July 2007

July 31, 2007

カリメロ勝◆YB5−1G◆
ルーキー・金刃と大ベテラン・カリメロが先週に続いての激突。横浜が初回、村田のタイムリーで先制すれば、巨人も2回にキムタクのタイムリー三塁打ですかさず同点。続く3回には先頭のマッスル千代の富士がヒットで出るも、松田さんが打ち上げた後、恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがセカンドゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。これでがっくり来たか、金刃はその裏、メカゴジラにタイムリー二塁打を浴び、勝ち越しの2点を献上。巨人は4回にも一死一、二塁のチャンスをホリンズのゲッツーで潰すと、5回には無死一塁から、早くも金刃を引っ込めてまで投入した代打・大道がゲッツーを食らう有様。6回には二死満塁のチャンスにホリンズが打ち上げ、三者残塁。一方、横浜は7回にガッツな貴公子・仁志の犠飛,8回には相川のタイムリーで1点ずつ加え、ダメ押し。巨人は7回以降、一人の走者も出せず、またもカリメロに白星を献上し、首位陥落となった。

◆C3−4D◆
広島先発・黒田はいきなり先頭の井端の打球を右脛外側に食らう手負いの状態と化し、この回は凌いだものの、続く2回に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズの27号ソロを被弾。しかし、その裏、広島は無死満塁から森笠が同点タイムリー。この後、荒木がタイムリーエラーでタナボタの勝ち越し点をゲットすると、川相不在の内野陣に不安を抱いた中日先発・山井の動揺をついて、負傷退場を余儀なくされた黒田に代わる代打・喜田がタイムリーを浴びせて、この回、3点。2点を追う中日は5回に李の犠飛で1点差。その後、再三のチャンスを逃したものの、土壇場9回、広島守護神・永川に対して、一死三塁から李のタイムリーでついに追いつき、延長に持ち込んだ。迎えた10回、中日は二死一、二塁から代打・新井のタイムリーで勝ち越しに成功。その裏は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切った中日は3連勝で首位に返り咲いた。

◆T4−3S◆
ヤクルト先発・石井一に対して、阪神は2回に桜井,関本のタイムリー等で3点を先制。阪神先発・杉山は4回まで死球を1つ出しただけのノーヒットピッチングを展開していたが、5回、リグスに初安打となる二塁打を許してからおかしくなり、一死満塁から代打・真中のタイムリー内野安打で1点を返されると、二死後、田中浩には同点2点タイムリーを浴びて、この回限りでKO。追いつかれた阪神は6回、先頭のシーツが四球で歩くも、キュラソ星人が最悪のゲッツー。チャンスは潰えたかと思いきや、ここで林が三塁打を浴びせると、桜井が歩いた後、矢野がセンター前へ弾き返して、勝ち越しに成功。既に、6回からマウンドに上がっていた久保田が7回もきっちり抑えると、8回からはウィリアムス,9回からは藤川と繋ぐ2週間ぶりのJFK揃い踏みで1点のリードを守りきった。ヤクルトは3試合連続の1点差負け。

◆H5−3Bs◆
水島の呪いがセ・リーグに傾いている間にすっかり調子を取り戻したソフトバンク打線はこの日も初回から松中のタイムリーで早々と先取点をゲットすると、二死満塁となった所で好調・ブキャナンが走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、この回、4点。続く2回にはハマのスペランカーがタイムリー二塁打を浴びせて、5点目を追加。しかし、3回は二死満塁のチャンスを潰し、4回は二死からヒットで出た小久保が盗塁死とまずい攻めで追加点を奪えない。そうこうしているうちに偽バファローズはソフトバンク先発・和田を捉え始め、5回に大西,6回にはアレンのタイムリーで1点ずつ返すと、8回にはラロッカが22号ソロを叩き込み、2点差。更に、二死後、北川がヒットを放ち、和田をKO。しかし、満を持して登場の守護神・馬原がアレンを打ち取り、ここを切り抜けると、9回は3人でピシャリと締めた。これでソフトバンクは7連勝で日本ハムと並ぶ首位タイに浮上。和田は入団以来5年連続の2桁勝利となった。敗れた偽バファローズはまたも最下位へ逆戻り。

◆L2−0F◆
グリン,岸の投げ合いで序盤は両軍ゼロ行進。0−0で迎えた4回、西武は一死からベンちゃんが二塁打で出ると、続く栗山のレフト前ヒットで先制のホームイン。岸は4回までパーフェクトの快投。5回に初安打を浴びても、リズムを崩す事なく、日本ハム打線を手玉に取り、1点のリードを守り抜く。何とか岸を楽にしたい西武は8回、この回から代わった2番手・江尻から先頭の礒?がセンター前ヒットで出塁すると、二死後、中島にタイムリー二塁打が飛び出し、貴重な2点目を追加。岸は9回も無難に締め、2度目の完封で7勝目をマークした。グリンは7回1失点10三振を奪う力投を見せたが、打線に見殺しに遭い、3連敗となった。

◆M7−11E◆
先発に固執して、偽バファローズを飛び出し、ロッテに来たはいいものの、一向に先発として通用する気配の見えない吉井がこの日も序盤から乱調。初回にショートのタイムリーで早々と先制点を献上すると、3回には一死満塁から礒部に2点タイムリーを許し、続く4回も草野,嶋,渡辺直と3連打で1点を失った所であえなくKO。2番手・ゴーグルも悪の温床・楽天打線を止められず、鉄平,山崎武と連続タイムリー二塁打を浴び、この回、4失点。5回にも高須にタイムリーを許し、8点目を献上。ロッテは中盤、反撃を見せ、3点差まで追い上げたが、8回にショートのタイムリー等で突き放され、試合を決定付けられた。悪の温床・楽天は16安打11点の猛攻で最下位脱出に成功。先発・岩隈は6回3失点で5月4日以来となる2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(72)2007 プロ野球 

July 30, 2007

 いきなりマッスル千代の富士に被弾した里中は図々しくも2度目の9連続三振を狙っていたらしく、不用意な一投を後悔しながらも、青木,ガッツ,キュラソ星人をナレーションだけで片付ける。続く2回、全パ4番の山田が打席に迎えると、藤川は「今まで対戦した打者で山田さんがNo.1だ」などと、またまた山田礼賛発言を強いられてしまう。一方、全セのブルペンでは3回から登板予定のハマのチンピラが、藤川に9連続三振に気配があるからと一向に準備を始めようとしないのを見て、中井美穂の旦那が激昂。3回も投げさせたら岡田監督に怒られるし、連続三振が出来ようが出来まいが藤川のノルマは2回だと、ハマのチンピラに投げ込みを命じるのだった。さて、山田だが、藤川の速球に手も足も出ず、簡単に追い込まれる。これを見ていたストーカー女は山田でも打てそうにないと味方がやられているにも拘わらず、喜色満面。劇団ひちょりは「ああ、殿馬以外打てませんよ」と調子を合わせてやるのだが、これを冗談だと思わず、真に受けるストーカー女にどん引き。結局、山田は三球三振に倒れると、山崎武,微笑もあえなく三振に倒れて、6連続三振。調子ぶっこき続けるストーカー女は自分と坂田は問題なく三振だから、殿馬がキーマンになる…と、山崎武にそれ見た事かと言わんばかりの口調で言ってのけるのだった。チームメイトである坂田への信頼感など、この女には微塵もないらしい。落合監督は「藤川は阪神の宝だから…」などどいかにも3イニング投げさせる事は申し訳ない…と言った態度で岡田監督を煽り、続投許可の言質を取る狡猾さを見せ、かくして藤川の続投が決定する。全セは2回も凡退するシーンすらハショられる有様で3人で打ち取られ、3回表に突入。点で打つアッパースイングの坂田に藤川の速球は相性最悪だとダベリ始める全パベンチだが、礒部や松中,川崎ら左の代打は山程いても、スタメンのプライドを傷つけて1打席目から代打を送る事は出来ないと分析する山田。一方で坂田の意外性はこの場面では面白いと期待を寄せるのだが…。

 山田がいとも簡単に三振に取られた理由は1つしか考えられない。藤川のストレートを完全にヤマの対象から外していたからだ。でなければ、ヤマさえ当たれば、9割方スタンドへ放り込む化け物・山田が同じ球を3つも空振りする訳がない。どうやら悪の温床・楽天戦で、1球も来なければ三振してもいい覚悟でスライダー1本に絞って田中から一発放った事に味をしめたと思われるが、オールスターにおいて、それは深読みし過ぎだろう。山崎武は予想通り、1コマで三振。泣けてくる…。微笑も「にっこり笑って…空振り三振」と相変わらず無体な扱い。泣けてくる…。凡退シーンすら描かれない全セ野手陣の酷い扱いも勿論、泣けてくる…。ストーカー女は相変わらず、殿馬至上主義を隠れ蓑にした自己中心主義でひたすら鬱陶しいわ、サチ子も内野席だと言うのに一人で大騒ぎして(岩鬼曰く「ぎゃあぎゃあうるさい」。まったくその通り)ひたすら鬱陶しいわ、ストレスばかりが溜まる漫画だな…。また、いつもの東京ブルペンのごとく、すっかり井戸端会議と化している全セのブルペンだが、メガネをかけているから分かる中井美穂の旦那,ヒゲが生えているから分かる下柳はともかく、ハマのチンピラと上原の似てない事と言ってらもう…。ハマのチンピラはとりあえずリーゼントでも目立たせておけば良さそうなのだが、帽子にすっかり隠れてしまっている為、名前や背番号が出てこなければ何者なのかさっぱり分からない。かつて岩鬼にシメられまくった時の上原は思いっきり悪人ヅラだったのに、今やその面影の欠片もない、人の良さそうなタレ目団子っ鼻の脇役顔に…。何で同じ人間なのにこうも違う顔になってしまうのか不思議で仕方がないよ。不知火が藤川タイプとか訳の分からない事を言っていたが、どちらかと言えば、土門の方が藤川タイプな気がするのだがなぁ…。さて、坂田は思わせぶりな引きをしても三振だろう。ストーカー女の読みは確かに正しいと思うのだが、ああいう事を喜々として味方に言いふらしまくるのは失礼極まりないね。ああいう言動が許されるのは岩鬼だけだろう。藤川の連続三振がストーカー女への頭部死球で止まったりした日にゃ、水島氏の評価は鰻登りなのだが…。世の中は広いもんで、「ストーカー女萌え〜」なんて人もどこかにいるんだろうか…。あな恐ろしや…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:05コメント(2)トラックバック(0)2007 ドカベン 

July 29, 2007

 桑田がフィリーズ戦で15度目の登板。5−4と1点リードしているとは言え、5回無死満塁と言う大ピンチでマウンドに上がった桑田はホワイトソックスから移籍してきたばかりの井口といきなり初対戦。。「あの場面は外野フライでいい。気持ち良く打席に入った」と言う井口はカウント1−0からの2球目、センターへの同点犠飛を打ち上げら、最低限の仕事を果たした。桑田は続くコステに勝ち越しとなる3ランを被弾すると、二死後、ヒットと四球でピンチを迎えた所でロリンズには走者一掃のタイムリー三塁打を浴びて、この回、大量6点を献上。それでも続く6回には先頭打者を出しながら、2度目の対決となった井口をセカンドゴロゲッツーに仕留めるなど、無失点で切り抜けた。2回で3三振1併殺を奪ったものの、4安打3四球3失点と言う不本意な内容だった。

こぼれ落ちた一球―桑田真澄、明日へのダイビング

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:52コメント(0)トラックバック(0)桑田真澄 

◆G9−0C◆
1勝1敗出迎えた第3戦、巨人が初回から怒濤の猛攻を見せた。いきなり先頭のマッスル千代の富士の二塁打を浴びせると、一死後、ニックンがレフト前に弾き返して、一、三塁となった所でガッツが23号先制3ラン。更に、李がヒットで続いた所で今度は阿部が21号2ランを叩き込み、大量5点のビッグイニングを形成。早くも主導権を握った巨人はこの後も3回にニックンが12号ソロ,5回にマッスル千代の富士が24号ソロ,そして、6回には李の19号ソロに続いて、阿部がこの日2本目となる22号ソロと、得意の一発攻勢で着々と加点。先発の福田は阿部に「怪投」と称される荒れ球が逆に奏功し、8回一死まで無失点投球。この後、野口−西村と繋いで完封リレーを達成し、この3連戦勝ち越しを決めた。

◆S1−2D◆
初回、李のタイムリーで先取点を奪った中日だが、その裏、すかさず寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打で追いつかれてしまう。しかし、直後の2回、堂上剛が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチを叩き込み、再び勝ち越し。立ち上がりから制球が定まらない中日先発・中田に対して、ヤクルトは4回二死満塁と一打逆転のチャンスを掴むも、代打・真中が空振り三振に倒れて、三者残塁。6回表の攻撃が終わった所で激しい雷雨に見舞われ、試合は中断。結局、雨は弱まる気配がなく、コールドゲームとなり、中日が勝ち逃げに成功。中田は5回投げただけだが、1失点完投でまんまと8勝目を手にした。

◆T9−4YB◆
前回、腰の痛みを訴え、序盤で降板した太陽の子エステバン・ジャンが中4日で登板。初回はエラーに2四死球で満塁,2回は振り逃げを許すなど、一、三塁のピンチを背負うバタバタとした投球ながらも、無失点で切り抜けていたが、3回、メカゴジラに8号ソロを浴び、ついに先制点を献上。しかし、その裏、横浜先発ルーキー・高崎に対して、阪神は一死満塁からシーツの走者一掃タイムリー二塁打で一気に逆転。5回に内野ゴロの間に1点差と詰め寄られるも、その裏、鳥谷,シャア少佐の連続タイムリーで3点差と突き放す。そして、続く6回には関本,鳥谷がいずれも2ランを叩き込み、ダメ押しの4点を追加。横浜は9回に無死満塁とするも、内野ゴロ2つで2点を返すのが精一杯だった。ジャンは5回降板ながら、打線の援護に助けられ、6勝目を飾った。

◆H4−3L◆
西武の大遅刻により、中止になった杉内−涌井の最多勝対決が2日後にスライドされて実現。福岡ドームを苦手とする涌井に対して、ソフトバンクは初回、川崎の2号ソロで先制すると、4回には2四球と内野安打で掴んだ無死満塁のチャンスにブキャナンがタイムリーを浴びせて、2点を追加。杉内は4回までパーフェクトの快投を見せていたが、5回、G.G.佐藤,ベンちゃんと連打を浴びて、無死一、二塁のピンチ。ここから中村,江藤と連続三振に斬って取るも、続く細川にレフトスタンドへ放り込まれて、一気に振り出しに。その後、両投手の投げ合いが続き、3−3の儘、試合は土壇場9回に突入。西武が杉内の前に三者凡退に斬ってとられたのに対し、その裏、ソフトバンクは2安打1四球で一死満塁の大チャンス。ここで大村は3打席連続の三振に倒れるも、続く川崎がライト前に弾き返して、劇的なサヨナラ勝ちで6連勝。杉内は完投で涌井に並ぶハーラートップタイの13勝目。

◆F4−3M◆
2回に鶴岡のタイムリーで先制されたロッテは3回、先頭の今江がライトスタンドへ同点5号ソロを叩き込む。しかし、その裏、日本ハムは劇団ひちょり,田中賢,稲葉の3連打で2点を勝ち越し。4回に併殺崩れの間に1点を失うも、その裏、またも田中賢にタイムリーが飛び出して、突き放す。2点を追うロッテは直後の5回、今江,TSUYOSHIの連打の後、早川が送ると、里崎のショートゴロの間に今江が返って1点差。しかし、7回一死二塁のチャンスは武田久に封じられると,8回には一死満塁と絶好の場面を作りながら、守護神・MICHEALに断ち切られてしまう。MICHEALは9回も3人でピシャリと締めて、1点差を守りきり、21セーブ目。

◆Bs4−2E◆
最下位攻防戦第3ラウンドは偽バファローズが初回から先手を取った。ヒットの平野恵が村松の犠打とグスマンの暴投で三進すると、ラロッカのサードゴロの間に先制のホームイン。4回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの31号ソロで2点目を追加。先発・岸田は5回まで散発2安打無失点の好投を展開。6回に高須のタイムリー二塁打で1点を返されるも、その裏、偽バファローズは無死満塁として、悪の温床・楽天先発・グスマンをKOすると、代わった山村から北川のゲッツーの間に1点。更に、アレンのタイムリーで貴重な4点目を追加。土壇場9回、相変わらず、不安定な守護神・加藤大は山崎武に35号ソロを叩き込まれた上、一発で同点のピンチを作ったものの、辛くも逃げ切り、14セーブ目。これで偽バファローズは一夜で最下位脱出に成功した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:20コメント(0)トラックバック(94)2007 プロ野球 

「親父……、親父が打たせてくれたホームランだぜ!」

 吾郎の渾身のストレートをJr.が渾身のフルスイングでジャストミート。バットは粉々に砕かれて、思わず「勝った」と口走りかけた寿也だが、打球は鈴木コジローが見上げるライトポールを直撃。劇的なサヨナラ満塁弾となり、W杯はアメリカの優勝で幕を閉じる事となった。打たれて激しい雄叫びをあげる吾郎。スコアボードにはこの日最速となる102マイル(約164km)が表示されていた。

 今回は殆ど台詞もなく、Jr.の一発で歓喜に湧くアメリカ,絶望する日本が描かれただけなので、あらすじの紹介はこの程度。先週の予想通り、Jr.のサヨナラ満塁弾で終わった訳だが、もう完全にギブソン親子の流れで、日本が勝ったら却ってシラける展開と化していた以上、この結末は避けようもなかったと言っていいだろう。正に、Jr.が打ったと言うより、ギブソンが打たせた一発。今になってみると、ギブソンの心臓病が発覚した段階でこうなる事は決まっていたのだ…と思えて仕方なく、何だか吾郎が不憫になってくる。それと、ここで一発打たせるくらいなら、吾郎を突然バテさせてノーアウト満塁の状況をお膳立てする必要はなかった様に思う。Jr.を抑えた所で日本の勝ちが決まる訳でもないし、もうこのイニング、日本には希望の光が何一つ見えて来なかった。表の攻撃で、寿也の殺人バットがギブソンを直撃した際、日本が勝ち越しを決め、その裏、二死二塁でJr.とかにしておけば、盛り上がった気がするのだがなぁ…。もしかして、まだ次のシリーズがあったりする? 何だかんだで吾郎はまだメジャーリーガーにはなってないしなぁ…。とは言え、ジャイロフォークがあり、精密なコントロールがあり、102マイルまで出しちまった吾郎を使って今シリーズを越えるシチュエーションを作り出すのはなかなか厳しい訳で蛇足になりかねない訳だが…。で、結局、沢村の伏線はどうなっちゃったの?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 10:01コメント(1)トラックバック(0)2007 MAJOR 

July 28, 2007

◆G2−5C◆
右膝痛で開幕からリハビリモードだったパウエルがようやく今季初登板初先発。毎回ピンチを背負いながらも、序盤は0点で凌いでいたが、4回、二死二塁から喜田にタイムリーを許して、ついに先制点を献上。続く5回にも二死一、二塁から森笠に走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、点差は3点と拡大。パウエルはこの回限りで降板となった。完全に主導権を握った広島は8回には森笠が2号ソロ。9回にもゲッツー崩れの間にダメ押しの5点目を追加。2回二死満塁,4回二死一、二塁と前半のチャンスを生かしきれなかった巨人は終盤2点を返し、永川を引っ張り出すのが精一杯で連勝は3でストップ。

◆S4−5D◆
ヤクルトは初回、ガイエルの2試合連続21号2ランで先制すると、3回には一死満塁からリグスがタイムリー二塁打を放ち、2点を追加。この日も3回まで5残塁と怒濤の拙攻三昧を繰り広げていた中日だが、4回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに谷繁が4号2ランを叩き込み、ようやく2点。6回にも内野ゴロの間に1点を加え、1点差。そして、7回、2四球で貰ったタナボタのチャンスに森野,中村紀と連続タイムリーを浴びせて、ついに逆転。土壇場9回、二死満塁と絶好のチャンスを逃し、重い空気の中、不振の守護神・岩瀬が登場。岩瀬はいきなり先頭の宮本に痛打されると、代走・飯原に二盗を許し、無死二塁の大ピンチ。しかし、ここで宮出が三塁側ではなく一塁側にバントしてしまい、飯原は三塁で憤死。今度は代走・三木が二盗を決めて、再び得点圏に走者を進めたが、岩瀬は福川,代打・度会と辛くも退け、中日は後半戦初勝利で連敗を4で止めた。

◆T2−7YB◆
連勝街道を驀進中の阪神はこの日も初回からキュラソ星人,林の連続タイムリーで2点を先制。しかし、直後の2回、先発・岩田が連続暴投でピンチを作り、内野ゴロの間に1点を献上。その裏、一死満塁のチャンスを作った阪神だが、シャア少佐,シーツと倒れて、三者残塁。迎えた5回、岩田は簡単に二死を取り、プロ初勝利の権利獲得まで目前にしながら、ここから2安打1四球で満塁とすると、メカゴジラには痛恨の押し出し四球を与えて、同点としてしまい、無念のKO。更に、代わった渡辺も全く制球が定まらず、吉村,代打・鈴木なおのりと連続押し出しを与えた上、相川にはタイムリーを浴びて、この回、悪夢の4失点。横浜は終盤にも加点し、ダメ押し。阪神は13残塁の拙攻が響き、チームの7試合連続セーブの日本記録がかかる藤川に繋げず、6連勝でストップ

◆H9−5L◆
昨夜、西武の大遅刻により、試合中止を余儀なくされ、億単位の損害を被った事で怒り心頭のソフトバンク打線が爆発。初回、松中のタイムリー二塁打の後、小久保が22号2ランを叩き込み、3点を先制すると、2回にはブキャナンが9号ソロ。細川の一発で1点を返された3回には柴原,ブキャナン,本多の3連続タイムリー等で一挙4点をあげると、5回にはまたもブキャナンが2打席連続の10号ソロを放ち、試合を決定付ける9点目。西武は9回から登板のスタンドリッジから3点を返す粘りを見せたものの、序盤の大量失点が大きく響き及ばなかった。ソフトバンクはこれで5連勝となり、首位・日本ハムへ1差と肉迫。先発・ガトームソンは8回を2失点で4勝目をマークした。

◆F2−6M◆
ロッテは初回、TSUYOSHI,角中が連打を浴びせ、一、三塁とした所でフクーラの内野ゴロの間にTSUYOSHIが先制のホームイン。この後、陽のエラーでチャンスを広げると、オーティズが犠飛を打ち上げ、2点目。更に、ベニー松山,里崎と連打を放ち、この回、3点。3回にはフクーラ,サブローの連打の後、オーティズがレフトスタンドへ3号3ランを叩き込み、日本ハム先発・伊集院光の弟子・金村を早々とKO。投げては防御率1位を驀進中の先発・成瀬が6回まで無失点の好投を展開。日本ハムは7回に陽のタイムリー二塁打でようやく2点を返したものの、8回表の攻撃が終わった所で降雨コールドとなった。ロッテの連敗は3でストップ。成瀬は7回2失点完投で9勝目を飾った。

◆Bs3−4E◆
再び舞い戻ってしまった指定席・最下位から脱出したい悪の温床・楽天は2回に礒部の4号ソロ,4回には山崎武の34号ソロと一発攻勢で2点のリード。しかし、その裏、偽バファローズは北川の8号ソロで反撃の狼煙を上げると、大引のタイムリーで同点。更に、平野恵のスクイズで勝ち越しに成功。1点を追う悪の温床・楽天は6回、またも礒部が同点タイムリーを放ち、偽バファローズ先発・カーターをKO。続く7回には山崎武にタイムリーが飛び出して、再び勝ち越し。偽バファローズは7,8回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず。9回は小山の前に3人で仕留められ、一夜で最下位に転落。悪の温床・楽天先発・田中は7回3失点で8勝目をあげた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 16:38コメント(0)トラックバック(51)2007 プロ野球 

July 27, 2007

◆G3−0C◆
昨夜、先頭打者アーチの日本記録を達成し、この日も期待がかかったマッスル千代の富士だが、広島先発・長谷川の前にレフトフライに打ち取られ、3戦連続はならず。しかし、続く松田記者が左中間突破の二塁打を浴びせると、ニックンがバックスクリーン右へ10号2ランを叩き込み、2点を先制。これで充電してあったインケツパワーを解放してしまったニックンは3,5回と松田記者がいずれもヒットで出たにも拘わらず、悉く三振に倒れるインケツぶりを遺憾なく発揮。2回以降、全く追加点を奪える気配のない中、巨人先発・内海は5回二死までノーヒットと言う素晴らしいピッチングで広島打線に付け入る隙を与えない。2−0の儘、迎えた7回、不要発言をかましたナベツネに怒り心頭のホリンズが9号ソロを叩き込み、貴重な1点を追加。観戦に来ていたナベツネはこれを見て、「激励したから打ったんだ。放っておいたら駄目。効き目があった」などと恒例のイカレ発言をかまし、報道陣を呆れさせたのは言うまでもない。8回一死からニックンは二塁打を放ちながら、李のヒットで迂闊にも三本間に挟まれて憤死とまたまたまたインケツぶりを発揮。しかし、ダメ押し点などこの日の内海には必要なく、9回も無難に締めて、今季初完封で9勝目。巨人は3連勝でリーグ一番乗りとなる50勝目をあげ、首位をがっちりキープした。長谷川は7回を8三振3失点と先発の役目は果たしたが、見殺しに遭い、広島の連勝は3でストップ。

◆S11−4D◆
復帰2度目の登板となる川島に対して、中日は初回二死一、二塁のチャンスを逃すと、2回も先頭の中村紀がヒットで出るもピンキー井上がゲッツーを食らうなど、序盤から怒濤の拙攻三昧。川相不在を痛感し、落胆の色を隠せない中日先発・朝倉に対して、ヤクルトはその裏、一死二、三塁から投手の川島が自らを助ける2点タイムリーを放ち、先制。3回には19号ソロを放ったガイエルは5回にも2打席連続の20号2ランを叩き込み、5点目。中日は6回に代打・堂上剛がプロ初安打となる二塁打を放つと、井端が内野安打で続いたが、ここで荒木がゲッツーに倒れる最悪の展開。またもチャンス潰えたか…と思いきや、李のヒットでようやく1点を返したが、T.ウッズは倒れて、1点止まり。すると、その裏、ヤクルトは青木に17号2ランが飛び出して、7点目。直後の7回、中日は2つの四球で貰ったチャンスに守備で残っていた堂上剛が今度はプロ初打点となる走者一掃のタイムリー三塁打。更に、井端もタイムリーで続いて、3点差。続く8回には二死一、二塁と一発で同点のチャンスを作ったが、代打・立浪は空振り三振に倒れて、二者残塁。ピンチを切り抜けたヤクルトはその裏、寿司職人ラミレス,リグスのタイムリーで4点を加え、試合を決定付けた。4併殺を食らうなど、拙攻三昧の中日はこれで4連敗。

◆T5−2YB◆
ここまで31回連続無失点のハマのチンピラはこの日も3回まで1安打無失点の好投を見せ、平松政次の持っていた33回1/3連続無失点の球団記録を更新。更に、4回もゼロに抑えたが、5回、二死満塁の大ピンチ。勝負所と睨んだ岡田監督は坂に代えて、早くも代打・矢野を起用すると、これがズバリ的中。矢野はライト前へ会心の2点タイムリーを放ち、ハマのチンピラの無失点記録は35回2/3でストップ。これで流れを掴んだ阪神は6回にはキュラソ星人の2試合連続23号ソロを皮切りに5連打で3点を奪い、ハマのチンピラをKO。投げてはルーキー・上園がハマのチンピラと堂々と渡り合い、5回を無失点の好投。2番手・ダーウィンは7回に吉村に14号2ランを浴びたものの、8回からは久保田−藤川と繋ぐ必勝リレーが炸裂。阪神は6連勝で約3ヶ月ぶりの貯金1となった。

◆H−L◆
西武ナインが搭乗予定の福岡行きの飛行機に機材故障のトラブルが発生し、到着時刻が大幅に遅れる見込みとなった為、15時15分の段階で試合中止が決定した。

◆Bs7−5E◆
謎の新助っ人・バスに対して、初回に北川のタイムリーで先制した偽バファローズは3回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの4試合連続の29号3ランを叩き込み、バスはあえなくKO。4回にショートのタイムリーで1点を返されるも、その裏、3ヶ月半ぶりの登板となる一場に対して、ラロッカの21号2ランに続いて、ローズが2打席連続で大台に到達する30号ソロをバックスクリーンへ叩き込み、3点を追加。6点を追う悪の温床・楽天は7回にフェルナンデスの12号2ラン、9回も抑えの加藤大から2点を返して、粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。これで悪の温床・楽天は偽バファローズと入れ替わりで、ついに指定席・最下位へ戻ってきてしまった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(0)トラックバック(60)2007 プロ野球 

 3試合連続失点でマイナー降格の噂も囁かれている桑田がメッツ戦で3番手として登板。背水の陣での連投を命じられた桑田は3点ビハインドの5回と言うまたまた負けている場面でマウンドとなったが、先頭の4番・デルガドをショートゴロ,5番・ロデューカをサードゴロとクリーンアップを次々と打ち取り、二死。続くアンダーソンは四球で歩かせ、二盗も許してしまったが、イーズリーをセンターフライに仕留めて、ピンチ脱出。1回を無安打1四球、4試合ぶりの無失点投球で何とか踏み留まった。メッツの先発はこの日で300勝にリーチをかけたグラビン。桑田は「グラビンには特別な思いがある。同じマウンドで投げられて楽しかった」と感慨にふけり、結果を残せた事もあって明るい表情を見せた。

投手・桑田真澄の青春

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 12:30コメント(0)トラックバック(0)桑田真澄 

July 26, 2007

◆G4−2YB◆
「ホワイト」とすると、ソフトバンクからクレームが来るかもしれないと恐れたのか、登録名をフルネームにされた謎の新助っ人・マットホワイトが来日初登板初先発。これに対して巨人は初回、マッスル千代の富士が2試合連続、日本新記録となるシーズン9本目の先頭打者アーチを放ち、1点を先制。巨人先発・春風亭半ケツは初回から二死満塁とされるなど、再三再四ピンチを迎えながら、あと1本を許さない粘りの投球を展開。何とか春風亭半ケツを楽にしたい巨人も4回に無死一、三塁のチャンスを逃すなど攻めあぐねていたが、5回にホリンズ,キムタクの連続二塁打で2点目を追加。更に、春風亭半ケツが歩いて一、二塁となったものの、マッスル千代の富士の痛烈なライナーはセカンド正面に飛び、飛び出したキムタクが刺されてゲッツーとなるハードラック。これでガックリきたか、春風亭半ケツは直後の6回、村田,メカゴジラと連続アーチを叩き込まれて、一瞬で試合は振り出しに。しかし、その裏、巨人は二死一、三塁から阿部,ホリンズの連続タイムリーで2点を勝ち越し。巨人は8回からは豊田,9回からは上原と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、6カードぶりの勝ち越しで首位に返り咲いた。春風亭半ケツは自己新でハーラー単独トップに立つ11勝目をマークした。

◆D2−3T◆
ボーグルソン,人斬り抜刀斎の両先発が3回をノーヒットと静かな立ち上がりとなったこの試合。中日は4,5回とヒットが出るも、いずれもゲッツーで殺してしまう拙攻三昧だったが、6回、先頭の李が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにライトスタンドへ4号ソロを叩き込み、ついに均衡を破る先制点をゲット。しかし、直後の7回、阪神はシーツがヒットで出ると、キュラソ星人が22号2ランをぶち込んで、一気に逆転。更に、続く林が三塁打を放つと、一死後、矢野が犠飛を打ち上げ、この回、3点。2点を追う中日は8回、この回から代わった3番手・久保田を攻め立て、李,谷繁,代打・立浪の3連打で1点差。更に、井端が歩いて無死満塁となるも、荒木,ピンキー井上と倒れて二死。ここで4番・T.ウッズの打席を迎えると、阪神は守護神・藤川にスイッチ。藤川の前にT.ウッズは空振り三振に倒れて、結局、三者残塁。藤川は9回も三者凡退に斬って取り、阪神は5割復帰。屈辱の3タテを食らった中日は首位陥落となってしまった。

◆S4−6C◆
4連敗で最下位転落の危機に迫られているヤクルトだが、この日は初回から打線が爆発。寿司職人ラミレス,ガイエルの連続タイムリーの後、宮本に4号2ランが飛び出して、いきなり4点を先制。一方、広島は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、2回にルパン広瀬のタイムリーで1点を返し、なおも一死満塁のチャンスとするも、ここで投手の青木高に回ってしまった上、青木高はショートゴロゲッツーに倒れる最悪の結果に終わり、1点止まり。4回のチャンスも逸してしまった広島だが、6回にオチョアの4号ソロで2点差。4回から登板の2番・宮崎が3回を無失点に抑える好リリーフを見せると、7回、その宮崎の代打・森笠のヒット等でチャンスを作り、代打で登場した求道者・前田のタイムリーで1点差。更に、新井にもタイムリー内野安打が飛び出して、ついに同点。4−4で迎えた土壇場9回、広島は栗原のタイムリー二塁打で勝ち越すと、更に、嶋の犠飛でこの回、2点。その裏は守護神・永川がピシャリと締めて、広島は5月17日以来の3連勝を飾った。

◆H4−3M◆
水島の呪いがセ・リーグに向いている隙に調子を上げてきたソフトバンクは初回無死一塁,2回無死二、三塁のチャンスを悉く逃し、嫌なムードが漂ったが、3回、二死三塁から松中,小久保,柴原の3連続タイムリーが飛び出して、3点を先制。今季初登板初先発となる西山は4回まで無失点の好投を見せていたが、5回にベニー松山の被弾すると、6回にピンチを迎えた所でKO。ここは何とか凌いだものの、続く7回、二死満塁から角中に2点タイムリーを浴びて、試合は振り出しに。土壇場9回、ソフトバンクは負けられないとばかりに同点ながらも守護神・馬原を早くも投入すると、馬原は期待に応えて3人でピシャリ。その裏、依然として投げ続けるロッテ先発・小林宏に対して、先頭の小久保が四球を選ぶと、柴原が送って一死二塁。ここで代打・本間がレフト前へ弾き返し、小久保がサヨナラのホームイン。これでソフトバンクは4連勝。馬原は今季初白星をゲットした。

◆Bs5−4F◆
0−0で迎えた4回、偽バファローズは牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの3試合連続28号ソロで1点を先制。直後の5回、日本ハムは金子誠のタイムリーで同点とするも、その裏、金子誠が痛恨のタイムリーエラーを犯して、勝ち越し点を献上。再び1点を追う事となった日本ハムは6回、一死二塁から稲葉が11号2ランを叩き込み、逆転に成功。偽バファローズは7回、ヒットの大引を日高が送ると、平野恵がタイムリー二塁打を浴びせて、またも同点。日本ハム先発・ダルビッシュはこの回限りで降板となった。そして、土壇場9回裏、偽バファローズは一死から大引が内野安打で出ると、続く日高がタイムリー二塁打を浴びせて、劇的なサヨナラ勝ち。3番手の菊地原が3勝目をマークした。

◆L3−1E◆
悪の温床・楽天は、西武先発・宮越が3四死球を出す乱調でただで満塁のチャンスを貰いながら、吉岡がライトフライに倒れて三者残塁。一方、西武もその裏、二死満塁とするも、こちらも高山が三振に倒れて三者残塁。しかし、続く2回、片岡のタイムリーで1点を先制。4回に山崎武の33号ソロで追いつかれるも、その裏、すかさず、福地のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。その後、しばらく硬直状態となったが、8回裏、西武は先頭のG.G.佐藤がヒットで出ると、ここからナベコーが連続エラーで自らの首を絞め、無死満塁。すると、一死後、細川が犠飛を打ち上げ、貴重な3点目をゲット。9回はグラマンが締めて、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:10コメント(2)トラックバック(92)2007 プロ野球 

July 25, 2007

◆G13−7YB◆
負ければ3位転落となる巨人は初回、いきなり金城の2試合連続8号2ランで先制されたが、その裏、マッスル千代の富士が史上1位タイとなるシーズン8本目の先頭打者アーチを浴びせると、一死三塁からガッツが22号2ランを叩き込み、一気に逆転。1点ずつ取り合って迎えた4回裏にはマッスル千代の富士がこの日2本目となる23号ソロを放ち、横浜先発・はーちゅんはこの回限りでKO。一方、序盤は不安定だった巨人先発・木佐貫は尻上がりに調子を上げていき、中盤は追加点を許さない踏ん張りを見せる。巨人は7回、二死満塁のチャンスを掴むと、矢野が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を追加。8回も李の18号3ラン等で5点を奪い、ダメ押し。最後の最後に3番手・林が吉村に13号2ラン,野中に6年目のプロ初アーチとなる2ランと2発被弾し、4点を失うケチがついたものの、巨人の連敗は3でストップした。

◆D6−8T◆
下柳,山本昌の両ベテランの投げ合いとなったこの試合は壮絶な打撃戦となった。まず阪神が初回、二死一、二塁から3連続タイムリーを浴びせて、3点を先制すれば、その裏、中日も5本の単打を集中させた上、林のタイムリーエラーも飛び出して、4点を奪い、逆転に成功。1点を追う阪神は4回、一死満塁として、山本昌をKO。ここでエラーの汚名返上とばかりに林が同点タイムリーを放つと、桜井が犠飛を打ち上げ、勝ち越しに成功。しかし、その裏、中日も荒木のタイムリーで同点。5回に阪神がシャア少佐のタイムリーで勝ち越せば、その裏、中日はT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに26号ソロを叩き込み、またまた同点とし、下柳もこの回限りでKOとなった。6−6の儘、迎えた8回、3イニング目となる中日4番手・クルスが突如、制球を乱し、3四球で一死満塁。ここで藤本がセンター前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越し。9回にも林のタイムリー二塁打で1点を加えた阪神は最後は藤川が3人で締めて、ゲームセット。これで中日と巨人とのゲーム差は0となった。

◆S4−6C◆
広島は昨日に続いて、栗原が初回に先制アーチを放ち、2点をゲット。2回にも1点を追加すると、3回にはまたも栗原が2打席連続の16号ソロを放り込み、4点目。広島先発・大竹は5回まで散発1安打と素晴らしい投球を見せていたが、6回、内野安打と四球でピンチを作ると、伏兵・田中浩にレフトスタンドへ放り込まれて、一気に1点差。直後の7回、代打・嶋の9号ソロで突き放されるも、ヤクルトは8回、またも田中浩が犠飛を打ち上げて、再び1点差に詰め寄るも、9回に宮本のよもやのエラーで致命的な1点を献上。永川が締めて、逃げ切った広島は後半戦連勝スタートと上々の滑り出しを見せた。敗れたヤクルトは4連敗。

◆H10−3M◆
水島の呪いがセ・リーグに向いているうちに調子を上げていきたいソフトバンク。先発・和田が2回に竹原に先制3号2ランを被弾するも、その裏、小久保の21号ソロですかさず応戦。3回にはハマのスペランカー,松中の連続タイムリーで逆転すれば、続く4回にはブキャナン,本多の連続タイムリーで2点を追加。ソフトバンクは6回にも3点をあげれば,7回には大竹,川崎の連続タイムリーで試合を決定付ける10点目。和田は6回途中で早々と降板したが、打線とリリーフの援護を仰いで、9勝目。先発全員の16安打で3連勝となったソフトバンクはロッテと入れ替わりで2位に浮上した。

◆Bs2−4F◆
日本ハムは初回、偽バファローズ先発・デイビーの制球難をつき、二死満塁から工藤のタイムリー内野安打で2点を先制。その裏、ローズのタイムリー二塁打で1点を返されるも、3回にはまたも工藤がタイムリーを放ち、突き放す。1点を追う偽バファローズは牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが2試合連続の27号ソロを放ち、1点差。しかし、直後の8回、日本ハムは高橋のタイムリーでダメ押しの1点を追加。8回からは武田久,9回からはMICHEALと繋ぐ必勝リレーが決まり、50勝一番乗り。先発・武田勝は7回を散発3安打,11三振を奪う力投6勝目を飾った。

◆L4−7E◆
出戻り2戦目となる悪の温床・楽天先発・グスマンは初回こそ3人で打ち取ったものの、2回一死から3連続四死球で満塁のピンチを迎えると、中村,細川に連続タイムリーを浴び、更に、二死後、片岡のタイムリーで4点目を失った所であえなくKO。4点を追う悪の温床・楽天は4回、山崎武の32号ソロで反撃を開始。続く5回には渡辺直のタイムリーの後、鉄平に逆転9号3ランが飛び出して、西武先発・ジョンソンをKO。7回には渡辺直の2試合連続の2号ソロ、8回には嶋のスクイズでダメ押し。9回は昨夜サヨナラ負けを喫した福盛の故障による戦線離脱が決まった為、小山が締めて逃げ切りに成功。6回1/3を無失点に抑えるロングリリーフを見せた永井に4勝目がついた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:36コメント(1)トラックバック(71)2007 プロ野球 

 桑田がニューヨークでのメッツ戦で1週間ぶりの登板。6−2の4点ビハインドとまたまた負けている場面での4番手としてマウンドに上がった桑田。いきなり先頭のロデューカにレフト前へ痛打されると、グリーンはレフトフライに打ち取るも、続くミレッジに対して「調子は一番いいぐらいだったけど、あの球は抜けてしまった。あれは自分が打者でも打つと思った」と言う真ん中高めに甘く入った失投を叩かれ、レフトスタンドへ痛恨被弾。この後、アンダーソン,レイエスと後続は内野ゴロに仕留めて、1回を2安打2失点。「調子は今までで一番良かったくらい」と語る桑田だが、制球力で勝負する桑田にとって短いイニングでの失投は微塵も許されない事を痛感させられた。シーズン真っ最中だと言うのに開催されたチャリティーゴルフに呼ばれたり、初のオフでPNCパークを遊覧船で巡ったりするなどして、緊張感が緩んでしまった訳でもないだろうが、これで3試合連続の失点。試合後、ニューヨーク在住のPL同窓生約30人から激励を受け、「励みになりますね」と笑顔を見せた桑田。マイナー降格の危機に立たされていると言っても過言ではない状況だけに、何とか気持ちを切り替えて、巻き返しを図って貰いたいものだ。

投手・桑田真澄の青春

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 19:10コメント(1)トラックバック(0)桑田真澄 

July 24, 2007

カリメロ勝◆G4−8YB◆
下降線を辿る一方で、何とか巻き返しを図りたい巨人は後半戦開幕戦にルーキー・金刃を指名するも、いきなり先頭のガッツな貴公子・仁志にライト線への二塁打を浴びると、石井タクローの犠打の後、金城のサードゴロの間にあっさり先制点を献上。その裏、全球団からの白星を狙うカリメロに対して、巨人は再び1番に戻ったマッスル千代の富士がヒットを放つも、松田記者のファーストライナーで飛び出して、一瞬にしてゲッツー。2回には新4番・ガッツの二塁打等で一死一、二塁とするも、ホリンズ,キムタクと倒れて、二者残塁。4回にも2本のヒットで一死一、二塁するも、またも後続が続かない。毎回安打を浴びながらも、何とか踏ん張っていた金刃だが、5回一死からガッツな貴公子・仁志を歩かせた後、石井タクローのバント処理にガッツがもたつき、オールセーフ。更に、金城にラスト前へ弾き返され、満塁となった所で村田に手痛いグランドスラムを叩き込まれて、悪夢の4失点。大量5点を追いかける巨人は6回一死一塁から李に16号2ランが出て、ようやく2点を返すと、7回にも二死一、二塁と一発が出れば、一気に同点のチャンス。しかし、恐怖の残塁量産マシン・ニックンはサードへの凡ゴロに倒れて、二者残塁。続く8回、巨人は李が2打席連続の17号ソロ,阿部が20号ソロ連続アーチで1点差まで詰め寄ったが、追い上げムードに水を差す様に9回、姜が金城に3ランを被弾し、ダメを押された。打線の援護にも恵まれたカリメロは6回2失点で3勝目をあげ、消滅した近鉄を含む13球団からの白星を達成した。

◆D5−8T◆
球宴休みがあったとは言え、回復していよう筈もない半月板損傷を抱えながら、後半戦も強行出場の決意を固めたキュラソ星人が初回から先制タイムリー。しかし、2回、先発の太陽の子エステバン・ジャンが突如、制球を乱し、連続四球で無死一、二塁のピンチ。中村紀をゲッツーに仕留めたものの、ピンキー井上にショートへのタイムリー内野安打を許して、試合は振り出しに。続く3回には投手の山井に内野安打を許すと、荒木の犠打をジャンが痛恨のエラー。一死二、三塁となった所でジャンは腰に痛みを訴えて降板となった。この後、二死満塁となるも、森野をファーストゴロに打ち取り、何とかピンチ脱出…と思いきや、今度はシーツがタイムリーエラーをかまして、勝ち越し点を献上。1点を追う阪神は5回に矢野の一発で同点に追いつくも、6回、3番手・江草が捕まり、一死一、三塁から荒木,井端にタイムリーを浴びて、2失点。直後の7回、阪神は守備で途中出場の関本にタイムリーが飛び出して、1点差と詰め寄ると、続く8回には二死から四球で歩いたシーツをまたも矢野がタイムリー三塁打で返して、ついに同点。更に、続く藤本がタイムリー二塁打を浴びせて、一気に勝ち越し。その裏、T.ウッズのタイムリーで追いついた中日は土壇場9回、同点ながら守護神・岩瀬を投入するも、これが裏目。前半戦終了間際の大炎上から調子を崩しかけている岩瀬はいきなり先頭の鳥谷に痛打されると、シャア少佐に犠打を許した所で代打・狩野にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、二死一、二塁となった所でシーツには走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、岩瀬は失意の3失点KO。その裏、藤川も無死満塁の大ピンチを迎えたものの、堂上剛を空振り三振に斬ってとると、荒木をゲッツーに仕留めて、辛くも逃げ切った。

◆S1−4C◆
球宴での気迫の一発でチームに勇気をもたらした求道者・前田が先陣に立って最下位脱出へ邁進する事が期待された広島だが、求道者・前田は依然として故障の具合が思わしくないのか、後半戦早々スタメン落ち。しかし、それでも広島は初回、栗原の14号ソロで1点を先制。4回の満塁のチャンスは逃したものの、6回には嶋が8号ソロを叩き込み、2点目。先発・黒田は決して調子がいいとは言えないながらも、粘りの投球でヤクルト打線を封じていたが、6回、先頭の青木に被弾し、1点差。ヤクルトはこの後、一死一、二塁と一打同点のチャンスを潰すと、8回も二死一、二塁のチャンスを逸し、あと1点が届かない。1−2の儘、迎えた土壇場9回、広島は新井のタイムリーと福川の捕逸でダメ押しの2点を追加。黒田は1失点完投で3年連続の2桁勝利を達成した。尚、この試合、宮本が5回に史上5人目となる通算300犠打を達成。その遙か上を行く史上1位の記録は名手・川相の533犠打である。

◆H8−2M◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれて故障に見舞われ、前半戦僅か1勝と言う屈辱を味わったが、首位奪回へ向け、後半戦はエースとして獅子奮迅の活躍が義務付けられている斉藤和。まだまだ本調子ではないながらも、要所を締める丁寧な投球でロッテ打線を翻弄する。何とか斉藤和を援護したいソフトバンクはロッテ先発・渡辺俊に対して、2回、一死から小久保,柴原,本多の3連打で先制すると、5回にはハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点を追加。更に、6回には山崎のタイムリーで中押しの3点目をゲット。そして、8回には6長短打を浴びせる集中攻撃で5点を奪い、試合を決定付けた。ロッテは9回に代打・竹原の一発等で2点を返すのが精一杯。斉藤和は6回無失点で3月31日以来の2勝目を飾った。

◆Bs3−0F◆
0−0で迎えた3回、日本ハム先発・グリンに対して、偽バファローズは大引,日高と連続三振を喫した直後に平野恵が今季初アーチとなる先制弾。これで流れを引き寄せた偽バファローズは続く4回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが26号ソロ。5回にはまたも平野恵が犠飛を打ち上げて、3点目。この日の偽バファローズ先発・平野佳にとっては3点の援護は十二分だった。立ち上がりから全く危なげのない投球で日本ハム打線に付け入る隙を許さない平野佳は散発5安打で今季初完投初完封で6勝目をマークした。

◆L7−6E◆
150勝へ4度目の挑戦となる西武先発・オツは3回まで1安打無失点と上々の滑り出しを見せるが、肝心の味方打線は約2ヶ月ぶりの登板となる岩隈に対して、先制点を奪えない。すると4回、連打で二、三塁のピンチを迎えたオツは山崎武の犠飛で先制を許すと、更に、続く礒部に3号2ランを叩き込まれて、3失点。6回にも鉄平に8号ソロを被弾したオツは4失点KOとなり、またも150勝ならず。しかし、西武は7回、無死満塁と絶好のチャンスを作ると、細川は三振に倒れたものの、続く中村が5号グランドスラムを放り込み、一気に同点。4−4で迎えた土壇場9回、悪の温床・楽天は二死から草野が内野安打で出ると、続く渡辺直がプロ初アーチとなる2ランを放ち、勝ち越しに成功。その裏、守護神・福盛で逃げ切りを図りたい所だったが、二死一、二塁のピンチから福地に同点タイムリーを許すと、続く片岡には走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、悪夢の逆転サヨナラ負けとなった

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:23コメント(4)トラックバック(74)2007 プロ野球 

July 23, 2007

 いよいよ試合開始となったオールスター。ストーカー女は突然、奇声を発し、気でもふれたのかと思われたが、落合監督の藤川先発起用の意図が9連続三振にありと気付いたなどと大威張りで触れ回る。そんな事は既に山田が気付いているのだが、沈黙を美徳とは思わないストーカー女は自分の考えは凄い事だと知らしめたくて仕方ないらしい。殿馬の9番起用も記録阻止の為に違いないと言う説に山崎武は「その言い方では8人連続で三振すると言う事だぞ」と憤慨するが、球界の先輩に敬意を表するなどと言う礼儀などわきまえていないストーカー女は、その通りだといけしゃあしゃあと言ってのけるのだった。そうこうしているうちに岩鬼はど真ん中ストレートに全く無策の三球三振に倒れ、TV観戦中の夏川親子をがっかりさせていた。続いて打席に入った劇団ひちょりに対して、昨年まで同僚だったガッツが自分の所へ打てとばかりに挑発。これに応えたい劇団ひちょりだが、初球はファール,2球目は見逃しであっと言う間に2−0と追い込まれる。2球続けてストレートを見た事で3球目への自信を漲らせるも、140kmの高速フォークにあえなく空振り三振。続いて犬飼武も1コマで三振に斬って取られ、三者連続三振となると、ストーカー女は連続三振阻止の為の殿馬9番起用説の信憑性が高まったとばかりのしたり顔。これを見ていた山崎武はストーカー女と殿馬が恋仲なのではなどと、とんでもない勘違い。殿馬がストーカー女による強制拉致軟禁状態で選手生命の危機に立たされている事など知るよしもない様子だ。その裏、ベンチ真後ろの席だと言う事にも気付かずにチケットをあげてしまい、サチ子とじっちゃん,母親の間近での観戦に動揺する里中はその裏、いきなり先頭のマッスル千代の富士にインハイのボール球を激打されると、これがライトスタンド最前列へ飛び込むホームランとなり、先制点を献上してしまうのだった。

 水島氏の画業50周年記念特大号と言う事で、今回は久々に「チャンピオン」を購入。まるで「超こち亀」のごとく、水島氏の草野球仲間著名な漫画家が次々とお祝いメッセージを残すなど豪華絢爛な内容なので、買っておいて損はない号だろう。水島氏が偉大だったのは100歩譲っても、せいぜい10年前くらいまでだと思うのだが、だからと言って、それまでに残した功績や及ぼした影響力の大きさが凄いのは確かに認めなくてはなるまい。そんな記念号だと言うのに、本編はカラーの扉絵を飾るなど藤川がメインで、一方ではストーカー女がしゃしゃり出て、ひたすらに疎ましいと言う記念号らしさの欠片もないスカシっぷりは、ある意味、現在の水島氏らしいと言えるだろうか…。
 さて、案の定、ガッツはヒゲを剃ってしまったら、もう誰だかさっぱり分からなくなってしまったなぁ。と言うか、もう人相が昨年と全然違っている。人相と言えば、酷いのが藤川で、もうページ毎に全然顔が違うのは何とかならないものか…。似てないなら似てないで、せめて同じ顔で描いて欲しいものだ、50年もやってるプロの漫画家なんだから…。それにしても、ストーカー女の鬱陶しい事と言ったらない。相変わらず、チームの事など全く考えない上、平気で先輩達を侮辱しまくる自己中心的な性格には嫌気が指すばかり。殿馬至上主義を隠れ蓑にしている辺りが余計に腹立たしい。藤川の先発起用と殿馬9番の意図を偉そうに力説しているが、その話はもう前回のレビューでとっくに書いたがな…。そもそも、その意図はあくまで水島氏の意図であって、ヒルマン監督の意図では断じてない。現場の人間が殿馬を藤川の連続三振阻止へのキーマンだと考えているなら、何故、8連続まで喫する事を前提にする必要があるのか、まったくもって訳が分からない。いつも通り、2番に置いておけば、連続三振など話題に挙がる間もなく、阻止出来るではないか。やはり、ヒルマン監督的に考えれば、「ストーカー女とくっつける事による殿馬潰し」が目的と考えるのが妥当だが、自身のさげまんぶりなど微塵も気付いていないこの女がヒルマン監督の深慮遠謀に気付く訳もないか。どう考えても不人気キャラのこの女を水島氏はいつまで一線で描き続けるつもりなのか…。まぁ、読者に媚びないのは水島氏の長所であり短所でもある訳で、ストーカー女がどれだけ読者に忌み嫌われていようが、それは水島氏の知った事ではないのだろう。ところで、いきなり巨人の選手に一発打たせてくれるなんて、水島氏にしては珍しい展開だが、迷走中の巨人など呪いにかけるまでもないと言う事なのだろうか…。里中はサチ子が来るとしょっちゅう打たれてる気がするなぁ。地元開催なんだから、岩鬼も夏子はんを呼べばいいのに…。岩鬼の場合は、夏子はん来たら、毎回打ちそうだろ…。それにしても、藤川の(3回投げさせる事を前提とした)先発起用って、余所から預かった選手だから故障させない様に凄く気を使う…と言う現実の落合監督の方針を考えてみると、真逆だよな。これは暗に落合采配には夢がないとバッシングしているのだろうか? ほぼストッパー,セットアッパーで固めた1人1回リレーは結構、面白かったけどなぁ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(0)2007 ドカベン 

July 22, 2007

「きっと父親から息子へその背中で伝えようとした野球人としての生きざまを
 俺は世界一の栄冠と共に胸に刻み込む!!」

 延長16回、無死満塁の大ピンチでJr.を迎えた吾郎は初球を空振りに取ると、2球目はボールで1−1。続く3球目には既に140球を越えながら、この日最速となる100マイルでファールを打たせ、追い込んだ。鈴木コジローはそれなりの潜在能力は感じていた為、代表メンバーに推薦はしたが、予想以上の急成長を遂げた吾郎に驚愕。また、ベンチで見守っていた茂野は吾郎がサヨナラ負けを食らう所を見たくなかったから交代させようとしたのだと思い返しながら、それはいらぬ温情でしかなく、自分はまだまだ息子の事を分かっていないのかもしれないと痛感する。寿也はこの球ならジャイロフォークはいらないと直球勝負でねじ伏せる事を決意。しかし、Jr.は4球目もファールと粘りを見せる。命を懸けて臨んだ現役最後のW杯におけるギブソンの野球人としての生きざまを見て、絶対に負けられないとばかりにJr.はついに5球目、吾郎の渾身のストレートを捉えたかに見えたが…!?

 今回の展開に色々とツッコむのは野暮な話だと思う。思うが、手放しで肯定しまくるレビューなんて多分期待されていないだろうから、野暮なのは承知の上でツッコむので、見逃して頂きたい。見開きを丸々使った大ゴマでインパクトの瞬間を描いておきながら、次号で実はファールないしは凡打だった…なんてオチは流石に考えられない訳で、Jr.の勝利は九分九厘確定だろう。ピッチャー強襲ヒット辺りを予想していたのだが、この雰囲気だとグランドスラムなのだろうか…。ここで一発打たれるとなると、Jr.一人に2発6打点も献上する事になる訳で、1個三振奪ったくらいではまるで釣り合いの取れず、吾郎の大惨敗になってしまうなぁ。やはり、8回は覚醒アレックスか主砲・ボルテック辺りに打たせておいた方が良かったのではなかろうか…。しかも、またストレート一本槍で打たれる辺り、このバッテリーは全く学習能力がないよなぁ。いかに吾郎のモチベーションが高かろうと、ジャイロフォーク混ぜないとあかん事は立証済なのに…。何だかんだで吾郎はストレートではJr.を打ち取れていないと言う事を吾郎はまだしも寿也は気付くべきだろう。ストレート勝負が愚策であるかは置いておくとしても、メンタル面の勝負においても、Jr.の覚悟の方が圧倒的に大き過ぎた。あの展開ではJr.に傾いた流れは止めようもなく、吾郎は主役であるにも拘わらず、思いっきり食われてしまった格好だ。気の毒に…。ギブソンの存在に対抗しうるのは、茂治くらいしかいないのに、吾郎ったら全然思い出してくれないんだもんなぁ…。おまけに義父である茂野が吾郎との絆の強さに対して、泣き言なんぞぬかしてしまったりするもんだから、もう親子ぐるみで茂野親子はギブソン親子に完敗と言う感じだ。日本球界での実績は茂治より遙かに上の茂野だが、作中の格ではギブソンや茂治とは違い過ぎた様だ。海堂編まではそれなりに威厳があったのに、W杯編が始まってから、すっかり驚き役になってしまったのは否めない。コーチとして吾郎と共にベンチに入るべきではなかった…と言うのは、色々な意味で的を射た台詞だなぁ…。スタンドにいれば、吾郎と直接絡めないにしても、もう少しカッコよくいられただろうに…。ところで、もう試合が終わりそうなんだけど、沢村の伏線はいつになったら回収されるのだろう?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:23コメント(3)トラックバック(1)2007 MAJOR 

July 21, 2007

 雨の中、強行開催された第2戦。宮城での開催と言う事で全パのスタメンは田中が先発となったのを筆頭に、悪の温床・楽天のメンバーがズラリと6人も顔を並べた。その中で、組織票疑惑など無関係な文句なしの最多得票を稼いだ山崎武が初回、全セ先発の春風亭半ケツ(巨人)に対して、左中間スタンドへ先制2ランを叩き込む。初回は無難に3人で抑えた田中だが、2回に悪夢が待っていた。T.ウッズ(中日),栗原(広島)と連打を浴びて、二、三塁のピンチを迎えると、ここで阿部(巨人)にライトスタンドへの3ランを叩き込まれて、あっと言う間に形勢逆転。更に、この後、全セは松田記者(巨人),森野(中日),井端(中日)も続いて、6連打。一死後、ガッツな貴公子・仁志(横浜)がレフト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、田中は大量6点を失う無惨な結果に終わってしまった。続く3回には全パ2番手・杉内(ソフトバンク)に対して、二死一、二塁から井端が2打席連続のタイムリー。青木(ヤクルト)もセンター前へタイムリーを浴びせて、8点目。全セ2番手・中田(中日)はその裏は3人で抑えたものの、続く4回、山崎武にライトオーバーの二塁打を浴びると、カブレラ(西武)にタイムリーを許し、3点目を献上。全パ3番手・成瀬(ロッテ)は4,5回と三者凡退に抑えるシーズンさながらの好投を展開。その裏、全セのマウンドには金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが登場。2安打を浴びたグライシンガーだが、確変中の山崎武をゲッツーに仕留めてピンチ脱出。しかし、続く6回、またも巨人の投手が打ち込まれる事に…。4番手の内海は一死から代打・松中(ソフトバンク),礒部(悪の温床・楽天)に連打を浴びると、高須(悪の温床・楽天)には犠飛を打ち上げられ、更に、里崎(ロッテ),劇団ひちょり(日本ハム)にも連打を許して、この回2失点。6回からマウンドに上がっていた全パ4番手・加藤大に対して、全セは7回、先頭の新井(広島)がライトスタンドへソロアーチ。続いて、求道者・前田(広島)が代打として登場。2試合連続の豪打が大いに期待されたが、残念ながら、結果はファーストへのファールフライに終わった。いきなり2点を失った内海だが、続く7回は無失点で凌ぎ、何とか意地を見せる。そして、8回、寿司職人ラミレス(ヤクルト)が2試合連続となる2ランを放ち、全セの11点目を叩き出した所で雨が強くなり、試合中断。結局、雨は弱まる事なく、この儘、降雨コールドが成立してしまい、福盛(悪の温床・楽天)は組織票の甲斐なく登板機会を奪われる憂き目に遭わされた。何故か薮田(ロッテ)は連投強いられてるってのに…。これで全セは6連勝。優秀選手は猛打賞の松田記者,タイムリー2本の井端,先制2ランを含む2安打の山崎武,タイムリーを含む2安打の劇団ひちょりが受賞。そして、MVPは逆転3ランの阿部が選ばれた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 16:52コメント(0)トラックバック(69)2007 プロ野球 

July 20, 2007

 全セの先発は上原(巨人)。故障上がりでスタミナにも不安を抱えるが故に、ストッパーを任されていると言うのに、かつてオールスターでS.M.チョーの選手生命を断ち切った権藤さん&ササキ様の極悪タッグのごとく、上原に3イニング投げさせて潰す気では!?と不安視する声もあったが、その空気を察知したか、1人1回の9人リレー方針が公言された事で騒ぎは収まった模様。久々に荒らされていないマウンドに登った上原に対して、全パは先頭のTSUYOSHI(ロッテ)が内野安打で出ると、すかさず二盗。昨夜のフレッシュオールスターでMVPをゲットした中東(広島)の事が脳裏によぎったか、TSUYOSHIは調子ぶっこいて三盗を敢行。これで阿部(巨人)が悪送球をかましてくれれば万々歳だったが、そうは問屋が卸さず、あえなく憤死。上原は二死後、ラロッカ(偽バファローズ)に死球を食らわせるも、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズ(偽バファローズ)をセカンドフライに打ち取り、何とか無失点で切り抜けた。以降、落合監督の公言通り、高津(ヤクルト)−林(巨人)−木塚(横浜)−岩瀬(中日)−黒田(広島)−久保田(阪神)と繋ぐ1人1回リレーが見事に決まり、一人の走者も許さない。一方、全パも先発・ダルビッシュ(日本ハム)が2回をパーフェクトに抑える好投を見せると、涌井(西武),薮田(ロッテ)が1安打ずつ浴びるも無失点。4番手の小林宏(ロッテ)も2回を2三振のパーフェクトとゼロ行進を続けてきたが、7回裏、5番手・馬原(ソフトバンク)が一死からT.ウッズ(中日)に二塁打を浴びると、寿司職人ラミレス(ヤクルト)に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに左中間スタンドへ2ランを叩き込まれて、ついに先制点を献上。これで流れを引き寄せた全セは続いて代打として登場したファン投票最多得票の求道者・前田(広島)がライトスタンドへ気迫のオールスター初アーチを叩き込み、三塁ベースを回る際に何とガッツポーズまで飛び出した。8回には武田久(日本ハム)から代打・森野(中日)が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに右中間スタンドへ放り込み、4点目。土壇場9回、クルーン(横浜)から9人目のバトンを受け取った藤川(阪神)は水島の呪いに取り憑かれつつある為、大炎上や不慮のアクシデントが心配されたが、昨年同様、ストレート一本勝負で嶋(悪の温床・楽天),中島(西武)と連続三振。3連続を狙いに行った所で高須(悪の温床・楽天)には当てられて、セカンドフライとなったが、完封リレーを達成。川相不在を補完する苦肉の策の一発依存野球が結実し、全セが3年越しの5連勝。オールスターでの9人による継投は史上初の記録だった。結局、全パは初回先頭打者のTSUYOSHIの内野安打以降ノーヒットと言う体たらくだった。優秀選手は中押し,ダメ押しとなる一発を放った求道者・前田森野,敗れた全パからは2回を無失点に抑えたダルビッシュ小林宏がそれぞれ受賞。そしてMVPは先制2ランの寿司職人ラミレスがゲッツ!&ターン!&リバース! サンキュー、デモクラシー! オーケー、フォンドボー! お久しブリーフ!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:21コメント(0)トラックバック(73)2007 プロ野球 

July 19, 2007

 全イの先発は高卒ルーキー・大嶺(ロッテ)。これに対して、全ウは初回、先頭の中東(広島)がセンター前に弾き返すと、立て続けに二盗三盗と決めると、銀二朗(グッドウィル)の悪送球を誘って、あっと言う間に先制のホームを陥れた。以降、両軍の投手陣が揃いも揃って好投し、1−0の儘、終盤へ突入。迎えた6回、全イは全ウ4番手・中山(サーパス)の制球難をつけ込み、1安打2四死球で二死満塁と、一打逆転のチャンスを掴むも、4番に抜擢されたルーキー・角中(ロッテ)がショートゴロに倒れて、三者残塁。結局、全イのチャンスはこれが最初で最後だった。9回は153kmを連発する浅尾(中日)が3人でねじ伏せ、全ウが7投手による完封リレーを達成。優秀選手は全ウ先発として2回を無安打に抑え、勝利投手となった甲藤(ソフトバンク),第1打席で三塁打を放った吉田(広島),全イ2番手で2回を4三振のパーフェクトに抑え込んだ高崎(湘南)、チームの全安打となる2安打を放ったとは言え、決勝点となる悪送球をかました上、3回には先頭打者として二塁打を放ちながら、状況を考えずに三塁を欲張って憤死するなど、攻守に渡るA級戦犯となった銀二朗が受賞。そして、2盗塁を決めるなど、足を生かして一人で決勝の得点を奪った中東が文句なしのMVPに選ばれた

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:22コメント(0)トラックバック(35)2007 プロ野球 

 桑田がロッキーズ戦で13度目の登板。19日ぶりの連投となる今回は2−5と3点ビハインドで迎えた6回から2番手としてマウンドに上がった。6回はトレアルバ,ベーカーと立て続けに内野ゴロに仕留めて、簡単に二死を取ると、キャロルにはライト前に弾き返されるも、続くフォッグをサードゴロに打ち取り無失点。トップバッターからの打順となる7回には、いきなり先頭のタベラスに死球を食らわせ、無死一塁のピンチ。続くスピルバーグスは送りバントを狙ってきたが、インハイの直球でキャッチャーへの小フライを上げさせると、ホリデーをレフトフライに打ち取り、二死。4番・アトキンズの打席でタベラスに二盗を許すと、カウント1−3から内角に甘めに入ってしまった球をレフト前へのタイムリーとされ、6点目を献上。更に、この後、ヒットと四球で満塁のピンチを迎えたが、べーカーをサードゴロに抑え、何とか追加点は阻止した。エセネオエセ松井は不出場に終わり、2試合連続のPL対決は実現せず。この日は2回を3安打2四死球1失点と2試合連続の失点に桑田は「タベラスは足が速いですから…。100%打者に集中出来なかった」と、反省した。先発左腕のデュークの復帰が今月末に見込まれており、1枚加わる事で誰かが降格となるかもしれない状況。この所、ビハインドの場面での投球が続くなど、首脳陣の信頼感にやや陰りも見えるだけに、そろそろ失敗が許されない正念場を迎えていると言っても過言ではないだろう。

こぼれ落ちた一球―桑田真澄、明日へのダイビング

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:30コメント(0)トラックバック(0)桑田真澄 

July 18, 2007

◆T5−3G◆
何とか首位ターンに望みを繋ぎたい巨人は2回二死満塁のチャンスを掴むも、ここで投手・金刃の打席となってしまい、三振で三者残塁。続く3回にも一死二塁のチャンスにガッツ,阿部と倒れて、無得点。その裏、阪神は鳥谷のタイムリー二塁打で1点を先制すると、半月板損傷を抱えながら出場しているキュラソ星人が21号2ランを叩き込み、この回3点。直後の4回、巨人は一死一、三塁からキムタクがライトへ犠飛。負けが込んでいる所為か勝利を焦る若大将・原監督は二死一塁とさしたるチャンスでもないと言うのに、早くも金刃を引っ込め、代打・大道を投入するも、大道はライトへのファールフライに倒れて、1点止まり。突き放したい阪神は5回、二死一、二塁から林の走者一掃のタイムリー二塁打で貴重な2点を追加。巨人は7回、久保田に対して、キムタクが四球で歩くと、先日、若大将・原監督が大バッシングを浴びた代打策で一躍、時の人となった小関が汚名返上の今季初アーチをライトポール際に叩き込み、2点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。バカの一つ覚え継投を炸裂させまくる岡田采配による酷使の影響か、ウィリアムスが左肩腱板炎で離脱した為、8回途中、久保田から直接バントを受けた藤川の前に苦もなく捻られ、前半戦は2位で折り返す事となった。

◆D8−2S◆
岩瀬ショックを岩瀬自身が打ち砕き、平常心を取り戻した中日は初回、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、T.ウッズの犠飛で1点を先制。4回に宮出のタイムリーで追いつかれるも、その裏、またもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに24号ソロを叩き込み、勝ち越しに成功。更に、この後、森野,中村紀の連打で1点を追加。2点を追うヤクルトは5回にまたも宮出にタイムリーが飛び出し、1点差。前半戦最終戦と言う事で中日は先発・小笠原に代わり、6回から先発要員の中田を投入するスクランブル起用を敢行。その裏、中日はまたまたT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる25号ソロをぶち込むと、7回には荒木がタイムリー。更に、8回にはヤクルト投手陣の制球難につけ込み、ダメ押しの3点を追加し、試合を決定付けた。これで中日は昨年に続いて前半戦首位ターンとなった。

◆YB3−0C◆
23イニング連続無失点中のハマのチンピラは2,3回と立て続けに満塁のピンチを迎えるも、ここを何とか切り抜けると、8回まで無失点の好投を展開。対する広島先発・青木高は味方打線の拙攻に歯痒い思いをしながら、いつか来る筈の援護を待ちながら7回まで散発4安打無失点とハマのチンピラを上回る好投を続けていたが、8回二死一、三塁のピンチを迎えると、村田のタイムリー二塁打でついに先制点を献上し、無念のKO。更に、代わった広池がメカゴジラに走者一掃のタイムリー二塁打を浴び、この回3失点。8回に代打を出されたハマのチンピラに代わり、最後は守護神・クルーンが2人の走者を出しながらも、何とか凌いで完封リレーを達成。ハマのチンピラは連続無失点を31イニングにまで伸ばし、8勝目を飾った。青木高は好投虚しく、最後まで援護を貰えず、逆ハーラー独走の9敗目。

◆F1−7H◆
伊集院光の弟子・金村の制球難をつき、初回から一死満塁のチャンスを掴んだソフトバンクは小久保、ブキャナンのタイムリー二塁打で4点を先制。伊集院光の弟子・金村は1回もたずにKOとなった。その裏、1点を返されるも、直後の2回にハマのスペランカーのタイムリー二塁打ですかさず取り返し、5回には小久保の史上30人目の1000打点となるタイムリー二塁打,山崎のスクイズで2点を追加。大量リードを貰い、悠々と投げ込むソフトバンク先発・杉内は8回まで散発5安打1失点の好投で12勝目をあげた。

◆M3−1Bs
前日、暴行をかまして出場停止処分となったローズを欠く偽バファローズに対し、2回に木元の犠飛で先制を許したロッテ。3回までデイビーの前にノーヒットと沈黙していたが、4回、TSUYOSHIのチーム初安打を皮切りにオーティズ,里崎のタイムリーで逆転に成功。6回には大松が今季初アーチを叩き込み、3点目。投げては先発・成瀬が毎回の様に走者を出しているにも拘わらず、全く危なげのない安定感を感じさせ、コバマサ劇場開演を阻止する完投で8勝目をマークした。

◆E4−6L◆
謎の新助っ人・バスに対して、3回に一死満塁と絶好のチャンスを掴んだ西武だが、片岡,中島と倒れて三者残塁。ピンチを切り抜けた悪の温床・楽天は4回、山崎武が31号ソロを叩き込み、1点を先制。しかし、直後の5回、西武は一死二塁から福地がライトオーバーのタイムリー三塁打を放ち、同点。この時、高須が悪送球を犯し、ボールが転々とする間に福地は一気に勝ち越しのホームイン。1点を追う悪の温床・楽天は6回、二死一、三塁からショートが一、二塁間へセーフティバントを敢行。これがタイムリー内野安打となって、試合は振り出しに。2−2で迎えた土壇場9回、5回途中からのロングリリーフとなる朝井に対して、先頭の細川が7号ソロを放り込み、均衡を破る3点目をゲット。更に、代わった福盛から片岡,中島が連続タイムリー,G.G.佐藤が犠飛を放ち、ダメ押し。その裏、悪の温床・楽天は2点を返し、涌井をマウンドから引きずり下ろす粘りを見せたものの、最後はグラマンの前に代打・吉岡が打ち取られ、万事休す。涌井は完投こそ逃したが、ハーラー単独トップの13勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(93)2007 プロ野球 

 桑田の後半戦初登板はロッキーズ戦。8−9と1点ビハインドで迎えた6回、3番手としてマウンドに上がった桑田は先頭のタベラスをショートフライに打ち取るも、これをショートが落球する不運に見舞われ、無死二塁のピンチ。ここでPLの後輩であるエセネオエセ松井と初対決。試合前に対面を済ませ「年齢的には下だけど大リーグでは先輩。対戦を楽しみにしている」(桑田),「小さい頃から桑田さんに憧れてPLに入った」(エセネオエセ松井)と語り合っていた二人。フィールディングのいい桑田を相手に、エセネオエセ松井は初球のチェンジアップをいきなりセーフティーバントで揺さぶる小細工をかますが、三塁線に切れるファール。続く2球目のカーブもファールを打たせて、2−0と追い込んだ桑田は3球目を低めの速球でセカンドゴロに打ち取り、先輩後輩対決を制すも、一死三塁となった所で3番・ホリデーにセンターへ犠飛を打ち上げられ、左のヘルトンを迎えた所でお役御免。2/3回を無安打、自責点は0ながら、1失点の内容に桑田は「自分なりの投球は出来た」と納得の表情。エセネオエセ松井との対決に関しては「(打ち取られても)ああやって一塁や二塁のいい所に転がす(進塁打とした)のはいい仕事。3割以上打っているし、いつか(僕からも)打ちますよ」と、後輩にエールを送った。

桑田真澄―ピッチャーズバイブル18

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 00:25コメント(0)トラックバック(0)桑田真澄 

July 17, 2007

◆T4−0G◆
太陽の子エステバン・ジャン,福田の両先発の好投の前に4回まで両軍共々、シャア少佐,松田記者の1番打者が2安打を放つのみのゼロ行進。迎えた5回、巨人はホリンズ,清水の連打で無死一、三塁と絶好のチャンスを掴むも、キムタクのピッチャーゴロでホリンズは三本間に挟まれ、憤死。続く福田が犠打を決めるも、ここまで2安打の松田記者がセカンドゴロに終わり、二者残塁。すると、その裏、阪神は1安打2四球で一死満塁のチャンス。ここで岡田監督は無失点投球のジャンを早くも引っ込め、代打・庄田を投入。結果は押し出し四球でタナボタの先制点をゲットした阪神は続くシャア少佐が左中間突破の2点二塁打を浴びせると、坂が犠飛を打ち上げ、この回、一挙4点。ジャンが退いた事で6回から早くもJFKモードの阪神はまず、ウィリアムスが三者三振の快投。7回から登板の久保田は8回二死から連打を浴びるも、ここで代わった藤川が阿部を打ち取り、二者残塁。藤川は9回も三者三振に斬ってとり、完封リレーを達成。阪神は実に27日ぶりの本拠地勝利。巨人は一夜で首位陥落となった。尚、この日、6回途中から巨人3番手として姜が登場したが、既に、ジャンは退いており、「夢の姜ジャン対決」は惜しくもニアミスに終わった。

◆D3−2S◆
プロ入り以来9年間、4点以上取られた事のない岩瀬が5失点KOされると言う惨劇に見舞われたショックの残る中日はこの日も福留がスタメンから外れる苦しい展開。これに対して、ヤクルトは初回、寿司職人ラミレス,ガイエルの連続二塁打で1点を先制。岩瀬ショックをいつまでも引きずる訳にはいかないと、2回に藤井のタイムリー二塁打で追いついた中日だが、3回一死満塁のチャンスに森野,中村紀が連続三振。4回には三者三振を喫して、これで5連続三振とヤクルト先発・石井一を波に乗せかけたが、5回、二死一、二塁から森野がタイムリーを浴びせて、勝ち越しに成功。1点を追うヤクルトは7回、一死一、三塁から代打・真中が犠飛を打ち上げ、同点に追いつくも、その裏、中日は一死二、三塁からT.ウッズのセカンドゴロの間に再び勝ち越し。土壇場9回、守護神・岩瀬が昨夜に続いて登場。どこぞの守護神と違い、一度打たれたからと言って、決して次にひきずらないのが岩瀬。いきなり先頭の宮出にヒットを許し、二死ながら三塁まで進めてしまったものの、最後はきっちり締めて、昨夜の汚名を返上する25セーブ目。巨人が敗れた為、中日は再び首位に返り咲いた

◆YB0−11C◆
巨人戦限定好投手・土肥に対して、広島は初回、新井のタイムリーで先制すると、4回にはオチョア,ルパン広瀬,井生の3連打で2点目。更に、東出がスクイズを決めた後、投手の高橋が自らを楽にするタイムリー。そして、梵が5号2ランを叩き込んで、土肥をKO。広島は終盤にも着々と加点し、計15安打11点。投げては先発・高橋が7回まで無失点に抑えると、横山−上野と繋ぐ完封リレーと投打噛み合っての完勝。5月17日以来実に2ヶ月に渡って、黒田以外の先発が誰一人勝てないと言う神懸かり的な記録はついにストップした。横浜の連勝は3で止まった。

◆F3−0H◆
0−0で迎えた4回、ソフトバンクは二死満塁と先制のチャンスを作るも、ブキャナンが空振り三振に倒れて、三者残塁。一方、ここまで2併殺と拙攻続きの日本ハムはその裏、一死から青波の長瀬の死球,高橋の二塁打で二、三塁。ピンチを迎えたソフトバンク先発・新垣はここから工藤を空振り三振に斬ってとると、続く小谷野も空振り三振に仕留めて、ピンチ脱出…と思いきや、これが日本新記録となる21個目の暴投となり、小谷野を振り逃げで生かしたばかりか、青波の長瀬に続いて、二塁走者の高橋までが一気に本塁を陥れる悪夢の展開で先制の2点を献上する羽目に…。新垣は7回にもは日本記録を更新する22個目の暴投でピンチを作った挙げ句に陽にタイムリーを浴びて、痛恨の3点目を献上。新垣は暴投さえなければ無失点と言う何とも釈然としない投球で完投したが、打線の方は武田勝−武田久−MICHEALのリレーの前に散発7安打の完封を喫してしまった。

◆M3−3Bs◆
ロッテ先発・清水に対して、偽バファローズは2回一死から後藤がライトスタンドへ5号ソロを叩き込み、1点を先制。1点を追うロッテは3回、偽バファローズ先発・ユウキを攻め立て、一死満塁とすると、フクーラがセンターへ犠飛を打ち上げ、試合は振り出しに。1−1の儘、迎えた6回、ロッテは二死走者なしから里崎がレフトスタンドへ7号ソロを放ち、勝ち越し。土壇場9回、清水は先頭のラロッカに痛打された所で降板すると、代わった小林雅がまたまたコバマサ劇場を開演する。水口の犠打で一死二塁となった所でアレンに同点タイムリー二塁打を浴び、清水の白星を粉砕。更に、この後、二死一、二塁のピンチを迎えると大引にライト前へ弾き返されるも、勝ち越しのホームを狙った二塁走者・アレンが憤死し、試合は延長にもつれ込んだ。2−2の儘、迎えたラストイニング12回、偽バファローズは代打・大西に続き、村松もショートゴロに倒れて、あっと言う間に二死…と思いきや、これをTSUYOSHIが痛恨のエラー。タナボタのチャンスを貰った偽バファローズは辻の犠打で二死二塁とした所で途中出場の木元がタイムリー三塁打を浴びせて、ついに均衡を破る3点目をゲット。しかし、その裏、今度は偽バファローズの守護神・加藤大が捕まり、二死二塁からオーティズのタイムリーで追いつかれ、結局、3−3のドローに終わった。

◆E5−3L◆
悪の温床・楽天の先発は今季初登板となる出戻り助っ人・グスマン。初回にフェルナンデスのタイムリーで先制点を貰ったグスマンは3回まで無失点で凌いできたが、4回に二死二、三塁のピンチを迎えると、細川にセンター前へ弾き返され、同点。二塁走者の栗山も一気に三塁を蹴ったが、本塁憤死で勝ち越しならず。追いつかれた悪の温床・楽天は5回、二死から嶋がヒットで出ると、続く鉄平が7号2ランを放り込み、勝ち越しに成功。これで主導権を握った悪の温床・楽天は7回には高須のタイムリー二塁打で2点を追加。西武は土壇場9回、一死から栗山,中村,代打・上本の3連続二塁打で2点差と詰め寄ったものの、反撃もここまで。グスマンは出戻り初登板で助っ人としては史上4人目となる3球団での白星を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:52コメント(0)トラックバック(74)2007 プロ野球 

July 16, 2007

◆T2−4G◆
恐らくニックンがゲッツー量産マシンぶりを発揮すると確信したと思われる若大将・原監督の「一般的には」理解に苦しむ采配が炸裂し、それが直接の原因かどうかはともかく結果的に敗れての首位陥落と言う嫌な流れの儘、甲子園に乗り込むと言う展開に大いに心配された巨人だが、2回、話題の張本人・ニックンがいきなり死球を食らわされると、続くホリンズが二塁打。そして、久々にスタメン起用された清水が今季初打点となる走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回にはまたもホリンズがタイムリー二塁打を浴びせると、続く4回には古城にタイムリーと、着々と加点。序盤からリードを貰った巨人先発・内海は立ち上がりから安定した投球で8回まで散発3安打と阪神打線に付け入る隙を許さない好投を展開。土壇場9回、二死一、二塁から林のタイムリーでついに1点を返された所で無念の降板。更に、代わった上原の桜井にタイムリーを浴び、2点差と詰め寄られたが、最後は矢野を三球三振に斬ってとり、辛くも逃げ切った。今季初完封まであと一人と迫りながら、完投すら逃してしまった内海だが、6月9日以来となる8勝目をマーク。ズルズルと連敗地獄に陥りかねない危機を救った。中日が敗れた為、巨人は一夜で首位に返り咲き。それにしても気になるのは、半月板損傷の重傷を負いながら、強行出場を続けているキュラソ星人だ。この日は3三振含む4タコと精彩を欠くバッティング。ケガの影響が皆無とは言えないだろう。キュラソ星人が出続けようとするのは、あくまで記録ではなくチームの為なのだろうが、この儘、無理して出る事が果たして吉となるか凶となるか…。とりあえず、オールスターまでのあと2試合を何とか無事に乗りきって欲しいものだ。

◆D5−7S◆
巨人が勝手に転げ落ちて、久々に首位に返り咲いた中日だが、この日は先発・山井が初回から無死満塁の大ピンチを作ると、ガイエルの犠飛で先制点を献上。今季初登板となるヤクルト先発・川島から2回に中村紀のタイムリーで同点に追いついたのも束の間、直後の3回、飯原のタイムリーで再び勝ち越し点を献上。追いかける中日は4回、一死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号2ランを叩き込み、逆転に成功。山井が3回で降板となったが、以降、小刻みに繋いで1点のリードを守り抜く中日は何とか9回に守護神・岩瀬に繋ぐ必勝体勢に持ち込んだ。しかし、この岩瀬がよもやの大炎上。一死から寿司職人ラミレス,ガイエルの連打で一、三塁とされた所で宮出の併殺崩れの間にまず同点。続く福川にセンター前へ弾き返されると、飯原にはレフトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、代打・川本にもタイムリー内野安打を許した岩瀬は失意のKO。畳み掛けるヤクルトは更に、代わった小林から青木,田中浩と連打を浴びせ、この回、大量5点。その裏、中日は2点を返す粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。絶対的守護神・岩瀬がプロ入り初めて5点を失うと言う信じられない惨劇に見舞われた中日は一夜にして、首位から陥落した。

◆YB8−2C◆
広島先発・佐々岡に対し、ガッツな貴公子・仁志の8号先頭打者アーチで先制した横浜は更に、吉村のタイムリーでこの回、2点。3回に6号ソロを叩き込んだメカゴジラは4回にもタイムリーを放ち、4点目。横浜先発・はーちゅんの前に4回まで1安打と抑え込まれていた広島は5回、嶋のタイムリーで1点を返し、なおも二死満塁のチャンスを作ったが、松本がセカンドゴロに倒れて、三者残塁。すると、その裏、今季初登板となる広島2番手・小島を攻め立て横浜は古木の4号ソロ等、4長短打で4点を奪い、試合を決定付けた。これで横浜は3連勝。先発・はーちゅんは7回2失点で7勝目

◆F1−4H◆
ソフトバンクは初回、大村,ハマのスペランカーのヒットで一死一、二塁とすると、松中がライト前に弾き返して、1点を先制。しかし、その裏、日本ハムも一死から四球で歩いた田中賢を稲葉のタイムリ二塁打で返し、試合は振り出しに。2回以降はグリン,和田の好投で膠着状態となり、1−1の儘、試合は終盤へ突入。迎えた6回、ソフトバンクは二死二、三塁のチャンスを掴むと、ブキャナンのタイムリーで2点を勝ち越し。続く7回にはハマのスペランカーのタイムリー二塁打で1点を追加。和田は走者を出しながらも落ち着いた投球で要所を締め、今季2度目の完投で8勝目。グリンの連勝は7でストップした。

◆M5−1Bs◆
偽バファローズは初回、四球の村松を阿部真が送った所でラロッカが鈴木一朗の球団記録を80試合目にして打ち破るシーズン19個目の死球を食らい、一、二塁。ここでローズがレフト前へタイムリーを放ち、1点を先制。一方、ロッテは2回にオーティズがバックスクリーンを直撃する2号ソロをぶち込んで、同点。その後、小林宏,川越の両先発の投げ合いが続いたが、1−1で迎えた7回、ロッテはいきなり先頭のサブローが6号ソロを放ち、勝ち越しに成功。更に、この後、里崎の内野安打,オーティズの四球で川越をKOすると、二死満塁となった所でTSUYOSHIが2点タイムリーを浴びせて、この回4点。小林宏は8,9回とピンチを迎えながらも、後続を断ち切り、完投で9勝目をマーク。偽バファローズはロッテを上回る9安打を放ちながら、12残塁の拙攻が響いた。

◆E2−4L◆
岸の新人王争いを援護すべく田中を攻略したい西武は初回から、G.G.佐藤のタイムリー内野安打で1点を先制。しかし、その裏、通算150勝へ3度目の挑戦となる西武先発・オツが二死から礒部を歩かせると、続くフェルナンデスに11号2ランを叩き込まれて、あっさり形勢逆転。オツは2回以降無失点に抑えたが、何故か5回限りで降板し、またも150勝はお預け。2−1の儘、迎えた7回、西武は二死走者なしから中村が4号ソロを放ち、ようやく同点。続く8回には二死二塁からベンちゃん,栗山,中村の3連打で2点を勝ち越し。その裏からミッチー,グラマンと繋いで、逃げ切りに成功。田中を援護出来なかった悪の温床・楽天は逆転負けで3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(2)トラックバック(76)2007 プロ野球 

 今年も最多得票を獲得した山田を筆頭に明訓五人衆は悠々とトップ当選となったオールスター。何を血迷ったか、はたまた、ストーカー女のさげまん効果により、腐りきっている殿馬を更に貶める事で東京の戦力ダウンを図ろうと言う深慮遠謀か、ヒルマン監督は公私を混同した八百長プレイばかりかましている事がバレバレなので、殆ど票を稼げずに無惨に落選したと思われるストーカー女を推薦で選出し、パ・リーグファンは大いにどん引きしてしまうのだった。第1戦は東京ドームで開催と言う事で巨人から春風亭半ケツが先発で出てくるのでは?と予想するパ・リーグの面々だったが、落合監督が先発に任命したのは何と阪神の守護神・藤川。これに対して、岩鬼は元々は先発完投を目指してプロに入ってきたであろうに、ストッパーを任されてしまった為、お祭りの時くらい、荒らされていない綺麗なマウンドで投げさせてやろうと言う落合監督の親心だろうと分析する。試合当日、控え室ではストーカー女が号泣。ついに殿馬がさげまん効果に気付いて別れようと切り出し、破局に至ったのかと思いきや、残念ながら、そうではなく、何と川崎を差し置いて、ショートに起用された事で殿馬と愛の二遊間が組めるなどと嬉し泣きしていたのだった。あまりのバカバカしさに犬神や川崎らは閉口するしかなかった。始球式には江夏−田淵のバッテリーが登場。相変わらず、始球式の球を打ち砕く事に燃える岩鬼は江夏から打ってもいいと言われて大喜びするも、ど真ん中に投げ込まれると、あえなく空振りし、バットだけが外野まで飛ぶ羽目に…。江夏に敬意を表したかの様な事を言って誤魔化す岩鬼だが、江夏は本気の空振りである事を見抜いており、先発の藤川にど真ん中が本当に打てない事を確認させるのだった。これを見ていた山田は落合監督の藤川先発起用は9連続三振をやらせる為だと確信する。

パ・リーグのスタメンはこんな感じ…

5岩鬼
8劇団ひちょり
3犬飼武
2山田
D山崎武
7微笑
9坂田
6ストーカー女
4殿馬
----------
P里中

 最近、音沙汰なく平穏だったのに、こんな所にしゃりしゃり出てくるとは、ストーカー女め! 殿馬潰しの為(?)とは言え、川崎をベンチに追いやってまで、ストーカー女を無理矢理ショートに起用するなど、ヒルマン監督もえげつない事をやってくれるぜ…。いい加減、この女といてはダメだと言う事に気付いてくれ、殿馬! 球界随一の2番打者である殿馬が9番に貶められてしまうなんて、そこまで腐りきってしまったのか、はたまたストーカー女と打順をくっつける為のヒルマン監督の嫌がらせなのか…と、最初は思っていたのだが、要は藤川が9連続三振へリーチをかけた際に最後の関門として打席に立たせる為なのだろう。これでは藤川が8連続まではすんなりやってしまう事がバレバレではないか…。そんな展開の為に無理矢理9番に追いやられる殿馬がひたすらに不憫だ。ストーカー女に捕縛されないでいた殿馬ならば当然、2番に入り、藤川の連続三振はたった1つで止まっただろうに…。江夏絡みで9連続三振の偉大さをアピールするのはいいのだが、やれる投手はもう出てこないと思ったら、里中が2年目で達成してしまった…などと、わざわざ言わせてしまうのにはゲンナリする事しきり…。実在選手の偉業など、所詮、水島キャラには容易くクリア出来る児戯に過ぎないのだと言いたいらしい…。ところで、この台詞を吐いた選手の正体が気になる。西武のユニフォームを着た背番号「18」の男なのだが、誰だよ、それ! 昨年まで「18」をつけていた霊感投手・松坂は水島氏に弄ばれる事にに嫌気がさして、国外亡命を果たしており、今年の西武に「18」は不在。と言う事は、これは新たな水島キャラなのか? とりあえず、霊感投手・松坂がまだ日本にいると勘違いしている訳ではない様なので、「16」の涌井と描き間違えている…と考えるのが恐らく妥当なのだろうが、とにもかくにも顔を見ただけでは、これが涌井だとは全く分からないので、推測の域を出ない。実在選手を判別する為の頼みの綱は背番号とユニフォームだと言うのに、肝心の背番号を間違えてどうするんだよ!? それにしても、パ・リーグは案の定、水島キャラ三昧。川崎に至っては、サードのストーカー女に定位置を奪われる憂き目に遭わされた。辛くもスタメンに食い込んだ実在選手は山崎武と劇団ひちょりの二人だけ。山崎武はどう考えても無視する訳にはいかない存在なので、とりあえず出させて貰ったものの、活躍しない事はほぼ確実だろう。藤川から1コマで三振させられて終わりそうな予感…。相変わらず、岩鬼信者に祭り上げられている劇団ひちょりは「水島氏が描いても判別しやすい容貌」と言う理由のみで取り上げられている可能性が高い気がする…。しかし、いつもいつも坂田が出てるのがどうも違和感を覚える。こいつはそんなに人気があるのかよ? あと「明訓五人衆」とか言う表現が未だに使われているのだが、完全に無視されている土井垣や山岡が何だか不憫だな…。凡打シーンばかり描かれまくり、とりたてて強い個性がある訳でもない微笑のトップ当選も最早、説得力皆無なんだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:18コメント(0)トラックバック(0)2007 ドカベン 

July 15, 2007

◆G2−4C◆
リーグ一番乗りの10勝をマークしてから、2試合連続6失点KOと調子を落としている春風亭半ケツはこの日も栗原の弾丸ライナーでスタンドギリギリに飛び込む13号ソロを浴びて、初回から先制点を献上。しかし、3回、春風亭半ケツは自らセンター前に弾き返して、反撃の口火を切ると、続く松田記者がレフトスタンドへ9号2ランを放り込み、逆転に成功。続く4回にも二死満塁のチャンスを作った巨人だが、ここで打席に回ってきた春風亭半ケツは今度はセンターフライに倒れて、追加点ならず。1点を追う広島は7回一死からルパン広瀬が5号ソロを叩き込み、ついに同点。その裏、巨人は広島2番手のルーキー・宮崎に対して、一死満塁のチャンス。ここで怒濤のチャンスブレイカー・ニックンの打席を迎えると、若大将・原監督はニックンのゲッツー量産マシンぶりを憂慮したのか、ニックンを引っ込め、今季初打席となる小関を代打に起用するミラクル采配を敢行するも、小関は中途半端なスイングで空振り三振。続くホリンズもピッチャーゴロに倒れて、結局、三者残塁。ニックンをその儘、打席に送り込んだ所で結局、ゲッツーで一瞬にしてチャンスを潰した可能性が大だったにも拘わらず、結果的に小関起用が空転した事により、若大将・原監督が全面的に悪いかの様な重苦しい空気が巨人ベンチから漂い始める。直後の8回、春風亭半ケツは簡単に二死を取るも、先制弾の栗原を迎えると降板を命じられてしまう。11勝目のチャンスを潰されて、釈然としない春風亭半ケツの様子に重苦しい空気がより増していく中、栗原を抑えて、ひとまず事なきを得た2番手・豊田だが、土壇場9回、いきなり連打を浴びて、無死一、二塁のピンチ。ここでルパン広瀬のバントを素早く処理して三塁で刺すと、続く石原もセカンドゴロに打ち取る。ボテボテのゴロの為、ゲッツーは微妙な所だったが、古城は二塁に転送せずに、一塁走者・ルパン広瀬を直接タッチに行ってゲッツーを狙うも、これをかわされて、一塁をアウトにするのが精一杯。一、三塁で済んだ所を二、三塁としてしまった所で豊田は降板となると、3番手・林が代打・嶋にライト前へ弾き返され、2点を勝ち越される始末。その裏、永川から二死一、二塁のチャンスを作ったものの、代打・矢野の痛烈なライナーはレフト真正面に飛び、万事休す。巨人は3カード連続の負け越しでついに首位陥落となった。一方、広島は実に5月27日以来となる連勝。8回に登板し、打者3人で切り抜けた広島3番手・上野はプロ初勝利をマークした。さて、恐らく非難囂々と思われる今日の若大将の采配。解説の掛布氏,野村氏も揃って大バッシング。日テレの放映であそこまで巨人指揮官が解説陣に徹底的に叩かれまくったのは希有な例だろう。ヘッポコ采配のエンサイクロペディアと言われた茂雄暗黒政権時でも、あれ程、凄まじく叩かれた事は滅多になかった(中高年のカリスマ・茂雄が相手なので、言いたくても言いづらかった…と言うのは勿論あるのだが)。因みに、個人的には、春風亭半ケツの交代機に関しては大いに不満だが、ニックンの交代自体は何ら咎める箇所ではない。しかし、代わりに出したのが、何故、小関だったのかと言う点が問題だ。あそここそ矢野だったのではなかろうか…。右のニックンを引っ込める以上、左を出さないと説得力がない様に見えるかもしれないが、あえてニックンを引っ込めると言うのは右対右より右対左の方が分があると言った安直な相性を考慮したのではなく、ニックンに対する信頼感の欠如が原因である事は明らかな訳で、ならば、右だろうが矢野を使う事に何の問題があると言うのだろう? 少なくとも、今季初打席の小関よりは説得力があった様に思うのだが…。この日のニックンは1本ヒットを放ち、珍しく好守を見せるなど、怒濤のインケツぶりはまだ発揮していなかったので、(そろそろインケツぶりを見せる頃合だろう…と言う深読みが出来ない限り、一般的には納得しづらく)掛布氏が言っていた様に、失敗すれば勿論の事、成功しても、殆どいい事のない起用であろう采配なのは確かだった。

◆T3−6D◆
デーゲームで巨人が敗れた事で勝てば首位となる中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが23号ソロを叩き込み、1点を先制。続く3回には一死から井端,李が連打を浴びせると、福留がセンター前へタイムリー。この時、シャア少佐のエラーが重なり、走者はそれぞれ二、三塁へ進塁すると、T.ウッズの四球の際にジュビロ野口が捕逸し、李が生還。続く森野のピッチャーゴロで福留は三本間に挟まれるも、坂の送球が体に当たって、ボールが転々とする間に本塁生還。相次ぐ阪神の拙守でタナボタのリードを広げた中日は更に、ピンキー井上にも2点タイムリーが飛び出し、阪神先発・上園はこの回限りでKO。一方、中日先発・人斬り抜刀斎は毎回安打を浴びながらも、4回まで無失点で凌いで来たが、5回、一死一塁かシャア少佐をセカンドゴロゲッツーに打ち取ったと思いきや、これを森野がエラー。川相不在を痛感し、動揺を隠せない人斬り抜刀斎はこの後、坂,鳥谷と連続タイムリーを浴びて、2失点。追い上げムードの阪神は7回にも二死一、二塁から林のタイムリーで3点目。しかし、反撃もここまで。中日は8回から岡本,9回からは守護神・岩瀬と繋ぐ必勝リレーで逃げ切り、首位に浮上。人斬り抜刀斎は7回3失点で8勝目を飾った。

◆YB−S◆
降雨中止。

◆M−H◆
降雨中止。

◆E−F◆
降雨中止。

◆Bs6−2L◆
2回に北川の7号ソロで先制された西武だが、直後の3回二死走者なしから、中村の二塁打,福地の三塁打,礒?の二塁打と3連続長打で一気に逆転。1点を追う偽バファローズは6回、一死一塁から牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズがライトスタンドへ25号2ランを叩き込み、逆転。更に、続くアレンのヒットで西武先発・帆足をKOすると、代わった小野寺から満塁のチャンスを作った所で大引がセンター前へ2点タイムリーを浴びせて、この回、4点。続く7回にはアレンのタイムリーでダメ押しの6点目。西武は9回、平野恵のエラー,代打・江藤の四球で一死一、二塁のチャンスを作るも、ここで代わった加藤大の前に野田,中村と連続三振に斬って取られ、ゲームセット。西武はこれで貯金消滅となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:27コメント(1)トラックバック(70)2007 プロ野球 

July 14, 2007

◆G1−8C◆
再調整中の姜も予想された巨人の先発だが、3日前に2回5失点KOとなった木佐貫が中2日で登板。2回に一死一、二塁とされるも、倉を三振ゲッツーに仕留めて、ピンチを脱出。4回には栗原,新井の3,4番を連続三振に斬ってとったものの、オチョアに左中間スタンドへ3号ソロを放り込まれて、先制点を献上。一方、通算100勝を狙う広島先発・黒田に対して、その裏、巨人は一死からガッツ,阿部の連打で一、三塁と絶好のチャンス。しかし、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンがショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮して、同点ならず。広島は6回一死一、三塁から新井のセンターへの犠飛で貴重な2点目を追加し、木佐貫をKO。その裏、巨人は一死二塁から古城のタイムリーで1点差に詰め寄ると、なおも二死二塁で打席には阿部。一塁が空いている上、次が怒濤のチャンスブレイカー・ニックンとあっては、歩かされると思われた阿部だが、黒田は真っ向勝負で阿部を空振り三振に斬って取り、このピンチを脱出。何とか突き放しておきたい広島は8回、一死からサードゴロを放った松本がガッツのエラーで出ると、栗原がレフト線へタイムリー二塁打。栗原は三塁を狙って、憤死するも、新井が四球で歩いた後、オチョアのライト前ヒットで一気に三塁へ。これを刺そうとしたホリンズの送球が大きく逸れる間に新井が返って、4点目。相次ぐ拙守でむざむざ流れを手放した巨人は更に、嶋にタイムリー,倉には3ランを叩き込まれて、この回、大量6失点。9回にガッツに被弾したものの、黒田は2失点完投で通算100勝を達成した

◆T−D◆
降雨中止。

◆YB−S◆
降雨中止。

◆M−H◆
降雨中止。

◆E−F◆
降雨中止。

◆Bs6−3L◆
初回、G.G.佐藤のタイムリーで先制された偽バファローズだが、その裏、一死から村松,ラロッカの連打で二、三塁とすると、ローズが走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に逆転に成功。3回には一死満塁から北川がきっちり犠飛を打ち上げて、3点目。2点を追う西武は5回、中島,G.G.佐藤の連続タイムリーで同点。追いつかれた偽バファローズは6回、下山に5号ソロが飛び出して、再び勝ち越し。下山は8回にも2打席連続となる6号2ランを叩き込み、ダメ押し。最後は加藤大が3人で締めて、連敗を3でストップさせた。尚、この日、偽バファローズはセラフィニに対して、戦力外通告を行った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:30コメント(0)トラックバック(41)2007 プロ野球 

July 13, 2007

◆G3−0C◆
7連敗から脱出したばかりの広島は守護神・永川が帰ってきた事により、役に立ったかどうかは別として暫定ストッパーを任せていた大竹を先発起用。これに対して、前夜の無茶なヘッドスライディングで右足首を痛めたマッスル千代の富士が一夜にして四番どころか、スタメンから外されてしまった巨人はそのマッスル千代の富士に代わり、スタメン起用された亀井が2回、バックスクリーン横へ今季初アーチとなる先制弾を叩き込むと、3回にはガッツが20号2ランと一発攻勢で3点を奪い、大竹は4回であえなく降板。自分から始まった連敗ロードを何としても止めたいと意気込む巨人先発・金刃は毎回走者を出しながらも、7回まで無失点に抑える粘りの投球を展開。8回は簡単に二死を取り、完封も見えてきた矢先、栗原にセンター前へ弾き返された所で無念の降板。しかし、代わった豊田が前日の汚名返上とばかりに新井を打ち取ると、9回は上原が3人で締めての完封リレーを達成し、連敗はようやく6でストップ。8回二死まで無失点の好投を見せた金刃は7勝目をマークした。

◆T−D◆
降雨中止。

◆YB1−0S◆
前回完封のハマのチンピラと前回8回無失点の館山がこの日も好投。ハマのチンピラはヤクルト打線に付け入る隙を許さぬ投球を見せるのに対し、館山は毎回の様に走者を出しながらも要所を抑える粘りの投球。0−0で迎えた8回、ヤクルトは一死から城石が二塁打を浴びせると、二死後、青木が敬遠され、田中浩のサードゴロを村田がエラーして満塁と、この日初のチャンス。しかし、ここで寿司職人ラミレスがショートゴロに倒れて、三者残塁。序盤は苦しんでいた館山も尻上がりに調子を上げていき、7回以降は一人の走者も出さず、試合は両軍ゼロ行進の儘、延長へ突入した。迎えた10回裏、横浜は四球で歩いた古木が内野ゴロで二進した所でガッツな貴公子・仁志がレフト前へタイムリーを浴びせ、劇的な2戦連続サヨナラ勝ちを収めた。ハマのチンピラは2試合連続完封で7勝目。

◆M5−6H◆
水島の呪いがセ・リーグに移りつつあるうちに調子を取り戻したいソフトバンクだが、この日も大苦戦。初回、先発・ガトームソンが3試合ぶりに4番に復帰したサブローのタイムリー二塁打で先制点を献上。3回に川崎のタイムリーで追いついても、その裏、TSUYOSHIにタイムリー二塁打,4回に松中の一発で追いついても、その裏、またもTSUYOSHIに犠飛と、悉く突き放されてしまう。6回、小久保に20号ソロが飛び出し、三たび追いついたソフトバンクは7回には橋本,青野と相次ぐエラーに乗じて、ついに勝ち越しに成功。しかし、8回、ガトームソンから水田にスイッチしたのが大失敗。二死一、二塁のピンチを迎えた水田はベニー松山に走者一掃の逆転タイムリー二塁打を浴びて、ガトームソンの白星を粉砕。土壇場9回、ロッテは守護神・小林雅を投入し、逃げ切りを図るが、またもやコバマサ劇場が開演される事に…。明石,代打・松田と簡単に打ち取られ、二死走者なしと絶対絶命の状況に追い込まれたソフトバンクだが、ここから大村,川崎,ハマのスペランカー,松中と怒濤の4連打を浴びせて、再逆転に成功。最後は守護神・馬原が3人で締めて、逃げ切った。ガトームソンの白星を粉砕した水田はちゃっかり5勝目を強奪。

◆E2−6F◆
悪の温床・楽天の先発は謎の新助っ人・バス。初回にフェルナンデスのタイムリー二塁打で援護を貰ったバスだが、3回二死から田中賢に内野安打を許すと、続く稲葉に10号2ランを叩き込まれ、形勢逆転。更に、5回には田中賢にタイムリー二塁打を浴び、デビュー戦は5回3失点で降板。2点を追う悪の温床・楽天は6回に山崎武の両リーグ一番乗りとなる30号ソロで1点差。しかし、直後の7回、日本ハムは一死満塁から小谷野,工藤の連続タイムリーで3点を追加し、試合を決定付けた。先発・ダルビッシュは1失点ながら、5回で早くも降板となったが、8勝目を飾った。

◆Bs2−5L◆
0−0で迎えた3回、西武は二死走者なしから礒?が四球を選ぶと、ここから中島,G.G.佐藤が連続二塁打を浴びせて、2点を先制。5回には中島,栗山のタイムリーで2点を追加。4点を追う偽バファローズはその裏、大引の2号ソロでようやく1点を返すも、後が続かない。西武は8回に福地のタイムリーでダメ押しの5点目。今季初登板初先発・宮越は6回途中でマウンドを降りたものの、その後、4人のリリーフを仰いで、今季初勝利をマークした。西武はこれで3連勝。逆に、敗れた偽バファローズは3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:52コメント(0)トラックバック(63)2007 プロ野球 

  病院へ担ぎ込まれようとしているギブソンを前に顔面蒼白で付き添うJr.。しかし、まだ意識が残っていたギブソンはグラウンドに戻って自分の仕事を果たし、アメリカの勝利を報告しろと、Jr.を叱咤する。一方、ギブソン倒れるの報を聞き、動揺を隠せない吾郎の様子に、とても投げられる精神状態ではないだろうと判断した茂野は降板を促すが、命懸けでマウンドを守り抜いたギブソンを目の当たりにした吾郎は自分が作ったピンチは自分で刈り取るとこれを拒否するのだった。相談せずに交代させるべきだったと後悔する茂野からの報告を受けた大木さんは、元々、代えるつもりがなかった事を明かし、この試合は吾郎と心中する事を決意する。無死満塁と言う絶体絶命のピンチで意を決した吾郎とJr.が対峙。何としてもギブソンにアメリカの勝利を報告せんと意気込むJr.だったが、初球、まだ終われないと言う吾郎の渾身のストレートの前にバットは空を切る。果たして、勝負の行方は…!?

 まだまだ勝負は終わらない…と言う空気を出してはいるのだが、ギブソンでない投手から日本が勝ち越した所でさして盛り上がらないだろうし、この流れでこのチャンスを逃した後でアメリカがサヨナラ勝ちをしても、(たとえ、主砲・ボルテックのサヨナラアーチであっても)イマイチ盛り上がらない訳で、やはり、このタイミングで決着するのではなかろうかと思わずにはいられない。覚醒アレックスのサヨナラヒットの可能性には僅かに期待してしまったりするのだが………、Jr.で終わるんだろうなぁ。最早、一発長打は必要ない場面だし、バットを折りながらのしぶといタイムリー内野安打とかになりそうな予感。せめて、二死満塁だったら、もう少し緊迫感があるんだが…。このシリーズでこの作品がピリオドを打つ事は想像に難くなく、にも拘わらず、負けて終わりでいいのか?と言う声もあるかもしれないが、リトルから高校に至るまで、何だかんだで吾郎は頂点に立った試しがない訳で(中学の地区大会と、3Aで優勝したくらいか)、まだ越えられない大きな壁として、また今後の大きな目標としてギブソンが君臨すると言う形で終わっても、さして違和感はない様に思う。ところで、気になるのは寿也の動向だ。バット直撃が倒れた原因では?と気にしている様子で、この儘、ギブソンが命を落とす様な事になった場合、またまたダークフォースに囚われてしまうのか否か…って、この期に及んで、そんな話やってられないよなぁ…(+_+)。実はもう既に、黒寿也化していて、心ここにあらずのうちに吾郎の速球をパスボールしてサヨナラ負け…だったりすると、ある意味、漫画史に残る凄いラストになるのだが…

MAJOR 63 (63)

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:52コメント(1)トラックバック(0)2007 MAJOR 

July 12, 2007

◆G3−4T◆
連敗ロードに喘ぐ巨人だが、追い打ちをかける様に李が左手親指付け根の炎症悪化により、移籍後初の登録抹消。緊急事態に立たされた若大将・原監督は開幕から1番を任せてきたマッスル千代の富士を今季初の4番に起用し、同じく2番に固定してきた松田記者を2番,大道を8番で移籍初のスタメン起用するなど、大幅なテコ入れを敢行した。しかし、そんな小手先の小細工が簡単に実を結ぶ事はなく、今季初登板初先発となる岩田に対して、3回まで僅かに1安打と沈黙。4回に阿部の犠飛でようやく先制するも、後が続かない。四球の走者はやたらに出すものの、全くヒットが出ず、残塁を量産するばかり。しかし、この所、壊滅状態にあった巨人投手陣は福田−林−西村−野口−豊田と繋ぐ必死の継投で1点のリードを守り続ける頑張りを見せる。何とかリードを保った儘、9回に上原に繋ぎたい所だったが、8回、豊田が二死一、二塁から矢野にレフト線へタイムリー二塁打を浴び、ついに同点。上原,藤川の両守護神が同点ながらも早くも9回から登場し、2イニングを無失点に抑えるなど、両軍勝ち越せない儘、ラストイニングの12回へ突入。11回から登板している会田はここに来て、全くストライクが入らなくなり、連続四球でピンチを作ると、桜井に2試合連続の2号3ランを叩き込まれ、ついに勝ち越し点を献上。その裏、巨人は阿部のタイムリーの後、小田嶋が粘りに粘った末にセンターの頭上を越える移籍初安打となるタイムリー二塁打を浴びせて、1点差まで詰め寄ったものの、あまりにも遅過ぎた反撃は報われる事なく、最後は鈴木尚がショートゴロに倒れて、ゲームセット。中日が敗れた事で首位の座は辛くも保たれたものの、泥沼の連敗は6と伸びてしまった

カリメロ勝◆YB6−3D◆
横浜先発・カリメロに対して、中日は2回、先頭のT.ウッズがヒットで出るも、森野,中村紀と倒れて、二死。しかし、やはり、川相不在では一発に賭けるしかないと察知したピンキー井上が3号先制2ラン。0−2で迎えた4回、横浜は一死から吉村が内野安打で出塁。続く鈴木なおのりは空振り三振に倒れるも、この時、何を勘違いしたのか、鈴木なおのりの足に当たったボールを谷繁が全く拾いに行かず、カバーに行った中田がスタートを切っていた吉村を刺そうとして悪送球をかまし、一気に生還を許すと言う訳の分からないプレーで1点差。川相不在による守備の緩みを痛感し、動揺を隠せない中田は続く5回には突如、制球を乱して、満塁のピンチを迎えると、村田に犠飛を許して、同点とされてしまう。7回にピンキー井上のタイムリー二塁打で再び勝ち越した中日だが、8回から代わった岡本が二死二塁から代打・古木にタイムリーを許して、またも試合は振り出しに。土壇場9回、何とか延長に持ち込みたい中日は3番手として新助っ人・クルスを投入。しかし、いきなり先頭のガッツな貴公子・仁志を歩かせるなど、二死一、二塁のピンチを迎えると、ここでメカゴジラに5号3ランを叩き込まれて、悪夢のサヨナラ負けとなった。

◆S2−3C◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー,青木高の両先発がいずれも3回をパーフェクトと素晴らしい立ち上がり。しかし、4回、広島は先頭の東出が両軍通じて初安打となる二塁打で出ると、森笠のファーストゴロで三進。ここで栗原がタイムリー二塁打を放ち、ついに1点を先制。更に、二死後、オチョアにもタイムリーが飛び出して、この回、2点。無失点投球を続けていた青木高は7回、ガイエル,宮出と連打を浴びた所でKOとなるも、代わった宮崎が後続を断ち、ピンチ脱出。しかし、続く8回、ヤクルトは二死から青木,田中浩と連続アーチを叩き込み、一気に同点。2−2で迎えた土壇場9回、8回に代打を出されたグライシンガーに代わり、マウンドに上がった霊感投手・高井に対して、広島は一死から代打・ルパン広瀬がレフトスタンドへ4号ソロを放り込み、勝ち越しに成功。最後は帰ってきた守護神・永川が2つの三振を奪うなど、3人で締める快投を見せ、広島の連敗はようやく7でストップ。敗れたヤクルトの連勝も7で止まった。

◆H4−1E◆
恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」は今日からオールスター。呪いの対象がセ・リーグに向いているうちに何とか体勢を立て直したいソフトバンクは2回、先頭の小久保が19号先制弾を叩き込むと、更に、二死一、二塁から大村が走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、3点目。この後、ソフトバンクは3回一死二塁,4回二死一、二塁,5回無死一、二塁と立て続けにチャンスを作りながら、あと一本が出ない拙攻三昧。そうこうしているうちにここまで無失点に抑えてきた先発・杉内が6回にフェルナンデスのタイムリーで2点差と迫られる不吉な展開。7回にも先頭の吉岡に痛打された杉内だが、続く礒部をゲッツーに仕留めて、傾きかけた流れを引き戻す。続く8回には二死一、二塁の場面で代わった守護神・馬原が山崎武を空振り三振に斬って取り、ピンチ脱出。すると、その裏、ソフトバンクは吉岡のタイムリーエラーでダメ押しの4点目を追加。これで楽になった馬原は9回も無難に締めて、対悪の温床・楽天の連敗を4でストップさせた。杉内は完投こそ逃したものの、1失点の好投で11勝目

◆F8−0Bs◆
偽バファローズ先発・デイビーに対して、日本ハムは2回、一死から3連打で満塁とすると、続く鶴岡もライト前へ弾き返して、1点を先制。金子誠のファーストゴロの間に2点目をあげると、ここで劇団ひちょりがレフト前へ2点タイムリー。この後、田中賢,稲葉と連続死球を食らって、押し出しとなると、青波の長瀬もライト前へ2点タイムリー。デイビーはよもやの大量7失点であえなくKO。日本ハムは4回にも二死走者なしから3連打で1点を追加。投げては先発のルーキー・吉川が立ち上がりこそ制球に苦しんだものの、2回以降は安定した投球で偽バファローズ打線を翻弄し、散発5安打でプロ初完封を飾った。

◆L5−3M◆
初回、4番に起用された謎の新助っ人・オーティズのタイムリーで先制された西武だが、その裏、二死走者なしから中島のヒット,G.G.佐藤の四球で一、二塁とした所でベンちゃん,栗山,貝塚と3連続タイムリーで一気に逆転。ロッテ先発・吉井は続く細川に死球を食らわせた所で1回もたずにKOとなった。この満塁のピンチは何とか凌いだ2番手・高木だが、続く2回にG.G.佐藤に18号2ランを浴びて、2点を献上。4点を追うロッテは5回にまたもオーティズのタイムリーで1点を返すも、以降はなかなか攻めきれない。一方、西武も再三チャンスを掴みながら、あと一本が出ない膠着状態。土壇場9回、ロッテは一死からTSUYOSHI,早川の連続二塁打で2点差まで追い上げたものの、この日2安打のフクーラ,この日3安打のオーティズがいずれも凡退し、あと一歩及ばなかった。西武先発・涌井は8回途中まで2失点の好投でハーラートップの12勝目をマークした。ロッテは吉井を投げさせる暇があったら、ゴーグルを先発起用した方がいいんじゃなかろうか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:57コメント(1)トラックバック(81)2007 プロ野球 

July 11, 2007

◆G4−9T◆
連敗を止めたい巨人はこの日もニックンのタイムリーで先手を取りながら、先発・木佐貫が直後の2回にいきなりキュラソ星人に被弾し、あっさり同点。更に、ここから脇谷,ニックンの連続エラーで足を引っ張られた後、ジュビロ野口,藤本と連続タイムリーを許すと、一死後、鳥谷にもタイムリーを浴び、悪夢の5失点KO。4点のリードを貰い、プロ初白星へ大いに近付いたかに思われた阪神先発・若竹だが、その裏、一死一、二塁のピンチを迎えると、先発を全く育てる気がないとしか思えない采配を続けている岡田監督は早くも若竹を引きずり下ろす非情采配を敢行。その采配の是非はともかくとして、代わった江草は後続を断ち切り、結果としてはとりあえずの成功を収めた。4回にマッスル千代の富士のタイムリーで1点を返した巨人だが、直後の5回、GG佐藤に代わる先発要員として昇格したのかと思いきや、いきなりリリーフで起用された久保が桜井にプロ初アーチとなる3ランを叩き込まれて、点差は一気に6と拡大。その裏、巨人は2点を返したものの、焼け石に水。阪神は8回にも林のタイムリー二塁打で1点を加え、ダメ押し。5点差あるにも拘わらず、またもや引っ張り出されてしまった久保田は気の毒と言う他ないが、それでもウィリアムス,藤川は何とか出番を免れ、3連勝。一方、またも投壊が止められなかった巨人は5連敗となり、2位中日にはいつの間にやら1ゲーム差にまで詰め寄られてしまった。

◆YB1−3D◆
巨人戦限定好投手・土肥に対して、中日は2回、一死二塁から中村紀のタイムリーで先制すると、6回には一死一、二塁から井端の走者一掃タイムリー二塁打で2点を追加。5回まで無失点の好投を見せていた中日先発・小笠原だが、その裏、石井タクロー,金城と連打を浴び、一、二塁のピンチ。ここで村田を空振り三振に斬って取るも、何故か、このタイミングで交代を強いられると、代わった小林がメカゴジラにタイムリーを浴びて、1点を献上。しかし、代わったクルスがここを断ち切ると、続く7回も3人で抑える好リリーフ。8回からは平井,9回からは守護神・岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、lリードを守りきった…はいいものの、怒濤の送りバント失敗地獄には不安を感じずにはいられない。だから、名手・川相にコーチ業なんてやらせてないで現役に復帰させろと言うとるんや! 現役選手より遙かに上手いコーチって、どんな宝の持ち腐れやねん! もう7月過ぎてるから何を言っても、今季の現役復帰が叶わない事は分かっている訳だが、それでも言わずにはいられない。

◆S12−10C◆
広島は初回、突如、2番に起用されたオチョアの2号2ラン,求道者・前田の8号ソロと一発攻勢で3点を先制。連敗脱出へ好スタートと思われたのも束の間、その裏、先発・高橋が大炎上。青木,田中浩と連続アーチを叩き込まれると、更に、寿司職人ラミレスを歩かせた後、ガイエルにも被弾と、打者4人で3発を浴びて、あっと言う間に逆転を許してしまう。1点を追う広島は3回に新井の21号ソロで追いつくと、4回には東出のタイムリー二塁打で再びリードを奪うも、5回、2番手として登場した魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが田中浩のこの日2本目のアーチで追いつかれると、宮出にも一発を浴び、またも形勢逆転。畳み掛けるヤクルトは6回にも福川のタイムリー二塁打で1点を追加。しかし、これ以上負けられない広島は7回、求道者・前田にこの日2本目となる同点9号2ラン。更に、この後、2つの四球で一、二塁とした所で東出がタイムリーを放ち、三たび勝ち越しに成功。勢いに乗る広島は8回にも石原のタイムリー二塁打で2点を追加し、10点目。流石にこれで決まったかと思いきや、土壇場9回、ヤクルトは一死一塁から寿司職人ラミレス,ガイエルの連続アーチで一気に追いつき、延長に突入。迎えた11回、ヤクルトは無死二塁から寿司職人ラミレスが2打席連続の13号2ランを叩き込み、サヨナラ勝ち。両軍合わせて31安打22得点,12本のアーチが飛び交う空中戦に敗れた広島は7連敗。13残塁といつも通りの拙攻も痛かったが、勝ったと油断して求道者・前田を途中で引っ込めてしまったのも大きく響く格好となった。10点取っても、12点取られる投手陣も勿論、大いに問題はあるのだが…。勝ったヤクルトは7連勝。

◆H10−11E◆
水島キャラに悪夢のパーフェクトを食らったソフトバンクと、水島キャラのおかげで辛くも勝たせて貰った悪の温床・楽天。受けた呪いの大きさが遙かに大きいソフトバンクが悪の温床・楽天に苦戦するのは必然とも言えるが、だからと言って、この儘、手をこまねいて連敗を続ける訳にはいかないと、初回一死一、二塁から松中のタイムリーで先制すると、更に、二死満塁とし、早くも悪の温床・楽天先発・有銘をKO。更に、代わった永井からブキャナンが2点タイムリーを浴びせて、この回、3点。5回にも1点を加えて、4点目。ソフトバンク先発・新垣は毎回走者を出す苦しい内容ながらも、要所を締める粘りの投球を展開していたが、6回、先頭の山崎武に死球を食らわせると、日本タイ記録となるシーズン20個目の暴投をかました後、草野にレフトスタンドへ放り込まれて、KO。しかし、その裏、ソフトバンクは一死満塁から小久保,柴原の連続タイムリー二塁打で一気に4点を追加。これがダメ押しとなると思いきや、直後の7回、ソフトバンクは水島の呪いの恐ろしさを痛感させられる事になろうとは…。この回からマウンドに上がったのはスタンドリッジ。一時は水島の呪いを軽減させる活躍を見せたスタンドリッジだが、鎖国政策を重んじる水島の呪いを完全に打ち破る事は出来なかったのか、二死走者なしから、3連打で1点を返され、あえなくKO。代わったニコースキーも鎖国政策を貫かんとする水島の呪いの影響か、制球が定まらず、代打・吉岡を歩かせただけで降板。更に、5番手・水田に至っては、代わりばな渡辺直に満塁の走者を一掃されるタイムリー二塁打を浴びたばかりか、代打・関川に死球を食らわせた後、鉄平には3号3ランを放り込まれて、この回、大量7失点でまさかの逆転を許す始末。しかし、簡単には終われないソフトバンクはその裏、代打・田上が執念の4号ソロを叩き込み、同点。8回に1点ずつ取り合って迎えた土壇場9回、悪の温床・楽天は高須のタイムリーで三たび勝ち越し。その裏、ソフトバンクは一死から大村が内野安打で出たものの、川崎,ハマのスペランカーと倒れて、あと一歩及ばず。6点差を跳ね返されると言う正に呪いとしか思えない最悪の形で敗れたソフトバンクは対悪の温床・楽天、悪夢の4連敗となった。

◆F3−1Bs◆
日本ハム先発・伊集院光の弟子・金村に対して、偽バファローズは初回、ラロッカの20号ソロで1点を先制。1点のビハインドをなかなか返せずにいた日本ハムだが、5回、先頭の工藤が三塁打を浴びせると、続く金子誠のタイムリーでついに同点。更に、この後、一死満塁と絶好のチャンスを掴んだものの、青波の長瀬,小谷野と倒れて、勝ち越しならず。1−1で迎えた7回、日本ハムは一死から劇団ひちょりがセンター前ヒット。偽バファローズはここで先発・ユウキから菊地原にスイッチするも、これが裏目。田中賢を打ち取り、二死まで追い込んだ菊地原だが、ここから稲葉,青波の長瀬と連打を許し、勝ち越し点を献上。日本ハムは続く8回にも工藤のタイムリー二塁打でダメ押し。伊集院光の弟子・金村は9回も3人で仕留め、今季2度目の完投勝利で5勝目をマークした。偽バファローズの連勝は4でストップ。

◆L5−2M◆
0−0で迎えた3回、ロッテは一死一、二塁から早川のタイムリーで1点を先制すると、続く4回には塀内のタイムリーで2点目を追加。ロッテ先発・小野から毎回安打を浴びせながら、打ち崩せずにいた西武だが、5回、内野安打と盗塁で二塁へ進んだ礒?を福地のタイムリーで返して、1点差。7回にはロッテ3番手・荻野から二死満塁のチャンスを作ると、中島が9号グランドスラムを叩き込み、一気に逆転。8回からはミッチー,グラマンと繋いで逃げ切り、先発・ジョンソンは5試合目にして、ようやく来日初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:20コメント(1)トラックバック(83)2007 プロ野球 

July 10, 2007

◆G1−2T◆
6月9日以来白星から遠ざかっている巨人先発・内海が4回までパーフェクトの快投を展開。5回一死から林に内野安打を許したものの、すかさずシーツをゲッツーに仕留める。しかし、肝心の味方打線は阪神先発・福原の前にゼロ行進を続けるばかり。ついに根負けした内海は6回に先頭の矢野に2号ソロを放り込まれると、7回にはキュラソ星人に被弾し、2点目を献上。いかに先発投手が素晴らしい投球をしていようとも、リードさえすれば、闇雲にJFKを投入する岡田監督のバカの一つ覚えリレーがその裏から、またも炸裂。巨人は8回二死一、二塁のチャンスで藤川から松田記者のタイムリーで1点差と詰め寄るも、二塁塁審の疑惑の判定でチャンスを潰されると、9回は三者凡退であえなくゲームセット。好投の内海を見殺しにした巨人は今季初の4連敗となった。それにしても、6回無四球3安打の福原をああも安易に代えてしまうとは…。期待に応え続けるJFKも神懸かり的だが、岡田監督はJFKを潰したいのか、先発を育てる気がないのか、壊滅的に先発陣への信頼感が持てないのか、他に頭が働かないのか、どれなのだろう?

◆YB1−4D◆
中日は2回、T.ウッズ,森野の連打で無死一、二塁とするも、中村紀が最悪のゲッツー。チャンスは潰えたかと思われたが、ここでピンキー井上がタイムリー二塁打を放ち、1点を先制。更に、谷繁が歩かされた後、投手の朝倉が自らを楽にするタイムリーを浴びせて、この回、2点。続く4回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに森野が10号2ランを叩き込み、4点目。先発・朝倉は川相不在の内野陣の拙守に足を引っ張られながらも、崩れる事なく7回まで散発3安打の好投を展開。8回に内野ゴロの間に1点を許し、完封はならなかったが、守護神・岩瀬のリリーフを仰いで、6勝目をマークした。

◆S5−1C◆
連敗ストッパーを託されたベテラン佐々岡は毎回走者を出しながらも、あと1本を許さない粘りの投球を見せるも、味方打線はヤクルト先発・藤井の前に攻めあぐね、援護を貰えない。0−0で迎えた5回裏、無失点投球の藤井に早くも代打・真中を送るなどして、一死一、二塁のチャンスを作ったヤクルトは寿司職人ラミレスが先制11号3ランを放り込み、佐々岡をKO。直後の6回、石原のタイムリーでようやく1点を返した広島だが、その裏、2番手・上野が青木にタイムリーを許し、再び3点差。8回にも寿司職人ラミレスのタイムリー二塁打でダメを押された広島に反撃する力はなく、泥沼の6連敗となった。一方、ヤクルトは2年ぶりの6連勝。

◆H2−3E◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれ、戦線離脱を余儀なくされた斉藤和がついに復活登板。2回まではまずまずの立ち上がりを見せていた斉藤和だが、3回、一死一塁から鉄平,高須と連打を許して、先制点を献上。その裏、大村のタイムリーで同点として貰ったのも束の間、4回にはショートに勝ち越しの3号ソロを被弾。5回にはフェルナンデスにタイムリーを浴びて、5回7安打3失点とイマイチな内容で降板となった。すっかりホークスキラーとなっている田中に対して、水島の呪い再燃により、湿りがちなソフトバンク打線はこの日も無為に凡打を繰り返し、一向に点差を縮める事が出来ない土壇場9回、福盛の暴投で1点差と詰め寄り、なおも二死二、三塁と一打サヨナラの場面を作ったものの、最後は代打・明石が空振り三振に倒れて、万事休す。田中は対ソフトバンク無傷の4連勝で、ルーキー単独トップの7勝目をマークした。

◆F4−7Bs◆
初回にアレンのタイムリーで先制された日本ハムだが、2回にジョーンズ,3回には青波の長瀬と両助っ人のタイムリーで勝ち越しに成功。5回に的山の今季初アーチ発で追いつかれるも、6回、無死満塁から鶴岡のスクイズ,代打・稲田のタイムリーで2点を勝ち越し。しかし、直後の7回、この回から武田勝に代わって、マウンドに上がった江尻が捕まり、村松の2点タイムリーであっさり武田勝のバースデー勝利を無惨に粉砕すると、更に、代わった3番手・武田久がラロッカに2ランを浴び、勝ち越し点を献上。8回には先月まで偽バファローズにいた萩原が古巣相手の移籍初登板でいきなり押し出し四球をかまして、試合を決定付けた。最後は加藤大が久々にセーブのつく場面でピシャリと締めて、偽バファローズが4連勝。日本ハムは14安打を放ちながら、4つの併殺が大きく響いた

◆L0−7M◆
通算150勝へ2度目の挑戦となるオツは3回まで無失点で切り抜けるも、4回、一死満塁のピンチを迎えると、謎の新助っ人・オーティズに来日初アーチとなるグランドスラムを叩き込まれ、一気に4点を献上。更に、この後、TSUYOSHIにもタイムリーを浴び、5失点。6回にもTSUYOSHIに2点タイムリーを許し、7失点KOとまたも150勝はお預けとなった。大量リードを貰ったロッテ先発・成瀬は立ち上がりから安定した投球で西武打線を翻弄。散発3安打で今季2度目の完封を果たし、7勝目を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:42コメント(1)トラックバック(97)2007 プロ野球 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ