August 2007

August 31, 2007

カリメロ勝◆YB7−6G◆
巨人は初回一死二塁からマッスル千代の富士がセンター前へ弾き返すも、本塁を狙った松田記者がタッチアウト。ピンチを逃れた横浜はその裏、2本のヒットでチャンスを作り、村田の23号3ランで一気に3点を先制。しかし、直後の2回、ホリンズのタイムリー二塁打,内海のスクイズで1点差に詰め寄ると、3回にはキムタク,マッスル千代の富士,ガッツの3連打で同点。なおも無死二、三塁のチャンスだったが、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンは空振り三振に倒れる相変わらずのインケツぶりを発揮すると、李,阿部も凡退し、二者残塁。2回以降立ち直りを見せていた巨人先発・内海だったが、6回、村田,吉村,下窪と3連打を浴びて、勝ち越し点を献上。更に、内川に犠飛を許した後、相川に2号2ランを叩き込まれて、無念のKO。巨人は8回に李の2ラン,9回にはマッスル千代の富士がソロと一発攻勢で1点差まで追いすがったが、あと一歩及ばなかった。横浜先発・カリメロは6回3失点で6勝目

◆C1−2D◆
中日先発・朝倉に対して、広島は2回、一死三塁から栗原が犠飛を打ち上げ、1点を先制。広島先発・宮崎は毎回走者を出しながらも3回まで無失点と粘り強く投げていたが、4回一死から連打で二、三塁とされた所で李に犠飛を許して、試合は振り出しに。追いつかれた広島はその裏、先頭の東出がヒットで出るも、二盗を仕掛けて憤死。ここでオチョアが二塁打を放つ皮肉な展開で結局、無得点。1−1で迎えた7回、中日は二死二塁から広島3番手・梅津に対して、荒木がレフト前へタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。土壇場9回、落合監督は守護神・岩瀬を投入せず、朝倉をその儘、マウンドへ。これに対して、広島は先頭のオチョアがヒットで出るも、新井が痛恨のゲッツー。この後、求道者・前田が第3打席に続いてヒットを放ち、ついに2000安打へリーチをかけると、栗原が歩いて、一、二塁。ここで森笠がライト前へ弾き返すも、一気に三塁を蹴った代走・ルパン広瀬が本塁憤死となり、惜しくもゲームセット。朝倉は9安打を浴びながら1点で凌ぎきり、今季初完投で11勝目を飾った。

◆T6−4S◆
初回、シーツ,高橋光のタイムリーで2点を先制した阪神は3回に寿司職人ラミレスの21号2ランで追いつかれるも、その裏、キュラソ星人,高橋光と2発のソロアーチで再び2点のリード。更に、4回には関本に5号ソロが飛び出して、ヤクルト先発・石川はこの回限りで降板。3点を追うヤクルトは7回、関本のタイムリーエラ,寿司職人ラミレスのタイムリーで2点を返し、1点差。しかし、その裏、阪神はシャア少佐のタイムリーで貴重な1点を追加。8回からは久保田−藤川と繋いで、逃げ切った。

◆M3−4Bs◆
ロッテ先発・渡辺俊は初回から一死満塁のピンチを迎えると、北川に犠飛を打ち上げられて、先制点を献上。3回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに39号2ランを被弾。3点を追うロッテはその裏、フクーラ,ズレータの連続タイムリーで2点を返すと、続く4回には一死二、三塁から今江が犠飛を放ち、同点。5回以降、両軍決め手に欠き、試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた10回表、ロッテは二死走者なしから3番手・荻野を投入するも、これが大誤算。全く制球が定まらず、連続四球でピンチを作ると、北川にはセンター前へ弾き返され、勝ち越し点を献上。その裏、偽バファローズ守護神・加藤大の前に反撃を断たれ、3位転落となった。

◆E14−2L◆
悪の温床・楽天打線が序盤から大爆発。初回、二死満塁から礒部の先制2点タイムリーの後、フェルナンデスが3ランを叩き込み、いきなり5点のビッグイニングを形成。3回には一死一塁から、4連打を浴びせて3点を奪うと、続く4回にも満塁の走者を一掃するフェルナンデスのタイムリー二塁打で3点を追加。終盤にも加点した悪の温床・楽天は計16安打14点。大量援護に守られた先発・田中は7回を投げ、G.G.佐藤の一発による1点のみに抑え、ついに2桁勝利に到達。新人王へ大きく前進した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(0)トラックバック(61)2007 プロ野球 

August 30, 2007

◆YB6−5D◆
初回一死二塁のチャンスを逃した中日は2回も一死一、三塁から谷繁がゲッツーを食らう最悪の展開で川相不在の弊害を露呈。しかし,4回、村田のエラーで貰ったタナボタのチャンスにピンキー井上にタイムリー三塁打が飛び出して、均衡を破ると、5回には一死満塁から森野の犠飛で2点目。先発の人斬り抜刀斎は毎回の様にヒットを浴びながらも、要所を締める粘りの投球を展開していたが、6回、先頭の金城に痛打されると、ここで村田にエラーの汚名返上とばかりに22号2ランを叩き込まれて、試合は一気に振り出しに。7回にハマのチンピラに代打を送り、8回から継投策に入った横浜に対して、中日はT.ウッズ,李のヒットで一死一、三塁とすると、代打の切り札・立浪がレフトへきっちり犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。しかし、粘る横浜はその裏、一死から村田、吉村と連打を浴びせると、二死後、内川が同点タイムリー二塁打。なおも二、三塁の場面で相川が走者一掃の勝ち越し2点タイムリーを放ち、人斬り抜刀斎をKO。更に、代わった平井から代打・マイケルもタイムリーを浴びせて、ダメ押し。中日は9回、抑えのクルーンから森野の2点タイムリーで1点差まで迫ったものの、後続を断たれて、痛い逆転負けとなった。

◆T4−2C◆
広島先発・黒田に対して、阪神は2回、一死から桜井の7号ソロで先制。一方、阪神先発・杉山の前に4回まで7安打を浴びせ、毎回得点圏に走者を進めながら、得点が奪えずにいた広島は5回、一死一、三塁と五たびチャンスを作ると、球団から地元での2000安打達成を望まれている為、力を抑えている…訳ではなかろうが、ここまで2タコの求道者・前田がファーストゴロに倒れながらも、三塁走者を返して同点。黒田は3回から5回までに7三振と尻上がりに調子を上げていたが、6回、二死一、二塁からまたも桜井に走者一掃のタイムリー三塁打を浴びると、続く葛城イクローにもタイムリーを許して、この回、3失点。7回から阪神は久保田を投入する必勝パターンを展開するも、広島は東出、オチョアと連打を浴びせると、シーツのタイムリーエラーで東出が生還。しかし、一死後に代わったウィリアムスの前に求道者・前田、嶋と連続三振に斬って取られて、二者残塁。このピンチを切り抜けた阪神は最後は藤川が締めて、逃げ切った。藤川は岩瀬に並ぶトップタイの34セーブ目

◆L3−2M◆
久保,オツの両先発が5回まで無失点の好投を展開。無得点とは言え、押し気味に試合を進めてきた西武は6回、栗山,G.G.佐藤,カブレラと3連打で2点を奪い、久保をKO。更に、2番手・荻野から中島のヒット,中村の犠打で一死二、三塁とするも、ここで代わった3番手・川崎の前に礒?,細川と打ち取られ、追加点ならず。3回以降ノーヒットと完封ペースの投球を続けてきたオツだが、8回一死からズレータ,代打・大松と連続アーチで一瞬にして追いつかれ、無念の降板。試合はその儘、延長に突入した。迎えた11回裏、この回からマウンドに上がった小林雅がまたまたやらかしてしまう。いきなり先頭の細川に痛打されると、福地には簡単に犠打を許し、片岡にもヒットを浴びて、一死一、三塁。ここで栗山を敬遠する満塁策を選択するも、G.G.佐藤にタイムリー内野安打を浴びて、サヨナラ負け。西武は15残塁の大拙攻ながらも、辛くも白星を拾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:31コメント(0)トラックバック(53)2007 プロ野球 

August 29, 2007

◆G4−2S◆
ヤクルトの先発は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー。春風亭半ケツ,内海らのタイトル争いを援護する為にも叩いておきたい巨人は初回一死一、三塁からガッツの犠飛で先制すると、3回には3番でスタメン復帰となったマッスル千代の富士がタイムリー二塁打を放ち、2点目を追加。4回には二塁打の李を阿部が送って一死三塁。ここで若大将・原監督の指示はスクイズ。完全にヤクルトバッテリーの意表をついたが、ニックンが得意のヘッポコバントでこれをファールにしてしまうインケツぶりを発揮。しかし、これでインケツパワーが充電されたニックンはバットを折りながらも、しぶとくセンター前に落として、3点目。ニックンは6回にもタイムリーを放ち、4点目。先発・木佐貫は7回まで2安打無失点と二塁すら踏ませない素晴らしい投球を展開。しかし、完封も見えてきた8回、先頭の田中浩に内野安打を許した後、続く宮本に5号2ランを叩き込まれると、一死後、代打・宮出に痛打された所で無念のKO。二死後、3番手・西村が連続四球を許し、満塁となったが、ここで登場した守護神・上原がガイエルを打ち取り、ピンチ脱出。上原は9回もきっちり締めて、木佐貫はルーキー時代以来となる4年ぶりの2桁勝利をマークした。

◆YB−D◆
降雨中止。

◆T2−3C◆
広島は2回、求道者・前田の2000安打へ4と迫るヒットを皮切りにチャンスを作り、シーツのエラーと梵の犠飛で2点を先制。その裏、先発・青木高が浜中に被弾し、1点差となるが、4回、またも求道者・前田が12号ソロを叩き込み、2000安打で3と接近。しかし、阪神も負けじと、その裏、右肩痛で登録抹消となった林に代わり、スタメンに起用された高橋光の移籍初打点となるタイムリーで再び1点差。なおも、一、二塁のチャンスだったが、ジュビロ野口がゲッツーを食らい、同点ならず。続く5回には二死から関本が三塁打を放ったものの、シーツが打ち上げ、無得点。8回には一死から関本,シーツが連打を浴びせるも、キュラソ星人,桜井と倒れて、二者残塁。最後は守護神・永川の前に反撃を断たれて、あと1点が届かなかった。広島先発・青木高か5回2失点で退いたが、リリーフ陣の援護を仰ぎ、3勝目を飾った。

◆Bs1−5H◆
偽バファローズ先発・平野佳の前に3回までパーフェクトに抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、本多がチーム初安打となる二塁打を浴びせると、川崎のセカンドゴロの間に三進。ここでハマのスペランカーが犠飛を打ち上げ、1点を先制。6回には二死一、二塁から柴原のタイムリーの後、松田に4号3ランが飛び出して、一気に4点を追加。投げては先発・斉藤和が6回を散発2安打無失点の好投を展開。偽バファローズは土壇場9回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評された上、山崎武に批判されて怒り心頭中のローズがストレスを解消する38号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。王さんはこれで別当薫を抜いて歴代単独8位となる1238勝目。

◆L3−6M◆
初回にサブローのタイムリーで先制された西武だが、4回、礒?のタイムリーで追いつくと、続く5回には二死から片岡がヒットで出た後、中島が11号2ランを叩き込み、2点を勝ち越し。粘るロッテは8回にズレータの11号ソロ,9回には抑えのグラマンから早川の4号ソロと一発攻勢で同点に追いつき、試合は延長に突入。流れを引き寄せたロッテは10回、内野安打と2四球で一死満塁とすると、ここでサブローが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、一気に3点を勝ち越し。最後は守護神・小林雅が3人できっちり締めて、3連勝。

◆E4−5F◆
6連勝中のダルビッシュに対して、悪の温床・楽天は初回、草野のタイムリー二塁打で先制。3回には一死二、三塁からまたも草野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。3点を追う日本ハムは5回、稲葉のタイムリー内野安打でようやく1点を返すと、続く6回には二死一、二塁から鶴岡が走者一掃のタイムリー三塁打を浴びせて、一気に同点。更に、劇団ひちょりがショートへの内野安打を放ち、勝ち越しに成功。しかし、8回二死二塁から飯山が痛恨のタイムリーエラーを犯し、試合は振り出しに。同点で迎えた土壇場9回、日本ハムはいきなり工藤,稲葉,ミスタースナイパー・坪井と3連打を浴びせて、勝ち越しに成功。その裏、悪の温床・楽天は依然として続投のダルビッシュから先頭の礒部が内野安打で出るも、代走・高波がいきなり二盗を仕掛けて憤死すると、ここで憲史が内野安打を放つチグハグな展開。結局、この後、鉄平,代打・関川と倒れて、あと一歩及ばなかった。ダルビッシュは調子が悪いながらも粘りの完投で13勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:13コメント(0)トラックバック(55)2007 プロ野球 

August 28, 2007

◆G4−3S◆
4連勝と勢いに乗るヤクルトに対して、巨人は3回、2つの四球で二死一、二塁とすると、故障欠場のマッスル千代の富士に代わり、スタメンに起用された矢野がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制するも、一気に三塁を蹴った一塁走者の松田記者が伊原コーチと接触する大チョンボで憤死。3回までパーフェクトの好投を見せていた先発・春風亭半ケツが直後の4回、寿司職人ラミレスにタイムリーを浴びて、あっと言う間に同点。6回には一死から飯原に三塁打を浴びた所で、青木に犠飛を許して、勝ち越し点を献上。1点を追う巨人は7回、二死二塁から清水,脇谷と代打陣が立て続けにヒットを放ち、同点とすると、更に、松田記者がレフト線へタイムリー二塁打を放ち、勝ち越し。しかし、8回、2番手・豊田が二死一、三塁のピンチを作ると、守護神・上原が代打・ユウイチにタイムリーを浴びる今季初のリリーフ失敗で春風亭半ケツの白星は消滅。追いつかれた巨人はその裏、一死一、三塁から霊感投手・高井の暴投で労せずして勝ち越し。土壇場9回、上原は先頭の宮本の打球直撃を食らい、うずくまったものの、痛みに耐えながら、後続を断ち切り、首位の座を堅守した。ヤクルトの連勝は4でストップ。

◆YB2−7D◆
初回から一死一、二塁のチャンスを逃す相変わらずの拙攻ぶりを展開した中日だが、続く2回、はーちゅんのタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。なおもチャンスは続いたが井端が最悪のゲッツー。4回も先頭打者を出しながら、ゲッツーでチャンスを潰す拙攻続きだったが、6回、一死満塁から代打・立浪が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、一気に突き放した。8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野,李が連続アーチをぶち込んで、これがダメ押しとなった。投げては先発・山井が8回を2失点に抑える好投で2勝目をマーク。敗れた横浜はまたも打線沈黙で4連敗。

◆T3−3C◆
初回、シーツのタイムリーエラーで先制を許した阪神だが、3回、鳥谷のタイムリーで追いつくと、更に、一死満塁とした所でキュラソ星人のタイムリー,林の犠飛で2点を勝ち越し。直後の4回、広島は新井の一発で1点差と詰め寄ると、更に、栗原のヒットの後、求道者・前田が2000安打で5本と迫るタイムリー二塁打を浴びせて、同点。5回以降、完全に膠着状態に陥り、試合は延長にもつれ込んだが、両軍決め手に欠いた儘、延長12回既定で引き分けに終わった。

◆Bs8−8H◆
0−0で迎えた3回、ソフトバンクは一死一、三塁からハマのスペランカーのタイムリー,松中の犠飛で2点を先制。続く4回には井手に2年ぶりのアーチを放ち、3点目。その裏、ラロッカの24号ソロで1点を返されるも、直後の5回、松中のタイムリー,松田の犠飛で2点を追加。しかし、偽バファローズは6回に猛反撃。4長短打で3点を返し、ソフトバンク先発・和田をKOすると、代わった山田から前田,大西と連続タイムリーを浴びせて、一気に逆転。追う展開となったソフトバンクだが、直後の7回、内野ゴロの間に1点を返した後、松田が3号2ランを叩き込み、勝ち越し。これで決まったかと思いきや、土壇場9回、守護神・馬原がラロッカにこの日2本目となる25号2ランを被弾し、試合は延長に突入したが、11回表二死の段階で強くなった雨の影響により、コールドゲームでドローとなった。

◆L2−3M◆
4月1日以来の先発マウンドとなる大沼に対して、ロッテは2回、大松の犠飛で先制すると、4回にはオーティズのタイムリー二塁打で2点目を追加。防御率1点台のロッテ先発・成瀬にはこれで十分かと思われたが、5回、先頭のG.G.佐藤に22号ソロを被弾すると、二死二塁から片岡にタイムリー二塁打を浴び、試合は振り出しに。追いつかれたロッテは直後の6回、一死一、二塁から里崎のタイムリー二塁打ですかさず勝ち越しに成功。西武は7回、連打の後、中村の犠打で一死二、三塁とし、成瀬をKOするも、代わった荻野 の前に後続を断たれて、二者残塁。ピンチを切り抜けたロッテは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーで1点差を守りきり、成瀬に12勝目が灯った。

◆E3−1F◆
日本ハムは初回、二死一塁から稲葉が二塁打。一気に三塁を蹴った一塁走者・工藤だが、本塁憤死で先制ならず。すると、その裏、悪の温床・楽天は一死からヒットで出た鉄平がすかさず二盗。草野もヒットで続いて一、三塁となった所で山崎武のセカンドゴロの間に1点を先制。3回には一死から二塁から山崎武のタイムリーで1点を追加。2点を追う日本ハムは6回、一死から工藤,稲葉の連打で一、三塁とすると、高橋が犠飛を打ち上げ、1点差。その裏、悪の温床・楽天は3連打で1点を返し、更に、渡辺直もヒットを放ち、無死満塁としたものの、嶋は空振り三振。水島の呪いに苛まれている代打・高須はショートゴロゲッツーに倒れて、1点止まり。日本ハムは7回二死満塁,8回無死一塁のチャンスを悉く逸し、最後は抑えの小山の前に3人で打ち取られ、ゲームセット。日本ハムはこれで3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(0)トラックバック(82)2007 プロ野球 

August 27, 2007

◆E11−1F◆
防御率1位も見えて来た日本ハム先発・武田勝はこの日も3回まで無失点と上々の立ち上がり。しかし、4回、一死から草野に死球を食らわせると、山崎武,フェルナンデスと連続アーチを叩き込まれて、3点を献上。更に、続く5回には関川,フェルナンデスのタイムリーを浴び、よもやの6失点KO。一方、悪の温床・楽天先発・朝井は4回までノーヒットの好投を展開。飛ばし過ぎの影響か、5回は一死一、二塁,6回は無死一、二塁とピンチを背負ったものの、辛くも切り抜け、この回限りでお役御免。7回に2番手・牧野が金子誠にタイムリーを浴びたものの、その裏、悪の温床・楽天は憲史の犠飛,牧田のタイムリーで突き放すと、8回には7点差があるにも拘わらず、調整で引っ張り出された守護神・MICHEALから山崎武がこの日2本目となる大台40号3ランを叩き込み、試合を決定付けた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:26コメント(1)トラックバック(13)2007 プロ野球 
 ベンチに引っ込められた上、ストーカー女と殿馬だけは引き続き出ている事に納得のいかない岩鬼はファンは自分を見に来ているのだと怒り心頭。ゲッツーを完成させて、ベンチに戻ってきたストーカー女と殿馬に対し、何を企んでいるのか「日本一の二遊間」などともてはやすヒルマン監督を見て、日本一の二遊間は高須と川崎だと憤慨する。全セはこの後、ハマのチンピラ,上原,人斬り抜刀斎らをエース級を1イニングずつ投げさせる継投で追加点を許さず、全パも土門,不知火,ダルビッシュらを注ぎ込み、試合は1−1の儘、土壇場9回に突入。全パは岩瀬に対して、一死走者なしから7番・早川に代わる代打・鉄平が二塁打を放ち、勝ち越しのチャンス。ここで得点圏打率No.1の高須の代打起用が予想されたが、ヒルマン監督は何を血迷ったか、ストーカー女をその儘、打席に送った上、一死だと言うのに犠打を指示。これを見た江夏は二死でも走者が三塁にいると数多くの得点パターンがあると言う水島作品で散々使い古された蘊蓄を偉そうに語り、ストーカー女の犠打は最高の作戦だなどと評する。山田は暴投を恐れて、落ちる球が使えないと読み切れるなら、バットコントロール自在の殿馬は「秘打・G線上のアリア」を使ってくるのではないかと予想。これに対して、岩瀬は初球からフォークでストライクを決める。いきなり落ちる球を使われて、岩瀬を甘く見過ぎた浅はかな読みだと周囲から非難される山田だが、今のは暴投の危険のないストライクからストライクになるボールであり、矢野のリードは落ちる球で勝負してくると見せかけているに過ぎないと指摘。山田同様の読みをしていた殿馬は秘打でも何でもない普通のバッティングでレフトスタンド中段に叩き込む会心の勝ち越しの2ランを放つ。江夏は初球にフォークを使ってしまった為に、逆に、それが見せ球に過ぎず、以降、フォークを使わないと言う組み立てを読まれる事になったと解説。山田も落ちる球がないと分かれば、秘打すら必要なく、フルスイングするだけでいいと分析する。結局、この勝ち越しアーチで全パが第1戦を飾り、殿馬はMVPを獲得するのだった。

 以前、HPでレビューをやっていた時に「中西球道がプロ入りしたら、レビューを打ち切る」と予告して、実際、危惧していた通りの展開となり、打ち切った訳だが、今回も同様の予告をさせて貰いたい。皆様も薄々想像がついてる事かと思うが、「殿馬がストーカー女と正式に結婚したら、レビューを打ち切る」事をここに宣言する。先週、色々と泣き言を書いた所為か、いつもより多めにコメントを頂いたけれど、こうも毎週毎週、本編で心を折られると、ダメージ回復する暇を全く与えて貰えない。まったくもって恐るべき作品だ。現段階で既に、苦痛極まりないのだが、正式に事が運んじまったら、それを文面化する作業に心が耐えられまい。散々主張し続けてきた岩鬼×サチ子の出来レースが崩壊し、里中×サチ子が正式にくっついたとしても、こちらは夏子はんが救われるだけ、許容出来るネタなのだが、殿馬×ストーカー女を容認すると言うのは、私には天地が引っ繰り返っても不可能だ。恐らく「トンマ」と引っかけて生まれたに過ぎない「殿馬」と言う姓は日本には実在しない筈で(驚く事に「岩鬼」どころか「微笑」なんて名字まで実在するのだが、「殿馬」は実在のウラが取れない。実在すると言う情報がある方は是非、教えて頂きたい)、しかも、殿馬は天涯孤独の設定であり、「殿馬」を名乗る人間は文字通り「殿馬一人」、唯一人しか存在しないのである。それをこんな金満自己中ストーカー女に名乗られる事になるなんて、それだけでゾッとする。どうせ結婚するなら、いっそ殿馬には婿養子になって欲しいね。それで「殿馬一人」と言う名の人間はこの世から消滅する訳だ。こんな状態でいつまでも「殿馬一人」でいられても、歯痒いだけだしなぁ。「正岡一人」か…、何だかパッとしない名前(実在する全国の「正岡一人」さん、ごめんなさい)だな…。たかだか架空キャラのカップルにムキになるな…と言うなかれ。創作物とは言え、こうも不成立に終わって欲しいとひたすらに願いたくなるカップルは未だかつて存在しなかったし、今後もきっと現れないだろう。ストーカー女の傍若無人ぶりが極めて不愉快なのは言うまでもなく、よりにもよって、そんな人間を孤高の天才・殿馬とくっつけるなんてどうかしてる…。この女、殿馬を束縛する気はないとか言いながら、四六時中のストーキング行為で隙あらば、殿馬にまとわりついており、束縛する気満々だしな。そもそも、ストーカー女が殿馬に惚れた馴れ初めからして納得がいかない。あのシチュエーションはどう考えても山田に惚れる流れであって、殿馬に惚れるのは全く筋が通っていないのだ。因みに、サチ子のファーストキスの相手は誰あろう殿馬である。山猿カットになってからのサチ子も嫌悪感を抱く一方のキャラと化してしまっているのだが、それでもストーカー女よりは幾分マシである。岩鬼とは言わんから、せめて殿馬に乗り換えんか、サチ子よ…。ストーカー女を排除出来るなら、この際、サチ子でも泣く泣く我慢するさ。そうなれば、必然的に里中×サチ子も破局に終わる訳で、現在、腸が煮えくり返っている腐女子の里中ファン達も喜ぶだろうし、一石二鳥だよ。

…とまぁ、打ち切り予告宣言はここまでにして、本編の話。殿馬とストーカー女でバッテリーを組ませるのでは?と言う予想は大外れ。結局、ヒルマン監督の驚くべき采配ってのは、高須を代打に送らずに、ストーカー女に犠打をさせた事な訳? 全然驚くべき采配でも何でもなく、スカシネタも甚だしいが、とりあえず、パ・リーグ投手陣が冒涜されずに済んだ事には喜ぶべきだろうか…。それにしても、先週、「今後、殿馬は全打席普通に打て!」と皮肉を書いた訳だが、本当に普通に打ってるよ…。配球が絞れたら、秘打は必要なく、フルスイングするだけでいい…って、先週同様、秘打の存在意義を完全否定とは…。最早、殿馬の存在意義すら否定しているんじゃあるまいな。確かに、ストーカー女に軟禁状態の殿馬に存在価値があるのかアヤしいものだが、今後、殿馬まで、山田の様な読みに頼り切ったジャンケン野球の申し子と化してしまうのだろうか…。大体、同点で迎えた9回二死三塁の場面で、幾ら落ちる球が来ないと決め込んだからと言って、あえてフルスイングする様なプレーを殿馬がするだろうか。ワンヒットで十分な場面でのこの判断は殿馬らしいとはとても思えない。挙げ句の果てに、ヒルマン監督は二人をフル出場させたのは婚約のプレゼントなどと、訳の分からない事を言い出して、神経を逆撫でするし…。いや、一連の選手起用がひとえに殿馬潰しにあったのだとすれば、サッサと二人をくっつかせて、殿馬を骨抜きにしようと画策しているのか、はたまた、ストーカー女と殿馬のいずれか、あるいは両方を寿退社(引退)に追い込み、優勝を争う球団の戦力ダウンを狙っていると見るのが妥当かもしれないが…。最後に藤川の9連続三振騒ぎがあったが、結局は殿馬とストーカー女の愛を確認する結果に終わったとか気が触れた様なナレーションが入ったが、一体、どこにそんな事を確認する描写があったのだろうか? ストーカー女は殿馬の有難いアドバイスを無視したパクリ秘打で無様に三振するし、最後の犠打もストーカー女が決めた事による特殊効果は何ら発言していない。また、殿馬がストーカー女のバットを使って一発かましたのは、あくまでバットガールを守る為であると同時に、軟禁状態の悪化を恐れた為に過ぎない。ストーカー女が偏執的な殿馬への愛情を一方的に傾けているのはいつもの事であり、殿馬からストーカー女に対するベクトルの好意的な描写など全くないではないか。一方、この試合の流れを作ったのは里中だとか、訳の分からない事を言って、自分の愛情に自己陶酔するサチ子も実に滑稽極まりない。里中は不用意な一投で被弾し、先制点許しただけやんか。試合を作ったのはむしろ、リリーフ陣だろ…。ホント、この二人を見ていると、夏子はんが凄ぇいい人に見えてくるよなぁ…。それにしても、殿馬とストーカー女が日本一の二遊間だなんて、暴言も甚だしい。岩鬼の唱える「高須&川崎」が日本一とは思わないが、これはどう考えても12球団全てのレギュラーショートに対する冒涜だろう。特に、川崎に対して…。本職がサードのストーカー女の為に、結局、川崎は最後まで出場機会を奪われる事になった訳だ。再三再四書いているが、水島氏って絶対ホークスファンなんかじゃないよな…

狂愛の絆―若妻とストーカー (フランス書院文庫)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:57コメント(5)トラックバック(0)2007 ドカベン 

August 26, 2007

◆C1−14G◆
接戦続きのこのカードだったが、この日は広島先発・大竹が初回から6長短打でいきなり6点失う大炎上。続く2回にもニックンの犠飛,ガッツの二塁打で2点を失った所で悪夢のKO。巨人は更に、阿部のタイムリーで1点を加えると、3回には不敗神話を誇るホリンズの一発が飛び出して、10点目。止まらない巨人打線は6回にも長短打で4点を奪い、計20安打で今季最多の14得点。投げては先発・久保が8回まで無四球の1失点に抑える好投を見せ、5月5日以来の3勝目。完敗を喫した広島だが、求道者・前田は3安打と気を吐き、2000安打まであと6本にまで迫った

◆D6−3T◆
阪神は2回,3回と立て続けに一死満塁のチャンスを悉く逃し、4回にも二死一、二塁の場面にシャア少佐が空振り三振。一方、再三のピンチを凌いできた中日はその裏、T.ウッズ,李,英智と3本のタイムリーで一気に4点を先制。拙攻続きの阪神だったが、6回に代打・悠久の若虎・桧山のタイムリー二塁打で1点,7回にはキュラソ星人の犠飛と桜井のタイムリーで2点を返し、1点差。しかし、その裏、中日は藤原の連続エラーと、中村紀のタイムリーで2点を奪い、またまた点差は3点と広がった。最後は昨夜、リリーフに失敗した岩瀬が今度は3人でピシャリと締めて、逃げ切った。先発・中田は6回1失点で11勝目。阪神は中日を3本も上回る10安打を放ちながら、11残塁の拙攻が響いた。

◆S6−2YB◆
巨人戦限定好投手・土肥に対して、ヤクルトは初回、宮出のタイムリー二塁打で2点を先制。直後の2回、内川の一発で1点差と詰め寄られるも、その裏、福川のタイムリー二塁打で再び2点差。更に、6回には田中浩のタイムリー二塁打等で2点を追加。7回に1点を返されるも、8回に代打・ユウイチのタイムリーでダメを押し、4連勝。先発・川島が6回まで9人の走者を出しながら、1点で踏ん張る粘りの投球を展開し、3勝目。

◆H1−4M◆
ソフトバンク先発・神内は2回まで5三振と素晴らしい立ち上がりを見せたが、3回、先頭の堀に二塁打を浴びると、二死後、TSUYOSHIにタイムリー内野安打を許して、先制点を献上。4回のピンチは切り抜けたものの、何故か、この回限りで早くも降板となった。継投策に入ったソフトバンクに対して、ロッテは6回に里崎の9号ソロ,7回には早川のタイムリー内野安打で1点ずつ追加。その裏、辻の犠飛で1点を返されるも、8回には二死満塁からTSUYOSHIが死球を食らって、押し出しでダメ押しの4点目。投げては先発・小林宏が6回まで毎回の7三振。7回途中で降板となったが、リリーフの援護を仰いで12勝目。最後を締めた小林雅は自身の持つプロ野球記録を更新する7年連続の20セーブ目をマークした。ソフトバンクの連勝は4でストップし、一日で3位転落となった。

◆L3−2F◆
初回、日本ハムは稲葉の16号ソロで1点を先制。日本ハム先発・八木の前に西武は6回まで散発2安打に抑え込まれ、稲葉の一発が重くのしかかっていたが、7回、一死二塁からカブレラの21号2ランが飛び出して、一気に逆転。しかし、直後の8回、日本ハムは代打・紺田が二塁打を放つと、鶴岡が送った所で劇団ひちょりがセンター前に弾き返して、すかさず同点。それも束の間、その裏、西武はこの回から代わった2番手・江尻から代打・栗山の4号ソロであっと言う間に勝ち越し。最後はグラマンが締めて逃げ切り。涌井はハーラー単独トップの16勝目をマークした。

◆Bs10−0E◆
4回までノーヒットと素晴らしい立ち上がりを見せた偽バファローズ先発・金子は7回まで散発4安打無失点の好投を展開。悪の温床・楽天先発・永井も負けじと、6回まで散発4安打に抑えていたが、7回、連打と四球で一死満塁のピンチを迎えた所で阿部真に走者一掃のタイムリー三塁打を浴び、無念のKO。偽バファローズはこの後、代打・水口のタイムリー三塁打,ローズのタイムリー等で2点を加え、この回、大量6点。更に、続く8回にも前田の3ラン等で4点を奪い、10点差と試合を決定付けた。前半の重苦しい展開から、一気に楽になった金子は8,9回と3人ずつで退け、プロ初完封で2勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:42コメント(0)トラックバック(79)2007 プロ野球 

August 25, 2007

◆C6−9G◆
巨人に4戦連続逆転勝利中の広島だが、この日はオチョアの6号ソロで先手を取った。しかし、直後の2回、巨人は二死一、二塁からホリンズのタイムリーで同点。続く3回には二死満塁のチャンスを掴んだものの、李が立て続けにストライクを見逃して、三振に倒れ、三者残塁。これでガックリきた先発・金刃はその裏、いきなり梵にバックスクリーンへ叩き込まれると、二死一、二塁から求道者・前田に2000安打へカウントダウンとなる11号3ランを浴び、4失点。直後の4回、巨人は阿部の29号ソロで1点を返すと、続く5回には無死満塁からガッツの犠飛,阿部のタイムリーで1点差。更に、矢野もヒットで続いて満塁としたものの、ホリンズはピッチャーゴロに倒れて、またも三者残塁。そして、7回、この回から代わった広島3番手・広池に対して、巨人はニックン,ガッツが連打。ここで李はヘッポコバントをかました後の強攻策でライト前に弾き返して、無死満塁。一死後、矢野の三遊間への深い当たりはショート・梵の好プレーに阻まれ、二塁は封殺されたものの、この間にガッツが同点のホームイン。続いて代打・清水のショート正面のゴロが梵の手前で跳ね上がるイレギュラーヒットとなり、勝ち越しに成功すると、更に、脇谷に右中間突破の2点タイムリー三塁打が飛び出して、この回、4点。粘る広島は8回、二死一、三塁として、早くも守護神・上原を引っ張り出すと、梵がタイムリーを浴びせて、2点差。しかし、広島の反撃もここまで。9回に矢野にダメ押し弾を浴びると、その裏は上原の前に三者凡退。巨人は4戦連続逆転負けの借りを返す、4点ビハインドからの逆転劇で1日で首位を奪回した。尚、求道者・前田は第4打席でも二塁打を放ち、2000安打まであと9本となった。

◆D0−2T◆
立ち上がりピリッとしない阪神先発・ボーグルソンに対して、中日は初回、一死から荒木がヒットで出るも、中村紀が最悪のゲッツー。2回には二死から李,英智と連打を浴びせるも、谷繁がサードゴロに倒れて、二者残塁。3回には一死からヒットで出た井端が盗塁死。この後、荒木,中村紀と連打するも、T.ウッズが三振に倒れて、二者残塁。怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日打線は以降、完全に沈黙し、得点を奪える気配すら掴めない。川相不在の弊害を露呈しまくる味方打線に辟易としながらも、先発・小笠原は7回まで散発2安打12三振の好投を展開。8回に先頭の桜井に三塁打を浴びたものの、ここから三者連続三振に斬って取り、ピンチ脱出。しかし、0−0で迎えた土壇場9回、小笠原は一死満塁のピンチを作って、無念の降板。ここで守護神・岩瀬を投入するも、林に犠飛を許して、ついに先制点を献上。この後、シャア少佐のヒットで再び満塁とされた所でここまで3三振の矢野にタイムリーを浴びて、致命的な2点目を献上。最後は藤川の前にピシャリと締められ、完封負け。3回までは拙攻三昧、4回以降はノーヒットと、15三振を奪う快投を見せた小笠原を見殺してしまい、首位転落となった。

◆S4−3YB◆
横浜は初回、ヤクルト先発・松井を攻め立て、金城,吉村のタイムリーで2点を先制。4回にはメカゴジラの12号ソロが飛び出して、3点目。毎回チャンスを作りながら、横浜先発・カリメロの老獪な投球にかわされていたヤクルトだが、その裏、二死二塁から代打・度会のタイムリーでようやく1点を返すと、カリメロが退いた8回には横浜野手陣の乱れに乗じて、宮本のタイムリー,川本の犠飛で同点。完全に流れを掴んだヤクルトは土壇場9回、一死満塁から田中浩がセンター前へ弾き返し、連夜のサヨナラ勝ち。これでヤクルトは広島と入れ替わりで最下位を脱出した。

◆H4−1M◆
小久保が肋骨骨折で今季中の復帰が微妙となる中、西武を3タテして勢いに乗るソフトバンクはロッテ先発・清水に対して、初回のチャンスは逃したものの、2回に松田の2号ソロで先制。続く3回にはエラー絡みで無死満塁とすると、一死後、田上が押し出し四球を選んで、2点目を追加。先発・大隣は2回に連打を浴びたものの、このピンチを切り抜けると、6回まで無失点の好投を展開。7回に2つの四球を与えて、降板するが、代わった水田が後続を断ち切った。しかし、続く8回、3番手・藤岡がオーティズにタイムリーを浴びて、1点差。なおも二死一、三塁の場面だったが、ここで登場した守護神・馬原が里崎を空振り三振に斬って取り、ピンチ脱出。4回以降、残塁を量産するばかりのソフトバンクだったが、その裏、川崎のタイムリー等でダメ押しの2点を追加。馬原は9回に二死一、二塁と一発で同点のピンチを詰まったが、早川をセカンドゴロに仕留めて、事なきを得た。これでソフトバンクは4連勝となり、ロッテと入れ替わりで2位に浮上。2勝目をあげた大隣は本拠地初勝利となった。

◆L3−12F◆
初回、中島の犠飛で先制を許した日本ハムだが、3回に劇団ひちょりのタイムリーで追いつくと、4回には稲葉の一発で勝ち越しに成功。その裏、高山の犠飛で同点とされるも、直後の5回、すかさず金子誠のタイムリーで再び勝ち越し。更に、6回には二死満塁から二死満塁から工藤の押し出し四球,金子誠,劇団ひちょりの連続タイムリーで4点を追加。日本ハムは終盤にも5点を加え、計15安打12点の猛攻で快勝。先発のルーキー・吉川は8回3失点で4勝目。

◆Bs3−4E◆
いきなり連続三振を奪うなど、三者凡退と上々の立ち上がりを見せた偽バファローズ先発・川越だったが、続く2回、吉岡,藤井にタイムリーを浴びて、2点を献上。先制点を貰った悪の温床・楽天先発・グスマンだが、その裏、自らの暴投で1失点。6回に憲史の一発で再び2点差に広がったが、7回、偽バファローズは一死一、三塁から平野恵の犠飛で1点差となると、更に、二死満塁からローズが押し出し四球を選んで、試合は振り出しに。土壇場9回、二死一、三塁から山崎武のタイムリーで勝ち越し。最後は小山がクリーンアップを退け、最下位転落の危機を免れた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:16コメント(0)トラックバック(77)2007 プロ野球 

 吾郎の泊まっているホテルを訪れた藤井達は吾郎と久々の再開を果たす。賞賛の嵐を受けながら、敗戦投手に対する皮肉と感じてしまう吾郎だが、田代はかつての球友の大舞台での活躍を自分の事の様に誇らしく思っていると告げるのだった。一方、藤井は試合後、吾郎が清水と会っておらず、合わせる顔がないからと空港へも見送りに行く気がない事を聞くや否や、自分達と会っている場合ではないだろうと吾郎を強引にタクシーに連れ込むと、試合後、吾郎と同じくらいふさぎこんでいた清水の気持ちを代弁。今は自分の気持ちに整理がつけられなくても、一人では整理のつけようのない清水の帰国前に笑顔を見せて安心させろと説得された吾郎は何とか清水の出航前に空港に到着。ワールドシリーズでJr.にリベンジすると誓い、笑顔で清水を見送った。かくして、吾郎は当面の目標である開幕メジャーを目指し、スプリングトレーニングへと向かうのだった。

 藤井に後押しされなければ、清水に会わないつもりだったとは、吾郎は相当いじけていた様だ。にも拘わらず、清水が吾郎を励ますのではなく、逆に、清水が吾郎に元気付けられてしまうとはなぁ。清水に一発かまして欲しかっただけにこの展開はちょっと残念。で、結局、吾郎の異変って言うのは、解決したのかしてないのか、さっぱり分からない。いじけていた事が異変だったと言うなら、解決した事になる訳だが、あんな思わせぶりにネタを振っておきながら、本当に異変の正体がそれなのだとすればスカシネタもいい所。吾郎はさほど晴れやかな表情は見せていないので、完全にふっきれているのかどうかは微妙な所だし、まだ何かある様な気も…。さて、この流れだと、普通に考えれば、Jr.との再戦を賭けたメジャーのペナントレースが始まる事になるのだが、今までのパターンだと、そんなありきたりの進め方はしないんじゃなかろうか…。3Aのペナントがイマイチ、パッとしなかったし、ワールドシリーズ編ほどのクライマックス感は出せない事を考えても、メジャーのペナント編って、盛り上げるの難しそうだしなぁ。それにしても、清水に続いて吾郎にも全く思い出して貰えない牟田が哀れ…。清水はネタ気味だったが、吾郎はマジで分かってない様子だった。ロン毛にしたから気付いて貰えないのか、そもそもその程度の存在なのか?(泣)。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:15コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 

August 24, 2007

◆C8−7G◆
首位に返り咲いた巨人は広島先発・黒田に対して、初回、松田記者,キムタクがいきなり連打を浴びせるも、キムタクは一、二塁間で挟まれ憤死。しかし、マッスル千代の富士が歩いた後、ガッツのタイムリーで1点を先制。なおも一、三塁の場面でニックンがヘッポコセーフティスクイズを敢行して、マッスル千代の富士を本塁憤死させた上、マッスル千代の富士を負傷退場に追い込むインケツぶりを発揮。これでガックリきた阿部も三振に倒れて、二者残塁に終わる体たらく。2回には三者三振を喫するなど、嫌な流れとなっていたが、4回、阿部のタイムリーの後、李が22号2ランを叩き込み、3点を追加。一方、未だ白星のない巨人先発・パウエルは3回までノーヒットの好投を展開していたが、リードが開いて、気が緩んだか、その裏、東出,オチョアと連打を浴びて、1失点。突き放したい巨人は6回、二死二塁から李,ホリンズと連続四球を選んで、満塁とするも、パウエルが空振り三振に倒れて、三者残塁。それでも、7回にニックンのタイムリーで5点目を加え、ダメ押しとなったかと思われたが、その裏、広島が猛反撃。一死から連打と死球で満塁とし、パウエルをKOすると、またまた酷使起用となった西村から代打・嶋が2点タイムリー二塁打。オチョアが歩いて、再び満塁となった所で新井が2点タイムリーを放ち、ついに同点。更に、栗原のヒットで西村をKOした後、3番手・山口から求道者・前田がセンターへ犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。逆転された巨人は直後の8回、二死二塁のチャンス。ここで広島は守護神・永川を投入するが、代打・清水が起死回生の2号2ランを叩き込み、一気に逆転。しかし、粘る広島はその裏、山崎が同点タイムリー。再び流れを引き寄せた広島は土壇場9回、二死走者なしから代打・尾形が今季初アーチを叩き込み、サヨナラ勝ち。敗れた巨人は一夜で首位転落となった。

◆D8−1T◆
阪神先発・下柳に対して、中日は初回、一死満塁から森野のタイムリーで2点を先制。更に、二死後、英智も2点タイムリーを放ち、この回、4点。4回には中村紀,英智のタイムリーで2点を加え、下柳をKO。更に、代わった渡辺から早くも登場した代打・立浪が史上32人目の通算1000打点となるタイムリーを浴びせて、7点目。先発・朝倉は7回途中まで1失点の好投で2年連続の10勝目をマーク。中日は再び首位に返り咲いた。

◆S3−2YB◆
野中のエラー等で初回から満塁のピンチを迎えた横浜は宮出のタイムリー内野安打で先制点を献上。しかし、直後の2回、先頭の村田がライトスタンドへ21号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。その後、秦,石川の投げ合いが続き、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ヤクルトは四球の青木を田中浩が送った所で寿司職人ラミレスがタイムリー二塁打を放ち、勝ち越しに成功。それも束の間、横浜は8回、金城のタイムリー二塁打で再び同点に追いつき、試合は延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ヤクルトは2つの四球で二死一、二塁のチャンスを掴むと、ここで4番・ガイエルが右中間を深々と破るタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ちを飾った。

◆L5−6F◆
初回から二死満塁のチャンスを掴んだ日本ハムはミスタースナイパー・坪井のタイムリー二塁打で2点を先制。その裏、スウィーニーの暴投で1点を返されるも、3回に稲葉の14号ソロ,4回に金子誠のタイムリー二塁打と着々と加点。3点を追う西武はその裏、ベンちゃん,G.G.佐藤に連続アーチが飛び出して、1点差。6回には二死満塁と一打逆転の場面を作るが、上本は三振に倒れて、三者残塁。ピンチを脱した日本ハムは直後の7回、稲葉のタイムリーで5点目。更に、この後、無死満塁としながら、後続3人が悉く打ち上げて、追加点ならず。2点を追う西武は8回、金子誠のエラーをきっかけにチャンスを作り、細川の走者一掃タイムリー二塁打で追いつくと、更に、栗山がタイムリーを浴びせて、逆転に成功。9回はグラマンが無難に締めて、逃げ切り、連敗を3でストップさせた。

◆Bs4−3E◆
ルーキー2桁勝利一番乗りを狙う田中を援護すべく、悪の温床・楽天は初回からショートのタイムリーで先制。しかし、田中は2回、一死からアレン,北川,後藤と3連打を浴びて同点。追いつかれた悪の温床・楽天は3回から4イニング連続ゲッツーを食らうなど、拙攻続き。一向に援護を貰えない田中は中盤、ピンチの連続ながらも、あと一本を許さない粘りの投球を展開。1−1の儘、迎えた8回、悪の温床・楽天は二死一、二塁からショートがライト前ヒット。これをアレンがお手玉している隙に二塁走者・高須が一気に本塁を駆け抜け、勝ち越しに成功。田中が8回途中で降板となった後、有銘−山村と繋いで、9回からは抑えの小山が登板。しかし、小山は二死一塁と、勝利まであと一人に迫りながら、日高に同点タイムリー二塁打を浴び、田中の10勝目は消滅。試合は延長に突入した。10回、悪の温床・楽天は先頭の鉄平が三塁打を浴びせると、大久保の暴投で労せずして勝ち越しのホームイン。これで決まったかと思われたが、その裏、偽バファローズは先頭の村松が四球で歩いた後、ラロッカがレフトスタンドへ23号2ランを叩き込み、逆転サヨナラ勝ち。大久保はタナボタの3勝目となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:25コメント(0)トラックバック(50)2007 プロ野球 

August 23, 2007

◆G6−3D◆
川相がいたにも拘わらず、無為にスラッガーを掻き集め、一発依存野球を展開し、川相の存在意義を奪った巨人。今なお川相がいるにも拘わらず、無為にコーチ業専念を強いた事により、繋ぎの野球が展開出来ず、一発依存野球をせざるをえなくなった中日。名手・川相の有効活用を自ら放棄し、一発に頼りきるばかりの両軍による首位攻防戦は第1戦,第2戦と文字通り、一発が勝敗を決する要素となっていたが、この第3戦も両軍揃って、極度の一発依存症を発症。両軍共に2回までノーヒットと沈黙していたが、3回、中日は二死から荒木のタイムリーで先制した後、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が15号2ランを叩き込み、この回、3点。対する巨人もその裏、李が21号ソロ,4回にマッスル千代の富士が25号ソロ,5回には阿部が28号ソロとソロ3発で同点に。追いつかれた中日は直後の6回、無死一、二塁と絶好の勝ち越しのチャンスを掴むも、英智はショートゴロに倒れると、続く谷繁がセカンドゴロゲッツーでチェンジと川相不在の弊害を大露呈。すると、その裏、巨人は一死からキムタクがヒットで出た後、マッスル千代の富士が2打席連続となる28号2ランを叩き込み、ついに勝ち越し。続く7回には松田記者がタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。直後の8回、中日は先頭のT.ウッズがヒットで出るも、森野は三振。李はゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも川相不在の弊害を露呈。最後は上原が締めて逃げ切った巨人はこの3連戦勝ち越しで首位に返り咲き。先発・内海は7回途中まで3失点で12勝目をマークした。

◆S−T◆
ヤクルトは2回、二死一、三塁から金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが自らタイムリーを放って、1点を先制。続く3回には二死満塁から今季初スタメンに起用されたユウイチがグランドスラムを叩き込み、一気に4点を追加。このカード、2試合で21点と当たっていた阪神打線だったが、グライシンガーの前に4回まで僅かに1安打と沈黙。5回に四球の矢野を二塁に進め、悠久の若虎・桧山のタイムリーでようやく1点を返したが、後が続かない。ヤクルトは7回にユウイチがこの日4安打目となるタイムリーを放つなど、ダメ押しの3点を追加。グライシンガーは7回途中まで1失点の好投でハーラー単独トップに立つ13勝目を飾った。

◆C2−6YB◆
前回はまずまずの好投を見せた広島先発・宮崎だが、この日は立ち上がりから制球が定まらず、2四死球でピンチを作った所で内川のタイムリー二塁打で、先制を許すと、続く2回にはガッツな貴公子・仁志にタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。3回にオチョアの一発で1点差として貰ったが、直後の4回、今季初スタメンの新沼に被弾。6回には二死一、二塁からガッツな貴公子・仁志,野中と連続タイムリーを浴び、無念の6失点KOとなった。広島は横浜を上回る12安打を放ちながら、11残塁の拙攻で敗れ、最下位ヤクルトとのゲーム差は0に。横浜先発・三橋は5回1失点で今季初勝利。

◆H4−1L◆
3タテは免れたい西武は初回、栗山,片岡の連打で無死一、三塁とすると、中島のショートゴロの間に栗山が先制のホームイン。1点を追うソフトバンクは4回、先頭のハマのスペランカーが二塁打で出ると、続く松中が同点タイムリー。更に、柴原が送った後、田上が7号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。2点を追う西武は6回、二死走者なしから福地の四球,細川のヒットでスタンドリッジをKOするも、代わったニコースキーに対して、栗山が簡単に初球を打ってセカンドゴロに終わり、二者残塁。ピンチを逃れたソフトバンクはその裏、二死満塁から川崎のタイムリーで貴重な1点を追加。7回から、藤岡−水田−馬原と1回ずつ繋いで逃げ切ったソフトバンクは3連戦3連勝。スタンドリッジは無傷の4連勝となった。

◆M4−3E◆
球団新記録となる5連勝を目指す悪の温床・楽天先発・岩隈は初回、一死から3連打で満塁とされるも、オーティズ,里崎と抑えて、ピンチ脱出。一方、ロッテ先発・渡辺俊も3回までノーヒットピッチングを展開していたが、4回、先頭の山崎武に38号ソロを浴び、先制点を献上。しかし、その裏、ロッテは渡辺直のエラーの後、オーティズのタイムリー二塁打であっさり同点とすると、一死後、大松,ズレータ,堀と3連打を浴びせて、2点を勝ち越し。岩隈はこの回限りで降板となり、記録更新に失敗。その後、試合は膠着状態に陥り、3−1の儘、土壇場9回に突入。コバマサ劇場開演を恐れ、安易に小林雅を投入出来ないバレンタイン監督は渡辺俊に続投を命じるも、二死一塁と完投勝利まであと一人と迫りながら、憲史に痛恨の5号2ランを叩き込まれて、延長に突入。10回、ロッテは今江のヒット,TSUYOSHIの四球で無死一、二塁のチャンス。ここで早川はセカンドゴロに倒れ、ゲッツーと思いきや、渡辺直がこの日3個目のエラーとなる悪送球をかまし、ボールが転々とする間に今江が一気に本塁を陥れ、サヨナラ勝ちとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:41コメント(1)トラックバック(54)2007 プロ野球 

August 22, 2007

◆G3−1D◆
中日は初回一死からヒットで出た荒木がすかさず二盗を決めると、阿部の悪送球を誘って、一気に三塁。ここで中村紀がセンターへ犠飛を打ち上げ、早くも1点を先制。その裏、巨人は先頭の松田記者が二塁打を放つも、後続3人が悉く打ち上げて、松田記者は二塁に釘付け。突き放したい中日は4,5回と立て続けに満塁のチャンスを掴みながら、いずれも三者残塁と拙攻三昧。川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・山本昌に対して、巨人は6回、一死から代打・キムタクの四球,マッスル千代の富士のヒットで一、三塁とした所でガッツがライト前へタイムリーを放ち、ついに同点。なおも一、二塁と勝ち越しのチャンスだったが、恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮し、勝ち越しならず。追いつかれた中日は直後の7回、二死一、二塁のチャンス。ここでミスター3ラン・森野に期待が懸かったが、ショートゴロに倒れて、二者残塁。するとその裏、巨人は二死走者なしからホリンズに10号ソロが飛び出して、勝ち越しに成功。続く8回には一死からキムタクに2号ソロが飛び出し、3点目。更に、この後、マッスル千代の富士がヒットで出るも、代走・鈴木尚が二盗を仕掛けて憤死。ガッツが二塁打を放ち、再びチャンスを作るも、恐怖の残塁量産マシン・ニックンがショートゴロに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮し、追加点ならず。拙攻で嫌な空気を作ってしまった巨人だが、9回は守護神・上原が1番から始まる好打順を3人で退けて、ゲームセット。川相不在で一発に賭けるしかない中日において、最大のキーマンとなるT.ウッズを4打席4四球と徹底的に逃げまくる消極策が奏功した巨人は1勝1敗のタイに持ち込み、再びゲーム差は0に。これまで40試合に投げながら、一切勝敗のつかなかった2番手・西村にようやく今季初白星が灯った。山本昌は7回2失点ながら、打線に見殺しに遭い、今季中の200勝達成はいよいよ厳しくなってきた。

◆S2−12T◆
プロ初先発となるルーキー・高市に対して、阪神が序盤から怒濤の一発攻勢。2回に桜井の5号2ランで先制すると、関本も4号2ランを叩き込み、この回、4点。続く3回にはキュラソ星人の26号3ランの後、またも桜井が2打席連続の6号ソロを放ち、早くも8点目。4,5回にもヤクルトのバッテリーエラーで1点ずつ加え、10点目を奪い、試合を決定付けた。大量援護に守られた先発・上園は宮出,寿司職人ラミレスとソロ2発を浴びたものの、5回以降はノーヒットと完璧な投球を見せ、プロ初完投で5勝目。これで阪神は首位・中日に1.5差と詰め寄った。

◆C5−2YB◆
初回、広島は昨夜、大ブレーキとなった新井が意地の先制タイムリーを放つも、2回に内川の2号2ランで横浜が逆転。しかし、その裏、広島は投手の長谷川が自らを助けるタイムリーを放ち、試合は振り出しに。中盤は膠着状態に陥り、2−2の儘、終盤へ突入。迎えた7回、広島は先頭の倉がレフトオーバーの二塁打を放つと、代打・井生のセカンドゴロで三進。ここでハマのチンピラが暴投を犯し、倉は労せずして勝ち越しのホームイン。更に、この後、吉村のタイムリーエラー,栗原のタイムリーでダメ押しの2点を追加。8回に倉の守備妨害を巡って、猛抗議をかましたブラウン監督が遅延行為で退場となるアクシデントはあったが、永川が辛くも凌いで、逃げ切った。

◆H5−2L◆
初回、川崎のタイムリーで先制したソフトバンクは続く2回には本多のタイムリーで2点を追加。先発・杉内が3回にベンちゃんにタイムリーを浴び、2点を返されるも、その裏、一死満塁として、西武先発・帆足をKO。そして、2番手・ハンニバルから田上が2点タイムリー二塁打を放ち、3点差と突き放した。杉内は7回まで2失点で踏ん張ると、8回は藤岡がピシャリと締め、そして、9回には守護神・馬原が三者三振の快投で逃げ切った。杉内は涌井に1差と迫る14勝目

◆F1−0Bs◆
偽バファローズ先発・岸田に対し、初回二死一、二塁のチャンスを逃した日本ハムだが、続く2回、金子誠のタイムリー三塁打で先取点をゲット。中盤に入ってからも、4回二死一、二塁,6回無死一、二塁とチャンスを作るが、岸田の粘りの投球の前にあと一本が出ない。一方、偽バファローズも日本ハム先発・ダルビッシュの前に8回まで散発4安打と沈黙。1−0の儘、迎えた土壇場9回、偽バファローズは先頭の平野恵がヒットで出ると、二死後、ローズ,北川と連続四球を選んで満塁のチャンス。しかし、最後は下山がサードゴロに倒れ、2試合連続の1−0での完封負けとなった

◆M4−6E◆
悪の温床・楽天は初回に草野の7号ソロで先制すると、4回にはショートのタイムリー二塁打で2点目。2点を追うロッテは5回、約3ヶ月ぶりのスタメン復帰となったズレータのタイムリーと一場のボークで同点。しかし、直後の6回、悪の温床・楽天は一死満塁から鉄平がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。ロッテ先発・久保はここでKO。更に、この後、ふぇるなんです,牧田の連続タイムリーで2点を加え、この回、一挙4点。粘るロッテはその裏、オーティズのタイムリー二塁打で悪の温床・楽天先発・一場をKOすると、代わった牧野から里崎が犠飛を打ち上げ、2点差。なおも一死一、二塁のチャンスだったが、ズレータがゲッツーに倒れて、2点止まり。結局、ロッテの反撃はここまで。7回以降は一人の走者も出せず、あと2点が届かなかった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:43コメント(0)トラックバック(81)2007 プロ野球 

August 21, 2007

◆G1−3D◆
ゲーム差なしで迎えた首位攻防第1戦。立ち上がり、全く制球の定まらない中日先発・山井は3連続四死球でいきなり無死満塁の大ピンチを迎えると、ガッツにタイムリーを浴びて、あっと言う間に先制点を献上。しかし、なおも満塁の場面で怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがサードゴロに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮した事で立ち直り、続く阿部をゲッツーに仕留めて、追加点を阻止。1点を追う中日は直後の2回、巨人先発・春風亭半ケツに対して、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が同点2号を叩き込むと、4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズがレフトスタンドの看板を直撃する勝ち越し31号ソロ。更に、6回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀がレフトスタンドギリギリに飛び込む14号ソロを放ち、3点目。2点を追う巨人は7回、二死一、二塁のチャンスを掴むも、代打・清水がセンターフライに倒れて、二者残塁。8回には先頭の松田記者がヒットで出るも、後続3人があえなく凡退。そして、9回には守護神・岩瀬の前に3人で斬って取られ、万事休す。春風亭半ケツは7回を3安打に抑えながら、その全てがホームランと、川相不在が故のやけくそ一発攻勢に泣く事となった。山井は6回を2安打1失点の好投で2年ぶりの白星。

◆S7−9T◆
ボーク日本新記録を目指す太陽の子エステバン・ジャンが大乱調。初回、いきなり先頭の飯原に死球を食らわせた後、3連打で2点を失い、武内にも犠飛を許して、3失点。続く2回には簡単に二死を取ったかと思えば、青木に痛打された後、寿司職人ラミレスに2ランを被弾。更に、ガイエルを歩かせた後、日本新記録となるシーズン12個目のボークをかまし、イライラは最高潮に達したのか、武内に頭部死球を食らわせてしまい、危険球退場となる散々な展開。しかも、代わった桟原が田中浩に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回4失点。早くも7点のビハインドとなった阪神だが、ここから猛反撃を開始。まず、3回に鳥谷の一発で2点を返すと、続く4回には連打と死球で無死満塁とした所で代打に起用された悠久の若虎・桧山が会心のグランドスラムを叩き込み、ヤクルト先発・松岡をKO。更に、代わった田中充の連続四球でタナボタのチャンスを貰うと、一死後、3番手・鎌田からシーツがタイムリー二塁打を浴びせて、ついに同点。そして、5回には先頭の矢野が6号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。阪神は8回にもシャア少佐のタイムリーで貴重な1点を追加。投げては4回から登板の3番手・桟原が3回を6三振無失点の好リリーフを展開。7回からはウィリアムス−久保田−藤川と繋ぐ必勝リレーが決まり、見事に大逆転勝利を飾った。

◆C4−9YB◆
2年ぶりの先発となる小山田は3回二死までパーフェクトに抑えていたが、投手のはーちゅんを歩かせてからリズムを崩したか、ガッツな貴公子・仁志に痛打されると、石井タクローも歩かせて、満塁のピンチ。ここは金城を打ち取って、切り抜けたものの、続く4回、梵のエラーでピンチを作り、吉村のタイムリーで先制点を献上。この後、連続四死球で満塁とした所ではーちゅん,ガッツな貴公子・仁志と連続タイムリーを浴び、4失点。更に、二死後、金城にタイムリーを許すと、村田には20号3ランを叩き込まれて、悪夢の8失点KO。大量点を追いかける広島は6回、3連打でようやく1点を返し、なおも一、二塁のチャンスに新井が最悪のゲッツー。続く栗原のタイムリーで2点目をあげたものの、求道者・前田が三振に倒れて、二者残塁。続く7回にも代打・井生,東出のタイムリーで2点を返し、なおも一、二塁のチャンスにオチョア,新井が連続三振と今一歩攻めきれない。8回にも無死一、二塁のチャンスを掴みながら、後続3人があえなく凡退。一方、5回から4イニング連続ゲッツーを食らうなど、攻めあぐねていた横浜だが、9回に村田の犠飛で9点目をあげ、ダメ押し。広島は横浜を4本も上回る13安打を放ちながら、5点差をつけられる拙攻が大きく響いた。主砲・新井は5打席4三振1併殺の大ブレーキだった。

◆H6−0L◆
西武は初回二死一、二塁かG.G.佐藤がレフト前に弾き返すも、本塁を狙った中島がタッチアウト。続く2回にも一死一、二塁としながら、後続が断たれて、二者残塁。一方、ソフトバンクはその裏、松中の15号ソロで1点を先制。更に、連続四死球の後、中村のタイムリーエラー,細川のパスボール,井手の犠飛とノーヒットで3点を追加。6回にはブキャナンのタイムリーで西武先発・岸をKOすると、更に、井手のピッチャーゴロの間にダメ押しの6点目。先発・和田は3回以降立ち直り、8回まで無失点投球。9回は2番手・水田が抑えて、完封リレーで連敗をストップさせた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムは初回、ヒットの劇団ひちょりを田中賢が送ると、稲葉が四球を選んで一、二塁。しかし、青波の長瀬がレフトフライに倒れ、高橋もファーストゴロに倒れて、二者残塁…と思いきや、これを北川がエラーし、タナボタの先制点をゲット。この後、武田勝,平野佳が7回まで相譲らぬ好投を展開。迎えた8回、武田勝は一死から前田を歩かせるも、続く下山をサードフライに打ち取り、二死。ここでヒルマン監督は何故か、武田久にスイッチ。武田久は代わりばな代打・アレンに痛打され、不穏な空気が漂ったが、続くラロッカをサードゴロに仕留めて、ピンチ脱出。一方、コリンズ監督も平野佳が先頭打者を打ち取った所で高木にスイッチする謎の継投を展開。高木は田中賢,稲葉と連打を浴び、あえなくKO。3番手・大久保も二死後、高橋を歩かせ、満塁としたものの、小谷野をセカンドゴロに打ち取り、ピンチ脱出。1−0の儘、迎えた土壇場9回、満を持して登場の守護神・MICHEALは3人で無難に打ち取り、完封リレーで初回の1点を守りきった。平野佳は自責点0ながら、打線に見殺しに遭い、10敗目

◆M8−3E◆
悪の温床・楽天は初回、無死一、二塁からの重盗を仕掛けると、これで里崎の悪送球を誘い、労せずして1点を先制。更に、山崎武が犠飛を打ち上げ、この回、2点。しかし、その裏、ロッテは無死一、三塁からフクーラの内野ゴロの間に1点を返すと、5回には牽制悪送球等で掴んだ一死二、三塁ノチャンスにフクーラが今度は犠飛を打ち上げ、同点。続く6回には二死一、二塁から今江のセンター前タイムリーで勝ち越しに成功。直後の7回、草野の6号ソロで追いつかれるも、その裏、サブロー,フェルナンデスの連続タイムリー二塁打で2点を勝ち越し。ロッテは8回にも3連続タイムリーでダメ押しの3点を加え、3連勝。先発・小野は7回を自責点1で切り抜け、4勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:55コメント(1)トラックバック(95)2007 プロ野球 

August 20, 2007

 9連続三振阻止へ最後の砦となった殿馬に対して、実際には変則の方が苦手だと言うのに、「変則の殿馬には変則は危険理論」と言う見当違いの定説により、ストレート真っ向勝負を仕掛ける藤川。これに対して、初球から秘打・白鳥の湖で迎え打った殿馬だが、バットを砕かれてファールに…。砕けたバットを拾ったバットガールがこのバットを貰えないかと殿馬に打診するのを見るや、嫉妬に狂ったストーカー女は「殿馬の物は俺の物。俺の物は俺の物」と言うジャイアニズムを発揮し、このバットを奪い取るべく詰め寄ってきた。この儘では、何の罪もない娘が正岡財閥の金に任せた嫌がらせを受け、人生を台無しにされてしまうと危惧した殿馬は、この娘を守る為、ストーカー女のバットを使って打つ事を申し出て、この場を収めるのだった。すると山田は「これで殿馬はホームラン打つな」などと余計な事をぬかして、ストーカー女を調子付かせてしまう。殿馬の意図など知らずに大喜びのストーカー女を見ていた山崎武は、あまりにも殿馬を不憫に思ったのか、自分のバットを使えと遠回しにストーカー女のバットを使う事を阻止しようとするが、気の利かない山田が殿馬は1本しかバットを用意していないと余計なフォローをしてしまう。非力な殿馬ではバットが何本あってもて足りないと皮肉を言う山崎武だったが、親の財力に任せて、大量のバットを持参しているから問題ないとニヤつく、ストーカー女の陶酔ぶりを助長させてしまうだけだった。そんなベンチでのやり取りを尻目に、殿馬はバットガールを救う為とは言え、ストーカー女のバットを使わざるをえなくなってしまった事に激しくショックを受けていた。万一、このバットを折ってしまおうものならば、その事をネタに脅迫され、軟禁状態が悪化しかねないと絶望感に打ちひしがれていたのだ。しかも、下手な結果を残せば、あの女はバットガールにとんでもない八つ当たりをしかねない。凄まじいプレッシャーの中、殿馬はバットを短く持ち、コンパクトなスイングで捉える至極、基本的な打法(なのだが、「秘打・風林火山」らしい)でレフトスタンドに叩き込み、藤川の9連続三振を阻止。バットガールと自分を守る為に打った事など気付く筈もないストーカー女は自分のバットのおかげだと言わんばかりに狂喜乱舞。殿馬はまた別の意味で自分の首を締めてしまう事になってしまった。一方、藤川は「秘打・風林火山」ゎ自分が最も恐れていた打撃の原点に戻った打ち方であり、非力でも十分スタンドに届く事を殿馬は知っていると呆然自失。記録は途絶えたものの、岡田監督の意向で続投となった藤川はど真ん中攻めで岩鬼を2打席連続の三振に斬って取り、連続ではないものの、9個のアウトを全て三振で奪っう事に成功。岩鬼曰く傷心の藤川を打つ訳にはいかないとの事だが、勿論、誰も信じてはくれなかった。里中が3回も1コマで無失点に切り抜けると、ヒルマン監督は4回から大幅に選手を入れ替え、水島キャラも次々とベンチへ引っ込めるが、ストーカー女と殿馬だけを残す嫌がらせをかまし、徹底的な殿馬潰し作戦を敢行。この後、この二人を使った仰天起用が炸裂するとの事だが…。

 今週から新シリーズ「ドカパロSS 地獄変」が開始。いい加減、このレビューやめたいんですけど…。これ以上、殿馬が侵食されていく様をレビューし続けるのは精神衛生上極めてマイナス。メンタルケアをして貰わないと、もう耐えられないよ…。皆さん、コメントで励ましておくんなまし…。

 それにしても、結局、藤川は水島キャラにシメられる運命だったか。打撃の原点でスタンドイン出来る事を殿馬が知っている…って、これって、秘打完全否定だよな。特に、「秘打・白鳥の湖」や「秘打・ストーカー女」など、遠心力,高速回転と言った要素で長打力を上げる代物は存在意義を失ったろ…(元々「秘打・ストーカー女」に存在意義など皆無だったが)。今後、殿馬は全打席普通に打て! 岩鬼は全打席足を開いて打て! 山田は全打席ヤマを張って打て!(ああ、もう実行してるか) そして、微笑は全打席ニッコリ笑って三振だ! そもそも、あれのどこが「風林火山」なのか? 結局、「夏のソナタ」に何の意味があったのか? 9連続三振を阻止するのに、わざわざ殿馬を2番でなく9番に置く必要は本当にあったのか? ストーカー女抜きでも、これだけ釈然としない要素満載だというのに、ストーカー女の鬱陶しさが加わるものだから、やってられない。ヒルマン監督の殿馬潰しは非常に効果的で嫌になるくらいだが、この儘では、殿馬が潰れる前に殿馬ファンが潰れてしまうよ。この後の仰天起用とやらは、この二人でバッテリーでも組ませる気がしてならない…。水島氏は女性投手好きだから、ストーカー女の方が投手かね。万一、これが実現した場合、パ・リーグ全投手に対する冒涜だと思うが…

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:07コメント(9)トラックバック(0)2007 ドカベン 

August 19, 2007

◆G7−3S◆
3戦連続KOで二軍降格となっていた金刃が19日ぶりの登板。3回まで1安打無失点とまずまずの立ち上がりを見せたが、4回一死から寿司職人ラミレスに助っ人では球団初となる通算200号を被弾。その裏、巨人は阿部のタイムリー二塁打ですかさず同点とし、更に、李がセンター前へ弾き返したものの、一気に三塁を蹴った阿部が青木の好返球の前に本塁憤死。すると直後の5回、金刃が川本に3号2ランを浴び、再び勝ち越し点を献上。2点を追う巨人は6回、ヒットのマッスル千代の富士を一塁に置いて、ガッツが左中間突破の二塁打を放つも、本塁を狙ったマッスル千代の富士がタッチアウト。しかし、この間にガッツは三塁を陥れ、ニックンのセカンドゴロの間に生還して、1点差と詰め寄った。2−3の儘、迎えた土壇場9回、ヤクルト新守護神・館山に対して、巨人は先頭のガッツがレフトスタンドギリギリに飛び込む起死回生の同点29号ソロ。一死後、阿部,李,ホリンズと3連打で満塁とサヨナラのチャンスを作ったものの、脇谷がセカンドゴロ,松田記者がレフトフライに倒れて、試合は延長に突入。迎えた10回、巨人は2死球1安打で再び満塁のチャンスを掴むと、阿部が右中間スタンドへ27号グランドスラムを叩き込み、今季初のサヨナラ勝ちを飾った。敗れたヤクルトは最下位転落。

◆D6−3YB◆
2回に吉村のタイムリー二塁打で先制された中日だが、その裏、エラーで貰ったタナボタチャンスに谷繁の犠飛で追いつくと、続く3回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が13号2ランを叩き込み、勝ち越しに成功。直後の4回、横浜はまたも吉村にタイムリー二塁打が飛び出し、1点差と詰め寄ると、一死一、三塁となった所で鶴岡の内野ゴロの間に1点を加えて同点。追いつかれた中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに英智が今季初アーチを叩き込み、勝ち越すと、続く7回にはまたも英智がタイムリー。そして、8回には井端のタイムリーでダメ押しの6点目。最後は岩瀬が締め、先発・中田が初の2桁勝利に到達した。

◆T0−3C◆
阪神が初回二死一、二塁,2回無死一塁のチャンスを悉く逸すれば、広島も2回に二死満塁のチャンスを逃すなど拙攻を展開していたが、3回、3本の単打で一死満塁とした広島は栗原が押し出し四球を選んで労せずして1点を先制。続く求道者・前田が2点タムイリー二塁打を浴びせて、3点目。更に、この後、二死満塁としたものの、大竹がセカンドゴロに倒れて、またも三者残塁。終盤も再三のチャンスを逃し続け、14個もの残塁を量産した広島打線だが、投手陣が踏ん張った。先発の大竹が5回まで3安打無失点の好投を見せると、7回からは梅津−横山−永川のリリーフ陣がそれぞれ1回ずつをパーフェクトに抑える完封リレーを達成。ヤクルトと入れ替わりで5位に浮上した。

◆E2−1H◆
永井,大隣のルーキー対決となったこの試合。永井が5回まで散発2安打の無失点投球を見せるのに対し、大隣は4回まで毎回の5安打を浴びながらも得点を与えず粘っていたが、5回、先頭の嶋に死球を食らわせると、一死後、高須に今季初アーチとなる2ランを浴び、ついに先制点を献上。三塁を踏む事すらままならずにいたソフトバンクは、8回、城所のプロ初アーチでようやく1点をあげたものの、あと一歩及ばず、5カード連続の負け越しとなった。

◆F0−2M◆
ロッテは初回、先頭のTSUYOSHIが四球を選ぶと、すかさず二盗。この時、高橋の悪送球を誘って、一気に三塁を陥れると、ここで早川がライトへきっちりと犠飛を打ち上げ、あっと言う間に1点を先制。この後、成瀬,グリンの両先発が好投を続け、ロッテのスミ1の儘、終盤へ突入。7回、ロッテは二死満塁と絶好の追加点のチャンスを掴んだものの、TSUOYOSHIがサードへのファールフライに倒れて、三者残塁。ピンチを逃れた日本ハムはその裏、先頭の高橋がヒットで出ると、小谷野の犠打で二進。しかし、代打・田中幸,工藤と凡退し、得点ならず。すると、直後の8回、ロッテは早川の三塁打の後、フクーラがタイムリーを放ち、待望の2点目を追加。これで楽になった成瀬は8,9回を三人ずつで斬って取り、散発5安打無四球完封で11勝目を飾った。

◆L7−1Bs◆
西武は偽バファローズ先発・ユウキの立ち上がりを捉え、初回に中島の10号ソロで先制すると、4回には細川が2点タイムリー二塁打を浴びせて、ユウキはあえなく降板。5回には2番手・山本から中村のタイムリー二塁打で4点目。6回にも4長短打を集中し、ダメ押しの3点を追加。序盤からリードを貰った先発・涌井は7回まで散発5安打無失点の好投を展開。8回に大西の犠飛で完封は断たれ、マウンドを降りたものの、杉内に2差をつけるハーラートップの15勝目を飾った。偽バファローズは再び単独最下位に転落。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:21コメント(0)トラックバック(86)2007 プロ野球 

 パイレーツから戦力外通告を受け、去就が注目されていた桑田だが、正式に退団する事が決定した。ウェーバー公示され、獲得を表明する球団はゼロ。パイレーツ側は桑田の若手への影響力がプラスに繋がると考え、僅か3週間後に閉幕となるにも拘わらず、傘下の3Aインディアナポリスでのマイナー契約を打診したがープン戦で痛め、完治しきっていない右足首の状態が思わしくない事もあり、桑田は「右足首がいっぱいいっぱい。痛い状態で通用する世界ではない。今年はプレーしないと決めていた」と、治療に専念したい意向を示し、これを固辞。トレーシー監督は「桑田と言う人物は、グラウンドの外でも球団にとって非常に価値のある人だと思う」と語っており、守護神マット・キャップス投手を初め、桑田をよき先輩と慕う若手投手も多い。対日本のビジネス要素も加味し、現役か引退か、いずれを選んだとしても、桑田との繋がりを断ち切りたくないパイレーツ側は桑田の退団への固い意思を尊重しつつ、シーズン終了まで保有権の残る「制限リスト」登録を打診。今季残り42試合分の年俸約1440万円を返上する事で、プレーの義務を生じないこの提案に対して、桑田は快く合意した。現在、ピッツバーグに滞在中の妻子は19日に帰国予定だが、桑田も挨拶回りや身辺整理等を済ませた上で数日遅れて、帰国する模様。来季の去就については「今は何も考えていない。焦って決断することではない。まだ8月だし、時間はたっぷりある。日本に帰ってから、自分の体に相談しながら、ゆっくり考えたい。何らかの形で野球には携わっていくだろう」と結論を保留した。日米通算2000奪三振まで、僅か8と迫っているが、「大事なのは過程。達成したら偉いとか、作れなかったらダメというものではない」と、記録の為だけに現役続行する方針はないとの事だ。

投手・桑田真澄の青春

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 10:06コメント(0)トラックバック(0)桑田真澄 

August 18, 2007

◆G0−3S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー,パウエルの両先発の好投の前に両軍無得点の儘、試合は中盤に突入。0−0で迎えた4回、ヤクルトは一死一、三塁から田中浩がレフト前へタイムリーを浴びせて、均衡を破る1点を先取。1点を追う巨人は5回、阿部,脇谷のヒットで一死一、三塁のチャンス。ここでパウエルはゲッツーを恐れて、脇谷だけを進塁させる送りバントを敢行。しかし、一塁が空いた事により、ここまで2安打を放っている松田記者が歩かされる羽目になり、満塁で打席に入った清水はキャッチャーへのファールフライに倒れて三者残塁。粘り強く投げていたパウエルだったが、8回一死一塁からガイエル,武内,田中浩と3連打で2点を失い、ついにKO。土壇場9回、ヤクルトは新たに抑えに任命された館山が3人できっちり抑え、完封リレーを達成。グライシンガーは8回無失点で春風亭半ケツに並ぶハーラートップタイの12勝目。ヤクルトはこれで最下位脱出となった。

カリメロ勝◆D3−5YB◆
負ければ借金生活に突入する横浜は中日先発・小笠原に対して、初回、村田のタイムリーで先取点をゲット。3回には二死一、三塁からまたも村田が19号3ランを叩き込み、4−0と大きく突き放した。中盤は残塁を量産する拙攻モードに入った横浜だが、7回、メカゴジラのタイムリーで5点目を追加。先発・カリメロに6回を3安打と抑え込まれるなど、沈黙していた中日だが、8回、T.ウッズのタイムリー二塁打等で2点を返すと、ここでマウンドに上がった守護神・クルーンからピンキー井上がタイムリーを浴びせて、2点差。しかし、反撃もここまで。9回はクルーンの前に無得点に終わり、ゲームセット。6回無失点のカリメロは5勝目をマークした。

◆T6−0C◆
元南海外野手の実父・一博氏が亡くなり、先発予定だった黒田が登板回避。急遽、先発に指名された魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスだったが、2回に関本のタイムリー二塁打で早くも2点を許すと、続く3回にはシーツ,林とタイムリーを浴び、またも2点を献上。6回にはジュビロ野口にタイムリー二塁打を許し、5失点KO。阪神は7回にも押し出し四球でダメ押しの6点目を獲得。先発・能見は立ち上がりから安定した投球を展開。大差がついていようと、6〜7回からJFKを使いたがる岡田監督を踏み留まらせ、プロ初完封で3勝目をあげた。敗れた広島は再び最下位に転落。

◆E5−2H◆
腰痛のハマのスペランカーがスタメン復帰したものの、この日も川崎は体調不良で欠場。ブキャナンもスタメンに使えず、大村も登録抹消中と依然としてベストオーダーが組めないソフトバンクはまたも大苦戦。初回に松中の犠飛で先制するも、その裏、先発・斉藤和が打ち込まれ、山崎武司,フェルナンデス,草野と3本のタイムリーで3点を奪われ、あっさり逆転。4回に松中の14号ソロで1点差としたのも束の間、その裏、四球連発でピンチを作った後、ショートにタイムリーを浴び、再び2点差。悪の温床・楽天は8回にもショートの4号ソロで貴重な1点を追加。8回途中から登板の小山が5つのアウトを全て三振で奪う快投を見せ、逃げ切った。悪の温床・楽天はこれで球団新記録とな瑠シーズン48勝目

◆F5−7M◆
ロッテは2回、堀のタイムリー三塁打で先制すると、続く今江がスクイズを決めて、2点目。パ・リーグタイ記録となる3戦連続完封を狙う小林宏は3回まで1安打とまずまずの立ち上がりだったが、4回、先頭の稲葉に13号ソロを浴び、早くも完封の夢を断たれると、一死一、三塁からミスタースナイパー・坪井にタイムリーを浴び、同点。更に、陽に痛打されて、満塁となった所で、金子誠に勝ち越し2点タイムリーを許し、この回、4失点。続く5回にも青波の長瀬にタイムリーを浴びて、5点目を献上。日本ハム先発のルーキー・吉川は3回以降、危なげのない投球でロッテ打線を翻弄していたが、8回、先頭の大塚を歩かせると、続くTSUYOSHIに対して、カウント0−2となった所でヒルマン監督が突如、武田久にスイッチする謎の継投を展開。しかし、武田久は結局、TSUYOSHIを歩かせてしまうと、早川には痛打されて、無死満塁。オーティズは打ち取ったものの、続くベニー松山に2点タイムリーを浴びてKO。更に、守護神・MICHEALも里崎に同点タイムリー,代打・フクーラに勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて、一死も取れずにKOと勝利の方程式を完全に粉砕される形でこの回、悪夢の5失点。土壇場9回、ロッテは満を持して守護神・小林雅を投入。MICHEALが打ち込まれる所を目の当たりにしているだけにコバマサ劇場開演の可能性に恐れおののくロッテファンだったが、小林雅は至極、無難に三者凡退で切り抜け、2番手・川崎にプロ初勝利が灯った。日本ハムの連勝は7でストップした。

◆L4−6Bs◆
初回からカブレラ,中島のタイムリーで2点を許した偽バファローズだが、直後の2回、内野ゴロで1点を返した後、水口が同点タイムリー二塁打。更に、一、二塁となった所で日高が4号3ランを叩き込み、一気に3点を勝ち越し。西武先発・小野寺はこの回限りで降板となつた。1点ずつ取り合って迎えた6回、西武は無死一、二塁から中村のタイムリーで2点差と詰め寄り、なおも一、二塁のチャンスだったが、後続3人が打ち取られ、1点止まり。偽バファローズは6回から登板のカーターが久々のリリーフながら3回を1失点で切り抜けると、最後は守護神・加藤大が締めて、逃げ切り。先発・金子は5回3失点で今季初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:45コメント(0)トラックバック(66)2007 プロ野球 

August 17, 2007

◆G2−1S◆
連敗阻止へ大幅な打順の入れ替えを図った巨人は約2ヶ月ぶりの先発となる石川に対して、初回一死から矢野,マッスル千代の富士,ガッツの3連打で1点を先制。更に、ニックンもヒットで続き、満塁としたものの、ここで阿部が最悪のゲッツーに倒れ、1点止まり。すると、直後の2回、巨人先発・内海に対して、ヤクルトが宮本のタイムリーですかさず同点。3回に一死二塁のチャンスを逃したヤクルトは4回にも二死一、二塁のチャンスを迎えると、ここで川本が右中間へ痛打。抜ければ、2点は確実と言う所だったが、マッスル千代の富士がダイビングキャッチで抑える超美技を見せ、二者残塁。押され気味の巨人だったが、6回、一死からガッツ,ニックンの連打で一、三塁とすると、二死後、7番降格となった李が怒りのセンター前タイムリーを浴びせて、ついに勝ち越し。更に、キムタクもヒットを放ち、満塁としたものの、ここで回ってきてしまった内海が空振り三振に倒れて、追加点ならず。直後の7回、ヤクルトは二死から飯原が二塁打を放つと、続く青木がライト前ヒット。これで一気に本塁を狙った飯原だが、マッスル千代の富士の好返球の前にタッチアウト。この後、巨人は8回から豊田,9回から上原と繋ぐ必勝リレーが決まり、連敗を脱出。7回1失点の内海は11勝目をマークした。

◆D6−5YB◆
首位に返り咲いた中日は2回に鶴岡のタイムリーで先制を許すも、その裏、二死満塁から吉村のタイムリーエラーで一気に逆転に成功。更に、4回に荒木のタイムリー、5回には代打・立浪の犠飛で1点ずつ追加。6回に入り、落合監督は好投している先発のルーキー・浅尾を引っ込め、7月25日以来の登板となる山本昌をリリーフで投入する謎の采配に打って出るも、これが裏目。いきなり連打を浴びて、二、三塁のピンチを作った山本昌は一死後、内川にタイムリーを浴びて、2点を許すと、更に、吉村にも痛打されて、あえなくKO。代わった3番手・クルスも鶴岡に犠打を許すと、代打・マイケルに2点タイムリーを浴びて、一気に形勢逆転。しかし、その裏、中日はまたも荒木にタイムリーが飛び出し、試合は振り出しに。5−5の儘、迎えた土壇場9回、中日は四球,鶴岡のエラー,四球と何もしないで無死満塁のチャンスを掴むと、代打・谷繁が押し出しとなる死球を食らい、タナボタのサヨナラ勝ちで首位をキープした。

◆T3−1C◆
2度目の先発となる宮崎を早めに援護したい広島だが、2,3,4回と走者を出しながら、あと一本が出ない。宮崎は3回まで1安打の好投を見せていたが、4回、二死一塁から桜井に痛恨の4号2ランを被弾し、先制点を献上。しかし、4試合逆転勝ちを続けている広島は6回、一死一、三塁から新井の犠飛で1点差。続く7回には2番手・ウィリアムスから先頭の求道者・前田がヒットが出るも、ルパン広瀬がピンチバンターで起用されたにも拘わらず、スリーバント失敗する体たらく。後続も断たれて、求道者・前田は一塁に釘付け。その裏、阪神は一死満塁のチャンスを掴むと、ここで林が浅めのライトフライ。果敢にタッチアップした三塁走者・鳥谷だが、スリーバント失敗の汚名返上とばかりにルパン広瀬がダイレクトのストライク返球を見せ、悠々タッチアウト…と思いきや、主審の判定はセーフ。昨夜、誤審で阪神に黒星をもたらした審判団は翌日にきっちり借りを返す事となったが、阪神が技術向上の要望書を出した甲斐は全くなかった様だ。この後、阪神は8回から久保田、9回からは守護神・藤川を投入する必勝パターンを展開。広島は一死から栗原がヒットを放つも、この日2安打の求道者・前田はセカンドゴロ。代打・森笠は11球粘ったものの、最後は見逃し三振に倒れて、5試合連続の逆転勝ちはならなかった。

◆E1−3H◆
鬼門・宮城とは言え、何とか連敗地獄を脱したいソフトバンクは初回、ホークスキラーと化しつつある田中に対して、高須のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲット。しかし、先発・スタンドリッジがその裏、ショートにタイムリーを浴びて、あっさり同点。1−1で迎えた3回、ソフトバンクは二死二、三塁から田上がレフト前へタイムリーを浴びせて、2点を勝ち越し。スタンドリッジは6回まで1失点と期待以上の好投を展開。この後、水田を挟んで、最後は6日ぶりの登板となる守護神・馬原がピシャリと締めて、連敗を4でストップ。田中は9回途中まで投げたものの、いつもは貰える打線の援護に恵まれず、7月16日以来の黒星で2桁勝利はお預けとなった。

◆F5−0M◆
連勝街道驀進中で独走体勢を整えつつある日本ハムに対して、ロッテ先発・清水は毎回、ピンチを背負いながら、要所を締める粘りの投球を見せていたが、5回、一死から連打を浴びて、二、三塁とされた所で降板。このピンチにバレンタイン監督は何を血迷ったか、ルーキー・中郷を送り込むも、これが大誤算。中郷は代わりばな田中賢を歩かせ、満塁とすると、続く稲葉に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、3点を献上。更に、青波の長瀬に痛打された後、高橋にもタイムリー二塁打を許し、この回、4失点。8回にはエラーで貰ったチャンスに劇団ひちょりの犠飛で5点目を奪い、試合を決定付けた。先発・スウィーニーは8回途中まで無失点の好投を展開。この後、歌藤−武田久がパーフェクトリリーフを見せ、完封リレーで8連勝を達成した。

◆L2−1Bs◆
西武の先発は通算150勝へリーチをかけながら、4度足踏みした事で、1ヶ月弱登録抹消となっていたオツ。今度こそ150勝を達成せんと、偽バファローズに付け入る隙を許さない好投を展開するも、肝心の味方打線が通算50勝へリーチをかける偽バファローズ・川越の前に6回まで沈黙。7回に一死満塁のチャンスを作り、川越をKOするも、代わった高木の前に不振でスタメンを外れていた代打・中島がサードゴロゲッツーに倒れる最悪の展開でまたも無得点。しかし、続く8回、一死一、二塁から栗山がタイムリーを放ち、ついに待望の先制点をゲット。更に、続くカブレラもタイムリーを浴びせて、ダメ押し。土壇場9回、完封ペースのオツが続投するかと思いきや、マウンドにはグラマンが登場。グラマンは二死一塁から北川,代打・水口と連打を浴びて、1点差と迫られたものの、阿部真をファーストゴロに打ち取り、辛くも逃げ切りに成功。オツは5度目の挑戦にして、ようやく通算150勝を達成した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:45コメント(0)トラックバック(79)2007 プロ野球 

August 16, 2007

◆C6−3G◆
最下位相手に3タテを食らう訳にはいかない巨人は2回にガッツの27号ソロで4戦連続の先制点をゲット。しかし、3戦連続逆転勝利中の広島は巨人先発・木佐貫相手に4回までは再三チャンスを潰しまくりながらも、5回に梵の10号2ランで逆転に成功すると、更に、オチョアのタイムリーで1点を追加。続く6回には投手の高橋がタイムリーを浴びせて、木佐貫を引きずり下ろすと、今季初登板となる2番手・三木から新井が2点タイムリーを放ち、6点目。大量5点ビハインドとなった巨人は7回、一死から李,阿部と連打を浴びせて、高橋をKO。2番手・梅津から代打・清水が四球を選んで満塁となった所でキムタクがタイムリー二塁打を放ち、2点を獲得。なおも二、三塁のチャンスだったが、3番手・上野に後続を断たれて、2点止まり。8,9回も走者を出しながら、いずれもゲッツーでチャンスを潰してしまい、これで5連敗となった巨人は中日と入れ替わりで首位陥落。一方、4戦連続の逆転勝ちとなった広島はヤクルトを抜いて、単独5位に浮上した。

◆T2−3D◆
初回一死満塁,2回二死満塁のチャンスを悉く逃すなど、川相不在の弊害を大露呈した中日。しかし、先発・人斬り抜刀斎が5回まで2安打無失点の力投を展開。何とか人斬り抜刀斎を援護したい中日は6回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが5年連続の大台突破となる30号(史上88人目となる通算200号)2ランを叩き込み、ようやく均衡を破ると、7回には一死三塁から中村紀が犠飛を打ち上げ、3点目。3点を追う阪神はその裏、キュラソ星人が10試合ぶりとなる25号ソロを放ち、ようやく1点を返すと、続く8回には2番手・岡本を攻め立て、無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ここで代わった3番手・高橋の前に鳥谷のセカンドゴロの間に1点を返すのが精一杯。中日は9回、満を持して投入した守護神・岩瀬が三者凡退に斬ってとって、首位に返り咲き。岩瀬はリーグ単独トップの31セーブ目、人斬り抜刀斎は4年連続の10勝目をマークした。

◆H1−8F◆
着々と首位固め体制に入っている日本ハムは初回から一死一、二塁のチャンスを掴むと、今季6タコと苦手にしている苦手・杉内から青波の長瀬が先制タイムリーヒット。この後、杉内,ダルビッシュの好投が続いたが、5回に杉内が大炎上。一死二塁から稲葉の3ランを含む5連打を浴びて、あえなくKO。更に、代わった山村も3連打を浴び、この回、大量7失点。ダルビッシュは5回までパーフェクトの快投を展開するなど、8回まで松田の内野安打1本に抑える完璧な投球を展開。100球にも達していない完投ペースだったが、ヒルマン監督は8点リードにも拘わらず、酷使中の武田久をわざわざ投入する訳の分からない継投を展開。不可解な起用にモチベーションの上がらない武田久は本間にタイムリーを許し、完封リレーはならなかったが、チームは7連勝で2位とのゲーム差は5と独走体勢に入りつつある。一方、ソフトバンクは4戦連続1得点の貧打で4連敗。

◆M5−4L◆
西武が2回にG.G.佐藤のタイムリー二塁打で先制すれば、その裏、ロッテはベニー松山が同点タイムリー二塁打。続く3回に西武がカブレラの20号3ランで突き放せば、その裏、ロッテもサブローのタイムリー三塁打等で2点を返し、6回には里崎の犠飛で再び同点。4−4で迎えた7回、ロッテは一死満塁からまたもサブローがタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。土壇場9回、マウンドに上がった守護神・小林雅は2本のヒットを浴びて、一死一、二塁のピンチ。またまたまたコバマサ劇場が開演となるのでは?とロッテファンが戦々恐々とする中、細川,礒?を何とか打ち取り、辛くも逃げ切った。先発・渡辺俊は6月3日以来となる7勝目。敗れた西武は自力Vが消滅した。

◆E4−0Bs◆
一場,デイビーの両先発が互いに譲らぬ息詰まる投手戦を展開し、両軍ゼロ行進の儘、試合は終盤へ突入。迎えた8回裏、偽バファローズは何故か、デイビーから本柳にスイッチするも、これが裏目に。悪の温床・楽天は二死二塁から鉄平のタイムリーでついに待望の1点を先制すると、山崎武司が歩いた後、ショート,フェルナンデスの連続タイムリーでこの回、4点を奪い、試合を決定付けた。偽バファローズは9回、無死一、二塁とし、一場をKOしたものの、抑えの小山に後続3人が打ち取られ、完封負け。再び、悪の温床・楽天に並ばれた。一場は完投こそ逃したものの、無失点投球で今季初勝利

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:04コメント(1)トラックバック(68)2007 プロ野球 

August 15, 2007

◆C2−1G◆
初回二死からニックンの17号ソロで1点先取した巨人だが、2,3,4回と3イニング連続でゲッツーを食らう拙攻ぶりで一向に追加点を奪えない。先発の春風亭半ケツは4回まで1安打無失点と踏ん張っていたが、4回無死一、三塁のピンチを迎えると、一死後、山崎に犠飛を許して、試合は振り出しに。巨人は7回、無死一、二塁から清水をピンチバンターとして投入する何とも勿体ない起用で一死二、三塁としたものの、ここで二塁走者・阿部がセカンド・山崎の隠し球にひっかかってタッチアウトとなる大チョンボ。これ幸いと脇谷が敬遠されてしまい、まだ100球にも達していない春風亭半ケツを下げてまで矢野を代打に送ったが、ハーフスイングで空振り三振に倒れて、結局、無得点。1−1の儘、迎えた土壇場9回裏、4番手・豊田は無死満塁の大ピンチを迎えると、栗原にレフト線へのタイムリーを浴びて、サヨナラ負け。清水のピンチバンター起用に始まり、勝ち越しを急いた春風亭半ケツへの代打起用,中継ぎ陣への不安から前日2回2/3を投げている西村に6連投を強い、8回のピンチに送り込んだ豊田は延長戦を視野に入れて、先制弾を放っているニックンを引っ込めてまで、3番に入れるなど、首位チームが最下位チームを相手にしているとはとても思えない明日なき戦いの様な采配を連発する若大将・原監督の焦燥感がナインにも伝染しているかの様な試合展開で4連敗となった巨人は2位中日には1差と肉迫された。一方、3戦連続の逆転勝ちと勢いが出てきた広島だが、ヤクルトも大勝した為、最下位脱出はならなかった。

◆T0−2D◆
ボーク日本新記録へリーチをかける太陽の子エステバン・ジャンは3回までノーヒットに抑える素晴らしい立ち上がりを見せたが、4回、二死二塁から森野のタイムリーで先制されると、更に、藤本のタイムリーエラーが2点目を献上。待望の先制点を貰った中日先発・朝倉は8回を散発3安打と三塁を踏ませぬ快投を展開。9回は守護神・岩瀬が無難に抑えて、完封リレーを達成。対阪神の連敗を4で止め、3位転落の危機を免れた。ボークの新記録達成はお預けとなったジャンは7回を自責点1に抑える好投を見せたが、打線に見殺しにされ、5敗目。

◆YB1−15S◆
横浜先発・ハマのチンピラに対して、ヤクルトは初回、二死走者なしからヒットと四球で一、二塁とすると、宮出が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、2点を先制。続く2回には二死三塁から3連打を浴びせて、一気に3点を追加。更に、3回には川本のタイムリー二塁打で6点目をあげ、ハマのチンピラはこの回限りで降板となった。勢いの止まらないヤクルト打線は4回には宮出の3ラン,宮本のタイムリーで4点を加え、10点目。この後もガイエル,田中浩に一発が飛び出すなど、着々と加点し、計21安打15点の猛攻で圧勝。投げては先発・松岡が10安打を浴びながらも、8回を1失点で切り抜ける粘りの投球で3勝目。ハマのチンピラは両リーグ10敗一番乗りとなった。

◆H1−2F◆
ドーピングに引っかかったガトームソンの穴を埋めるべく先発起用された神内だったが、3回、田中賢に今季初アーチを被弾。5回には二死走者なしから金子誠を歩かせてしまうと、続く劇団ひちょりにタイムリー二塁打を浴び、2点目を献上。川崎が扁桃炎で欠場となったソフトバンク打線は日本ハム先発・武田勝の前に全く手も足も出ず、7回まで3安打と沈黙。8回に田上の6号ソロでようやく1点を返したものの、9回は守護神・MICHEALの前に3人で打ち取られ、万事休す。3戦連続で1点しか奪えない深刻な貧打ぶりで3連敗となり、6連勝の日本ハムとの差は4にまで広がった

◆M5−1L◆
初回、カブレラのタイムリーで先制されたロッテだが、その裏、内野安打2つと犠打で一死二、三塁とした所で、この日で1000試合出場となるサブローが同点犠飛を打ち上げると、2回には竹原が犠飛を放ち、勝ち越しに成功。以降、両軍共に残塁を量産しながら、試合は終盤へ突入。迎えた7回、ロッテは竹原が4号2ラン,8回にはベニー松山が10号ソロと一発攻勢でダメ押し。先発・久保は1失点の今季初完投で7勝目をマークした。

◆E2−4Bs◆
偽バファローズ打線が初回から猛攻撃。一死から村松,ラロッカと連打を浴びせると、ローズが歩いて満塁となった所でアレンのタイムリーでまず1点。更に、北川が2点タイムリー二塁打を浴びせると、続く後藤のセカンドゴロの間に1点を加えて、いきなり4点をゲット。その裏、悪の温床・楽天はヒットで出た渡辺直が二盗,三盗と決めると、高須のセカンドゴロに間に生還するが、後が続かない。5回にはまたも渡辺直がタイムリー二塁打を放ち、2点差まで詰め寄ったが、6回以降は1安打と沈黙し、あと一歩及ばず、再び単独最下位へ転落。偽バファローズは終盤、拙攻三昧だったが、先発・朝井を初めとする投手陣が踏ん張った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:46コメント(0)トラックバック(44)2007 プロ野球 

 ついに悪夢の時がやってきた。前日、5失点の大炎上となった桑田に対して、トレーシー監督が近日中のマイナー降格を示唆する様なコメントを残していたが、この日のメッツ戦の試合開始前、戦力外通告を下されてしまった。開幕直前に審判と激突するアクシデントに見舞われ、重傷を負いながら、驚異的な回復を見せて、メジャーに這い上がった桑田はここまで全てリリーフで19試合に登板。デビュー当初は得意のカーブに加え、トレーシー監督からも「ストライク・スローイングマシン」と称される程の制球力を武器にメジャー打線を翻弄する場面も見られ、対日本人野手は無安打に抑え込んでいたが、7月以降、生命線とも言える制球力に甘さが見え始めると、連打される場面も多く、0勝1敗で防御率は9.43の成績で白星を挙げる事は出来なかった。弱体先発陣が早めに崩れる事が多いなど、登板時期が読めない。連投を強いられたかと思えば、1週間以上も登板がなかったりと、登板間隔も不規則になりがち…。ずっと先発でやってきた桑田にとって、不慣れな中継ぎを続ける事は、調整に苦しみ、想像以上に体にも負担をかける事になっていた。桑田の経験を高く評価し、かばい続けてきたトレーシー監督だが「最初の姿に戻って欲しいと思ったが、悪循環に入ってしまった」と上位進出も望めないチーム状況で若手中心に切り替えざるを得なくなった事に顔を曇らせた。また、桑田の最大の理解者と言われるコルボーン投手コーチも「桑田はチームに多くのものを与えてくれ、私も特別な思いで接していた。どんな時でも彼の存在は私の側にある」と、別れを惜しんだ。この後、桑田は10日間ウェーバーにかけられるが、時期的に優勝を争う上位球団は勿論の事、下位球団もパイレーツ同様に若手主体の構成に切り替えるタイミングである事から、獲得に乗り出す球団は恐らく出てこないと思われる。他球団から獲得の申し込みがなければ、パイレーツとマイナー契約を結ぶか、自由契約となるかを選択する事となる。会見に臨んだ桑田は「(このタイミングでの戦力外通告は)時期的に9月もすぐだし、野球界ではどこでも起こりえる事。そういう中で22年やってきたし、仕方ない。ここまで投げさせて貰えて感謝している。ケガをした事で底辺も見せて貰ったし、3Aでマイナーの経験も出来た。もう十分です。何も悔いはない。6/30に最後の打者を打ち取って勝利した瞬間が最高の思い出。あとは鈴木一朗君と対戦した時。(去就については)家族が来ているので、しばらく時間を貰って相談し、週末くらいまでに決めたい」とコメントを残しており、200勝への夢を断ち切って、現役を退く可能性を匂わせた。尚、トレーシー監督は、桑田がコーチやスカウトとして球団に残る事に関心を寄せている事を明らかにしているとの事。個人的にはもう少し現役として足掻いて欲しい所だが、将来の巨人監督候補と目される桑田だけに、アメリカでの指導者としての経験を積む事も大いに意義のある事だろう。週末の決断が注目される。

桑田真澄―ピッチャーズバイブル18

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 11:53コメント(1)トラックバック(25)桑田真澄 

August 14, 2007

◆C9−6G◆
巨人の先発は前回、移籍初勝利を飾ったアゴくら。初回、ガッツの3ランと阿部のタイムリーでいきなり4点の援護を貰ったにも拘わらず、その裏、新井に3ランを浴びて、あっと言う間に1点差。3回に2点を追加して貰うと、その裏の満塁のピンチも何とか切り抜け、2勝目へ弾みをつけたかと思われたが、勝利投手の権利が懸かった5回、栗原に18号3ランを叩き込まれて、一気に同点。更に、連打を浴びて、無念のKOとなった。この後、一死満塁となった所で梵のセカンドゴロの間に1点が入り、広島がついに勝ち越しに成功。8回にもオチョア,栗原のタイムリー二塁打でダメ押しの2点を追加。最後は永川が3人で締め、2試合連続の逆転勝ちを収めた。巨人はまたも先発が5回持たずに降板し、3連敗。因みに、8回二死から話題の新助っ人・オビスポがついに来日初登板。デビュー早々に対峙した求道者・前田には気迫に押されて四球を与えてしまったが、続く石原をショートゴロに打ち取り、ピンチを切り抜ける無難な投球を見せた。

◆T5−1D◆
阪神は初回、一死からシャア少佐が二塁打で出ると、シーツのタイムリーで1点を先制。この後、連続四球で満塁とチャンスを広げたが、桜井,矢野と連続三振に倒れて、三者残塁。1点を追う中日は5回、谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号ソロを叩き込み、ようやく同点。1−1の儘、迎えた8回、阪神は一死一、二塁から林が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。更に、続く桜井が3号2ランを放り込み、ダメ押し。9回は藤川が走者2人を出しながらも、後続を断って、逃げ切った。中日は先発・山井の引っ張り過ぎが祟って、連勝ストップ。3位阪神との差は0.5にまで縮まった

◆YB3−10S◆
ヤクルトは横浜先発・はーちゅんの立ち上がりを捉え、初回に青木のタイムリー二塁打,寿司職人ラミレスの2ランで3点を奪うと、2回には飯原,寿司職人ラミレスのタイムリーで5点目。横浜も初回に村田,2回にガッツな貴公子・仁志のタイムリーで1点ずつ返して、3点差。その後も3,4,5回と立て続けに得点圏に走者を送りながら、攻めきれない拙攻を展開。6回には石井タクローのタイムリーで3点目をあげ、なおも一死満塁のチャンスに金城が痛恨のゲッツーに倒れ、1点止まり。これで勢いを失った横浜はピタリと当たりが止まり、逆に、9回に4番手・高崎が寿司職人ラミレスのこの日2発目の3ランを浴びるなど、大量5点を失い、とどめを刺された。ヤクルト4番手・花田は2回2/3をノーヒットに抑える好リリーフで今季初白星。

◆H1−4F◆
初回に川崎の3号ソロで先制したソフトバンクだが、2回を除いて毎回安打を浴びせながら、打線が繋がらず、一向に追加点を奪えない。先発・和田は6回まで1安打と完璧な投球を展開していたが、7回、先頭の青波の長瀬に同点20号ソロを被弾。8回には一死一、三塁から田中幸のピッチャーゴロの間に勝ち越し点を献上。9回には水田,松中の連続エラーで1点を失うと、更に、金子誠にタイムリーを浴びて、ダメを押された。その裏、MICEALから2つの四球を選び、一発で同点と言う場面を作ったものの、最後は井手が倒れて、ゲームセット。日本ハムはこれで5連勝となり、2位ソフトバンクとの差を3と広げた。

◆M3−4L◆
西武は2回、無死満塁と絶好の先制チャンスを掴むが、礒?がファーストゴロゲッツーに倒れると、細川は三振に倒れて、結局、無得点。その裏、ロッテも二死満塁としながら、今江がライトへ打ち上げて、三者残塁。4回、ロッテは大松の3号ソロでついに均衡を破る先制点をゲット。ロッテ先発・小野は6回まで無失点の好投を見せていたが、7回、細川のタイムリーで追いつかれると、福地に勝ち越しタイムリー二塁打を浴びて、KO。2番手・荻野も栗山に2点タイムリー二塁打を許し、この回、4失点。3点を追うロッテは8回にオーティズの2ランで1点差と詰め寄り、土壇場9回には抑えのグラマンを攻め、一死一、二塁のチャンスを作ったが、後が続かなかった。西武はこれで5割復帰。先発・岸は8回途中まで11三振を奪う力投で田中(悪の温床・楽天)に並ぶ9勝目をマークした。

◆E8−2Bs◆
初回に1点ずつ取り合って迎えた2回、悪の温床・楽天は嶋の2号2ラン,高須のタイムリー内野安打で3点を勝ち越し。2点差で迎えた6回には高須,鉄平の連続タイムリー二塁打で偽バファローズ先発・平野佳をKO。更に、代わった金子から山崎武,フェルナンデスもタイムリーを浴びせて、この回、一気に4点を追加し、試合を決定付けた。先発・岩隈は8回2失点で4勝目。悪の温床・楽天は偽バファローズに並ぶ5位タイへ浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:40コメント(0)トラックバック(54)2007 プロ野球 

 持ち味の制球力に陰りが見え、失点するケースが目立つなど、マイナー降格の危機に立たされている桑田が、ジャイアンツとのダブルヘッダー第2戦に登板。4点ビハインドで迎えた7回に2番手としてマウンドに上がったが、いきなり先頭のフランセンに初球を叩かれ、ライト前に弾き返されると、投手のロウリーにタイムリー二塁打を浴びて、まず1点。続くデービスにも二塁打を浴びて、無死二、三塁となった所でビスケルにはセンターへの犠飛を許して、2点目。ウィンはレフトフライに仕留めたものの、4番・フェリスにはタイムリー二塁打,そして、オートマイヤーにはライトスタンドへ2ランを叩き込まれて、この回5失点。クレスコをレフトフライに打ち取り、ようやくチェンジとしたが、ブーイングを浴びながら、マウンドを降りた桑田は「今日の敗戦は責任重大。相手に流れがある時に抑えて、流れを引き戻すのが自分の仕事だが、それが出来なかった」と、痛切な表情を浮かべた。ここまで桑田を擁護する発言が多かったトレーシー監督も「ボールが高めにいった所を打たれていた。この儘と言う訳にはいかないだろう」と、マイナー降格の可能性を示唆した。

こぼれ落ちた一球―桑田真澄、明日へのダイビング

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング

 

 

 



ritzberry at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 

August 13, 2007

 アメリカの優勝でW杯が幕を閉じてから一夜明け、ギブソンの元に、Jr.が優勝報告に訪れていた。ギブソンは開胸しないカテーテル手術で済み、2,3日中にも退院出来るとあって、明るい表情を見せるJr.。劇的なサヨナラアーチにより、堂々のMVPに輝いたJr.だが、自分の中でのMVPは間違いなく父・ギブソンだと、獲得したトロフィーを献上しようとする。結局、共に戦った最初で最後の舞台での栄誉は大切に持っていろと、突っ返されてしまうのだが、ぶつくさと文句を言いながらも、まんざらでもないJr.だった。一方、日本ナインの帰国組は早くもホテルを立とうとしていたが、吾郎はバツが悪いのか、ふて寝したまま、見送りにも来ない。楽観視する眉村とは対照的に、寿也は何やら気がかりな様子を見せていた。背を向けたまま、ベッドでふとんをかぶっている吾郎の部屋にやってきた茂野は吾郎の返事がはないにも拘わらず、、102マイルを打たれた吾郎の事を誰も責めはしないし、今回の敗戦を変に引きずらなければ、メジャーのマウンドが約束されていると一方的に激励。左腕転向以来、左肩を下にして寝たりしない事を分かっていた茂野は吾郎の狸寝入りを当然の様に気付いていたのだった。茂野が去った後、吾郎の部屋の電話が鳴る。一方、清水は吾郎が今の落ち込んでいる姿を見られたくないと思っているだろうし、自分もかける言葉がないと、美穂と共に黙って帰国すべく空港に向かっていた。美穂から、傷ついた吾郎を癒してあげられるのは清水だけだと諭されるが、乗る飛行機は変更出来ないし、もう間に合わないと落胆するが、美穂は機転を利かせて、吾郎へ電話で搭乗便の時刻を知らせていたのだった。出発ギリギリまで吾郎が来る事を信じて空港で待つ清水だが…。

 吾郎の異変話はどうなったんじゃ〜。いや、そんな事よりも沢村の伏線は!? ストーリー上、さして重要とも思えない沢村の伏線の方が吾郎の異変なんぞより、遙かに気になる…なんて人は、果たして、日本に何人いるのかね?(一応、先日「沢村の伏線」って検索ワードでウチに来た人がいたけど…)。大概の人は、「一体、沢村の伏線って何の事だ?」と、伏線が張られている事自体、気付いてすらいない気がするのだが…。自分で張った伏線を忘れてしまったり、他のネタに夢中になっているうちに伏線が劣化し、今更、回収してもしょうがなくなったりして、スカシネタと化す水島氏の様な展開だけは避けて欲しいものだ。それにしても、Jr.のツンデレぶりが相変わらず、ラブリーだね。ツンデレっつーか、もう殆どデレデレだよな。ギブソンは大仰に倒れた割には、かなり元気そうで何だか拍子抜け。勿論、試合中は決死の覚悟だったのは分かってるけどさ。茂野がとりあえず、父親らしい所を見せてくれたのには満足。W杯中は全く冴えない役どころだったけど、この人は吾郎が打ちのめされている状態になると、結構、カッコいいよな。一方、決勝戦の間はただの観客の一人と化し、マウンドの吾郎にプラスになる事は何一つもたらさないなど、存在感がかなり希薄になってしまっていた清水。寿也との一件の借りを返さんとばかりに奮戦する美穂が健気だね。学生時代はこういう時に強気な発言で吾郎を叱咤するのが清水だったんだが、最近、すっかり弱気キャラになっちまってるので、そろそろ一発かまして貰いたい。しかし、清水によって、吾郎が完全に立ち直ってしまったら、例の異変とやらは消化されない気もするし、清水効果が何もないと言うのでは、あまりにも清水が不憫過ぎるのだが…。

MAJOR 64 (64)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:32コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 

August 12, 2007

◆D7−2G◆
同点で迎えた3回、中日はT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに29号2ランを叩き込み、勝ち越し。1点ずつ取り合って迎えた6回にはまたもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の29号2ラン。先発・中田は10三振を奪い、2失点完投で9勝目。首位攻防戦3連戦を勝ち越した中日は、巨人に2差と詰め寄った。

◆C7−5S◆
2点を先制されたヤクルトは6回にガイエルの2ラン,福川の3ランで一気に逆転。しかし、粘る広島は7回に2点を返すと、8回にはオチョアのタイムリー二塁打で逆転に成功。最後は守護神・永川がピンチを背負いながらも、辛くも後続を断ち切り、ヤクルトに0.5差と詰め寄った。尚、求道者・前田は7回にセカンドゴロの間に打点をあげ、史上31人目の通算1000打点を達成した。

◆YB1−5T◆
初回にシーツの二塁打で先制した阪神は4回には林の14号3ランで大きく突き放し、横浜先発・秦をKO。7回からはJFKが1回ずつ抑える必勝リレーで悠々と逃げ切りに成功。先発・能見は6回を1失点で2勝目を飾った。

◆Bs4−1H◆
プロ2度目の先発となった大隣は初回に野選で先制点を貰いながら、その裏、一死二塁から四球1つを挟んで4連打を浴びて、3失点。その後、粘りを見せていたが、6回に連続四球を出して、降板。代わった藤岡が暴投をかまして、ダメ押し点を献上。大隣はプロ初黒星となった。

◆L2−3F◆
西武は2回に片岡のタイムリー等で2点を先制。先発・涌井は7回まで散発2安打無失点の快投を見せていたが、8回、一死満塁のピンチから、金子誠の2点タイムリーで追いつかれると、ダブルスチールを刺そうとした細川が痛恨の悪送球を犯して、勝ち越し点を献上。最後はMICHEALが抑えて、日本ハムが逆転勝ち。

◆E6−5M◆
1−1で迎えた5回、渡辺直の二塁打で勝ち越されたロッテだが、直後の6回、押し出し四球で同点とすると、里崎の走者一掃タイムリー二塁打で3点のリード。8回に1点を返され、2点差で迎えた土壇場9回、またもコバマサ劇場が開演。いきなりフェルナンデスに被弾すると、満塁のピンチを作ってKO。代わった藤田が代打・憲史に逆転サヨナラタイムリー二塁打を浴びて、成瀬の11勝目は粉砕された。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:30コメント(1)トラックバック(29)2007 プロ野球 

August 11, 2007

 桑田がサンフランシスコでのジャイアンツ戦で、3点ビハインドの7回に登板。ボンズとの対戦を楽しみにしていた桑田だが、先頭のデービスを歩かせると、続くビスケルにライト前へ弾き返され、一、二塁のピンチを迎えた所で早くも降板を命じられ、ボンズとの対決はならず。この後、代わったグラボゥがボンズに犠飛を許し、桑田の失点は1。皮肉にも、直後の8回、パイレーツ打線が大爆発し、6点を奪って逆転勝ち。この回をきっちり抑えていれば、メジャー初白星を得られた所だった

投手・桑田真澄の青春

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:38コメント(0)トラックバック(0)桑田真澄 

◆D4−1G◆
初回にガッツのエラーで貰ったタナボタの1点以降、全く追加点を奪えない中日は5回にマッスル千代の富士のタイムリー二塁打で追いつかれ、その儘、延長に突入。豊田,上原が投げているうちにも一向に勝ち越せない巨人は12回も無得点に終わり、この試合の勝ちが消滅。その裏、中日は堂上剛に3ランが飛び出して、劇的なサヨナラ勝ち。

◆C1−5S◆
5回まで黒田の前に抑え込まれていたヤクルトだが、6回、寿司職人ラミレスのタイムリーで2点を先制すると、更に、ガイエルの2ランで一気に4点を奪い、試合を決定付けた。先発・鎌田は3回途中でKOとなったが、2番手・石川が4回1/3を1失点で切り抜ける好リリーフを見せて、2勝目。黒田の突如の炎上で敗れた広島は最下位脱出のチャンスを逃した。

◆YB3−2T◆
序盤からリードを許した阪神は8回にシャア少佐のタイムリー内野安打でついに同点。しかし、それも束の間、その裏、横浜は相川のタイムリー二塁打で勝ち越すと、最後はクルーンが3人で締めて、逃げ切った。

◆Bs3−6H◆
ガトームソンショックに喘ぐソフトバンクはこの日も初回から先制される苦しい立ち上がりとなったが、3回、川崎,ハマのスペランカーの連続タイムリーで逆転すると、その後も田上の一発等で突き放し、逃げ切った。

◆L1−2F◆
今季初先発となる小野寺スウィーニーが5回まで1失点の好投。迎えた6回、日本ハムは一死二塁から小谷野のセンター前タイムリーで勝ち越しに成功。8回からは武田久−MICHEALと繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、首位をキープ。敗れた西武は貯金が消滅した。

◆E0−3M◆
初回に先制タイムリーを放ったフクーラは6回には中押しタイムリー,8回にはダメ押しタイムリーとチームの全打点を叩き出す大活躍。投げては先発・小林宏が2試合連続完封で11勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:52コメント(0)トラックバック(25)2007 プロ野球 

August 10, 2007

◆D5−6G◆
3ゲーム差で迎えた首位攻防3連戦。序盤は内海,人斬り抜刀斎の両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開するが、先に崩れたのは人斬り抜刀斎。0−0で迎えた4回、ガッツ,李と連打を浴びると、阿部には死球を食らわせて、無死満塁。ここでホリンズをピッチャーゴロに打ち取るも、痛恨の悪送球で先制点を献上。なおも無死満塁の場面で古城をセカンドゴロに仕留め、まず本塁を封殺。しかし、ゲッツーを狙った谷繁の一塁送球が大きく逸れ、ボールが転々とする間に阿部の生還を許してしまう。立て続けの守乱に川相不在の重さを痛感し、落胆の色を隠せない人斬り抜刀斎はまたも満塁のピンチを作ると、松田記者,マッスル千代の富士に連続タイムリーを浴びて、この回、悪夢の5失点。結局、人斬り抜刀斎は5回限りで降板となってしまった。この後、共に1点ずつ取り合って迎えた7回、中日は3本の単打で一死満塁のチャンス。李は空振り三振に倒れるも、荒木を下げてまで左対左を無視して投入された代打・立浪がライトフェンス直撃の走者一掃タイムリー三塁打を放ち、内海をKO。8回には2番手・西村から森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13号ソロを叩き込み、1点差まで詰め寄ったが、豊田に後続を断たれると、9回は上原に3人で捻られ、万事休す。内海は2年連続となる2桁勝利をマークした。

◆C7−3S◆
3タテで一気に最下位脱出を目論む広島は初回、梵の先頭打者アーチであっさり先制すると、更に、オチョアのタイムリーでこの回、2点。2回には、またも梵が2打席連続の9号ソロを叩き込むと、3回には求道者・前田のタイムリーで4点目。ヤクルトは5回に川本の2号ソロでようやく1点を返すも、その裏、石原のタイムリーで5点目を失った館山はこの回限りでKO。6回に青木の2点タイムリー二塁打で必死の応戦を図るヤクルトだが、その裏、広島は栗原がきっちり犠飛を打ち上げ、またまた突き放す。8回にも新井がこの日5安打目となるタイムリー二塁打を放ち、ダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらも、マウンドに上がった守護神・永川が3人で締めた。ブラウン監督は通算100勝目

◆YB6−8T◆
初回から村田,内川のタイムリーで2点を先制された阪神だが、「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた横浜先発・マットホワイトに対して、直後の2回、投手の上園のタイムリーで1点を返すと、なおも満塁の場面で突如、1番に起用された浜中が2点タイムリーを放ち、逆転に成功。続く3回には桜井,代打・葛城のタイムリー二塁打で3点を追加。しかし、横浜も負けじと4回、シーツのタイムリーエラーで1点を返した後、メカゴジラに11号3ランが飛び出して、一気に同点。6−6で迎えた6回、阪神はシーツのタイムリー二塁打で均衡を破ると、更に、続くキュラソ星人が犠飛を打ち上げ、8点目。昨夜、それぞれ2回ずつ投げたJFKだが、この日も全員引っ張り出されて、この2点を守りきった。藤川はこれで30セーブ目

◆Bs7−5H◆
首位を走るソフトバンクに激震が走った。昨夜も好投を見せた先発ローテの一角・ガトームソンの服用していた飲むタイプの育毛剤がドーピング検査に引っかかり、20日間の出場停止処分を下されたのだ。ガトームソンはこの薬を服用している事をキャンプ中に自ら報告しており、悪意はなかった様だが、球団の管理体制に落ち度があった。V争いが本番に突入するこの大事な時期にこの処分はチームにとって深刻なダメージだ。出場停止が登板翌日からであったのが唯一の救い。やはり、これは鎖国政策を打ち出しながら、ソフトバンクをシメまくっている水島の呪いの影響なのか!? この事件がチーム内にも動揺をもたらしたか、安定感抜群の先発・杉内が初回からローズのタイムリー二塁打で先制を許すと、2回には前田に3年ぶりのアーチとなる2ランを被弾。4回にも前田にタイムリーを許した杉内はあえなくKO。7回には3番手・小椋が阿部真に犠飛を打ち上げられ、5点目を献上。この5点目は致命的になるかと思われたが、直後の8回、ここまで散発4安打と沈黙していたソフトバンク打線が突如、覚醒。先頭の田上のヒットを皮切りに、3連打で1点を返すと、代打・ブキャナンが歩いて満塁となった所で本多が走者一掃タイムリー三塁打を浴びせて、1点差。そして、続く川崎がセンターへ犠飛を打ち上げ、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだ。迎えた11回、ソフトバンクは二死一、二塁のチャンスを作るも、本間が三振に倒れて、二者残塁。すると、その裏、偽バファローズは10回から登板の馬原に対して、一死からラロッカがヒットで出ると、ここで牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがついに山崎武を上回って単独トップに立つ37号2ランをレフトスタンドへ叩き込み、サヨナラ勝ちを収めた。

◆E7−6M◆
悪の温床・楽天先発・田中に対して、ロッテは3回、二死満塁からオーティズの2点タイムリーで先制すると、更に、続く大松がライトスタンドへ2号3ランを放り込み、大量5点のビッグイニングを形成。しかし、田中が炎上すると、何故か活発になるのが悪の温床・楽天打線。その裏、すかさず、無死満塁と絶好のチャンスを掴むと、山崎武はゲッツーに倒れるも、この間にまず1点。更に、ショートのタイムリー二塁打で2点目。田中は5回にも1点を失い、降板となるが、6回、渡辺直のタイムリー二塁打,高須の犠飛で2点を返した悪の温床・楽天は、7回には代打・フェルナンデスが同点15号2ランを叩き込んで、田中の黒星を消す事に成功。勢いに乗る悪の温床・楽天は土壇場9回、一死一、二塁から草野がライト前にタイムリーを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。4番手・小山に今季初勝利がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:46コメント(1)トラックバック(23)2007 プロ野球 

August 09, 2007

◆G2−2T◆
昨夜は対巨人61年ぶりの22安打と大爆発した阪神打線。とっくに勝敗が決した後の終盤の無駄打ちは翌日に残しておいてくれと打ち疲れを心配されたが、案の定、春風亭半ケツの前に2回までパーフェクトと沈黙。しかし、3回、先頭の浜中が2号ソロを叩き込み、1点を先制。なおも二、三塁のチャンスを作ったが、昨日は4安打のシーツがセンターフライに倒れて、二者残塁。更に、4回には二死満塁のチャンスを逃すなど、空回りが続くばかり。何とか踏ん張っていた阪神先発・太陽の子エステバン・ジャンだったが、その裏、阿部に26号同点アーチを浴びると、続く5回にはマッスル千代の富士にタイムリー内野安打を許して、勝ち越し点を献上。1点を追う阪神は7回、一死一、三塁から関本が犠飛を打ち上げ、同点。試合はその儘、延長に突入した。3連戦勝ち越しに燃える巨人は同点ながらも9回から守護神・上原を投入し、2回をパーフェクトに抑え込むが、阪神も7回から登板のウィリアムス,9回から登板の久保田がそれぞれ2回をピシャリと抑える好投を見せ、均衡が破れない。迎えた11回、藤川を温存されている状態で上原が先にマウンドを降りる事となったが、代わった豊田もアウト3つを全て三振に斬って取る力投を展開。その裏、満を持して登場した藤川は一死から李を歩かせるも、続く阿部をセカンドゴロゲッツーに仕留める。豊田も負けじと12回を三者凡退に抑え、負けのなくなった巨人だが、最後の攻撃も藤川の前に0点に終わり、結局、12回既定により、引き分けに終わった。

◆D3−1C◆
2回に内野ゴロの間に先制した中日は3回には一死二、三塁からT.ウッズがセンター前へタイムリーを浴びせて、2点を追加。4,5回と二人の走者を出しながら、あと一本が出ず、6回もゲッツーでチャンスを潰すなど詰めの甘さは相変わらずだったが、先発・朝倉が7回まで散発2安打無失点と素晴らしい投球を展開。8回に内野ゴロの間に1点を失い、完封は逃したが、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った。

◆S1−9YB◆
横浜打線が序盤から大爆発。ヤクルト先発・藤井に対して、初回、金城の11号2ランで先制すると、更に、内川に走者一掃のタイムリー二塁打が飛び出して、いきなり4点をゲット。続く2回には野中,吉村のタイムリーで2点を追加。なおも一死満塁のチャンスにまたもや内川が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、大量5点とまたまたビッグイニングを形成。連続無失点記録が断たれてから乱調続きのハマのチンピラだったが、大量リードを背に7回を無失点に抑え、9勝目。ヤクルトはリグスのタイムリーで完封を免れるのが精一杯。フロントから執拗に引退を迫られている中井美穂の旦那・古田が、代打として4月19日以来の打席に立ったのが唯一の見せ場だったが、結果はセカンドゴロに終わった。

◆L1−5H◆
4年ぶりに松中を4番から降格させるテコ入れが空転したソフトバンクだが、小久保が左手首痛で欠場となった事もあり、一夜で松中が4番復帰。大村も左背筋痛で登録抹消となるなど、苦しい状況ながら、0−0で迎えた3回、一死から田上が死球で出ると、ここから井手,本多,川崎,ハマのスペランカー、そして、4番復帰の松中と怒濤の5連打で一挙4点を獲得。8回には柴原のスクイズでダメ押しの5点目。先発・ガトームソンは初回の満塁のピンチを切り抜けてからはすっかり立ち直り、8回まで5安打無失点の好投を展開。土壇場9回、完封を目前にしながら、先頭のベンちゃんに10号ソロを被弾。更に、栗山にも痛打された所で降板となったが、守護神・馬原が後続3人をピシャリと締めて、連敗阻止。西武先発・ギッセルはこれで助っ人史上1位タイとなる9連敗となった。

◆F4−2E◆
3回、突如、制球を乱した悪の温床・楽天先発・山村から2四死球でチャンスを作った日本ハムは工藤,稲葉の連続タイムリーで2点を先制。続く4回には先頭の高橋が7号ソロを叩き込むと、鶴岡にもタイムリーが飛び出して、4点目。グラウンド外でお騒がせ中のダルビッシュは7回まで散発3安打と抑え込まれていた悪の温床・楽天だが、8回、草野,代打・関川,渡辺直と3連打で1点を返し、ダルビッシュをKO。代わった江尻の前に高須はショートゴロゲッツーに倒れる、この間に関川が返って、2点差。更に、続く礒部もヒットを放って、守護神・MICHEALを引っ張り出すが、ここで代走・高波が中嶋の牽制に引っかかって憤死する大チョンボ。MICHEALは9回は三者凡退に斬って取り、逃げ切りに成功。2年連続の2桁勝利となったダルビッシュはお立ち台でサエコとのできちゃった婚宣言をぶちかました

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(0)トラックバック(66)2007 プロ野球 

August 08, 2007

◆G2−15T◆
巨人先発・木佐貫は2回、無死満塁の大ピンチを背負うも、ここから三者連続三振に斬ってとり、ピンチ脱出。続く3回も二死から連打を浴びるが、林を空振り三振。4回も三者三振で、早くも8奪三振。しかし、5回、投手のボーグルソンにヒットを許したのをきっかけに自らのエラーで先制点を許すと、更に、シーツにタイムリーを浴びた所で早くも降板。相性の悪いキュラソ星人との対決を避けて、木佐貫を下げたはいいが、代わりに出てきたのが山口では荷が重かった。山口はキュラソ星人に2点タイムリーを許すと、林はゲッツーに仕留めたものの、代打・浜中にはタイムリー二塁打,矢野には4号2ランを叩き込まれて、この回、悪夢の6失点。6回には3番手・姜が二死から4連打を浴びて、2失点。留まる所を知らないこの日の阪神は7回には4番手・野口に襲いかかり、シーツの2ラン,矢野のこの日2本目となる5号3ラン、関本の3号ソロ等でダメ押しの7点を奪い、今季最多の22安打15点で圧勝し、3位に浮上。勿論、JFKは完全温存。先発・ボーグルソンは5回を無失点に抑え、6勝目を飾った。

◆D6−7C◆
先発ローテの一角として期待されて入団したにも拘わらず、キャンプ序盤で中継ぎ向きの烙印を即座に押されてしまったルーキー・宮崎がついに悲願のプロ初先発。しかし、初回、自らのエラー等で一死満塁のピンチを背負うと、森野に2点タイムリー二塁打を浴びるなど、いきなりの3失点。しかし、広島は直後の2回、倉のタイムリーで1点を返すと、続く3回には求道者・前田に会心の10号3ランが飛び出して、一気に逆転。リードを貰った宮崎だが、4回に3連打で同点とされると、5回には、またも森野に勝ち越しタイムリーを許して、この回限りで降板。この日は粘りを見せる広島は7回、中日4番手・平井から梵が7号2ランを叩き込み、再び逆転。8回から早くも登板となった守護神・永川は相変わらずの不安定な投球で二死一、二塁のピンチを迎えるも、何とか凌ぎきると、9回に梵がこの日4安打目となるタイムリーを放ち、貴重な1点を追加。永川は9回もピンチを作り、T.ウッズのタイムリーで1点差と詰め寄られたが、何とか逃げ切り、チームの連敗は4で止まった。

◆S5−3YB◆
連敗地獄に喘ぐヤクルトはこの日もメカゴジラの一発で先制点を許す苦しい立ち上がりとなったが、4回、宮本の2点タイムリーで逆転すると、5回には寿司職人ラミレスの15号ソロ,7回には青木の18号ソロ、そして、8回には城石が2号ソロと一発攻勢で着々と加点。土壇場9回、横浜は二死からメカゴジラ,吉村の連続アーチで2点差まで追い上げたが、反撃もここまで。最後は代打・木村が三振に倒れて、ゲームセット。辛くも逃げ切ったヤクルトの連敗は5でストップした。敗れた横浜は4位転落

◆L6−2H◆
松中をついに4番から降格させる英断で臨んだソフトバンクは初回、ヒットの本多を内野ゴロ2つで迎え入れるも、先発・西山がピリッとしない。その裏の満塁のピンチは凌いだが、2回に中村に同点7号ソロを被弾すると、3回には二死満塁から小久保のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。更に、4回には片岡の犠飛で3点目。7回には中村のタイムリー等でダメ押しの3点を追加。毎回の様に走者を出しながら、攻めあぐねていたソフトバンクは8回、井手のタイムリーで1点を返し、なおも一、二塁のチャンスだったが、代打・明石が最悪のゲッツー。最後はグラマンに3人で捻られ、首位陥落。西武先発・松永は4回で降板となったが、小刻みな継投が成功。3番手として2回を無失点に抑えた山岸に今季初勝利がついた。

◆F3−2E◆
4連敗中の日本ハムだが、悪の温床・楽天先発・朝井に対して、2回、高橋のヒット,ジョーンズの四球で一死一、二塁とすると、この日、8番に落とされていた田中賢がライト前へ先制タイムリー。3,4回と得点圏に走者を進めながら、あと1本が出ずにいたが、5回、一死満塁から青波の長瀬のセカンドゴロの間に2点目を追加。完封ペースの好投を見せていた武田勝だが、8回、二死一、二塁のピンチを作った所で降板。更に、ここでマウンドに上がった守護神・MICHEALが代わりばな山崎武に走者一掃の同点タイムリー二塁打を浴びて、武田勝の白星を粉砕。しかし、その裏、日本ハムは青波の長瀬に19号ソロが飛び出して、再び勝ち越し。MICHEALは9回は3人でピシャリと抑え、今季初白星。連敗は4で止め、首位に返り咲き。一方、敗れた悪の温床・楽天はまたまた指定席・最下位へ舞い戻った

◆Bs3−2M◆
ロッテの先発は好投しても打線に見殺しに遭う日々が続いている渡辺俊。最早、完封する以外、活路を開けないのか…と悲愴感漂う中、いきなり初回にラロッカの犠飛で先制されてしまう。ロッテ打線は危惧された通り、偽バファローズ先発・岸田の前に3回までパーフェクトに抑え込まれる沈黙ぶりだったが、4回、後藤のエラーで貰ったチャンスにベニー松山のタイムリー内野安打で同点とすると、5回には早川のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、その裏、後藤がエラーの汚名返上とばかりに6号ソロを叩き込み、試合は振り出しに。結局、渡辺俊は6回2失点で降板し、またも白星つかず。2−2の儘、迎えた土壇場9回、この回から登板のロッテ4番手・薮田に対し、偽バファローズは一死後、木元が二塁打を浴びせると、続く下山がレフト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。此で偽バファローズは最下位脱出となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:30コメント(2)トラックバック(89)2007 プロ野球 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ