May 2007

May 31, 2007

◆G7−3H◆
水島の呪いと言う強大無比な敵との戦いに苦しめられているソフトバンク。この日は今季最悪の調子と言ってもいい内海相手に初回二死一、二塁,2回一死二塁と攻め立てながら、あと1本が出ない拙攻を繰り返していたが、3回、一死二塁からハマのスペランカーが8号2ランを叩き込み、ついに先制。4回には先頭の田上が3号ソロを叩き込むと、二死後、連打を浴びせて、内海は今季最短のKO。しかし、代わった西村の前にハマのスペランカーが打ち取られ、追加点はならず。先発・新垣は5回まで2安打無失点と危なげのない投球を見せていたが、6回、ついに十八番の暴投をかまして、日本記録まであと4と接近。この回は事なきを得たものの、続く7回、2本のヒットで一死一、二塁のピンチを迎えた所で降板。代わった佐藤もホリンズを歩かせて満塁となった所で3番手・篠原がマウンドに上がったが、ここで代打・矢野に2号グランドスラムを痛恨被弾し、一気に形勢逆転。これで完全に流れを引き寄せた巨人は8回には阿部の10号3ランでダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらも登場した上原が3人でピシャリ。内海以降、4人の投手がノーヒットに抑える完璧なリレーを見せるなど、内海を早々と見限った若大将・原監督の決断が見事に決まり、巨人はこの2連戦2連勝。ソフトバンクは悪夢の逆転負けを喫し、依然として水島の呪いからは解放されていない事をまざまざと見せつけた。それにしても、新垣の降板はちょっと早まったのではなかろうか…。

◆D10−2E◆
怒濤の拙攻拙守を繰り広げる川相不在の弊害を大露呈しまくっての3連敗中の中日は2回、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズのリーグ一番乗りとなる20号ソロで先制すると、更に、一死後、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号ソロを放ち、この回、2点。一方、この日から本格的に水島の呪いに苛まれつつある悪の温床・楽天は直後の3回、二死一塁から渡辺直,高須,礒部の3連打で一気に同点。追いつかれた中日は4回、谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを放ち、勝ち越しに成功。7回には中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目となる11号3ランを放り込むなど、8長短打で大量6点を奪い、試合を決定付けた。中日先発・小笠原は5回2失点で退いたが、打線とリリーフの援護に助けられ、開幕4連勝。悪の温床・楽天は5番以下はノーヒットと完全に沈黙し、悲願の貯金生活はお預けとなったが、水島の呪いにかかっている事を考えると、貯金のチャンスはもう2度とやって来ない可能性も十二分に考えられる所だろう

◆C0−2M◆
ロッテは初回、一死一、三塁のチャンスにサブローの打球はファーストへのファールフライ。しかし、これを栗原がよもやの落球。打ち直しとなったサブローは結局、空振り三振に倒れるも、この際、一塁走者・堀が二盗を敢行。嶋が二塁へ送球する間に三塁走者・TSUYOSHIが本塁を陥れ、1点を先制。5回には里崎のタイムリーで2点目を追加。投げては先発・成瀬が7回まで散発4安打無失点の好投を展開。完封ペースだったが、バレンタイン監督は8回から惜しげもなく薮田を投入すると、最後は守護神・小林雅を繰り出しての完封リレーで5連勝。成瀬は開幕から無傷の6勝目をマークした。広島はまたも打線が奮わず3連敗。この日も栗原が4タコのブレーキで守っては2失策と攻守に精彩を欠いた。

◆T6−3L◆
初回3人で切り抜けたボーグルソンは2回もカブレラをショートゴロ,中島を空振り三振に斬ってとり、簡単に二死…と思いきや、狩野が弾いた上に悪送球をかまして、振り逃げを許すと、続く栗山に今季初アーチとなる2ランを叩き込まれて、2点を献上。3回は三者凡退で切り抜け、復調したかに見えたボーグルソンだが、故障が発生し、その裏に代打を送られて降板。すると4回からはチーム事情を考えれば、先発ローテ入りさせた方が有効としか思えない中村泰がまたもやリリーフで引っ張り出されてしまい、次なる先発の機会はまたしばらくはお預けに…。その中村泰が三者凡退に斬ってとると、その裏、阪神は林の8号ソロで1点差。更に、一死一、二塁とした所で鳥谷に3号3ランが飛び出して、一気に逆転に成功。5回には三者三振の力投を見せた中村泰だが、6回、一死一、三塁のピンチを迎えると、カブレラに犠飛を許して、1点差。続く7回からマウンドに上がった久保田も鳥谷のエラーで二死二塁のピンチを迎えると、代打・平尾にレフト前へ弾き返されるも、同点のホームを狙った二塁走者・礒?はキュラソ星人の好返球の前に憤死。何とか突き放したい阪神はその裏、キャラソ星人のゲッツー崩れの間に1点をあげた後、更に、シーツのタイムリーが飛び出して、ダメ押し。8回途中からは藤川を注ぎ込んで逃げ切った阪神は交流戦に入って、初の連勝。緊急登板ながらも好投した中村泰に2勝目がついた。

◆S4−1Bs◆
ただでさえ変な日程になっている交流戦で2試合連続中止となると後々厄介だから…と言わんばかりに雨が降る中、強引に始められたこの試合。初回、ガイエルのタイムリーで先制された偽バファローズだが、直後の2回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが17号ソロを叩き込み、あっと言う間に同点。しかし、ヤクルトは金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが自らを助けるタイムリーで勝ち越すと、続く3回にはガイエルの10号2ランで4点目。無理矢理開催されたこの試合は5回の攻撃が終わるや否や早々と降雨コールドとなる観客にとっては傍迷惑この上ない展開で、ヤクルトが勝ち逃げ。グライシンガーは5回ながらも完投で5勝目をマークした。

カリメロ◆YB−F◆
前回、連敗ストッパーとして貢献したカリメロだが、この日はピリッとせず、初回から3安打を浴びて、先制点を献上。一方、スライド登板となったダルビッシュは2三振を奪うなど三者凡退に斬ってとる上々の立ち上がりとなったが、試合前から振っていた雨が強くなり、結局、2試合連続の降雨中止となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(3)トラックバック(84)2007 プロ野球 

May 30, 2007

◆G6−2H◆
水島の呪いと言う強大な敵との戦いを強いられているソフトバンク。祟られて離脱していた主砲・松中が帰ってきたものの、巨人先発のルーキー・金刃の前に7回まで僅かに2安打と手も足も出ない。援護を貰えない中、力投を続けていた先発・和田だが、4回に李に痛恨被弾し、先制点を献上。6回には連打を浴びて、無死一、三塁の大ピンチ。ここで怒濤のチャンスブレイカー・ニックンを空振り三振に斬ってとったものの、阿部を歩かせた後、ホリンズに犠飛を打ち上げられて、2点目を失ってしまう。2−0で迎えた8回に二死満塁とこの日初めてのチャンスを作るも、本多がショートゴロに倒れて、三者残塁。ピンチを脱した巨人はその裏、阿部のタイムリー二塁打,ホリンズの2ラン等で大量4点を奪い、ダメ押し。プロ初完封を目前にした金刃だったが、一死から松中に一発を浴び、ついに完封は消滅。この後、更に、斉藤秀の犠飛で2点目を許したものの、プロ初完投で5勝目を飾った

◆D2−4E◆
先週から水島の呪いの伏線を張られ、明日から本格的に呪われるのではないかと危惧されているルーキー・田中が先発登板。初回は3人で切り抜けた田中だったが、続く2回、一死から森野に三塁打を浴びた後、中村紀にタイムリーを許して、先制点を献上。更に、李にも二塁打を浴びた後、谷繁には犠飛を許して、この回2失点。3回以降は走者を出しながらもあと1本を許さない粘りの投球を見せたものの、肝心の味方打線が中日先発・朝倉に翻弄され、ゼロ行進を続けるばかり。結局、田中は7回途中でKOとなり、またも白星ならず。しかし、土壇場9回、完封目前の朝倉に連打を浴びせて、守護神・岩瀬を引きずり出すと、渡辺の野選等で一死満塁となった所でショートの犠飛,代打・鷹野のタイムリーでついに同点。続く鉄平はセカンドゴロゲッツーに倒れて、同点止まり…と思いきや、森野,渡辺のダブル悪送球で一気に二者が生還し、勝ち越しに成功。最後は福盛が締めて、悪の温床・楽天は借金完済となった。

◆C3−4M◆
初回の無死一、二塁のチャンスは逃した広島だが、続く2回に東出のタイムリーで先制。4回には阪神から移籍の喜田がプロ初アーチを叩き込むと、5回には求道者・前田にタイムリーが飛び出して、3点目。広島先発・青木高の前に5回までパーフェクトと完璧に封じ込まれていたロッテだが、6回、竹原のチーム初安打となる二塁打を皮切りに、代打・早川,TSUYOSHIの連続犠飛で2点を返すと、続く7回には2番手・林からベニー松山が4号2ランを放り込み、逆転に成功。土壇場9回、守護神・小林雅は二死から連打を浴び、長打が出ればサヨナラと言うピンチを作ったものの、最後は栗原を打ち取り、辛くも逃げ切り。3番手として登板し、一死を取っただけのゴーグルに3勝目が転がり込んだ。広島は梵,東出の1,2番コンビが7安打1四球と出塁しまくったが、3番栗原が5タコと大ブレーキだったのが響いた。

◆T3−1L◆
4連敗中の阪神はこの日も、2回に福地のタイムリーで先制される苦しい展開。西武先発・岸にタイして、初回一死二塁,2回無死一、二塁と攻め立てながら、要所を締められていた阪神だが、4回、一死から林が内野安打で出た所でゼブラ今岡が2号2ランを放ち、一気に逆転。更に、続く悠久の若虎・桧山にも今季初アーチが飛び出して、この回、3点。リードを貰った先発・下柳は6回まで1失点で切り抜けると、7回からは久保田を投入する必勝パターン。ウィリアムスが登録抹消となっている事で、間を挟まずに8回途中から登場した藤川は4者連続三振の快投で西武の反撃を断ちきり、連敗を脱出した。

◆S−Bs◆
降雨中止。

◆YB−F◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:18コメント(0)トラックバック(67)2007 プロ野球 

May 29, 2007

 開幕戦でソフトバンクがシメ倒されてから一体どれくらいの時が経ったのか、全く不明だが、東京ドームに悪の温床・楽天が乗り込んできた。現在は最下位でとても優勝を狙える自信はないものの、3位までに入れば参戦出来るアジアシリーズ出場権争奪戦出場権争奪戦入りに意欲を燃やすノムさん。40年前の自分が捕手として出場すれば、優勝も可能だなどと言う妄想に駆られながら、自慢のID野球もデータを生かせる戦力があってのものだと戦力不足に頭を悩ませていた。そんな悪の温床・楽天のロッカールームでは、この日先発登板のゴールデンルーキー・田中と一球が雑談を交わしていた。巨人学園は弱い所だらけで全てのポジションをこなしたと言う一球に対して、九郎がいたから捕手はやっていないだろうと問う田中だが、機動力を使ってくる相手に対しては捕ってから投げるまでの動作が早い一球がマスクを被っていたと九郎から聞かされる。実は田中はこの日のスタメンで一球が捕手で起用されているらしい情報を掴んでいて、探りを入れていたのだが、捕手経験があるとは言え、九郎の他にも藤井や嶋らがいる状況で自分が捕手をやる必要はないと言う一球の言葉に田中は自分の勘違いだったのだろうと納得しようとした矢先、グラウンド内では「3番捕手」の仰天コールがされるのだった。試合開始20分前になって、突如の起用を知らされた一球は田中を引き連れて急遽、ブルペンへ直行。田中の変化球をポロポロとこぼす一球の姿にノムさんは愕然とするが、実はこの練習は一球の指示により、ノーサインで行われていたのが原因だった。その意図は理解出来ないながらも、何か考えがある筈だとニヤリとするノムさん。野球経験なしで巨人学園に入ってきた際、ルールを知らずに打球にグラブを投げつけ、三塁打にしてしまった逸話にも、チョンボそのものより、打球にグラブを命中させた身体能力を評価するノムさんは一球に捕手が出来るかどうかは知らないが、相手もそれを知らないから面白いなどと訳の分からない事をぬかしながら、それと同時に一球が打者として野手としてグラウンドを駆け巡る姿を思い浮かべて、ほくそ笑むのだった。

 現実では交流戦が始まっていると言うのに、まだパ・リーグ同士の試合をやるとは…。この時点でパ・リーグとの試合を始めると言う事は今年は交流戦を描かないと見て良さそうだ。数少ない似せて描ける選手・下柳を擁する阪神は下位に低迷中。首位を争う2チームも、中日は似せて描ける選手が皆無で、巨人も似てるかどうかはともかく、ヒゲのおかげで誰であるかを認識させる事の出来たガッツがヒゲを剃ってしまい、似せて描ける選手がいなくなってしまった為に、交流戦を描くのを断念したのだろうか。で、その相手が悪の温床・楽天になったのは、いよいよ恐れていた時が来てしまったか…と言う感じ。出る杭は早めに打っておくのが水島流。今のうちにゴールデンルーキー・田中をシメ倒しておこうと言ういつもの手口である。田中が勝てば「一球のおかげ」、負ければ「山田は凄い」と言う展開となり、決して「田中は凄い」とはならない。霊感投手・松坂もこの仕打ちに遭って、山田崇拝者にでっち上げられてしまった事に嫌気がさして、国外へ亡命してしまっただけに田中の海外流出が今から心配だ。それ以前に呪いで選手生命を断たれる事の方が怖いが…。まぁ、今回も前回の悪の温床・楽天戦同様、水島キャラに対抗出来るのは水島キャラのみ…と言う事で一球以外はロクな活躍をさせて貰えないんだろうなぁ。狂い咲き中の山崎武も霞みそうだ…。まぁ、ノムさんではないが、野手・一球,打者・一球の活躍はそれなりに楽しみだ。一球はピッチャーやってるより、サードか外野の方が燃えるよなぁ。どうせフェルナンデスやショートの存在は抹殺する気満々なんだろうから、キャッチャーやらせるより、サードか外野の方が都合が良かろうに…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:10コメント(2)トラックバック(0)2007 ドカベン 

May 28, 2007

HDDレコーダーに不良発生にて、対応に大わらわの為、今日の更新はやや簡潔に…。

◆G8−2Bs◆
ガッツが3発5打点の大爆発を見せるなど、先発・カーターを初めとする偽バファローズ投手陣を粉砕した巨人が快勝。偽バファローズは牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが恨み骨髄の古巣相手に2戦連発アーチを放ったものの、及ばず、連勝は7でストップ。巨人は首位に返り咲き、先発・木佐貫は7回途中まで2失点で試合を作り、打線の援護にも恵まれて、4勝目。

◆D2−7F◆
毎回走者を出しながら攻めあぐねていた日本ハムだが、4回に高橋,劇団ひちょりのタイムリーで3点を先制すると、5回には稲葉が4号ソロ。中日は7回にこの日もヘッポコエラーをかました中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに9号2ランを放ったものの、9回にグラセスキが致命的な3点を失い、試合を決定付けられた。日本ハムはこれで8連勝。敗れた中日は首位陥落。先発・浅尾はプロ初黒星となった。

◆S1−3H◆
最早、ヤクルトの事など眼中になく、水島の呪いに抗う事で精一杯のソフトバンクだが、この日も初回から寿司職人ラミレスのタイムリーで先制される苦しい展開。しかし、4回に小久保に逆転2点タイムリーが飛び出すなど、3点をゲット。終わってみれば、ソフトバンクの安打はこの回に飛び出した3連打のみと言う有様だったが、先発・杉内を初めとする投手陣の踏ん張りでヤクルト打線をスミ1に抑え、辛くも逃げ切りに成功。杉内は7回1失点10三振の好投でハーラートップタイの8勝目

◆C2−4L◆
西武は3回にカブレラの4戦連発10号2ランで先制。最近のパターンだと、これで西武の得点は打ち止めとなる所だったが、続くG.G.佐藤も14号ソロを放ち、4試合ぶりのカブレラ以外の打点で9試合ぶりの3点目。5回にはまたもG.G.佐藤の一打で1点を追加。この後、一昨日先発したばかりのフェルナンデスを何故かリリーフで投入するブラウン監督の不思議采配が炸裂した広島は終盤2点を返したものの、届かず、またも借金生活に突入。逆に連敗をストップさせた西武は借金を完済し、先発・涌井はハーラートップタイの8勝目

◆T0−10M◆
好調・ロッテ打線がまたも爆発。序盤は拙攻続くで1点しか取れずにいたが、6回、突如、打線が繋がり、四球2つを挟む4連打の後、青野に満塁弾が飛び出して、一挙7点。7回にもサブローの一発等で2点を加え、計17安打で10点を奪うと、投げては先発・小林宏が6回無失点。7回からは1人1回ずつ抑えての完封リレーで圧勝した。

◆YB2−3E◆
2点を先制して貰ったはーちゅんは6回までノーヒットピッチング。いよいよ「忘れた頃に見せる凄い投球」が炸裂する頃合いか…と思われたが、7回に高須に内野安打を浴びて記録を断たれると、あっさり同点に追いつかれ、8回には自らのエラーで作ったピンチにまたも高須に勝ち越しタイムリーを浴びて、KO。1,2番で5安打6出塁を果たしながら、クリーンアップはノーヒットの体たらくで横浜は1点差に泣いた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:03コメント(0)トラックバック(35)2007 プロ野球 

May 27, 2007

◆G4−6Bs◆
6連勝中と好調の偽バファローズに対して、3回まで1安打と抑え込んでいた春風亭半ケツだが、4回、無死一塁からラロッカに17号2ランを叩き込まれて、2点を献上。一方、偽バファローズ先発・ユウキの前に3回までパーフェクトと沈黙していた巨人はその裏、4安打を集中して、一気に3点を奪い、逆転に成功。しかし、それも束の間、直後の5回、下山のタイムリー,ラロッカの犠飛であっさり形勢逆転。1点を追う巨人は5回、巨人はガッツが通算250号となる一発をライトスタンドに叩き込み、同点この後、更に、一死一、二塁と勝ち越しのチャンスを逃した巨人は続く7回には代打の代打・矢野を送って、代打・清水を無駄使いしてまで掴んだ無死二塁のチャンスを逃し、8回も先頭打者を出しながら、ゲッツーで潰し、9回の二死一、二塁とサヨナラのチャンスも逸して、試合は延長に突入。4−4の儘、迎えた11回、巨人はついに上原を投入するも、先頭のラロッカに死球を食らわせた後、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたかつての同僚・ローズに15号2ランを放り込まれて、ついに勝ち越し点を献上。この後、三者連続三振の力投を見せた上原だが、時既に遅し。その裏も先頭の阿部がヒットで出たものの、後続3人が簡単に打ち取られて、万事休す。偽バファローズはコリンズ監督の誕生日に花を添える7連勝

◆D2−6F◆
この日で通算500試合登板となる中日先発・山本昌だったが、初回から青波の長瀬にタイムリーを浴びて、先制点を献上。一方、日本ハムは今季初先発となる武田勝をマウンドに送るも、その裏、藤井に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにプロ初アーチを浴び、あっと言う間に同点。中盤に入り、4回に日本ハムが併殺崩れの間に1点を勝ち越せば、その裏、中日も二死走者なしからの3連打で再び同点。2−2の儘、迎えた8回、既に、武田勝はマウンドを降りている一方で依然としてマウンドを守っていた山本昌だったが、連打を浴びた後、ゲッツーに取った筈のサードゴロを中村紀のヘッポコエラーで足を引っ張られ、無死満塁の大ピンチ。川相不在の弊害を痛感し、落胆の色を隠せない山本昌は小谷野に簡単に勝ち越し犠飛を打ち上げられると、金子誠には2点タイムリーを浴びて、痛恨の3失点。日本ハムは9回にも田中賢のこの日4安打目となるタイムリーでダメ押し。最後はセーブのつかない場面ながらもMICHEALを投入して逃げ切り、7連勝。中日の連勝は3でストップした。

◆S4−1H◆
水島の呪いと言う計り知れない強敵との戦いを強いられているソフトバンクはこの日も先発・水田が青木に先頭打者アーチを浴びて先制される苦しい展開。この日も呪いに倒れた主砲・松中を欠き、ヤクルト先発・館山の前に4回までパーフェクトと沈黙していたソフトバンクは5回に田上のタイムリーでようやく同点に追いつくも、この段階で早くも水田を下げてまで投入した代打・ブキャナンが空振り三振で勝ち越しのチャンスを逃すと、代打を出されてしまった水田に代わって登板の山村がその裏、宮出のタイムリーであっさり勝ち越される裏目の展開。ヤクルトは続く6回にも田中浩の走者一掃のタイムリー三塁打で貴重な2点を追加。最後は2戦連続リリーフ失敗中の守護神・高津がピシャリと抑えて復調をアピールし、連敗を5でストップ。先発・館山は8回1失点で今季初勝利。6連敗中の偽バファローズに敗れ、対戦成績8連勝中の日本ハムに敗れ、今また5連敗中のヤクルトに敗れ…と、水島の呪いは留まる所を知らない。何はともあれ、一刻も早く松中には戻って貰いたい所だ。

◆C3−2L◆
2回に倉のタイムリーで先制された西武は直後の3回、カブレラに3試合連続となる9号2ランが飛び出して、逆転に成功。しかし、広島もその裏、すかさず栗原のタイムリーで追いつくと、5回にはカブレラのタイムリーエラーで勝ち越しに成功。先発・黒田は6回2失点で降板となったが、7回からは横山−梅津と繋いで、最後は守護神・永川が締めて、1点差を守りきった。8戦連続2点以下の上、3戦連続してカブレラの一発でしか点が取れないでいる西武はこれで4連敗で借金生活に突入した。

◆T3−14M◆
今江が左手有鈎骨骨折で登録抹消となったものの、ロッテ打線は昨日に続いて序盤に爆発。初回にフクーラの走者一掃タイムリー二塁打,ベニー松山のタイムリーで早々と3点を先制すると、続く2回にはTSUTOSHI,サブローのタイムリー二塁打で阪神先発・杉山をKO。更に、代わった渡辺から里崎が2点タイムリーを浴びせて、7点目。一方、打線低調が続く上、右ふくらはぎ痛の矢野が登録抹消となってしまった阪神はロッテ先発・久保に対して、その裏、林の7号ソロで1点を返すも、全く後が続かない。6回にはシャア少佐,関本と連打を浴びせるも、鳥谷,キュラソ星人の連続ファーストゴロでちまちまと1点を返すのが精一杯。8回に2点を加えたロッテは9回には里崎,ベニー松山の連続アーチ等で大量5点を奪い、ダメ押し。12点差と完全に試合が決まった状態で迎えた9回裏、藤田の抜け球がキュラソ星人の右肘をスナイプ。どう考えても大差で勝っているチームがよりにもよって連続試合出場のかかっているキュラソ星人相手に故意にぶつける理由など皆無だと言うのに、フクーラにかました2死球に対する報復と受け取ったのか、はたまた大敗ムードの憂さ晴らしでもしたいだけなのか、阪神ベンチが激昂し、乱闘寸前状態に陥ると、頭に当たった訳でもないのに、何故か警告試合となる訳の分からない展開に発展。この後、阪神はゼブラ今岡のどん詰まりタイムリーで1点を返したものの、焼け石に水だった。ロッテはTSUYOSHIの4安打を初めとする18安打の猛攻で首位をがっちりキープ。久保は7回2失点の好投で4勝目。。ところで、中村泰は何でいつまでもリリーフやらされてるんだろうね? 太陽の子エステバン・ジャンが落ちて先発枠が空き、ダーウィンが昇格して中継ぎ枠が埋まったんなら、中村泰を先発に持ってきゃいいだろうに…。

◆YB4−7E◆
今季は巨人以外のチームにも好投し、開幕5連勝を果たしたものの、前回の登板でそのメッキが剥がれてしまった土肥はこの日も奮わず、まず2回にショートに今季初アーチを被弾し、先制点を献上。4回にも山崎武にl両リーグ一番乗りとなる20号ソロ,フェルナンデスに9号ソロと次々に被弾。そして、6回に先頭の礒部に二塁打を浴びた所であえなくKOとなった。この後も悪の温床・楽天は7回に高須のタイムリー,8回にはフェルナンデスの犠飛で着々と加点。投げては先発の山村が7回を投げて、メカゴジラの一発による1点のみに抑える好投を展開。悪の温床・楽天は9回にも山崎武のこの日2発目となる21号2ランでダメ押し。横浜もその裏、メカゴジラに2打席連続の3号3ランが飛び出したが、大局には影響なかった。山村は無傷の4連勝。それにしても、横浜の交流戦ユニフォームは微妙だ…。やはり、青がないとどうにも違和感が…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:00コメント(1)トラックバック(86)2007 プロ野球 

May 26, 2007

◆E1−4G◆
悪の温床・楽天先発・青山に対して、巨人は初回にガッツが10号2ラン,2回にはホリンズが4号2ランと一発攻勢で4点をリードし、青山は早くもKO。しかし、代わった有銘の前には手も足も出ず、6回まで全員凡退と完全に沈黙。7回に二死から3連打を浴びせるも、本塁を狙ったホリンズが憤死し、またも追加点ならず。一方、昨日の先発予定でスライド登板となった巨人先発・内海は初回の満塁のピンチを切り抜けてからは落ち着きを取り戻し、6回まで無失点の好投を展開。7回にガッツのエラーでピンチを作り、鉄平にタイムリーを浴びた所で降板となったが、後を継いだ豊田が連続三振で切り抜けると、8回も2三振を奪う力投を展開。最後は上原が3人で締めて、交流戦初勝利。今季初の3連敗を免れた。内海はハーラートップタイとなる6勝目をマーク。

◆L1−7D◆
深刻な得点力不足に悩まされている西武打線はこの日も沈黙。中日先発・中田から初回に3人の走者を出しながら、4人で攻撃終了するチグハグぶりに始まり、3回までゼロ行進。4回にカブレラの2戦連続アーチで1点をあげたものの、以降はさっぱりでこれで7試合連続2得点以下。投げては先発・オツが2回に中村紀の犠飛で先制を許すと、3回には森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号3ランを浴びるなど、4失点。6回にも李に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号2ランを被弾し、KO。投打に精彩を欠いた西武は3連敗で貯金が消滅し、4位転落となった。中田は8回1失点でハーラートップタイの6勝目。

◆H1−2C◆
水島の呪いと言う強大無比な敵との戦いを強いられ、セ・リーグとの戦いに集中出来ずにいるソフトバンク。昨日、炎の4安打で呪いを打破したかに思われた主砲・松中だが、呪いに抗った反動は大きかったのか、左肋軟骨挫傷で今季初のスタメン落ちとなる苦しい展開。右くらはぎ痛から復帰した魅惑のナックルボーラー・フェルナンデス相手に初回、新井のタイムリーエラーでタナボタの先制点をゲットするも、以降は走者を出してもあと一本が出ない拙攻モードで一向に追加点を奪えない。一方、ソフトバンク先発のガトームソンは不甲斐ない味方打線に辟易としながらも、6回まで僅かに1安打に抑え込む快投を展開していたが、7回、東出,栗原と連打を浴びた後、新井に犠飛を許して、ついに同点。その裏、ソフトバンクはすかさず一死満塁と勝ち越しのチャンスを掴むも、ここで大村が最悪のゲッツーに倒れて、無得点。すると、直後の8回、緒方,喜田の連打でピンチを迎えた所で石原にスクイズを決められて、勝ち越し点を献上。その裏、ソフトバンク先頭の本多は二塁打を放ちながら、ハマのスペランカーのピッチャーゴロで飛び出して憤死。続く小久保はゲッツーと言う何とも無様な攻撃でまたも無得点。最後は守護神・永川に反撃を断たれて、万事休す。3併殺1盗塁死1走塁死の拙攻ぶりで好投・ガトームソンを見殺しにしてしまったソフトバンクはロッテと入れ替わりで首位陥落となった。

◆Bs7−0T◆
前回の好投でローテ落ちを免れた太陽の子エステバン・ジャンだったが、この日は初回から二死二、三塁のピンチを迎えると、北川,下山の連続タイムリー二塁打で3点を献上。2回も無失点ながら3人の走者を出す危なっかしい投球で3回からは早くも引っ込められてしまう始末。しかし、代わった能見も4回に村松のタイムリー等で2点を失うと、3番手の橋本健もラロッカに2ランを被弾し、点差を広げられる一方。阪神打線は1,2回と立て続けにゲッツーでチャンスを潰したのを皮切りに、5回には二死一、三塁,6,8回にはいずれも無死一、二塁のチャンスを逃す怒濤の拙攻三昧。結局、平野佳−高木−大久保のリレーに今季6度目の完封負け。投打に圧倒した偽バファローズは引き分け1つを挟んで6年ぶりの6連勝

◆F6−4S◆
日本ハムの先発は前回、水島の呪いに取り憑かれていたソフトバンクを相手にプロ初完封を果たした木下だったが、この日の相手は連敗中とは言え、水島の呪いに取り憑かれている訳ではないヤクルト。まだまだ力不足の木下は水島の呪いと言うマイナス効果が必要らしく、立ち上がりから走者を出しまくる苦しい投球が続き、それでも何とか2回までは踏ん張っていたものの、3回にガイエルに2ランを浴びて、先制点を献上。その裏、4長短打で一気に4点と逆転して貰ったにも拘わらず、直後の4回には一死一、二塁のピンチを迎えた所であえなくKO。このピンチは2番手・押本が凌いだものの、続く5回、一死満塁から宮本のタイムリー,度会の犠飛で振り出しに戻される。同点の儘、迎えた7回、日本ハムは稲葉のタイムリーでついに勝ち越すと、更に、度会のタイムリーエラーでダメ押し。8回二死一、二塁のピンチで登板し、ここを見事に切り抜けた守護神・MICHEALが9回もピシャリと締めて、日本ハムは6連勝で3位浮上。一方、またもや接戦を落としてしまったヤクルトは5連敗となった。

◆M8−3YB◆
ロッテ打線が序盤から爆発。故障上がりで17日ぶりのマウンドとなるハマのチンピラに対して、初回、フクーラのタイムリーで先制すると、2回には青野が2ラン,3回にはサブローが犠飛と着々と加点。5回には連打でハマのチンピラをKOした後、里崎の押し出し四球,ズレータの犠飛で2点を追加。投げては先発の渡辺俊が7回まで散発3安打無失点の好投。疲れが出たか、8回に古木のタイムリー三塁打等で2点を失い、降板したものの、その裏、すかさず早川の2点二塁打で突き放した。横浜は9回に村田が一発かましたものの、焼け石に水だった。ロッテはこれでソフトバンクと入れ替わりで首位浮上。渡辺俊は5勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:37コメント(2)トラックバック(76)2007 プロ野球 

May 25, 2007

◆E−G◆
降雨中止。

◆L2−7D◆
初回からゲッツーでチャンスを潰した中日だが、その後も依然としてピリッとしない西武先発・グラマンに対して、2回、無死満塁とした所で李のタイムリー,藤井の犠飛,谷繁のタイムリーで3点を先制。4回には一死満塁から井端のタイムリーでグラマンをKOすると、代わった山崎から立浪が押し出し四球を選んで、この回2点。6回には立浪がタイムリーを放ち、ダメ押しの6点目。投げては先発・人斬り抜刀斎が7回を散発5安打無失点の好投で3勝目。西武は8回にカブレラの2ランで完封を免れるのが精一杯で、これで6試合連続2点以下と打線の低調ぶりは深刻だ。

◆H7−3C◆
水島の呪いと言う計り知れない強大な敵との戦いを強いられているソフトバンクはこの日も先発・新垣が求道者・前田の7号ソロで先制される苦しい展開。しかし、3回、大村,本多の連続長打で同点とすると、4回には連打と四球で無死満塁と絶好のチャンス。しかし、ブキャナンは三振,続く森本は最悪のセカンドゴロゲッツーで無得点…と思いきや、東出の二塁送球がレフト線を真っ二つ。ボールが転々とする間に満塁の走者が全て生還し、3点を勝ち越し。5回にシーズン最多暴投記録へ向けて驀進中の新垣がこの日2個目の暴投でピンチを作って、1点を返されるも、その裏、二死二塁から今度は代打・柴原のサードゴロを処理した新井の送球がライト線を襲うタイムリーエラーに。更に、この後、森本にもタイムリーが飛び出して、試合を決定付ける7点目。新垣は7回3失点で5勝目を飾り、今季初の連勝。試合前に4番対決をほのめかせておきながら、無体な扱いを受ける水島の呪いにより、4戦連続無安打と苦しんでいた主砲・松中は4安打の活躍で呪いを打ち破った。

◆Bs2−1T◆
ボーグルソン,デイビーの助っ人投手対決となったこの試合、序盤は両先発の好投でゼロ行進が続いたが、4回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの14号2ランで偽バファローズが2点を先制。2点を追う阪神は6回にシーツに6号ソロが飛び出して、1点差と詰め寄ると、判定に不服を漏らしたデイビーが暴言で退場となった8回には3四球で一死満塁と絶好のタナボタチャンスを貰いながら、林,浜中と打ち上げて、三者残塁。9回は加藤大の前に三者凡退に仕留められ、ゲームセット。偽バファローズはこれで引き分け1つを挟んで2年ぶりの5連勝

◆F3−2S◆
0−0で迎えた5回、ヤクルトはここまで攻めあぐねていたプロ初先発の吉川をようやく捉え、宮本,福川の連続二塁打で1点を先制。7回には二死三塁から青木がタイムリー二塁打を放ち、貴重な2点目を追加。投げては金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが8回まで散発4安打無失点の好投を展開。この儘、完封とも思われたが、中井美穂の旦那・古田は2戦連続リリーフ失敗中の高津ではなく、木田画伯を投入するも、これが裏目。木田画伯は自らのタイムリーエラーで1点差とされた後、小谷野に同点タイムリーを浴びて、グライシンガーの白星を粉砕。なおも二死一、三塁の場面で中嶋をサードゴロに打ち取り、延長に突入か…と思いきや、これを飯原が一塁へ痛恨の悪送球を犯し、日本ハムがよもやの逆転サヨナラで5連勝。3番手としてプロ初登板となった4年目の金森に嬉しいプロ初白星が転がり込んだ。

◆M−YB◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:51コメント(2)トラックバック(66)2007 プロ野球 

May 24, 2007

 病院での一件で過去を清算した筈のギブソンがマウンドに上がったのを見て、日本ベンチの茂野は憤りを覚えていた。茂治の事で責任を取って貰いたいなど誰も思っておらず、ここで命を落とす様な事があれば、今度はJr.があの時の吾郎と同じ目に遭わせてしまう事を考えれば、あんな事があったからこそギブソンは生きるべきだと、同じ人の親として納得出来なかったのだ。一方、アメリカベンチでは監督がアレックスからギブソンに何かがあったら恨むぞと言われながら、野球人ギブソンに一生恨まれる選択をしたくなかっただけだと開き直り、万一の時の為に救命班を待機させていた。プレイ再開となり、ギブソンと対峙する吹留は148kmと特別速い訳でもないギブソンのボールに全く手が出ず、空振りを連発した挙げ句、見逃し三振。ベンチの寿也もギブソンの気迫のこもったボールに全く打てそうな雰囲気がしないなどとシャッポを脱ぐ有様で、その言葉通り、癒し系ぬいぐるみスラッガー・光中もあえなく空振り三振。結局、日本は絶好の勝ち越しチャンスを逃して、二者残塁。これを見ていた吾郎は茂野の言葉はもっともだと同意しながらも、あの事故以来、他人の為に重い十字架を背負いながら野球を続けてきたのだから、最後くらいは自分の為に野球をやらせてやろうと、ギブソンの登板を受け入れるのだった。

 ホント、アレックスはすっかりいいヤツになっちまったなぁ。なのに、監督には恨むなら恨め…とか軽く見られちゃってるのが可哀想だ。監督はすっかり開き直っちまってるが、ギブソンにどれだけ恨まれてでも、ギブソンの命を守る立場にある人だと思うがなぁ。最早、ギブソンは茂治に対する業を背負っている訳ではなく、単にアメリカを優勝させるべく邁進しているだけだ…的な描かれ方をしているが、依然として、「父の命>優勝」なJr.は万一の事があった場合、果たして納得するのかね?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(0)トラックバック(1)2007 MAJOR 

May 23, 2007

◆F4−2G◆
交流戦黒星スタートで昨年の悪夢を思い出しつつある巨人だが、この日は初回からエース・ダルビッシュを相手に、移籍1年目でジンクスに対する不安のないガッツのタイムリー二塁打等で2点を先制する上々の滑り出し。しかし、その裏、先発のルーキー・金刃が簡単に二死を取った後に2人の走者を背負うと、小谷野に走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、あっさり振り出しに。更に、2000本安打はまだまだ通過点に過ぎないとばかりに田中幸にレフトスタンドへ勝ち越し5号2ランを放り込まれて、この回、悪夢の4失点。巨人は立ち直ったダルビッシュの前にマッスル千代の富士が猛打賞と一人気を吐いたものの、松田記者が悉くゲッツーで潰すなど、チグハグな攻撃を展開。結局、2回以降、追加点を奪えずにダルビッシュに完投を許し、交流戦2連敗で首位転落。昨年同様、大転落の気配が現実味を帯びてくる不吉な展開だ。金刃も2回以降は立ち直りを見せたものの、初回の4点が最後まで響き、ついにプロ初黒星。勝った日本ハムは4連勝でついに借金を完済した。

◆M2−5D◆
ロッテは初回、堀,フクーラの連続二塁打で1点を先制。以降も再三チャンスを作りながら、攻めあぐねていると、4回、荒木が足を痛めて登録抹消となった中日はT.ウッズの犠飛で同点に。その後、膠着状態となったが、7回にロッテがTSUYOSHIのタイムリーでついに勝ち越しに成功。しかし、直後の8回、先発・小野からマウンドを引き継いだ藤田が無死一、二塁のピンチを作ってKOされると、代わった薮田も井端に同点タイムリー二塁打を許し、更に、堀のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上。中日は9回には中村紀,李のタイムリーでダメ押しの2点を追加すると、最後は守護神・岩瀬が締めて、逃げ切りに成功。これで中日は巨人と入れ替わりて、首位に返り咲き。敗れたロッテの連勝は3でストップ。

◆H1−3T◆
セ・リーグではなく水島の呪いと言う強大な敵と戦い続けているソフトバンクだが、先発・和田が立ち上がりからピリッとせず、初回からキュラソ星人のタイムリー二塁打で先制を許すと、2回には林にタイムリーを浴びて、2点目を献上。2回で早くも4残塁と拙攻モードのソフトバンクは4回にアダムの一発で応戦するも、後が続かない。中盤から立ち直りつつあった和田だが、7回に一死三塁のピンチを背負ってKO。2番手・佐藤は二死まで持ち込んだものの、シーツにタイムリーを許し、痛恨の3点目を献上。阪神は6回途中から早くも久保田を投入。7回途中からはウィリアムス,8回途中からは藤川と早めに繋ぐJFKリレーでソフトバンクの反撃を断ちきった。

◆Bs7−7C◆
序盤は点の取り合い。初回に求道者・前田の2点タイムリーで先制した広島は2回には梵がタイムリー,3回にもエラー絡みで2点を追加し、偽バファローズ先発・吉井をKO。一方、偽バファローズも2回に的山が2点タイムリー,4回にも内野ゴロの間に1点を加え、2点差と詰め寄る。中盤は両軍攻めあぐねていたが、広島は8回に代打・緒方のタイムリー等で貴重な2点を追加。しかし、粘る偽バファローズはその裏、代打・後藤のタイムリー二塁打で2点を返すと、土壇場9回には抑えの永川の制球難をついて、3四球で満塁とすると、ラロッカが2点タイムリー二塁打を浴びせて、延長に持ち込んだ。前回のプロ初勝利でようやく勝ち運を掴んだかに思われた広島先発・青木高だが、今度はリリーフ陣に足を引っ張られて、白星を粉砕される事となった。10回一死一、二塁の大ピンチを逃れた広島は直後の11回に二死満塁とするも、ルパン広瀬が凡退し、三者残塁。偽バファローズもその裏、無死一、二塁と絶好のサヨナラにローズがゲッツーを食らうなど、あとが続かず、結局、両軍決め手に欠き、試合は12回規定でドロー。

◆E5−4S◆
セ・リーグ相手に初めての投球となるルーキー・田中は初回に寿司職人ラミレスのタイムリーで先制されると、2回にも併殺崩れの間に1失点。その裏、フェルナンデスの一発で追い上げて貰ったのも束の間、3回に一死満塁のピンチを迎えた所であえなくKO。しかし、代わった朝井が宮本をゲッツーに仕留めて、このピンチを切り抜けると、その裏、礒部にタイムリー二塁打が飛び出して、試合は振り出しに。2−2の儘、迎えた8回、悪の温床・楽天は代打・憲史のタイムリーでついに勝ち越しに成功。あとはクローザー・福盛投入で逃げ切り…と行きたい所だったが、二死から真中に内野安打を許すと、続く寿司職人ラミレスに痛恨の2ランを被弾し、一気に形勢逆転。今度はヤクルトが守護神・高津投入で逃げ切りを図ったが、こちらも草野に同点タイムリーを浴びて、試合は延長に突入した。迎えた10回、2イニング目となる高津に対して、悪の温床・楽天は二死二塁の場面で途中から守備に入っていた高須がセンター前へタイムリーを浴びせて、サヨナラ勝ち。土壇場で一度は引っ繰り返しながら、逆転負けのヤクルトはこれで3連敗となった。

カリメロ勝◆L1−2YB◆
大ベテラン・カリメロとルーキー・岸の対決となったこの試合、先手を取ったのは横浜。2回に古木,金城,吉村の3連打で先制すると、4回には藤田のタイムリー二塁打で2点目を追加。移籍後、投げる度にオヤジ狩りの悲劇に遭っていたカリメロだが、この日は久々の古巣相手に立ち上がりから持ち味のコーナーワークが冴え渡り、6回まで無失点の好投でお役御免。8回に3番手・木塚がカブレラにタイムリーを浴びたものの、最後はクルーンが無難に抑え、実に20日ぶりのセーブ。これで横浜の連敗はようやく8でストップ。カリメロは6試合目にして、移籍初勝利をマークした。23年連続の白星は日本新記録

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(2)トラックバック(40)2007 プロ野球 

May 22, 2007

◆F3−1G◆
日本一を置き土産に日本ハムを去ったガッツだが、交流戦早々、因縁のカードが実現。巨人はマッスル千代の富士の先頭打者アーチで先制した後、ガッツが古巣との初打席で内野安打を放つなど、二死満塁のチャンスを作ったが、ここでDH制が使える事でようやく今季初スタメンで起用された清水があえなく倒れ、三者残塁。これで完全に気勢を削がれた巨人は以降、ひたすらに攻めあぐね続ける始末。先発で開花しつつある福田も3回に稲葉のタイムリーで逆転を許すなど、5回3失点で無念の降板。巨人はグリン−武田勝−MICHEALと繋ぐ日本ハムの継投の前にスミ1に終わり、昨年の交流戦で大転落した悪夢が甦りつつある不吉な黒星スタートとなった。先発で結果が出ずにリリーフに降格された姜が1回を2三振含む三者凡退と好投したのが救いか。尚、この試合、劇団ひちょりは4タコと快音が聞かれず、連続試合安打は24でストップした。

◆M8−3D◆
交流戦V3を目指すロッテは初回から早川のタイムリー三塁打等で2点を先制し、主導権を握ると、3回には里崎のタイムリーで3点目を追加。頼れるベテラン・立浪をスタメン起用する交流戦オーダーで臨んだ中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズが19号ソロを放つなど、1点差まで詰め寄ったが、6回にフクーラのタイムリーで突き放され、先発・朝倉はKO。8回にまたもやT.ウッズの犠飛で再び1点差としたが、その裏、久本,平井のリリーフ陣が乱調で4点を失い、試合を決定付けられた。ロッテ先発・成瀬は7回途中まで2失点の好投で開幕5連勝

◆H2−1T◆
2試合連続完封勝ちと投手陣の頑張りが目立っている阪神。水島の呪いに苛まれているソフトバンクを叩いて、一気に浮上したい所だったが、立ち上がりからピリッとしない先発・福原は2回に森本にタイムリー二塁打を浴び、チーム20イニングぶりの失点を許してしまう。その後も苦しみながら、追加点は与えずにいたが、7回に連打を浴びてKOされると、代わった久保田が本多にタイムリーを許し、2点目を献上。一方、浜中を2ヶ月ぶりのスタメンで起用する交流戦オーダーで臨んだ阪神打線はソフトバンク先発・杉内の前に7回までゼロ行進。8回に二死一、二塁のチャンスを掴み、杉内をマウンドから引きずり下ろしたが、代わった馬原にシーツが打ち取られ、二者残塁。9回にキュラソ星人の一発で完封は逃れたが、あと1点が届かなかった。ソフトバンクは連敗を2で止め、杉内はハーラートップタイの7勝目をマークした。

◆Bs6−0C◆
6連敗後、3連勝と調子を上げてきた偽バファローズは広島先発・大竹の立ち上がりを捉え、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの13号2ランで先制すると、4回には後藤がタイムリー。投げてはストッパーから一転して、先発で起用される事となった新助っ人・カーターが2回で5残塁と言う広島の大拙攻に助けられながら、尻上がりに調子を上げ、6回を無失点。7回からは高木−本柳と繋いで完封リレーを決め、4連勝。カーターは来日初勝利をマークした。広島は阪神から移籍の喜田をいきなりスタメン起用する交流戦オーダーを展開し、その喜田は移籍初打席初安打で交流戦での起用増加をアピールしたが、何より4,5番が精彩を欠き、またも貯金生活に失敗。一軍復帰後、無失点が続いていた宮崎も3失点で試合をぶち壊してしまったのも残念だ。

◆E4−2S◆
ヤクルトは好調・真中を3番スタメンで起用する交流戦オーダーを展開するも、その真中のヒット等で作った序盤のチャンスを悉く逃すと、先発・藤井が2回に渡辺直のタイムリー等で3失点。ガイエル,米野の一発攻勢で1点差まで追い上げたものの、すぐさま山崎武の犠飛で突き放された。土壇場9回、抑えの福盛に対して、一死一、二塁と絶好のチャンスを作ったが、宮本,金村弟とベテランコンビがあえなく凡退し、万事休す。3連敗を回避した悪の温床・楽天先発・永井は7回2失点の好投で3勝目。

◆L2−1YB◆
久々にパ・リーグ相手の投球となる横浜先発・はーちゅんは3回まで無失点とまずまずの立ち上がりだったが、4回無死から中島,カブレラ,ベンちゃん,礒?と4連打を浴びて、2点を献上。結局、はーちゅんが崩れたのはこの回だけで、以降、追加点を許す事なく完投を果たすのだが、この2点が最後まで響いた。とりたてて好調でもない下窪をスタメンに起用する謎の交流戦オーダーで臨んだ横浜打線は立ち上がりから制球に苦しむ西武先発・涌井は初回に3四球で作った満塁のチャンスを逃し、2回も四球で作ったチャンスもゲッツーで粉砕すると、5,6回もそれぞれ2残塁と怒濤の拙攻三昧。結局、村田の一発で完封を免れるのが精一杯と言う体たらくで好投のはーちゅんを見殺し4年ぶりの8連敗。ここ4試合で2点しか取れない攻撃陣の効率の悪さは深刻だ。一方、西武も4戦連続2点以下と、相変わらず、打線はパッとしないものの、辛くも連敗を3で止めた。涌井は粘り強い投球で8回を1失点で凌ぎきり、ハーラートップタイの7勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:03コメント(0)トラックバック(51)2007 プロ野球 

May 21, 2007

 パーフェクトまであと一人と追い込まれたソフトバンク。パーフェクト破りに執心するのではなく、一発で同点狙いを目論む王さんは山崎に代わって、ついに切り札の「あの男」ではなく、田上を投入。田上を意外性の男と分析する山田は意外性の男に意外性のリードは効果的でないとし、セオリーのリードで行く方針を固める。それに対して、田上は右に左にあわやと言う大ファールを連発するも、結果として、2−0と追い込まれてしまう。ここでセオリー通り、決め球・スカイフォークに的を絞った田上だが、山田は舌の先も乾かぬうちに、ど真ん中ストレートを要求する意外性のリードを展開。山田の腹黒さにまんまと引っかかった田上は空振り三振に倒れ、この瞬間、里中はパーフェクトで通算150勝を達成。山田は自分のリードに陶酔しながらも、それを悟られると叩かれると睨んだか、「すごい義弟だ」などと里中をプッシュしたつもりの様だが、「義弟」などと言ってしまった為に、サチ子との破局に微かな望みを繋ぐ里中ファンの怒りを無駄に買う事になってしまうのだった

 誰も期待していない里中のパーフェクトが達成され、誰もが期待していた「あの男」は出ず仕舞い! 「期待を裏切り、予想を裏切らない」と評される水島氏にそんな粋なファンサービスを期待する事自体、無茶と言うものか。結局、岩鬼の3発→400号達成→結婚はスカシネタ。山田と松中の4番勝負もスカシネタ。殿馬のストーカー女症候群に至っては、全く意味のなかったクズネタでしかなく、挙げ句の果てに、飽き飽きしているパーフェクトネタで終わっちまうとはね。田上が出てきた際、中日から捨てられて、拾われたとか、全くタイムリーでも何でもない蘊蓄が東京ベンチでは披露されていたが、アナウンサーならともかく、相手ベンチでこんな話、絶対しないだろ。移籍初打席とかならまだしも、もう2年目なんだから、今更、アナウンサーだってしないぞ…。ところで、王さんに「パーフェクトをやられた選手達を責めたりはしない。やった投手を讃えるだけだ」なんて言わせているが、これは要するに「実在選手やチームをシメているのではなく、単に自分のキャラを持ち上げているだけだ」と言う水島氏の弁解なのだろうか。しかし、こうも実在選手をシメてシメてシメ倒しまくり、一方的に水島キャラに対して「凄い」を連発する様を見せられて、実在選手が決して噛ませ犬状態になどなっていない…なんて思って貰おうとは、あまりにも虫が良過ぎる話だ。それにしても、水島の呪いでソフトバンクが被ったダメージは大きい。パーフェクト達成後は嫌な負け方が続いてるし、何より、斉藤和と川崎は未だに戦線復帰出来ずにいるしなぁ。これでも首位にいるってんだから、ソフトバンクも大したものだが、逆に言えば、呪いがなければ、ぶっちぎりトップだったのに…。嫌な意味で水島氏が混パを演出した立役者になってしまってるよ…。どうせ東京を優勝させるつもり満々だから、実在チームのどこが優勝しようが関係ないんだろうなぁ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:29コメント(4)トラックバック(0)2007 ドカベン 

May 20, 2007

◆D1−5G◆
何としても3連戦3連敗は免れたい巨人は中日先発・山本昌から初回、一死満塁と絶好の先制チャンスを掴むも、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンが最悪のセカンドゴロゲッツーに倒れる本領発揮のチャンスブレイク。一方、中日はその裏、巨人先発・春風亭半ケツに対して、いきなり先頭の井端がライトフェンスを直撃。井端は一気に二塁を狙ったものの、マッスル千代の富士のストライク返球の前に憤死し、結局、3人で攻撃終了。共に先制のチャンスを逃し、2回はいずれも三者凡退に終わったが、3回、巨人はマッスル千代の富士の9号ソロと李のタイムリー二塁打で2点を先制。2点を追う中日は5回、森野,李のヒットで一死一、三塁とした所で小田が犠飛を打ち上げ、1点差。何とか突き放したい巨人は直後の6回、松田記者,李のヒットで一死二、三塁とした所で初回の怒濤のチャンスブレイクでインケツパワーが充電されたニックンが7号3ランを叩き込み、5点目をゲット。春風亭半ケツはその後も粘りの投球で8回まで投げきると、9回からはセーブのつかない場面ながらも上原が登場。いきなり無死一、二塁のピンチを背負ったが、後続を断ち切って、連敗を阻止。春風亭半ケツは9回にマウンドを譲った事で開幕から0点台で来ていた防御率がついに1点台となってしまったが、ハーラー単独トップの6勝目をマーク。巨人は1日で首位に返り咲く事となったが、これで今年も「セ・リーグ首位チームは交流戦で大転落」のジンクスと戦う事になってしまった。中日は7試合連続打点と連勝の立役者となっていた森野が2安打ながらも打点がつかず、連勝も7でストップした。

◆T1−0YB◆
中継ぎで9戦13回無失点と好結果を残していた中村泰が今季初先発。中村泰は初回に先頭打者を出しながら、その後、三者三振で切り抜けると、2回の無死三塁の大ピンチも何とか凌ぎきってからは尻上がりに調子を上げていき、中盤に入ってからは横浜打線を完全に翻弄。一方、横浜先発・加藤も3回まで無失点の好投を見せていたが、4回、一死一、二塁のピンチを迎えた所で突如、降板。しかも、緊急登板となった山北が林にタイムリーを浴び、先制点を献上。阪神はこの後も再三再四チャンスを掴みながら、残塁を量産するばかりの拙攻三昧だったが、7回からは久保田−ウィリアムスと繋いで、最後は守護神・藤川が締めて2試合連続の完封勝ち。中村泰は6回9三振無失点の好投で今季初勝利。阪神は3連勝で交流戦へ弾みをつけたのとは対照的に横浜は泥沼の7連敗で借金生活に突入すると同時に4位へ転落となった。

◆C5−2S◆
広島は3回、無死満塁のチャンスで東出,栗原と連続タイムリーで2点を先制。この後、新井のゲッツーの間に1点を加えると、更に、森笠のタイムリー,松本の押し出し四球でこの回、一挙5点。一点集中攻撃で大量点を取ったら、あとはさっぱりと言う広島の恒例パターンで4回以降は二塁すら踏めなかったが、先発・黒田が立ち上がりから安定した投球で6回を無失点。7回にガイエルに被弾し、9回にもガイエルにタイムリーを浴びたものの、僅か89球の省エネ投球で意外にも今季初の完投勝利を飾った。チームは再び5割に復帰し、3位に浮上。

◆H4−5F◆
恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」にて、虚弱投手・里中にパーフェクトなどと言う不名誉極まりない事を描かれて以来、呪いに取り憑かれているとしか思えない嫌な負け方が続いているソフトバンクだが、この日も小田のタイムリーで先制されると、2回には劇団ひちょりのタイムリーと稲葉の犠飛で3点を失い、先発・田之上は早くもKO。更に、2番手・小椋も稲葉に犠飛を許して、4点差。呪いの影響をひしひしと感じながらも、むざむざ負けられないソフトバンクはその裏、柴原の5号2ランで2点差。日本ハムは5回に小谷野のタイムリーで1点を追加。先発の伊集院光の弟子・金村がピリッとせず、3回を投げ終えた所であえなく降板となったが、4回から登板の武田勝が7回まで無失点に抑える完璧なロングリリーフを展開。ソフトバンクは8回二死一塁の場面でマウンドに上がった3番手・武田久に対して、ヒゲが生えているから似てなくても本人だと認識して貰えると言うしょーもない理由で試合前にフィーチャーされ、試合中は完全に放置される呪いをかけられ怒り心頭のハマのスペランカーが7号2ランを叩き込み、1点差と詰め寄ると、土壇場9回には守護神・MICHEALから小久保,アダムと連打を浴びせて、長打が出れば一気にサヨナラと言うチャンスを作るも、ここから柴原,代打・ブキャナンと凡退。そして、最後は虚弱投手・里中のパーフェクト達成時、最後の打者として描かれてしまう呪いを受けてしまった田上がライトフライに倒れて、同点にすら出来ずにゲームセット。この日は王さんの誕生日だと言うのに、今季初めて日本ハムとの3連戦に負け越してしまう何とも嫌な展開で波乱含みの交流戦に臨む事となってしまった。尚、この試合、劇団ひちょりは3安打の大当たりで連続試合安打を24と伸ばし、大下弘の球団タイ記録に56年ぶりに並んだ

◆E3−8M◆
未だに白星のない清水を何とか援護したいロッテは初回、二塁打の今江をフクーラが返して、1点を先制すれば、3回にはサブローのタイムリー二塁打,ベニー松山の2点タイムリーで3点を追加。4点の援護を貰った清水は3回まで無失点で凌いでいたが、4回、先頭の山崎武に19号ソロを被弾し、1点を献上。ロッテはすかさず、5回にベニー松山のタイムリー二塁打,竹原の犠飛で2点を追加。粘る悪の温床・楽天はその裏、山崎武の犠飛で1点、6回には藤井のタイムリー二塁打で1点とジリジリ追い上げるも、ロッテは8回に青野の8号2ランでダメ押し。清水は6回3失点で降板となったが、打線に援護に恵まれて、8度目の先発でようやく今季初勝利を手にした。

◆Bs5−2L◆
西武先発・ギッセルに対して、偽バファローズは初回、大西の先頭打者アーチで1点を先取。5回には一死から大引,日高,大西の3連打で2点目を追加。投げては今季初先発のユウキが7回二死までノーヒットと言う快投を展開。8回に連打でピンチを作った所でユウキは降板し、その後、内野ゴロの間に1点を返されたが、その裏、偽バファローズは北川の4号3ランで一気に突き放した。西武は9回にカブレラのタイムリーで1点を返したが、及ばず、3連敗となった。偽バファローズは今季初の3連勝。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:26コメント(3)トラックバック(100)2007 プロ野球 

May 19, 2007

◆D4−3G◆
負ければ首位転落となる巨人は2回、李の11号ソロで1点を先制。しかし、3回、先発の姜が突如、制球を乱し、一死満塁から連続押し出し四球で逆転を許すと言う昨年の精密機械のごとき制球力は見る影もない醜態を晒し、あえなくKOとなる背信投球。代わった西村も続く森野に7試合連続打点となるタイムリーを浴びて、この回、3失点。更に、4回には福留にタイムリー二塁打を許し、4点目を献上。3点を追う巨人は6回、二死走者なしから,ガッツ,李,ニックンのクリーンアップ3連打により、2点を返し、1点差まで詰め寄ったが、反撃もここまで。地元で無類の強さを誇る中日先発・中田は8回3失点で3年越しのナゴヤドーム12連勝。中日は連勝を8に伸ばし、ゲーム差0ながら、勝率で巨人を上回り、首位に返り咲いた

◆T6−0YB◆
連敗から解き放たれた阪神がこの日も初回から先手を取る。鳥谷の二塁打等で1点を先制すると、3回にはシーツが4号ソロ。そして、5回には関本のタイムリーの後、またもシーツが2打席連続5号2ランを放ち、3点を追加。8回にも鳥谷のタイムリーでダメを押すと、先発・杉山が8安打3四死球と走者を出しまくりながらも、要所を締める粘りの投球で今季初完投を2年ぶりの完封で飾った。敗れた横浜はこれで6連敗となり、ついに貯金が消滅。先発の土肥はよもやの開幕5連勝中だったが、5回途中KOと言う本領発揮の投球を展開し、今季初黒星を喫した。

◆C2−6S◆
0−0で迎えた3回、ヤクルトは先頭の青木から怒濤の5連打で3点を先制すると、更に、一死後、城石にも2点タイムリーが飛び出して、この回、大量5点のビッグイニングを形成。広島先発・佐々岡はここで早くもKOとなった。5回には長谷川の暴投でタナボタの1点を追加。金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーは序盤は毎回走者を出す苦しい投球で、5回に梵に2ランを浴びたものの、6回2失点と先発の役目を果たすと、7回からは遠藤−木田画伯がパーフェクトリリーフを見せて、チームの連敗をようやく7で止めた。この所、好調の広島だったが、雨で試合が流れた事により気勢が削がれたか、連勝は4でストップ。再び借金生活に逆戻りとなってしまった。

◆H0−5F◆
昨夜は一発攻勢で勝ち、水島の呪いを打破したかに思われたソフトバンクだが、やはり、水島の呪いはそんな簡単に払拭出来るものではなかった。この日の相手は対戦成績8連勝中の日本ハム。しかも、先発投手はガトームソンに対して、日本ハムは今季初登板の2年目・木下と、普通にやれば、ソフトバンクの有利は揺るがない筈だった。しかし、始まってみれば、日本国籍でないからと存在を抹殺される呪いをかけられているガトームソンが立ち上がりからピリッとせずに初回に稲葉のタイムリー,2回に劇団ひちょりの犠飛で1点ずつ失うと、6回には小谷野,鶴岡と連続タイムリーを許して、4失点KO。一方、打線の方は木下に3回までノーヒットと抑え込まれると、4回にはエラー絡みで一死一、二塁のチャンスを掴みながら、小久保のセンターフライで二塁走者・ハマのスペランカーが三塁へ暴走して憤死。6回には無死一、二塁からハマのスペランカーのヒットで本塁を狙った大村が憤死。なおも一、二塁のチャンスにも松中,小久保の4,5番があえなく凡退。もたついているうちに8回に2番手・三瀬が当たっていない青波の長瀬に被弾し、ダメ押し点を献上。結局、木下にプロ初完封初勝利を許して、今季初の零敗。対日本ハムの連勝も8でストップした。

◆E4−12M◆
試合は序盤から乱打戦。初回にズレータのタイムリーで先制したロッテは2回にはフクーラが2点タイムリー,3回には塀内が犠飛を打ち上げ、早くも4点のリード。しかし、悪の温床・楽天はその裏、5長短打で4点を返して、一気に同点。追いつかれたロッテは直後の4回、ベニー松山のタイムリー二塁打で、すかさず2点を勝ち越すと、5回にも2点を追加した後、7回には竹原のプロ初アーチ等でダメ押しの4点を追加。試合はこの回の攻撃が終わった所で降雨コールドとなり、ロッテが圧勝。先発の小林宏は4失点ながらも、打線の援護に恵まれて、5勝目をマークした。

◆Bs6−1L◆
ソフトバンクが水島の呪いに取り憑かれている事に乗じて、連敗を脱出した偽バファローズは3回まで西武先発・山崎の前にパーフェクトと沈黙していたが、4回、四球とヒットでチャンスを作ると、北川がライトスタンドへ3号3ランを放り込み、先制。6回には2番手・正津からエラーで貰ったチャンスにラロッカがタイムリーを浴びせると、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズが12号2ランを叩き込んで、ダメ押し。投げては先発・平野佳が6回まで1安打無失点の快投を展開。7回にG.G.佐藤に被弾して、1点を失ったものの、7回途中からはリリーフの援護を仰いで、逃げ切り、2勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:54コメント(4)トラックバック(86)2007 プロ野球 

May 18, 2007

◆D5−2G◆
巨人は3回、二死満塁と絶好の先制チャンスを掴むも、ガッツがサードフライに倒れて、三者残塁。すると、その裏、立ち上がりから苦しい投球の続く巨人先発・内海がついに捕まり、福留,森野のタイムリーで3失点。開幕戦に勝って以来、白星から遠ざかっている中日先発・人斬り抜刀斎の前に5回まで無得点と攻めあぐねていた巨人は6回に李の10号2ランで1点差と詰め寄るが、依然として制球に苦しむ内海はその裏、二死満塁のピンチを迎えると、荒木に痛恨の押し出し四球を与えて、この回限りで無念の降板。更に、7回には真田が巨人にとって天敵となっているT.ウッズにまたも一発を許し、ダメ押し点の5点目を献上。8回からは岡本,9回からは岩瀬がそれぞれ3人でピシャリと抑え、中日は6連勝で首位・巨人に1ゲーム差と接近。人斬り抜刀斎は49日ぶりの2勝目をマークした。

◆T4−1YB◆
共に3タテを食らったばかりの両チームの対決は阪神が先手を取った。初回のチャンスを逃した阪神だが、2回先頭の林が6号先制アーチ。4回には矢野のタイムリー二塁打の後、太陽の子エステバン・ジャンにもタイムリーが飛び出して、2点を追加。3戦連続で5回もたずにKOしているだけに、この日の内容次第では二軍降格も危ぶまれていたジャンだが、6回を無四球無失点の好投で復調をアピール。6回にはそのジャンの代打で出てきた悠久の若虎・桧山のタイムリーで貴重な4点目を追加。7回からはJFKを投入する必勝リレーを展開。久保田がゲッツー崩れの間に1点を許し、完封はならなかったものの、大局には影響なく、連敗を3でストップさせた。投打に渡る活躍を見せたジャンンは4月10日以来の3勝目。敗れた横浜は5連敗で貯金は残す所1つとなってしまった。

◆C−S◆
降雨中止。

◆H5−2F◆
昨夜、2000本安打達成試合を猛打賞で飾った田中幸はこの日はお休み。しかし、水島の呪いに取り憑かれているソフトバンクを一気に叩くにはフィーバー中の田中幸投入を図るべきだった。この儘、水島の呪いに屈して、ズルズルと無様な試合を続ければ、一昨年の中日,昨年の巨人のごとく、交流戦で大転落する事は必至と察知し、鬼の形相で臨むソフトバンクは初回、ヒゲが生えているから似てなくても本人だと認識して貰えると言うしょーもない理由で試合前にフィーチャーされ、試合中は完全に放置される呪いをかけられ怒り心頭のハマのスペランカーの5号2ランで先制。3回にもハマのスペランカーが2打席連続の6号2ランを放つと、日本国籍ではないからと存在そのものを抹殺される呪いをかけられ怒り心頭のアダムにも5号ソロが飛び出して、この回、3点。投げては先発・新垣が6回まで無失点と田中幸不在のビッグステーキ打線(若大将・原監督命名)を翻弄。疲れの見え始めた7回二死から連続四球でピンチを作り、鶴岡,陽と連続タイムリーを浴びた所でマウンドを譲ったが、星野−篠原−馬原がそれぞれノーヒットリリーフで日本ハムの反撃を断ちきった。何とか白星を掴んだソフトバンクだが、水島の呪いの恐ろしさを考えれば、まだまだ気は抜けない所だろう。

◆E5−0M◆
久保,岩隈の両先発が遭い譲らぬ好投を展開する投手戦となり、試合は0−0の儘、中盤へ突入。4回まで散発2安打に抑えていた岩隈だが、5回に入って、左脇腹に違和感を訴え、突如、降板。しかし、緊急登板の松崎が5,6回と無失点の好投を展開。悪の温床・楽天打線は久保の前に5回までノーヒットと完璧に抑え込まれていたが、6回、四球の塩川を犠打で送った所で、渡辺直がようやくチーム初安打。ここで続く鉄平のファーストゴロがフクーラの野選を誘い、ついに待望の1点を先制。8回には一死から渡辺直,鉄平,礒部の3連打で2点を加えると、更に、二死満塁からウィットが2点タイムリーを浴びせて、ダメ押し。最後は抑えの福盛が締めて、完封リレーを達成。2番手の松崎にプロ初白星がつき、デビュー以来の連敗は11でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:40コメント(3)トラックバック(72)2007 プロ野球 

May 17, 2007

◆YB6−9G◆
初回、2本の二塁打を放ちながら、3人で攻撃終了すると言う人外魔境の拙攻ぶりを見せつけ、先制のチャンスを逃した巨人に対して、横浜は3回、ガッツな貴公子・仁志の犠飛で1点を先制。直後の4回、キムタクのタイムリーで追いつかれるも、その裏、吉村のタイムリーで再び勝ち越し。しかし、巨人は5回に松田記者の2試合連続6号ソロで、またも同点とすると、7回には二死一、三塁から怒濤のチャンスブレイカー・ニックンのピッチャーゴロを4番手・那須野が痛恨のジャッグル。この間にガッツが勝ち越しのホームを陥れると、続く阿部が3ランを叩き込み、一気に突き放した。これで決まったかに思われたが、その裏、横浜は2番手・会田から幸運なイレギュラーヒットやゲッツーの間に2点を返すと、松田記者のタイムリーで3点差とされた8回裏には3番手・林を攻め立て、一死満塁の大チャンス。巨人はここで早くも期間限定ストッパー・上原を投入。初めて8回からの投球となった上原だが、内川,吉村と連続三振に斬って取る貫禄の投球でこのピンチを脱出。9回にホセロの連続押し出しで労せずして2点を追加した事で緊張感が途切れたのか、その裏、上原はガッツな貴公子・仁志に2ランを浴びる失態を演じたが、大局には影響なく、貯金を今季最多の10と伸ばした。

◆D1−0S
毎回の様に走者を出しながら、攻めあぐね、一向に得点を奪えないヤクルトに対して、3回までパーフェクトに抑え込まれていた中日は4回、荒木のチーム初安打をきっかけに二死一、二塁とした所で森野のセンター前タイムリーで待望の先取点をゲット。崩れかけたヤクルト先発・石井一だが、ここから4者連続三振を奪うと、6回には二死満塁,8回には二死一、二塁と大ピンチを迎えながらも、川相不在で詰めの甘い中日打線にあと1本を許さない。しかし、中日先発・小笠原はその上を行き、8回を無失点に抑えると、最後は守護神・岩瀬が締めて、完封リレーを達成。岩瀬はこれで10セーブ目をマークし、中日は5連勝。一方。、敗れたヤクルトは泥沼の7連敗となった。

◆C3−2T◆
初回に阪神がキュラソ星人のタイムリーで先制すれば、その裏、広島も負けじと求道者・前田がタイムリーを放ち、同点。1−1で迎えた4回、広島は石原の2号ソロで勝ち越すと、6回には森笠のタイムリーで貴重な3点目を追加。阪神は7回にまたもキュラソ星人の11号ソロで1点差で詰め寄り、8回には守護神・永川を相手に二死一、二塁のチャンスを掴んだが、ここでシーツが空振り三振で二者残塁。負けている展開ながら、久保田,ウィリアムスを注ぎ込む執念のリレーを見せたものの、9回も無得点に終わり、あと一歩及ばなかった。広島はこれで対阪神8連勝で、ついに借金を完済した。

◆H2−9Bs◆
恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」で虚弱投手・里中に屈辱のパーフェクトをかまされると言う計り知れない呪いをかけられてしまったソフトバンク。水島の呪いの影響か3回まで6安打を放ちながら、1点も奪えない不吉な展開に気が焦るばかりだったが、6回に本多のタイムリー二塁打でようやく先制すると、6回にはアダムのタイムリーで2点目を追加。投げては先発・和田が6回まで散発4安打無失点と完封ペースの好投を展開。7回も簡単に二死を取った和田だが、呪いをかけられているチームがそうすんなり勝てる筈はなかった。ここから大引、代打・塩崎、大西と3連打で同点に追いつかれ、失意のKO。更に、代わった佐藤が下山にタイムリーを許して、勝ち越し点を献上。9回には4番手・藤岡がラロッカに被弾するなど、火だるまに遭い、4失点KO。更に、5番手・山村も由田に今季初アーチを浴びるなど、2点を失い、この回、悪夢の6失点。ソフトバンクは15安打を放ちながら、僅か2点しか取れずに6連敗中のぶっちぎり最下位チームに屈辱的惨敗と正に、水島の呪いに取り憑かれたとしか思えない展開に甘んじる事となり、ここから地獄の連敗ロードに突入しやしないかと関係者は戦々恐々だ。

◆F6−11E◆
初回、山崎武のホームランダービー独走となる16号2ランで先制された日本ハムだが、その裏、二死満塁から金子誠がライト前へ2点タイムリーを浴びせて、あっさり同点に追いつくと、3回には無死一、二塁でクリーンアップの打順を迎える絶好のチャンス。しかし、頼みのクリーンアップが悉く凡退し、勝ち越しならず。すると、直後の4回、悪の温床・楽天は山崎武の2打席連続アーチで勝ち越し、更に、鉄平にもタイムリーが出て、4点目。2点を追う日本ハムはその裏、一死一塁から8番スタメンの田中幸がライト前へ弾き返し、ついに史上35人目、生え抜き選手としては球団初となる通算2000本安打を達成。ミスターファイターズの記念すべき記録に花を添える為にも何としても追いついておきたい所だったが、後続2人が倒れて、またも二者残塁。これで流れを引き戻した悪の温床・楽天は5回にも2点を加えると、6回には山崎武がこの日3本目となる18号2ランを叩き込むなど、6長短打で4点を奪い、10点目。メモリアルゲームをこんな無様な展開で終わりたくないとばかりに、日本ハムは7回、田中幸の2001本目の安打を皮切りに満塁とすると、稲葉が走者一掃のタイムリー二塁打。田中幸は8回にも今季初の猛打賞となるレフト前ヒットでチャンスを作り、続く稲田のタイムリーを呼び込む活躍を見せたものの、空気を全く読まずに打ちまくった山崎武による3発4安打5打点が大きく響き、残念ながらメモリアルゲームを飾る事は出来なかった。

◆M3−2L◆
ロッテはTSUYOSHIの今季初アーチとなる先頭打者本塁打で1点を先制。その後も走者を出しまくるが、4回を終わって、早くも8個と残塁を量産する大拙攻。先発・渡辺俊は不甲斐ない打線に辟易としながらも耐えていたが、5回、高木に今季初アーチを許して、ついに追いつかれると、6回にはG.G.佐藤に12号ソロを被弾し、勝ち越し点を献上。しかし、その裏、ロッテは細川のエラーでタナボタのチャンスを貰った所で塀内,堀の連続タイムリー二塁打が飛び出して、一気に逆転に成功。渡辺俊は7回途中で降板となったものの、ここから荻野−薮田−小林雅と繋いで、1点差を守りきった。ロッテは15残塁と言う拙攻三昧ながら、投手陣の踏ん張りに救われた。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:16コメント(2)トラックバック(119)2007 プロ野球 

May 16, 2007

◆YB5−8G◆
2回に二死満塁のピンチを切り抜けた巨人先発・金刃だが、4回に村田に8号ソロを被弾し、先制点を献上。一方、横浜先発・はーちゅんは5回まで僅かに1安打と、ついに「忘れた頃に見せる凄い投球」を展開する頃合いか…と思われたが、6回二死二塁から松田記者にタイムリーを浴びて、追いつかれると、更に、ガッツに痛打された後、李,ニックンと連続アーチを叩き込まれて、この回、悪夢の5失点。これで完全に流れを引き寄せた巨人は7回には松田記者が5号3ランを放ち、試合を決定付けた。横浜は9回、育成枠から這い上がり、ここまで4戦無失点と健闘している巨人3番手・山口を攻め立て、吉村のグランドスラムでKOしたが、反撃もここまで。巨人先発・金刃は7回1失点の好投で開幕4連勝

◆D5−3S
ヤクルト先発・藤井は立ち上がり、全く制球が定まらず、四球連発で満塁のピンチを背負うと、森野にタイムリーを許して、2点を献上。直後の2回、自らのタイムリーで1点差に詰め寄った藤井だが、3回、またも四球でピンチを作った挙げ句、T.ウッズにタイムリー二塁打を浴び、再び点差は2点。3−1の儘、迎えた6回、ヤクルトは二死から宮出,米野,代打・真中の3連打で同点に追いつくが、それも束の間、7回二死二塁から井端のタイムリー内野安打で勝ち越しを許してしまう。中日は続く8回にも中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8号ソロを叩き込み、ダメ押し。最後は岩瀬が3人で締めて、逃げ切って、4連勝。先発のルーキー・浅尾は7回3失点で無傷の3勝目をマークした。敗れたヤクルトは6連敗。

◆C6−1T◆
見殺して見殺して見殺しまくっているうちにすっかり調子を落としてしまった青木高に申し訳ない気持ちで一杯の広島打線は初回一死満塁から、求道者・前田がレフト前に弾き返して、2点を先制。3回には無死満塁でまたも打席が巡ってきた求道者・前田は今度はゲッツーに倒れるも、この間に1点を追加。5回には一死二、三塁から栗原の振り逃げの間に1点を追加。しみったれた形であろうとも、4点の援護を貰った青木高は5回まで無失点の好投を展開。6回、一死からキュラソ星人に三塁打を浴びた所でマウンドを譲ったが、代わった青木勇が後続を断ち切る。3番手・梅津が8回に林に被弾するも、その裏、森笠,鞘師のタイムリーで突き放し、青木高は8度目の先発でついに待望のプロ初勝利を手にした。広島はこれで3連勝。

◆H8−1Bs◆
ラロッカの14号ソロで先制されたソフトバンクだが、3回、大村が今季初アーチを放って、同点。5回には田上の2号2ラン等で3点を勝ち越すと、6回には小久保が14号ソロと一発攻勢で着々と加点。8回には4安打を集中して、ダメ押しの3点を追加。投げては先発・水田が6回途中まで1失点で切り抜けると、以降はリリーフ陣の援護を仰いで、4勝目をマーク。エース・川越が5失点KOの背信投球で敗れた偽バファローズはこれで6連敗

◆F8−6E◆
連勝の球団新記録更新を狙う悪の温床・楽天だが、先発・永井はいきなり2死球の乱調でピンチを作った末、青波の長瀬に9号3ランをぶち込まれて、3点を献上。更に、この後、3四球で満塁としたものの、辛くも追加点は許さず。直後の2回に憲史の3号2ランで1点差と詰め寄った悪の温床・楽天は、5回には二死満塁から山崎武の走者一掃のタイムリー二塁打で逆転に成功。しかし、2回以降制球が定まり、立ち直ったかに思われた永井がその裏、再び崩れ、二死一、二塁のピンチを背負うと、高橋に今季初アーチとなる3ランを浴びて、再び形勢逆転。その後、1点ずつ取り合って迎えた8回にも高橋の2打席連続アーチでダメを押した日本ハムが逃げ切り、悪の温床・楽天の連勝を阻止。尚、この日もスタメン起用された田中幸は第3打席でセンター前ヒットを放ち、ついに2000安打へリーチをかけた。

◆M3−8L◆
4戦連続1点差負けの西武は初回、カブレラのタイムリーで1点を先取。先制点を貰った西武先発・岸だが、2回に塀内に同点タイムリー二塁打を許すと、続く3回にはフクーラに今季初アーチを被弾し、勝ち越し点を献上。しかし、ここから5者連続三振と気迫の投球を展開。すると、5回、ロッテ守備陣の乱れに乗じて、追いついた後、中島,カブレラの連続タイムリーで2点を勝ち越し。再び追いかける展開となったロッテは6回にベニー松山のタイムリー二塁打で1点を返して、岸をKO。更に、この後、一死満塁とチャンスを拡大させたものの、ここで塀内が痛恨のゲッツーを食らい、同点ならず。これで流れを手放してしまったロッテとは対照的に、西武は8回、ベンちゃんのタイムリー二塁打と、細川の3ランで4点を奪い、ダメ押し、連敗をストップさせた。岸は6回降板ながら、打線の援護に恵まれ、4勝目

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:08コメント(0)トラックバック(81)2007 プロ野球 

May 15, 2007

カリメロ◆YB0−5G◆
開幕以来、投げる度に若造に火だるまにされるオヤジ狩り状態で二軍落ち後、9年ぶりのリリーフを経て、先発に戻ってきたカリメロ。復活をアピールするかの様に古巣相手に3回まで無失点の好投を見せていたが、4回、一死二、三塁のピンチからキムタクの犠飛でついに先制点を献上すると、5回にも1失点。そして、6回には阿部に被弾した後、キムタク,矢野,マッスル千代の富士と3本の二塁打を浴びてKO。一方、今季2度目の先発となる福田に対して、横浜は1,2回とゲッツーでチャンスを潰し、3回には二死二、三塁,5回には二死一、三塁のチャンスを掴みながら、あと1本が出ない。更に、この後、6,7回もゲッツーを食らう有様で引き寄せる事が出来ず、完封負けで首位奪回ならず。巨人先発・福田は7回で11人の走者を出しながら、無失点で凌ぎきる粘りの投球で2勝目をマークした。

◆D4−0S
13日の試合で左膝を痛めた井端だが、自分が外れたからと言って、落合監督が名手・川相を現役に復帰させて穴埋めさせる絶好の手だてを実行する気など皆無である事を察知し、痛みを堪えながらの強行出場を決意。ヤクルト先発・館山の前に3回までノーヒットに抑え込まれていた中日だが、決死の覚悟で出場している井端の執念のヒットを皮切りに、二死一、二塁のチャンスを作ると、森野のタイムリーでついに1点を先制。7回には代打・立浪にタイムリーが飛び出し、2点目をゲットすると、続く8回にはT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに17号2ランをぶち込み、ダメ押し。投げては先発・朝倉がヤクルトの拙攻に助けられながら、7回を無失点に抑えると、8回からは岡本−鈴木と繋いで、完封リレーを達成。館山は7回で14三振を奪う力投を見せたが、打線の援護に恵まれず、今季初黒星。ヤクルトはこれで5連敗となった。

◆C7−2T◆
調子を取り戻してきた阪神だが、この日は劣勢。先発・下柳が初回、自らのエラーで先制点を献上した後、求道者・前田に6号3ランを叩き込まれて、いきなりの4失点。3回までに早くも1併殺5残塁と拙攻三昧の阪神は4回に大竹の暴投でタナボタの1点を貰ったものの、5,6回と二人の走者を出しながら無得点と残塁量産モードは止まらない。一方、2回以降、すっかり沈黙しきっていた広島は6回、バッテリーエラーと緒方の犠飛で貴重な2点を追加。直後の7回、阪神はキュラソ星人に10号ソロが飛び出したが、反撃はここまで。広島は8回にも緒方のタイムリー二塁打でダメ押し、試合を決定付けた。1失点ながら5回降板となった大竹だが、打線とリリーフの援護を受けて、4勝目を飾った。阪神の連勝は4でストップ。

◆H5−1Bs◆
セラフィニが右手小指骨折で戦線離脱した事により、外国人枠が空き、48日ぶりの出場となったアレンが2回に先制タイムリーを放ったが、その裏、3連打等であっさり追いつかれ、なおも二死一、三塁のピンチに的山の捕逸で勝ち越しを許したばかりか、この際、本塁ベースカバーに入った先発・吉井が三塁走者・小久保と交錯。左手親指の捻挫で降板を余儀なくされるアクシデントに見舞われてしまう。2番手・ユウキは緊急登板ながら、粘りの投球を見せていたが、5回、小久保に13号3ランを叩き込まれて、KO。ソフトバンク先発・杉内は8安打を浴びながらも、無四球とテンポのいい投球で偽バファローズ打線を翻弄し、1失点完投でハーラートップタイの6勝目をマーク。敗れた偽バファローズは5連敗。

◆F2−3E◆
悪の温床・楽天は初回、田中賢,グリンと立て続けのエラーに乗じて、一死一、三塁のチャンスを作ると、山崎武の打席でダブルスチールが決まって、ノーヒットで1点を先制。4回の二死満塁のチャンスは逃したものの、続く5回に好調・高須のタイムリーで2点目を追加。先発の田中は制球に苦しみながら、要所を締め、6回まで無失点の粘投を見せていたが、7回、スタメンで起用された田中幸に2000安打まであと2本と迫る4号ソロを放り込まれると、二死後、田中賢に二塁打を浴びた所で無念の降板。代わったナベコーが稲葉を打ち取り、このピンチを脱出するも、続く8回、代打・小谷野の犠飛で試合は振り出しに戻り、田中の3勝目は消滅。試合はその儘、延長に突入した。ラストイニングの12回、悪の温床・楽天は四球とエラーで無死一、三塁とすると、ウィットがセンターへ犠飛を打ち上げ、ノーヒットで勝ち越しに成功。その裏、日本ハムは一死二塁とチャンスを掴んだものの、後続を断たれて、万事休す。これで悪の温床・楽天は球団新の5連勝

◆M2−1L◆
ハーラーダービートップを走る西武先発・涌井に対して、ロッテは初回、一死三塁からフクーラが前進守備のショートの横を破るタイムリーを放ち、先制。更に、サブロー,里崎と連打を浴びせ、2点目を追加。直後の2回、G.G.佐藤に11号ソロを浴びたロッテ先発・成瀬だが、以降は走者を出しても、後続をきっちり抑える落ち着いた投球で追加点を許さない。8回二死から中島に痛打された所で降板となったが、藤田がカブレラを打ち取ると、最後は小林雅が無難に締めて、1点差は守りきって、4連勝。成瀬もこれで開幕4連勝となった。涌井は2失点完投ながら、打線に見殺され、2敗目。西武は4戦連続1点差負け

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(4)トラックバック(72)2007 プロ野球 

May 14, 2007

  パーフェクト達成まであと二人となった所で土井垣は星王を退けて、自らファーストの守備に就いた。毎度、ブルペンでは井戸端会議が行われていたが、こういう時は動かない方がいいと言う飯島に対して、本領はこの作戦の意図が分かったと言う。一方、王さんは左の本多に代えて、これまた左の稲嶺を投入。里中は2打席見られている本多の方が嫌だったと王采配を批判するが、山田は稲嶺が166cmの小兵でストライクゾーンも低く狭い為、里中の下手からの投球の有利さが薄れると指摘。そこでいつもより半歩左足を踏み込んで投げる事を指示する。それにより、投げる際に体が低く沈み、いつもと同じストレートを投げても、低い所からホップする様な錯覚効果が得られると言うのだ。相変わらず、バッテリーがウダウダと考えている最中、岩鬼は稲嶺投入の意図はセーフティバントにありと予測。一見警戒していないかの様に深く守りつつ、投球と同時にダッシュして刺す構想を練っていたが、本塁へ戻ろうとする山田からセーフティに気をつけろなどと言われてしまい、全て台無し。山田の所為か否か、稲嶺からはセーフティの気配が消えてしまい、岩鬼は愕然とする。初球は山田の指示による半歩踏み出した投球の効果で稲嶺は空振り。1球目で打つのが難しいと判断したのか、稲嶺はセーフティ狙いに切り替えるが、これを再び察知した岩鬼は猛然とダッシュ。岩鬼のダッシュに気付いた稲嶺は狙いを一塁側へ変更。打球は一塁前に上がる小フライとなったが、ワンバウンドで捕れば、一塁は微妙なタイミングとあって、土井垣は一か八かのダイビングを試みる。一度はミットからこぼれたボールだが、地面につく前に何とか捕り直し、パーフェクトまであと一人と迫る。ファーストが星王の儘だったら、恐らく内野安打になっていたであろうこのプレーを見ていた本領は土井垣投入の意図は「代わった所に打球が飛ぶ」の格言を信じたからだと、訳の分からない水島理論をぶちまけるのだった。

 大半の読者が全く期待していないであろう里中のパーフェクト話だが、今週は打者一人で終わってしまい、まだまだ引っ張る模様。ああ、鬱陶しい…。そして、またも飽きずに炸裂した「代わった所に打球が飛ぶ」の水島理論には辟易するばかりだ。この格言自体は別に水島理論ではないのだが、こうも執拗に実践し続けるのは水島氏くらいのものである。実際の所、代わった所に打球が飛ぶと、それが今、出てきたばかりの選手であるが故に印象付けられ、逆に飛ばなかった時は「代わった所に飛ばなかった」などとわざわざ意識したりはせず、特に何も思う事はない。その為、飛ばなかった時の比率がどれ程なのかと言う統計的認識は欠落し、代わった所によく飛んでいる気がすると言う錯覚を生んでいるに過ぎない。ましてや、代わった所に飛ぶ事を狙って、野手を交代するなどと言う作戦は最早、オカルト的な発想と言っていい。オカルトキャラは不吉霊三郎だけで十分だ。そう言えば、不吉は今、何をやっているんだろうな…。星王だって、予知能力の持ち主でオカルトめいているんだから、そのまま、使ってやってもいいだろうに…。ホント、攻守に渡って役立たず扱いとは哀れだな、星王…。実は、単に、土井垣がパーフェクト達成の瞬間に居合わせたかっただけなんじゃないかとも思えるが…。まぁ、こんなダメ話でもストーカー女が出てこない分、ストレスは溜まらないんだけどさ。さて、最後の打者はまるで期待出来ない山崎なだけに、またまた代打が出てきそうな気配だが、果たして、ここでついに誰もが期待する「あの男」が出てくるのか否か!? 突然、亀岡が出てきたりしたら、それはそれで水島氏をちょっと見直すが…

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:12コメント(3)トラックバック(0)2007 ドカベン 

May 13, 2007

◆G3−6D◆
防御率0点台を誇る巨人先発・春風亭半ケツに対して、中日は初回先頭の井端がヒットで出ると、盗塁と荒木のセンターフライで三進。ここで福留のファーストゴロの間に素晴らしいスタートを切って、先制のホームイン。一方、中日先発・山本昌に対して、巨人は2回、ニックンの一発で同点。苦しい投球が続く春風亭半ケツは3回の二死二、三塁のピンチに福留を空振り三振に取って切り抜けると、4回も二死から中村紀を歩かせながら、李をライトフライに打ち取ってチェンジ…と思いきや、これをマッスル千代の富士がまさかの落球。この間に中村紀は一気に本塁を陥れ、勝ち越し。2点を取っているとは言え、全くタイムリーの出ない中日は6回、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンド上段へ16号ソロを叩き込み、貴重な3点目をゲット。7回にも無死一塁のピンチを背負った春風亭半ケツだが、ここで山本昌のヘッポコバントを素早い処理でゲッツーに仕留めると、2安打を浴びていた井端を空振り三振に斬って取る。これで流れを引き寄せた巨人はその裏、連打と犠打で一死二、三塁とすると、代打・矢野がセンターオーバーの走者一掃タイムリー三塁打を放ち、一気に同点。しかし、ここで春風亭半ケツを下げてまで投入した代打・清水が空振り三振。続くマッスル千代の富士も倒れて、勝ち越しならず。すると、直後の8回、春風亭半ケツに代わってマウンドに上がった林が福留にタイムリー二塁打を浴び、勝ち越し点を献上。更に、森野に犠飛を許して、2点差。9回には再調整を経て、一軍復帰早々、リリーフで起用された姜が谷繁に被弾し、ダメを押された。山本昌は27日ぶりの白星となり、200勝まであと7勝。会心の勝利を収めた中日だが、9回の打席で膝を痛めて退場した井端の状態が気になる所だ。

◆S6−8T◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、阪神は初回、ゼブラ今岡の2点タイムリーで先制すると、不調のシーツが3号2ランを叩き込み、早くも4点をゲット。先発の太陽の子エステバン・ジャンも2回まで無失点とまずまずの立ち上がりを見せ、この日は4連投のJFKは完全休養出来るか…と思われた矢先の3回、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーにヒットを皮切りに無死満塁の大ピンチを背負うと、ガイエルにライト前へ弾き返され、二者生還。更に、寿司職人ラミレスのセカンドゴロの間に1点を失うと、宮本,宮出にも連打され、4点のアドバンテージが一気に消滅。ジャンは3戦連続して5回もたずにKOとなった。4回以降、試合は膠着状態に陥り、4−4の儘、試合は土壇場9回へ突入。同点ながらマウンドに上がった守護神・高津に対して、阪神は一死満塁と攻め立てると、関本のタイムリーでついに勝ち越し。更に、続くジュビロ野口が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、試合を決定付けた。その裏、結局、引っ張り出されて、5連投となった久保田がガイエルに2ランを浴びたが、大事には至らず、阪神はこれで4連勝。逆に、ヤクルトは4連敗となった。

◆YB6−10C◆
横浜先発・加藤に対して、広島は初回二死から、栗原が二塁打、続く新井がタイムリーを放って、1点を先制。3回には2四球で一死一、二塁のチャンスを貰うと、求道者・前田,森笠,中東と3連続タイムリーを浴びせて、3点を追加し、加藤はこの回限りでKO。更に、広島は4回にも栗原のタイムリーで5点目を追加。一方、広島先発・黒田に対し、毎回安打を放ちながら、攻めあぐねていた横浜はその裏、メカゴジラのタイムリー二塁打でようやく1点。続く5回には無死二塁の場面で、4点のビハインドがありながら代打を使わずに打席に送り込んだ投手の高宮に予期せぬタイムリーが飛び出して、2点目。これでガックリきた黒田はこの後、二死満塁のピンチを背負うと、メカゴジラに走者一掃のタイムリー二塁打で一気に同点とされて、無念のKO。追いつかれた広島は7回、先頭の4番・新井がライトスタンドへ3試合連続の勝ち越し14号ソロを叩き込むと、続く8回には梵が2号2ラン。横浜も古木の一発で追いすがるが、9回に石原が2点タイムリーを放って、ダメ押し。15安打10得点と久々に打線が繋がった広島は連敗を脱出。2番手の林が今季初勝利となった。尚、この試合、石井タクローが初回に二盗を決め、史上15人目の通算350盗塁を達成した。

◆M3−2H◆
0−0で迎えた3回、ソフトバンクはヒットのブキャナンを二塁へ送り、大村のライト前タイムリーでホームへ迎え入れ、1点を先取。しかし、その裏、ロッテもヒットと死球で無死一、二塁とした所でTSUYOSHIに7試合ぶりのタイムリーが飛び出して、すかさず同点。追いつかれたソフトバンクは直後の4回、3連打で無死満塁の大チャンスを掴むも後続3人があえなく凡退し、三者残塁。5回にもノーアウトの走者を生かせなかったが、6回、一死二塁からブキャナンのタイムリーでようやく勝ち越し。しかし、粘るロッテはその裏、サブローの犠飛で再び同点。試合は2日連続の延長に突入した。ソフトバンクは10回の一死一、二塁に続き、12回にも一死一、二塁のチャンスを掴みながら、後が続かず白星が消滅。その裏からマウンドに上がった藤岡に対して、ロッテは先頭のズレータに二塁打を浴びせると、一塁が空いた事で今江が歩かされて、一、二塁。続く塀内は凡退したものの、青野がセンター前タイムリーを放って、サヨナラ勝ちを収めた。ロッテ6番手の小林雅は今季初勝利。ロッテは引き分け1つを挟んで3連勝となったが、先発・清水は好投報われず、またも初勝利はお預けとなった。

◆Bs0−7E◆
10連敗から抜け出したかと思えば、1つ勝った後に3連敗と再び連敗ロードに突入している偽バファローズはこの日も投打に精彩を欠いた。先発・セラフィニは初回からショートのタイムリーであっさり先制を許すと、ウィットには3ランを叩き込まれて、あっと言う間の4失点。2,3回と何とか抑えて、立ち直りかけたかに見えたが、4回、渡辺直,高須と連続タイムリーで3点を失い、あえなくKO。打っては悪の温床・楽天先発の青山相手に散発4安打と抑え込まれ、三塁すら踏めずの零敗で4連敗。一方、悪の温床・楽天は4連勝。5連続KO中の青山だったが、プロ初初完封で3勝目をマークした。

◆L2−3F◆
初回二死一、三塁と言う先制のチャンスを逃した日本ハムに対して、西武はその裏、二死一、二塁からベンちゃんがタイムリーを放って、1点を先制。続く2回にはG.G.佐藤の10号ソロで1点を追加。2点を追う日本ハムは3回、田中賢の犠飛で1点を返すと、4回には小谷野がタイムリー二塁打を放ち、試合は振り出しに。2−2で迎えた7回、日本ハムは一死から小田,劇団ひちょりの連続二塁打でついに勝ち越しに成功。先発の伊集院光の弟子・金村はその裏、先頭の代打・福地を歩かせた所で降板となったが、後を継いだ武田久が後続を断ち切ると、8回も3人で退け、最後は守護神・MICHEALがピシャリと締めて、1点差で逃げ切った。西武は今季初の3連敗

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:57コメント(0)トラックバック(97)2007 プロ野球 

May 12, 2007

◆G5−9D◆
昨日は序盤から巨人が圧倒したが、この日は全く逆の展開。巨人先発・久保に対して、中日は初回、井端,荒木の連打でいきなり一、三塁と絶好の先制チャンス。ここで福留,T.ウッズが連続三振を喫したものの、森野が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに5号3ランを叩き込み、先制。2回には井端,3回には中村紀のタイムリーで1点ずつ加えて、久保をKOすると、4回には2番手・野口を攻め立て、井端の一発などで一気に4点を追加し、早くも試合を決定付けた。巨人は久々のスタメンとなったキムタクが移籍初アーチを含む3打点と気を吐くなど、4点差まで追い上げたが、序盤の大量失点が大きく響いた格好。好調のガッツも4打席快音が聞かれず、連続試合安打は23でストップ。中日先発・中田は6回5失点ながら、打線の援護に恵まれ、チームトップの4勝目を飾った。一見、快勝に見える中日だが、5回以降は拙攻三昧で計13残塁と川相不在を痛感させるばかりで、名手・川相の現役復帰を望む声は日に日に強まっている

◆S2−3T◆
連敗を脱してから息を吹き返しつつある阪神はこの日も2回、狩野のタイムリー二塁打で先制。4回には鳥谷のタイムリーで2点を追加。先発の杉山は5回まで無失点の好投を見せていたが、6回、寿司職人ラミレス,宮出とタイムリーを許し、1点差に詰め寄られた所でKO。阪神は7回からウィリアムス,8回から久保田と繋ぎ、最後は守護神・藤川と、4夜連続のJFKリレーを展開し、1点差を守りきって3連勝。またも貧打に泣いたヤクルトは3連敗となった。

◆YB8−3C◆
ここ2試合無失点投球で連勝中の佐々岡だったが、この日は序盤から大炎上。初回こそ3人でピシャリと抑えたが、2回、村田に特大アーチで先制されてからおかしくなり、鶴岡にも2点タイムリーを浴びて、この回3失点。更に、続く3回にはまたも村田,鶴岡にタイムリーを許すなど、6連打を浴びて、5点を失い、失意のKO。一方、この所、巨人以外の相手にもまともな投球を見せ始めている横浜先発・土肥は大量リードにホッとしたか、直後の4回、新井に2ラン、5回には石原にソロアーチを被弾。その後も再三ピンチを背負ったが、あと一本を許さず、7回途中まで投げきると、リリーフ陣の援護を仰いで逃げ切った。これで土肥は開幕5連勝でハーラートップタイに並んだ。連敗を喫した広島だが、二軍から再び這い上がってきたルーキー・宮崎が2回を無失点と、昨日に続いて好投。開幕から投げる度に失点してきた事を考えれば、大分安定感が増してきた感じ。いずれも負け試合ではあるが、僅差の展開でこの投球が出来るかどうかが気になる所だ。

◆M1−1H◆
ソフトバンク先発・ガトームソンの立ち上がりをついて、ロッテは初回、先頭のTSUYOSHIがいきなり二塁打を浴びせると、早川のセカンドゴロで三進。ここでフクーラがきっちりセンターへ打ち上げ、あっと言う間に1点を先制。しかし、ガトームソンはここから立ち直り、2回以降は付け入る隙を許さない好投を展開。一方、ロッテ先発・小林宏の前に6回まで散発3安打と沈黙していたソフトバンク打線だが、7回、小久保が12号ソロを放り込み、ついに同点。試合はその儘、延長にもつれ込んだが、両軍共にリリーフ陣が踏ん張り、チャンスらしいチャンスも掴めず、結局、12回規定でドローとなった。

◆Bs4−5E◆
ウィット,山崎武の一発等で4回までに3点のビハインドとなった偽バファローズだが、4回裏にラロッカの13号ソロ,後藤の犠飛で1点差。5回に高須のタイムリーで突き放されるも、6回、草野のタイリーエラー,大引のタイムリーでついに同点。終盤は両軍決め手に欠き、試合はその儘、延長へ突入した。迎えた10回、悪の温床・楽天は偽バファローズ抑えのカーターに対して、四球とエラーで一、三塁と言うタナボタのチャンスに高須がこの日2本目のタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。その裏、福盛が二死満塁の大ピンチを背負ったものの、何とか凌いで3連勝。尚、先発の岩隈は6回途中で右ふくらはぎに違和感を訴え、降板を余儀なくされた

◆L2−3F◆
日本ハムは2000安打へ足踏みが続いている田中幸をスタメンから外し、代わりにここまで打率.053と壊滅的な不振に喘いでいる小田を起用したが、これが見事に的中。2回、スタメン起用に燃える小田は二死一、二塁の場面でセンター前へ先制タイムリー。その裏、無死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰した西武だが、続く3回、佐藤のタイムリー二塁打で同点。日本ハムは直後の4回にまたも小田のタイムリーで勝ち越し。小田は第3打席でもヒットを放ち、3の3の大当たりだった。6回に江尻の暴投で再び追いつかれた日本ハムだが、7回、2本のヒットで一死一、三塁とした所で稲葉がライト前に弾き返し、三たび勝ち越し。その裏から登板の武田久が2イニングを無難に抑えると、最後は守護神・MICHEALが3人で締めて、実に41日ぶりとなる3セーブ目をマーク。日本ハムは11残塁の拙攻三昧だったが、西武も10残塁と付き合ってしまい、2試合連続の1点差負けとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:55コメント(0)トラックバック(79)2007 プロ野球 

May 11, 2007

◆G8−1D◆
左手薬指の腱鞘炎で開幕からリハビリモードだった清水がようやく一軍に復帰したのはいいが、入れ替えで二軍落ちとなったのが、よりによもって、当ブログ推奨助っ人・ゴンザレス。何故、ゴンザレス!? 落とされる程の不振ではなかったろうに…と思っていたら、どうも左手を痛めていたらしい。そういう事なら仕方ないが、ハマのチンピラからスナイプされた後遺症が再発したのか、完治していなかったのか、ともあれ早期復帰を願うばかりである。その清水もスタメンで起用された訳ではなかったが、初回から松田記者の2ランなど集中打でいきなり4点を先制した巨人は2回にはガッツが一発浴びせて、中日のエース・人斬り抜刀斎を早々とKO。終盤にはガッツが2本目のアーチを浴びせると、マッスル千代の富士にも一発が飛び出し、ダメ押し。投げては内海が7回1失点の好投で5勝目をマーク。尚、清水は8回に代打で出場したが、ライトフライに倒れた。稀代のチャンスメーカー・川相がコーチ業に収まっている宝の持ち腐れ状態な中日は再三再四のチャンスを悉く潰しまくり、結局、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出した中村紀の7号ソロで完封を免れるのが精一杯だった。

◆S3−5T◆
地獄の連敗ロードを脱し、今度は最下位脱出を目指す阪神は初回にゼブラ今岡,2回には狩野のタイムリーで2点のリード。3回に寿司職人ラミレスのタイムリーで1点差とされるも、5回、宮本のよももやのエラーの直後、林,キュラソ星人の連続アーチで大きく突き放した。ヤクルトもその裏、ガイエルの9試合ぶりとなる5号2ランで追い上げたが、6回から早くも継投モードに切り替えた阪神は7回から3夜連続のJFKリレーを展開して逃げ切りに成功。これでヤクルトと入れ替わりで最下位脱出となった。敗れたヤクルトはリーグ20敗一番乗り。

◆YB8−4C◆
吉村の犠飛で先制された広島は3回、新井の12号グランドスラムで一気に逆転に成功。しかし、今季初登板初先発の大島は4回、吉村,相川とタイムリーを浴びて、1点差とされた所で代打・マイケルに今季初アーチとなる逆転3ランを叩き込まれ、KO。これでペースを掴んだ横浜は5回にはメカゴジラに初アーチが飛び出すと、7回には村田がダメ押しアーチ。最後は久々の一軍登板で何とリリーフ起用されたカリメロが3人で締める復活アピールを見せ、逃げ切った。5,6回と無失点で切り抜けた2番手・ゲーリー川村は今季初勝利。

◆M9−5H◆
ロッテ先発・久保が5回まで柴原のタイムリーによる1点に抑えれば、ソフトバンク先発・新垣も荒れ球ながら、4回まで今江のタイムリーによる1点で凌いでいたが、この1点を争うゲームは5回に一気に壊れてしまう。5回裏、新垣はいきなり先頭の青野の一発で勝ち越し点を献上すると、3四球に暴投,連打と大崩れし、今季最短となる4回1/3でKO。この後、2番手・小椋も今江に3ランを叩き込まれるなどして、この回、大量8失点。ソフトバンクは終盤3点を返したものの、ビッグイニングを許してしまった分を取り戻す事は出来ず、連勝は3でストップ。

◆Bs5−7E◆
初回に両軍1点ずつ取り合って迎えた2回、悪の温床・楽天は高須のタイムリーで勝ち越しに成功。しかし、先発・林は制球に苦しみ、2回を投げて1失点ながら、66球も投げさせられて、業を煮やしたノムさんはこの回限りで降板を命じた。悪の温床・楽天は3回にラロッカのエラー,後藤の野選等、偽バファローズ内野陣のミスにつけこんで、2点を奪うと、更に、嶋,鉄平と連続タイムリーを浴びせて、デイビーをKO。5点ビハインドとなった偽バファローズはその裏、大西,後藤のの一発攻勢で3点を返すと、6回には村松のタイムリーで1点差まで追い上げたが、土壇場9回に内野ゴロの間にダメ押しの1点を許し、最後は福盛の前に反撃を断たれた。悪の温床・楽天はこれで球団創立3年目にして、ようやく通算100勝目に到達した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:41コメント(0)トラックバック(23)2007 プロ野球 

May 10, 2007

「たかがスポーツで死ぬぞ!!」
「そのたかがスポーツで俺は人を殺してるんだ」

 心臓に爆弾を抱えているにも拘わらず、ブルペンで投げ込みを始めたギブソンに気付いたJr.は事情を知っている監督が起用する訳はないと思いながらも、戦々恐々。同じくギブソンの病を知っているアレックスに言われてようやくギブソンの動きに気付いた監督は血相を変えてブルペンに電話。ギブソンはただの熱中症とばかり思っていた為、投げ込みを許可した投手コーチは突然、心臓病だと暴露され、怒鳴られても戸惑うばかりだったが、その様子を見たギブソンが投手コーチから受話器を奪い取る。勝手に準備を始めても起用などしないと制止する監督だったが、自分が投げずに済めばそれに越した事はなかったが、ハフマンは既に限界であり、万一、自分が倒れた時の為にベルは残しておかなくてはならない事を考えると、そうも言っていられないと答えるギブソン。「アメリカの監督としてアメリカが勝つ為に最善の努力をする責任がある筈だ」と言われ、監督は返す言葉をなくしてしまう。そうこうしているうちにハフマンがコジローに粘り負けて四球を与えてしまい、一死一、三塁のピンチ。ここで日本が樋口に代えて吹留を代打に起用すると、ギブソンは交代も告げられていないにも拘わらず、ブルペンを出てマウンドへ。しかし、結局、監督は止める事が出来ず、ギブソン投入をコールしてしまうのだった。自分が同じ立場だったならそうするであろうと考えていた吾郎も見守る事しかなく、心臓の爆弾が爆発しない事を祈るばかり。よもやの登板に顔面蒼白のJr.はたかがスポーツに命を懸けようとする父に最後の抵抗を試みるが、吾郎の実父・茂治を死に追いやっている事で腹を決めているギブソンはJr.の制止に聞く耳を持ちはしないのだった。

 やはりと言うか、既定路線のギブソン登板へ。しかし、アメリカの監督はあれでいいのかね。いくら自分で責任を持つとギブソンが主張しているからと言って、万一、ここでギブソンが死んだりしたら、間違いなく監督の責任を問われる事になると思うが…。あの程度の説得で登板を許可してしまうと言うのはどうも釈然としないものがあるな。ギブソンが倒れた時は必死こいて病院に駆けつけた吾郎もあんなにあっさりと看過してしまうのもしっくり来ない。こういう展開になるなら、あの病室のシーンは果たしてあのタイミングで必要だったのだろうか…と今更ながらに疑問視してしまう。結局、ギブソンは茂治に対する業を背負い続けている様子だし…。それにしても、ギブソンの登板は予想より早かったなぁ。こういう形で登板してきた以上、簡単に打たれる筈もなく、一死で打順が2番となれば、順当にいけば、この回、今夜の松尾さんには回らない事になる。満塁になってからの登板だったら、二死満塁で松尾さんでシメるには絶好のタイミングだったのにね…。まぁ、確実にシメられる状況をお膳立てされたら、テンション下がる一方だけど…。吾郎 vs Jr.は恐らくあと1回と予想していたのだが、Jr.を最後の打者にする為にはこの回で決めるしか手はないのに(更なる長期戦になれば別だが)、とてもこの回に点が入りそうな雰囲気がない辺り、一体、何回まで続くのか予測が立たなくなってきた。続けば続く程、ギブソンに命の危険が伴うばかりだが…。とにもかくにもギブソンが打たれなければ決着はつかない以上(打たれる前にぶっ倒れる様な展開では寒過ぎる)、焦点は一体誰が打ち砕くのか…と言う事になる訳だが、散々フィーチャーされた寿也はもううんざり…ってなもんだし、かと言って、散々目の敵にしている松尾さんに花を持たせてくれるとは到底思えない。今、打席が終わったばかりのコジローは微妙な上、面白みの欠片もない訳で、こうなると最早、吾郎しかないって感じに…。DH制であるにも拘わらず、打者・吾郎が引っ張り出される様な無茶と言うか水島チックな展開は避けて貰いたいものだが…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:13コメント(2)トラックバック(0)2007 MAJOR 

◆T3−2G◆
連敗ロードをひた走る阪神相手に巨人は余裕ぶっこいているのか、ゴンザレス,ホリンズの当ブログ推奨助っ人コンビを共にスタメンから外すオーダーを展開。怒りに燃える阪神が初回にキュラソ星人の17試合ぶりとなる8号2ランで先制すれば、すかさず、2回に巨人が阿部の6号ソロで応戦。5回に阪神が鳥谷の2号ソロで突き放せば、直後の6回、巨人は阿部のこの日2本目となる7号ソロで追いすがる。阪神は昨日に6回途中から久保田、7回からウィリアムス、そして、9回には藤川と連夜のJFKリレーを展開。昨夜は苦渋を舐めた藤川だが、この日は鈴木尚,代打・矢野といきなり連続三振に斬ってとると、最後はマッスル千代の富士をピッチャーゴロに仕留めて、逃げ切りに成功。阪神は2週間ぶりの白星となり、ようやく連敗が9でストップした。阿部のソロ2発でしか点を奪えなかった巨人は1回一死一、二塁、4回一死満塁,6回二死一、二塁と再三のチャンスを逃した事が大きく響いた格好となった。

◆C2−1D◆
0−0で迎えた2回、広島は一死一、二塁のチャンスで石原にタイムリーが飛び出し、1点を先制。今季初先発となる高橋は2戦連続2桁得点と当たっている中日打線を相手に4回までノーヒットに抑える好投を展開。5回に森野に内野安打を許すと、続く中村紀を歩かせ、この日初めてのピンチを迎えたものの、崩れる事なく後続を断ち切り、6回を無失点。林−梅津と繋いで、最後は永川を投入しての完封リレー…と思いきや、制球が定まらない永川は2四球で一死一、二塁のピンチを作り、T.ウッズにタイムリーを浴びて、高橋の今季初白星を粉砕。一気に畳み掛けたい中日だったが、森野が痛恨のゲッツーに倒れて、勝ち越しならず。追いつかれた広島はその裏、一死から石原が四球を選ぶと、ここで途中出場の森笠がライトオーバーのタイムリー二塁打を放ち、サヨナラ勝ち。立て続けの大惨敗で迎えた第3戦で何とか一矢報いた。

◆S1−3YB◆
ヤクルトは初回、内野安打の青木が飯原の犠打で二進すると、ガイエルのセンター前タイムリーで先制のホームイン。先発・藤井は4回まで四球を2つ与えただけと言う好投を展開していたが、5回二死から相川に初安打となる二塁打を浴びると、続く投手のはーちゅんに痛恨のタイムリーを許し、試合は振り出しに。その裏、ヤクルトは二死満塁と勝ち越しのチャンスを作るが、宮出が空振り三振に倒れて、三者残塁。1−1で迎えた8回、横浜は先頭のガッツな貴公子・仁志が二塁打で出ると、石井タクローの犠打で三進。ここで金城がレフト前へタイムリーを放ち、ついに勝ち越しに成功。更に、9回にもガッツな貴公子・仁志のタイムリーでダメ押し。はーちゅんは上位打線には手こずりながらも、下位打線は完璧に抑え込み、完投で4勝目をマークした。ヤクルトの連勝は3でストップ。

◆F2−8H◆
5試合連続完投中と抜群の安定感を誇るダルビッシュに対して、大村を急性胃腸炎で欠き、苦しい展開のソフトバンクだったが、初回、大村の代わりに1番に入った本多が四球で出ると、ハマのスペランカーが先制タイムリー二塁打。更に、この後、小久保のタイムリー二塁打、柴原の犠飛で2点を追加。3点を追う日本ハムはその裏、稲葉のタイムリーで1点を返すと、続く2回には田中賢がタイムリーを放ち、1点差。追い上げて貰いながら、依然としてピリッとしない投球が続くダルビッシュは3回に満塁のピンチを作ると、4回には先頭打者から連続四球を与え、3回0/3と言う今季最短のKO。2番手・押本がこのピンチは切り抜けたものの、続く5回、アダムに被弾。3番手・伊藤も松中に被弾し、試合を決定付けられた。ソフトバンクは投打が噛み合い、3連戦3連勝。先発・和田は完投で4勝目をマークした。2000安打へ3本と迫る田中幸は今季初めてDHでのスタメン出場となったが、3タコ。これで札幌ドームでの初アーチ以降、15打席足踏みが続いている。

◆Bs2−6M◆
ようやく大連敗を脱出して気が抜けた訳ではなかろうが、偽バファローズは初回からサブローの先制タイムリー、ズレータの10号2ランでいきなり3点を献上。その裏、外国人史上最多出場の通算1354試合出場を達成したローズのタイムリー二塁打で1点を返したのも束の間、直後の2回に青野に犠飛を許して、再び3点差。更に、4回にはTSUYOSHIの犠飛,フクーラのタイムリーで2点を失い、先発・光原はあえなくKO。2番手・本柳,3番手・ユウキは味方の反撃を待ち、残り5回1/3を1安打に抑える完璧なリリーフを展開したが、ロッテ先発・渡辺俊の前に偽バファローズ打線は2回以降、1安打無四球と手も足も出ない。土壇場9回、一死から連打と四球で満塁のチャンスを作り、ようやく渡辺俊をマウンドから引きずり下ろしたものの、代わった小林雅の前に北川の犠飛で1点を返すのが精一杯だった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:11コメント(0)トラックバック(83)2007 プロ野球 

May 09, 2007

◆T5−6G◆
連敗ロードが止まらない阪神だが、この日はルーキー・金刃を相手に初回から林の3号2ランで先制すると、2回には関本がタイムリーと早くも3点のリード。しかし、連敗中のチームと言うのはえてして空回りしてしまうものなのか、先発・下柳が3回に大崩れ。ゴンザレス,ホリンズと当サイトが推奨する巨人直輸入助っ人コンビに連打を浴びた後、マッスル千代の富士に2点タイムリーを浴び、1点差。更に、二死満塁となった所でよりにもよって、怒濤のチャンスブレイカーこと恐怖の残塁量産マシン・ニックンに2点タイムリーを浴びて、逆転を許し、この回限りであえなくKO。3点差を引っ繰り返して貰った金刃だが、勝利投手の権利獲得を目前にした5回、ゼブラ今岡に同点タイムリーを浴び、この回限りで無念の降板。6回から代わった会田に対して、阪神は先頭の代打・葛城イクローが今季初アーチをぶち込んで、再び勝ち越しに成功。6回から5日ぶりに久保田,7回には4日ぶりにウィリアムスと繋いできた阪神は8回一死一塁の場面で実に13日ぶりに藤川を投入。まずはホリンズを空振り三振に斬ってとった藤川だが、この間にキムタクに二盗を許し、一打同点のピンチ。ここで代打・矢野に9球粘られながら、どん詰まりのレフトフライに仕留めて、このピンチを脱出。久々のJFKリレー炸裂でいよいよ阪神の連敗は止まるかに見えたが、土壇場9回、先頭のマッスル千代の富士に痛打されると、代走・鈴木に二盗と捕逸で三塁まで進まれる絶対絶命のピンチ。ここで松田記者にレフトオーバーの同点タイムリー二塁打を浴び、藤川はついに今季初失点。この後、ガッツ,李と連続三振に斬ってとったものの、矢野に粘られた影響で既に、30球を越えていた藤川にいつものキレはなく、よりにもよって、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンにライト前へ弾き返され、勝ち越し点を献上。その裏、上原相手に先頭の林がヒットで出たものの、後が続かず、阪神は7年ぶりの9連敗となり単独最下位へ転落。巨人4番手として、8回に登板した育成選手上がりの山口は嬉しいプロ初勝利となった。尚、巨人はこの日、新助っ人として、メジャー通算30勝のジェレミー・ゴンザレスを獲得。ジェレミー(・パウエル)と、(ルイス・)ゴンザレスがいる状況で果たして、登録名はどうなるのか注目される。

◆C7−12D◆
初回にT.ウッズのタイムリーで先制した中日は2回には谷繁が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチを放つなど、2点を追加。3回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズ,李がそれぞれ2ランを叩き込み、ここ5試合で僅かに2失点の大竹を早々とKO。更に、5回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにまたもT.ウッズが2打席連続の15号ソロを放ち、8点目。一方、5回まで求道者・前田のソロアーチによる1点のみと沈黙していた広島だが、7点を追う6回、栗原の8号ソロで1点を返すと、7回には二死満塁から栗原が2打席連続の9号グランドスラムを叩き込み、一気に2点差。しかし、直後の8回、4番手・林が森野の犠飛,中村のタイムリー二塁打で致命的な2点を失い、試合を決定付けられた。

◆S10−4YB◆
鈴木なおのりのタイムリーで先制されたヤクルトだが、3回、飯原の5号2ランで逆転に成功すると、続く4回にも川端のスクイズで1点を追加し、ハマのチンピラをKO。2点を追う横浜は直後の5回、メカゴジラのタイムリーで1点差に詰め寄るも、ヤクルトはその裏、飯原の犠飛で再び突き放す。8回には2つの四球でチャンスを作ると、途中出場の田中浩が走者一掃のタイムリー三塁打。更に、福川のタイムリーの後、青木の7号3ランが飛び出して、ダメ押しの10点目。横浜は9回に村田のタイムリー二塁打で2点を返したものの、焼け石に水。ヤクルトはこれで3連勝。先発・松岡は5回2失点で2年ぶりの白星を飾った。

◆F2−4H◆
日本ハムは2回、ヒットの高橋を金子誠が送った所でミスタースナイパー・坪井がセンター前に弾き返して、1点を先制。日本ハム先発・建山の前に3回まで1安打と抑え込まれていたソフトバンクだが、4回、本多,ハマのスペランカーと連打を浴びせると、小久保のタイムリー二塁打で同点。更に、満塁となった所で陽がタイムリーエラーを犯し、労せずして勝ち越しに成功。6回には柴原の4号ソロで中押しの3点目をゲット。その裏、ミスタースナイパー・坪井にこの日2本目のタイムリーが飛び出したのも束の間、直後の7回、ソフトバンクは本多のタイムリーで貴重な1点を追加。終盤は小刻みにリリーフを注ぎ込む継投で日本ハムの反撃をかわし、最後は守護神・馬原が締めて逃げ切り。田中幸はこの日もスタメンで起用されたが、2三振を含む4タコとまたもや不発に終わった。

◆Bs4−3M◆
ついに連敗が2桁に上り、球団ワースト記録が目前に迫る偽バファローズはこの日も2回の里崎の一発で先制されるが、3回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの11号3ランで逆転に成功。その後、1点ずつ取り合って迎えた6回、ロッテはまたも里崎がタイムリー二塁打を放ち、1点差。ここで先発・川越を諦めた偽バファローズは加藤大を投入し、このピンチを切り抜けると、7回二死一、二塁のピンチも辛くも脱出。最後はカーターが3人で締め、連敗はようやく10でストップした。

◆E9−8L◆
永井,岸のルーキー対決となったこの試合。岸は立ち上がり、制球に苦しみ、3つの四球を与えるなど、押し出しで先制点を許すと、更に、山崎武にはリーグトップの14号グランドスラムを放り込まれて、大量5失点。一方、一回り目は無難に抑えた永井だが、二回り目に入った4回、カブレラのタイムリーで1点を許すと、5回には細川,中村に連続被弾し、この回限りで降板。6回からマウンドに上がった松本がショートのタイムリーエラーで1点を失うと、3番手・山村は内野ゴロの間に同点とされた後、中島には押し出し四球を許して、勝ち越し点を献上。7回にはG.G.佐藤にタイムリーを浴びて、2点差とされた悪の温床・楽天だが、8回、この回から代わった長田からウィットが4号2ランを放ち、同点。更に、この後、二死二塁から高須のタイムリー三塁打,礒部のタイムリー内野安打で2点を勝ち越し。西武は抑えの福盛から細川のタイムリーで1点差にまで詰め寄ったが、最後は中村が三振に倒れて、あと一歩及ばず。悪の温床・楽天4番手のナベコーに2年ぶりの白星が転がり込んだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:29コメント(1)トラックバック(97)2007 プロ野球 

May 08, 2007

◆T1−7G◆
ゴールデンウィーク全敗に終わり、挙げ句の果てにシャア少佐が登録抹消となるなど、重苦しい雰囲気の阪神。地元・甲子園で宿敵・巨人を返り討ち、流れを変えたい所だったが、初回から、一死一、二塁のチャンスを逃す嫌な立ち上がり。すると、直後の2回、先発マウンドに上がった太陽の子エステバン・ジャンが当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスに犠飛を許して、先制点を献上。続く3回には李に8号2ランを叩き込まれると、5回にも李,ニックンと連続タイムリーを浴びて、あえなくKO。更に、代わった能見もゴンザレスのタイムリー等で2点を失い、7点差。巨人先発・福田は大量援護をバックに7回まで無失点の好投を展開。完封も見えてきたが、8回に内野ゴロの間に1点を失い、この回限りで降板となったが、プロ初の先発勝利をマーク。9回には上原にストッパーの座を追われている豊田がこの上なく楽な場面で登板。先頭のゼブラ今岡にヒットを浴びたものの、後続を断ち切り、ストッパー復帰へ何とか望みを繋いだ。投打に精彩を欠き、完敗を喫した阪神はこれで8連敗となった。

◆C4−16D◆
好投しても好投しても見殺され続けているうちに、ついには好投出来なくなった青木高がこの日も乱調。2回に中村紀,李の連続二塁打で先制されると、3回には6長短打を集中されて大量5点を失い、失意のKO。4回には2番手・マルテが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにT.ウッズに13号2ランを被弾。大量8点のビハインドとなった広島は5回、ここまで攻めあぐねていた中日先発・朝倉を捉え、一死から代打・中東のプロ初安打を皮切りに5連打で3点を返すと、更に、二死後、この日2安打と当たっている森笠にもタイムリーが飛び出して、この回、4点。追い上げられた中日だが、7回、谷繁,代打・立浪の連続タイムリーで貴重な2点を追加すると、8回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに中村紀が6号3ラン,9回には川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに井端が2号3ランと一発攻勢で大きく突き放した。広島は6回以降、完全に打線が沈黙し、連勝は4でストップ。青木高はこれで開幕6連敗となった。

◆S7−5YB◆
横浜は初回、ヤクルト先発・館山の立ち上がりを捉えて、村田のタイムリー二塁打,メカゴジラの犠飛で2点を先制すると、更に、飯原のタイムリーエラーでこの回3点。3回には吉村のタイムリーで1点を追加。4点を追うヤクルトはその裏、四球と野選で出した走者を飯原が汚名返上の4号3ランで返して、1点差。続く4回には寿司職人ラミレス,宮出,宮本の3連打で同点。その後、しばらく膠着状態に陥ったが、4−4で迎えた8回、横浜は何と投手のホセロに来日初アーチが飛び出して、均衡を破る5点目をゲット。自ら勝ち越し点を叩き出したホセロだが、その裏、一死二、三塁のピンチを背負ってKO。代わって守護神・クルーンがマウンドに上がったが、これに対して代打・真中が今季初アーチとなる3ランを叩き込み、一気に逆転に成功。最後は守護神・高津が締めて、逃げ切った。ホセロは自らの値千金の一発を帳消しにし、来日初黒星。

◆F0−7H◆
初回にハマのスペランカーが4号ソロ,2回にはブキャナンが7号2ランと一発攻勢で主導権を握ったソフトバンク。5回には大村のタイムリーで1点を加えると、6回には小久保の11号ソロ,森本のタイムリー,大村の犠飛で3点を追加。先発・杉内は立ち上がりから日本ハムに付け入る隙を与えない素晴らしい投球を展開。疲れの見えた終盤に何度か得点圏に走者を背負ったが、落ち着いた投球で後続を断ち切り、6安打10三振の完封で5勝目を飾った。敗れた日本ハムの連勝は4でストップ。2000安打へ3本と迫る田中幸はスタメンで起用されたが、2三振を含む4タコと不発に終わった。

◆Bs0−13M◆
連敗ロードから抜け出せない偽バファローズに対して、ロッテ打線が序盤から大爆発。まずは2回先頭の里崎が二塁打で出ると、続くズレータがライトスタンドへ9号2ランを放ち、先制。この後、二死二塁としてから、怒濤の7連打を浴びせて、一挙8点のビッグイニングを形成。続く3回にも一死から4連打で2点を加えて、早くも10点目。この後もロッテは着々と加点し、今季最多の25安打13点の猛攻。投げては先発・成瀬が偽バファローズ打線を散発2安打に抑え込み、11三振を奪う完璧な投球を見せ、今季初完封で開幕3連勝。偽バファローズはこれでついに10連敗

◆E5−10L◆
悪の温床・楽天の先発はルーキー・田中。そろそろソフトバンク以外からも白星をあげたい田中だが、初回、中島に3号2ランを浴び、早々と失点すると、2回には中村に2号ソロを放り込まれて、3点目を献上。5回に鉄平が満塁の走者を一掃するタイムリー二塁打を放ち、同点にして貰ったのも束の間、直後の6回、一死一、二塁から細川にタイムリー二塁打を許して、あっと言う間に2点を勝ち越されてしまう。続く7回にもカブレラにタイムリーを浴びて、無念の6失点KO。西武は8回にもG.G.佐藤の一発等でダメ押しの4点を追加。先発・涌井は9回に山崎武に被弾し、5失点ながらも完投でハーラー単独トップの6勝目をマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(0)トラックバック(79)2007 プロ野球 

May 06, 2007

◆G1−2S◆
開幕5連勝で月間MVPを獲得した春風亭半ケツはこの日も初回から三者三振と素晴らしい立ち上がり。一方、ヤクルト先発・石井一も先頭のマッスル千代の富士を歩かせたものの、そこから三者三振の快投を見せ、試合は両投手の息詰まる投手戦へ発展。0−0で迎えた6回表、一死から飯原の右中間への打球をこの回からホリンズに代わってセンターに入っていた鈴木尚が強引に取りに行って、痛恨の後逸。ボールが転々とする間に飯原は俊足を飛ばして、一気に三塁を陥れると続くガイエルのどん詰まりの打球がセンター前にポトリと落ちて、ついにヤクルトが1点を先制。7回には不振に喘ぐ宮出がライトスタンドギリギリに飛び込む今季初アーチを放ち、貴重な2点目を追加。8回裏、巨人は春風亭半ケツの代打・矢野がヒットで出ると、マッスル千代の富士のピッチャーゴロの間に二進。ここで松田記者が8球粘ってレフト線へタイムリー二塁打を放ち、ようやく1点。続いてこの日2安打と石井一に合っているガッツが9球粘ったものの、ピッチャーゴロに倒れると、李もサードへのファールフライに終わり、同点ならず。このピンチを切り抜けたヤクルトは9回から守護神・高津をマウンドに送り、3人で抑えて逃げ切り。ヤクルトは連敗を4でストップさせた。春風亭半ケツは打線に見殺され、ついに今季初黒星。それにしても、致命的な後逸をしたから言う訳ではないが、あのタイミングでホリンズを下げて、鈴木尚を投入した意図が納得出来ない。2安打に抑え込まれている中盤で攻撃力を落として(打率は鈴木尚の方が上だが)守備固めなどと、リードもしていないのに6回で守りに入ってしまうと言うのは少々弱気な姿勢だったのではなかろうか。

◆D3−7YB◆
中日先発・山本昌に対して、横浜は2回、先頭の村田がレフトスタンドへ5号ソロを放り込み、1点を先制。更に、一死一塁から吉村にも3号2ランが飛び出し、この回、3点。前日、死球を食らった森野を欠く中日は巨人戦限定好投手・土肥の前に3回まで僅かに1安打と沈黙していたが、4回、二死一塁から中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ5号2ランを放り込み、1点差。しかし、5回以降は快音が聞かれず、あと1点が届かない。山本昌は3回以降、追加点を許さない好投を見せたが、打線の援護に恵まれず、7回限りで降板とまたも白星ならず。8回、山本昌に代わってマウンドに上がった2番手・平井に対して、横浜は鈴木なおのりのタイムリーで貴重な1点を追加。更に、9回には無死満塁から相川の走者一掃タイムリー三塁打でダメ押し。中日はその裏、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに12号ソロをぶち込んだが、焼け石に水で連勝は3でストップした。

◆T−C◆
降雨中止。

◆H4−6L◆
西武は2回、ヒットのカブレラが田之上のボークで二塁へ進んだ所で栗山がセンター前へ先制タイムリー。3回には礒?が2号2ラン,4回にはG.G.佐藤が8号ソロ、更に、5回には中島の2号ソロ,ベンちゃんの5号ソロと一発攻勢で着々と加点。大量6点を追うソフトバンクは7回、代打・本間の2号2ランと本多の2点タイムリー二塁打が飛び出して、2点差まで詰め寄ったが、8回はミッチー,9回は小野寺と繋ぐ西武のリレーの前に反撃を断ち切られた。

◆F1−0Bs◆
日本ハムが初回一死一、二塁のチャンスをゲッツーで潰せば、直後の2回、偽バファローズも同じく一死一、二塁のチャンスにゲッツー。序盤のピンチを逃れ、伊集院光の弟子・金村,セラフィニの両先発は徐々にペースを上げ、いずれも5回まで無失点。0−0の儘、迎えた6回、日本ハムは飯山,劇団ひちょりの連続二塁打でついに均衡を破る先制点をゲット。土壇場9回、守護神・MICHEAL投入で逃げ切りを図った日本ハムだが、よもやの3連続四死球で無死満塁のピンチを背負う大乱調であえなく降板。しかし、急遽、マウンドに上がった武田久がラロッカ,ローズと連続三振に斬って取ると、下山をショートゴロに打ち取る完璧なリリーフを見せ、完封リレーを達成。日本ハムはこれで4連勝。また、2000安打へ3本と迫る田中幸は5番スタメンで起用されたが、3タコに終わった。尚、敗れた偽バファローズはゴールデンウィーク全敗の9連敗

◆M−E◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:01コメント(2)トラックバック(25)2007 プロ野球 

May 05, 2007

◆G8−0S◆
巨人が序盤の猛攻で勝負を決めた。初回から一死満塁のチャンスを掴むと、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンはあわやゲッツーのショートライナーと相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮するも、続く阿部がセカンドへのタイムリー内野安打を放ち、先制。2回にはマッスル千代の富士のタイムリーで1点を加えると、3回には当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスが復帰初となるタイムリー二塁打。そして、4回には李,ニックンの連続アーチで一気に4点を奪い、試合を決定付けた。先発・久保は2回一死満塁など、再三のピンチを巧みにかわし、大量援護に守られながら、プロ5年目にして初となる完封をマーク。巨人はリーグ20勝一番乗りとなった。拙攻三昧で敗れたヤクルトは今季2度目の4連敗。

◆D4−3YB◆
初回、村田のタイムリーで先制された中日だが、3回に一死満塁のチャンスから福留,T.ウッズの連続タイムリーで4点を奪い、一気に逆転に成功。3点を追う横浜は4回に併殺崩れの間に1点を返し、中日先発・中田はこの回限りで降板。更に、5回には石井タクローのタイムリーで1点差と詰め寄ると、中村紀のヘッポコエラー等で無死満塁と一打逆転のチャンスを掴んだが、ここで内川が最悪のホームゲッツー。続く金城も倒れて、追加点ならず。これで完全に勢いを止められた横浜は6回以降、一人の走者も出せずに、今季2度目の連敗。中日は3連勝で3カードぶりの勝ち越し。5回のピンチを凌ぎきるなど、3イニングを無失点に抑える好リリーフを見せた久本が今季初勝利をマークした。

◆T0−2C◆
連敗地獄に鞭を打つかの様に、シャア少佐が首を痛めてスタメン落ちとなった阪神は1番・ゼブラ今岡,2番・鳥谷の新オーダーで臨んだが、広島先発・佐々岡の前に鳥谷一人が気を吐くだけで一向にチャンスを掴めない。一方、阪神先発・ボーグルソンも4回まで死球を1つ出しただけのノーヒットピッチングを見せていたが、5回、四球の走者を二塁に置いて、嶋にタイムリー二塁打を浴びて、ついに先制点を献上。6回にも新井にタイムリーを許し、2点目。ようやく援護を貰った佐々岡は7回、一死一、三塁と初のピンチを迎えるも、ここで代打・悠久の若虎・桧山をピッチャーゴロゲッツーに打ち取り、この回限りでお役御免。広島は8回から梅津−永川と繋ぎ、完封リレーで4連勝。阪神は好投のボーグルソンを見殺しにして、7連敗となった。

◆H4−1L◆
西武先発・ギッセルは初回に自らのボークでやらずもがなの先制点を与えると、3回には自らの暴投で2点目を献上。更に、小久保に10号2ランを被弾し、4点目。4回以降は立ち直り、好投を見せたものの、時既に遅し。前回の登板でようやくらしさを見せたソフトバンク先発・ガトームソンはこの日も立ち上がりから落ち着いた投球で西武打線を翻弄。カブレラのタイムリーによる1点を失っただけで8回まで投げきると、最後は守護神・馬原が3人で締めて、3連勝で貯金を10とした。この勝利で王さんは監督通算1200勝を達成

◆F7−3Bs◆
何とか連敗を脱出したい偽バファローズは先発・平野佳が5回無失点の好投。打線の方は八木の前に5回まで抑え込まれていたが、6回、二死一、二塁から水口のタイムリー二塁打で2点を先制すると、続く塩崎にもタイムリーが飛び出し、八木をKO。これで連敗脱出は見えたかに思われたが、その裏、劇団ひちょりの今季初アーチとなる2ランで1点差に詰め寄られると、後藤のタイムリーエラーであっさり同点。続く7回には一死一、三塁のチャンスに劇団ひちょり,田中賢,稲葉の3連続タイムリーを浴びて、一気に3点を勝ち越されると、8回には田中幸に一発を許して、ダメを押されて、8連敗。3連勝の日本ハムは2番手の江尻が今季初勝利。本拠地移転4年目にして初となる「念願だった」札幌ドームでのホームランを含む2安打を放った田中幸は2000安打まであと3本に接近した。

◆M5−1E◆
2回にショートのタイムリーで先制されたロッテだが、その裏、今江の犠飛ですかさず同点とすると、更に、早川がタイムリーを放って、逆転に成功。その後、青山,小林宏の投げ合いで膠着状態に陥ったが、2−1の儘、迎えた8回、ロッテは一死一、二塁から里崎が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち、貴重な2点を追加。更に、この後、今江にも2点タイムリーが飛び出して、ダメ押しの5点目。最後はセーブのつかない場面ながらも、小林雅が登板。一死一、二塁のピンチを迎え、一瞬、ヒヤリとさせたが、後続を断ち切り、連敗をストップさせた。7回1失点の小林宏は4勝目をマーク。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:59コメント(0)トラックバック(12)2007 プロ野球 

May 04, 2007

◆G4−1S◆
開幕アーチを放った矢先の死球で戦線離脱していた当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスがついに一軍に復帰となった巨人は初回、ガッツの7号ソロで1点を先制。その後、内海,藤井の両先発の投げ合いが続き、1−0の儘、試合は中盤へ突入。迎えた6回、ヤクルトは米野の2号ソロでついに同点に追いつくと、二死後、宮本,青木の連打で一、二塁と勝ち越しのチャンス。しかし、ここで寿司職人ラミレスがショートゴロに倒れて、二者残塁。すると、その裏、巨人は松田記者のタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。更に、7回にはマッスル千代の富士のタイムリー二塁打、8回には恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンの併殺崩れの間に1点ずつ加えて、4点目。9回からは上原がマウンドに上がり、三者凡退に斬ってとり、逃げ切った。内海は8回1失点で4勝目。巨人は1日で首位を奪回した

◆D5−2YB◆
サヨナラ勝ちを収めたばかりとは言え、依然として川相不在の弊害を全く解消出来ていない現状を痛感させられ元気のない中日に対して、横浜先発・はーちゅんは5回までノーヒットの快投を展開。これは久々の「忘れた頃に発生する凄い投球」かと思いきや、6回、井端の内野安打でノーヒットノーランを断たれると、一死一、二塁のピンチを迎えた所でT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ11号3ランを放り込まれて、先制の3点を献上。更に、森野,中村紀と連打を浴びた所ではーちゅんは無念のKO。代わった高宮も代打・立浪を歩かせ、満塁とした所で谷繁に2点タイムリーを浴びて、この回5失点。ここまで走者を出しながらも、要所を締めてきた中日先発・小笠原だが、直後の7回、マイケル,代打・内川と連続タイムリーで2点を失い、KO。しかし、後を継いだ岡本,岩瀬が横浜の反撃を断ち、何とか逃げ切った。

◆T5−11C◆
ゴールデンウィークに入ってから全敗と元気のない阪神相手に広島が圧倒。阪神先発・福原に対して、初回に新井の犠飛で先制し、主導権を握ると、3回には栗原が7号2ラン。6回には森笠,嶋の連続タイムリーの後、連続押し出し四球も加わって、一気に4点を追加。投げては魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが5回を無失点の好投を展開。ワンサイドゲームになるかと思いきや、6回裏に阪神打線が突如、爆発。二死一、二塁から林,矢野の連続タイムリーでフェルナンデスをKOすると、更に代わった広池から代打・狩野が2ランを叩き込み、一気に2点差。しかし、直後の7回、広島は新井の11号ソロの後、二死満塁から梵が走者一掃のタイムリー三塁打を放って、4点を奪い、試合を決定付けた。広島はこれで3連勝。打線の援護に恵まれたフェルナンデスは2勝目。敗れた阪神3年ぶりの6連敗となった。

◆H8−2L◆
月間MVPのオツに対して、ソフトバンクは初回から一死満塁のチャンスを掴むと、小久保,柴原の連続タイムリーで2点を先制。更に、一死後、田上の2点タイムリーでこの回4点。ソフトバンク先発・新垣の前に3回まで0点に抑え込まれていた西武は4回、栗山のタイムリーでようやく1点を返すと、6回にはベンちゃんの4号ソロが飛び出して、2点目。突き放しておきたいソフトバンクはその裏、大村のタイムリーで1点を追加し、3点差。続く7回には代打・本間に今季初アーチとなる3ランが生まれ、ダメ押し。ソフトバンクはこれで西武と入れ替わりで首位に返り咲き。7回を11三振2失点の新垣は3勝目。

◆F3−1Bs◆
デイビーが4回を1安打無失点に抑えれば、負けじとダルビッシュも5回を2安打無失点の好投を展開。均衡が崩れたのは5回裏。日本ハムは先頭の金子誠が3号ソロを放って先制すると、二死後、4連打を浴びせて2点を追加。ダルビッシュは偽バファローズ打線に付け入る隙を許さず、2試合連続完封まで目前に迫ったが、土壇場9回、先頭のラロッカに痛恨被弾。しかし、後続3人を打ち取ったダルビッシュは5試合連続の完投で4勝目をマークした。完封を免れるのが精一杯の偽バファローズは7連敗

◆M2−6E◆
0−0で迎えた3回、悪の温床・楽天はエラーで貰ったチャンスに礒部のタイムリーで1点を先制。5回には無死満塁から山崎武が押し出し四球を選ぶと、ここで憲史がライトスタンドへ2号グランドスラムを叩き込み、この回大量5点を奪い、ロッテ先発・清水をKO。6点を追うロッテはその裏、TSUYOSHIのタイムリー二塁打でようやく1点を返すと、8回には今江のタイムリー二塁打で2点目。更に、二死満塁と一発が出れば同点と言う場面を作ったが、サブローがピッチャーゴロに倒れて、三者残塁。9回も抑えの福盛の制球難に付け込み、3四球で二死満塁のチャンスを貰ったが、塀内が空振り三振に終わり、ゲームセット。悪の温床・楽天先発・岩隈は8回途中まで2失点に抑え、今季初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:27コメント(0)トラックバック(31)2007 プロ野球 

May 03, 2007

◆D6−5G◆
川相不在の弊害を露呈し続け、泥沼の連敗モードに喘ぐ中日は2週間ぶりの登板となるエース・人斬り抜刀斎を先発起用し、連敗脱出を狙う。1,2回のピンチは何とか凌いできた人斬り抜刀斎だったが、3回、ガッツに6号ソロをぶち込まれて、先制点を献上。巨人先発・木佐貫に4回まで1安打と沈黙していた中日は5回、T.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに10号ソロを叩き込み、ようやく同点。1−1で迎えた8回、巨人は二死一、二塁からキムタクのタイムリーを初めに4連打で一気に4点を勝ち越し。これで余裕ぶっこいた巨人はガッツ,松田記者をベンチへ下げる守備固めモードに入ったが、その裏から登板した真田が連打と福留の犠飛で1点を失うと、更に、T.ウッズにもヒットを浴びてKO。更に、ここで代わった林が森野に川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに右中間スタンドへ4号3ランを叩き込まれて、一気に同点。これで完全に流れを引き寄せた中日は土壇場9回、5番手・会田から一死一、二塁とすると、T.ウッズがライト前へタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち。地獄の連敗を6でストップさせた。

◆YB7−6T◆
初回、キュラソ星人のタイムリーで先制して貰った太陽の子エステバン・ジャンだが、その裏、村田にタイムリーで追いつかれると、2回には吉見の犠飛等で2点を勝ち越され、3回には金城に被弾。更に4回には古木にタイムリーと毎回失点。その裏、ゼブラ今岡の今季初アーチで1点を返して貰うも、その裏石井タクローのタイムリーでまたも点を失い、KO。しかし、7回、林のタイムリーで2点を返すと、8回にはシーツの押し出し四球とキュラソ星人の犠飛でついに同点。だが、その裏からマウンドに上がった5番手・ウィリアムスが村田に痛恨被弾。最後はクルーンに3人で締められて、万事休す。阪神はこれで5連敗。一方、横浜は5連勝となった。

◆C5−4S◆
初回に栗原のタイムリーで先制されたヤクルトだが、直後の2回、武内の今季初アーチとなる2ランで逆転に成功。しかし、その裏、森笠の今季初アーチで追いつかれるも、直後の3回、寿司職人ラミレスの2点タイムリーで再び勝ち越し。今季初先発の松岡は勝利投手の権利を目前にした5回、先頭の栗原を歩かせると、続く新井のライトへのライナーをガイエルがダイレクトキャッチしたかと思いきや、ワンバウンド捕球とジャッジされ、記録はヒット。中井美穂の旦那が猛抗議に走ったが覆らず、松岡は無念の降板となった。しかも、代わった霊感投手・高井求道者・前田がライトスタンドへ4号3ランを運ばれて、一気に形勢逆転。6回以降、広島は小刻みな継投でヤクルトの反撃をかわして、逃げ切った。

◆H11−4E◆
ソフトバンクの破竹の連勝を食い止めた悪の温床・楽天は初回、制球に苦しむ水田から押し出し死球でタナボタの1点を先制するも、なおも満塁のチャンスに山崎武が痛恨のゲッツー。傾きかけた流れを引き寄せたソフトバンクはその裏、悪の温床・楽天先発・林から3連打で無死満塁とすると、こちらも松中が押し出し四球を選んで同点。更に、小久保がゲッツーを食らう間に勝ち越しに成功。2回には大村,3回にはブキャナンがタイムリーを放ち、4点目。悪の温床・楽天は,山崎武,フェルナンデスとソロ単発でちまちまと応戦するも、ソフトバンクは5回に松中の8号ソロ等で2点、6回には柴原の3号グランドスラムが飛び出して、試合を決定付けた。ソフトバンクは今季最多の17安打で20勝一番乗り。

◆L15−6Bs◆
偽バファローズはルーキー・岸の立ち上がりを捉え、初回からラロッカの11号2ランで先制すると、2回には水口,ラロッカのタイムリーで3点を追加。5点のビハインドとなった西武だが、2年ぶりの先発となる光原に対して、その裏、細川,礒?のタイムリーで2点を返すと、4回にはエラーと2四球でタナボタの満塁のチャンスを掴むと、福地,中島の連続タイムリー二塁打で一気に4点を奪い、逆転に成功。更に、2四球で満塁となった所でG.G.佐藤が走者一掃のタイムリー二塁打を放って、この回、一挙7点。6回にはベンちゃん,リーファーの連続アーチを叩き込むと、7回にも4点を追加し、ダメ押し。西武は4連勝で首位をがっちりキープした。

◆M2−8F◆
昨日は完封負けを喫した日本ハムだが、この日は序盤から打線が好調。初回のチャンスは逃したが、2回に陽の2点タイムリー三塁打で先制すると、3回には田中幸に代わってスタメン起用された小谷野が2年ぶりとなる2ランを叩き込み、4点目。初回無死満塁と言う絶好のチャンスを逃したロッテは6回までゼロ行進。しかし、7回、青野,ベニー松山の連続二塁打で建山をKO。更に、塀内の犠飛で1点を追加し、2点差。何とか突き放したにも拘わらず、4回以降追加点を奪えずにいた日本ハムだが、土壇場9回、4連打を含む6本の単打を集中して、決定的な4点を追加。最後はMICHEALが締めて、逃げ切った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:29コメント(0)トラックバック(34)2007 プロ野球 

May 02, 2007

◆D3−5G◆
5000勝へリーチをかける巨人は初回から朝倉の暴投で労せずして先制すると、3回にはマッスル千代の富士の7号ソロで先制。、その裏、谷繁のタイムリー二塁打で1点を失うも、5回には鈴木尚の犠飛で再び2点差。5回まで無難に抑えていた先発のルーキー・金刃だったが、6回、一死一、三塁のピンチを迎えると、森野のピッチャーゴロで2点目を失った所で降板。プロ初勝利を粉砕した過去のある会田に後を託したが、会田はここで中村紀に同点タイムリー二塁打を浴び、またも金刃の白星を粉砕。この後、巨人は最近、軟禁状態だった豊田−林と繋ぐ必死の継投を見せ、試合は延長に突入した。10回、中日は一死一、二塁と絶好のサヨナラのチャンスに代打・立浪が登場するも、サードへのファールフライに終わり、続く森野も空振り三振に倒れて、二者残塁。一方、巨人は11回、今季初の2イニング目となる中日守護神・岩瀬に対して、二死から鈴木尚が内野安打で出ると、ここで鈴木尚にスタメンを奪われたホリンズが代打で登場し、ライト線へ怒りのタイムリー三塁打を放って勝ち越し。更に、続くマッスル千代の富士もタイムリー二塁打を放って、岩瀬をKO。最後は期間限定ストッパー・上原が3人で締め括り、プロ初セーブ。これで巨人は球界初の通算5000勝を達成。一方、2回にT.ウッズが暴言退場となった事が大きく響いた中日は6連敗でついに借金生活に突入。この詰めの甘さはひとえに攻守に渡って果てしなく頼りになる名手・川相がベンチにいながらコーチ業に収まっていると言う宝の持ち腐れ状態にある事が原因であるのは言うまでもなく、一刻も早い名手・川相の現役復帰を願う声は日に日に高まっている

◆YB4−0T◆
初回一死一、二塁,2回二死満塁のチャンスを悉く逃す拙攻モードの阪神に対して、横浜はその裏、鈴木なおのり,金城が連打を浴びせた後、吉村がきっちり犠飛を打ち上げ、1点を先制。更に、この後、3回に内川のタイムリー三塁打,4回には相川のタイムリーで小刻みに加点。6回にはガッツな貴公子・仁志にもタイムリーが飛び出し、ダメ押しの4点目。先発・ハマのチンピラは3回以降、完全に立ち直り、阪神に付け入る隙を許さない好投を展開。完封が懸かった土壇場9回に二死満塁と一発で同点の大ピンチを背負ったが、ここで売り出し中の代打・狩野をセカンドゴロに打ち取って、今季初完投初完封で2勝目をマークした。横浜はこれで4連勝。逆に敗れた阪神は4連敗となった。

◆C1−0S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーと大竹の両先発が走者を出しながら要所を締める粘りの投球で8回まで無失点と互いに譲らず、0−0の儘、試合は土壇場9回へ。広島は同点ながら早くも守護神・永川を投入し、9回を三者凡退で切り抜けると、ヤクルトもその裏、木田画伯にスイッチする継投策に打って出る。木田画伯は嶋,倉,松本高と三者三振に斬ってとる気迫の投球を見せ、試合は延長へ。迎えた10回、広島は永川に2イニング目を任せず、梅津を投入。二死一、二塁のピンチを迎えた梅津だが、飯原を打ち取って何とかこの場面を凌ぐと、広島はその裏、四球の森笠を送って、二死二塁。ここで栗原はサードへのゴロに倒れるも、これを度会がよもやの後逸。ボールが外野へ転々とする間に森笠が一気に返って、今季初のサヨナラ勝ち。梅津に2年ぶりの白星がついた。まさかのサヨナラ負けを喫したヤクルトは広島と入れ替わりで最下位へ転落。

◆H2−4E◆
連勝街道驀進中のソフトバンクだが、この日は17日ぶりの先発となった和田が不調。2回に山崎武の10号先制2ランを許すと、4回にも山崎武に被弾。更に、5回に塩川にタイムリーを浴びて、4失点。一方、悪の温床・楽天先発のルーキー・田中はプロ初勝利をゲットしたソフトバンク相手に自信をつけたか、3回までノーヒットに抑える上々の滑り出しを見せるなど、6回まで無失点の好投を展開。7回にブキャナンに2ランを浴びて、この回限りで降板となったが、リリーフの援護を仰いで、プロ2勝目をマーク。最後を締めた福盛は実に13日ぶりのセーブとなり、チームの連敗はようやく5でストップし、5位に浮上。またもやルーキーに苦渋を舐めさせられたソフトバンクの連勝は9でストップし、首位陥落となった。

◆L11−8Bs◆
西武は初回、二死走者なしから中島,カブレラ,ベンちゃんの3連打で先制すると、更に、続くリーファーが5号3ランをかっ飛ばし、早くも4点のリード。一方、偽バファローズは右膝靱帯手術から2年ぶりの復帰登板となる西武先発・河原に対して、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの10号ソロで応戦するも、3回にカブレラに6号2ラン,G.G.佐藤に7号ソロと立て続けに被弾した川越はあえなくKO。1点ずつ取り合った後、偽バファローズは5回にラロッカの10号2ラン等で4点を返し、勝利投手の権利を目前にした河原をKOするも、7回に大島,中島のタイムリーで致命的な3点を失い、試合を決定付けられた。9回にも粘りを見せたが及ばず、これで偽バファローズは5連敗で最下位に転落。3連勝で首位に返り咲いた西武は4番手で登場したミッチーに白星がつき、ミッチーは全て中継ぎでの3勝目をマークした。

◆M4−0F◆
3回に青野のスクイズと小技で先制したロッテだが、この後は4回にワトソン博士の4号ソロ、5,7回には今江の2打席連続アーチと一発攻勢で1点ずつ加えて、4点のリード。先発の渡辺俊はほぼ毎回走者を出しながらも、7安打打たれながらも、全て散発と落ち着いた投球で後続を断ち切り、2年ぶりの完封で2勝目。防御率リーグトップに躍り出た。雨天中止を挟んだ事で勢いが止まってしまったか日本ハムの連勝は4でストップ。田中幸はこの日もスタメンに起用されたが、3タコに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:40コメント(0)トラックバック(56)2007 プロ野球 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ