June 2009

June 30, 2009

6/30 東野◆G4−3C◆
4月17日以来、白星から遠ざかっている東野は荒れ球が奏功し、的を絞らせずに7回まで散発3安打の好投を展開。しかし、東野が投げると沈黙する巨人打線は偽ハンカチ王子・斉藤から再三、チャンスを作りながらも、攻めあぐね、ゼロ行進を続けるばかり。しかし、7回、二死井、二塁から途中出場の松本がセンター前へタイムリーを浴びせ、待望の先制点をゲット。更に、ガッツが歩いて満塁となった所で寿司職人ラミレス,松田記者と連続タイムリーを浴びせて、この回一挙4点。しかし、これで気が緩んでしまったか、東野は直後の8回、一死一塁の場面で駆け込み補強で来日初スタメンとなった謎の新助っ人・フィリップスに2ランを被弾し、KO。代わった越智もいきなり栗原に9号ソロを被弾し、1点差に迫られた。しかし、9回からマウンドに上がった山口がピシャリと締めて、今季初セーブ。東野は2ヶ月半ぶりの3勝目をマーク。巨人は今季最多の貯金20となった。

◆D5−4T◆
「ゴーグルの光を反射させて、打者に目眩ましを仕掛ける様な卑劣極まりない方法でもとらないとまるで通用しないヘッポコ投手」扱いされると言う水島の呪いを受けて以来、1年以上も白星から遠ざかっている山井は依然として呪いを克服出来ないのか、この日も初回からキュラソ星人に先制タイムリーを許すと、2回にはシャア少佐,新井にタイムリーを浴びて、3点を失い、あえなくKO。下柳の前に3回までパーフェクトに抑えられていた中日は4回、井端,荒木の連打でようやくチャンスを掴むと、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに激振。打球はスタンドにこそ届かなかったものの、犠飛としては十二分のライトフライとなり、ようやく1点。一気に畳みかけたい所でブランコ,ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに一発を狙い過ぎて凡退。5回にも連打で無死一、二塁としながらも、後続3人が雑なバッティングであえなく凡退。しかし、6回、一死満塁のチャンスに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに藤井が8号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転に成功。8回からは浅尾−岩瀬と繋ぐ必勝リレーで阪神の反撃をかわし、7連勝。4番手のパヤノは2回無失点で来日初勝利。連勝を伸ばした中日だが、この日も一発依存症,タイムリー欠乏症を存分に発揮する無様な試合展開でとても手放しで喜んではいられない状況とあっと、一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆YB3−2S◆
初回、ヤクルトは一死一、二塁からデントナのタイムリー,ガイエルの犠飛で2点を先制。追いかける横浜は3回、内川のタイムリーで1点を返すと、続く4回には下園が3号同点ソロ。更に、5回には二死二塁からメカゴジラがタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。ヤクルト先発・ユウキはここでKOとなった。横浜は6回途中から木塚−真田−加藤康と繋ぎ、最後は山口が締めて、1点差を守りきった。5回1/3を2失点で切り抜けた先発・吉見は今季初白星

◆H13−2Bs◆
序盤からソフトバンク打線が爆発。初回、本多の三塁打,川崎の二塁打であっと言う間に先制すると、更に、無死満塁とチャンスを広げた所で小久保が2点タイムリー。一死後、長谷川にもタイムリーが飛び出し、この回4点。続く2回にはオーティズが12号2ランを叩き込み、偽バファローズ先発・近藤はこの回限りでKO。更に、3回にはハマのスペランカーが6号ソロを放り込み、7点目。8回には4長短打を集中し、ダメ押しの6点を追加。先発の大隣は8回を投げ、1失点の好投で3勝目を飾った。

◆F3−1E◆
日本ハムは初回、制球の定まらない長谷部から2つの四球を選ぶと、スレッジのタイムリーで先制。直後の2回、楽天は一死から山崎武が14号ソロを叩き込み、同点。追い付かれた日本ハムは4回、二死一、二塁から田中がタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。続く5回には稲葉,高橋の連打で一、三塁とすると、スレッジがライトへ犠飛を打ち上げ、3点目。日本ハムは6,7回と立て続けに満塁のチャンスを逃し、8回も先頭打者を出しながら、無駄にしてしまう拙攻続きだったが、リリーフ陣が踏ん張りを見せ、最後は守護神・武田久を投入して、逃げ切りに成功。先発の糸数は6回を2安打1失点と好投し、ついに悲願のプロ初白星を手にした

◆L6−8M◆
西武先発・帆足に対して、ロッテは2回、四球のサブローを一塁に置いて、竹原が先制タイムリー二塁打を浴びせると、二死後、今江もタイムリー二塁打を放ち、この回2点。4回には一死満塁からフクーラが犠飛を打ち上げ、1点を追加。初回一死二塁,2回二死一、二塁,3回一死二塁、5回無死二塁とチャンスを悉く逃してきた西武は6回、中島,中村の連続二塁打でようやく1点を返すと、礒?が送った所でG.G.佐藤がタイムリーを浴びせて、1点差。突き放したいロッテは8回、先頭の井口が12号ソロをぶち込んで、4点目。しかし、その裏、西武は中村の24号ソロ,大崎のタイムリーで一気に同点。土壇場9回、ロッテは大松のタイムリーで三たび勝ち越し。これで決まったかと思いきや、粘る西武はその裏、一死から片岡の6号ソロでまたまた同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ロッテは二死一、三塁からサブローが8号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。西武はその裏、二死走者なしから一、二塁のチャンスを作ると、中島がタイムリー二塁打。なおも二、三塁と一打同点,一発が出れば逆転サヨナラと言う場面で打席には中村を迎える絶好のお膳立てが整ったが、中村は三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:05コメント(3)トラックバック(24)2009 プロ野球 

June 29, 2009

 開幕6連敗で札幌ドームに乗り込んだ東京。その先発メンバーは土井垣が4番DHでコールされた事で、キャッチャーは誰になるのかと注目されたが、9番目にようやくキャッチャーとしてコールされたのは何とサルだった。幾ら何でもサルの起用はないだろうと控え室で侮っていた日本ハムナインだったが、サルの守備練習を見て驚愕した様子の小谷野が駆け込んで来る。サルはショートの時の動きそのままに、明らかに山田を遙かに凌駕する軽快なフットワークを見せ、二塁へも鋭い送球を送っており、小谷野に連れられて見に来た日本ハムナイン達は唖然とするのだった。しかし、梨田監督はキャッチャーはフットワークや肩よりも、何よりリードが物を言うポジションだとし、経験の浅いサルはさして力を発揮出来ないと睨んでいた。そうこうしているうちにいよいよプレイボール。リトルウルフこと谷元は一体どんな投球を見せるのか?

 自分でマスクを被ると豪語しておきながら、僅か7戦で岩鬼に続いてサルを捕手に起用する土井垣。相変わらず、堪え性がないと言うか、行き当たりばったりと言うか…。しかも、また素人捕手かよ! このチームは創設以来、ドラフトで一人として捕手を獲っていないのか? 山田がでかい壁として立ちはだかっていようがいまいが、素人よりマシな捕手すらいないと言うのは異常極まりないチーム編成である。とりあえず、サルはキャンプの段階で、高校までやっていたからとポスト山田に立候補していたくらいなので、この伏線を回収したのは、水島氏にしてはよく覚えていたな…と言う感じだが、かなり昔から提起している「内野手は内野の距離だけ投げられる肩があればいい」と言う水島理論は明らかにおかしいよな。30mの肩と、100mの肩だったら、同じ30m投げるのにも、同じ球の勢いな訳がないのだから、内野だって地肩が強いに越した事はない。この理論だと、投手は18m強だけ届けば十分なのかよ!って話になっちまう。すると、それを逆手にとって、ホームに届くかどうかギリギリでおじぎする球を「ストレートに見えて落ちる謎の魔球」とかほたえて、正体に気付くまで試合中盤まで打ちあぐねる…なんて、これまた滅茶苦茶な話を描いたりする訳なんだが、何で水島氏は野球経験者のくせに、こういう未経験者をだまくらかす様な理論を平気でぶちまけるのだろう。なまじリアルっぽく感じさせるだけに、余計にタチが悪いと言うか…。ところで、谷元は球界最小兵選手な訳だが、とても166cm以上ある様には思えない殿馬,サル,チョロらの身長は一体いくつなんだ?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:33コメント(8)トラックバック(0)2009 ドカベン 

June 28, 2009

◆G7−1S◆
1勝1敗で迎えた首位攻防第3戦は内海,石川の左腕エース対決。内海が三者凡退と上々の立ち上がりを見せたのに対し、石川はいきなり先頭の坂本に二塁打を浴びた事でリズムを崩したか、一死後、ガッツにタイムリー三塁打,寿司職人ラミレスに犠飛を許して、2点を献上。2回以降走者を出しながらも、要所を締める粘りの投球で踏ん張っていた石川だが、6回、一死二塁から松田記者にタイムリー三塁打を浴びると、阿部を歩かせた後、李に3試合連続の15号3ランを叩き込まれて、この回限りでKO。巨人は続く7回にもガッツのタイムリー二塁打でダメ押しの7点目。内海は8回に相川に4号ソロを浴び、完封こそ逃したものの、4安打無四球完投で3勝目。首位攻防3連戦を2勝1敗と勝ち越した巨人はヤクルトとの差を3ゲームと広げた。

◆C1−2D◆
名手・川相の現役復帰待望論が叫ばれている中、一向に手を打とうとしない落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁す有様。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事は出来ず、中日は初回から一死二塁のチャンスを逃すいきなりの拙攻モード。相変わらずのタイムリー欠乏症ぶりに川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない川井はその裏、二死二塁のピンチで栗原にタイムリーを浴び、先制点を献上。1−0の儘、迎えた4回、一死からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに21号ソロを叩き込み、追い付くと、続くベンちゃんも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号ソロをぶち込んで、勝ち越しに成功。6回には荒木のヒット,ベンちゃんの四球で二死一、二塁とするも、藤井が打ち上げて、二者残塁と相変わらず、一発が出ないと如何ともし難い様子。まともな援護が得られない中、川井は2回以降追加点を許さず、8回に浅尾を挟んで、9回から守護神・岩瀬が登場。いきなり先頭のルパン廣瀬に二塁打を浴びた岩瀬は石原に犠打を許して、一死三塁のピンチ。しかし、代打・緒方,梵と打ち取って、辛くも逃げ切り、3連戦3連勝。7回1失点の川井は開幕7連勝となった。これで連勝を6と伸ばした中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に治る気配がなく、先発投手の頑張りにおんぶにだっこ状態とあって、とても連勝中のチームとは思えない重苦しい空気に包まれるばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

6/28 関本◆T3−2YB◆
阪神先発・ソニックに対し、横浜は2回、先頭の下園が2号ソロを叩き込み、1点を先制。5回には二死走者なしから内川がレフト線へ二塁打を浴びせると、続く村田がレフト前へタイムリーを放ち、2点目を追加。未だに白星のない横浜先発・マストニーに対して、阪神は5回まで毎回走者を出しながら、あと一本が出ず、ゼロ行進。7回には狩野,葛城イクローと連打わ浴びせて、マストニーをKOするが、代わった木塚の前にシャア少佐が最悪のショートゴロゲッツー。続く関本もピッチャーゴロに打ち取られ、結局、無得点。土壇場9回、阪神は2点ビハインドながらも、守護神・藤川を投入する執念の継投を展開。藤川は2四球を出しながらも、無失点で切り抜けると、その裏、抑えの山口に対し、一死から3連打で満塁の大チャンス。ここで代打・悠久の若虎・桧山が犠飛を打ち上げ、まず1点。なおも一、二塁の場面で関本が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、逆転サヨナラ勝ちを収めた。

◆L5−7H◆
ソフトバンク先発・ホールトンに対し、西武は初回、四球の栗山を一塁に置いて、中島が11号先制2ラン。ソフトバンクが4回にハマのスペランカー,松田のタイムリーで追い付くも、その裏、西武はG.G.佐藤の11号2ランですかさず勝ち越し。再び2点を追う展開となったソフトバンクは5回、オーティズの11号ソロで1点差とすると、7回には松中が10号2ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、粘る西武は8回、栗山が同点タイムリー二塁打。更に、一死一、三塁とチャンスを広げたが、礒?,G.G.佐藤と連続三振に斬って取られ、勝ち越しならず。すると、直後の9回、ソフトバンクは一死二塁からオーティズがこの日4安打目となるタイムリー二塁打を浴びせて、勝ち越し。更に、二死後、小久保もタイムリーを放ち、ダメ押し。最後は守護神・馬原が3人でピシャリと締め、逃げ切った。ソフトバンクはこれで日本ハムに並ぶ首位タイに浮上。3番手のファルケンボーグに4勝目がついた。

◆M3−2F◆
試合前から、いつコールドになるとも知れない空模様とあって、早く主導権を握りたい両チームだが、先手を取ったのはロッテ。2回、先頭のサブローが二塁打を浴びせると、続く橋本将が先制タイムリー。更に、二死一、二塁となった所で西岡もタイムリーを放ち、2点目。3回まで1安打と沈黙していた日本ハムだが、4回、先頭の劇団ひちょりが内野安打で出ると、続く稲葉がライトスタンドへ10号2ランを叩き込み、一気に同点。追い付かれたロッテは6回、二塁打のベニー松山がバーナムJr.のセカンドゴロで三進。ここで今江がスクイズを決めて、勝ち越しに成功。この回の攻撃が終了した所で強くなった雨の為に試合が中断。結局、その儘、コールドとなり、ロッテが勝ち逃げに成功。先発・小野は6回までとは言え、今季初完投で4勝目

◆Bs3−4E◆
初回は簡単に3人で打ち取った偽バファローズ先発・平野だったが、続く2回、2四球で二死一、二塁のピンチを背負うと、平石にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回には中村真に2号2ラン,山崎武に13号ソロを被弾し、3失点。4点を追う偽バファローズは4回、大村の犠飛でようやく1点。この後も、5回二死一、二塁,6回無死二塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ず。8回には連続四死球で無死一、二塁とするも、後続を断たれて、二者残塁。土壇場9回、二死二、三塁からフェルナンデスの走者一掃のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄り、なおも一打同点のチャンスが続いていたが、ラロッカがサードゴロに打ち取られ、ゲームセット。楽天先発のルーキー・井坂は6回途中まで1失点と粘りの投球でプロ2勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(18)2009 プロ野球 

June 27, 2009

6/27 由規◆G1−6S◆
昨年から7連敗とカモにされているグライシンガーに対し、ヤクルトは2回、ボークでタナボタの先制点をあげると、続く3回にはデントナのタイムリー二塁打,4回には川島慶のタイムリーでジワジワと突き放す。ヤクルト先発・由規の前に4回まで坂本のヒット1本のみに抑え込まれていた巨人は5回、先頭の李がライトスタンドへ14号ソロを叩き込み、ようやく1点を返すが、後が続かない。すると、直後の6回、相川が3号ソロを放ち、再び3点差。グライシンガーはこの回限りで降板となった。続く7回には今季初登板となる2番手・金刃を攻め、デントナ,ガイエルの連続二塁打で2点を追加し、ダメ押し。最後は5点差あるにも拘わらず、守護神・林を投入し、巨人の反撃を退けた。由規は8回を2安打1失点とほぼ完璧な投球を見せて、4勝目をあげた。

◆C3−5D◆
広島は初回、中日先発・吉見の制球難に付け込み、一死満塁とすると、マクレーンがタイムリーを放ち、2点を先制。3回には依然として制球の定まらない吉見から一死一、三塁のチャンスを掴むと、喜田のセカンドゴロの間に3点目を追加。一方、確変が終わってから白星から遠ざかっている大竹に対して、3回まで沈黙していた中日は4回、一死から荒木が内野安打で出ると、続く森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2試合連続9号2ラン。更に、二死後、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを叩き込み、同点。続く5回には二死走者なしから井端が死球を食らうと、荒木がヒットで繋いだ所で、またも森野がタイムリーを放ち、勝ち越し。7回には内野安打で出た代打・中川が犠打とボークで三進すると、荒木のショートゴロの間に5点目のホームイン。その裏から4人の投手を注ぎ込む小刻みな継投で広島の反撃をかわし、辛くも逃げ切った。吉見は6回3失点で7勝目。

◆T3−5YB◆
何とか連敗を止めたい横浜は初回、四球の吉村をガッツな貴公子・仁志が送ると、内川が先制タイムリー。更に、続く村田が13号2ランをぶち込んで、この回3点。立ち直った能見の前に2回から5回まで一人の走者も出せずにいたが、6回一死満塁と久々のチャンスを作ると、メカゴジラが押し出し四球を選んで、4点目。一方、ハマのチンピラに対し、阪神は再三再四塁上を賑わせながら、7回までゼロ行進の拙攻三昧。しかし、8回から横浜が継投モードに入ると、ようやく反撃を開始。一死からマウンドに上がった3番手・カリメロの代わりばな、キュラソ星人が13号ソロを叩き込むと、ブラゼルのヒットの後、代打・高橋光が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、1点差。しかし、追い上げムードに水を差すかの様に9回、3番手・ウィリアムスが新沼に今季初アーチを被弾し、痛恨の5点目を献上。その裏は抑えの山口がきっちり締めて、連敗を3でストップ。横浜はようやく今月3つ目の白星となった。ハマのチンピラは7回無失点の好投で7勝目

◆L3−10H◆
初回の一、二塁のチャンスを逃したソフトバンクだが、続く2回、先頭のハマのスペランカーが5号先制ソロを叩き込むと、一死三塁から田上の犠飛でこの回2点。続く3回には小久保がタイムリーを浴びせて、3点目。一方、交流戦MVPの杉内に対し、西武は4回、中村が23号2ランを叩き込み、1点差。6回に1点ずつ取り合って迎えた7回、ソフトバンクは二死から連続四死球で一、二塁とすると、またもハマのスペランカーが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。9回には松田の3点三塁打,本多のタイムリーで10点目を奪い、試合を決定付けた。杉内は6回3失点で8勝目をマークした。敗れた西武は4位転落。

◆M4−5F◆
6月6日以来の登板となる唐川に対し、日本ハムは2回、二死二塁からあの男がタイムリー二塁打を浴びせ、1点を先制。4回には一死一塁から糸井が7号2ラン,あの男が2号ソロと連続アーチで3点を追加。その裏、ロッテは大松の9号ソロで1点を返すが、直後の5回、一死満塁のピンチを作った所で唐川は無念のKO。代わった高木も糸井にタイムリーを浴び、5点目を失うが、なおも満塁のピンチで3番手・中郷がインケツパワーを使い果たしたあの男を三振に斬って取ると、鶴岡も打ち取って、ピンチ脱出。すると、その裏、ロッテは堀に今季初アーチとなる2ランが飛び出して、2点差。7回には代打・バーナムJr.が2号ソロを放り込み、1点差まで追い詰めるが、最後は武田久に締められ、あと1点が届かなかった。ロッテは僅か4安打。うち3発が一発だった事で4点を奪えたが、一度として得点圏に走者を進める事が出来なかった。日本ハム先発・八木は6回3失点で無傷の6連勝を飾った。

◆Bs5−11E◆
初回のラロッカのタイムリー,2回に日高の5号2ランで3点を先制された楽天だが、3回、鉄平の今季初アーチ,草野のタイムリーで1点差。その裏、北川のタイムリー二塁打で突き放されるが、6回、代打・憲史の犠飛,大村のタイムリーエラーで2点を返し、ついに同点。4−4で迎えた7回、楽天は二死一、三塁から山崎武の2点タイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、中村紀がヒットで繋ぐと、代打・藤井が今季初アーチとなる3ランをぶち込んで、この回、一挙5点。更に、8回には平石の今季初アーチとなる2ランが飛び出して、ダメ押し。5回途中から登板した3番手の青山は2回1/3を無失点で切り抜ける好リリーフを見せ、今季初勝利を飾った。偽バファローズはこれで今季の自力優勝が消滅

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(16)2009 プロ野球 

June 26, 2009

◆G7−2S◆
開幕8連勝中の館山に対し、巨人は2回二死一、二塁から投手のゴンザレスが先制タイムリーを浴びせると、続く坂本もタイムリーを放ち、2点目。自ら先制点を叩き出したゴンザレスだったが、直後の3回、二死走者なしから武内,田中,青木と3連打を浴びて、1点を献上。一気に追い付きたいヤクルトだったが、ここで4番・デントナがセカンドフライを打ち上げて、1点止まり。巨人は4回、一死二塁から4連打を浴びせて、2点を加えると、5回には李が13号ソロを叩き込み、5点目。何とか館山の黒星を消しておきたいヤクルトは6回、二死一、三塁のチャンスに宮本がタイムリーを放ち、ゴンザレスをKO。なおも一発が出れば同点と言うチャンスだったが、2番手・豊田の前に相川が三振に倒れて、二者残塁。明らかに調子が上がっていないと言うのに、次の回に打席が回るからと続投を強いられた館山はその裏、ガッツに16号2ランを被弾し、悪夢の7失点KO。巨人は5点も差があると言うのに、山口,越智を無駄遣いしてまで勝ちに行き、首位攻防第1ラウンドを制した。ゴンザレスは6回途中2失点で7勝目。昨年から続いていた館山の連勝はついに14でストップした。

◆C2−3D◆
広島先発・ルイスに対し、中日は2回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにリーグ一番乗りとなる20号ソロを叩き込み、先制。しかし、同リーグ同士の対決に戻っても、タイムリー欠乏症は治っておらず、一向に追加点をあげる気配すら作れない。相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の味方打線に辟易としながらも、5回まで2安打と力投していたあちゃくらさんだったが、6回、投手のルイスに痛恨の一発を浴び、同点とされてしまう。更に、続く7回には先頭の栗原に8号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上すると、一死満塁のピンチを作って、失意のKO。しかし、この後、小林正,河原がそれぞれワンポイントをこなして、このピンチを辛くも脱出。広島は横山−シュルツと繋いで、9回からは永川にバトンを渡す必勝リレーで逃げ切りを図ったが、これに対して、中日は先頭の荒木が四球を選ぶと、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号2ランをぶち込んで、一気に逆転に成功。その裏、守護神・岩瀬が先頭打者を出しながら、後続を断ち、逃げ切った。4番手の浅尾がタナボタの5勝目。辛くも逆転勝ちを収めた中日だが、極度の一発依存症,タイムリー欠乏症は一向に好転の気配がなく、またも先発投手を見殺しにしてしまったとあって、重苦しい空気が漂うばかり。この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T9−4YB◆
5,6位と低迷する両球団の対決は序盤から打ち合い。初回に横浜が3連打で先制すれば、その裏、阪神がブラゼルの2点タイムリーで逆転し、2回にも狩野のタイムリーで1点を追加。しかし、横浜は3回にメカゴジラのタイムリー二塁打等で一気に同点。追い付かれた阪神は4回に狩野の3号ソロ,新井の犠飛で2点を勝ち越し。その後も5回に葛城イクローがタイムリー,6回にはブラゼル,鳥谷がタイムリーを放つなど、着々と加点。阪神は6回から登板の江草が6者連続三振の好リリーフで横浜の反撃意欲を断ち切ると、アッチソン−渡辺と繋いで、逃げ切った。先発・安藤は5回3失点で5勝目をマーク

◆L10−4H◆
交流戦連覇を成し遂げ、パ・リーグ首位タイに浮上したソフトバンク。しかし、中休みで勢いが止まってしまったのか、西武先発・涌井の前に4回までノーヒット。ソフトバンク先発・藤岡も3回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回、一死満塁のピンチを迎えると、礒?に左中間突破のタイムリー二塁打を浴び、一気に3点を献上。更に、二死後、大崎にもタイムリーを浴び、この回4失点。続く5回には栗山のタイムリーで5点目を失い、無念のKO。西武は更に、この後、G.G.佐藤,大崎の連続タイムリー二塁打で4点を追加し、試合を決定付けた。ソフトバンクは9回に5連打で3点を返す粘りを見せたが、最後は森本がゲッツーに倒れ、首位陥落。西武の連敗を5で止めた先発・涌井は8回1失点の好投で8勝目

6/26 ダルビッシュ◆M0−2F◆
パ・リーグ相手に未だに白星のないロッテ先発・小林宏は初回、一死から劇団ひちょりにレフトスタンドへ今季初アーチを放り込まれて、先制点を献上。2回以降は安定した投球を見せ、6回には三者三振の快投を展開。しかし、7回、先頭の小谷野に二塁打を浴びると、二死三塁となった所で金子誠にタイムリーを浴び、痛恨の2点目を献上。日本ハムは続く8回には稲葉のタイムリー,スレッジの10号2ランでダメ押しの3点を追加。日本ハム先発・ダルビッシュは7回まで四球2つを許しただけでノーヒットノーランの期待が懸かったが、8回、先頭のサブローにライト前へ弾き返され、快挙達成ならず。続く橋本将にも痛打されたものの、ベニー松山,里崎と連続三振に斬って取ると、今江をショートゴロに打ち取り、ピンチ脱出。ノーヒットノーランが消えたとは言え、余裕の完封ペースのダルビッシュだったが、この回限りでお役御免となり、9回からは宮西−江尻と繋いで、完封リレーを達成。ダルビッシュは8回2安打無失点の快投で12球団一番乗りとなる10勝目。ソフトバンクが敗れた事で日本ハムは単独首位となった。

◆Bs3−1E◆
初回、楽天は四球の渡辺直を平石が送った所で中村真が先制タイムリー。更に、草野がヒットで続いたが、山崎武,鉄平と倒れて、1点止まり。2回以降は立ち直った金子の前に完全に沈黙し、スミ1状態。楽天先発・田中は5回まで2安打無失点と最少リードを守ってきたが、6回、一死二塁からフェルナンデスに同点タイムリーを許すと、続くラロッカに11号2ランをぶち込まれ、勝ち越し点を献上。土壇場9回、楽天は二死一、二塁と久々のチャンスを掴んだが、最後は鉄平がファーストゴロに打ち取られ、万事休す。田中は完投虚しく2敗目。一方、金子は今季2度目の完投で8勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:59コメント(0)トラックバック(26)2009 プロ野球 

June 24, 2009

 球団の指示により、吾郎を監視に来たと言うシュナイダーは、有無を言わせず、吾郎の部屋に入り込むと、吾郎の鞄を物色し、トレーニング機器を取り上げる。マイナー時代に故障を偽って、昇格を反故にしたり、イップスや血行障害を隠して、悪化させたりと首を斬られてもおかしくない程の数々の悪行を重ねてきた吾郎だが、その実力とスター性を評価している事もあり、長くホーネッツの一員としていさせる為にも、今回のリハビリに関しては、メディカルチェックから生活全般に至るまで徹底して管理下に置くと言うのが球団の方針だったのだ。診断通り、年内にボールを握る事を禁じられ、マンションの同じフロアに常にスタッフが控えていると言う状況を強いられるなど、まるで球団から信用されていない事にゲンナリする吾郎だったが、流石に今回は観念せざるをえなかった。そうこうしているうちに、バイソンズ vs レイダースの第5戦が始まろうとしていた。いずれが勝っても対決するのはホーネッツ。ギブソンが勝ち上がれば、下手すると、最後の対決のチャンスであり、Jr.が勝ち上がれば、W杯のリベンジのチャンスとあって、血行障害で投げられない身を嘆くしかない吾郎。そこへ今度は見知らぬ女性が吾郎の部屋を訪ねてきた。ソフィア・リードと名乗るその女性GM補佐として多忙なシュナイダーに代わり、吾郎の見張りとサポートを行う為に雇われたスポーツトレーナーだった。出前や外食ばかりな食生活な吾郎に栄養面を考え、サラダとスープを振る舞うソフィアだったが、吾郎はその味など気にかからない程、今正に、親子対決を迎えようとしている試合観戦に集中していた。レギュラーシーズンでは13タコ,ディビジョンシリーズの第1戦でも3三振と完膚無きまでにギブソンに抑え込まれているJr.だったが、左のギブソンに対して、あえて左打席に入る。それはかつてギブソン自身が吾郎対策としてアドバイスしてくれた策だった。

 仰々しく監視などと言ってやってきたシュナイダーだったが、故障を隠して、無茶なトレーニングをしかねない吾郎の行動を抑制する為と言う、いたって普通の展開で何だか拍子抜け。ソフィアなんか出すより、ファーガソン医師をもっと出してくれ。とりあえず、ギブソン親子の対決はちゃんとやってくれる様で何よりだが、ここまでこうもJr.が負けまくっているとなると、Jr.のリベンジ達成フラグにも思えるのだが、それでもなおギブソンが父親の貫禄を見せつけてくれるのだろうか? それにしても、二人の対決に集中している吾郎の様子を見るに、またこいつ、無茶してワールドシリーズに出るとか言い出すんじゃないかと心配になってくるよ。 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 09:58コメント(0)トラックバック(0)2009 MAJOR 

June 23, 2009

 岩鬼を一番に戻し、再び土井垣が捕手に戻っての布陣で臨んだ東京だが、涌井の前に打線が沈黙。投げてはでかせぎ君が負けられないと言うプレッシャーの所為か、全くボールにキレがなく、G.G.佐藤にダメ押しのグランドスラムで10点を失う大炎上となり、10−2の大惨敗。第3戦の西武先発・オツのスライダーの大半がボール球と言うデータを前提にしていた東京だが、悉くスライダーをストライクで決められる裏をかかれた配球に翻弄される始末。一方、東京先発の国定が中村に2ランを連発されるなど、これまたメッタ打ちを食らい、8−2のスコアで悪夢の開幕6連敗。あまりの体たらくに山田(とじっちゃん)を食事に呼んで元気付けようと画策したサチ子だが、無駄に泣き散らすわ、文句たれるばかりで、山田は元気付けられるどころか、うんざりさせられる有様。次のカードは札幌での日本ハム戦。ダルビッシュが投げたばかりとあって、この3連戦には出て来ない事が確定しており、次はローテの谷間の筈。エース vs 谷間の対決には絶対負けられないと意気込む里中だったが、これに対して、日本ハムの先発として指名されたのは、人呼んで「リトルウルフ」こと現役最小兵選手であるルーキー谷元だった。

 昨年のトンガに続き、またもや水島氏の日ハムルーキー潰しが炸裂。ルーキーの白星一番乗りだったとは言え、さしたる結果を出している訳でもないのに、現役最小兵なだけで、こんな所に引っ張り出されてしまうなんて、もう不運としか言いようがないだろう。検索かけても全然ひっかからないのだが、「リトルウルフ」なる通称は史実通りなの? 「小さな巨人」と対にする為だけに水島氏が勝手に名付けたの? 後者だとすれば、ホント、いい迷惑だ。そもそも、「ウルフ」なんて、マッスル千代の富士が茂雄に名付けられた時の事を考えても、ロクな事がないからなぁ。それにしても、各チーム、ローテーションがメチャクチャである。何で西武の開幕2カード目の3人が岸,涌井,オツなのよ? じゃ、開幕カードは石井一,ワズディン,帆足だったりした訳? 幾ら何でもありえないだろう。 日本ハムは日本ハムで開幕7戦目がローテの谷間なんてのもありえない。ダルビッシュが中4日で6戦目に投げたとすれば、次はローテ2番手の投手だろうよ。何でこのタイミングで谷元を使う様な博打を打たにゃならんのよ? シーズン半ばならともかく、開幕直後なんだから、ありえない事が明白にしか思えない出鱈目な真似はしないで貰いたいね。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:36コメント(0)トラックバック(0)2009 ドカベン 

June 22, 2009

 吾郎の手術は無事に成功したものの、当然、ポストシーズンには欠場。ワッツと吾郎を欠きながらも、ホーネッツはディビジョンシリーズを順調に勝ち進み、見事にリーグ優勝を果たす。一方、ナ・リーグはギブソン擁するバイソンズとJr.擁するレイダースが激突し、2勝2敗で最終決戦を迎える事となった。吾郎は無事に退院となったが、ワッツはもうしばらく入院生活が続く模様。故障が発覚した事により、移籍の話はなくなってしまい、来季もホーネッツ残留が確定。自分達のいない所でポストシーズンを戦っている仲間達を羨みながら、ワールドシリーズ制覇は来年まで取っておいて欲しいなどと談笑する二人だった。病院を出て、タクシーに乗り込もうとした吾郎だったが、後ろから見知らぬ男に声を掛けられる。GMの指示により、車で自宅まで送り届けると言う男の言葉に厚遇されているとばかりに上機嫌で男の車に乗り込む吾郎。自宅のマンションに着くと、男は吾郎の荷物を持つと言う。自分で持つからと突っぱねる吾郎だったが、頑として譲らない男にしぶしぶ玄関まで荷物を託す事に…。玄関に辿り着き、今度こそお別れかと思いきや、男は中に入れろと要求。あまりのアヤしさに実は球団の人間ではないのではないかと声を荒げる吾郎に対し、シュナイダーと名乗るその男は紛れもなく球団トップから吾郎を監視する様に指示を受けていると主張するのだが…。

 もしかしたら、完結の方向へ向かう可能性もあるのではないかとも思っていたが、何だか訳の分からない展開に突入し、まだまだ終わらなそうな気配。1年目でFA云々駆け引きもなかろうに、ここに来て、何故、身内から監視される理由があるのかさっぱり分からん。マイナー時代から、やたらと故障を隠しまくる吾郎だけに、手術が成功したと言っても、状態が好転しなかった場合、また隠蔽工作を図りかねないと疑われているとか? とりあえず、謎の男は名前がシュナイダーなので(笑)、何だかやり手くさいね。こんな胡散臭いエピソードはどうでもいいから、ギブソン親子の対決をきっちり描いて欲しいもんだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:41コメント(0)トラックバック(0)2009 MAJOR 

June 21, 2009

◆G9−4M◆
3連敗中のロッテは初回、西岡の5号先頭打者アーチで先制。その裏、巨人は一死から松本,ガッツの連打で一、三塁とすると、寿司職人ラミレスが犠飛を打ち上げて、同点。2回以降膠着状態となった試合は1−1の儘、6回へ突入。ロッテは一死から竹原が2号ソロを叩き込み、均衡を破ると、続く7回には二死一、二塁のチャンスを作って、巨人先発・内海をKO。ここで代わった東野から西岡が四球を選び、満塁となった所でまたも竹原がタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。完全に流れを引き寄せたロッテは8回にも井口の11号ソロ,今江の4号2ランと一発攻勢でダメ押し。その裏、巨人は亀井,阿部の連続アーチで応戦するも、焼け石に水だった。ロッテ先発・清水は7回1失点の好投で3勝目。

◆D8−3Bs◆
一向に波に乗れないチーム状態に名手・川相の現役復帰待望論は強まる一方だが、頑なにその声を無視し続ける落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁そうとするぬるま湯采配をか敢行。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井が出てきた所で川相不在である事に変わりがなく、追い詰められた空気に包まれた中日は初回、平野の制球難に救われ、一死満塁のチャンスを貰うと、ベンちゃんが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号グランドスラムをぶち込んで、一気に4点を先制。しかし、2,3,4回と立ち直った平野の前に沈黙。5回から継投モードにはいった偽バファローズに対し、無死一、二塁のチャンスを逃すと、6回にも二死一、二塁のチャンスを潰すタイムリー欠乏症を露呈。偽バファローズは6回まで川井の前にゼロ行進を続けていたが、7回から登板の2番手・浅尾から3連打でようやく1点。しかし、反撃ムードに水を差すかの様に、その裏から登板した5番手・レスターが大乱調で4点を失い、試合を決定付けられた。川井は6回無失点で開幕6連勝

◆YB0−5H◆
横浜先発・ハマのチンピラに対し、ソフトバンクは初回、一死から川崎が2号先制アーチ。続く2回には一死から長谷川の四球,松田の二塁打で二、三塁とすると、田上がレフト前へタイムリーを放ち、2点を追加。4回には長谷川が2試合連続の6号ソロを叩き込むと、続く松田も2試合連続となる4号ソロを放り込み、5点目。ハマのチンピラはこの回限りでKOとなった。5回以降、ソフトバンクは横浜リリーフ陣の前にノーヒットと抑え込まれるが、先発・杉内が横浜打線を全く寄せ付けず、散発3安打の今季初完封で7勝目を飾った。ソフトバンクはこれでリーグ単独首位に浮上。

◆C7−5F◆
2回に小谷野,3回には高橋にタイムリーを許し、2点のビハインドとなった広島だが、その裏、ヒットの東出を一塁に置いて、喜田が2号2ランを叩き込み、一気に同点。続く4回には二死一、二塁から東出,赤松と連続タイムリーを浴びせて、3点を勝ち越し。5回に三者三振の快投を見せるなど、立ち直ったかと思われた広島先発・前田健だったが、6回、高橋,スレッジと連続二塁打で1点を返されると、二死後、よりにもよって、あの男にタイムリー内野安打を許し、更に、呪われた助っ人・ボッツにタイムリー二塁打を浴びて、同点とされてしまう。しかし、その裏、広島は二死二塁から梵が今季初アーチとなる2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。7回からはシュルツ−永川と繋いで、日本ハムの反撃を退けた。前田健は6回5失点と不本意な内容ながら、5勝目を拾った。

6/21 ヤクルト◆S6−5L◆
序盤から空中戦となったこの試合。まず西武が初回に中島の通算100号となる9号2ランで先制すると、ヤクルトは3回に武内の2号2ランで同点。追い付かれた西武は4回に中島の2打席連続10号ソロ,中村の22号ソロと連続アーチで2点を勝ち越し。その裏、ヤクルトはガイエルが11号ソロを叩き込むと、続く5回には一死から3連打で満塁のチャンスを作った所で青木のセカンドゴロの間に再び同点。4−4で迎えた8回、ヤクルトは一死一、三塁から相川のタイムリーでこの日初めてリードを奪い、9回から守護神・林を投入しての逃げ切り体勢。しかし、いきなり武内のエラーで足を引っ張られた林は二死跡、代打・上本に同点タイムリー二塁打を浴び、今季初のリリーフ失敗。更に、この後、連続四球で満塁の大ピンチを背負ったものの、この日2ホーマーの中島の一、二塁間へのゴロを田中が好捕し、辛くもピンチ脱出。すると、その裏、ヤクルトは代打・ユウイチの二塁打等で一死満塁のチャンスるここで福地はファーストゴロに倒れるも、中村が本塁へ悪送球を犯し、3試合連続のサヨナラ勝ち。これでヤクルトは7連勝となり、首位巨人へ2ゲーム差まで詰め寄った。

◆T4−2E◆
プロ初登板となるルーキー・藤原に対し、阪神は2回、一死から桜井が三塁打を浴びせると、続く鳥谷が先制タイムリー。続く3回には二死一、二塁からブラゼル,桜井と連続タイムリーを放ち、2点を追加。4回まで無失点投球を展開していた先発・能見だったが、5回一死から鳥谷のエラーで走者を出すと、今季初打席となる代打・中谷に被弾し、2失点。突き放しておきたい阪神はその裏、関本,新井,キュラソ星人と3連打で無死満塁とすると、ブラゼルがセカンドゴロゲッツーに倒れる間に関本が返って、4点目。6回からは早くも能見を下ろして、継投モードを展開。アッチソン−ウィリアムスと繋いで、最後は守護神・藤川がきっちり締め、2点のリードを守りきった。能見は5回2失点で3勝目をマーク

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:49コメント(0)トラックバック(25)2009 プロ野球 

June 20, 2009

◆G5−2M◆
ロッテは初回、いきなり早坂,フクーラの連打で一、二塁と絶好の先制チャンスを掴みながら、クリーンアップが悉く打ち上げて、結局、無得点。すると、その裏、巨人はロッテ先発・渡辺俊を捉え、連打と死球で無死満塁とすると、寿司職人ラミレスのタイムリー,亀井のタイムリー二塁打で3点を先制。更に、一死満塁となった所で古城が犠飛を打ち上げ、この回4点。3回には渡辺俊との相性の良さから伊原コーチに打つと予言されていた李が12号ソロを叩き込み、5点目。2回までに4安打と立ち上がりに苦しんでいたグライシンガーだが、3〜6回までパーフェクトと尻上がりに調子を上げ、7回に今江にタイムリーを浴びると、この回限りで降板となった。8回から18試合連続無失点の球団記録が懸かる山口がマウンドに上がったが、代わりばなフクーラ,代打・竹原,代打・西岡が3連打を浴びて1点を失い、連続無失点記録はあっさり消滅し、失意のKO。なおも一発が出れば同点のピンチで代わった越智は井口をサードゴロゲッツーに仕留めると、続くサブローもサードゴロに打ち取り、僅か2球で大ピンチを脱出。9回も続投となった越智は無難に抑えて、逃げ切りに成功。グライシンガーは7回を無四球1失点の好投で7勝目

◆D4−0Bs◆
中日は2回、一死から内野安打で出た藤井がすかさず二盗を決めると、続く平田のタイムリー二塁打で先制のホームイン。6回には一死三塁からベンちゃんが犠飛を打ち上げると、更に、藤井の二塁打,平田の三塁打でこの回2点。8回には一死満塁から谷繁の犠飛で4点目。偽バファローズは3回までに5安打を浴びせながら、あと一本が出ない拙攻を展開。4回以降、すっかり立ち直った中日先発・吉見は今季3度目の完封で6勝目をあげ、リーグ防御率1位に躍り出た

6/20 長谷川◆YB7−11H◆
本多の今季初アーチとなる先頭打者弾で先制された横浜だが、その裏、吉村も9号先頭打者弾を放ち、あっさり同点。更に、村田も11号2ランを放ち、勝ち越しに成功。しかし、直後の2回、ソフトバンクは長谷川の4号2ランであっと言う間に追い付くと、田上が11号ソロを叩き込み、再び勝ち越し。続く3回には川崎の三塁打,オーティズの二塁打で1点を加え、横浜先発・グリンをKO。更に、5回にはオーティズの10号ソロ,6回には松田の3号ソロ、そして、7回には長谷川の3ランが飛び出すなど、一発攻勢で着々と加点し、試合を決定付けた。その裏、8点差もあると言うのに引っ張り出された攝津アッパーが緊張感のない場面の所為か、2四球の後、村田に被弾し、よもやの3失点となったが、大事には至らなかった。先発・ジャマーノは5回3失点ながら、味方の援護に恵まれ、助っ人では球団史上初となる開幕3連勝をマークソフトバンクは横浜との勝ち越しを決め、交流戦史上初となる完全優勝を達成した。

◆C1−5F◆
広島先発の偽ハンカチ王子・斉藤に対し、日本ハムは初回、二死一、三塁からスレッジのタイムリー内野安打で先制。3回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せたダルビッシュに対し、広島は4回、先頭の梵がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、二死三塁となった所で栗原がタイムリー二塁打を放ち、ついに同点。しかし、そりも束の間、日本ハムは5回に高橋のタイムリーですかさず勝ち越し。高橋は7回にも2点タイムリーを浴びせると、9回には3本目のヒットを放ち、チャンスメイク。この後、小谷野がタイムリーを放ち、ダメ押しの5点目。ダルビッシュは5回以降、二塁を踏ませない投球で広島の反撃を断ちきり、完投でハーラー単独トップの9勝目を飾った。

◆S5−4L◆
初回に1点を先制されたヤクルトは2回、デントナの10号ソロが飛び出し、同点。しかし、4回、西武は中村の2試合連続21号ソロで勝ち越し。8回にはG.G.佐藤,大崎の連続タイムリーで2点を追加。これで決まったかと思いきや、その裏、二死一、二塁からデントナがこの日2本目となる11号3ランを叩き込み、一気に同点。試合はその儘、延長に突入した。西武は10回、二死から大崎の二塁打,代打・平尾の四球で一、二塁としたものの、上本がセンターフライに倒れて、二者残塁。すると、その裏、ヤクルトは6番手のルーキー・上本を攻め立て、一死満塁のチャンス。ここでまたまたデントナがレフト前へタイムリーを放ち、2試合連続のサヨナラ勝ちで6連勝。5番手の五十嵐に今季初白星が転がり込んだ。

◆T2−5E◆
0−0で迎えた3回、楽天は一死から平石,中村真と連打を浴びせると、草野が4号先制3ラン。続く山崎武も12号ソロを放り込むと、更に、鉄平,丈武と連続二塁打を放ち、この回大量5点のビッグイニングを形成。阪神先発っ・安藤はこの回限りで降板し、今季最短KOとなった。一方、阪神は6回、一死から新井,キュラソ星人,ブラゼルとクリーンアップの3連打でようやく2点を返すが、後が続かない。楽天はこの後、有銘−ミチルと繋いで、逃げ切りに成功。先発の永井は5回2/3を2失点で5勝目。敗れた阪神は8年ぶりの借金10にまで落ち込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:24コメント(0)トラックバック(18)2009 プロ野球 

June 19, 2009

6/19 吉村◆YB6−5L◆
6連敗中の横浜はこの日も先発のルーキー・藤江が試合開始早々、3連打で2点を失うと、一死後、礒?に2号2ランを叩き込まれて、いきなり4点ビハインドとなる苦しい立ち上がり。藤江は3回にも中村に両リーグ一番乗りとなる20号ソロを被弾し、この回限りでKO。西武のワンサイドゲームになるかと思いきや、横浜は5回から反撃を開始。まず先頭の吉村が7号ソロで追撃の狼煙を上げると、ガッツな貴公子・仁志の二塁打の後、内川がタイムリーを放ち、この回2点。続く6回には代打・斉藤俊のタイムリー二塁打で西武先発・帆足をKO。7回には二死一、二塁から金城がタイムリーを浴びせて、1点差に詰め寄ると、8回にはヒットの藤田を一塁に置いて、吉村がこの日2本目となる8号2ランを叩き込み、逆転に成功。9回は抑えの山口が締めて、連敗を阻止。西武は4回以降、毎回チャンスを作りながら、あと一本が出ず、12残塁の拙攻で追加点を奪えなかったのが大きく響いた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:57コメント(0)トラックバック(2)2009 プロ野球 

June 18, 2009

◆S6−5M◆
ヤクルトは初回、デントナのタイムリーで1点を先制。14連勝中の館山だが、1,2回と2人ずつ走者を出す苦しい立ち上がり。ここまでは何とか凌いできたが、3回、一死から大松,井口,橋本将と3連続二塁打を浴びて、逆転を許してしまう。その裏、ヤクルトは宮本のタイムリー内野安打ですかさず追い付くが、依然としてピリッとしない館山は5回、大松に8号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。更に、2四球でピンチを作ると、ベニー松山に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回3失点。いよいよ連勝はストップかと思いきや、その裏、ヤクルトが猛反撃。先頭の青木が二塁打を浴びせると、一死後、ガイエルがタイムリー。更に、宮本,相川も連打で続き、ロッテ先発・大嶺をKO。二死後、館山の代打・森岡がライト前へタイムリーを浴びせると、大松の返球が逸れる間に宮本も一気に同点のホームを陥れ、館山の黒星を消す事に成功。6回以降、両軍必死の継投策で勝ち越し点を許さず、5−5の儘、試合は延長へもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは9回からマウンドに上がっていた守護神・林に対し、二死からランビンが四球,竹原が二塁打,塀内が死球で出て、満塁と絶好のチャンス。しかし、開幕以来自責点0を誇る林は底力を見せて、フクーラを三振に斬って取り、三者残塁。8回以降ヒットが出ずにいたヤクルトだったが、11回、ロッテ6番手・シコースキーに対して、先頭のガイエルがライトスタンドへ10号ソロを叩き込み、サヨナラ勝ちで5連勝。6番手の萩原に今季初白星が転がり込んだ。

◆C3−2E◆
確変が終わって、すっかり神通力が消え失せた広島先発・大竹に対して、2回、ロッテはエラーで出た鉄平が平石のタイムリーで先制のホームイン。5回には平石の四球,嶋のヒットで一、二塁とすると、一死後、渡辺直がタイムリーを放ち、2点目を追加。2点を追う広島はその裏、先頭の喜田が二塁打を浴びせると、二死後、大竹が自らタイムリーを放ち、1点差。7回には喜田,末永の連打で一、三塁とすると、石原がゲッツーに倒れる間に喜田が同点のホームイン。楽天先発・田中はこの回限りで降板となった。試合はその儘、延長に突入。10回からマウンドに上がった守護神・永川に対し、楽天は先頭の憲史がヒットで出塁。しかし、続く渡辺直はピッチャーへの小フライを上げてしまうヘッポコバントをかまし、まず一死。更に、代走で出ていた聖沢が牽制に引っかかる大チョンボ。西谷もショートゴロに倒れて、結局、3人で攻撃終了。すると、その裏、広島は先頭の石原がライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、劇的なサヨナラ勝ち

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:50コメント(0)トラックバック(5)2009 プロ野球 

June 17, 2009

6/17 古城◆G2−1L◆
将来の4番候補と期待されるゴールデンルーキー・大田がついに一軍に初昇格。果たして、大田に出番はあるのかと注目の試合は2回まで3人ずつで片付けていた先発・ゴンザレスが3回に連打でピンチを作ると、栗山にタイムリーを浴びて、先制点を献上。続く4回には7試合で1つしか許していない四球を2つも与えて、一死満塁のピンチを作るが、銀仁朗,涌井と打ち取って、無失点で切り抜ける。1点を追う巨人は6回、先頭のガッツが15号ソロを叩き込み、ようやく同点とすると、7回には守備から途中出場の伏兵・古城が今季初アーチをぶち込んで、勝ち越し。8回に2番手・山口が二死一、二塁とピンチを迎えるも、3番手・越智が代打・上本をセカンドゴロに打ち取り、この場を凌ぐと、9回は三者凡退に斬ってとり、逃げ切った。山口に連夜の6勝目が転がり込み、2年越しの14連勝。注目の大田はタイトゲームだった事もあり、デビューはお預けとなった。

◆D3−1H◆
交流戦連覇を果たしたソフトバンクはその勢いを持続させるかの様に初回から二死満塁のチャンスを作ったが、松田が三振に倒れて、三者残塁。すると、その裏、中日は小久保のタイムリーエラーで拾い物の先制点をゲットすると、ベンちゃんのタイムリー内野安打でこの回2点。5回にはオーティズのタイムリーエラーとまたもタナボタの1点を追加。ソフトバンクは8回、一死から本多が内野安打で出塁。ここで3点差あると言うのに何を血迷ったか、川崎が犠打を敢行。代わった浅尾からオーティズがタイムリーを放ったものの、小久保は三振に倒れて、1点止まり。9回は守護神・岩瀬の前に反撃を断たれ、連勝は3でストップ。中日先発・小笠原は7回2/3を1失点で切り抜け、2勝目をマーク。相次ぐタイムリーエラーと、小笠原の好投に救われ、辛くも白星を拾った中日だが、タイムリーはしみったれた内野安打1本のみで、3併殺を食らうなど、相変わらずの拙攻三昧で、とても手放しで喜んではいられない。この重苦しいムードを打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T5−10F◆
初回、日本ハムは糸井,高橋の連続二塁打で2点を先制。阪神が2回に桜井の一発で応戦すれば、3回、日本ハムは金子誠がタイムリー。その裏、阪神がキュラソ星人のタイムリーで1点を返せば、日本ハムは5回に小谷野が犠飛を打ち上げ、点差を縮めさせない。更に、日本ハムは6回に田中,劇団ひちょりの連続三塁打,高橋のタイムリー二塁打で2点を加え、突き放す。続く7回にも5本の単打を集中し、3点を追加。阪神は8回に桜井のこの日2発目となる4号ソロ等で3点を返したが、焼け石に水。9回にも劇団ひちょりのタイムリーで10点目を失い、ダメを押された。日本ハムは田中の5安打を筆頭に今季最多21安打の猛攻で快勝。先発・八木は6回途中で降板も、大量援護に助けられ、開幕5連勝となった。

◆YB2−4Bs
5連敗中の横浜は吉見を今季初の先発マウンドに送り込むが、2回、ラロッカ,北川,日高と3連打を浴びて、先制を許してしまう。その後は立ち直り、5回まで1失点と試合を作ったが、6回から登板の2番手・真田が塩崎にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。昨日まで28イニング無得点が続く横浜はこの日も偽バファローズ先発・金子の前に5回までゼロ行進だったが、6回、先頭の代打・内藤が三塁打を放つと、続く吉村が6号2ランを叩き込み、34イニングぶりの得点でようやく同点。それも束の間、直後の7回、3番手・カリメロが大村にタイムリー二塁打を許し、勝ち越し点を献上。偽バファローズは8回にも相川のタイムリーで貴重な1点を追加。最後は守護神・加藤が横浜の反撃を断ちきり、今季対横浜4タテを達成。金子は7回2失点で7勝目。横浜は久々の得点をあげるに留まり、連敗は6に延びてしまった。

◆S10−1M◆
初回、飯原の二塁打と野選で無死一、三塁としたヤクルトは青木のセカンドゴロの間に先制。3回には二死走者なしから田中がヒットで出ると、青木が6号2ランを叩き込み、3点目。後半戦に入っても、ヤクルトは攻撃の手を緩めず、6回にはデントナが9号2ラン,7回には田中がタイムリーを浴びせると、8回には相川,武内と2本の2ランでダメ押しの10点目。ロッテは今江のタイムリーで完封を逃れるのがやっとで連勝は3でストップ。一方、ヤクルトはこれで4連勝。先発・由規は6回無失点の好投で4月18日以来の3勝目

◆C2−5E◆
楽天は4回まで毎回安打を浴びせながら、あと一本が出ない。一方、3回まで内野安打1本に抑え込まれていた広島は4回、二死一、二塁から喜田のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。1点を追う楽天は7回、鉄平,山崎武の連打で一、三塁とすると、平石が犠飛を打ち上げ、ついに同点。二死後、代打・憲史がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功すると、8回には草野のタイムリーで1点を追加。その裏、広島は栗原に久々の7号ソロで追い上げたが、楽天は9回に代打・丈武,渡辺直の連続タイムリーで試合を決定付けた。楽天はこれで4連勝。先発・長谷部は6回1失点で4勝目。広島は引き分け1つを挟んで3連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:37コメント(0)トラックバック(12)2009 プロ野球 

June 16, 2009

◆G7−6L◆
西武は3回まで5安打を浴びせながら、6残塁のまずい攻めで一向に先制点を奪えない。その隙に巨人は3回、投手の春風亭半ケツが自らセンター前ヒットを放ち、口火を切ると、坂本の死球等で二死二、三塁のチャンス。ここで寿司職人ラミレスがファースト強襲のタイムリー内野安打を放ち、1点を先制。しかし、直後の4回、西武は二死三塁から片岡がレフトスタンドへ5号2ランを叩き込み、逆転。更に、栗山,中島の連打で1点を追加すると、中村もヒットで続く。これで一気に三塁を蹴った中島だったが、本塁憤死で3点止まり。2点を追う巨人はその裏、松田記者,鶴岡の連続二塁打で1点を返すと、二死一、二塁となった所でキムタクが2号3ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、続くガッツも14号ソロを放り込み、西武先発・石井一をKO。6回には坂本が9号ソロを放ち、7点目。巨人は降雨コールドの可能性を睨んでか、早くも5回から山口を投入。山口が2回をピシャリと抑えると、7回からは越智が登板。7回は三者凡退で切り抜けた越智だったが、8回、古城のエラーでピンチを作ると、一死二、三塁から代打・礒?,片岡と連続タイムリーを浴びて、1点差。しかし、最後は豊田が何とか締めて、辛くも逃げ切り、連敗を脱出。2番手の山口に5勝目がついた

6/16 ソフトバンク交流戦連覇◆D3−4H◆
交流戦優勝マジックを2としているソフトバンクは中日先発・あちゃくらさんに対して、初回、内野安打の本多が捕逸と犠打で三進すると、オーティズの犠飛で先制のホームイン。続く2回には一死一塁から田上がタイムリー二塁打を浴びせて、2点目を追加。交流戦MVPを狙うソフトバンク先発・ホールトンは3回まで1安打無失点の好投を見せていたが、4回、一死から森野に痛打されると、続くブランコに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを被弾し、試合は振り出しに。2−2の儘、迎えた7回、ソフトバンクは先頭の長谷川がヒットで出ると、松田が送って、一死二塁。田上は三振に倒れるも、続く村松がセンター前へタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。7回から攝津アッパーが2回をピシャリと締めると、最後は馬原を投入して逃げ切りを図るも、暴投連発で同点にされてしまい、試合は延長に突入。10回、同点ながらも守護神・岩瀬を投入した中日だったが、二死二塁のピンチを背負うと、代打・森本にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。その裏、ファルケンボーグが締めて、来日初セーブ。西武が敗れた為、ソフトバンクは2年連続の交流戦制覇。中日はタイムリー欠乏症,一発依存症がまたも発症し、あちゃくらさんを見殺しにする暗黒パターンが炸裂。このとてつもない重い空気を変える為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆T4−3F◆
何とか連敗を脱したい阪神だが、先発・ソニックが初回からスタメン復帰の稲葉に9号2ランを被弾し、先制点を献上する苦しい立ち上がり。なおも一、二塁のピンチを迎えたソニックだが、小谷野をゲッツーに仕留めて、切り抜けると、続く2回には三者三振の快投で立ち直りを見せる。すると、その裏、阪神はブラゼルが4戦連続となる5号ソロ。続く3回には一死二塁から関本が同点二塁打を浴びせると、続く新井が9号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。日本ハム先発・武田勝はこの回限りで降板となった。日本ハムは5回、高橋のタイムリー二塁打で1点差と詰め寄るが、阪神は6回から渡辺−ウィリアムス−アッチソンがパーフェクトリレーを展開。9回には満を持して登板した守護神・藤川が三者三振でなで斬り、1点差を守りきって5連敗をストップさせた。藤川は13日ぶりの6セーブ目

◆YB0−1Bs
山本,ウォーランドの両先発がいずれも3回を無失点と上々の滑り出し。0−0で迎えた4回、偽バファローズは先頭の大引が左中間突破の二塁打で出ると、大村の犠打がウォーランドのエラーを誘い、無死一、三塁。ここでラロッカはショートゴロゲッツーに倒れるも、この間に大引が先制のホームイン。この後、偽バファローズは連打で二、三塁とするも、日高が三振に倒れて、1点止まり。その裏、横浜は先頭の吉村が二塁打を浴びせると、二死後、村田が歩いて、一、三塁。続くメカゴジラの打席で日高がボールを弾くのを見て、果敢に本塁をついた吉村だったが、間一髪アウトとなり、同点ならず。続く5回には二死から石川がヒットで出るも、牽制で刺されるチョンボで無得点。6回表、一死二塁の場面で雨が強くなり、試合中断となったが、結局、その儘、降雨コールドとなり、偽バファローズが勝ち逃げ。山本は5回までながら完封で5月20日以来の4勝目。敗れた横浜は5連敗。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:59コメント(0)トラックバック(27)2009 プロ野球 

June 15, 2009

 岩鬼のディレードスチールでようやく1点を先制した東京。先発のわびすけが何とか6回まで無失点で切り抜けると、土井垣は7回からトリオ・ザ・ブルペンへの継投策で逃げ切り体勢に入る。飯島,池田はいずれも三者凡退に斬って取る好投で期待に応え、9回のマウンドには満を持して本領が登場。先頭の栗山にいきなり痛打される本領だったが、これを殿馬がダイビングキャッチするファインプレー。こういう打球がアウトになると言う事で流れが来ているとばかりに土井垣は勝利を確信する。ここからのクリーンアップは皆、一発を狙ってくると読んだ岩鬼は中島に対して、外角のボールで引っかけさせようとするが、岩鬼の読みとは違い、軽打狙いだった中島はコンパクトにライト前へおっつけるヒット。続いて打席に入った中村に対して、岩鬼は内角のボールで詰まらせ、ゲッツーを狙おうとするが、これがボール半分中に入る失投に…。失投を逃さず捉えた中村の打球はレフトスタンドへ突き刺さるサヨナラ2ランとなり、東京は開幕4連敗を喫してしまうのだった。

 リリーフに失敗しているイメージしかない本領がまたも貧乏くじ。栗山に打たれたのは軽打狙いを読めなかった岩鬼のリードミスかもしれんが、中村に打たれたのは本領にも多分に責任があるだろう。土井垣は岩鬼のリードミスの所為にする前に、山田の代わりに自らマスクを被ると息巻いていたくせにたった3試合でど素人捕手に任せてしまう自分を恥じろよな。大体、自ら打席に入った際に、配球もクソもなく、ただ悪球が来るか来ないか(しかもどういう悪球であるかは問題ではない)しかない様な岩鬼に、配球術を期待する事自体が間違っているのだ。結局、東京の先制点は作戦だったのか、偶然だったのか分からず仕舞いだし、岩鬼を4番に入れた意図も見えなかったり、入れた甲斐もあったかだかなかったんだか、何とも消化不良な試合だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:35コメント(0)トラックバック(0)2009 ドカベン 

June 14, 2009

◆H5−1G◆
立ち上がり、制球の定まらないソフトバンク先発・杉内に対し、巨人は一死満塁から松田記者が死球を食らって、押し出しで先制。なおも満塁のチャンスだったが、亀井,阿部と連続三振に倒れて、1点止まり。これで完全に立ち直った杉内は2〜5回まで一人の走者も出さないなど、付け入る隙を許さない。最少の援護しか貰えない中、6回まで無失点と踏ん張っていた巨人先発・東野だったが、7回、一死一、二塁のピンチを作り、KO。ここでマウンドに上がった山口だが、登板過多の影響か、長谷川に死球を食らわせると、松田に同点タイムリーを浴び、降板。代わった3番手・豊田も田上のショートゴロの間に勝ち越し点を献上。8回にはM・中村がオーティズの9号ソロ等で3点を失い、試合を決定付けられた。杉内は1失点完投で6勝目。巨人は今季2度目の3連敗となった。

◆F10−11D◆
壊滅的なチーム状態を顧みず、一向に名手・川相を現役復帰させようとしない落合監督はまたもや川井を先発起用する事でお茶を濁すぬるま湯采配を敢行。しかし、所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変える事が出来ず、初回から6本の単打を集中されて、いきなりの4失点。しかし、川井以上に乱調だったのが、日本ハム先発・糸数。2回にエラー絡みで3点を返されると、3回には二死満塁から英智に2点タイムリーを浴びて、あっさり逆転を許す有様。更に、谷繁を歩かせ、再び満塁となった所で井端,荒木と連続タイムリーで4点を失い、あえなくKO。代わった江尻も森野にタイムリーを浴び、この回7失点。中日は4回にも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが16号ソロを叩き込み、11点目。これで楽勝かと思いきや、川井が6回に金子誠に2ランを被弾。続く7回には山井,8回には浅尾がそれぞれ2点を失い、1点差まで詰め寄られる始末。よもや引っ張り出されるとは思っていなかった岩瀬だったが、9回は3人でピシャリと締めて、辛くも逃げ切り。川井は6回11安打6失点と乱調ながら、無傷の5連勝となった。

◆L4−4C◆
WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸に対して、広島は4回、喜田の今季初アーチで先制。5回まで1安打と素晴らしい投球を見せていた広島先発・前田健だったが、6回、二死満塁のピンチを迎えると、中村に2点タイムリーを浴び、形勢逆転。西武は7回にも銀仁朗のタイムリーで1点を追加。2点を追う広島は8回、西武3番手・岡本慎を攻め、マクレーンの2点タイムリー二塁打で一気に同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。10回、広島は一死二塁から代打・末永のタイムリーでついに勝ち越し。その裏から守護神・永川を投入し、逃げ切りを図るが、二死一、二塁のピンチを背負った永川は礒?にタイムリーを浴び、試合は振り出しに。広島は11回に4安打を浴びせながら、無失点と言う拙攻を展開。西武も12回には無死満塁と絶好のサヨナラのチャンスを掴みながら、後続を断たれ、結局、12回規定でドローとなった。

◆M4−1T
0−0で迎えた4回、阪神は一死からブラゼルの3試合連続4号ソロで先制。更に、この後、葛城イクローの二塁打,鳥谷のヒットで二死一、三塁とチャンスを広げたが、狩野はショートゴロに終わり、1点止まり。阪神先発・安藤は4回まで四球1つ与えただけのノーヒットピッチングを展開していたが、5回、一死から里崎に4号同点ソロを被弾。1−1の儘、迎えた8回、この回からマウンドに上がったウィリアムスが2四球で一死一、二塁のピンチを作り、降板。3番手・アッチソンも代打・竹原に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、続く里崎にはスクイズを決められ、この回3失点。9回からはシコースキーが無難に締めて、今季初セーブ。先発・小林宏は8回1失点の好投でようやく今季初勝利。阪神は2試合続けてブラゼルのソロアーチによる1点しか取れない体たらくで5連敗となった。

6/14 ガイエル◆Bs10−14S◆
初回にガイエルの三塁打で2点を先制された偽バファローズはその裏、ラロッカのタイムリーで1点を返すと、3回には石川の暴投で労せずして同点。追い付かれたヤクルトは5回、青木のヒットを皮切りにガイエルの9号グランドスラム等、四球1つを挟んで11打数連続安打のプロ野球新記録(9打席連続安打はタイ記録)を達成し、一挙10点のビッグイニングを形成。更に、6,7回にも1点ずつ加え、14点目。粘る偽バファローズは5回に1点,7回に5点を返すと、土壇場9回にはフェニックス一輝の犠飛,下山のタイムリーで2点を追加。更に、相川が内野安打で繋ぎ、二死満塁と一発が出れば同点のチャンス。ヤクルトは流石にたまらず、守護神・林を投入。林は代打・日高を2球でセカンドゴロに仕留めて、事なきを得た。先発・石川は6回3失点で7勝目

◆E9−0YB◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、楽天は3回、西谷のスクイズで先制。5回には山崎武が10号ソロを叩き込むと、一死二、三塁からまたも西谷が2点タイムリー。6回には憲史,山崎武,平石の3連打で1点を加え、ハマのチンピラをKO。更に、この後、藤井のタイムリー等で2点を3点を加え、この回4点。7回には山崎武がこの日2本目となる11号ソロをぶち込んで、ダメ押しの9点目。先発・岩隈は6回まで無失点投球で早々とお役御免。7回は有銘が3人で抑えると、8回からはミチル−チルチルと繋ぐ、今季初のチルチルミチルリレーで決まり、完封リレーを達成。楽天はこれで3連勝。岩隈には6勝目がついた。敗れた横浜は4連敗で借金20.

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:55コメント(0)トラックバック(18)2009 プロ野球 

June 13, 2009

◆H3−1G◆
ソフトバンク先発・ジャマーノに対し、巨人は2回、寿司職人ラミレス,阿部のヒットで二死一、三塁とすると、古城がレフト前へ弾き返して、1点を先制。巨人先発・内海の前に、3回までノーヒットと沈黙していたソフトバンクは4回、エラーで出た川崎が二盗を決めると、松中が同点タイムリー。続く5回には一死から松田がレフトスタンドへ2号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。8回には一死から川崎,オーティズと連続二塁打を浴びせて、ダメ押しの3点目。7回途中から攝津アッパー−ファルケンボーグと繋いで、最後は馬原が締める必勝リレーで逃げ切った。ジャマーノは1失点の好投で2勝目をマーク。内海は自責点2で完投したものの、報われず、3連勝ならず。

◆F9−1D◆
ここまで2度の先発で結果が出ていない山本昌。一向に名手・川相を現役復帰させようとしない落合監督のやり口に落胆の色を隠せないのか、初回から糸井のタイムリー二塁打で先制を許すと、続く2回には一死から四球を挟んで4連打で3点を失い、失意のKO。代わった寝損も高橋,スレッジと連続タイムリーを浴び、この回6失点。日本ハムは3回に鶴岡のタイムリー,4回に小谷野の5号ソロで1点ずつ追加。大量援護を貰ったダルビッシュは余裕の投球で8回を無失点に抑え、ハーラートップタイの8勝目。

◆L4−2C◆
2回にゲッツーの間に先制を許した西武だが、その裏、二死満塁から片岡が2点タイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。続く3回には先頭の中島が四球を選ぶと、二死後、G.G.佐藤が10号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う広島は4回、連打で無死一、二塁とするも、マクレーンがゲッツーでチャンスを潰し、5回には二死から連打と四球で満塁とするも、赤松が倒れて、三者残塁。更に、6回には無死一、二塁としながら、今度は嶋がゲッツーと拙攻三昧。7回に東出の犠飛でようやく2点目をゲットするも、最後は小野寺に反撃を断たれた。西武はこれで4連勝。先発・帆足は再三ピンチを背負いながら、6回を1失点で切り抜け、3勝目

◆M9−1T
阪神は1,2,3回と立て続けに得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず仕舞い。一方、1イニング15点の大爆発で打線が乗ってきたロッテは3回、二死二、三塁らか井口,里崎のタイムリーで3点を先制。続く4回には大松の2点二塁打,橋本のタイムリーで3点を加えると、5回には今江の犠飛で7点目。7回には逸し満塁から大松が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。阪神はブラゼルの3号ソロで完封を逃れるのが精一杯で4連敗。直前の4連勝を完全に帳消しにしてしまった。ロッテ先発・小野は8回1失点の好投で3勝目

6/13 相川◆Bs1−3S◆
偽バファローズは初回、一死一、二塁からラロッカのタイムリーで先制。しかし、直後の2回、ヤクルトはガイエルの四球,宮本の二塁打で二死二、三塁とすると、相川が移籍初アーチとなる3ランをぶち込んで、逆転に成功。偽バファローズは8回、ヤクルト4番手・五十嵐に対し、二死から大引,大村と連打を浴びせ、一発逆転の場面で先制タイムリーのラロッカに繋いだものの、ラロッカは三振に倒れて、二者残塁。ヤクルトは9回から守護神・林を投入。林は三者凡退に斬って取り、逃げ切った。先発・ユウキは古巣相手に5回1失点で2勝目

◆E4−0YB◆
2回、楽天は横浜先発・グリンの制球難をついて、二死満塁とすると、嶋が押し出し四球を選んで先制。なおも満塁のチャンスで渡辺直がセンター前へ2点タイムリーを放ち、この回3点。グリンは3回以降立ち直り、7回まで追加点を許さない好投を見せるが、8回、2番手・吉見にスイッチするや、代打・丈武,草野と連続二塁打を浴びて、致命的な4点目を献上。楽天先発・永井は散発2安打、三塁も踏ませぬ快投を展開し、今季初完封で4勝目。楽天は5月6日以来の連勝となったる

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(2)トラックバック(13)2009 プロ野球 

June 12, 2009

 血行障害が発症しながら投げ続ける吾郎はファールで粘られた末に、自己最速101マイルの速球で空振り三振に仕留めると、自らマウンドを降りる。キーンは常識の範疇を超えた吾郎の行動を揶揄しながらも、「ジャパニーズサムライらしい責任の取り方だった」と賛辞を送り、必ず故障を完治させて復帰しろと檄を飛ばすのだった。ベンチに戻った吾郎は痛みの余り、ベンチ裏で昏倒し、その儘、気絶してしまう。病院で目を覚ました吾郎はブレーキだったマードックがサヨナラアーチを放ち、ホーネッツが25年ぶりの地区優勝を果たした事を聞かされるのだった。手術をすれば、来季には復帰出来ると診断された吾郎は故障を押しての力投が報われた嬉しさと、プレーオフに出られない悔しさと、シャンパンファイトを味わえない寂しさが入り交じる複雑な心境を覚えていたが、そこへホーネッツナインが乱入。吾郎の為に病室でのシャンパンファイトを強行するのだった。

 血行障害発症で101マイル…って、流石に、これは行き過ぎだろう。あまりにも漫画チックである。まぁ、実際、漫画だけどさ…。8点差をあっさり追い付いた段階で十二分に漫画チックな流れだったんだから、今更、何を言うかって感じかね。茂野が「大事に至らなければいいが…」みたいな事を言っていて、緊張感を煽りながら、プレーオフを棒に振る程度で済んだと言うのも、破滅的展開を願っていた訳ではないけれど、何となく拍子抜けしてしまった感も否めない。ギブソン親子との再戦が来年以降に延びてしまったのも残念だが、これは血行障害が発覚した時点で望むべくもない展開だったから仕方ない。とは言え、また来年も普通にペナントレース…なんて、まさかやらないよな? かと言って、2度目のW杯…ってのも、微妙だし、そろそろ清水と結婚して子供作って、数年後…みたいな感じでエピローグに向かう事もありえなくはないかも…。個人的には小森が再び吾郎の恋女房になる展開を切に願うばかりだが、NPBはともかく、メジャー入りは流石にキツいよなぁ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:53コメント(0)トラックバック(0)2009 MAJOR 

June 11, 2009

◆Bs4−2G◆
開幕から6戦6勝のゴンザレスが伝説の大投手・沢村の球団記録更新を賭けて7度目の先発登板。初回に寿司職人ラミレスのタイムリーで先制して貰ったゴンザレスだが、その裏、先頭の坂口にいきなり四球を与え、開幕以来続けてきた連続イニング無四球記録が41回1/3でついにストップ。この後、犠打とボークで三進を許すと、大村に犠飛を浴びて、試合は振り出しに。続く2回には二死一塁から塩崎に2号2ランを被弾。5回には坂口にタイムリー二塁打を浴びて、4点目を献上。金子相手にヒットは出るものの、連打が出ず、追加点を奪えない巨人は6回、寿司職人ラミレスの10号ソロでようやく2点目。しかし、7回からは菊地原−香月−加藤と繋ぐリレーの前に無得点に終わり、万事休す。ゴンザレスは完投したものの序盤の失点が響き、今季初黒星。偽バファローズは連敗を7で止め、6月になってようやく初勝利。金子は6回2失点で6勝目を飾った。

◆E3−1D◆
相変わらず、好投の味方投手を見殺しにする事にご執心の中日は初回無死一塁,2回二死一塁,3回一死一、二塁と先制のチャンスを悉く逸する体たらく。一向に先制点を奪う気配のない不甲斐ない味方打線に川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない吉見は3回、今季初スタメンの平石に三塁打を浴びると、一死後、渡辺直に痛打され、先制点を献上。二死後、中村真にタイムリー二塁打を浴び、この回2失点。7回には平石にタイムリー三塁打を浴び、手痛い3点目を献上。中日は8回から代わった小山から連続四球を選ぶと、3番手・有銘からも四球を拾って、ノーヒットで無死満塁の大チャンス。しかし、ここで代わった青山の前にブランコは三振。続くベンちゃんが犠飛を打ち上げ、ようやく1点を返すも、デラロサは三振に倒れて、結局、1点止まり。9回は三者凡退に終わり、結局、3失点完投の吉見を見殺しする有様。怒濤の拙攻三昧に投手陣のモチベーションは下がる一方で、この絶望的な状況を打破する為にも一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所である。悪の温床・楽天は泥沼の連敗がようやく6でストップ。先発の田中は7回無失点でハーラー単独トップに踊り出る8勝目

◆H3−6S◆
ソフトバンク先発・大場が立ち上がりから全く制球が定まらない。いきなり先頭の福地を歩かせた初回はゲッツーで切り抜けたが、続く2回、二死走者なしから連続四球でピンチを作ると、相川にタイムリーを浴び、先制点を献上。3回にも二死から3連続四球で満塁のピンチを迎えた所で、あえなくKOとなったが、代わった佐藤が宮本を三振に斬って取り、何とか凌ぎ切る。その裏、ソフトバンクは先頭の松田が今季初アーチを叩き込み、同点。しかし、直後の4回、ヤクルトは一死一塁から川島慶の三塁打,福地の犠飛で2点を勝ち越し。5回には無死一、三塁からゲッツーの間に4点目を追加。3点を追うソフトバンクはその裏、一死から松田が歩くと、続く田上が10号2ランを放り込み、1点差。突き放しておきたいヤクルトは7回に相川,8回にはガイエルのタイムリーで1点ずつ追加。8回からは五十嵐−林と繋ぐ必勝リレーで逃げ切った。先発・館山は7回3失点で2年越しの14連勝

6/11 今江◆M23−2C
連続無失点が止まって以来、すっかり下降線を辿っている大竹はこの日も乱調。2回に末永のタイムリー二塁打で2点を先制して貰ったにも拘わらず、その裏、早坂の2点三塁打であっさり同点とされると、続く3回には一死満塁から暴投をかまして、やらずもがなの勝ち越し点を献上。更に、里崎を歩かせると、二死満塁となった所で今江に3号グランドスラムをぶち込まれ、失意の7失点KO。ロッテは6回、14安打を集中する打者二巡20人の猛攻でプロ野球新記録となる1イニング15点を獲得。7回にもダメ押しの1点を加えて、今季両リーグ最多となる計23安打23得点で圧勝。十分過ぎる援護を貰った先発・清水は今季初完投で2勝目を飾った。

◆L6−5T◆
2回、狩野のタイムリーで先制された西武だが、その裏、無死満塁から銀仁朗のピッチャーゴロの間にまず同点。更に、二死満塁となった所で栗山が走者一掃のタイムリー三塁打,中島がタイムリーで続き、この回、大量5点。4点を追う阪神は直後の3回、新井が8号2ラン。5回に1点を返されるも、6回、ブラゼルが古巣相手に2号2ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、7回から登板したミッチーが2回をパーフェクトリリーフ。9回からは小野寺が3人でピシャリと締め、西武が1点差を守りきった。先発のワズディンは6回5失点と不本意な内容ながらも、打線の援護に恵まれ、2勝目をマーク

◆F9−3YB◆
日本ハムは初回、二死走者なしから、負傷欠場の稲葉に代わって3番に入った糸井が二塁打を放つと、続く高橋がタイムリーを放って、1点を先制。3回には一死二、三塁から糸井がタイムリーを浴びせると、高橋が歩いて満塁となった所で小山田がボークを犯し、3点目。更に、小谷野が歩いて、再び満塁となった所で小山田はあえなくKO。代わった吉見に対して、ミスタースナイパー・坪井はセカンドゴロに倒れるも、北川がタイムリーエラーを犯して、またまたタナボタの1点を追加。なおも満塁の場面で呪われた助っ人・ボッツが今季初アーチとなるグランドスラムをぶち込んで、この回、一挙7点のビッグイニングを形成し、早くも試合を決定付けた。横浜は6回に3点を返したものの、今季初登板となる小山田の先発起用と言う奇襲による序盤の大量失点が大きく響く格好となった。日本ハム先発・スウィーニーは6回途中まで3失点で5月14日以来の2勝目

 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:52コメント(1)トラックバック(29)2009 プロ野球 

June 10, 2009

◆Bs1−5G◆
3年ぶりの先発となる本柳に対して、。巨人は初回一死から松本が二塁打を浴びせると、続くガッツが先制タイムリー。続く2回には一死一、二塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、本柳はこの回限りで降板。一方、その裏、偽バファローズは巨人先発・グライシンガーに対して、フェルナンデス,日高と連打を浴びせて、無死一、三塁とするも、相川のゲッツーの間に1点を返すのが精一杯。1−3の儘、迎えた6回、巨人は一死一塁から鶴岡,古城,坂本,松本と怒濤の4連打を浴びせて、2点を追加し、ダメ押し。グライシンガーは8回を5安打1失点の好投で5月14日以来となる6勝目。巨人はこれで5連勝、敗れた偽バファローズは7連敗となった。

◆E1−15D◆
泥沼の連敗モードに入りつつある楽天だが、この日も先発・ラズナーが大乱調。初回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコに17号3ランを叩き込まれると、続く2回には一死満塁から荒木にタイムリーを浴びた所であえなくKO。代わった井坂もピリッとせず、二死満塁から3連続タイムリーを浴び、この回、悪夢の6失点。完全に戦意を喪失した楽天相手に中日は着々と加点。終盤にも川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにブランコがこの日2本目となる18号ソロを放つなど、ダメを押し、計18安打15点。大量リードを貰った先発の小笠原は8回を1失点で今季初勝利。楽天はこれで6連敗となってしまった。

◆H4−2S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは二死走者なしから青木がヒットで出ると、続くガイエルが8号2ランを叩き込み、2点を先制。その裏、ソフトバンクはオーティズの8号ソロで1点を返すと、6回には2四球で二死一、二塁とした所で本多が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、逆転に成功。8回には長谷川の3号ソロでダメ押しの1点を追加。最後は守護神・馬原が2安打を浴びながらも、後続を断って、逃げ切った。先発の藤岡は粘りの投球で6回を3失点で切り抜け、2勝目

◆M0−2C
ロッテ先発・渡辺俊は初回、簡単に二死を取りながら、赤松,栗原と連打を浴びると、マクレーンを歩かせ、満塁のピンチ。ここで喜田にライト前へ弾き返されて、2点を献上。2回以降は立ち直った渡辺俊だが、登板試合には全く打線の援護を得られないお決まりのパターンにハマってしまう。広島先発・ルイスは初回二死満塁,2回一死一、二塁,3回無死一塁,4回二死満塁と再三再四のピンチをしぶとく耐え凌ぐと、5,6回は3人ずつで打ち取り、リリーフにバトンタッチ。7回からは横山−シュルツがそれぞれ1回をノーヒットに抑え、9回からは守護神・永川が登場。永川はいきなり連打を浴びて、一発が出ればサヨナラのピンチを迎えたが、ここから今江,代打・橋本将,サブローと打ち取って、完封リレーを達成。6回無失点のルイスは4勝目

6/10 岩田◆L4−3T◆
初回、阪神は新井がライトスタンドへ7号ソロを放り込み、先制、しかし、その裏、西武は一死から栗山が二塁打で出た後、中島が8号2ランを叩き込み、一気に逆転。1点を追う阪神は3回、2つの四球で二死二、三塁とすると、キュラソ星人がセンター前へ2点タイムリーを放ち、再逆転。再び追いかける展開となった西武は6回、二塁打の片岡が栗山の犠打で三進すると、中島のショートゴロの間に同点のホームイン。3−3の儘、迎えた土壇場9回、阪神2番手・アッチソンが一死から平尾に四球,G.G.佐藤にヒットを許し、一、三塁とされると、佐藤を敬遠して、満塁のピンチ。ここで代わった3番手・ウィリアムスだったが、代打・大崎にストレートの四球を与え、痛恨の押し出しでサヨナラ負けとなった。今季初登板となった先発・岩田が8回途中まで3失点と及第点の投球で復活をアピールしたのは明るい材料か。西武先発の涌井は10三振を奪っての完投で7勝目をマークした。

◆F5−3YB◆
日本ハムは2回、四球にエラーとノーヒットで先制すると、3回にも3四球等、ノーヒットで1点を追加。2点を貰った先発・八木は5回まで3安打無失点と横浜打線を翻弄していたが、6回、二死二塁から村田に10号2ランを被弾し、追い付かれてしまう。2点を取っているものの、6回まで1安打と沈黙していた日本ハムは7回、鶴岡のヒット,金子誠の四球で一、二塁とすると、田中が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く劇団ひちょりもタイムリーを浴びせて、5点目を追加。8回からは建山−武田久と繋ぐ必勝リレーを展開。武田久は代打・内藤にタイムリー二塁打を浴び、開幕以来初の自責点がついたものの、大事には至らず、逃げ切りに成功。3番手・宮西は3勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:02コメント(0)トラックバック(17)2009 プロ野球 

June 09, 2009

 MLB使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸の前に4回までパーフェクトと抑え込まれている東京は5回、4番に入った岩鬼が先頭打者として登場。パーフェクトまであと15人とか思っているだろうと野次を飛ばされ、微かにパーフェクトへの色気を出していた岸は動揺したのか、初球、いきなり岩鬼の左足首へ死球を食らわせてしまう。これを見たナベQは岩鬼が普段していないチップカバーを装着して打席に入っていた事を理由に、わざと当たりに行ったと猛抗議。しかし、主審は踏み込んで打ちに行った為によけられなかったとナベQをつっぱねるのだった。続いて打席に入った土井垣は好調・岸からの連打は困難と判断したか、最初からバントの構えを見せるが、三塁前へ小フライを上げてしまう。このヘッポコバントに、中村はショートバウンドで捕球し、ゲッツーを狙うが、岩鬼はハナからワンバウンドで捕ると予測していたのか、単に打球を見ていなかっただけなのか、躊躇せずに二塁へ向かっていた。まさかの展開に一瞬、硬直してしまった中村は一塁への送球も遅れて、オールセーフを許してしまう。続く義経が送って、一死二、三塁となった所で土井垣は星王にセーフティスクイズを指示。しかし、星王はこれをあえなく空振り。セーフティスクイズの為、岩鬼は飛び出していなかったが、二塁走者の土井垣が飛び出して、牽制で刺されてしまう大チョンボ。すると、この隙に岩鬼がスタートを切り、うまくタッチをかわすスライディングで先制のホームを陥れる。星王の空振りや、土井垣の飛び出しも全てこの為に張った伏線なのか、相次ぐミスをカバーした岩鬼の好判断なのか、計りかねるナベQは混乱する一方だった。

 相変わらず、いい加減な話だ。岩鬼が来るかどうかも分からない足下へのボールが来ると言う僅かな期待に賭けて、普段していないチップカバーを装着してまで死球を稼ぎに行く辺りからして、違和感たっぷりである。これはもう無理矢理にでも死球を掠め取る機会を窺うしか岩隈に抗う術はないと言う極めて消極的な姿勢であり、岩鬼の様な性格の人間がたかだか5回表で仕掛ける様な戦法ではない。しかも、足下のボール=悪球な訳であり、何でわざわざ岩鬼が悪球を見逃してまで、死球を掠め取る必要があると言うのか? インケツパワーが炸裂しまくる土井垣のヘッポコバントは勿論、故意な筈はなく、岩鬼が打球を見ずに進塁するのも計算ではなく単なる天然の可能性が大であり、これはラッキー以外の何物でもない。星王の空振り&土井垣のオーパーラン&岩鬼の本塁突入が作戦だったとしたら、ノムさんなら「バッカじゃなかろか、ルンバ」とでも言いそうな超ギャンブルプレーである。まぁ、行き当たりばったり采配の土井垣ならやってもおかしくないが…。仮に、作戦だとしても、土井垣は二、三塁間に挟まれればいいものの、単純にバックして、刺されるインケツぶり。下手すれば、一瞬にして二死走者なしに変わってしまう大チョンボになりかねなかった。それにしても、一死二、三塁でこんなプレーをやらされるなんて星王への打者としての信頼感は壊滅的に低いんだろうな。トリックプレーでなく、普通にセーフティスクイズだったとしても、強攻策に対する期待度はゼロに近い訳で…。そんなにアテにならないなら、フォアマンを使えよ、フォアマンを! あるいは、ケガしてても山田の方が遙かにマシなんじゃないのか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:53コメント(0)トラックバック(0)2009 ドカベン 

June 08, 2009

◆G8−3E◆
今季、巨人相手に白星のない楽天は何とか一矢報いたい所だったが、いきなり坂本に8号先頭打者アーチを浴び、先制点を献上。しかし、直後の2回、二死一、二塁から投手の長谷部がプロ初打点となるタイムリーを浴びせて同点。1−1で迎えた4回、巨人は松田記者の2号ソロ,亀井の5号ソロと連続アーチが飛び出して、2点を勝ち越し。5回には寿司職人ラミレスが9号ソロを叩き込み、4点目。ここまでソロ4発と一発攻勢が続いていた巨人だが、6回には阿部の史上253人目となる通算1000安打などで二死一、二塁とすると、代打・李が5月24日以来、実に36打席ぶりのヒットとなる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。7回には亀井がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、ダメ押しの8点目をあげ、4連勝。先発の春風亭半ケツは8回途中まで3失点で4勝目。2番手・豊田に今季初セーブがついた。敗れた楽天は今季の対巨人4戦全敗となり、今季初の5連敗となった。

◆D3−5L◆
相変わらず、好投の投手を見殺しにする気満々の中日は初回無死一、二塁,2回二死一、二塁のチャンスを潰す怒濤の拙攻三昧。最早、川相不在では一発に賭けるしかないと言う思いを強くしたブランコは3回に16号ソロをぶち込んで、1点を先制するが、以降は4,5回とヒットすら出ない有様。一向に追加点をあげてくれる気配のない不甲斐ない打線に辟易としながらも、5回まで1安打と踏ん張っていたあちゃくらさんだったが、6回一死から突如、制球を乱して、3連続四球で満塁のピンチ。ここで中村に2点タイムリーを浴び、逆転を許すと、続く礒?に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、失意のKO。中日は7回に森野のタイムリー内野安打,8回に谷繁のタイムリーで1点差まで追い上げたが、西武は9回に2四死球に佐藤の犠飛とノーヒットでダメ押しの5点目を追加し、試合を決定付けた。WBC使用球はからっきしだが、NPB使用球ならお手の物な岸は7回途中まで2失点でハーラートップタイの7勝目

◆T1−8H◆
阪神先発・ソニックの前に3回まで1安打に抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、一死から川崎の四球,オーティズの二塁打で二、三塁とすると、二死後、ハマのスペランカーが4号3ランを叩き込み、3点を先制。6回には4長短打を集中し、大量5点のビッグイニングを形勢。ソフトバンク先発・ホールトンは5回までパーフェクトの快投を展開。6回に内野ゴロの間に1点を失ったものの、リズムを崩す事なく、投げ続け、今季初完投で5勝目をマーク。阪神の連勝は4でストップした。

◆C6−5Bs
初回、フェルナンデスの犠飛で先制された広島は4回、赤松,栗原,マクレーンの3連打で追い付くと、一死二、三塁となった所でルパン廣瀬がタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。しかし、直後の5回、偽バファローズは一死一、二塁から坂口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に同点。3−3で迎えた8回、広島は一死から梵の四球,東出の内野安打で一、二塁すると、赤松のタイムリーでようやく勝ち越し。更に、二死満塁となった所で代打・緒方が2点タイムリーを放ち、ダメ押し。偽バファローズは9回、守護神・永川を攻め、代打・北川のタイムリー,坂口の犠飛で1点差まで詰め寄ったが、最後は代打・相川が三振に倒れて、あと一歩及ばず、6連敗。広島3番手のシュルツが2勝目をマーク

◆S4−3F◆
ヤクルト先発・石川に対し、4回まで毎回安打を浴びせるなど、押せ押せで試合を進めながらも、どうしても先制出来ない日本ハム。報われない好投で続く糸数はこの日も5回まで1安打に抑えながら、援護を貰えずにいるうちに、6回に無死満塁のピンチからガイエルに2点タイムリーを浴びた所でKO。ヤクルトは更に、この後、1点を追加し、3点のリード。追いかける展開となった日本ハムは7回、こちらも無死満塁とすると、金子誠のタイムリーで1点を返し、石川をKO。代わった松岡から二死後、田中が2点タイムリーを放ち、試合は振り出しに。一気に畳み掛けたい日本ハムだったが、8回二死一、二塁,9回二死二塁と勝ち越しのチャンスを相次いで逃してしまう。その裏、ヤクルトはこの回から代わった建山に対し、先頭の相川が二塁打を浴びせると、途中から守備に入っていた武内がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。9回に同点ながらマウンドに上がっていた林に今季初勝利がついた。

6/8 北川◆YB4−3M◆
横浜は3回まで3安打を浴びせながら、詰めの甘い攻撃で先制点を奪えない。先発のハマのチンピラは3回まで6三振を奪ってのパーフェクトピッチングと素晴らしい立ち上がりを見せていたが、4回、先頭の早坂に初安打を浴びると、フクーラに犠打を許した後、大松に7号先制2ランを被弾。5回には一死二塁から今江にタイムリーを浴び、3点目を献上。粘りの投球を続けていた大嶺だったが、5回、連打と死球で一死満塁のピンチを迎えると、北川にプロ初アーチとなるグランドスラムをぶち込まれ、一気に形勢逆転。横浜は7回から木塚−吉見−山口と繋いで、1点のリードを守りきり、泥沼の連敗を7でストップさせた。ハマのチンピラは6回3失点で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:35コメント(0)トラックバック(21)2009 プロ野球 

June 07, 2009

◆G3−2E◆
3連敗で借金生活の危機に瀕している楽天だが、巨人先発・東野の前に3回までノーヒットと沈黙。4回、草野,鉄平の連打で無死二、三塁とすると、二死満塁と場面が代わった所でノムさんは早くも勝負に出て、3回まで無失点投球を見せていた有銘に代打・中村紀を投入。しかし、中村紀は初球を簡単に打って、セカンドフライに終わり、三者残塁。すると、その裏、代打を出された有銘に代わる2番手・佐竹が阿部に10号2ランを被弾し、先制点を献上。巨人は7回からM.中村を投入するが、これが裏目。一死から山崎武,草野,鉄平とクリーンアップの3連打で1点を返され、あえなくKO。楽天はこの後、更に、四球と野選で同点に追い付き、なおも満塁とチャンスを広げるが、嶋,代打・藤井と倒れて、同点止まり。追い付かれた巨人は8回、先頭のラミレスが二塁打で出ると、代走・鈴木が代打・松本のセカンドゴロで三進。ここで亀井がライトへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。粘る楽天は土壇場9回、守護神・クルーンに対し、無死一、二塁と一打逆転のチャンスを作るが、ここから嶋,代打・牧田,渡辺直と三者連続三振に斬って取られて、万事休す。楽天は17残塁の大拙攻で今季初の4連敗を喫し、今季初の借金生活に突入した

◆D4−2L◆
連日、川相不在を痛感させる不甲斐ない試合が続く中日だが、それでも名手・川相の現役復帰に動こうとしない落合監督は川井の先発起用でお茶を濁そうとするお得意のぬるま湯采配。所詮、カワイであって川相ではない川井ではチームの空気を変えるには至らなかったが、幸か不幸か、この日は西武先発・帆足が乱調で初回、森野,ブランコ,平田のタイムリーで3点を先制すると、2回には荒木のタイムリー二塁打で4点目。しかし、3回以降はチャンスを作っては残塁を量産する一方と言う十八番の拙攻三昧で追加点が奪えない。4回まで無失点で踏ん張っていた川井だったが、5回、銀仁朗,代打・三浦と連打を浴びて無死二、三塁のピンチ。ここで片岡に犠飛を許すと、二死後、中島にタイムリーを浴び、2失点。土壇場9回、守護神・岩瀬は代わりばなG.G.佐藤を歩かせると、二死後、代打・江藤に二塁打を浴びて、二、三塁と一打同点のピンチ。しかし、最後は片岡をサードゴロに仕留めて、辛くも逃げ切った。西武の連勝は5でストップとなり、再び借金生活に逆戻り。

6/7 金本◆T4−3H◆
ソフトバンク先発・杉内に対し、阪神は初回、二死走者なしから関本が歩くと、キュラソ星人,新井,ブラゼルの3連打で2点を先制。一方、ソフトバンクは直後の2回、先頭の長谷川がヒットで出ると、一死後、田上が2試合連続の9号2ランを叩き込み、一気に同点。2−2の儘、迎えた6回、ソフトバンクは先頭の小久保がレフトスタンドへ7号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。7回からは攝津アッパー−ファルケンボーグと繋いで、9回から馬原を投入する必勝リレーを展開。これに対して、阪神は先頭の代打・林,鳥谷と連打を浴びせると、一死後、代打・悠久の若虎・桧山が四球を選び、満塁のチャンス。ここでキュラソ星人がライト前へ2点タイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ちで今季初の4連勝。3番手のウィリアムスに今季初白星が転がり込んだ。一方、馬原は今季初黒星。

◆C6−1Bs
0−0で迎えた4回、広島は二死走者なしからマクレーンの3号ソロで先制。直後の5回、フェルナンデスのタイムリー二塁打で追い付かれるも、その裏、一死から斉藤,梵と連打を浴びせると、二死後、赤松が走者移送のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、栗原が歩いた後、喜田,マクレーンと連続二塁打で6点目を奪い、偽バファローズ先発・平野をKO。直後の6回、偽ハンカチ王子・斉藤が連続四球でKOとなるも、代わった林が後続を断ち切り、7回からは横山−シュルツ−永川とパーフェクトリリーフで偽バファローズの反撃を断ちきった。斉藤は6回途中1失点で4勝目

◆S0−3F◆
ヤクルト先発・川島亮は5回まで1安打の快投を見せるも、味方打線が日本ハム先発・武田勝の前に4回までパーフェクトと沈黙。5回に畠山,田中のヒットで一死一、二塁と初のチャンスを掴むが、ここで田中がサードゴロゲッツーに倒れて、先制ならず。すると、直後の6回、日本ハムは2四死球で二死一、二塁とした所で稲葉,高橋と連続タイムリーを浴びせて、ついに均衡を破る2点を先制。8回には一死一、三塁の場面で高橋が犠飛を打ち上げ、貴重な1点を追加。ヤクルトは8回二死から代打・ユウイチが二塁打を放ったものの、代打・川端がライトフライに打ち取られ、無得点。9回は抑えの武田久に3人で打ち取られ、完封負け。武田勝は8回途中まで2安打無失点の好投で3勝目

◆YB7−9M◆
横浜先発・グリンが初回から大乱調。一死から連打を浴びた後、3連続四死球を許して、押し出しの2点を与えると、なおも満塁の場面でランビンにグランドスラムをぶち込まれ、いきなりの6失点。大量ビハインドとなった横浜だが、その裏、金城が5号先頭打者アーチを叩き込むと、4回には内川,メカゴジラがソロアーチ。5回に1点ずつ取り合った後、6回には代打・新沼のタイムリーで2点差まで追い上げる。しかし、この後、二死一、二塁のチャンスを潰すと、7回にも二死一、二塁のチャンスを逃し、あと2点が届かない。一方、ロッテは9回に大松がこの日2本目となる6号2ランを放ち、ダメ押し。横浜はその裏も村田の9号2ランで2点を返す粘りを見せたものの、あと一歩及ばず、今季ワーストの7連敗。ロッテ先発の成瀬は5回4失点ながら、打線の援護に助けられ、4勝目。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:14コメント(0)トラックバック(48)2009 プロ野球 

June 06, 2009

6/6 ラミレス◆G3−2F◆
巨人先発・内海に対して、日本ハムは2回一死から小谷野,糸井の連続二塁打で1点を先制。6回には先頭の稲葉がライトスタンドへ2試合連続の8号ソロを叩き込み、2点目を追加。日本ハム先発・ダルビッシュの前に5回まで1安打と完璧に抑え込まれていた巨人だが、6回一死から内海の代打・工藤のヒットを皮切りに反撃を開始。続く坂本のヒットで一、三塁となった所で松本,ガッツ,寿司職人ラミレスと3連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転に成功。日本ハムは8回、巨人3番手・山口を攻め、一死から稲葉,高橋と連打。更に、小谷野もセンター前へ弾き返したが、同点を狙った稲葉が本塁憤死。なおも一、二塁のチャンスで先制タイムリーを放っている糸井が打席に入ったが、セカンドゴロに倒れて、二者残塁。土壇場9回、巨人は守護神・クルーンを投入。いきなり金子誠を歩かせ、不安を覗かせたクルーンだったが、鶴岡に犠打を許した後、代打・稲田のピッチャーゴロで金子誠を挟殺。この後、稲田に二盗を許し、またまた一打同点のピンチとなったが、最後は田中を三振に斬って取り、逃げ切りに成功。6回の投球だけが悔やまれるダルビッシュは完投するも、開幕戦以来の黒星となり、自身の連勝は7でストップ。ワンチャンスを生かした味方の攻撃に救われた内海は6回2失点で2勝目を飾った。

◆D4−4M◆
山本昌に唐川と二回り年齢が違う対決となったこの試合。中日は2回に一死二、三塁から小山のタイムリーで2点を先制。4回には一死一、二塁のチャンスを作るが、小山,山本昌と連続三振に倒れて、二者残塁とし、唐川を立ち直らせてしまう。4月12日以来の登板となる山本昌は一向に追加点をあげる気配のない味方打線に辟易としながらも、6回まで無失点と粘っていたが、7回一死から3連打を浴びて、満塁のピンチ。堀はセカンドフライに打ち取ったものの、唐川の代打・田中雅に2点タイムリーを浴び、同点。なおも一、二塁のピンチで早坂に走者一掃のタイムリー二塁打で2点を勝ち越された所で、無念のKOとなった。2点を追う中日は土壇場9回、二死満塁から森野の2点タイムリーで一気に同点。なおも一、三塁とサヨナラのチャンスだったが、ここで代わった小林宏の前にブランコがピッチャーゴロに倒れて、同点止まり。延長に入ってから、中日は11回に一死一、三塁,12回に一死一、二塁と相次ぐサヨナラのチャンスを悉く潰し、結局、12回規定でドローとなった。相変わらず、12残塁と詰めの甘い攻撃で勝てる試合を逃してしまう有様に、名手・川相の現役復帰を待望する声はますます強まる一方だ

◆C1−11H◆
広島先発・大竹は連続無失点記録が途絶えた事で緊張感が薄れたのか、立ち上がりからピリッとせず、初回、オーティズのタイムリー,小久保の6号2ランで3点を先制されると、続く2回にも4長短打で3点を失い、あえなく6失点KO。畳み掛けるソフトバンクは3回にはジャマーノのタイムリー二塁打,5回には田上の8号ソロで1点ずつ加えると、6回にはハマのスペランカーの3号2ラン等で3点を奪い、11点目。7回表、先頭の田上がこの日4本目のヒットを放った所で雨が強くなり、2試合連続のコールドゲームとなった。初先発となるジャマーノは6回まで散発2安打1失点の好投で来日初勝利

◆S5−1E
交流戦に入ってから不本意な投球が続く岩隈はこの日も初回から青木に先制5号ソロを被弾。4回には二死二塁から宮本にタイムリーを浴び、2点目を献上。6回には一死一、二塁から宮本,田中と連続タイムリーを許すと、7回には福地に今季初アーチを叩き込まれ、5失点KO。一方。、ヤクルト先発・ユウキは5回まで散発2安打無失点の好投を展開。6回に一死二塁のピンチを迎えた所で降板となった後、2番手・松岡が渡辺直にタイムリーを許したが、後続を断ち切ると、8回から五十嵐−林と繋ぐ必勝パターンで楽天の反撃をかわした。ユウキは偽バファローズ時代以来2年ぶりの白星。楽天は今季2度目の3連敗でついに貯金が消滅。岩隈は4年ぶりの3連敗となった。

◆T7−0Bs◆
昨年まで同僚だったボーグルソンに対して、阪神は3回、ヒットの狩野が二盗を決めると、シャア少佐がレフト前へ先制タイムリー。続く4回には一死から新井,ブラゼル,林,狩野,福原と5連打で3点を奪い、ボーグルソンをKO。5回にも1点を加えた阪神は6回無死一、二塁から福原が2点タイムリーを浴びせて、7点目。ブラゼル効果が出ているのか、阪神は先発全員安打で3連勝。先発の福原は投げては5安打完封,打っては2安打3打点の活躍で3勝目をマークした。

◆YB7−12L◆
西武の一発攻勢が序盤から炸裂。初回、中島のタイムリー二塁打で先制した後、中村が19号3ランを叩き込み、この回4点。続く2回には銀仁朗の2号ソロ,栗山の6号ソロで2点を追加。3回にはG.G.佐藤の犠飛で7点目を追加。一方、横浜は内川,吉村のソロアーチなど、地味に追い上げを見せる。3−8で迎えた8回、横浜は中島のエラーをきっかけに村田のタイムリーで1点を返すと、吉村がこの日2本目となる5号3ランを叩き込み、1点差まで詰め寄った。しかし、直後の9回、西武は栗山のこの日2本目となる7号2ランを放つなど、一気に4点を取り返し、試合を決定付けた。西武は引き分けを挟んで5連勝となり、5割復帰。先発の石井一は7回3失点で3勝目。一方、早くも自力Vが消滅している横浜は連敗を6と伸ばした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(29)2009 プロ野球 

June 05, 2009

◆G5−2F◆
巨人は日本ハム先発・藤井に対して、初回、いきなり坂本,寺内,ガッツの3連打で1点を先制。寿司職人ラミレスのセカンドゴロの間に2点目をあげると、松田記者,亀井の連打で満塁となった所で阿部の犠飛,大道のタイムリーが飛び出し、早くも4点のリード。日本ハムは稲葉が3回にタイムリー,5回に7号ソロを放ち、2点差まで詰め寄るが、7回、巨人は二死から亀井が歩いた所でまたも阿部がタイムリー二塁打を放ち、5点目。7回途中から山口−越智−クルーンと繋ぐ必勝リレーを展開し、逃げ切りに成功。ゴンザレスは7回途中まで2失点で球団助っ人新記録の開幕6連勝。また、出戻り以来、続けている無四球記録を41回1/3まで伸ばした。5回に稲葉に対して、フルカウントから4球ファールで粘られた際には、いよいよ四球を出してしまうのでは?と思わせたが、結局、被弾したのは良かったのか悪かったのか…。

◆D2−1M◆
中日は2回、先頭のブランコがヒットで出るも、続くベンちゃんが最悪のゲッツー。3回には2四球で一、二塁とするも、後が続かず、4回には二死二塁から野本がレフト前へ弾き返すも、二塁走者・ベンちゃんが本塁憤死。5回も無死二塁のチャンスを潰すなど、怒濤の拙攻三昧。またも好投報われず、見殺しにされるのでは?と落胆の色を隠せない先発・吉見は6回、井口にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。更に、大松に二塁打を浴び、二、三塁とピンチを広げたが、ベニー松山,里崎と内野ゴロに打ち取り、辛くも1点で食い止める。すると、その裏、中日は無死一塁からブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号2ランを叩き込み、逆転に成功。最後は守護神・岩瀬が三者三振の快投でロッテの追撃を断ちきった。先発・吉見は7回1失点で5勝目。結果的に勝ちを拾ったものの、相変わらずのタイムリー欠乏症,一発依存症は深刻極まりなく、またも好投の投手陣を見殺しにしかねなかった試合展開に中日ナインの表情は暗く、名手・川相の現役復帰を待望する声がより一層強まった

◆C4−1H◆
初回。ソフトバンクは先頭の本多が二塁打で出ると、川崎の犠打,オーティズの犠飛で先制のホームイン。この後、ソフトバンクは2回一死一、二塁,4回二死満塁とチャンスを作りながら、後続を断たれて、スミ1状態が続いてしまう。5月14日以来の登板となる先発・大場は5回まで散発2安打無四球無失点と安定した投球を見せて居たが、6回、一死から代打・嶋に二塁打を浴びてから、突如、リズムを崩し、梵に同点タイムリーを許すと、東出にも痛打され、二死後、栗原に2点タイムリー二塁打を浴びた所で無念のKO。広島は更に、喜田にもタイムリー二塁打が飛び出し、この回一挙4点。直後の7回、ソフトバンクは二死一、二塁と一発で同点の場面を作るが、川崎がショートゴロに倒れて、二者残塁。ここで雨が強くなり、その儘、降雨コールドで広島が逃げ切った。結果的に最後を締め括ったシュルツは来日初セーブ。6回に2番手として登板し、無難に3人で抑えた森に5年目のプロ初勝利が転がり込んだ

◆S9−3E
ヤクルトは3回、二死走者なしから川島慶が四球を選ぶと、福地のタイムリー三塁打,青木のタイムリー二塁打で2点を先制。3回までパーフェクトと沈黙していた楽天は4回二死から草野がチーム初安打となる3号ソロを叩き込み、1点差。しかし、その裏、ヤクルトは宮本の3号ソロで再び2点差とすると、更に、館山のタイムリー,川島慶の6号2ランでこの回4点。続く5回には畠山のタイムリー二塁打,相川の犠飛で2点を追加し、大きく突き放した。先発・館山は7回を3安打2失点に抑え込み、無傷の7勝目。自己の持つ連勝の球団記録を13と伸ばした

6/5 ブラゼル◆T4−0Bs◆
貧打を解消すべく獲得した出戻り助っ人・ブラゼルが移籍初のスタメン出場となった阪神。偽バファローズの相次ぐエラーで再三チャンスを貰いながら、ゼロ行進を続けていたが、6回一死二塁からブラゼルが移籍初アーチとなる2ランを叩き込み、先制。偽バファローズも毎回の様に走者を出しながら、あと一本が出ない拙攻続き。7回には大引のヒット,関本のエラーで一死一、二塁とするも、代打・フェルナンデスが三振。大村はファーストゴロに倒れて、二者残塁。そろそろ突き放しておきたい阪神は8回、二死走者なしからブラゼル,代打・高橋光が連打を浴びせると、狩野が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、貴重な2点を追加。最後はセーブのつかない場面ながら登板した藤川が2三振を含む三者凡退と久々に安心して見られる投球で完封リレーを達成。先発・下柳は7回無失点の好投で5勝目

◆YB−L◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(29)2009 プロ野球 

June 04, 2009

 マウンド上でうずくまった吾郎を見て、慌てふためいて駆け寄るホーネッツ首脳陣。監督にリリーフの準備が出来ているかを尋ね、今から準備を始めた事を確認した吾郎は、バランスを崩して、つまずいただけだと事実を偽る。左腕を押さえていた事で不安を隠せない首脳陣だが、次の打者だけ投げておかしかったら代えてくれと言う吾郎の言葉にとりあえず、ベンチへ引き下がる。事情を分かっているキーンはこの期に及んで、なおケガを隠して続投しようとする吾郎を諭そうとするが、突然の降板で準備の出来ていないリリーフに任せる訳にはいかないと強い意志は揺らがない。リリーフの時間稼ぎの為ならば、歩かせてもいいと告げ、キーンは守備位置に戻るが、吾郎は時間稼ぎの為に走者を出していたら意味がないとばかりに痛みを押して、全力投球を敢行。発症したら降板すると言う約束を反故にし、投げ続ける吾郎の様子を見ていたファーガソンは吾郎の出した答えを理解しながらも、早く降板してくれと祈るばかり。カウント2−2と追い込み、もう時間は稼げたから、次の球でアウトになってくれと願うキーンだったが、無情にもファールで2球粘られてしまう。球速も94マイルまで落ち、痛みが止まらず限界寸前の吾郎は7球目を投じるが…。

 準備を始めたばかりのリリーフと、血行障害を発症した吾郎の比較で、吾郎が投げた方がマシ…と果たして、言いきれるだろうか。これでまた先の様な棒球を投げ込んで、勝ち越し弾でも浴びた日には紛れもないA級戦犯である………なんて意見が野暮である事は分かっているが、ここまで来ると、責任感が強いとか、優勝への想いが強いとか言う話では済まされない気がする。三船リトルや聖秀時代と違って、自分が倒れたら、もう誰も投げる投手がいないと言う状況ではない訳だし…。監督への密告も辞さないとばかりに吾郎に降板を強要しようとしていたキーンも肝心な所で防波堤になれないよなぁ…。まぁ、見せ方としては確かにグッと来るものがあったのだが、これはいよいよ長期離脱の予感が漂ってきたなぁ。この年のポストシーズンには一切出られない…程度の離脱で済めばいいのだが…。何せ、噛ませ犬なシルヴァを擁するチーム相手に、ホーネッツが地区優勝を果たしたくらいでは、吾郎の選手生命と引き替えにする程の劇的感はない訳であり…。シルヴァと言えば、全く事情も知らずに、吾郎の球速が落ちてきたとはしゃぎ立てるなど、小物化に拍車がかかるばかりだなぁ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(0)2009 MAJOR 

 楽天との開幕3連戦で2点しか奪えない体たらくで3タテを食らった東京は今季初勝利を目指して、西武吹き抜けドームへ乗り込んだ。壊滅的な層の薄さを何年経っても解決しようとしない歪んだチーム編成の所為で山田がいないだけで切羽詰まっている土井垣は殿馬,サルで1,2番を組ませて、岩鬼を4番キャッチャーで起用する博打采配を敢行し、周囲を唖然とさせる。だが、上手い下手と言ったレベルを超越した岩鬼のど迫力が沈みきった東京のムードに活気をもたらしていた。岩鬼をナメきって、二盗を仕掛けたG.G.佐藤は案の定、強肩なだけで制度の低い岩鬼の大暴投を見て、一気に三塁を狙うが、バックアップに入っていたセンター・義経からの好返球の前に憤死。これをまるで計算していたかの様に振る舞う岩鬼の言動に呆れ返るばかりだった。セオリーが通じない岩鬼の野球ナベQが困惑しているのではないかと予想する山田だったが、不適な笑みを浮かべるナベQの思惑は一体…?

 ベンチ裏で山田とすれ違い、カメラマン席から山田と吉松の様子を覗き見していた男なのだが、知三郎なのか、阿波なのか、新キャラの名無し記者(or カメラマン)なのか、私服なもんだから、見た目からはさっぱり分からない。当たり前の様にカメラマン席から望遠カメラを覗くまで、てっきり知三郎だと思っていた。新キャラだとしたら、何でこんな既存キャラと見分けのつかない風貌にするのかね、まったく…。新キャラならば、この試合のみで消える可能性が高いんだろうな…。岩鬼のキャッチャー起用は退場食らった土井垣が数試合出場停止処分にでもなったのかと思いきや、普通にDHで出てるし…。こんな簡単に正捕手の座を譲るくらいなら、開幕から岩鬼を使えっての。それにしても、キャッチャー専任選手が山田しかいないなんて、壊滅的なチーム編成だよなぁ。まぁ、こういうチームなので、岩鬼をキャッチャーにするのは理解出来るが、わざわざ4番に起用する意図が全く分からないね。例によって、土井垣の思いつき行き当たりばったり采配なのだろう。ホント、目先の事しか考えないヘッポコ監督だよ。 

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:54コメント(0)トラックバック(0)2009 ドカベン 

June 03, 2009

◆M1−1G◆
昨日、スコアレスドローを演じたこのカードはこの日もグライシンガー,清水の両先発の好投で一向に得点が入らない。昨日から34個続けてスコアボードにゼロを重ねて迎えた6回、巨人は亀井の4号ソロでついに1点を先制。1点を追うロッテは7回、阿部のエラー,大松の四球とノーヒットで掴んだ二死一、二塁のチャンスに里崎のタイムリーで24イニングぶりの得点をあげ、同点。巨人は球団史上初の4戦連続延長に持ち込まれた。巨人は10回、先頭の鈴木が二塁打を放つも、坂本,松本と連続三振。ガッツが敬遠された後、寿司職人ラミレスはセンターフライに倒れて、勝ち越しならず。ラストイニングとなった12回、ロッテは二死走者なしから里崎の四球,今江のヒットで一打サヨナラのチャンス。しかし、途中出場の塀内が三振に倒れて、昨日に続いての引き分けに終わった。

◆Bs10−14D◆
川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が7号2ランを叩き込むなど、初回から3点を先制した中日だが、先発・小笠原が乱調でその裏、1点を返されると、2回にはフェニックス一輝に2点二塁打を浴び、あっさり同点。追い付かれた中日は3回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが15号2ランを叩き込むなど、一気に4点を勝ち越すが、その裏、一死満塁のピンチを迎えると、坂口にタイムリーを浴びた所で小笠原はKO。代わった中里も二死後、フェニックス一輝に走者一掃のタイムリー二塁打を許して、またも追い付かれてしまう。中日は5回、4四死球を貰うなど偽バファローズリリーフ陣の乱調に付け込み、3点を勝ち越すが、一向にピリッとしない中里がその裏、あっさり3点を返される始末。10−10で迎えた8回、中日はエラーで貰ったチャンスに谷繁のタイムリーで四たび勝ち越し。9回には5長短打でダメ押しの3点を追加し、両軍合わせて35安打24得点の乱打戦に終止符を打った。

◆H3−0YB◆
ソフトバンクは初回、ウォーランドの制球難に付け込み、一死満塁とすると、小久保のショートゴロの間に先制。更に、ハマのスペランカーもタイムリー内野安打で続き、2点目をあげると、続く2回には先頭の田上が7号ソロを叩き込み、3点目。先発・藤岡は6回まで2安打無失点の好投見せると、7回からは攝津アッパー−ファルケンボーグを挟んで、守護神・馬原に繋ぐ必勝リレーを展開。馬原は3人の打者を悉く内野ゴロに仕留めて、横浜の追撃を断ち切り、完封リレーを達成。藤岡は2年ぶりの白星(先発としてはプロ初)を手にした

◆F7−2C
好調の広島はこの日も3回に東出のタイムリーで1点を先制。3回まで6三振を奪うなど素晴らしい立ち上がりを見せていた先発・ルイスだが、4回一死から高橋,糸井と連打を浴びると、小谷野に犠飛を打ち上げられて、同点。広島は6回、一死満塁から嶋の犠飛で勝ち越すも、その裏、日本ハムは糸井のタイムリーで再び同点。2−2で迎えた8回、ブラウン監督はこの回からルイスを引っ込め、横山にスイッチするが、これが裏目。日本ハムは先頭の田中が四球を選ぶと、劇団ひちょりがタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。稲葉もヒットで続き、横山をKOすると、3番手・梅津から高橋がタイムリー内野安打。更に、糸井が5号3ランをぶち込んで、この回、一挙5点のビッグイニングを形成。これで試合を決定付けられた広島は9回は簡単に三者凡退に終わり、破竹の連勝は7でストップした。

6/3 田中◆E2−3T◆
阪神先発・安藤に対し、1,2回と先頭打者を出しながら、後が続かなかった楽天だが、渡辺直の二塁打で三たび先頭打者を出した3回、小坂が送った所で草野が犠飛を打ち上げ、先制。楽天先発・田中は5回二死までパーフェクトに抑えるなど、7回まで僅かに1安打の好投を展開していたが、8回、先頭の悠久の若虎・桧山に三塁打を浴びると、続く葛城イクローにライト前へ弾き返され、ついに同点。勢い付く阪神は続く狩野もタイムリー三塁打を放ち、勝ち越すと、更に、平野もタイムリーで続き、田中をKO。土壇場9回、守護神・藤川を投入し、逃げ切りを図る阪神だが、依然として調子が上がって来ない藤川はいきなり鉄平,中村真と連打を浴びると、中村紀を敬遠して、無死満塁の大ピンチ。代打・憲史をセカンドライナーに仕留めるも、続く中島に犠飛を打ち上げられて、1点差。なおも長打が出ればサヨナラのピンチは続いたが、最後は渡辺直をショートゴロに抑えて、辛くも逃げ切りに成功。安藤は7回1失点の好投で4勝目。田中は今季初黒星を喫し、開幕からの連勝が7でストップした

◆L8−1S◆
1ヶ月ぶりの先発となった木田画伯は2回まで無失点に抑えていたが、3回、栗山の犠飛で先制を許すと、続く4回には二死走者なしから3人の走者を許して満塁となった所でボカチカに12号グランドスラムを被弾し、この回限りでKO。西武は5回には栗山が5号ソロ,6回には片岡のタイムリー二塁打で着々と加点。8回には銀仁朗の犠飛でダメ押しの8点目。ヤクルトは9回に内野ゴロの間に1点を返して、完封を逃れるのが精一杯だった。西武先発・涌井は5安打1失点完投で6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(27)2009 プロ野球 

June 02, 2009

◆M0−0G◆
春風亭半ケツ,渡辺俊の両先発が息詰まる投手戦を展開。渡辺俊が7回まで僅か1安打に抑え込む快投を演じれば、春風亭半ケツも負けじと7回まで4安打無失点。巨人は8回、二死満塁と絶好の先制チャンスを掴むが、ガッツがショートゴロに倒れて、三者残塁。土壇場9回、バレンタインは突如、渡辺俊からシコースキーにスイッチ。これ幸いと、一死一、二塁のチャンスを掴んだ巨人だったが、ここから阿部,工藤と倒れて、またも先制ならず。その裏、ロッテは先頭の堀が二塁打を放ち、一打サヨナラのチャンス。ここで春風亭半ケツはサブローを敬遠して、一塁を埋めると、続く井口をキャッチャーゴロゲッツーに仕留める。なおも二死二塁のピンチだったが、里崎をセカンドゴロに打ち取り、0−0の儘、延長に突入。10回、この回から代わった越智に対して、ロッテは一死から竹原が四球,代打・大松がヒットで出て、一、二塁のチャンス。しかし、ここから今江,代打・西岡と連続三振に斬って取られて、サヨナラならず。結局、両軍共に決め手に欠き、1点も取れぬ儘、延長12回規定で引き分けに終わった

◆Bs5−7D◆
中日は2回、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込むなど、2点を先制。中日先発・あちゃくらさんは毎回ピンチを背負いながら、しぶとく踏ん張っていたが、4回、無死一塁から北川のサードゴロに仕留めて、ゲッツー…と思いきや、森野が二塁へヘッポコ悪送球をかまして、オールセーフ。川相不在の重さを改めて痛感し、落胆の色を隠せないあちゃくらさんは二死二、三塁から大引に走者一掃の同点二塁打を浴びると、更に、内野安打と四球で満塁とピンチを広げた所でフェルナンデスに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回、悪夢の5失点。3点を追う中日は7回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにベンちゃんが14号ソロをぶち込んで2点差とすると、続く8回には森野が汚名返上の2点タイムリーを放ち、同点。更に、ブランコが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目の14号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。その裏から浅尾−岩瀬と繋いで、逃げ切った。逆転勝ちしたものの、相変わらずの一発依存症による結果オーライの展開とあっては手放しに喜べる筈もなく、名手・川相の現役復帰を待望する声はますます強まる一方だ

◆H7−3YB◆
ホールトン,マストニーと助っ人同士の先発対決となったこの試合、横浜が2回にメカゴジラの史上101人目の通算1500安打となる3号ソロで先制。1点を追うソフトバンクは4回、無死一、二塁から松中が同点タイムリーを浴びせると、小久保のセカンドゴロの間に勝ち越し。更に、ハマのスペランカーが2号2ランを叩き込み、この回一挙4点。続く5回には川崎がタイムリー二塁打を放って、5点目を追加。横浜は7回、先頭の村田がヒットで出ると、続くメカゴジラがこの日2本目となる4号2ランを放ち、ホールトンをKO。ここで代わった攝津アッパーが後続をピシャリと断ち切ると、その裏、ソフトバンクは松中のタイムリー二塁打で2点を奪い、試合を決定付けた。ソフトバンクはこれで3連勝。ホールトンは7回途中まで3失点で4勝目。敗れた横浜は4連敗となった。

6/2 前田健◆F1−2C
破竹の連勝街道を驀進中の広島だが、この日は日本ハム先発・糸数の前に4回までパーフェクトに抑え込まれてしまう。しかし、広島先発・前田健も4回まで無失点と譲らない。0−0で迎えた5回、広島は四球の嶋を一塁に置いて、ルーキー・岩本がプロ初打点となるタイムリー二塁打を放ち、均衡を破る先制点をゲット。更に、続く石原もタイムリーを浴びせて、この回2点。8回までゼロ行進を続けていた日本ハムは9回、この回から代わった守護神・永川から先頭の田中がヒットで出ると、すかさず二盗。一死二塁となった所で稲葉がタイムリーを浴びせて、1点差と詰め寄ったが、ここから高橋,小谷野が連続三振に倒れて、あと一歩及ばず。辛くも逃げ切った広島はこれで8年ぶりの7連勝となり、ついに借金を完済。前田健は8回3安打無失点の好投で4勝目を飾った。

◆E3−2T◆
楽天は初回、二死一、二塁から鉄平のタイムリー二塁打で先制。更に、中島が死球を食らって、満塁とチャンスを広げたが、中村紀が三振に倒れて三者残塁。1点を追う阪神は3回まで毎回得点圏に走者を進めながら、6残塁の大拙攻を続けていたが、4回、関本の2点二塁打でようやく逆転に成功。しかし、その裏、楽天は一死一塁から中村紀,憲史,嶋,中村真と4連打を浴びせて、再び逆転。阪神は5回以降、散発2安打と三塁も踏めず、1点のビハインドが最後まで重くのしかかって、3連敗。逆に3連敗でストップさせた楽天の先発・ラズナーは7回を2失点で踏ん張り、3勝目。ところで、5回、キュラソ星人のサードへのファールフライをカメラマン席に飛び込みながら掴んだ中村紀のプレーは、「楽天のサードはファールフライを全てキャッチャーに任せる不要な存在」と断言されたも同然な「ドカパロSS 超絶無間地獄変」に対するあてつけとしか思えず、爽快感を覚えた。

◆L7−3S◆
1,2回と1点ずつ奪われ、2点のビハインドとなった西武は3回、ヤクルト先発・石川に対して、片岡のタイムリー二塁打で1点を返すと、続く栗山の4号2ランで逆転。5回には一死満塁から中村が18号グランドスラムをぶち込んで、大きくリードを広げた。ヤクルトは7回無死満塁のチャンスを作るも、代打・武内がショートフライ,川島慶はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で無得点。8回に青木の4号ソロが飛び出すも、後が続かず、9回も一死一、二塁としながら、後続を断たれた。西武先発・ワズディンは7回途中まで2失点で切り抜け、日本では7年ぶりとなる白星を掴んだ

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:19コメント(0)トラックバック(30)2009 プロ野球 

 悪夢の8失点で惨敗を確信し、茂野がふて寝しているうちに延長12回に突入していた優勝決定戦。千春を幼稚園に迎えに行っていた桃子に起こされた時、吾郎はメジャー記録の10連続三振に王手をかけていた。そんな記録の事など頭になく、優勝の為だけに投げ続ける吾郎は先頭のマクミランに対して、100マイルを連発し、あっと言う間に2−0と追い込む。とても血行障害を抱えている投手とは思えない吾郎のボールにキーンは戦慄を覚えていた。いよいよ記録達成か…と言う3球目、吾郎から放たれたボールは100マイルの快速球…ではなく、山なりのスローボール。これを叩いたマクミランの打球は速球を予測していた為に僅かにタイミングがズレたか、フェンスギリギリのレフトフライに終わる。だが、ついに血行障害が発症してしまった吾郎は左腕を押さえてマウンド上にうずくまるのだった。

 ついに左腕の爆弾が爆発。やはり、メジャー記録が発症フラグになってしまったか。山なりのスローボールが意表をつく結果になって、記録だけは達成するのかも…とも思ったが、記録すら達成出来ず仕舞いか…。現場ではキーン以外、全く事情を知らない訳だから、いきなりこんな事態になったら、訳が分からないだろうなぁ。痛みを我慢出来るかどうかと言う次元の故障ではないだけに、流石に、この後も続投する様な無茶はやらない……と思うのだが、この後、どうなるのかね。代わった投手が炎上してV逸…なんて展開になったら、ある意味凄いが…。10,11回が三者凡退で終わってるなら、12回裏のホーネッツの打順はキーンから始まるから、サヨナラ勝ちの望みは大いにありそうだけど…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(0)トラックバック(0)2009 MAJOR 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ