September 2007

September 30, 2007

◆C0−3D◆
巨人にマジックが点灯し、全戦必勝体勢の中日は広島先発・大竹に対して、初回、ヒットで出た荒木が盗塁と井端のセカンドゴロで三進すると、森野のタイムリーで1点を先制。二死後、連続四球で満塁となった所で堂上剛のファーストゴロを栗原が弾くタイムリーエラーを犯して、タナボタの2点目をゲット。なおも満塁のチャンスだったが、谷繁はセンターフライに倒れて、三者残塁。5回には二死から森野がヒットで出ると、T.ウッズのセンターライナーを今度はオチョアがエラーし、この間に森野がタナボタのホームイン。先発・山井は8回まで散発3安打と素晴らしい投球を見せると、最後は守護神・岩瀬が締めて、完封リレーを達成。山井の好投と広島の拙守に助けられたものの、川相不在を象徴付ける様なタイムリー欠乏症ぶりは相変わらずで、来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB−S◆(1)(2)
降雨中止。

◆H2−8E◆
優勝を逃した以上、アジアシリーズ出場権争奪戦への出場権など何の価値もなく、最早、2位でも3位でもどうでもいいとばかりに全く覇気のないソフトバンクは3回に川崎のタイムリーエラーで先制を許すと、5回には先発の暴投王子・新垣が久々の暴投で自らのプロ野球新記録を更新し、2点目を献上する体たらく。小久保もスタメンを外れたソフトバンクは悪の温床・楽天先発・一場の前に5回までパーフェクトに抑え込まれる有様だったが、6回、柴原がようやくチーム初安打を放つと、一死後、松田が7号2ランを放り込み、一気に同点。しかし、直後の7回、新垣が一死から連打と犠打で二死二、三塁のピンチを迎えると、草野,フェルナンデスに連続タイムリーを浴びて、3点を勝ち越され、この回限りでKO。最下位脱出が確定したものの、1つでも上の順位で終わりたいとモチベーションの高い悪の温床・楽天は9回にも山崎武が単独二冠王をほぼ確定させる43号2ランを叩き込むなど、3点を奪い、ダメを押した。悪の温床・楽天は5位西武との差を1.5と広げ、4位当確へ大きく近付いた。

◆M2−1F◆
雨により、1時間45分遅れて始まったこの試合。前日、リーグ連覇を果たした日本ハムはフルイニング出場が懸かる劇団ひちょりがDHに回り、その他のスタメンは全て今季ノーアーチと言う主力温存オーダーを展開。この二線級のオーダーではロッテ先発・渡辺俊には歯が立たず、6回まで僅かに1安打と沈黙。しかし、2位死守へ必死のロッテ打線を自己初の2桁勝利に燃える日本ハム先発・武田勝が6回まで1安打と抑え込む快投を展開。0−0で迎えた7回、日本ハムは先頭の川島が二塁打を浴びせて、初めて得点圏へ走者を進めると、代打・田中賢が送った後、工藤が歩かされて、一死一、三塁。ここで陽がファースト左へのゴロ。ズレータがダイビングして好捕するも、一塁をアウトにするのが精一杯でこの間に川島が先制のホームイン。その裏、ロッテはベニー松山の四球,オーティズのヒットで二死一、二塁とするも、今江がライトフライに倒れて、二者残塁。続く8回、超貧弱オーダーと言い、武田勝の10勝を支援する気が絶無なのか、ヒルマン監督は武田久を登録抹消した状況で武田勝を引っ込めて、金森を投入するも、これが裏目。2本のヒットで一死一、二塁のピンチを作った金森は代打・大松に一塁線突破の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の10勝目を無惨にも粉砕。土壇場9回裏には一死からオーティズがショート右へのゴロ。これに追いついた陽だが、一塁へ悪送球(記録は内野安打)。そして、続く今江のセンター前への打球を工藤が強引にダイレクトキャッチを狙って後逸。ボールが転々とする間にオーティズが長駆ホームインし、サヨナラ勝ちを収めた。渡辺俊は完投で9勝目を飾った。

◆Bs4−1L◆
平野佳を残り試合で抑えのテストにあてがおうと目論むなど、順位も確定していない段階で来年モードに切り替えてしまった所為で最下位が確定してしまった反省か、抑えで使う筈の平野佳を先発起用した偽バファローズは3回、ヒットの迎を大引が送ると、前田のレフト線タイムリー二塁打で先制。更に、坂口が内野安打で続いた後、牧田が犠飛を打ち上げ、この回2点。続く4回には二死三塁から迎のタイムリーで3点目を追加。11日ぶりの先発となった平野佳は毎回安打を浴びながらも、自分の本業は先発だとばかりに粘りの投球であと一本を許さぬ好投を展開。5回に中島にタイムリーを浴びたものの、6回以降は一人の走者も許さずに守護神・加藤大にバトンタッチ。8回にラロッカのタイムリー二塁打でダメを押し、3点差でのマウンドとなった加藤大はいきなり連続四死球でピンチを迎えたものの、後続3人を抑えて、逃げ切りに成功。平野佳は8回1失点で8月7日以来となる8勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(0)トラックバック(58)2007 プロ野球 

September 29, 2007

◆T3−5C◆
中日を下して意地を見せ、連敗を止めた阪神だが、これで息を吹き返すかと思いきや、苦手・広島を相手に大苦戦。先発・福原が2回一死から梵,森笠,石原の3連打で先制を許すと、二死後、東出,オチョアと連続タイムリーを浴びて、4失点KO。4回には2番手・渡辺が一死一、三塁から、またも東出にタイムリーを浴びて5点目を献上。阪神は8回に代打・悠久の若虎・桧山,ゼブラ今岡のタイムリーで2点を返すと、9回には守護神・永川に対して、二死から桜井がバックスクリーンへ叩き込んで、2点差にまで詰め寄ったが、最後は田中シュータが空振り三振に倒れて、万事休す。広島先発のルーキー・宮崎は8回途中まで2失点の好投で先発での初白星を飾った。

◆YB1−3S◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、ヤクルトは初回、200安打へあと5本と迫る寿司職人ラミレスの27号ソロで先制。1点を追う横浜はヤクルト先発・石井一の前に6回まで2安打と沈黙していたが、7回一死から吉村の21号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。しかし、直後の8回、ヤクルトは四球,エラーとノーヒットで二死二、三塁のチャンスを掴むと、ここで田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。土壇場9回、横浜はヤクルト2番手・シコースキーから先頭の下窪がヒットで出るも、続く村田のセカンドライナーで飛び出して、最悪のゲッツー。最後は同点弾を放っている吉村が空振り三振に倒れて、連勝は4でストップ。8回1失点の石井一は9勝目を飾った。

◆H3−7E◆
優勝どころか2位も危なくなってきたソフトバンクだが、この日も悪の温床・楽天先発・朝井の前に3回までゼロ行進。先発・大隣も3回まで無失点と踏ん張っていたが、4回、無死一、二塁のピンチを迎えると、山崎武にタイムリー二塁打を浴びせて、先制点を献上。更に、礒部を歩かせた後、牧田,鉄平と連続タイムリーを浴びて、あえなくKO。代わった藤岡も二死満塁とした所で草野に押し出し四球を許すと、フェルナンデスには2点タイムリーを浴び、この回、悪夢の7失点。ソフトバンクは悪の温床・楽天の倍となる14安打を浴びせながら、11残塁の拙攻が響いて、3点を返すに留まり、悪の温床・楽天相手に屈辱のシーズン負け越しが決まった。悪の温床・楽天は創立3年目にして、初の最下位脱出が確定した。

◆M1−9F◆
マジックを2とし、マジック対象のロッテを直接叩けば、連覇が決まる日本ハム。ロッテ先発・久保に対して、5回まで毎回の様にヒットを浴びせながら、あと一本が出ずにいたが、6回、稲葉,青波の長瀬の連打で無死一、三塁とすると、高橋がショートゴロゲッツーに倒れる間に稲葉が先制のホームイン。続く7回には一死一、三塁から劇団ひちょりの犠飛で1点を追加し、久保をKO。更に、2番手・藤田から田中賢が右中間フェンス直撃のタイムリー三塁打を放ち、3点目を追加。その裏、日本ハム先発・スウィーニーに抑え込まれていたロッテは無死一、二塁のチャンスを掴むも、内野ゴロ2つで1点を返すのが精一杯。直後の8回、一死一、三塁のピンチを迎えると、バレンタイン監督は負けている場面ながらも、この日一軍に復帰した守護神・小林雅を投入。小林雅は劇場を開演する事なく、飯山,稲田と打ち取って、このピンチを脱出。しかし、土壇場9回には連打で無死一、三塁のピンチを作り、あえなくKOとなる背信投球。そして、ここで代わった高木が田中賢,稲葉と連続タイムリーを浴び、致命的な2点を献上。完全に戦意喪失のロッテに対して、日本ハムはこの後、更に、陽にタイムリー二塁打,飯山に犠飛,稲田にタイムリー二塁打が飛び出して、この回大量6点のビッグイニングを形成。その裏、8点リードの場面ながらも、今季、数々の試合を締め括ってきた守護神・MICHEALが登場。2本のヒットを浴びたMICHEALだが、最後はズレータを空振り三振に斬って取り、日本ハムが2年連続4度目のリーグ制覇を達成した

◆Bs1−6L◆
最下位脱出を目指す偽バファローズに引導を渡したい西武は初回から大崎,栗山のヒットで一死一、三塁と、何と4番に座った中島がスクイズを敢行。これが相川のエラーを誘って、2点を先制。追いかける偽バファローズは5回、一死から前田が3号ソロを放り込み、1点差。しかし、直後の6回、西武は代打・江藤の史上33人目の1000打点となるタイムリーで再び2点差と突き放すと、7回には片岡が3号ソロ。そして、8回には4年目でプロ初スタメンとなる松坂に待望のプロ初安打初アーチが飛び出すと、更に、片岡が犠飛を打ち上げ、試合を決定付けた。敗れた偽バファローズは悪夢の単独最下位が確定。尚、この日、水口が今季限りでの現役引退を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(75)2007 プロ野球 

「見てるかい、おとさん…、これがメジャーのマウンドだぜ」

 ついに念願のメジャーデビューとなった吾郎。父・茂治が残してくれた愛すべきボールゲームの頂点となるマウンドに万感の想いでマウンドに立った吾郎はここまで来られた事は家族を初め、多くの指導者や仲間達のおかげだと感極まっていた。しかし、3年以上結果を残して、初めて一人前と認められる世界に踏み込んだに過ぎないのだと、これで満足する事なく、何よりも大きな借りがあるギブソンJr.へのリベンジに闘志を燃やす吾郎は先頭打者として立ちはだかったコジローに対し、初球、外角高めにいきなり100マイルの速球を投げ込み、空振りを奪う。日本代表のキャンプ時とは雲泥の差がある吾郎の球にコジローはたじろぎ、あえなく三球三振。吾郎は後続2人も打ち取って、上々の立ち上がりを見せる。そんな吾郎を自宅療養中のギブソンは静かに見守るのだが…。

 エピローグっぽい雰囲気を漂わせつつも、まだまだ続きそうな気配の「MAJOR」。案の定、コジローが完全な噛ませ犬扱いとなってしまった事には嘆かずにはいられない。あの水島氏ですら(編集部ないしはファンの圧力があった可能性もあるが)噛ませ犬扱い出来なかった鈴木一朗を、いかにモデル選手とは言え、こうも無惨にシメ倒してしまうとは、ある意味、天晴れと言うべきか…。やはり、所詮、実在選手(のモデル)など、マイキャラの踏み台に過ぎないのかね…。少しはこせきこうじを見習って欲しいものだ(ただし、こせきこうじは実在選手に敬意を払う代わりに鼻水やよだれを出させまくるのだが(笑))。さて、TV観戦しているギブソンの沈黙ぶりが妙に不気味なのだが、それにしても、療養中とは言え、ギブソンがメイドを囲っていたとはなかなか衝撃的展開だ。いや、あれをメイドと言ってしまうのは、少々下賤な見方だと思うが…(^^;)。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:27コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 

September 28, 2007

◆T2−1D◆
連敗ロードが止まらない阪神は先発のルーキー・上園が3回まで無失点とまずまずの立ち上がりを見せるも、4回、一死一、三塁のピンチを迎えると、森野のセカンドゴロの間に先制点を献上。その裏、中日先発・中田に対し、阪神は先頭のシーツがヒットで出るも、続くキュラソ星人がセカンドゴロゲッツー。これでチャンスは潰えたに思われたが、ここからゼブラ今岡が四球を選んだ所で林が15号2ランを叩き込み、逆転に成功。リードを奪った阪神は6回から早くも久保田を投入するJFKモードへ突入。久保田には2回を完璧に抑え込まれた中日だが、8回、3番手・ウィリアムスに対して、二死から荒木,中村紀と連打を浴びせて、一打同点のチャンス。しかし、ここでT.ウッズが空振り三振に倒れて、二者残塁。最後は藤川の前に三者凡退に終わり、万事休す。阪神の連敗はようやく8でストップ。上園は金刃に並ぶ7勝目となり、逆転新人王へ大きく前進。川相不在を象徴するかの様なタイムリー欠乏症を露呈して敗れた中日のマジックは消滅し、逆に、巨人にマジック2が点灯する事となった。

◆YB2−0S◆
ヤクルト先発・川島に対して、横浜は2回、先頭の村田がライトスタンドへ31号ソロを叩き込んで1点を先制。更に、村田は4回の第2打席でもバックスクリーンへ32号ソロを叩き込み、2点目を追加。横浜先発・はーちゅんは忘れた頃に見せる凄いピッチングの日だったらしく、散発3安打、うち外野へ飛ばされたヒットは僅かに1本と、ヤクルト打線に全く付け入る隙を許さず、二塁すら踏ませずに10三振を奪っての完封で11勝目をマークした。

◆H1−2M◆
逆転Vへ僅かな望みを繋ぐ両チーム。ソフトバンク先発・杉内に対して、初回、早川の5号ソロでロッテが早々と先制。4回には一死満塁と絶好のチャンスを掴んだが、ベニー松山,オーティズと倒れて、追加点ならず。一方、ロッテ先発・小野に対し、走者を出しながらも攻めきれずにいたソフトバンクだが、6回、先頭の的場が二塁打で出ると、本多が送って一死三塁。ここで川崎がライト前へ弾き返して、ついに同点。更に、ハマのスペランカーもヒットで続いたが、小久保,大村と倒れて、二者残塁。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回、この回からマウンドに挙がった守護神・馬原に対して、ロッテは二塁打のオーティズを今江が送ると、二死後、早川がセンター前へタイムリーを浴びせて、ようやく勝ち越し点をゲット。その裏、ソフトバンクは暫定守護神・薮田に対して、二死から本多が内野安打で出塁するも、ここまで3安打の川崎が4番手・藤田の前にショートゴロに倒れて、ゲームセット。これでロッテはソフトバンクと入れ替わりで2位に浮上した。

◆L7−11F◆
1−1で迎えた2回、西武は二死走者なしから、ヒットと四球で一、二塁とすると、片岡が勝ち越しタイムリーを放ち、日本ハム先発・山本を早くもKO。更に、代わった萩原に対して、野選で満塁とした所でカブレラが26号グランドスラムを叩き込み、この回、一挙5点。西武のワンサイドゲームになるかと思いきや、直後の3回に日本ハム・ビッグステーキ打線(若大将・原監督命名)が猛反撃。一死から5連続シングルヒットで2点を返し、西武先発・大沼をKO。2番手・ミャオに対しても、小谷野の犠飛,稲田のタイムリーで1点差と詰め寄ると、更に、金子誠が歩いて満塁となった所で劇団ひちょりが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、大量7点のビッグイニングで一気に逆転。勢いに乗る日本ハムは4回にもミスタースナイパー・坪井,小谷野が連続タイムリーを浴びせて、10点目。5回にも稲葉のタイムリー二塁打で1点を追加。6回以降は毎回2残塁と拙攻を繰り広げたものの、リリーフ陣が西武打線の反撃を断ちきった。これで日本ハムのマジックは1つ減り、明日にも連覇の可能性が出てきた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:43コメント(5)トラックバック(66)2007 プロ野球 

September 27, 2007

◆T1−4D
優勝が消滅したとは言え、最後の意地を見せたい阪神に対して、中日は初回から井端がヒットで出るも、荒木がピッチャー前へ小フライを打ち上げるヘッポコバント。続く中村紀のヒットで一死一、二塁としたものの、ここでT.ウッズがショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で早くも川相不在の弊害を露呈。続く2回には一死満塁のチャンスに人斬り抜刀斎がサードゴロゲッツーとまたも川相不在の弊害を露呈。更に、3回には先頭の井端が四球で歩くも、またも荒木がキャッチャーへの小フライを打ち上げるヘッポコバント。二死後、T.ウッズが歩いて、一、二塁と言う場面でミスター3ラン・森野に回ったものの、センターフライに倒れて二者残塁とまたまた川相不在の弊害を露呈。すると4回にはピタリと当たりが止まって、あえなく三者凡退とまたまたまた川相不在の弊害を露呈。あまりに不甲斐ない打線に辟易としながらも、先発・人斬り抜刀斎は4回まで2安打無失点の力投を展開。0−0の儘、迎えた5回、中日は先頭の人斬り抜刀斎が川相不在の打線が頼りにならないとあっては自分が活路を開くしかないとばかりに執念の二塁打で出塁。続く井端が歩いて、一、二塁となった所で荒木が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなる3ランを叩き込み、ついに3点を先制。阪神は6回、代打・葛城イクローのタイムリー二塁打でようやく1点を返すと、なおも無死二塁のチャンスで上位打線に回したものの、鳥谷,シャア少佐,シーツと倒れて、追加点ならず。直後の7回、中日はT.ウッズのタイムリーで1点を返し、再び3点差。最後は守護神・岩瀬がきっちり3人で締め、逃げ切りに成功。中日のマジックは1つ減って6となったものの、1つも負けられない状況であるにも拘わらず、相も変わらず、川相不在を痛感させる拙攻三昧を展開し、今後の戦いに大きな不安を残した。阪神はまたもトンネルを抜け出せず、8連敗。

◆C7−3S◆
ヤクルトの先発は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー。最多勝がほぼ確定となった上、昨夜、春風亭半ケツが3回4失点KOとなった事で防御率1位も転がり込んできたグライシンガーだったが、この日は大乱調。初回、寿司職人ラミレスのタイムリーで先制して貰うも、その裏、栗原の犠飛であっさり追いつかれると、続く2回にも一死一、三塁から倉に犠飛を許して、勝ち越し点を献上。3回には一死から森笠,栗原,新井と3連打を浴びて1点を失うと、続く4回には倉に被弾した後、連続エラーでピンチを作った挙げ句、森笠にタイムリー,栗原に犠飛を浴びての計6失点KOで防御率1位の座から一夜で転落。広島は5回にも倉の2打席連続アーチでダメ押しの7点目。ヤクルトは8回、代打で登場した中井美穂の旦那・古田はセンター前へ弾き返して、ようやく今季初安打。これをきっかけに二死満塁としたヤクルトはユウイチのタイムリー二塁打で2点を返すも、一気に本塁を狙った寿司職人ラミレスは憤死し、チェンジ。その儘、マスクを被った中井美穂の旦那は9回に回ってきた第2打席でも二塁打を放ったが、最後は青木がショートゴロに倒れて、万事休す。広島先発・黒田は今季7度目の完投で12勝目をマークした。

◆H0−6M◆
逆転優勝へ僅かな望みを残すロッテは10連勝を狙う成瀬を先発マウンドに送り込む必勝体制。2点奪うのも難しい成瀬相手に1点でも取られたら苦しくなるソフトバンクだったが、先発・和田が初回から竹原に7号ソロを被弾し、早くも先制点を献上。4回には竹原に2打席連続の8号ソロを浴びた後、ベニー松山の犠飛で3点目を献上。更に、吉本のエラーでピンチを広げると、今江に2点タイムリー二塁打を浴びて、KO。代わった竹岡もTSUYOSHIにタイムリーを許し、この回、悪夢の5失点。6点リードに余裕の成瀬はヒットを打たれても即座にゲッツーで仕留めるなど、落ち着いた投球を展開し、今季4度目の完封で10連勝となる16勝目。トップの涌井に1差と迫り、最多勝の可能性も見えてきた。

◆L3−4F◆
26年連続Aクラスの希望が断たれ、首位いじめに走るしかない西武だが、2回、ミスタースナイパーを振り逃げで生かしてしまうなど、二死一、二塁のピンチを迎えると、金子誠に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、2点を献上。しかし、その裏、西武はベンちゃんの17号ソロで1点を返すと、4回にもベンちゃんが2打席連続の18号ソロを叩き込んで、同点。更に、7回には銀仁朗が今季初アーチを放り込み、ついに勝ち越しに成功。新人王を狙う先発・岸は3回以降追加点を許さず踏ん張って来たが、8回、先頭の劇団ひちょりに死球を食らわせた所で無念の降板。更に、代わったミッチーが田中賢を歩かせ、一死二、三塁とピンチを広げた所で青波の長瀬に逆転2点タイムリーを浴びて、岸の白星は消滅。勝ち越した日本ハムは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで西武を振り切り、マジックを2つ減らして3とし、連覇へ大きく前進した。

◆Bs−E◆
自軍の残りカスだった筈の悪の温床・楽天の後塵を拝す屈辱を回避する為にも、この最後の直接対決は何としても制しておきたい偽バファローズは初回、山崎武の犠飛で先制されるも、その裏、すかさずラロッカが同点タイムリー二塁打。2回には日高の5号2ランで勝ち越すと、3回にはまたもラロッカにタイムリーが飛び出し、4点目。しかし、粘る悪の温床・楽天は5回、草野のタイムリー三塁打,フェルナンデスの犠飛で1点差と詰め寄ると、7回には一死二塁からまたも草野がタイムリーを放ち、同点。更に、二死後、山崎武,礒部の連続二塁打が飛び出して、2点を勝ち越し。8回にも草野が3打席連続タイムリーを放ち、ダメ押し。最後は小山が締めて、逃げ切りに成功。先発・バスは2回でKOとなったものの、2番手・青山が4回1失点のロングリリーフで試合を作り、4勝目。これで悪の温床・楽天は西武と並ぶ4位タイに浮上。悪の温床・楽天相手に屈辱のシーズン負け越しを喫した偽バファローズは3.5差と広げられ、最下位脱出がいよいよ苦しくなってきた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(0)トラックバック(79)2007 プロ野球 

September 26, 2007

◆G8−4D◆
最多勝へ僅かな希望を残す春風亭半ケツだったが、初回、自らのエラーで無死一、二塁のピンチを作ると、中村紀に通算1500安打となるタイムリーを浴びて、先制点を献上。更に、一死後、ミスター3ラン・森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに16号3ランを放り込まれて、いきなりの4失点。更に、二死一、二塁のチャンスを作った中日は一気に突き放したい所だったが、朝倉がショートゴロに倒れて二者残塁。続く2回には荒木の通算200盗塁で作った一死二塁のチャンスに中村紀,T.ウッズが凡退。3回には二死一、三塁の場面でまたも朝倉に回ってしまい、二者残塁。一方、2回までパーフェクトと上々の滑り出しを見せる朝倉だったが、その裏、清水,脇谷と連打を浴びる。しかし、ここで早くも春風亭半ケツを引っ込めて、投入された代打・キムタクを三振に斬って取ると、続くマッスル千代の富士をセカンドゴロに打ち取ったかと思いきや、荒木が痛恨のエラーをかまして、一死満塁。川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない朝倉は続く松田記者にライト前へ弾き返され、2点を献上。更に、続く4回にはニックン,清水と痛打された所で、脇谷にタイムリーを許して、1点差。直後の5回、中日は森野,李の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、ピンキー井上は三振,谷繁はキャッチャーへのファールフライと前に飛ばす事も出来ず仕舞い。そして、またまたチャンスに回ってきてしまった朝倉がセカンドゴロに倒れて、二人の走者は釘付けとまたまたまたまた川相不在の弊害を露呈川相不在で一発が出なければ如何ともしがたい中日を嘲笑うかの様にその裏、巨人は李の29号ソロでついに追いつくと、続く6回には一死三塁からこの日ラッキーボーイとなっている脇谷に今季初アーチとなる2ランが飛び出して、勝ち越しに成功。7回にも二死満塁のチャンスを掴みながら、矢野が三振に倒れて、ダメ押しに失敗した巨人は8回から早くも守護神・上原を投入。イマイチ球の走らない上原に対して、中日は谷繁,荒木のヒットで二死一、二塁と一発逆転のチャンスを作ったが、中村紀は空振り三振に倒れて二者残塁とまたまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を露呈。すると、その裏、巨人は川相不在で一発が出なければ如何ともしがたい中日を嘲笑うかの様にマッスル千代の富士が2試合連続の35号2ランをぶち込んで、ダメ押し。その裏、T.ウッズのライトへのファールフライを猛然と追ってスライディングキャッチの体勢に入ったマッスル千代の富士だが、血迷ったファンが腕を伸ばしてキャッチする大暴挙。折角、難敵・T.ウッズを打ち取ったにも拘わらず、妨害工作をかます偽巨人ファンの嫌がらせに怒り心頭の上原は下手に打たせると妨害工作に遭うとばかりにT.ウッズをフォークで空振り三振。後続2人も妨害工作を図りようもないグラウンドの中心付近へ打たせて、逃げ切りに成功。よりにもよって巨人相手に一発依存野球で対抗しようとする無謀な戦いを挑み、残塁ばかり量産して痛い星を落とした中日は依然として、マジック7は点灯しているものの、巨人に2ゲーム差を付けられる苦しい展開で連覇へ黄信号。開幕前から分かりきっていた事だが、昨年、名手・川相を無為に引退に追い込んでしまった事がより一層悔やまれる状況になってきた

カリメロ勝◆YB6−1T◆
藤川が連夜の敗戦投手となる悪夢の様な展開で連敗ロードが止まらず、重苦しいムードの阪神。この日も横浜先発・カリメロの前に4回までゼロ行進。先発・ボーグルソンは3回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回、一死満塁からメカゴジラに痛恨のグランドスラムを被弾し、この回限りで無念のKO。6回には2番手・橋本健が村田に被弾した後、石井タクローにタイムリーを浴びて、2失点。キュラソ星人の一発で完封を免れるのが精一杯と投打に精彩を欠いた阪神は悪夢の7連敗でついに優勝の可能性が消滅。カリメロは8回1失点の好投で7勝目をマークした。

◆C3−8S◆
中井美穂の旦那に続き、金村弟が今季限りの引退を表明したこの日、約5ヶ月ぶりの登板となる高卒ルーキー・増渕を何とか援護したいヤクルトは初回、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点を先制。先制点を貰った増渕は3回まで無失点に抑えていたが、4回、先頭の新井を歩かせると、続く嶋に13号2ランを叩き込まれて、形勢逆転。7回には梵に18号ソロを被弾し、3点目を献上。直後の8回、ヤクルトは先頭の増渕に代わり、今季限りでの引退を決めている中井美穂の旦那・古田が代打で登場するも、1ヶ月半も実戦から遠ざかっているとあって、あえなくショートゴロと凡退。しかし、続く青木が20号ソロを叩き込むと、田中浩がヒットを浴びせて、広島先発・高橋をKO。更に、代わった青木勇から寿司職人ラミレスが同点タイムリー二塁打を放ち、増渕の黒星は消滅。3−3で迎えた土壇場9回、ヤクルトは二死満塁のチャンスに田中浩が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。更に、続く寿司職人ラミレスが27号2ランを叩き込み、試合を決定付けた。広島はリリーフ陣が踏ん張りきれず、5位・ヤクルトとの差は3にまで拡大してしまった。

◆H3−1Bs◆
ソフトバンク先発・スタンドリッジに対して、3回まで残塁の山を築くばかりの偽バファローズだったが、4回、一死二、三塁から小久保のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。なおも一、三塁のチャンスだったが、続く日高はセカンドゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。すると、その裏、今季初登板となる偽バファローズ先発・加藤康に対して、ソフトバンクは一死一、二塁から小久保がエラーの汚名を返上する同点タイムリー。続く5回には二死二、三塁から川崎がセンター前へ弾き返して、2点を勝ち越し。日曜に4イニングを投げてしまった馬原を使いたくない状況で8回から代わった三瀬は一死二塁のピンチを迎えるも、ここで代わった3番手・柳瀬が北川,ラロッカと打ち取り、ピンチ脱出。柳瀬は9回も三者凡退に斬って取り、逃げ切りに成功。投手陣の頑張りにより、ソフトバンクは辛くもV奪回へ望みを繋いだ。

◆F2−1E◆
序盤はダルビッシュ,田中の両先発が一歩も譲らず、試合は中盤へ突入。迎えた4回、悪の温床・楽天はフェルナンデスの内野安打,金子誠の野選で一、二塁とすると、礒部のタイムリーで均衡を破る先制点をゲット。更に、山崎武もヒットで続き、無死満塁とチャンスを拡大させたが、高須,嶋と連続三振。渡辺直はサードゴロに倒れて、1点止まり。田中は4回以降ノーヒットと、日本ハムに付け入る隙を許さぬ好投を展開。完封を懸けた9回、先頭の劇団ひちょりを三振に斬って取るも、続く田中賢を歩かせると、稲葉に痛恨のタイムリー二塁打を浴びて、ついに同点。更に、続く青波の長瀬を歩かせ、一塁を埋めると、代打のミスタースナイパー・坪井にライト前へタイムリーを浴び、完封目前から一転、悪夢のサヨナラ負け。土壇場で引っ繰り返した日本ハムの優勝マジックは1つ減って5となった。

◆L4−6M◆
初回、ベンちゃんの走者一掃タイムリー三塁打で2点を先制されたロッテだが、直後の2回、無死一、三塁のチャンスで、バックスクリーンへ飛び込むズレータの15号3ランで、一気に逆転に成功。1点を追う西武は4回、一死一、三塁から小林宏の暴投で労せずして追いつくと、6回には二死一塁から中島のレフト線タイムリー二塁打で勝ち越し。最多勝を決定付けたい西武先発・涌井は7回まで投げきると、ミッチーを挟んで、9回は抑えのグラマンに全てを託したが、二死二塁とあと一人の所まで追い詰めながら、早川,フクーラと連打を浴びて、同点を許し、涌井の白星は消滅。更に、サブローもヒットを放ち、早川が一気に勝ち越しのホームを狙ったが憤死し、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは西武4番手・山岸に対して、一死満塁から今江,TSUYOSHIの連続タイムリーで2点を勝ち越し。最後は薮田が締めて、ゲームセット。これで西武は26年ぶりのBクラスが確定。入団以来、14年目で初のBクラスを経験する事となったハンニバルは今季限りの現役引退を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(1)トラックバック(86)2007 プロ野球 

September 25, 2007

◆G7−3D◆
初回からガッツの31号ソロで先制された中日だが、4回一死からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに35号ソロを叩き込み、同点。追いつかれた巨人はその裏、ガッツ,李が連打を浴びせると、ニックンのバントを処理した山本昌へ一塁へ悪送球を犯し、ガッツが労せずして勝ち越しのホームイン。更に、続く阿部がライトスタンドへ33号3ランを叩き込み、山本昌はこの回限りでKO。川相不在が故の一発攻勢では一日の長がある巨人は続く5回にもマッスル千代の富士の34号ソロで1点を追加。5点を追う中日は6回二死一、三塁のチャンスに英智がショートゴロに倒れて、二者残塁。続く7回の一死一、二塁のチャンスにも荒木が痛恨のゲッツーと川相不在の弊害を大露呈。しかし、8回、二死二、三塁の場面で登場した代打の切り札・立浪が一、二塁間を破る2点タイムリーを放ち、巨人先発・内海をようやくKO。更に、代わった上原から清水がヒットで繋ぎ、一、二塁と一発で同点の場面を作ったが、ピンキー井上がピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。すると、その裏、インケツパワーを溜め込んだニックンが20号ソロを叩き込んで、ダメ押しの7点目。この後、満塁のチャンスは逃したものの、9回は上原が3人でピシャリと締めて、一夜で首位奪回。上原はこれで球団新の31セーブ目、若大将・原監督は監督通算300勝。中日は巨人を上回る11安打を放ちながら、9残塁の拙攻が響き、マジック7は依然として点灯している状態ながらも、首位陥落。来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆YB4−3T◆
JFK揃い踏みでも連敗を阻止出来ない苦しい戦いが続く阪神だが、この日は初回からキュラソ星人のタイムリーで先制する幸先のいい立ち上がり。しかし、3回、簡単に二死を取った先発・下柳が野中に痛打された後、内川に7号2ランを放り込まれて、逆転を許してしまう。続く4回にはメカゴジラに15号ソロを浴び、3点目を献上。2点を追う阪神は8回、内野安打で出た赤松が盗塁で二塁を陥れると、シーツのタイムリーで生還し、1点差。そして、土壇場9回には守護神・クルーン相手に先頭の矢野が二塁打で出ると、藤本,代打・悠久の若虎・桧山と連続四球を選んで、無死満塁。ここで鳥谷がレフトへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。この後、二死満塁で打席にはキュラソ星人と言う場面を作った阪神だが、キュラソ星人は空振り三振に倒れて、勝ち越しならず。その裏、同点の場面ながら、マウンドに上がった藤川がきっちり締めて、試合は延長に突入。迎えた10回、横浜は一死からヒットで出た村田が二死後、二盗に成功。ここで吉村がレフト線へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。藤川が2戦連続で敗戦投手となる悪夢の様な展開で阪神は泥沼の6連敗。V奪回はかなり苦しい状況になってきた。

◆C0−2S◆
石川,青木高の両先発が6回まで無失点と相譲らぬ投手戦を展開。均衡が破れたのは7回。ヤクルト先頭のガイエルがライトスタンドへ32号ソロを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。続く8回には二死走者なしから寿司職人ラミレスが26号ソロをぶち込んで、2点目を追加。石川は6回以降ノーヒットと広島打線に付け入る隙を許さず、無四球完封で4勝目をあげ、チームの最下位転落の危機を救った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:22コメント(2)トラックバック(56)2007 プロ野球 

パ・リーグの優勝争いは混沌としているらしく、ソフトバンクに3タテ食らって、4位転落した四国も東京との3連戦を3タテすれば首位に浮上する位置にいるとの事。この大事な一戦で自ら先発登板する事を決めた小次郎に対して、山田は甲子園で対戦した時の様な異様な戦慄を覚えていた。兄・小次郎の登板を意気に感じる武蔵も打撃練習で快音を連発。しかし、試合前の東京のロッカールームは全く緊張感の欠片もなく、解雇時に1度会っただけの大垣談義に花を咲かせていた。そして、いよいよスタメンオーダーの発表となる。雲竜がDHでコールされた事でトカヘンがスタメンマスクと思いきや、コールされた名前は何と解雇されて、力士になった筈の大垣。先日の別れの挨拶はこの3連戦で裏をかく為の布石だったのか…と、裏切られた思いの東京ナインは大垣に対し、怒りを露わにするのだった。

 相撲部屋シーンが排除され、ストーカー女が再登場してきたので、またまた「超地獄変」に戻りました。残念…。大垣の復帰は予想範囲内だったが、この3連戦の初戦にいきなりスタメンマスクとは思わなんだ。大垣が東京ナインを騙した訳ではない…と言うのは読者にとっては疑う余地もない事。つまり、これは小次郎の策略と言う事になる。敵を騙すには味方から…と言う事で、大垣自身には解雇したと思わせて、相撲のトレーニングに邁進させ、東京戦に合わせて体を作らせる事が目的だったのか(1週間で何とかなる様なものではないと思うが)、トカヘンや雲竜があまりにも不甲斐ないので、藁をも掴む思いで呼び戻したのか(この場合、本当に大垣を解雇している筈で、7月以降に解雇した選手をそのシーズン中に復帰させる事はルール上、通らないのではなかろうか?)。そもそも、大垣の復帰に関して、スタメン発表時に驚く事自体がおかしい。これはもう水島漫画の悪癖と言って良く、都合の悪い情報は都合の悪い相手には決して悟られないのだ。しかし、選手登録情報は試合前にマスコミにも相手チームにも、下手すりゃファンにすら筒抜けな訳で、スタメン起用に驚くのはともかく、一軍登録されている事すら知らずに現場でびっくりするなどと言う事はプロ野球の世界では断じてあり得ない事である。これをプロ野球通を自称し、リアル路線を謳っている筈の水島氏がやりまくっているのだから、どうにも釈然としない。演出としては正しいのかもしれないが、もう何十年もプロ野球漫画を描き続けている人のやる事としては間違っているのではなかろうか。今や、「情報」と言う要素は欠かせないものだと言うのに、無理矢理「情報」を排除した野球を展開する水島ワールドは時代に逆行していると言えよう。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:49コメント(1)トラックバック(0)2007 ドカベン 

September 24, 2007

◆G5−7D◆
最後の首位攻防3連戦第1ラウンドは激しい点の取り合いに。まず中日が初回、一死満塁から森野のタイムリーで2点を先制。一方、巨人は2回、レフトフライと思われた李の当たりが、アンツーカーに足を取られたピンキー井上が転倒した事により、幸運な三塁打となった後、阿部のセカンドゴロの間に1点差。2,3回と3人ずつで抑え、立ち直りかけた巨人先発・木佐貫だが、4回、二死一、二塁の場面で山井のピッチャーゴロを弾いてしまう痛恨のエラー。満塁となった所で井端にタイムリーを浴び、2点を献上。その裏、巨人は李が28号2ランを叩き込み、またも1点差。直後の5回、一死からT.ウッズに痛打された所で木佐貫はKO。ここで一軍に昇格したばかりのルーキー・金刃を投入するも、二死後、李を歩かせると、英智にタイムリーを許して、KOそれでも食い下がる巨人はその裏、二死一、三塁のチャンスを掴むと、松田記者が山井の失投を逃さずにライト前へ弾き返して、三たび1点差と詰め寄った。突き放したい中日は7回、巨人4番手・西村に対して、二死一塁から上田が右中間を深々と破るタイムリー三塁打。続く井端のセカンド左へのゴロを脇谷がダイビングキャッチ。しかし、井端は執念のヘッドスライディングで内野安打を勝ち取り、この間に上田が返って7点目。土壇場9回、中日は守護神・岩瀬を投入する必勝体勢。これに対して、巨人は先頭の李のどん詰まりのフライがレフト前にポトリと落ちるも、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがセカンドゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。皮肉な事に、続く阿部が一発を放ち、ニックンのインケツぶりの罪深さを痛感させた末、矢野が倒れて、万事休す。巨人と入れ替わりで首位に返り咲いた中日にマジック7が点灯した。

◆YB5−4T◆
シャア少佐が腰椎突起の骨折していた事が判明する衝撃に見舞われた阪神は横浜先発・秦の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていたが、4回、二人の走者を置いて、3番に入った桜井が8号3ランを叩き込み、一気に3点を先制。しかし、その裏、先発・能見が一死一、二塁から代打・マイケルに走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、KO。続く野中のセカンドゴロの間にマイケルの生還を許して、あっさり同点。追いつかれた阪神は6回、二死から2本のヒットで四球で満塁とすると、代打・悠久の若虎・桧山が押し出し四球を選んで勝ち越しに成功。6回からは久保田−ウィリアムスと繋いで、8回から早くも藤川を投入。しかし、藤川は二死走者なしから、内川を歩かせると、村田には内野安打を許して、一、二塁のピンチ。ここでメカゴジラに走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、形勢逆転。最後はクルーンの前に3人で締められ、悪夢の5連敗となった。

◆C7−2S◆
佐々岡が「もう1回優勝したかった」と無念の引退会見を行ったこの日の試合は降雨中止と思われたが、セ・リーグ最長記録となる89分遅れでの開始となった。佐々岡の無念を受け止めた広島打線は初回に大爆発。ルパン広瀬,東出の連続二塁打でいきなり1点を先制すると、一死後、新井もタイムリー二塁打。更に、二死後、梵,嶋と連続アーチが飛び出して、大量5点のビッグイニングを形成。続く2回にも内野ゴロの間に1点を加えて、6点目。先発・長谷川は序盤は再三ピンチを背負ったが、徐々に立ち直り、7回を投げ、田中浩の犠飛による1点で切り抜ける好投を展開。広島は8回に栗原の一発でダメを押した。ヤクルトの連勝は3でストップ。両軍の差は1ゲームとなった。

◆F4−4H◆
日本ハムとの最後の直接対決となるこの試合、何とか買っておきたいソフトバンクは3回、アダムの一発で1点を先制。しかし、4回、先発・新垣が捕まり、高橋,稲田のタイムリーで2点を失い、形勢逆転。新垣は10個の三振を奪う力投だったが、何故か、5回限りで降板となった。1点を追うソフトバンクは6回、内野安打2本で一死一、三塁とすると、小久保のタイムリー二塁打で同点とし、日本ハム先発・武田勝をKO。更に、代わった金森から井手が2点タイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。何とか逃げ切りたいソフトバンクだったが、7回、内野ゴロの間に1点を返されると、8回に満塁のチャンスを逃した裏の攻撃で小谷野にタイムリー二塁打を浴びて、試合は振り出しに。試合はその儘、延長に突入したが、ソフトバンクは勝ち越しのチャンスをモノに出来ず、12回も無得点に終わって、この試合の勝ちが消滅。その裏、何と4イニング目の投球となる馬原に対して、日本ハムは二死一塁から代打・田中幸がレフトフェンスを直撃。代走・紺田は一気にサヨナラのホームを狙ったが、柴原−川崎と繋ぐ中継プレーの前に惜しくも憤死となり、12回規定により引き分け。日本ハムのマジックは1つ減って6となった。

◆M4−10Bs◆
初回,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰し、その裏、今江の2ラン等で3点を先制される嫌な立ち上がりの偽バファローズだったが、3回から猛反撃。一死満塁からラロッカのタイムリー等で2点を返すと、続く4回には後藤の9号ソロで同点。5回にはアレンの2点タイムリー二塁打,後藤の2打席連続となる10号2ランで一気に4点を勝ち越しに成功。更に、6回にもアレン,牧田のタイムリーで3点を奪い、終わってみれば、計20安打10得点の猛攻で圧勝に終わった。

◆E4−2L◆
4位浮上に燃える悪の温床・楽天は2桁勝利を狙う西武先発・オツに対して、2回、フェルナンデス,礒部の連打でチャンスを作り、鉄平のファーストゴロの間に1点を先制。4回には礒部が5号ソロを叩き込み、1点を追加。オツは5回2失点で降板となり、2桁勝利はお預けとなった。2番手・小野寺に対しても、悪の温床・楽天は礒部のタイムリー,7回には草野のタイムリー二塁打で着々と加点。先発・岩隈は毎回の様に走者を背負いながらも、8回まで無失点と粘りの投球を展開。9回も簡単に二死を取り、完封まであと一人と迫ったが、ここでベンちゃんに16号ソロを被弾。更に、リーファー,中島,代打・江藤と3連打で2点差に詰め寄られ、無念のKO。しかし、最後は守護神・小山が大崎を打ち取って、事なきを得た。岩隈は完封どころか完投まで逃したものの、5勝目をマーク。悪の温床・楽天は西武に1差にまで迫った。尚、この日、関川が今季限りでの現役引退を表明した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:36コメント(0)トラックバック(69)2007 プロ野球 

September 23, 2007

 春先、会社の先輩にジャイアンツ球場のパスポートを戴きながら、日程が合わなかったり、台風で潰れたりとなかなか行けずにいたのだが、一度も行かないのも何だなぁと言う事でジャイアンツ球場での今季最終戦となるロッテ戦に行ってきた。到着すると、早速、この怪人に遭遇。

オビスポ家宅侵入を図る不審人物…ではなくオビスポ

野球カードを配っていたけど、私は貰い損ねたよ。ガックリ…。

0923Eスタメンこの日のスタメン。残念ながら、オビスポは出ず
伊集院名前で期待しているルーキー・伊集院はスタメンマスク

試合の方は巨人先発のルーキー・深沢が初回に南の犠飛で先制を許すも、巨人はその裏、ロッテ先発・三島を攻め、亀井のタイムリーですかさず同点。しかし、4回から代わった2番手・三木が2イニングで5失点の大炎上…。

深沢制球に苦しみながらも、3回1失点のルーキー・深沢
亀井一軍でお馴染みの亀井は同点タイムリー三木三木は2回5失点。一軍復帰は当分お預けか…

この面々では比較的ビッグネーム(?)なワトソン博士劇場
ワトソン博士01いったぁ〜っ! ただのファール…
ワトソン博士02豪快なスイング!…で、キャッチャー前の凡ゴロ
ワトソン博士03「何故、オレを下げるんだ、ハイディ!」と不満たらたら

巨人は後半戦に入り、野口,入団前から川相を信奉していたナイスガイ・真田と言った一軍クラスを投入し、追加点を与えず、吉川の一発等で3点差まで詰め寄る。

野口二軍相手に打たれる訳にはいかない野口
真田川相信奉者のナイスガイ・真田には一際大きい声援が…鈴木誠投げ方がちょっちカッコいい育成枠の鈴木誠

その頃、ロッテ側のブルペンがざわつき始める。一体何事かと思えば…。

小林雅01二軍レベルとは思えぬ快速球! まさかこいつは…!?
小林雅02お、お前は〜っ!? こ、小林雅〜っ!

そういや、こいつファーム落とされてたんだっけ…。まさかこんな所で見られるとは大ラッキー。二軍でもコバマサ劇場は開演されてしまうのでは!?密かに別に意味での期待もしてしまったが、やはり、150kmを連発する小林雅の球は簡単に打たれる事はなく(と言っても、1つも三振は奪えなかったのだが)、3人でピシャリと締めて、調整登板完了。

小林雅03うなる快速球は流石、一軍の守護神の貫禄
小林雅04ストレートは常時150km台を計時

9回に7番手・東野が致命的な3点を失い、試合を決定付けられる。その裏、代打・小関の3ラン等で4点を返しただけに、痛かった。試合の勝敗に一喜一憂する事もないのだが、それにしても、オビスポの投球が見たかったよ…。んで、最後におまけ…。

ジョニー黒木ジョニー黒木のオカマポーズ(嘘)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:06コメント(0)トラックバック(2)2007 プロ野球 

◆G3−2YB◆
ハマのチンピラ,久保の両先発が立ち上がりから安定した投球を展開し、序盤は両軍ゼロ行進。先に大きなチャンスを掴んだのは巨人。5回、二死満塁とするも、ここで打席が回ってきてしまった久保は三振に倒れて三者残塁。依然として無失点投球を続ける久保は7回も簡単に二死を取りながら、吉村,内川と連続アーチを叩き込まれて、ついに先制点を献上。2点を追う巨人は8回、キムタク,マッスル千代の富士の連打で無死二、三塁のチャンス。ここで松田記者が右中間へ大飛球を放つも、ライト・内川がダイビングキャッチで抑える超ファインプレー。しかも、三塁走者の代走・古城がタッチアップでも余裕でホームイン出来た所を抜けたと思い込んでスタートを切ってしまい、逆戻りする大チョンボ。ここで横浜はガッツを敬遠し、前日4三振,この日も2三振を含む3タコと不振の李との勝負を選択。しかし、怒りに燃える李は右中間を深々と破る走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、一気に逆転。ハマのチンピラはここで無念の降板となった。この後、巨人はニックンが死球で出るも、マットホワイトが一塁へ牽制した際に、何を血迷ったか李が本塁へスタートを切り、余裕でアウトとなる大チョンボ。代走・鈴木が二盗と悪送球で三塁へ進んだものの、阿部はファーストゴロに倒れて、追加点ならず…と嫌なムードが漂ったが、9回、守護神・上原が3人でピシャリと締めて、球団タイ記録の30セーブ目。4連勝の巨人は中日は入れ替わりで首位に返り咲いた

◆D0−5C◆
マジック点灯を狙う中日だが、またまた持病のタイムリー欠乏症が発症。初回一死一、三塁のチャンスをT.ウッズがゲッツーで潰すと、2回も一死一、二塁のチャンスをものに出来ない体たらく。先発・小笠原は2回まで3人ずつで抑える好投を見せていたが、味方打線の不甲斐なさにがっくりきた矢先の3回、先頭の嶋に11号ソロを被弾し、先制点を献上。その裏、中日は一死から荒木がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。この直後の中村紀にヒットが出る何ともチグハグな攻撃でまたも無得点。一方、広島は4回に求道者・前田が14号2ランを叩き込み、2点を追加。3点を追う中日は6回、ヒットと四球で無死一、二塁と絶好のチャンスを掴むも、T.ウッズ,森野,李があえなく凡退し、二者残塁。更に、続く7回は二死から3人の走者を出して満塁とするも、中村紀がショートゴロに倒れて、三者残塁とまたまたまたまたまたまた川相不在の弊害を大露呈。広島は8回にも求道者・前田がこの日2本目となる15号ソロをぶち混むと、9回には新井のタイムリーでダメ押しの5点目。広島先発・大竹は川相不在の中日の大拙攻に助けられながら、9回を投げきり、プロ初完封で8勝目をマークした。昨日はたまたま格下の投手相手に打線が爆発したものの、投手ランクが上がっただけで無様な攻撃を展開した中日の連勝は3でストップ。あまりの不甲斐なさに来季の川相現役復帰待望論はますます強まる一方だ

◆S3−0T◆
この大事な時期に連敗ロードに突入しつつある阪神はこの日も初回から先発・上園がユウイチのタイムリー二塁打で先制される苦しい展開。一方、ヤクルト先発・石井一は絶好調で5回まで死球1つ与えただけのノーヒットピッチング。阪神は6回、先頭の藤本がチーム初安打で出ると、代打・藤原のバントが川本のエラーを誘い、無死一、二塁のチャンス。続く鳥谷がきっちり送って、二、三塁としたものの、代打・浜中,野口と連続三振に倒れて、二者残塁。その裏、岡田監督は負けている場面ながらも早くも久保田を投入。久保田は2回をきっちり抑えると、8回からはウィリアムスが登場。今季ここまで僅かに自責点2のウィリアムスだったが、一死からユウイチ,飯原と連打を浴びると、続く宮本には走者一掃のタイムリー三塁打を許して、痛恨の2失点。これで一気に楽になった石井一は9回も簡単に3人で切り抜けて、今季初完封で8勝目。阪神はこれで4連敗となった。

◆F2−3H◆
松中のリタイアに合わせるかの様な4連敗でV奪回が遠のきつつあるソフトバンクはエース・斉藤和を立てての必勝態勢。一方、マジック点灯で余裕の日本ハムはルーキー・山本をプロ初の先発起用。焦るソフトバンクを嘲笑う様に3回まで0点に封じてきた山本だが、4回、ソフトバンクは先頭のハマのスペランカーがヒットで出ると、小久保が25号2ランを叩き込み、ついに待望の先制点をゲット。7回には伏兵・井手に2号ソロが飛び出して、3点目。中盤から走者を溜める苦しい投球を続けながらも、無失点で凌いできた斉藤和だったが、その裏、工藤,小谷野と連打を浴びた所で無念の降板。ここで代わったニコースキーが一死満塁から劇団ひちょりに2点タイムリーを浴び、1点差と詰め寄られたものの、辛くも後続を断ち切ると、8回からは水田−馬原と繋いで、逃げ切りに成功。マジック消滅とはいかないものの、首位・日本ハムとの差を2.5と戻した

◆M8−0Bs◆
ロッテは初回一死一、三塁の場面でズレータ,TSUYOSHIがダブルスチールを仕掛けて、1点を先制。続く2回にはオーティズが7号2ランを叩き込み、3点目。5回には早川のタイムリー二塁打で1点を加えた後、ズレータが歩いた所で偽バファローズ先発・川越をKO。更に、代わった香月からサブローのタイムリー二塁打,里崎の犠飛,ベニー松山,大松の連続タイムリーと畳み掛ける攻撃でこの回、一挙5点を奪い、試合を決定付けた。この所、そこそこの内容ながら、勝敗が全くつかない登板が続いていたロッテ先発・渡辺俊だが、大量リードをバックに余裕の投球で8回まで散発2安打。土壇場9回に2安打を浴びて、二死一、二塁のピンチを迎えたものの、最後は後藤をサードへのファールフライに打ち取り、今季2度目の完封で8月16日以来となる8勝目をマークした。

◆E5−4L◆
突然の連勝モードで最下位争いから逃げのびつつある西武に対して、最下位回避よりも4位浮上に燃える悪の温床・楽天は3回、高須のタイムリー二塁打で先制。1点を追う西武は5回に銀仁朗の2点タイムリー三塁打で一気に逆転すると、6回にはカブレラの25号ソロ,7回には栗山のタイムリーで着々と突き放す。しかし、粘る悪の温床・楽天はその裏、草野のタイムリー,ショートの押し出し四球等で3点を返し、同点とすると、続く8回には二死一塁からまたも草野がタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。最後は小山がきっちり締めて、1点差を守りきり、西武の連勝を6でストップさせた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:50コメント(1)トラックバック(83)2007 プロ野球 

September 22, 2007

◆G7−1YB◆
デーゲームで中日が勝っており、負けられない巨人は初回、一死二塁からガッツのタイムリー二塁打で先制すると、更に、ニックン,清水に連続タイムリーが飛び出し、この回、3点。3回までパーフェクトの好投を見せていた先発・野間口だが、4回、無死一、二塁のピンチ。ここから金城をライトフライに打ち取ると、続く村田をショートゴロゲッツーに仕留めてピンチ脱出…と思いきや、ニックンがヘッポコタイムリーエラーをかまして、1点を献上。しかし、その裏、巨人は清水の3号ソロで再び3点差とすると、5回にはガッツ,6回にはゴンザレス,7回には松田記者とタイムリーを放ち、4イニング連続得点。大きな援護を貰った 野間口は横浜打線を散発3安打と完璧に封じ込め、プロ初の9回完投勝利を飾った。

◆D12−3C◆
2回に喜田のタイムリーで先制された中日は3回、井端,中村紀のタイムリーで逆転に成功。4回には李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号ソロを叩き込み、3点目。しかし、5回、東出,オチョア,栗原,新井と4連打で同点に追いつかれ、先発・中田はKO。なおも無死一、二塁と一気に畳み掛けたい広島だったが、代わった石井の前に嶋が打ち上げ、梵はショートゴロゲッツーに倒れて、勝ち越しならす。3−3で迎えた6回、中日は一死満塁から谷繁のタイムリーで2点を勝ち越すと、更に、ピンキー井上が走者一掃のタイムリー三塁打でこの回4点。更に、続く7回にも6安打を集中してダメ押しの5点を奪い、首位をキープ。好リリーフの石井に2勝目がついた。敗れた広島は3連敗。

◆S9−6T◆
首位から一気に3位へ陥落した阪神は初回に葛城イクローのタイムリー二塁打で早々と2点を先制。その裏、先発・杉山は簡単に二死を取りながら、3人の走者を出して満塁とすると、宮本には押し出し四球。更に、続く畠山には2点タイムリー二塁打を浴び、あっさり逆転を許してしまう。杉山は2回に入っても立ち直りの兆しを見せず、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴び、ユウイチにも連打を許した所であえなくKO。2点を追う阪神は4回、関本,鳥谷と2本の2ランで一気に逆転するも、それも束の間、その裏、3番手・渡辺が宮本に2点タイムリー二塁打を浴びて、あっさり同点。更に、続く畠山にもタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。ヤクルトは5回にも田中浩のタイムリー等で2点を追加。直後の6回、阪神は3つの四球で二死満塁とするも、シーツがこの日3打席連続の三振に倒れて、三者残塁。阪神は以降も毎回走者を出しながら、得点には繋がらず、痛い連敗で中日との差は1.5と拡大した。

◆L7−3H◆
自力優勝が消滅したソフトバンクはこの日も精彩を欠く戦い。ドーピング…もとい養毛剤パワーを奪われてから、依然として白星を挙げられない先発・ガトームソンは2回にリーファー,中村とタイムリー二塁打を浴び、3点を失うと、続く3回にもリーファーにタイムリーを浴び、この回限りであえなくKO。4回にも1点を失い、5点ビハインドで迎えた5回、ここまで大沼の前にパーフェクトと抑え込まれていたソフトバンクは小久保の四球を皮切りにブキャナン,ハマのスペランカー,田上と3連打で2点を返すと、四球を挟んで本多もタイムリーを浴びせ、2点差。なおも一死満塁と一打同点のチャンスだったが、川崎,柴原と内野ゴロに打ち取られ、三者残塁。西武は6回にベンちゃん,8回にはカブレラのタイムリーで突き放すと、最後はルーキー・岩崎が締めて、今季3度目の6連勝。ソフトバンクは自力V復活のチャンスを逃し、今季4度目の4連敗となった。

◆F2−7Bs◆
昨夜、マジックを点灯させた日本ハムだが、初回、牧田の今季初アーチで先制点を献上。4回に高橋の3年ぶり2桁アーチとなる一発で追いついたものの、6回、先発・八木が無死満塁のピンチわ作ってKO。代わった押本はアレン,前田とタイムリーを許して、勝ち越しの3点を献上。8回に偽バファローズの守乱に乗じて2点差と詰め寄ったが、9回、4番手・金沢が二死走者なしから連続四球でピンチを作り、坂口,代打・村松と連続タイムリーで3点を失い、ダメを押された。ソフトバンクが敗れた事により、マジックは1つ減って7となったが、地元・札幌ドームでの胴上げの可能性は消滅した。偽バファローズの連敗は3でストップ。先発・デイビーは7回1失点の好投で8勝目。

◆E2−9M◆
ショートのタイムリーで初回から先手を取られたロッテ。しかし、4回、ズレータのタイムリー二塁打で逆転に成功すると、6回にはズレータのタイムリー三塁打,大松のタイムリー二塁打で2点を追加。そして7回にはフクーラの犠飛の後、またまたズレータが14号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。大局が決した事で残るはズレータの第5打席に注目が集まった。三者凡退で終われば、打席は回って来ない所だったが、一死から大塚がヒットで出塁。かくして打席が回ってきたズレータはセンター前へダメ押しのタイムリーを放ち、オチョア(当時中日)以来3年ぶり史上60人目(63度目)となるサイクルヒットを達成。先発・久保は7回途中まで2失点で9勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:06コメント(2)トラックバック(72)2007 プロ野球 

 Jr.はW杯以降、6割以上の打率をマークするなど、絶好調。ライバル視している吾郎がW杯の敗戦を引きずらずに結果を出しているのを知るとほくそ笑み、6月開催の交流戦での再戦を心待ちにしていた。一方、日本ではスポーツ新聞にでかでかと載った吾郎の活躍を見た寿也が自分も負けられないと発憤。吾郎は中5日で登板したグリズリーズ戦でも6回を10三振無失点の好投を見せ、開幕メジャー当確。ローテでは5番目の扱いながら、地元でデビューさせたいと言うオーナーの意向により、地元で行われるシーガルスとの開幕3連戦の3戦目の先発登板を申し渡されたのだった。

 満を持して、メジャーのマウンドに登る事となった吾郎。とは言え、W杯のテンションからは遙かに落ちる訳で、非常にエピローグ感が漂うのだが、果たして、この儘、メジャー1年目のシーズンを普通にこなしてしまうのだろうか…。3A編もイマイチ盛り上がらなかっただけに、ちょっと心配だ。周囲のキャラがイマイチ弱いのもあるし…。とりあえず、デビュー戦となるシーガルズはコジローが所属している様なので日本代表選抜合宿の借りを返す話になるのか? あまりコジローやらD.マッケンジーやらがシメられまくる様だと、やってる事が「ドカパロ」と変わらなくなるだけに、その辺の匙加減はうまい事やって欲しいものだが…。で、沢村の伏線はもう完全放置? あまり時期を空けてから解消する程の重要な伏線とも思えないし、そろそろ時効になっちまう気が…。沢村の伏線が気になると言ったコメントとかも全く頂けないし、やはり、こんな事を気にし続けているのは私だけなのか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 10:01コメント(5)トラックバック(0)2007 MAJOR 

September 21, 2007

◆G5−1YB◆
3強中、最も負け数が多い事から、残り試合全戦必勝対戦で臨む巨人は中2日で中継ぎとしてスクランブル登板したばかりの春風亭半ケツが中2日で先発登板。2回まで3安打を浴びながら、0点で凌いできた春風亭半ケツに対して、手痛い一発を浴びせたのが、昨年までの同僚・ガッツな貴公子・仁志。3回、先頭打者として打席に入るとレフトスタンドへ10号先制アーチ。先制点を失ったもの、4回以降はパーフェクトと素晴らしい投球を見せる春風亭半ケツを何とか援護したい巨人は6回まで1安打と抑え込まれていた横浜先発・はーちゅんに対して、7回、一死一、三塁からニックン,清水の連続タイムリーで逆転に成功。更に、二死後、阿部に代わってスタメンマスクを被っていた加藤がプロ初アーチとなる貴重な3ランを叩き込み、一気に4点のリード。9回はセーブのつかない場面ながらマウンドに上がった守護神・上原が2安打を浴びながらも、0点で切り抜け、2位浮上。8回1失点の春風亭半ケツは14勝目を飾った。

◆D5−3C◆
人斬り抜刀斎,黒田の両エースの対決となったこの試合、広島が3回に倉の一発で1点を先制。4回までに6個もの残塁を量産し、川相不在を痛感するばかりの中日は5回、二死一、二塁からミスター3ラン・森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに15号3ランを叩き込み、逆転に成功。しかし、7回、人斬り抜刀斎はこのリードを守れず、7回二死一、二塁のピンチで嶋に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、振り出しに。追いつかれた中日は8回に3四球で二死満塁とタナボタのチャンスを貰いながら、代打の切り札・立浪がレフトフライに打ち取られ、三者残塁。試合はその儘、延長に突入した。10回も2四球で一死一、二塁のチャンスを逃した中日だか、11回、四球の井端を荒木が送った所で中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに19号2ランを叩き込み、サヨナラ勝ち。阪神と入れ替わりで首位に返り咲いた中日だが、タイムリー欠乏症&一発依存症は深刻を極めており、来季の川相現役復帰待望論はますます強まるばかりだ。尚、敗れた広島は最下位転落。

◆S8−1T◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーは2回までノーヒットと上々の立ち上がりを見せると、打ってはその裏、自ら先制2点タイムリー二塁打の活躍。直後の3回、先頭の関本に被弾し、1点差とされるも、ヤクルトは4回、二死満塁から田中浩が走者一掃のタイムリー二塁打を放つと、続く寿司職人ラミレスが25号2ランを放り込み、一挙5点のビッグイニングを形成。直後の5回、阪神は二死満塁のチャンスを作ったものの、シーツがセカンドゴロに倒れて、三者残塁。ここで無得点に終わった事が致命傷となり、結局、グライシンガー−木田画伯の前に追加点をあげる事なく、首位から一気に3位転落となった。グライシンガーは8回1失点で最多勝をほぼ確定とする16勝目をマークした。

◆L3−0H◆
主砲・松中が戦線離脱となったソフトバンクはこの日も得点力不足を露呈する苦しい展開で、新人王を狙う西武先発・岸に対して4回まで僅かに1安打と沈黙。味方打線の援護をひたすらに待って力投を続けていた先発・杉内だが、4回、突如、制球を乱し、4四球による押し出しで先制点を献上。7回には栗山,片岡と連続タイムリーを許して、無念のKO。ソフトバンクは中盤には3度得点圏に走者を進めたものの、あと一本が出ず。9回も先頭の小久保が四球で歩いたが、ここで代わったグラマンの前に代打・井手が最悪のゲッツーを食らう有様で、完封負けで3連敗。一方、勝った西武は5連勝。岸は完投こそ逃したものの、9回途中まで無失点の好投で10勝目をあげ、新人王に望みを繋いだ。

◆F13−5Bs◆
マジック点灯を狙う日本ハムだったが、先発・スウィーニーが3回二死から4連打を浴びて、3点を献上。続く4回にも連打を浴びて、あえなくKOとなった。しかし、代わった金沢がきっちり後続を断ち切ると、その裏、日本ハムは3連打で無死満塁とした所で高橋が9号グランドスラムをぶち込んで、一気に逆転。5回にも稲葉のタイムリーで1点を加えたが、直後の6回、偽バファローズは日高のタイムリー二塁打等で2点を返し、試合は振り出しに。5−5の儘、迎えた8回、日本ハムは6長短打を浴びせる集中攻撃で一挙8点を勝ち越し、試合を決定付けた。2位のソフトバンクが敗れた為、マジック8が点灯した

◆E9−3M◆
バレンタイン監督はこの大事な時期に何を血迷ったのか、出れば火だるまの吉井を先発に指名。3戦連続完封負けを喫している悪の温床・楽天が相手だからとナメくさったのかは分からないが、湿りまくった悪の温床・楽天打線ですら吉井は通用せず、3回に草野の8号2ランで先制されると、4回には礒部にタイムリー,5回にはショート,フェルナンデスと連続タイムリーを許して、あえなく5失点KO。ロッテは終盤3点を返したものの、リリーフ陣も打ち込まれて、吉井分の点差を縮める事すら出来なかった。悪の温床・楽天先発・一場は7回途中まで3点で凌ぎ、5勝目。山崎武は帰国したローズに並ぶダメ押し42号を放ち、両リーグでの本塁打王のタイトルをほぼ確定させた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:10コメント(0)トラックバック(86)2007 プロ野球 

September 20, 2007

◆M8−1H◆
優勝を争うこの大事な時期にソフトバンクに衝撃が走った。主砲・松中が右ふくらはぎ痛で登録抹消となったのだ。肉離れの疑いもあり、今季中の復帰も微妙との事。得点力が落ちただけに投手陣が踏ん張らなくてはならない所だったが、初回は3人で抑えた先発・大隣が2回に大炎上。一死満塁のピンチにオーティズに先制タイムリーを許すと、二死後、TSUYOSHIには押し出し四球,早川には2点タイムリー、そして、ベニー松山には12号3ランを叩き込まれて、この回、悪夢の7失点。ソフトバンクはロッテ先発・小野に対して、毎回の様にヒットを放つものの、7点差が焦りを呼ぶのか、打線が繋がらず、得点が奪えない。7回に本多のタイムリーでようやく1点を返したものの、3回以降立ち直りを見せていた大隣がその裏、ベニー松山にこの日2本目となる13号ソロを被弾し、ダメを押された。ロッテはソフトバンクより3本も少ない6安打ながら、ワンチャンスをモノにして、快勝。先発・小野は7回二死まで1失点で切り抜け、6勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:25コメント(0)トラックバック(19)2007 プロ野球 

September 19, 2007

◆T1−11G◆
負ければ阪神のマジック点灯を許す可能性のある巨人は2回、阪神先発・ボーグルソンを捉え、無死満塁のチャンス。ここで当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが開幕戦以来となる2号グランドスラムを叩き込み、一挙4点を先制。4回には二死二塁から内海が頭部死球を食らって、ボーグルソンは危険球退場。緊急登板となったダーウィンの代わりばな、マッスル千代の富士が33号3ランをぶち込んで、7点目。巨人は終盤にも4点を加えて、計15安打11点と対阪神6連敗の鬱憤を晴らす猛打爆発で快勝を収めた。先発・内海は頭部死球の影響も感じさせず、6回にシーツのタイムリー内野安打で1点を失ったもののの、7回を投げ、13三振を奪う快投を展開。日本新記録の可能性を残す上、最多奪三振のタイトルへ向けてもう少し稼いでおきたい内海だったが、若大将・原監督に個人タイトルを援護する余裕はなく、この回限りで温存降板。しかし、7点差の8回から登板過多で疲弊の色がまざまざと見えている西村を、そして10点差の9回には守護神・上原を使ってしまった若大将・原監督の采配は不可解極まりなかった。折角、リリーフを休ませられるチャンスをむざむざ放棄してしまった若大将・原監督の謎の采配が果たして、今後のペナントにどう影響を及ぼすか注目される。

◆S5−6D◆
最多勝に望みを繋ぎたい中日先発・朝倉だったが、初回から寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打,ガイエルの31号2ランでいきなりの3失点。3回に荒木,4回に英智のタイムリーで1点ずつ返し、1点差として貰ったのも束の間、その裏、先頭の川本に7号ソロを被弾。更に、田中浩にタイムリー三塁打を許し、再び点差は3点と拡大。しかし、粘る中日は5回に1点を返すと、7回には無死満塁からT.ウッズの2点タイムリーでつい同点。なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が倒れて、勝ち越しならず。5−5の儘、迎えた土壇場9回、中日は先頭の中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに18号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。最後は守護神・岩瀬が締めて、史上初の3年連続40セーブを達成。これでセ・リーグ3強は再び0.5差でひしめく大混戦となった。

◆YB11−10C◆
広島は初回、求道者・前田のタイムリー二塁打等で2点を先制すると、3回には梵が16号2ランを叩き込み、4点のリード。しかし、横浜は4回、村田の28号2ランで2点を返すと、6回には一死一、二塁として、広島先発・高橋をKO。更に、この後、二死満塁とした所で下窪が2点タイムリーを放ち、ついに同点。追いつかれた広島は直後の7回、4安打を集中して、5点を勝ち越すも、その裏、横浜は村田にこの日2本目となる29号3ランが飛び出すなど、一気に5点を奪い返す驚異の粘りを見せる。9−9で迎えた土壇場9回、広島は求道者・前田がこの日4安打目となるタイムリー二塁打を放ち、三たびリード。その裏からマウンドに上がった守護神・永川は一死から吉村に三塁打を浴びるも、メカゴジラを打ち取ると、代打・マイケルを三振に斬ってとり、ゲームセット…と思いきや、これを倉が後逸(記録は永川の暴投)し、マイケルは振り逃げで一塁に生き、吉村は同点のホームイン。更に、代走・木村が二盗に成功した所で相川が右中間へタイムリーを浴びせて、劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

◆M5−1H◆
防御率1点台をひた走る成瀬を相手にしながら、初回からフクーラのタイムリーで先制を許してしまったソフトバンク。決して調子のよくない成瀬から2回まで4安打を浴びせても得点を奪えずにいたが、3回、川崎,田上,小久保の3連打で同点に追いつくと、更に、ハマのスペランカーも続いて無死満塁と絶好の勝ち越しチャンス。しかし、ここから大村,松田,本間とあえなく凡退し、三者残塁。続く4回にも二死満塁としながら、ハマのスペランカーがセンターフライに倒れて、またも三者残塁の大拙攻。大ピンチを免れたロッテはその裏、連打で一、二塁とした所でオーティズのタイムリー二塁打で勝ち越し。更に、二死後、TSUYOSHI,フクーラがタイムリーを浴びせて、この回、一気に4点を追加。7回、成瀬は一死から小久保に痛打された所で降板するも、ここで何と渡辺俊がスクランブル登板。渡辺俊は四球を1つ与え、一、二塁としたものの、後続を断ち切ると、8回からは川崎−萩野と繋いで逃げ切りに成功。不調ながらも6回1/3を1失点で切り抜けた成瀬は9連勝で15勝目を飾った。ソフトバンクは13安打を浴びせながら、14残塁の大拙攻が響き、日本ハムとの差が2と開いてしまった。

◆F6−0E◆
ダルビッシュと田中、最多奪三振のタイトルを争う若きエース同士がついに初の直接対決。立ち上がりピリッとしない田中に対して、日本ハムは稲葉のタイムリーで初回から先制すると、続く2回には金子誠が4号ソロを放ち、2点目を追加。田中は尻上がりに調子を上げていったが、7回、一死一、三塁と久々のピンチを迎えると、代打・田中幸にタイムリー,劇団ひちょりには犠飛を打ち上げられ、4点目を失った所で無念のKO。更に、日本ハムは2番手・佐藤から田中賢が3号2ランを叩き込み、6点目。ダルビッシュは制球に苦しみながらも、大きく崩れる事なく、再三のピンチも落ち着いた投球で8回まで無失点。最後は金森が3人で締めて完封リレーを達成。ダルビッシュは15勝目をマークした。

◆Bs3−5L◆
最多勝を狙う涌井を援護すべく、西武は初回からカブレラの24号2ランで先制点をプレゼント。しかし、涌井はその裏、二死から連続四球を与えると、アレンのタイムリー,後藤のタイムリー三塁打で3点を失い、あっと言う間に形勢逆転。2回以降、涌井,平野佳の息詰まる投げ合いが続き、3−2の儘、試合は終盤へ突入。迎えた7回、西武は一死から中村,銀仁朗の連打で二、三塁とすると、ココで栗山がライト前へ2点タイムリーを放ち、逆転に成功。9回にはリーファーが8号ソロを叩き込み、ダメ押し。その裏、グラマンがきっちり締めて、涌井は白星を17と伸ばし、最多勝へ大きく前進した

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:53コメント(0)トラックバック(76)2007 プロ野球 

September 18, 2007

◆T5−4G◆
首位奪回を狙う巨人は阪神先発・能見に対して、初回、マッスル千代の富士,松田記者の連打で無死一、三塁とすると、ガッツのショートゴロの間に1点を先制。更に、続く李がヒットで繋いだものの、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンはショートライナーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。続く阿部もセンターへ打ち上げて、結局、1点止まり。すると、その裏、先発・久保が無死満塁のピンチを迎え、キュラソ星人のショートゴロの間にあっさり同点に追いつかれてしまう。直後の2回、巨人は一死満塁と絶好のチャンスを掴むも、ここで松田記者が最悪のゲッツー。4回にも一死一、二塁のチャンスにマッスル千代の富士,松田記者が連続三振とまたも勝ち越しに失敗。巨人の拙攻ぶりを尻目に阪神はその裏、キュラソ星人がバックスクリーン左へ30号ソロを叩き込み、あっさり勝ち越し。若大将・原監督は6回に春風亭半ケツをスクランブル登板させる執念の采配を見せると、直後の7回、巨人はニックンのタイムリーで同点。しかし、その裏、3番手・西村が二死一、三塁のピンチでシーツに11球粘られてライト前へ勝ち越しタイムリーを許すと、葛城イクローにもタイムリーを浴びて、2点差。8回から久保田を投入し、逃げ切り体勢に入った阪神に対して、巨人はエラーで貰ったタナボタのチャンスにガッツが2点タイムリーを放ち、またまた同点。しかし、それも束の間、その裏、5番手・アゴくらが痛恨の暴投を犯して、勝ち越し点を献上。土壇場9回、守護神・藤川に対し、一死二塁と追い詰めた巨人だが、矢野,ホリンズと連続三振に倒れて、万事休す。これで巨人は対阪神6連敗となり、首位との差は1.5と広がった。勝った阪神は明日にもマジック10が点灯する。

◆S3−2D◆
アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦への出場権が完全消滅した事で、中井美穂の旦那・古田が選手としてだけでなく、監督としても辞意を表明。最後の意地を見せたいヤクルトは初回、二死一塁からガイエル,畠山,宮本の3連打で2点を先制。直後の2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した李の8号ソロで1点を返されるも、その裏、田中浩のタイムリーで突き放した。2点を追う中日は5回、英智が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに4号ソロを叩き込み、1点差。続く6回には二死一、二塁のチャンスを掴むも、一発が出ないと如何ともしがたく、李が空振り三振に倒れて、二者残塁。8回にはヒットの井端を荒木が送るも、一発が出ないと如何ともしがたく、中村紀,T.ウッズと倒れて、井端は二塁に釘付け。最後は抑えの館山の前に3人で捻られて、あと1点が届かなかった。ソロ2発で2点を取るのが精一杯と言う一発依存症が顔を出し、痛い星を落としただけに来季の川相現役復帰待望論はより一層高まってきた

カリメロ◆YB4−6C◆
連敗地獄にハマっている広島はこの日も2回に下窪のタイムリー二塁打で先制される苦しい展開。横浜先発・カリメロの老獪な投球の前に2併殺を喫するなど、手こずっていた広島打線だが、5回一死満塁から、オチョアのタイムリー二塁打で逆転に成功。更に、二死一、二塁となった所で求道者・前田にもタイムリーが飛び出して、3点目。広島は7回にはオチョア,栗原の連続タイムリー二塁打で2点を加えると、9回にもダメ押しの1点を追加。その裏、4番手・青木勇が3連打を1点を失い、あえなくKO。代わった守護神・永川も暴投と金城のタイムリーで2点差と迫られ、なおも一、二塁と一発が出ればサヨナラと言うピンチを迎えたが、最後は吉村を三振に斬って取り、辛くも連敗を5でストップさせた。

◆M2−3H◆
ソフトバンクは2回、小久保,大村の連打で無死二、三塁とすると、ロッテ先発・小林宏の暴投で労せずして1点を先制。しかし、その裏、ロッテは竹原の6号ソロですかさず同点。1−1で迎えた5回、 ソフトバンクが松中の犠飛で勝ち越せば、その裏、ロッテは堀の2号ソロであっと言う間に振り出しに。終盤に入ってからは、両軍決め手に欠き、その儘、延長戦に突入。ラストイニングとなった12回、劇場を開演しまくる小林雅がついに登録抹消となったロッテは暫定ストッパー・薮田を投入。これに対して、ソフトバンクは川崎,松中が連打を浴びせると、何と4番・小久保が犠打。大村が敬遠されて、満塁となった所で田上がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。その裏は柳瀬がきっちり締めて、逃げ切った。

◆F2−0E◆
岩隈,武田勝の両先発が相譲らぬ好投を展開し、4回まで両軍無得点。迎えた5回、悪の温床・楽天は先頭の憲史がヒットで出ると牧田の犠打で二進。しかし、嶋,渡辺直と打ち上げて、先制ならず。その裏、日本ハムは。先頭の高橋が二塁打で出ると、一死後、金子誠がタイムリー二塁打を放ち、ついに均衡を破る先制点をゲット。7回には劇団ひちょりが3号ソロを放ち、貴重な2点目を追加。8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝パターンで完封リレーを達成。武田勝は7回2安打の好投で9勝目。敗れた悪の温床・楽天は5位転落となった。

◆Bs5−6L◆
優勝争い並に熱いパ・リーグの最下位攻防戦は偽バファローズが先手を取った。西武先発・オツの前に2回まで3人ずつで片付けられていたが、一死三塁から、日高のタイムリーで先制すると、更に、この後、ラロッカに27号3ランを叩き込み、この回、一挙4点。追いかける西武は5回に大引のタイムリーエラーで1点を返すと、カブレラ,リーファーの両助っ人にタイムリーが飛び出し、1点差。しかし、その裏、偽バファローズは牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが山崎武を抜いて、単独トップに立つ42号ソロを放り込み、5点目。しかし、粘る西武は8回にリーファーのタイムリー二塁打で再び1点差。土壇場9回、2日連続リリーフ失敗の加藤大を怖くて使えない偽バファローズは大久保をマウンドに送り込むが、これまた裏目。二死二塁の場面でカブレラに逆転23号2ランを叩き込まれると、その裏はグラマンに3人で打ち取られ、ゲームセット。西武は単独4位となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:24コメント(3)トラックバック(70)2007 プロ野球 
 大垣が和島部屋に入門してから早くも1週間が経った。和島部屋は創設5年目で力士は僅かに8人しかおらず、関取はまだ一人も生まれていない弱小部屋であり、2mの体躯を誇る大垣にかかる期待も大きかったが、入門してから10日間は相撲をさせて貰えない決まりの為、大垣はここまでひたすら四股と鉄砲に明け暮れる日々を送っていた。単純な運動の繰り返しながら、確実に体が締まっていく事を実感していた大垣は相撲でのし上がって行く事を家族に誓う。一方、その大垣を解雇した四国はソフトバンクに苦戦。7回まで完封ペースだった影丸が8回二死から、大村,川崎と連打を浴びると、背負い投げによる外角高めのストレートをハマのスペランカーにスタンドへ放り込まれて、逆転負け。ストーカー女の暴挙を阻止する好プレーを小次郎にミスだと誤解され、ベンチに幽閉されていたトカヘンは雲竜の甘いリードにほぞを噛むのだった。結局、ソフトバンクに3タテを食らい、4位転落となった四国はまたまた東京との一戦を迎える事に…。V戦線に留まる為にも、これ以上負けられない四国の第1戦の予告先発に注目する東京ナインだったが、駆け込んできた来た北が告げた名は何と小次郎だった。

 まだまだ引っ張る相撲編。トカヘンに続いて、今度は雲竜がシメられ、四国の捕手難は続く一方だが、これはやはり大垣復帰の伏線なのだろうか? 四股と鉄砲をやっていたら、肩が治った…って事ぁないだろうけど、体にキレが出てきて云々みたいな…。このタイミングで大垣ネタをこうも引っ張る意図がよう分からんけど、今年は大垣効果で3位に滑り込んだ四国が「アジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦」でシーズン優勝チームを打ち破る年…なのか? ところで、先週、知三郎が影丸と共にあがりの状態だった事を疑問視した訳だが、いつの間にやら、野手から投手に再転向…しかも、ストッパーになっていたらしい。だが、ストッパーにあがりの日なんてある筈もない訳で、結局、あのシーンの違和感が拭えない事に変わりはない。それから、影丸がハマのスペランカーに投げる直前まで、知三郎はベンチの小次郎の隣りにいたのに、ハマのスペランカーが一発かました際にはブルペンで不知火らとTVを見ているではないか。知三郎はテレポーテーションでも使えるのか!? 瞬間移動出来るヤツは投手にするより、野手の方が使い勝手がいいと思うが…。

テレポーテーション 瞬間移動の夢
量子情報の物理―量子暗号、量子テレポーテーション、量子計算
マンホール・テレポーテーション

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:49コメント(4)トラックバック(0)2007 ドカベン 

September 17, 2007

◆T4−1G◆
0.5差で迎えた首位攻防戦。阪神先発・下柳に対して、巨人は2回二死から阿部,ゴンザレスが連続内野安打でチャンスを作るも、ホリンズがピッチャーゴロに倒れて、二者残塁。一方、巨人先発・木佐貫に対して、阪神は3回一死一、二塁のチャンスは逃したものの、続く4回、二死走者なしから葛城イクローの四球,矢野のヒットで一、二塁とすると、関本がライト前へタイムリーを浴びせて、1点を先制。1点を追う巨人は6回、一死から松田記者が左中間スタンドへ10号ソロを叩き込み、ついに同点。1−1で迎えた7回、阪神は一死からシャア少佐がピッチャー強襲安打で出ると、続くシーツの二塁打で快速を飛ばして、一気に勝ち越しのホームを陥れ、木佐貫をKO。更に、8回には3番手・西村から矢野のタイムリー二塁,悠久の若虎・桧山の犠飛でダメ押しの2点を追加。7回から久保田−ウィリアムスと繋いできた阪神は土壇場9回、満を持して守護神・藤川を投入。藤川は3人できっちり締めて、リードを守り、阪神は一夜で首位を奪回した。敗れた巨人は首位から一気に3位転落となった。

◆S7−8D◆
初回から制球に苦しむヤクルト先発・石井一から、一死満塁のチャンスを掴んだ中日は森野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を先制。更に、二死後、英智が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを叩き込み、いきなり大量5得点。その裏、ヤクルトは寿司職人ラミレス,ガイエルの連続アーチで2点を返し、3点差。直後の2回、中日は依然として制球の定まらない石井一から、二死満塁とするも、李がサードへのファールフライに終わり、三者残塁。しかし、4回、二死一、二塁から寿司職人ラミレスが真正面の何でもないフライを落球するタイムリーエラーを犯し、労せずして2点を追加。ヤクルトは5回に寿司職人ラミレスが汚名返上の2点タイムリー二塁打。6回にT.ウッズのタイムリーで突き放されるも、その裏、川本が6号2ラン。そして、7回には青木が19号ソロを放ち、1点差。土壇場9回、中日のマウンドには守護神・岩瀬が登場。いきなり中村紀のヘッポコエラーに足を引っ張られ、川相不在を痛感して、落胆したか、続く度会にもライト前へ弾き返され、無死一、二塁の大ピンチを背負ったが、ここから青木を空振り三振,田中浩をゲッツーに仕留めて、見事にこのピンチを脱出。これで中日は2位に浮上した。

◆YB6−3C◆
ハマのチンピラが4回を1安打,長谷川が4回を無安打といずれも三塁を踏ませない好投を展開。5回に広島は連打で無死一、三塁と先制のチャンスを掴むが、相川,ハマのチンピラと内野ゴロに打ち取られると、ガッツな貴公子・仁志は三振に倒れて、二者残塁。広島も6回に二死一、二塁と初のチャンスを掴むが、ここで4番・新井がセンターフライに倒れて、二者残塁。0−0の儘、迎えた7回、横浜はガッツな貴公子・仁志,金城が一発を放つなど、5長短打を浴びせて、一気に6点を先制。広島は8回に新井のタイムリー二塁打等で実に32イニングぶりの得点となる2点を返すと、9回も梵の一発で3点差。引っ張り出した守護神・クルーンに対しても、一死二、三塁のチャンスを作ったが、最後は東出,オチョアと連続三振に倒れて、5連敗となった。

◆H10−0F◆
ソフトバンクは初回一死二、三塁から小久保のショートゴロが金子誠の野選を誘い、1点を先制。二死後、田上がタイムリーを浴びせて、この回、2点。これで主導権を握ったソフトバンクは続く2回には川崎が走者一掃の2点タイムリー三塁打。5回には一死二塁のチャンスを作って、日本ハム先発・スウィーニーをKOすると、代わった山本から松中がタイムリーを放ち、5点目。止まらないソフトバンク打線は6回には井手のスクイズと本多のタイムリーで2点、7回には小久保が2ラン,松田がソロと一発攻勢で3点を加え、10点目。投げては先発・新垣が何と暴投ゼロの散発4安打完封と言う快投を見せ、3ヶ月ぶりの7勝目。これでソフトバンクは首位・日本ハムに1差と肉迫した。

◆Bs5−4M◆
初回に里崎のタイムリー,2回に今江の6号ソロと2点のリードを奪われた偽バファローズだが、4回、一死一塁からローズ,北川の連打で満塁とすると、アレン,後藤の連続タイムリーで逆転に成功。更に、大引が歩いた後、前田にもタイムリーが飛び出して、4点目。偽バファローズは以降も再三チャンスを掴みながら、立て続けにゲッツーを食らうなど、追加点が奪えない。一方、ロッテも5,6回とチャンスを潰していたが、8回、ベニー松山が11号ソロを叩き込み、1点差。土壇場9回、偽バファローズは守護神・加藤大に全てを託すも、二死一、三塁から代打・橋本に同点二塁打を許し、昨日に続くリリーフ失敗。試合は延長に突入した。ラストイニングとなった12回、表の攻撃で勝ち越せず、この日の勝ちがなくなったロッテは小林雅を投入し、何とか引き分けに持ち込みたい所だったが、加藤大に負けじと劇場を開演してしまうのがこの男。いきなり先頭の北川に痛打された小林雅は下山の犠打の後、後藤を敬遠して、一塁を埋めてから、前田にもヒットを浴び、一死満塁。ここでコリンズ監督は三塁走者・北川に対して、投手の山本を代走に起用。代打・日高は三振に倒れ、二死となったものの、続く木元がショートの右を破って、代走・山本が悠々とサヨナラのホームを踏んだ

◆L9−0E◆
悪の温床・楽天先発・グスマンに対して、西武は2回無死一、二塁から中島のタイムリーで1点を先制。二死後、栗山がヒットで繋いで満塁となった所で片岡の今季初アーチがグランドスラムとなって、この回、一挙5点でグスマンをKO。続く3回には細川の犠飛で1点を追加。7回にはベンちゃん,江藤が連続アーチ,8回には片岡がこの日2本目のアーチを掲げ、ダメ押しの9点目。先発・帆足は散発2安打と三塁も踏ませない完璧な投球で今季初完投初完封を果たし、2勝目をマーク。これで西武は悪の温床・楽天と並ぶ4位タイに浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:46コメント(0)トラックバック(66)2007 プロ野球 

「これからメジャーで幾度となく楽しい勝負ができそうだぜ!」

 清水や茂野夫妻がインターネットで注目する中、始まったタイタンズ戦。吾郎は立ち上がりから99マイルを計時するなど、ボールが走っており、カベーラ,シーザーと連続三振に斬って取る。ブルペンでこそ吾郎をけなしたキーンだが、8割方構えた所にボールが来るなど、昨年3Aで受けた時より球威も精度も成長していると感じていた。W杯の終盤ではキレも落ちていたジャイロフォークも100球までなら十分武器になると分析。ツーシーム系やチェンジアップがあればもっと組み立てが楽になると欲を言えばキリがないが、W杯での好投はさほどフロックではなく、吾郎は十分にメジャーで通用するボールを持っている事を認めるのだった。3番の覚醒アレックスはW杯での敗戦を引きずらずに快投を展開する吾郎に対して、投手として好感を抱き、これから何度も相まみえる事に興奮を覚えるが、結局、カウント2−1と追い込まれた末に空振り三振に倒れ、吾郎はいきなり三者三振の好スタート。その朝、日本では深夜遅くまで吾郎の試合に注目していた清水が爆睡中。起こしに来た大河は付けっぱなしになっているパソコンを見て、吾郎が6回2/3を3安打9三振無失点と堂々の結果を残し、メジャーへ大きく前進した事に気付くのだった。

 すっかりいいヤツ化が進行している覚醒アレックスだが、残念ながら、噛ませ犬扱い。今後、幾度となく楽しい勝負ではなく、幾度となくカモ扱いされはしないかと心配だ。また、今夜の松尾さんに至っては、シメられる所すら端折られてしまう始末。いや、実際にシメられたかどうかは分からないので、実は吾郎が打たれた3安打は全て松尾さんが打ったのかもしれないが…。因みに、タイタンズは吾郎降板後の9回に1点取っており、これが松尾さんの一発によるものらしい。吾郎から打った訳でもない一発を結果だけ報じられても、松尾さんファンに対するサービスには全然ならんだろうて…。さて、非常に順風満帆過ぎて拍子抜けの吾郎だが、結局、「本当の異変」とは単に敗北感を引きずっていただけの話なのか? そして、沢村の伏線は永久に放置されてしまうのか!?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング

 



ritzberry at 11:21コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 

September 16, 2007

◆G9−0C◆
3タテは免れたい広島は今季初先発となる野間口に対して、初回、一死からヒットで出た東出が盗塁死。この後、栗原,新井と出るも、求道者・前田が倒れて、二者残塁。すると、その裏、先発・大竹がガッツに30号2ランを被弾。直後の2回、広島は先頭の嶋がヒットで出るも、一死も盗塁を仕掛けて、またもや憤死。おぼつかない立ち上がりの野間口だったが、これで立ち直りのきっかけを掴み、3,4回と三者凡退に斬って取る。4回に阿部の犠飛で1点を加えた巨人は6回にはゴンザレスのタイムリー二塁打の後、二死満塁となった所でマッスル千代の富士が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、一挙4点。8回にはマッスル千代の富士,古城の連続タイムリー二塁打でダメ押し。投げては7回から山口−西村−吉武が1イニングずつをきっちり抑えて、2試合連続の完封リレーを達成。野間口は6回無失点で今季初勝利。3連戦3連勝を飾った巨人はデーゲームで敗れた阪神を抜いて、単独首位に返り咲いた

◆T0−7D◆
マジック点灯阻止に燃える中日は7月16日以来の先発となる福原に対し、初回からいきなりゲッツーでチャンスを潰す不穏な立ち上がりとなったが、続く2回、シーツのエラーで貰ったタナボタのチャンスに谷繁が犠飛を打ち上げ、1点を先制。3回も二死一、二塁のチャンスを潰したが、続く4回、二死二塁から投手の中田が川相不在ならば自分で決めるしかないとばかりにレフト前へタイムリーを浴びせて、2点目を追加。塁上に残っていた影響か、その裏、中田は突如、制球を乱し、3四球で一死満塁の大ピンチを迎えるも、ここで矢野をセカンドゴロゲッツーに打ち取り、無失点で切り抜けた。7回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで切り抜けた中田は8回、一死から連打と四球でまたも満塁のピンチ。しかし、ここから浜中,葛城イクローと打ち取って、またまたピンチ脱出。すると、土壇場9回、3四死球で貰った一死満塁のチャンスに荒木がタイムリー。更に、中村紀が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせると、二死後、藤本のエラーで一、三塁となった所で李にもタイムリーが飛び出し、この回、大量5点で試合を決定付けた。その裏は平井が3人で締めて、前日のお返しとなる完封リレーで阪神のマジック点灯を阻止した。中田は8回無失点で13勝目をマーク。

◆YB8−4S◆
横浜は2回、村田,メカゴジラと連続三振に倒れた後、連打と敬遠で満塁とした所で投手の三橋がライト前に弾き返すと、ガイエルのエラーも重なり、2点を先制。ヤクルトは3回、ガイエルがエラーの汚名を晴らす2点タイムリー二塁打を放ち、同点とするも、横浜は4回、鶴岡がタイムリーを放って、2点を勝ち越し。5回、寿司職人ラミレスのタイムリーで1点差としたヤクルトは二死後、ユウイチの二塁打で二、三塁とし、横浜先発・三橋をKO。しかし、代わった横山の前に宮本がセンターへ打ち上げて、同点ならず。ピンチを逃れた横浜はその裏、メカゴジラのタイムリーで2点を追加。8回にも2点を加えて、ダメ押し。5番手の加藤に6勝目がついた。

◆H4−3F◆
昨夜の敗戦で3ゲーム差とされ、これ以上離される訳にはいかないソフトバンクは初回、いきなりの3連打で無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、小久保が犠飛を打ち上げ、1点を先制。なおも2人の走者を残していたが、田上はゲッツーに倒れて、1点止まり。ドーピングによる出場停止が解けてから、2度の登板でまずまずの投球をみせながら、禊ぎの白星を飾れないガトームソンだが、3回一死一、三塁の場面で稲葉に犠飛を許して、同点。4回に松田,井手のタイムリーで2点を勝ち越して貰ったのも束の間、直後の5回、無死一、二塁のピンチでまたも稲葉にタイムリー二塁打を浴びた所でKOとなり、またも禊ぎの白星ならず。無死二、三塁と一打逆転の場面でマウンドに挙がった柳瀬だが、後続を見事に断ち切って、ピンチ脱出。ソフトバンクは6回に本多の犠飛で貴重な1点を追加。2点を追う日本ハムは7回に青波の長瀬のタイムリーで1点差と詰め寄り、8回には一死二塁のチャンスを掴むも、ここで代走に起用されていた二塁走者・川島が痛恨の牽制死。皮肉な事にここから小谷野,劇団ひちょりが連打を浴びせて二、三塁とするも、ここで代わった馬原の前に田中賢が空振り三振に倒れて、結局、無得点。馬原は9回も先頭打者に死球を与えたものの、後続を断って、1点差を守りきった。日本ハムはソフトバンクを上回る12安打を放ちながら、12残塁の拙攻が響いた。

◆Bs6−7M◆
2回にロッテが大松のタイムリー,偽バファローズが木元の犠飛で1点ずつ取り合うと、3回以降は渡辺俊,川越の両先発が好投を展開し、1−1の儘、試合は後半戦へ突入。迎えた6回、ロッテは二死一、二塁からズレータが13号3ランを叩き込み、勝ち越しに成功。3点を追う偽バファローズは8回、坂口のタイムリー二塁打で1点を返し、渡辺俊をKO。更に、代わった薮田からラロッカが日本タイ記録となるシーズン24個目の死球を食らって、満塁となった所でローズが2点タイムリーを浴びせて、同点に追いつくと、続く北川が犠飛を打ち上げ、一気に勝ち越し。土壇場9回、守護神・加藤大を投入し、逃げ切りを図った偽バファローズだが、一死三塁から代打・ベニー松山に同点タイムリーを許し、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた10回、ロッテは一死からサブローが四球で歩くと、ここで里崎が13号2ランを叩き込み、勝ち越し。その裏からマウンドに上がった小林雅は二死一、二塁のピンチを迎えると、北川にタイムリーを浴び、1点差と迫られる相変わらずの劇場ぶり。更に、続く後藤にもライト前へ弾き返され、同点か…と思われたが、本塁を狙った代走・前田が間一髪タッチアウトとなり、ゲームセット。辛くも逃げ切ったロッテは3連敗を免れた。

◆L4−2E◆
最下位転落の危機に瀕している西武だが、先発・大沼が2回に礒部,嶋とタイムリーを浴びて、2点を先制される苦しい展開。その裏、中島のタイムリーで1点を返したものの、あとが続かず、5,6回には立て続けに一死満塁のチャンスを逃すなど、どうしてもあと1点が届かない。1−2の儘、迎えた8回、西武は簡単に二死を取られたものの、ベンちゃんが内野安打で出塁。ここでノムさんは先発・朝井からナベコーにスイッチするもこれが流れを変える事となった。ナベコーに対して、西武は代打・江藤がヒットを浴びせると、3番手・小山から中島が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に逆転。更に、続く中村もタイムリーを浴びせて、ダメ押しの4点目。最後はグラマンがきっちり締めて、悪の温床・楽天との差を1と縮めた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:54コメント(0)トラックバック(85)2007 プロ野球 

September 15, 2007

◆G3−0C◆
デーゲームで首位阪神が勝ち、絶対負けられない巨人は広島先発・ルーキー・宮崎に対して、初回、ガッツが29号ソロ,2回には阿部が31号ソロと一発攻勢で2点のリード。1ヶ月半白星から遠ざかり、ここ2試合に至っては9回で12失点と不振に喘いでいた巨人先発・春風亭半ケツだが、8回まで散発4安打無失点と広島打線をねじ伏せる好投を展開。完封もいけそうなペースだったが、8回に代打・矢野を送られ、お役御免。矢野は凡退したものの、この後、李のタイムリー二塁打でダメ押しの3点目をあげると、最後は上原が締めての完封リレーで2位浮上。春風亭半ケツは8月2日以来となる13勝目を飾り、防御率も1位に浮上。宮崎は7回を4安打に抑えながら、打線の見殺しに遭い、ソロ2発に泣いた。尚、この日、ガッツは6回に放った二塁打で通算1500安打を達成

◆T2−0D◆
阪神先発・安藤に対して、中日は2回までに早くも4個の残塁を量産し、4回も先頭打者を出しながら、続く李が最悪のゲッツーを食らう有様。6回にも一死一、三塁のチャンスを掴むも、森野,李と倒れて、二者残塁と川相不在の弊害を露呈。川相不在を痛感しながらも、5回まで1安打と素晴らしい投球を見せていた先発・小笠原だが、6回、代打・ジュビロ野口に二塁打を浴びると、鳥谷に犠打を許した所で浜中に6号2ランを叩き込まれて、ついに先制点を献上。こうなれば、阪神はすかさずJFKモードに突入。7回、日本新記録となるシーズン81度目の登板となった久保田に対して、中日は一死一、二塁とするも、ここで井端が最悪のゲッツー。8回にはウィリアムスから中村紀がヒットで出るも、今度はT.ウッズが最悪のゲッツーと悉く川相不在の弊害を大露呈。2−0の儘、迎えた9回、満を持してマウンドに上がった守護神・藤川は前夜の雪辱を果たすべく三者凡退に斬って取り、完封リレーを達成。中日は怒濤の拙攻三昧で首位奪取のチャンスを不意にし、3位転落となってしまい、来季からの川相現役復帰待望論はますます加熱する一方だ

◆YB5−3S◆
復帰後、無傷の3連勝中のヤクルト先発・川島だったが、この日は初回から大炎上。いきなり一死一、二塁のピンチを迎えると、村田にタイムリー二塁打を浴びて、先制点を献上。更に、続くメカゴジラにはライトスタンドへ14号3ランを放り込まれて、いきなりの4失点。ヤクルトは2回に村田のエラーで1点を返すと、4回にはユウイチが2号ソロを放ち、2点差。川島は2回以降、立ち直りを見せていたが、6回、二死一塁から吉村にタイムリー三塁打を浴び、痛恨の5点目を献上。一方、横浜先発・はーちゅんは初回から大量援護を貰って余裕の8回2失点でマウンドを降りると、最後はクルーンがガイエルに被弾したものの、後続を断って、逃げ切った。はーちゅんは自己初となる10勝目をマーク

◆H1−7F◆
ソフトバンク先発・杉内は苦手・日本ハム相手に2回までパーフェクトと上々の立ち上がりを見せたが、3回、一死から金子誠に二塁打を浴びると、二死後、劇団ひちょりには内野安打に松中のエラーが重なり、先制点を献上。ハマのスペランカーが右股関節に違和感を訴える本領発揮の故障退場で4回の守備からベンチへ下がったソフトバンクはその裏、稲田のエラー等で一死満塁のチャンスを掴むと、柴原がセンター前へ同点タイムリー。なおも満塁と勝ち越しのチャンスだったが、井手はセカンドゴロゲッツーに倒れて、折角、引き寄せかけた流れを手放してしまった。杉内は6回に稲葉のタイムリーで勝ち越し点を献上すると、7回には金子洋に3号2ランを被弾し、KO。2番手・神内も8回、今季12打数ノーヒットの中嶋に2年ぶりの3ランをぶち込まれ、終わってみれば、6点差をつけられる惨敗。小久保が史上94人目の1500安打を達成した事が唯一の明るい材料だった。日本ハム先発・吉川は3回に山崎の打球を左手首に食らって、早々降板となったが、3番手・金森が2回2/3を無失点に抑える好リリーフで試合を作り、3勝目をマークした。

◆Bs5−1M◆
3回に里崎のタイムリーで先制された偽バファローズだが、5回、一死一、三塁から日高のタイムリーで追いつくと、二死後、坂口が走者一掃のタイムリー三塁打、続くラロッカもタイムリー二塁打を浴びせて、ロッテ先発・久保をKO。更に、代わった高木からローズもタイムリーも放ち、この回、大量5点のビッグイニングを形成。この後も再三チャンスを掴みながら、悉く逃す拙攻を見せた偽バファローズだが、先発・デイビーが7回を1失点で踏ん張ると、8回以降は3人の投手を注ぎ込んで逃げ切りに成功。ロッテは首位・日本ハムとの差が5と開き、V奪回へ大きく遠のいた

◆L4−8E◆
田中の新人王を後押しする為にも、岸を叩いておきたい悪の温床・楽天は初回、山崎武が先制タイムリー。その裏、G.G.佐藤,カブレラの連続タイムリーであっさり逆転を許すも、直後の2回、嶋の犠飛ですかさず同点。そして、4回には草野,ショートと連続タイムリーで2点を勝ち越し、岸をKO。西武はその裏、栗山の犠飛で1点差に詰め寄った。しかし、悪の温床・楽天は8回に1点,9回には3点を加えて、一気に突き放した。先発・一場は6回3失点で4勝目。西武は4位浮上のチャンスを逃し、最下位・偽バファローズに0.5差と詰め寄られた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:20コメント(0)トラックバック(72)2007 プロ野球 

September 14, 2007

◆G9−8C◆
一昨日、危険球退場で3回降板となった内海が中1日でマウンドに上がったが、初回から大乱調。一死から3連打を浴び、満塁のピンチを迎えると、栗原の併殺崩れの間に先制点を献上。続く嶋に右中間突破の2点タイムリー二塁打を浴び、3失点。更に、倉にもヒットを浴びるが、一気に本塁を狙った嶋をマッスル千代の富士が刺して、辛くも4点目は阻止。しかし、立ち直りの気配が見えない内海は3回二死から新井,栗原,嶋と3連続二塁打で2点を失うと、5回には新井に一発を浴び、6失点KO。その裏、巨人は広島先発・黒田が一死満塁とこの日初めてのチャンスを作ると、マッスル千代の富士の2点二塁打と代打・矢野の犠飛で3点差まで詰め寄った。しかし、それも束の間、2番手・福田が梵にタイムリー二塁打を浴びると、3番手・山口が暴投で余計な1点を許してしまい、点差は5点と広がった。巨人は7回、一死満塁と言う絶好のチャンスをモノに出来ず、これで試合は決まったかに思われたが、土壇場9回、大波乱が待っていた。広島3番手・上野が四球に連打で無死満塁のピンチを作って、あえなく降板。ここでマウンドに上がった守護神・永川に対して、巨人はまずマッスル千代の富士に2点タイムリーを浴びせると、更に、二死満塁となった所で倉の捕逸で1点を返し、2点差。ニックンが歩いて、またまた満塁となった所で阿部に代わって7回から途中出場している加藤が起死回生の2点タイムリーを放ち、ついに同点。試合は延長に突入した。迎えた11回、巨人は一死満塁のチャンスで9回に同点タイムリーを放った加藤に期待が懸かったが、魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスのナックルの前にショートゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でサヨナラならず。ラストイニングとなった12回、巨人は豊田が3人で締めて、この試合の負けがなくなると、その裏、最後の代打・大道がいきなり二塁打。ここで続く清水が右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝ち。順位は3位と変わらないが、首位阪神に0.5差と詰め寄った。

◆T5−7D◆
阪神に連敗すれば自力Vが消滅してしまう中日は2回二死満塁のチャンスを逃すなど、相変わらずの拙攻ぶりを露呈したが、3回、中村紀のタイムリーで1点を先制。しかし、3回までノーヒットピッチングを見せていた先発・朝倉が4回、突如、制球を乱し、二死一塁から、よもやの4連続四球と、連続押し出しで逆転を許すと藤本には2点タイムリーを浴びて、あえなくKO。直後の5回、中村紀の犠飛と森野のタイムリー三塁打で1点差と詰め寄った中日は7回、一昨年の藤川に並ぶ日本タイ記録の80試合目の登板となる久保田に対し、二死一塁からT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーンへ34号2ランを叩き込み、ついに逆転。しかし、粘る阪神は8回、中日4番手・岡本に対し、先頭のシャア少佐が通算1000安打となるヒットで出ると、シーツが送った後、キュラソ星人がどん詰まりながらもレフト前にポトリと落とすタイムリーを放ち、シャア少佐が同点のホームイン。土壇場9回、阪神は同点の場面ながら、守護神・藤川を投入するが、昨夜も初被弾を喫するなど、疲労の蓄積は隠せず、2安打を浴びて、二死二、三塁のピンチを作ると、またもやT.ウッズにタイムリーを浴びて、勝ち越しの2点を献上。その裏、岩瀬の前に三者凡退に終わり、万事休す。これで中日と阪神の差は0.5となり、巨人も加えて、上位3強が0.5差にひしめく大混戦となった。

◆YB7−9S◆
初回二死一、二塁のチャンスは逃したヤクルトだが、続く2回に一死満塁から青木が押し出し四球を選んで1点を先制。更に、二死後、寿司職人ラミレスが5年連続100打点となる2点タイムリー二塁打を放ち、この回、3点。3回にも青木のタイムリー等で3点を加え、横浜先発・山口をKO。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、3回まで1安打と抑え込まれていた横浜は4回に反撃開始。藤田が振り逃げで出塁したのを皮切りに5長短打を浴びせて、一気に4点を返すと、続く5回には村田に27号ソロが飛び出して、1点差。突き放したいヤクルトは直後の6回、ガイエルが27号ソロを叩き込むと、8回には青木,寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加。横浜は8,9回と1点ずつ返したものの、あと一歩及ばなかった。グライシンガーは6回5失点ながら、打線の援護に助けられ、2位に3差をつける15勝目をあげ、最多勝のタイトルに当確ランプを灯した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:38コメント(0)トラックバック(55)2007 プロ野球 

September 13, 2007

◆S5−0G◆
悪夢の危険球をきっかけに惨敗を喫し、ヤクルトに流れを持っていかれた巨人はこの日も先発・久保が乱調。2回二死走者なしから田中浩を歩かせると、連打で満塁とされた所で青木に先制タイムリーを浴び、2失点。4回には一死一、三塁から投手の石川に2打席連続安打を浴びて、3点目を失うと、青木のヒットで満塁となった所で飯原のセカンドゴロの間に4点目を献上。続く5回にもガイエルに26号ソロを被弾した久保はこの回限りであえなく降板となった。一方、ヤクルト先発・石川は4回までパーフェクトと素晴らしい立ち上がりを見せるなど、巨人打線に付け入る隙を許さず、4安打無四球で今季初完封を達成した。巨人は8月18日以来の完封負けで3位転落。

◆D4−1YB◆
先発・人斬り抜刀斎が初回から村田の犠飛で先制を許した中日だが、4回、村田のエラーに2四球と言う拾い物の満塁のチャンスに李,藤井,谷繁と3連続タイムリーで4点を奪い、逆転に成功。先発・人斬り抜刀斎は打たせて取る丁寧な投球で2回以降追加点を許さず、8回からは岡本−岩瀬と繋ぎ、逃げ切りに成功。人斬り抜刀斎は8月16日以来となる11勝目。中日は巨人と入れ替わりで2位に浮上した。

◆C3−5T◆
首位に立ちながら、広島との相性の悪さに苦しんでいる阪神はこの日も先発・杉山が4回にオチョアのタイムリーで先制点を献上。しかし、直後の5回、先頭のキュラソ星人が29号同点アーチ。この後、満塁のチャンスを逃してしまったが、続く6回、無死満塁から連続押し出しで2点を勝ち越すと、更に、矢野に2点タイムリーが飛び出して、この回、4点。先発・杉山は代打を出されて、4回降板となったが、リリーフ陣が踏ん張りを見せ、1−5の儘、9回へ突入。ここで10連投後、2試合休めた藤川がセーブのつかない場面ながらマウンドに上がったが、栗原に24号2ランを叩き込まれて、今季初被弾。酷使三昧の不安を覗かせた藤川だが、何とか森笠を打ち取り、連敗をストップさせた。

◆L0−1H◆
西武は2回二死一、二塁,3回二死満塁と立て続けのチャンスを逃す拙攻三昧。一方、西武先発・涌井の前に4回までノーヒットと沈黙していたソフトバンクは5回一死から小久保がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、二死後、ハマのスペランカーがタイムリー二塁打を放ち、均衡を破る先制点をゲット。この虎の子の1点を必死の継投で守り抜き、4投手による完封リレーを達成。ソフトバンク先発・スタンドリッジは6回途中まで投げ、来日以来無傷の5連勝を飾った。涌井は1失点完投ながら、見殺しに遭い、3連敗。西武は5位転落となった。

◆M1−4F◆
0−0で迎えた3回、日本ハムは一死一、三塁から田中賢のタイムリー二塁打で先制。稲葉が敬遠されて満塁となった所で小谷野が押し出し四球を食らうと、青波の永瀬は2点タイムリーを浴びせて、この回、大量4点。その裏、先頭の今江に二塁打を浴びた所で先発・グリンが緊急降板。代わった金森は内野ゴロ2つで1点を返されたものの、その後、5回まで追加点を許さない好リリーフを展開。6回からは江尻−武田久と繋ぎ、最後は守護神・MICHEALが3人でピシャリと締め、逃げ切った。

◆E4−1Bs◆
悪の温床・楽天先発・田中に対して、偽バファローズは4回、アレンの4号2ランで先制すると、続く5回には坂口のタイムリーで3点目。しかし、相変わらず、田中が投げると活気付く悪の温床・楽天打線は6回、一死から3連打で1点を返すと、後藤のタイムリーエラーで1点差と詰め寄り、更に、ショートもタイムリーを放って、一気に同点。その後、両軍決め手に欠き、試合は延長にもつれ込んだ。10回、偽バファローズは二死満塁のチャンスを掴むも、後藤がサードへのファールフライに倒れて、三者残塁。するとその裏、悪の温床・楽天は先頭の嶋が二塁打で出塁。偽バファローズはたまらず守護神・加藤大を投入するが、高須の犠打,草野の敬遠で一死一、三塁となった所で代打・礒部にライト前へタイムリーを浴び、連夜のサヨナラ負け。悪の温床・楽天はこれで単独4位となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:00コメント(0)トラックバック(54)2007 プロ野球 

September 12, 2007

◆S9−4G◆
巨人先発・内海は1回一死二塁,2回一死二、三塁と言う立て続けのピンチを辛くも凌いだものの、3回、先頭の青木のヘルメットのツバに当たる死球を食らわせると、これが危険球と宣告されて無念の退場。緊急登板となった福田は準備不足の所為か、田中浩,寿司職人ラミレスと連打を浴びて、先制を許すと、一死後、宮出にタイムリーを浴びて、2点目を献上。更に、宮本の犠打の後、飯原には走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、この回、悪夢の4失点。直後の4回、巨人は無死満塁と一発で同点となる絶好のチャンスを掴みながら、李がショートへ打ち上げると、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンはサードゴロに倒れる相変わらずのインケツぶりを発揮。更に、阿部もサードゴロに倒れて、結局、三者残塁。すると、その裏、依然として立ち直りの気配の見えない福田が連続四球でピンチを作った挙げ句、寿司職人ラミレスに3ランを放り込まれて、試合を決定付けられた。巨人は終盤になって4点を返したものの、焼け石に水だった。尚、開幕早々一発を放ちながら、恐れおののいたハマのチンピラに手首をスナイプされ、シーズンの殆どを棒に振る悲劇に見舞われ、理不尽にもダメ外人呼ばわれされている当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスがこの日、ついにスタメン復帰。4打席で1安打1死球の結果を残した。

◆D1−7YB◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、中日は初回から二死満塁と絶好の先制チャンスを掴みながら、李がショートゴロに倒れて、三者残塁と早くも川相不在の弊害を露呈。中日はこの後も、3回二死一、二塁,4回二死一塁のチャンスを逃すなど、スコアボードにゼロを重ねるばかり。中日先発・山本昌は川相不在を痛感させられながらも、5回まで無失点と踏ん張っていたが、6回、一死二塁から村田に26号2ランをぶち込まれ、ついに先制点を献上。2点ビハインドとなった中日はその裏、谷繁のタイムリーでようやく1点を返し、なおも一、二塁のチャンスを作ったが、山本昌を引っ込めて投入した代打・堂上剛がファーストへのファールフライに倒れて、二者残塁。1点差の儘、迎えた8回、横浜は二死一、二塁から吉村が19号3ラン。更に、8回にはガッツな貴公子・仁志が2点タイムリーを浴びせて、ダメ押し。中日は11残塁の拙攻で惨敗に終わり、来季こそ川相の現役復帰を検討する必要に迫られたと言っていいだろう。

◆C6−2T◆
0−0で迎えた4回、広島は求道者・前田,森笠のタイムリーで2点を先制。阪神は6回にキュラソ星人の28号ソロで1点差と詰め寄るも、その裏、栗原に2戦連続となる23号2ランを浴び、逆転新人王を狙う先発・上園はこの回限りでKO。阪神は8回に浜中の一発で2点差と逆転へ望みを繋いだが、それも束の間、その裏、二死満塁から4番手・江草が代打・井生にタイムリーを浴び、致命的な2点を献上。9回、セーブのつかない場面ながらも登場した広島守護神・永川は2人の走者を出しながらも、何とか無失点で切り抜け、連勝を飾った。

◆L8−3H◆
西武先発・オツに対して、ソフトバンクは3回一死から松田が三塁打を浴びせると、続く山崎がスクイズを決めて、1点を先制。更に、続く大村がタイムリー二塁打を放って、2点目を追加。先制点を貰ったソフトバンク先発・和田だが、4回、カブレラ,ベンちゃん,中島の3連打で1点を返されると、一死満塁となった所で押し出し四球と暴投で勝ち越しを許し、あえなくKO。西武は5回には無死二塁からカブレラのタイムリーで4点目を追加。更に、7,8回にも2点ずつ加えて、大きく突き放した。オツは7回を投げ、自責点1の好投で8月17日以来となる9勝目

◆M3−2F◆
8連勝中のダルビッシュと7連勝中の成瀬と言う防御率1位を争う両投手の対決となったこの試合、まずは日本ハムが2回、一死一、二塁から金子誠のタイムリー三塁打で早くも2点を先制。しかし、その裏、ロッテも負けじと2本のヒットでチャンスを作ると、ここで里崎がライトスタンドへ12号3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。ダルビッシュは3回以降一人の走者も許さない快投を展開するが、味方打線が成瀬を捉えきれず、1点のビハインドを詰められない。3−2の儘、迎えた8回、ロッテは成瀬から薮田にスイッチすると、これに対して、日本ハムは一死から稲葉が二塁打。ここで小谷野がライト前に弾き返すも、本塁を狙った稲葉はサブローの好返球の前にタッチアウト。バレンタイン監督はまたもコバマサ劇場が展開される可能性を予感したか、9回も薮田に続投させると、これが奏功。薮田は3人でピシャリと締めて、成瀬は8連勝で14勝目をマークし、防御率1位の座もキープした。

◆E6−5Bs◆
負ければ最下位となる悪の温床・楽天は4回、一死から3連打を浴びせて満塁とすると、偽バファローズ先発・平野佳の暴投で労せずして先制点をゲット。更に、二死一、三塁となった所で二盗を仕掛けた鉄平が一、二塁間で挟まれた隙に三塁走者・憲史が本塁を陥れ、2点目。しかし、直後の5回、ここまで好投していた先発・岩隈が突如崩れ、一死から4連打で1点を返されると、フェルナンデスのエラーに足を引っ張られて同点。二死後、ローズには押し出し四球を与えて、勝ち越しを許すと、続く北川には2点タイムリーを浴びて、ついにKO。3点を追う悪の温床・楽天は7回、フェルナンデスの一発で1点を返すと、更に、高須にタイムリーが飛び出して、1点差。続く8回には二死から3連打で1点を返し、ついに同点。完全に押せ押せムードの悪の温床・楽天は土壇場9回、一死満塁とすると、山崎武のショートゴロで三塁走者・藤井が本塁を陥れ、サヨナラ勝ち。偽バファローズは3点差を守りきれず、最下位脱出のチャンスを逃した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:14コメント(2)トラックバック(70)2007 プロ野球 

September 11, 2007

◆S5−6G◆
阪神に3タテを食らい、自力優勝消滅となるなど、弱っている巨人相手に左3枚をぶつけて3タテを目指すヤクルトだが、先陣をきった先発・石井一が大乱調。初回、一死一塁からガッツ,李,ニックンと3連打を浴びて、先制されると、阿部には死球を食らわせ、押し出し。更に、二死後、今度はキムタクにもぶつけて、またまた押し出し。3回には一死二、三塁からキムタクにタイムリーを許すと、二死後、マッスル千代の富士にもタイムリー二塁打を浴び、5点目を献上し、この回限りでKOとなった。一方、巨人先発・木佐貫は毎回の様にピンチを迎えながらも、要所を締める粘りの投球で7回まで無失点。今度こそ今季初完投なるかと思われた矢先の8回、青木のタイムリー二塁打で完封を断たれると、寿司職人ラミレスにもタイムリーを浴びて、無念のKO。巨人は9回にニックンのタイムリーで貴重な1点を追加。これで試合は決まったかに思われたが、ヤクルトがその裏、猛反撃。2番手・豊田をユウイチ,代打・度会の連打でKOし、守護神・上原を引っ張り出すと、一死後、川本が右中間スタンドへ5号3ランを叩き込み、1点差。更に、代打・真中が二塁打を浴びせると、続く青木が執念のヘッドスライディングで内野安打を勝ち取り、一、三塁。ここで雨の為に長らく中断となると、このインターバルの間に気持ちを切り替えた上原は田中浩,寿司職人ラミレスと連続三振に斬って取り、辛くも連敗をストップさせた。押せ押せムードが雨により、文字通り水を差された格好となったヤクルトは4連敗。

◆D1−2YB◆
中日先発・山井が7回まで3安打無失点と踏ん張れば、横浜先発・三橋は7回を僅か1安打に抑え込む完璧な投球を展開。両軍三塁すら踏めない儘、迎えた8回、横浜は一死から三橋の代打・下園が四球を選ぶと、T.ウッズのエラー,野中の内野安打で満塁とした所で金城がライト前へ弾き返し、ついに均衡を破る先制点をゲット。なおも満塁のチャンスに続く村田がセンターへ犠飛を打ち上げ、2点目を追加。土壇場9回、守護神・クルーンに対して、中日は先頭の立浪がヒットで出ると、二死後、3連続四球で押し出しの1点をあげ、なおも満塁と一打サヨナラの場面を作ったが、最後は李がどん詰まりのピッチャーゴロに倒れて、あと一歩及ばなかった。

◆C9−0T◆
破竹の連勝を10にまで伸ばした阪神はこの日も初回から二死一、二塁と先制のチャンスを掴むが、桜井が三振に倒れて二者残塁。先発・能見は簡単に二死を取り、まずまずの立ち上がりかと思われたが、ここから連続四球でピンチを迎えると、栗原に22号3ランを被弾。2回以降は立ち直りを見せていたが、5回、またも制球が乱れて、2四球1安打で満塁のピンチを作った挙げ句、オチョアに2点タイムリーを許して、あえなくKO。更に、代わった渡辺も新井,栗原と連続タイムリーを浴び、求道者・前田にも犠飛を許して、この回、悪夢の5失点。広島は7回にも求道者・前田がタイムリーを浴びせて、9点目。先発・長谷川は6回まで無失点に抑えると、7回は林−佐竹と繋ぎ、最後は魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが2イニングをきっちり抑えて、完封リレーを達成。阪神の連勝はついに10でストップした。

◆L1−8H◆
ソフトバンクは2回、連打と野選で無死満塁のチャンスを掴むと、ハマのスペランカー,柴原の連続タイムリーで3点を先制。その後、しばらく膠着状態となったが、6回、ハマのスペランカーの12号2ランの後、本多にも2号3ランが飛び出して、一気に5点を追加。投げては先発・斉藤和が7回を投げて、リーファーのソロアーチのみの1安打と力投を展開。投打が噛み合っての完勝を果たし、連敗を2で止めた。

◆M3−4F◆
V戦線に留まる為にも、これ以上、日本ハムとの直接対決を落とす訳にはいかないロッテは初回、日本ハム先発・武田勝に対して、ヒットのTSUYOSHIを早川が送った後、ズレータのタイムリー二塁打で早々と1点を先制。4回には二死二塁から里崎がタイムリーを浴びせて、1点追加。そして、7回にはまたも里崎が11号ソロを炊き込み、貴重な1点を追加。ロッテ先発・小林宏の前に2安打と沈黙していた日本ハムは8回に金子誠のタイムリー二塁打で1点を返すと、土壇場9回、無死一、二塁のチャンスを作って、小林宏をKO。守護神・小林雅がマウンドに上がった所で豪雨によるしばらくの中断の後、小谷野が送って、二、三塁となった所で青波の長瀬が起死回生の21号3ランを叩き込み、一気に逆転。またもコバマサ劇場が開演されてしまい、失意のロッテはその裏、MICHEALの前に苦もなく3人で捻られ、逆転負け。これで首位・日本ハムとの差は4ゲームとなってしまった。

◆E1−4Bs◆
最下位攻防戦となったこのカード、先手を取ったのは偽バファローズ。2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがライバル・山崎武の目の前でトップに並ぶ41号ソロを叩き込み、1点を先制。3,4,5回と立て続けの併殺で攻めあぐねていたが、6回、ラロッカに26号2ランが飛び出して、2点を追加。6回まで毎回走者を出しながらも、残塁を量産するばかりだった悪の温床・楽天は7回に渡辺直のタイムリーでようやく1点を返すも、直後の8回、偽バファローズはローズの犠飛で再び3点差と突き放し、ダメ押し。最後は守護神・加藤大が3人で締め、西武,悪の温床・楽天,偽バファローズの3弱が0.5差でひしめく事となった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:20コメント(1)トラックバック(73)2007 プロ野球 

September 10, 2007

◆H4−1Bs
暴投王子・新垣が7月17日以来の先発登板。初回から2四球を与えるなど、荒れ球の新垣は続く2回、連打と犠打で一死二、三塁ピンチを迎えると、打ち取った筈の日高の打球がタイムリーとなる不安に見舞われ、先制点を献上。更に、続く坂口のピッチャーゴロの間にも生還を許して、この回、2失点。主導権を握った偽バファローズは5回に北川がタイムリー、6回には後藤が8号ソロを叩き込み、4点目。追いかけるソフトバンクはその裏、川崎の二塁打と2つの四球で無死満塁と絶好のチャンスを掴みながら、松中のファーストゴロの間に1点を返すのが精一杯。続く7回にも先頭の松田がヒットを放つも、代打・大村がゲッツーを食らう最悪の展開。偽バファローズは8回からは山本,加藤大がパーフェクトリレーを展開し、逃げ切った。今季初登板の先発・中山は6回1失点の好投で今季初勝利

◆M3−9F◆
0−0で迎えた3回、ここまでノーヒットと沈黙していた日本ハム打線が突如爆発。一死から工藤,劇団ひちょり,田中賢の3連打で先制すると、続く稲葉,小谷野も連続タイムリー二塁打。更に、青波の永瀬が歩いた後、高橋もタイムリー二塁打を放ち、5点目。四球を挟んだ6連打でロッテ先発・清水を早くもKOした。止まらぬ日本ハム打線は4回には稲葉が犠飛、5回には金子誠,工藤が連続タイムリー二塁打、そして、6回にも一死満塁から高橋が押し出し四球を選んで、ダメ押しの9点目。投げては先発・スウィーニーが7回途中まで2失点と先発の役割を果たし、5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(0)トラックバック(27)2007 プロ野球 

 1差で迎えた首位攻防戦。東京の先発・わびすけは初回二死から連打を浴び、播磨矢に被弾し、いきなりの3失点。一方、四国先発・土門は4回まで無失点に抑えていたが、5回、サルを三振に取りながら、これをトカヘンが後逸し、振り逃げを許してしまう。ここで相変わらず、礼を失するストーカー女の挑発に怒り狂った岩鬼は激振するも、カス当たりの打球はキャッチャー前に高く跳ね上がるゴロ。これを捕ったトカヘンは一塁へワンバウンド送球をしてしまい、岩鬼を一塁に生かしてしまったばかりか、サルの三進も許してしまう。ミスを連発して、余計なプレッシャーがかかるトカヘンはすかさず二党を仕掛けた岩鬼を刺せるタイミングながら、またまたワンバウンド送球。ここで殿馬はストーカー女に拘わりたくないとばかりに引っ張らず、センター前へ会心のタイムリー。サルに続いて、本塁を狙う岩鬼だが、犬神の好返球でアウト…と思いきや、これをトカヘンが落球。この間に殿馬は一気に三塁へ。完全に泡食っているかと思われたトカヘンだが、殿馬とのクロスプレーはストーカー女を増長させるだけと判断し、三塁へ大悪送球をかます大ファインプレーを敢行。かくして殿馬はストーカー女と絡む事なく、労せずしてホームイン。しかし、これを単なるミスと誤解した小次郎はトカヘンを引っ込め、雲竜と替えてしまう。出番のない影丸や知三郎と共に、観戦していた大垣だったが、捕手に苦しんでいるチームを目の当たりにしても、何も出来ない自分を歯痒く思いながら、球場を立ち去るのだった。

 「チームのピンチに大垣が動く」の「動く」とは「球場から立ち去る」の意味だったとは、何と言う衝撃的展開!…って、そんな驚く程の事ではないよな。大垣に精神的ダメージを与える為だけに、ここぞとばかりにひたすらシメられまくったトカヘンが哀れでならない。大体、三塁への悪送球はチームの和を乱すばかりか、ファンに多大なる不快感を与えかねないストーカー女の暴挙を阻止する好プレーだったのに、小次郎は何も分かってねぇな! そんなに捕手難なら、土門のお墨付きである谷津吾郎の獲得をフロントに打診してはどうか? それにしても、二塁走者を刺そうとした本塁送球の間に打者走者が一気に三塁へ…って、殿馬はどれだけ俊足やねん! 一球さんだって、そんなに速くは三塁へ到達しないだろ。常識で考えたら、二塁でクロスプレーだろうに、こんな事にも気付かないなんて、水島氏も相当、耄碌している様で…。ところで、打者になった筈の知三郎はベンチにも入れずに何を悠長に観戦に浸っているのか…。また投手に戻ったのか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:29コメント(1)トラックバック(0)2007 ドカベン 

September 09, 2007

◆G8−9T◆
首位奪回を狙う巨人はマッスル千代の富士を1番,李を4番に戻す開幕さながらのオーダーを展開。初回にいきなりの3連打で先制されたものの、その裏、マッスル千代の富士が歩いた後、矢野,ガッツの連続タイムリーであっさり逆転。更に、無死満塁とした後に阿部の犠飛で3点目をあげるが、なおも一、二塁のチャンスでホリンズ,キムタクと倒れて、今一歩攻めきれない。中4日登板となった春風亭半ケツだが、2点のリードを貰いながら、3回に浜中に被弾すると、4回には二死走者なしから関本を歩かせた後、代打・狩野にタイムリー三塁打を浴びて、追いつかれる。更に、5回には連打で二、三塁のピンチを迎えると、キュラソ星人に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、無念のKO。2点を追う巨人はその裏、連続四死球で一、二塁とすると、一死後、ニックンがタイムリー二塁打。更に、阿部のセカンドゴロの間に1点を返して、同点。5−5で迎えた7回、阪神は先頭のシーツがサードゴロ。この際、シーツが際どいプレーでもないのに、わざわざベースの内側へ足を運んでファースト・李の足を踏みつけた事に若大将・原監督が激昂し、あわや乱闘騒ぎ。勝利への執念を見せる若大将・原監督だが、3番手・西村が二死から葛城イクローを歩かせると、シャア少佐には二塁打を浴びて、二、三塁のピンチ。ここで矢野にレフトの右へ弾き返されると、浅めに守っていたレフトの矢野が後ろへ抜かれて、シャア少佐も一気にホームイン。この後、関本が執念のヘッドスライディングで内野安打を勝ち取ると、藤本が歩いて、満塁となったが、鳥谷はレフトへ打ち上げて、三者残塁。その裏から阪神はJFKモードになるかと思いきや、ウィリアムスが体調不良の為、依然として登板出来る状態にないのか、マウンドには江草が登場。しかし、一死から李を歩かせると、ニックンにライトスタンドへ運ばれて、またまた同点。その後、豊田,久保田の両セットアッパーが踏ん張り、試合は延長に突入。迎えた10回、巨人は守護神・上原を投入するが、いきなり関本に痛打されると、藤本に犠打を許した後、鳥谷には右中間突破のタイムリー三塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。更に、続く藤原にもタイムリーを許して、痛恨の2失点。その裏、10連投となる藤川に対して、巨人は代打・清水がヒットで出ると、一死後、暴投で二進。矢野は三振に倒れるも、続くガッツがレフト線へタイムリーを浴びせて、1点差。更に、代走・鈴木が二盗を決め、ワンヒットで同点の場面で、李が歩いて一、二塁。しかし、ここで怒濤のチャンスブレイカー・ニックンが先の同点アーチでインケツパワーを使い果たしたか、中途半端なスイングで空振り三振に倒れるインケツぶりを発揮し、万事休す。巨人はこの3連戦全て1点差の3連敗で3位転落。一方、阪神はこれで25年ぶりの10連勝となった。

◆D4−1S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーはここで勝てば、最多勝へ大きく前進する事となるが、初回、いきなり井端,荒木と連打を許して、一、三塁のピンチを迎えると、ここから中村紀,T.ウッズ,森野,李と4連続タイムリーを浴びて4失点。2回以降は立ち直りを見せたグライシンガーだが、5回、連続エラーで掴んだチャンスに代打を送られ、白星ならず。グライシンガーに代わる代打・真中が四球を選び、満塁となった所で青木の犠飛で1点を返したものの、田中浩が凡退し、1点止まり。ピンチを逃れた中日先発・中田は8回まで1失点で切り抜けると、最後は岩瀬が締めて、史上6人目の通算150セーブを達成した。

◆C3−4YB◆
2回に村田の25号ソロで先制した横浜は続く3回には二死一、二塁から金城が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、3点のリード。追いかける広島は4回に新井が25号ソロを叩き込むと、続く5回には梵がタイムリー三塁打を放ち、1点差。しかし、6回二死一、三塁,7回無死一塁,8回二死一、二塁と再三の同点のチャンスを潰し、試合は土壇場9回へ突入。満を持して、登板した守護神・クルーンは石原,代打・森笠と連続三振に斬ってとり、あっと言う間に二死。しかし、ここから梵にヒット,東出に四球を許して、一、二塁とした所でオチョアに同点タイムリーを浴び、延長戦に突入。迎えた10回、横浜は広島守護神・永川に対して、東出のエラーで出塁した相川をガッツな貴公子・仁志のタイムリー二塁打で返して、勝ち越しに成功。その裏は吉見−加藤と繋いで、連敗を6でストップさせた。

◆H4−5Bs◆
ソフトバンクは初回、先頭の本多が内野安打で出るも牽制死。この後、川崎が三塁打を放つチグハグな展開に嫌なムードが漂ったが、二死後、松中がタイムリーを放って先制。前回の禊ぎの勝利を馬原に粉砕され、今度こそ白星を掴みたいガトームソンは3回までパーフェクトの好投を展開。4回二死から3人の走者を出して作った満塁のピンチも切り抜けたが、4回、日高のタイムリー,村松の犠飛で2点を失い、リードを許してしまう。しかし、その裏、ソフトバンクは一死二塁から本多,川崎,ハマのスペランカーと3連続タイムリーを浴びせて、逆転に成功。4−2の儘、迎えた7回、ガトームソンが先頭の大引にヒットを許した所で王さんは継投策に切り替えるが、これが裏目。代わった篠原が一死二、三塁とピンチを拡大させた上、村松にタイムリーを浴びてKO。更に、柳瀬−ニコースキーと繋いで、二死満塁となった所で5番手・水田が北川に2点タイムリーを浴びて、またも形勢逆転。勝ち越した偽バファローズは高木−大久保と繋ぎ、9回は守護神・加藤大が三者三振の快投で締め、1点差を守りきった。6回に登板し、1イニングを無失点で切り抜けた2番手のルーキー・小松にプロ初勝利が転がり込んだ。

◆F4−8L◆
優勝を争う大事な時期の相次ぐサプライズ人事に未だ動揺を隠せない日本ハムはこの日も先発・八木が2回に中島に先制2ランを被弾。3回に田中賢の2号2ランで追いついて貰ったのも束の間、直後の4回、今度はベンちゃんに2ランを浴びて、勝ち越し点を献上。八木は5回にも赤田のタイムリー二塁打を許して、KO。代わった押本もG.G.佐藤に2ランを浴び、この回、3失点。その裏、高橋のタイムリーで2点を返すも、直後の6回、銀仁朗のタイムリーでまたも突き放された。西武先発・小野寺は5回でマウンドを降りたが、6回以降に登板した4人のリリーフが無失点に抑えて、この3連戦勝ち越しを決めた。

◆E4−3M◆
毎回チャンスを掴みながら、ロッテが攻めあぐねている隙に悪の温床・楽天は3回、高須のタイムリー等で2点を先制。2点を追うロッテは5回、代打・塀内のタイムリーで1点を返すと、続く6回、無死二、三塁から大松が同点犠飛。更にズレータがヒットで続いた後、里崎のサードゴロの間に勝ち越しに成功。しかし、その裏、悪の温床・楽天は二死走者なしから3連打で追いつき、ロッテ先発・渡辺俊をKO。3−3で迎えた8回裏、悪の温床・楽天は今江のエラーで貰った一死三塁のチャンスにフェルナンデスが犠飛を打ち上げ、ついに勝ち越し。最後は小山が無難に締めて、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:46コメント(0)トラックバック(64)2007 プロ野球 

「よかったじゃねーか、ようやく辛口トークしてくれるヤツがいて…」

 グラウンドでは昨年、途中からメジャー昇格を果たしたキーンが快音を連発。その打撃力は勿論、捕手としても高い評価を受けているキーンは今季はほぼ全試合マスクを被る事が確実視されていた。一方、ブルペンではメジャー昇格を懸けた実戦登板に向け、投げ込みを開始する吾郎。ブルペン捕手として吾郎の球を受けていたサンダースが成長した吾郎のボールに度肝を抜かれている所へ、女房役となるであろうキーンが交代にやってくる。W杯で活躍しただけの事はあると頷かせる吾郎のボールにも、キーンはブルペンで良くても信用しないだの、W杯では春先で湿りがちな打者を抑えただけだの、大事な所で6失点は褒められないだのと、苦言を連発。終わったW杯の事などよりも、次のタイタンズ戦で結果を出せと言い放つ。キーンの辛口トークに怒り狂う吾郎だが、頭を切り替えろと言うキーンの真意は分かっていた。かくして迎えた今夜の松尾さんや覚醒アレックスを擁するタイタンズ戦で先発する事になった吾郎。クローザーと違い、ペース配分に気をつけろとキーンに注意されながらも、スターターとしての経験値が高いのだと吾郎の自信は揺らがない。帰国した清水がインターネットでこの試合に注目する中、果たして、吾郎はW杯同様の好投が出来るのか?

 久々の登場となったキーンは相変わらずの辛口だが、まぁ、こいつはこんなもんだろう。こいつが慰めたり、褒めちぎったりしたら、逆に気持ち悪い。それにしても、いきなりの対戦相手として松尾さんとアレックスがいると言う展開は燃える…のだが、やっぱり噛ませ犬になってしまうのだろうか。W杯中に覚醒したアレックスはまだしも、松尾さんは常にシメられる運命にあるからなぁ…。しかし、吾郎がこの試合を難なく抑えてしまって、それの一体どこが面白いのだ?と言う事になる訳で、ひと波乱起きる事を期待してしまう。まぁ、何かあるとすれば、例の「本当の異変」が解決していないと言う可能性が高く、それは吾郎自身が抱える問題であって、決して松尾さんが凄いとか言う事にはならんのだろうけど…。で、沢村の伏線は一体どうなってしまうのかね?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 08:51コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ