死一、二塁のチャンスで先制エラーの荒木に回ってきたが、三振に倒れて、名誉挽回ならず。続く3回には二死一、二塁のチャンスにデントナがゲッツー。4回には先頭の飯原がヒットで出るも、二盗に失敗。5回一死二塁、6回一死二、三塁と再三再四のチャンスを悉く不意にし、一向に点差が縮まらない。一方、2回以降、沈黙していたソフトバンクは6回、またもヒットの本多が二盗を決めた所でオーティズがタイムリー二塁打を放ち、4点目を追加。7回には押し出し四球で1点、8回にも柴原のタイムリーで1点と着々と加点し、大きく突き放した。先発・小椋は6回途中1失点で降板となったが、リリーフ陣の援護を仰いで、3勝目をあげた

6/2T−岡田◆Bs10−7D◆
0−0で迎えた3回、中日は谷繁,荒木の連打で二、三塁とすると、一死後、森野がセンター前へタイムリーを放ち、2点を先制。5回には二死走者なしからブランコがレフト前へ弾き返すと、続くベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号2ランを叩き込み、4点目。更に、8回には谷繁に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号3ランが飛び出して、これで完全に試合は決まったかに思われた。しかし、その裏、偽バファローズが猛反撃を開始。この回から代わった鈴木にいきなり連打を浴びせると、4番手・長峰から坂口の走者一掃二塁打でまず2点。更に、赤田が歩いた後、後藤がタイムリーを浴びせると、5番手・高橋からはティー岡田が四球を選んで満塁とした所で北川が2号グランドスラムをぶち込んで、一気に同点。偽バファローズは9回にも二死満塁とサヨナラのチャンスを掴むが、、代打・塩崎が三振に倒れて、延長へもつれ込んだ。迎えた11回、勝ちパターンの中継ぎ陣を使い果たして閉まった中日は7番手として金剛を投入。これに対して、偽バファローズはヒットの坂口,敬遠の後藤を塁上に置いて、ティー岡田がライトスタンドへ11号3ランを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち。5番手の岸田に4勝目が転がり込んだ。

◆F2−2C◆
好調の広島先発・前田健に対し、日本ハムは2回、先頭の小谷野がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず二盗に成功。ここで高橋がライト前へ弾き返し、小谷野が先制のホームイン。5回には二塁打の鶴岡を金子誠が送った所で田中がセンター前へタイムリーを浴びせて、1点を追加。2点を追う広島は7回、二死走者なしからフィオの四球,石原のヒットで一、二塁とすると、ここで代打に起用された求道者・前田がライト前へ会心のタイムリーを放ち、日本ハム先発・増井をKO。続く8回には梵,天谷の連打で無死一、二塁のチャンス。ここで二人の走者はダブルスチールを仕掛けるも、天谷で憤死。この後、栗原が四球を選ぶなど、二死一、三塁と場面が変わった所でルパン広瀬がタイムリー二塁打を浴びせ、ついに同点。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手に欠き、延長12回規定でドローに終わった。

◆E3−7T◆
3回、2四球で二死一、二塁のチャンスを拾った阪神は平野,マット・マートンの連続タイムリーで2点を先制。追いかける楽天はその裏、聖沢のヒツト,鉄平の四球で一、二塁とすると、中村紀がレフト前へタイムリーを浴びせて、1点差。5回には四球の渡辺直を聖沢が送った所で高須がセンター前へ同点タイムリー。7回には四球の渡辺直が犠打と内野ゴロで三進すると、鉄平がタイムリー二塁打を放ち、ついに勝ち越し。土壇場9回、楽天は抑えの川岸を投入し、逃げ切りを図るが、川岸がよもやの大乱調。四球と内野安打で一死一、二塁のピンチを背負うと、キュラソ星人にタイムリーを浴び、同点。更に、新井に勝ち越し犠飛を打ち上げられると、ブラゼルに痛打された後、J.マッケンジーには9号3ランをぶち込まれ、この回、悪夢の5失点。最後はセーブのつかない場面ながら登板となった藤川球が締め括った。1回を3人で切り抜けた4番手・上園に3勝目が転がり込んだ

◆L3−2YB◆
横浜は初回、一死から下園が二塁打を浴びせると、二死後、村田がライト前へタイムリーを放ち、1点を先制。更に、カスティーヨ,金城と連打を浴びせて、2点目を追加。横浜先発・大家の前に5回まで散発3安打とゼロ行進を続けてきた西武だが、6回、上本のタイムリーでようやく1点を返すと、続く7回には先頭の礒?がライトスタンドへ今季初アーチを放り込み、同点。更に、8回には二死からヒットで出た上本が2番手・真田の暴投で二進。ここで代打・大島が2年ぶりのヒットで繋ぐと、またもや真田が暴投を犯して、上本が労せずして勝ち越しのホームイン。土壇場9回、横浜は守護神・シコースキーから二死一、三塁のチャンスを作る粘りを見せたが、最後は下園がファーストゴロに打ち取られ、あと一歩及ばなかった。西武先発・涌井は8回を投げ10安打を浴びながらも、2失点に留める粘りの投球で7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:19コメント(0)トラックバック(12)2010 プロ野球 

June 01, 2010

◆M11−0G◆
交流戦初優勝へもう1つも負けられない状況の巨人だが、初回、2四球で貰ったチャンスに寿司職人ラミレスが痛恨のゲッツー。これでガックリきたか、先発・内海はその裏、内野ゴロの間に先制点を失うと、3回には一死三塁から今江に3号2ランを被弾。更に、二死後、金,大松と連続二塁打を浴び、早くもKO。これで勢い付いたロッテは続く4回、西岡のタイムリー,井口の犠飛等で3点を加えた後、金に13号2ランが飛び出し、この回、一挙5点。6回にはサブローのタイムリー等でダメ押しの2点を追加し、試合を決定付けた。8回からは橋本−古谷と繋いで完封リレーを達成。先発のマーフィーは7回を4安打無失点で来日4連勝を飾った

◆H3−4S◆
貧打線に見殺され、好投報われずに白星を取り損ねる日々が続いているうちに、調子を崩してしまったルーキー・中沢は初回にデントナの犠飛で先制点を貰うも、3回にオーティズにタイムリー二塁打を浴びて、同点。4回には相川のタイムリーで勝ち越して貰ったのも束の間、その裏、川崎に走者一掃の逆転タイムリー二塁打を浴び、あえなくKO。1点を追うヤクルトは7回、一死二塁から代打・吉本,青木の連続タイムリーで逆転に成功し、ソフトバンク先発・杉内をKO。その裏から、増渕−押本−マツ・オカと1回ずつをきっちり抑えて、1点のリードを守りきった。4回のピンチを切り抜け、2回1/3を無失点に抑える好リリーフを見せた川島亮は今季初白星

◆Bs3−4D◆
名手・川相が現役復帰どころか、コーチとしてから一軍ベンチにも入れて貰えない理不尽な状況にチーム状態が上がらず、ナインの士気が下がる一方である事を察知した落合監督はまたもや川井を先発起用してお茶を濁す事に…。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を一気に変える事は出来ず、中日は4回まで毎回安打を放ちながら、2併殺を食らうなど、まずい攻めで一向に先制点を奪えない。いつ貰えるとも分からない援護を待って、必死に投げていた川井だが、5回、二死三塁から坂口に先制タイムリーを許すと、続く赤田に痛打された後、後藤には走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、一気に3失点。3点を追う中日は7回、先頭のベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号ソロを叩き込み、ようやく1点。続く8回にはヒットの大島が牽制悪送球で一気に三塁を陥れると、森野のサードゴロの間に生還し、1点差。土壇場9回、抑えのレスターを投入し、逃げ切りを図る偽バファローズだが、レスターはいきなり四球を連発すると、小池に犠打を許して、二、三塁となった所で谷繁に2点タイムリーを浴び、一気に形勢逆転。その裏、満を持して登場した守護神・岩瀬はいきなり先頭の代打・塩崎に痛打されると、フェニックスに犠打を許し、一打同点のピンチを背負ったが、代打・山崎広,坂口と退け、14セーブ目。打者2人に対し、連続三振の快投を見せた4番手・浅尾に4勝目がついた

◆F4−5C◆
右肩痛で出遅れていた大竹がようやく今季初先発。しかし、初回から二死二、三塁のピンチを背負うと、小谷野,高橋と連続タイムリーを許して、いきなり3点を献上。一方、3回まで内野ゴロを量産する安定した投球を見せていた日本ハム先発・ケッペルは4回、四球の天谷を一塁に置いて、栗原に初安打を許すと、求道者・前田の内野ゴロの間に1点を献上。更に、ルパン広瀬にタイムリーを浴びると、二死後、石原にもタイムリー二塁打を浴び、試合は振り出しに。3−3の儘、迎えた8回、広島はフィオの勝ち越しタイムリーで均衡を破るが、日本ハムはその裏、陽の2年ぶりのアーチであっと言う間に同点。しかし、土壇場9回、広島は一死一塁から梵のタイムリー二塁打で再び勝ち越し。最後は横山が二死三塁のピンチを凌いで、辛くも逃げ切り。一時は同点アーチを被弾した2番手・岸本に今季初白星が転がり込んだ。日本ハムは1ヶ月ぶりの3連敗。

6/1鉄平◆E3−2T◆
阪神は2回、DHで調子を上げてきているキュラソ星人がライトスタンドへ5号ソロをぶち込んで、先制。先発・スタンリッジは走者を出しながらも5回まで無失点と粘り強く投げていたが、6回、一死から中村紀に6号同点アーチを被弾。更に、二死後、謎の新助っ人・ルイーズに来日初安打を浴びると、暴投で二進を許した末に草野にタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。結局、この回限りで降板となった。8回、ブラウン監督はここまで散発2安打1失点の好投を見せ、100球にも達していない先発・ラズナーを引っ込め、継投策に切り替えるが、これが裏目。2番手・片山がいきなりブラゼルに二塁打を浴びると、一死後、3番手・小山が代打・関本にタイムリーを浴びて同点。2−2で迎えた土壇場9回裏、楽天は先頭の嶋が四球を選ぶと、渡辺直の犠打で野選を誘って、一、二塁。この後、聖沢,内村と打ち取られるが、鉄平がセンター前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。4番手・川岸に2勝目がついた。

◆L2−6YB◆
27イニング無得点と貧打に喘ぐ横浜は初回、内野安打の石川を下園が送った所で内川がレフト前へ先制タイムリー。更に、村田が二塁打で続くと、二死後、カスティーヨが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回3点。追いかける西武はその裏、原のプロ初アーチで1点を返すと、3回には中島のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄る。初回こそ3点を失ったものの、2,3,4回と三者凡退に斬って取って立ち直りを見せる西武先発・石井一は5回も簡単に二死を取るが、ここからまたも石川に内野安打を許すと、下園を歩かせ、一、二塁となった所で内川に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、この回限りで無念のKO。横浜は7回にも石川の犠飛で1点を追加し、ダメ押し。8回からは牛田−山口と繋いで、西武の反撃を断ち切った。先発・清水は7回を2失点の好投で6勝目をマークした

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:42コメント(0)トラックバック(13)2010 プロ野球 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ