April 2007

April 30, 2007

◆S3−9G◆
3タテだけは免れたい巨人はマッスル千代の富士の初回先頭打者アーチで先制すると、2回には阿部が5号ソロ。開幕から僅か1失点と言う快投が続いている巨人先発・春風亭半ケツだが、その裏、二死からヒットと四球に阿部のエラーも加わって、一、三塁のピンチを迎えると投手の石川にレフト前へしぶとく落とされて、1点差。しかし、直後の3回、巨人はお返しとばかりに春風亭半ケツが自らのヒットで口火を切ると、一死後、松田記者,ガッツ,李の3連打で1点を返すと、続くニックンが押し出し四球を選んだ所で石川はあえなくKO。更に、代わった遠藤から阿部が犠飛を打ち上げ、この回、3点。6回にはマッスル千代の富士がこの日2本目となる6号2ランを叩き込み、7点目。その裏、内野ゴロの間に1点を返されるも、7回には鈴木尚の走者一掃タイムリー三塁打が飛び出して、ダメ押しの2点を追加。ワンサイドゲームとなった事で9回から暫定リリーバー・上原がようやく今季初登板。その復帰第一球をいきなり度会に叩かれ、左中間を破られた上原は二死後、飯原にフォークを拾われてのタイムリー二塁打を許し、1失点とイマイチの内容に終わったが、大局には影響を及ぼさず、巨人は連敗をストップ。春風亭半ケツは7回2失点で球団では桑田以来18年ぶり3人目となる開幕5連勝,左腕では新浦以来28年ぶりとなる月間5勝となった。

◆YB2−1D◆
ガッツな貴公子・仁志の今季2本目となる初回先頭打者アーチで先制した横浜はなおも一死満塁のチャンスを掴みながら、金城,吉村と倒れて三者残塁。しかし、続く2回に相川,ガッツな貴公子・二死のヒットで一、三塁とした所で石井タクローのピッチャーゴロの間に2点目を追加。中日先発・吉見は早くもこの回で降板となった。巨人戦限定好投手・土肥の前に巨人でもないくせに3回まで無得点に抑え込まれていた中日は4回、先頭のT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに13日ぶりとなる9号ソロを叩き込み、ようやく1点。しかし、その後も、5,7回に二死二塁、8回には二死満塁のチャンスを作りながら、いずれも逸して川相不在の弊害を露呈。最後は帰ってきた守護神・クルーンの前に三者凡退に仕留められ、万事休す。これで中日は昨年8月以来となる4連敗で貯金も残す所、僅かに1つ。この粘りのない攻撃はひとえに稀代のチャンスメーカーである名手・川相がベンチにいながらコーチ業に収まっていると言う宝の持ち腐れ状態にある事が原因であるのは言うまでもなく、一刻も早い名手・川相の現役復帰を願う声は日に日に高まっている

◆C7−4T◆
この所、すっかり一点集中砲火が板についてきた広島はこの日も初回、ルーキー・小嶋の立ち上がりを捉えて、新井の8号3ランで一気に3点を先制し、その後は全くチャンスを掴めない恒例のパターンに突入。広島先発・黒田はスミ3になる事を察知してから4回まで1安打無失点の力投を続けていたが、5回、一死から林,狩野,藤本,代打・葛城と4連打を浴びて、1点差まで詰め寄られる。何とか突き放したい広島は6回、求道者・前田の10試合ぶりとなる3号3ラン,倉の3号ソロと一発攻勢で一気に4点を追加。阪神はこの後、林の一発等で追い上げたものの、最後は守護神・永川に反撃を断たれて、今季初の3連敗。またも効果的な一発で白星を掴んだ広島は4連勝となった。

◆Bs1−3H◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われ、右肩痛で登録抹消となったエース・斉藤和にの穴を埋めるべく、緊急昇格となった田之上が先発登板。田之上は今季初のマウンドながらも落ち着いた投球で4回まで2安打無失点の好投を展開。一方、またまた年中行事の故障発生イベントが起きたのか、ハマのスペランカーがスタメンを外れたソフトバンク打線も偽バファローズ先発・セラフィニの前にこれまた0点に抑え込まれていたが、5回、ハマのスペランカーに代わって、何と3番に起用された井手のタイムリーでようやく1点を先制。その裏、偽バファローズも大西の2号ソロで応戦し、振り出しに戻ったが、直後の6回、ソフトバンクは塩崎のエラーでタナボタのチャンスを貰うと、山崎が66打席目にして今季初のタイムリーを放ち、勝ち越しに成功。更に、続く大村もタイムリーを放って、3点目。田之上はその裏、二死一、二塁のピンチを迎えた所で降板となったが、代わった佐藤がここを切り抜けると、柳瀬を挟んだ後、守護神・馬原が最後を締めた。ソフトバンクはこれで8連勝となり、首位をがっちりキープ。敗れた偽バファローズは5位転落となった。

◆L7−6M◆
ロッテ期待の高校生ドラフト1巡目ルーキー・大嶺がプロ初登板初先発。初回に里崎の犠飛で先制点を貰った大嶺はその裏、三者凡退で片付ける上々の立ち上がり。2回にも早川,サブローのタイムリーで早くも3点のリードとなったが、その裏、カブレラに2試合連続の5号ソロをぶち込まれてから突如、崩れ始めた大嶺は一死後、連続四死球とヒットで満塁のピンチ。ここで平尾,礒?と連続タイムリー二塁打を浴びて、大量5失点。3,4回と何とか凌いだ大嶺だが、1点差にして貰った直後の5回裏に連打を浴びて、KOとなるホロ苦いデビューに終わった。しかし、ロッテは5,7回といずれも無死満塁のチャンスで、いずれもしみったれたショートゴロの間に1点ずつ返すのが精一杯ながら、ジリジリと差を詰め、8回には青野に6号同点アーチが飛び出して、大嶺のプロ初黒星は消滅。しかし、その裏、3番手・荻野がリーファーに被弾し、再び勝ち越し点を献上。小刻みな継投で凌いできた西武だが、こうなれば、守護神・小野寺を投入。小野寺は簡単に3人で締めて、逃げ切りに成功。西武はこれでロッテと入れ替わりで2位に浮上した。

◆E8−11F◆
ようやく調子を取り戻しつつある日本ハムは初回、高橋のタイムリーで先制。2回にフェルナンデスの5号ソロ,ショートの犠飛で引っ繰り返されたのも、束の間、直後の3回、稲葉が20日ぶりの3号同点アーチ。更に、4回には金子誠にタイムリー二塁打が飛び出して、勝ち越しに成功。続く6回には一死から6連打で大量5点のビッグイニングを形成。粘る悪の温床・楽天はその裏、ショートのタイムリー,7回には憲史の今季初アーチとなる3ランで2点差まで詰め寄ったものの、終盤に大きく突き放されて、引き分け1つを挟んで4連敗。これで指定席の最下位へ逆戻りとなってしまった。日本ハムは4連勝で4位へ浮上。この日もスタメンとなった田中幸はタイムリー1本を含む2安打を放ち、2000安打で6本と急接近した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:15コメント(1)トラックバック(88)2007 プロ野球 

 8回、先頭の松中のライトへの大飛球を追い、決死のジャンピングキャッチを試みた山岡は見事にキャッチするも、そのまま、フェンスに激突。落下した際に後頭部を強打し、脳震盪を起こして、昏倒してしまう。この間に松中は落球している事を信じて一気に三塁を蹴るが、山岡はボールを離さず、アウト。しかし、プレー続行は不能となり、チョロとの交代を余儀なくされた。山岡のプレーに燃えた里中は小久保,柴原と退け、この回もパーフェクトを続行。全く援護を貰えないながら、斉藤和も9回を0点で抑え、ついに土壇場9回裏に突入。ソフトバンクはここで代打・城所を投入。低めを狙ってゴロを打つと睨んでいた東京バッテリーの裏をかき、高めを上からかぶせてライナーを打てと言う指示を送った王さんだったが、その指示の所為で城所がバットを高く構えてしまった為にこの狙いは完全に見抜かれてしまっていた。高めから落ちるサトルボールを城所は何とか叩き付けると大きく弾んだ打球は難しいバウンドでショートの前へ。城所の俊足を考えると、いいバウンドになるまで待って捕っては間に合わないと桜木は果敢に突っ込み、ショートバウンドでこれをキャッチ。一塁は間一髪アウトとなり、パーフェクトまであと二人と迫るのだった。

 山岡が「塀際の魔術師」の名に恥じない活躍を見せてくれたのは何よりだが、それにしても、山田は冷酷だよなぁ。山岡が昏倒していても「捕っていてくれ」とか「落とすな」とか、ボールの事ばかり気にしてやがる…。里中も審判が駆け寄るまでは「山岡さん…」と、山岡の安否を心配している様にも見えたが、捕っている事が分かると、山岡が無事かどうかなんて事はすっかりどうでも良くなったかの様な喜びっぷりで、やっぱり心配だったのはボールの方だったのか…と言う感じ。王さんは折角、東京バッテリーの裏をかいたのに、城所の未熟さの所為で狙いがモロバレだったのも悲しいね。王さんが水島キャラの上を行く様な漫画は絶対描かないんだよ、この人…。岩鬼は3本のサンマ効果がなくなった所為か、4打席目は完璧にスルーされてしまっており、この上なく有効的なサンマのひらき打法も今後は何事もなかった様に封印されてしまうんだろう。とにもかくにもサチ子が鬱陶しいので、早いトコ、パーフェクトは破れて欲しい所。水島漫画でありがちなのは、伏兵がいきなりホームランを放つパターン。壊滅的に打てない的場とか適任だが、この状況で的場を打席に送る様なら、王さんはどうかしているけどな。個人的にやって欲しいのは、最後の最後で謎のオリジナル助っ人・ホワイトが登場し、無惨に打ち砕くパターンだ。これなら言う事なしだ。「地獄変」の看板を取り除いてやってもいい。まぁ、500%ありえないと思うが…。最後の打者がピッチャーゴロで里中が悪送球とかもありそうだ。とりあえず、ノーヒットノーランが断たれた、落ち込んだ所で大村に2ランとか…。何にしても、普通のクリーンヒットで破られる事はないだろうて…。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 10:56コメント(2)トラックバック(0)2007 ドカベン 

April 29, 2007

◆S6−2G◆
今季初先発となる松井に対して、巨人は2回、先頭のニックンが平凡なライトフライに倒れるも、これを何とガイエルがまさかの落球。これで一気に二塁を陥れたニックンは脇谷のタイムリーで先制のホームイン。続くホリンズにもタイムリー二塁打が飛び出して、この回、2点。しかし、3回、ヤクルトは巨人先発・久保から痛恨のエラーをかましたガイエルが汚名返上の2号ソロで1点差。巨人は3回二死二塁,6回、一死一塁のチャンスにニックンが悉く凡退と本領を発揮のチャンスブレイクで突き放す事が出来ずにいると、その裏、ヤクルトもゲッツーでチャンスを潰しかけながら、直後に青木がヒットで繋いだ後、寿司職人ラミレスがレフトスタンドへ4号2ランを放り込み、一気に逆転に成功。更に、7回には2番手・真田を攻め立て、代打・宮出,青木のタイムリーで3点を追加。ヤクルトは7回以降、4人のリリーフを注ぎ込む小刻みな継投で巨人打線の反撃を断ちきり、2連勝。6回2失点の松井は今季初勝利となった。巨人は4月5日以来の連敗で7カードぶりの負け越し。育成選手枠から支配下選手枠に昇格した山口が1イニングを無失点に抑えたのが明るい材料か。

◆YB7−4D◆
2回までいずれも3残塁と拙攻合戦で迎えた3回、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに福留が8号2ランを叩き込み、先制。更に、この後、二死満塁のチャンスを作ったが、谷繁が凡退し、三者残塁と川相不在の弊害を大露呈。これでガックリきた先発・中田はその裏、井端のエラーで足を引っ張られた事で川相不在の重さを改めて痛感し、村田に同点2点タイムリー二塁打を許すと、更に、吉村にもタイムリーを浴びて、勝ち越し点を献上。直後の4回、中日は福留のセカンドゴロの間に同点として、横浜先発・ゲーリー川村はこの回限りでKOとなった。同点で迎えた5回、横浜は一死満塁から吉村のセカンドゴロ併殺崩れの間に勝ち越しに成功。続く6回にも村田,メカゴジラの連続タイムリーで3点を奪い、試合を決定付けた。この後、中日は福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目の9号ソロを放ったものの及ばず、3連敗で横浜と入れ替わりで3位転落。拙攻拙守の無様な試合展開に名手・川相コーチの現役復帰を待望する声はますます強まっている

◆C5−1T◆
広島は初回、阪神先発・能見に対して、梵,天谷,栗原の3連打で先制すると、続く新井もヒットを放ち、満塁。求道者・前田は倒れたものの、続くルパン広瀬が今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、この回、一気に5点。いきなりの大量ビハインドとなった阪神は直後の2回に二死からの3連打で満塁とするも、ここで能見に回ってしまうツキのなさで三者残塁。3回無死一、二塁で後続3人が倒れ、4回も先頭の林が出た後、矢野がゲッツー、続く関本が二塁打と言うチグハグな攻撃で無得点。更に、6回無死一、二塁、7回二死一、二塁のチャンスも逃す有様。9回にシャア少佐のタイムリーで完封を免れるのが精一杯。12残塁の拙攻が大きく響いた阪神は貯金が消滅。広島は2回以降、さっぱりチャンスを掴めない昨日同様の一点集中攻撃で今季初の3連勝。ようやく今季初の3連戦勝ち越しを決めた。先発・佐々岡は5回無失点でようやく今季初勝利。それにしても、9回の継投は謎だ。河内が連打を浴びた後、シーツに梅津、キュラソ星人に永川を起用する一人一殺…って、全く意図が分からない。何故、シーツの所から永川ではダメだったのだろう? 永川がサウスポーってんならまだ分からんでもないが…。

◆Bs5−6H◆
この日はブキャナンがスタメン落ちとなったソフトバンクだが、初回から、松中のタイムリーで1点を先制。その裏、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの9号2ランで逆転されるも、3回にハマのスペランカーの同点タイムリーの後、またも松中が6号2ランを叩き込んで、勝ち越しに成功。偽バファローズは1点ずつ取り合って迎えた5回に本多のタイムリーエラー,塩崎の犠飛で同点に追いつくも、直後の6回、今度は小久保に9号ソロが飛び出して、ソフトバンクが再び勝ち越しに成功。粘る偽バファローズは土壇場9回、抑えの馬原に対して、二死一、二塁と一打サヨナラの場面を作ったが、最後は代打・北川が空振り三振に倒れて、ゲームセット。ソフトバンクはこれで7連勝となり、首位に返り咲いた

◆L4−9M◆
初回に中島,3回にカブレラにタイムリーで2点を先制されたロッテだが、4回に里崎のタイムリーで反撃開始。5回にはサブローの同点タイムリーの後、ズレータ,ベニー松山と一発攻勢で一気に5点を勝ち越し。西武はカブレラがブライアントに並ぶ史上最速タイとなる733試合目での250号を放つなど、3点差まで追い上げたが、9回に竹原の2点タムイリーで突き放され、一日にして首位陥落となった。ロッテ先発・成瀬は7回途中4失点ながら、打線の援護に助けられ、2勝目をマークした。

◆E1−7F◆
日本ハムは初回、稲葉の先制タイムリーの後、青波の長瀬に8号2ランが飛び出し、早くも3点のリード。これで主導権を握った日本ハムは2回には陽がプロ初打点となるタイムリーヒット。更に、4回にはこの日スタメンで起用された田中幸が2試合連続となる2号2ランを叩き込み、2000安打であと8本と迫った。投げては先発の八木が6回まで8安打を浴びながら無失点に抑える粘りの投球を展開。7回に嶋のプロ初アーチで1点を失い、降板となったが、江尻,武田久のリリーフを仰いで3勝目をマーク。日本ハムは今季初の3連勝で悪の温床・楽天と並ぶ5位タイとなった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:32コメント(2)トラックバック(78)2007 プロ野球 

April 28, 2007

◆S6−4G◆
太腿痛で開幕からリハビリモードだった上原がようやく一軍昇格。期間限定のストッパーとしての起用が噂されている事から、ストッパーとしての出番を作れるかに注目が集まっていた。しかし、上原に代わって開幕投手を務めてから3連勝と上原の穴を埋めてきた内海が、ガッツのタイムリー内野安打で初回から先制点を貰いながら、その裏、青木,寿司職人ラミレスと連続タイムリーであっさり逆転を許すと、更に、城石にもタイムリーを浴びて、3失点。2回に入っても、制球,キレ共にイマイチで一、三塁のピンチを作った挙げ句、青木の併殺崩れの間に4点目を献上。巨人は4回に阿部,5回にマッスル千代の富士とソロ2発で1点差まで詰め寄ったが、それでも立ち直れない内海はその裏、年に3本打つかどうかの城石に被弾。更に、6回にはまたも青木にタイムリー二塁打を浴びて、ついに今季初のKO。巨人はこの後、李にも一発が出たが、これまたソロ。結局、上原の出番を作る事が出来ず、連勝はストップ。ここまで左腕先発投手は無傷の10連勝をマークしてきたが、ついに内海が初の黒星を喫する事になった

◆YB5−4D◆
中日は2回、村田のエラーでタナボタの1点を先制するが、なおも満塁のチャンスを逃して、早くも5残塁と川相不在の弊害を露呈。今季初先発となる佐藤充は味方打線のチグハグな攻撃に苛立ちを隠せず、その裏、吉村にタイムリーで追いつかれると、4回には鈴木なおのりに被弾し、勝ち越し点を献上。5回に一死一、二塁のピンチを迎えた所で無念の降板となった。このピンチは何とか凌いだ中日だが、6回には吉村,ガッツな貴公子・仁志のタイムリー等で3点を失い、大きく突き放された。中日は怒濤の拙攻三昧でゼロ行進を続けていたが、8回、新井,立浪が連続タイムリーと代打攻勢が決まる。土壇場9回には帰国中のクルーンに代わって、抑えのマウンドに上がったホセロから中村紀がタイムリー二塁打を浴びせて、1点差。なおも二死二塁と一打同点のチャンスを作ったが、最後は清水将がファーストへのファールフライに倒れて万事休す。横浜先発・はーちゅんは8回途中まで3失点で開幕3連勝。横浜はこれで3位に浮上した。

◆C8−4T◆
初回からシーツのタイムリーで先制された広島だが、その裏、主砲・新井の3ランで逆転する幸先のいい立ち上がり。しかし、先発・長谷川がピリッとせず、2回に矢野のタイムリーで1点差に詰め寄られると、3回にはまたもシーツに逆転2ランを被弾し、あえなくKO。2回以降すっかり当たりが止まってしまった広島だが、5回に再び覚醒。一死一塁から天谷に6年目でのプロ初アーチが飛び出して、逆転に成功。更に、二死後、怒濤の4連打で3点を追加し、この回、大量5点。終わってみれば、広島にヒットが出たのは、初回と5回のみ。6回には3四死球で満塁のチャンスに新井が凡退するなど、相変わらずの拙攻ぶりを見せたが、全てのヒットが一極集中した事が奏功し、今季初の連勝を飾った。4回から登板し、4イニングを無失点に抑える好リリーフを見せた魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスはついに来日初勝利。敗れた阪神は4位転落となった。

◆Bs1−3H◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われたエース・斉藤和が右肩痛で登録抹消となる緊急事態に陥り、残った戦力で何とか踏み堪えるしかなくなったソフトバンクは移籍後、未だに白星がないガトームソンを15日ぶりに先発起用。これまでピリッとしない投球が続いていたガトームソンだが、この日は4回まで散発1安打で6三振を奪う好投で偽バファローズ打線を翻弄。一方、偽バファローズ先発・デイビーの前に同じく4回まで無得点に抑え込まれていたソフトバンクだが、5回二死から田上に今季初アーチが飛び出して、ついに1点を先制。しかし、その裏、偽バファローズも後藤のタイムリー二塁打ですかさず追いつき、再び試合は膠着状態に。1−1の儘、迎えた8回、ソフトバンクは一死から森本のヒットでついにデイビーを降板させる事に成功。そして、土壇場9回、3番手・加藤大から先頭のハマのスペランカーが四球を選んだ所で、主砲・松中が均衡を破る5号2ラン。最後は守護神・馬原が3人で締めて、6連勝で2位に浮上。ガトームソンは今季最高の投球でようやく移籍初勝利を手にした。

◆L7−2M◆
ゲーム差ゼロの首位攻防3連戦。月間MVPの可能性を残しているロッテ先発・小林宏は2回まで無失点に抑えていたが、3回、細川のヒットを皮切りに二死二塁のピンチを迎えると、礒?,中島と連続タイムリーを浴びて、先制の2点を献上。続く4回には今江のエラーで作ったピンチにから平尾に痛打され、3点目。5回に今江が汚名返上の2点タイムリー二塁打で1点差に詰め寄ったのも束の間、その裏、G.G.佐藤に6号3ランを被弾し、この回限りでKO。6回にも礒?のタイムリーでダメ押し点をあげた西武はその儘、逃げ切って、首位に返り咲き。先発・オツは7回2失点の好投で5勝目をあげ、月間MVPを争う同僚・涌井を一歩リード。敗れたロッテは一気に3位に転落した。

◆E2−10F◆
地獄の連敗モードを脱し、ようやく上昇気配の日本ハムは2回、無死一、二塁から嶋,フェルナンデスの連続エラーでタナボタの先制点をゲットすると、更に、満塁のチャンスにミスタースナイパー・坪井が2点タイムリーを浴びせて、この回3点。5回に鉄平の2ランで1点差と追い上げられるも、6回一死から4連続シングルヒットで2点を奪い、悪の温床・楽天先発・岩隈をKO。これで勢いづいた日本ハムは6回には代打・田中幸が今季初アーチとなるグランドスラムを叩き込み、2000安打へ残り9本と接近。8回にはルーキー・金子洋にも代打ホームランが飛び出し、10点目。投げては先発の伊集院光の弟子・金村が6回2失点で切り抜けると、武田勝−武田久−MICHEALと繋ぐ万全のリレーで逃げ切り。7試合連続2得点以下と貧打に苦しんでいたが、久々に投打が噛み合い、4月13日以来となる連勝を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:31コメント(0)トラックバック(95)2007 プロ野球 

April 27, 2007

 9回裏も続投が決まった吾郎。解説席では8回にリリーフ失敗したばかりの吾郎に不安を隠せず、五体満足な投手は実質的に霊感投手・松若しか残っていない為のやむなしの処置と考えている様子。TV観戦していた沢村を初めとする三船リトルOB達も下手すればサヨナラ負けとなる重圧に耐えられるか心配していたが、吾郎の事を熟知している小森は自分が打たれて負けそうだった所を追いついて貰った上、続投のチャンスまで貰った吾郎がそんなプレッシャーに苛まれている筈はないと確信する。

「もう彼はサヨナラ負けどころか、一人のランナーも出すつもりはないほど、燃えているはずだよ」

しかし……

続きを読む

ritzberry at 22:22コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 

April 26, 2007

◆G5−3YB◆
開幕から未だに連敗のない横浜だが、この日も初回からガッツの2ランで先制される苦しい展開。しかし、完全復活を遂げつつある巨人先発・木佐貫に対して、2回に古木のセカンドゴロの間に1点を返すと、3回には鈴木なおのりの犠飛で同点。更に、5回には村田にタイムリーが飛び出して、ついに勝ち越しに成功。横浜先発・ハマのチンピラは2回以降、再三再四ピンチを背負いながらも、粘りの投球であと一本を許さない。しかし、横浜は8回から那須野にスイッチすると、これが大誤算。那須野は代わりばなガッツ,李に連打を浴びると、ニックン,阿部と連続タイムリー二塁打で3点を奪われ、あえなくKO。土壇場9回、林が登板するかと思いきや、ストッパー失格の烙印を押されたかに見えた豊田が登場。何とか抑えの地位を確保したい豊田は3人で無難に抑えて、辛くも踏みとどまった。4番手・会田は自ら作った満塁のピンチを切り抜けて、プロ初勝利を飾り、史上初となる親子揃っての白星を記録した巨人はこれで中日と入れ替わりで首位再浮上。横浜は今季初の連敗となった。

◆D0−3C◆
連続サヨナラ負けの呪縛からは逃れたものの、依然として連敗モードの広島は中日先発・朝倉の立ち上がりを捉え、初回、新井のタイムリーで1点を先制。1点を追う中日は1,2回とゲッツーで走者を潰し、3,4回と得点圏に走者を進めながら、あと一本が出ず。5回には中村紀が暴走をかまし、7回も一、二塁のチャンスを逃すなど、怒濤の拙攻三昧で川相不在の弊害を大露呈。あまりの拙攻ぶりに耐えられなくなってきた朝倉の動揺をつき、広島は8回に栗原,新井の連続タイムリーでダメ押しの2点を追加。最後は永川が締める4投手での完封リレーを決め、5連敗を免れた。拙攻拙守で川相不在を痛感させられるばかりだった中日は首位陥落。

◆T3−1S◆
脱腸で離脱したと思われていたリグスだが、太腿付け根の痛みに加え、右手首も骨折していた事が判明。2週間は固定の必要があり、再来日までは3週間はかかる見込みとの事。開幕から壊滅的な不振が続いていたとは言え、クリーンアップの一角の長期離脱に暗い影を落とすヤクルトは、金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいな名前で凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーを先発マウンドに送り出すも、阪神は初回からキュラソ星人のタイムリー二塁打で先制。更に、3回にはシーツのタイムリーで1点を追加。壊滅的不振のガイエルを1番に起用する奇襲オーダーで初回,4回と満塁のチャンスを逃すなど、残塁を量産していたヤクルトだが、5回、一死から寿司職人ラミレス,畠山の連打でチャンスを作ると度会のショートゴロの間にようやく1点。しかし、阪神は6回、鳥谷のタイムリー内野安打で貴重な3点目を追加。6回からJFKを投入する必勝リレーで逃げ切り、3連勝。藤川は実に2週間ぶりのセーブとなった。14残塁の拙攻が大きく響いたヤクルトは3連敗

◆H3−2L◆
開幕早々、水島の呪いに取り憑かれる不安に見舞われたエース・斉藤和が右肩痛で登録抹消となる緊急事態が発生。エース復帰まで何とか凌がなくてはならないソフトバンクは初回、大村,本多,ハマのスペランカーの3連打で早々と1点を先取。しかし、この後、無死満塁のチャンスに1点も追加出来なかったソフトバンクは2回には三者三振を喫するなど、すっかり打線が沈黙。先発・新垣はスミ1が続く状況にもめげず、6回まで無失点で踏ん張っていたが、細川のタイムリーで同点とされると、自らの暴投でやらずもがなの勝ち越し点を献上し、無念の降板。1点を追う展開となったソフトバンクは8回、代打・アダムが値千金の同点ホームラン。2−2で迎えた土壇場9回裏、同点ながら投入された西武守護神・小野寺を攻め立て、一死満塁のチャンスを作ると、ブキャナンがショートへのタイムリー内野安打を放ち、サヨナラで辛くも白星を拾っての5連勝となった。

◆F1−0M◆
泥沼の連敗地獄から何とか抜け出したい日本ハムは初回、先頭の劇団ひちょりが右中間突破の三塁打を浴びせると、稲葉のショートゴロの間に先制のホームイン。ロッテ先発・清水は1点を失ったものの、それ以降は全く付け入る隙を許さず、8回を2安打と抑え込む素晴らしい投球を展開。しかし、日本ハム先発・ダルビッシュの快投は更にその上を行き、散発2安打の今季初完封でスミ1を守りきった。日本ハムの連敗はようやく6でストップ。一方、敗れたロッテの連勝は5で止まった。清水は今季最高の投球を見せたが、開幕4連敗

◆Bs2−2E◆
初回、礒部のタイムリー二塁打,ショートのタイムリーで2点を先制した悪の温床・楽天は6回には憲史の今季初安打となるタイムリーで3点目。5回まで3安打無失点の好投を続けてきた先発・林だが、その裏、ラロッカに8号2ランを浴びて、1点差。土壇場9回には抑えの福盛に対して、一死二、三塁とチャンスを作り、大引が価値ある同点タイムリー。試合はその儘、延長に突入したが、両軍共に決め手を欠き、結局、延長12回規定でドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:39コメント(2)トラックバック(51)2007 プロ野球 

April 25, 2007

◆G12−1YB◆
巨人打線が序盤から大爆発。まず初回、四球で歩いたマッスル千代の富士が松田記者のレフト線二塁打で一気に本塁を陥れる好走塁で先制すると、続くガッツがライトスタンドへ豪快な4号2ラン。更に、この日スタメン起用に燃える脇谷にもタイムリーが飛び出し、この回、4点。3回には好調・ホリンズが3号3ランを叩き込めば、マッスル千代の富士もタイムリーを放って、4点を奪い、横浜先発・加藤を早々とKO。6回には李の5号3ラン,途中出場の矢野のタイムリー二塁打でまたも4点を加え、ダメ押し。巨人先発・金刃は5回まで1安打無失点と言う素晴らしい投球を展開。6回の二死一、二塁のピンチも4番・村田を空振り三振に斬ってとり、プロ入り初完封が見え始めたが、7回一死から内川に痛恨の一発を許し、完封ならず。結局、金刃は自己最長の8回を1失点と言う内容で開幕3連勝で新人王獲りへまた一歩前進した。

◆D5−1C◆
広島の先発は投げても投げても見殺されるばかりの青木高。この日も3回まで無失点と上々の滑り出しを見せたと言うのに、味方打線は今季初登板の久本相手に4回までリーヒットと完全に沈黙。相変わらずの不甲斐なさに落胆の色を隠せない青木高に対して、中日はその裏、福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに6号ソロを叩き込み、均衡を破る先制点をゲット。広島は直後の5回に森笠がようやくチーム初安打を放つと、嶋のタイムリー二塁打ですかさず同点。しかし、その裏、中日は中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに4号ソロを叩き込み、あっと言う間に勝ち越しに成功。更に、6回には福留が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続の7号2ランを放ち、青木高は4失点KOでまたもプロ初白星は先送りに…。この後、中日は二死満塁のチャンスを掴むが、清水が空振り三振に倒れて三者残塁と川相不在の弊害を露呈したが、8回、井端のタイムリー二塁打でダメ押し、辛くも首位をキープ。川相不在が故の一発依存攻勢に沈んだ広島は僅か3安打に抑え込まれての完敗で4試合連続のサヨナラ負けを回避した…って、結局、4連敗では到底、喜んでいる場合ではない。頼むからいい加減、青木高を助けてやれよ!

◆T7−2S◆
阪神は初回、ヤクルト先発・石井一の立ち上がりを捉え、ゼブラ今岡,林の連続タイムリーで2点を先制。ヤクルトは2回に今季初スタメンとなる畠山に2年ぶりの一発が飛び出すも、その裏、シャア少佐の犠飛で1点を返され、再び2点差。その後、しばらくは膠着状態となったが、3−1で迎えた6回、阪神は関本の犠飛,鳥谷の2点三塁打で貴重な3点を追加。7回にはシーツにようやく今季初ホーマーが飛び出して、ダメ押し。先発・下柳は6回を1失点で切り抜けると、江草,福原のリリーフを仰いで2勝目をマーク。先制タイムリーのゼブラ今岡は4打数4安打の大当たりだった。

◆H9−3L◆
雨で流れた翌日の試合、ソフトバンクがローテを動かさず杉内を先発起用したのに対して、西武は涌井がスライド登板。0−0で迎えた4回に、西武はG.G.佐藤の5号2ランで2点を先制。涌井は4回まで2安打無失点の好投を展開。開幕5連勝で月間MVPは当確か…と思わせる立ち上がりだったが、勝利投手の権利が懸かった5回、柴原,ブキャナンと連打を浴び、続く森本には漕手一層のタイムリー三塁打を許して、あっさり同点。これで勢い付いたソフトバンクは一死後,大村,本多,ハマのスペランカーとまたも3連打で3点を追加し、涌井は今季初のKOとなった。ソフトバンクは終盤にも着々と加点。杉内が6回2失点で切り抜けると、7回からは佐藤−ニコースキーと繋いで逃げ切ったソフトバンクは4連勝。敗れた西武は首位陥落となった。

◆F1−3M◆
泥沼の連敗モードに突入し、田中幸がヒットを打つ事しか明るい材料のない日本ハムは3回、先発・スウィーニーがTSUYOSHIにタイムリーを浴びて、先制点を献上。その裏、陽がプロ初安打となる二塁打で反撃の狼煙を上げた後、劇団ひちょりが同点タイムリー。しかし、直後の4回、 田中幸のエラー等でピンチを招き、橋本の犠飛,今江のタムイリーで2失点と再び追いかける展開に…。勝ち越して貰ったロッテ先発・久保は2回を除いて毎回、走者を出しながらも、連打を許さず、8回まで1点で凌ぎきる粘りの投球を見せると、最後は守護神・小林雅が締めて、5連勝で首位浮上。日本ハムはこれで2年ぶりの6連敗。スタメン起用され、2000本安打へのカウントダウンを一気に縮めたかった田中幸も3打席連続三振を含む4タコと散々な内容に終わってしまった。

◆Bs7−3E◆
18歳の田中,42歳の吉井と言う24歳もの年齢差がある先発対決となったこの試合、序盤は両者共に譲らず、3回まで0−0の締まった展開となったが、先に崩れたのはルーキー。4回、大引のタイムリー内野安打,日高のスクイズ,大西のタイムリー二塁打で3失点。直後の5回に山崎武の一発で援護して貰うも、その裏、3連打を浴びた田中はあえなくKOとなった。しかし、KOされても不思議と負けがつかないのが田中。悪の温床・楽天は6回、偽バファローズ2番手・本柳からショート,礒部のタイムリー二塁打で2点を返し、反撃。不敗神話続行の可能性を予感させた矢先の7回、偽バファローズはラロッカの7号ソロ等で2点を加え、ダメ押し。そのまま逃げ切って、悪の温床・楽天と入れ替わりで4位に浮上。開幕3連敗だった吉井はようやく今季初勝利。一方、田中は5度目の先発でついにプロ初黒星を喫してしまった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:17コメント(0)トラックバック(46)2007 プロ野球 

April 24, 2007

◆G6−8YB◆
初回、村田,メカゴジラの連続タイムリーで先制した横浜は1点差とされた3回にはまたもメカゴジラがタイムリー三塁打を浴びせるなど、一気に3点を追加。巨人戦限定好投手・土肥に対して、4点のビハインドと苦しい展開の巨人だが、その裏、吉村のエラーで貰ったタナボタチャンスに怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがよもやの2点タイムリー。4回に村田の犠飛で突き放されるも、その裏、すかさずガッツの2点タイムリー二塁打で追い上げ、難敵・土肥をついにKO。守護神・クルーンが夫人の出産に立ち会うべく帰国している為、少しでも突き放しておきたい横浜は7回に無死満塁から吉村のゲッツーの間に1点をあげると、8回には鈴木なおのりのタイムリー二塁打でダメ押し。巨人はその裏、ガッツの犠飛で1点を返し、9回も代役ストッパー・那須野から二死一、三塁と粘りを見せたが、最後は代打・加藤が見逃し三振に倒れて、あと一歩及ばなかった。これで巨人は首位陥落。横浜は今季初の3連勝となった。

◆D4−3C◆
拙攻続きなのは名手・川相がベンチにいながらコーチ業などに収まっている宝の持ち腐れ状態であるから…だと言うのに、打順が悪いからに違いないと勘違いをした落合監督は森野を1番,井端を7番に置くニューオーダーを披露するが、この1番・森野が的中。3回一死から二塁打で出た森野は続く荒木のタイムリー二塁打で先制のホームイン。更に、連続四球で満塁となった所で李の併殺崩れの間に2点目を追加。しかし、直後の4回、広島は調子が上向きの栗原に2試合連続となる4号2ランが飛び出し、あっと言う間に同点。その後、両軍拙攻合戦を繰り広げ、試合は終盤へ。迎えた7回、またも新1番・森野のヒットを皮切りに二死一、三塁のチャンスを作った中日は李のタイムリー二塁打でついに勝ち越しに成功。こうなれば絶対的な安定感を誇る守護神・岩瀬を投入して逃げ切り…と言う所だったが、川相不在のマウンドを強いられ続けてきた事で心身共に疲労が蓄積していたのか、栗原にこの日2本目となる同点5号ソロを被弾し、今季初失点。その裏、2試合連続で逆転サヨナラ負けを喫している永川が登場。いきなり先頭の福留に内野安打を許して、ヒヤリとさせたが、後続を断ち切って、試合は延長に突入。2−2の儘、迎えたラストイニング12回表、5番手のルーキー・浅尾が三者三振と言う快投で広島の白星を消滅させると、これで士気が高まった中日はその裏、一死一、三塁のチャンスに英智がライトへ犠飛を打ち上げ、サヨナラ勝ち。浅尾はプロ初勝利となった。敗れた広島は悪夢の3戦連続サヨナラ負け

◆T2−1S◆
太陽の子エステバン・ジャン,石川の両先発がまずまずの立ち上がりを見せ、2回まで両軍無得点。迎えた3回、ヤクルトは二塁打の田中浩を石川の犠打,飯原のライトへのファールフライで迎え入れ、均衡を破る先制点をゲット。1点こそ失ったものの、ジャンは7回途中まで3安打の好投を見せたが、援護を貰えずにいるうちに、寿司職人ラミレスの打球をあごに食らって、無念の降板。骨には異常がなかったものの、9針も縫う裂傷を負ってしまった。ヤクルトは7回から木田画伯−館山と繋いで、最後は高津を投入する必勝リレーを展開。簡単に一死を取った高津は続くシーツもライトフライに打ち取り二死…と思いきや、これをガイエルがまさかの落球。シーツは二塁に進み、一塁が空いた事でキュラソ星人を敬遠するも、続くゼブラ今岡も歩かせてしまい、満塁となった所で浜中のリタイアにより、左対左に無闇に拒絶反応を示す病に取り憑かれている岡田監督もスタメンに起用せざるをえなくなった林にライト前タイムリーを浴び、ついに同点。勢いづいた阪神は続く矢野もセンター前へ弾き返して、劇的なサヨナラ勝ちを収め、巨人戦惨敗のショックを払拭した。

◆H−L◆
降雨中止。

◆F2−5M◆
3回、ベニー松山にようやく今季初アーチが飛び出して、1点を先制したロッテは6回には早川が2号ソロを放って、2点目。ロッテ先発・渡辺俊の前に2回無死一、三塁、3回一死一、二塁、5回無死一塁と再三チャンスを掴みながら、ものに出来ずにいた日本ハムだが、6回、高橋のタイムリーでやっと1点を返すと、7回にはズレータのエラーをきっかけに二死満塁のチャンス。ここで代打に起用された田中幸はじっくりボールを見て、押し出し四球を選び、ついに同点。しかし、直後の8回、建山が一死から連続死球をかましてKO。代わった武田久は二死を取ったものの、ここからワトソン博士,里崎と連続タイムリーで3点を勝ち越され、万事休す。これで日本ハムは昨年6月以来の5連敗。尚、一時は同点となる押し出し四球を選んだ田中幸に2度目の打席が回り、ライト前ヒット。これでいよいよ2000安打へカウントダウンこの所の日本ハムは田中幸のヒットくらいしか明るい材料がない状態だ。一方、ロッテは4連勝。7回二死から5番手として登板し、高橋を3球で仕留めただけのゴーグルにタナボタの2試合連続勝利が転がり込んだ

◆Bs5−9E◆
制球の定まらない偽バファローズ先発・セラフィニに対して、悪の温床・楽天は初回、一死満塁のチャンスから礒部の犠飛,山崎武の7号3ランで4点を先制。これで主導権を握った悪の温床・楽天は4回に嶋のプロ初打点となるタイムリー等で2点を加えると、5回には山崎武にこの日2本目のアーチが飛び出すなど、3点をあげ、試合を決定付けた。前回、プロ初勝利をあげた先発のルーキー・永井は6回途中まで3失点で降板となったが、大量援護に救われ、2勝目をマーク。悪の温床・楽天は偽バファローズと入れ替わりで4位に浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:18コメント(0)トラックバック(71)2007 プロ野球 

April 23, 2007

 山田家では里中母が鯛を買って帰ってきた。すっかりパーフェクトの妄想に取り憑かれて、ぞんざいな応対しかせず、食事の支度を手伝おうともしない無礼なサチ子に対し、里中母もパーフェクトなど出来る訳がないのだから、バカな妄想を抱くな…と言わんばかりの素っ気ない態度を取るのだが、それに対して、サチ子はいけしゃあしゃあと…

「それをさせるのが私の愛」

などと、かなりイタい台詞を吐いて、里中ファンを逆撫で。これには流石の里中母もすっかり呆れ返り、閉口するばかりだった。さて、小久保の好判断で岩鬼を刺し、士気が高まったソフトバンクだったが、単に高まっただけで結果には全く結びつかず、6回裏もあえなく三者凡退。続く7回には先頭の大村がファーストゴロ。続く川崎もファースト・星王を強襲。これを一旦はじいた星王だが、慌てて拾ってのダイビングタッチで間一髪アウトとする。まるでエラーしそうとばかりに狙い打たれていると感じた星王は、やけになって、みっつ目も来いなどとぬかしていると本当にハマのスペランカーの打球もファーストへ。星王はパーフェクトへの緊張で石化状態になりながらも、何とか処理して、この回も三者凡退。そして、迎えた8回、インコース攻めで追い込んでから悟ボールで締める算段をしていた東京バッテリーだが、四番・松中は初球を叩いてライトへ大飛球。懸命に背走する山岡はフェンス間際でジャンピングキャッチを試みるが…。

 サチ子、イタ過ぎる…。あまりのイタさにどん引きだ…。ストーカー女と言い、何でこの漫画はこうイタい女ばかりなのか…。夏子はんが凄くいい女に見えてくるよなぁ。これはつまり、里中はパーフェクトに失敗し、サチ子の愛は偽物だから破局…と言う岩鬼×サチ子出来レース復活への伏線なのだろうか? そんな深い事考えてる訳ないよな…。大体、この試合は山田と松中の四番勝負が鍵を握るんじゃなかったのか? そういう引きで始まったくせに、両四番とも目立たず役立たずってスカシネタも甚だしい…。さて、ラストの松中の打球だが、これは「塀際の魔術師」山岡が追っている以上、捕られてしまう……………筈だ。この見せ場を飾れない様では山岡は「塀際の魔術師」を返上しなくてはなるまい。間違っても義経にフォローされたりするなよ…。星王もつくづく落ちぶれたなぁ。予知能力を存分に発揮して、岩鬼,殿馬,里中の打球を悉く捌いたあの頃のミステリアスな雰囲気はすっかり消え失せてしまい、非常に悲しい。それにしても、まったくスタートダッシュをかけねばならない大事な時期にこんな嫌がらせ漫画で呪いをかけまくって、本当に水島氏はホークスファンなのか?

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 20:24コメント(0)トラックバック(0)2007 ドカベン 

April 22, 2007

◆T3−10G◆
阪神先発のルーキー・小嶋に対して、巨人は初回から二死一、二塁と絶好の先制チャンスを掴むも、恐怖の残塁量産マシン・ニックンがピッチャーライナーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮。一方、ここまで開幕から25イニング無失点を続けている巨人先発・春風亭半ケツに対して、阪神もその裏、二死一、二塁のチャンスを作るが、ゼブラ今岡が凡退して、二者残塁。巨人は2回にすっかり調子を上げてきて、7番に昇格となったホリンズのヒット等で無死満塁の大チャンス。春風亭半ケツはホームゲッツーを食らう最悪の展開となったが、ここからマッスル千代の富士が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、2点を先制。3回には阿部にタイムリーが飛び出し、3点目をあげ、小嶋はこの回限りで降板となった。0点に抑えられているとは言え、チャンスは作っている阪神は4回、一死二塁から矢野がライト線へタイムリーを浴びせ、春風亭半ケツの無失点記録はついに28イニングでストップ。春風亭半ケツは続く1割打者・関本にも痛打され、無失点記録崩壊によるズルズルと崩れる事が危惧されたが、ここで打席に入ったのは幸いにも投手の福原。これを見逃し三振に斬ってとると、続く鳥谷からも三振を奪い、このピンチを脱出。最大のピンチを切り抜けた巨人は直後の5回に4連打+絶好調・ホリンズの走者一掃タイムリー二塁打で4点を追加すると、8回にはマッスル千代の富士のタイムリーと松田記者の史上249人目の通算100号となる3号2ランでダメ押しの10点目。春風亭半ケツは連続無失点こそ途絶えたものの、8回1失点の好投で開幕4連勝。中日が敗れた事で入れ替わりで首位浮上となった。阪神はブレイク中の狩野が9回に焼け石に水の2ランを放ったのが救いか…。中村泰も地味に連夜の好リリーフでJFKの負担軽減を担えそうな手応えだ。それにしても、最後の最後、9点差の場面で豊田投入か…と期待したのだが、登板間隔の空いたアゴくらの調整登板に終わり、ガックリ(しかも2失点)。豊田のリハビリにはもってこいの場面だと思ったんだがなぁ…。ところで、今日もホリンズは2安打2打点の活躍でついに打率が3割越えだ! ゴンザレスも早く戻って来い!

◆S10−6D◆
巨人相手に火だるまに遭って以来の先発となったルーキー・増渕だが、この日は初回から制球に苦しみ、1安打2四球で無死満塁のピンチを背負うと、T.ウッズも歩かせて、押し出しで先制点を献上。更に、森野の内野ゴロと中村紀のタイムリーで1点ずつ失い、この回3失点。リグスが脱腸で帰国した事で武内を一軍昇格即スタメン起用し、いつの間にやらチーム三冠王の青木を3番に入れるなど、大幅に打順を入れ替えたヤクルト打線は中日先発・中田の前に3回まで1安打と沈黙していたが、4回、悩める新助っ人・ガイエルについに今季初アーチが飛び出すと、すかさず1点を返された直後の5回裏には寿司職人ラミレスが3ランを叩き込み、一気に同点。完全に流れを引き寄せたヤクルトは続く6回には二死走者なしから怒濤の6連続シングルヒットで一気に4点を勝ち越し、中田をKO。更に、満塁のチャンスにここまで3連続三振の福川にも2点タイムリーが生まれて、この回、6点で10点目。この後、中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに福留の2試合連続5号ソロ,森岡のプロ初アーチで追い上げたが及ばず、首位陥落となった。

◆YB4−3C◆
前回10失点の大炎上となった魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスが2度目の先発登板。何点取られるか分からない状況で打線にかかる負担は大きいと言うのに、前日、死球退場となった求道者・前田がスタメンを外れる緊急事態で試合前から大ピンチに陥った。そんな状況でフェルナンデスはいきなりガッツな貴公子・仁志に先頭打者アーチを浴びると、村田にも被弾し、早速、2失点。しかし、直後の2回、大不振の嶋が3号ソロを放つと、3回には無死二、三塁のチャンスに森笠のショートゴロの間に1点返して、試合は振り出しに。2−2で迎えた6回には栗原に3号ソロが飛び出して、ついに勝ち越しに成功。フェルナンデスは2回以降はナックルが冴え、8回一死まで追加点を許さない好投を展開。梅津を挟んで、最後は守護神・永川を投入する必勝パターン。前日、サヨナラ負けを許した永川は代わりばな村田を歩かせるも、小池の送りバントを素早く処理して、二塁で封殺。これで落ち着きを取り戻したかと思いきや、続く金城にライトスタンドへ放り込まれて、悪夢の2日連続のサヨナラ負け。またも勝利目前で引っ繰り返された広島は今季初の3連戦勝ち越しを逃してしまった。横浜先発のはーちゅんは「忘れた頃に凄い投球をするが、忘れるまではヘタレ」から移籍後は「忘れるまではそこそこの投球が出来る」くらいには成長したらしく、今回も先発投手としての責任は果たした感じ。負けている状況にも拘わらず、9回頭からクルーンを投入し、勝利への意欲を見せた大矢采配はその裏の逆転劇を呼び込んだ格好だ。永川の連日のリリーフ失敗と言うのもかなりショッキングだが、ここまで3点しか取れなかった相変わらずの貧弱打線も問題だ。倉でなく石原がスタメンだったのは、フェルナンデスが先発だから? いや、9回のチャンスに代打ですら出て来なかったと言う事はケガでもしているのだろうか? 最後の最後で代打で登場した求道者・前田の凡退も痛かったが、ケガ人に多くを望むのは酷だろうか…。

◆F0−4H◆
水田,グリンの両先発の相譲らぬ投げ合いで4回まで両軍ゼロ行進の投手戦。しかし、5回に均衡が崩れた。田上のヒットを皮切りに、2四死球で二死満塁のチャンスを掴んだソフトバンクはここで主砲・松中がライトスタンドへ会心の4号グランドスラムを叩き込み、一気に4点を先制。グリンは続く6回先頭の柴原に対しての2球目を投げた直後、突然、しゃがみ込んだかと思えば、ベンチにお伺いを立てもせずに勝手にマウンドを降りて、その儘、ロッカー室へ消える謎の行動。訳の分からない事態に日本ハムベンチは慌てるばかりだったが、緊急登板の金沢が後続を断って事なきを得た。結局、球団からは左背筋痛が原因と言う報告が出されたとの事。試合の方は6回途中から継投策に切り替えたソフトバンクが4投手を注ぎ込んでの完封リレーを達成し、悪の温床・楽天戦3連敗を取り戻す3連勝となった。水田は3年ぶりの白星。4連敗の日本ハムはとりあえず、最後に途中出場の田中幸がヒットを放ち、2000安打へあと11本と迫った事と、右肩痛で離脱していた守護神・MICHEALが復帰登板で3人で抑えた事が明るい材料。しかし、問題は今の日本ハムがこのMICHEALに繋ぐ展開をどれくらい作れるかだ…。

◆L5−4Bs◆
偽バファローズは2回二死から2四死球とエラーと言うタナボタチャンスに大西のタイムリー内野安打で先制すると、3回には12試合ぶりとなるラロッカの6号ソロ,5回には後藤の犠飛で着々と加点。しかし、5回まで無失点で踏ん張ってきた先発・平野佳作が6回、リーファー,細川のタイムリーで2点を返され、KO。続く7回には大引のエラーでピンチを作ると、中島にタイムリー二塁打を許して、ついに同点。追いつかれた偽バファローズだが、直後の8回、大西がこの日4安打目となるタイムリーを放って、すかさず勝ち越しに成功。その裏から早くも抑えのカーターを投入する逃げ切り体勢に入ったが、イマイチ安定感に欠けるカーターに残り2イニングも任せようとした段階で既に結果は見えていたのかもしれない。8回の一死一、三塁のピンチは逃れたカーターだったが、9回、先頭の中島に二塁打を浴び、早速ピンチを作ると、ここまで3タコ2三振だったカブレラにライトスタンドへ放り込まれて、逆転サヨナラ負け。9回表二死満塁と言うダメ押しのチャンスを逃すなど、13残塁の拙攻も響き、借金返済はまた先送りとなった。

◆E−M◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:01コメント(0)トラックバック(84)2007 プロ野球 

April 21, 2007

◆T2−5G◆
豊田の大炎上で悪夢のサヨナラ負けを喫し、首位獲りに失敗した巨人。この日はローテ通りならアゴくらの番だったが、ここまで背信投球が続き、阪神と相性が悪い事もあって、二軍から上がってきたばかりの久保が今季初先発を任される事に…。その久保は初回、いきなり一死一、二塁のピンチを迎えるも、キュラソ星人,ゼブラ今岡と連続三振に斬ってとり、無失点で切り抜ける。すると、直後の2回、二死一、二塁のチャンスに覚醒しつつあるホリンズが落ちるボールをうまく掬って、レフトスタンドに叩き込む会心の2号3ランを放ち、3点を先制。阪神は矢野が突き指で欠場している事もあって、前夜のヒーロー・狩野をスタメン起用したが、その期待に応える様に第1打席で痛烈なヒットを放った狩野は4回の第2打席ではレフトスタンドへプロ初アーチをバックスクリーンにぶち込んで反撃の狼煙を上げる。更に、6回の第3打席では2番手・野口から猛打賞となるライト前ヒットを放つと、代打・関本の左中間突破二塁打で一気に三塁を蹴り、見事なスライディングでホームを陥れて、1点差に詰め寄る大活躍。しかし、阪神に傾きかけた流れを再び巨人に引き寄せたのは、またもホリンズ。8回、四球のキムタクを一塁に置いて、会心のタイムリー二塁打を放つと、この後、マッスル千代の富士にもタイムリーが飛び出して、ダメ押しの5点目を追加。3点リードで迎えたラストイニング、昨夜と同じシチュエーションで豊田に名誉挽回のチャンスを与えられるのか注目されたが、若大将・原監督は無情にも林を起用。林は無難に3人で締め括り、昨夜の悪夢再現を回避。久保は3年ぶりの先発での白星を掴んだ。果たして、今後、豊田がどういう扱いを受ける事になるのか気になる所だが、それはさておき、ホリンズが3安打4打点と大爆発したのは嬉しい限り。キムタクも2安打とキープしており、ホント、ゴンザレスの処遇が心配になってきた。そろそろ戻って来ないと、ただの代打要員になってしまうぞ…。阪神は安直起用とも思われた狩野が一発含む3安打の大ブレイク。この儘、勢いに乗れるか注目したい所だ。

◆S7−16D◆
怒濤の拙攻拙守で今季初完封負けを喫し、川相不在の重みを痛感させられた中日。しかし、依然として川相コーチの現役復帰を阻止する圧力が内外からかかっており、川相はベンチで見守るしかない状況。これに業を煮やした福留が初回、無死一、二塁の場面で川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3号3ランを叩き込むなど、中日は早くも4点を先制。2回に藤井の暴投で1点を加えると、中村紀が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに3,5回と2打席連続アーチを放ち、7点目。しかし、先発・吉見は4回もたずに3失点KOされると、3番手・金剛も3連打で2失点、4番手・浅尾も青木に被弾し、6回を終わって1点差まで追い上げられてしまう。何とか突き放したい中日は7回、一死二塁から代打・立浪のヒットを皮切りに四球1つを挟んで7連打の集中攻撃。更に、立浪の代走に起用され、その回のうちに打席が回ってきた新井にも今季初安打となるタイムリー二塁打が生まれ、この回、大量8点。それでもまだ不安なのか、8回にまたも福留が三塁打で出ればサイクルヒットと言う場面で川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにこの日2本目のホームランでダメ押し。10残塁の大拙攻ではあったが、川相不在が故の一発攻勢と7回の集中打が効いて、中日は辛くも首位をキープ。福留はオーバーサイクルとなる5安打5打点の大爆発だった。尚、5番手のラミレスは来日初勝利。また、ヤクルトの寿司職人ラミレスは3回に放ったヒットで史上244人目、外国人としては球団初となる1000本安打をマークした。

◆YB3−2C◆
久々に打線が爆発して初戦を取った広島だが、2回無死一、三塁と言う先制チャンスを逃すと、その裏、吉村のタイムリーで先制点を献上。先発・佐々岡はこの1点のみで5回まで投げきったが、打線は4,5回と一、二塁のピンチを逃し、早くも7残塁。そして、6回、3連続四球で無死満塁と絶好のチャンスに好調・倉に打順が回ったが、ショートゴロゲッツーの間に同点に追いつくのが精一杯。しかし、1−1で迎えた土壇場9回、先のチャンスではしくじった倉が値千金の一発を叩き込み、ついに勝ち越しに成功。あとは守護神・永川投入で逃げ切るだけだったが、一死から連打を浴びて、二死二、三塁のピンチを迎えると、代打・マイケルに走者一掃のタイムリー二塁打を浴びて、悪夢の逆転サヨナラ負け。今季初の連勝チャンスを寸前で逃した広島は明日の一戦で初の3連戦勝ち越しを懸ける事になるが、死球退場となった求道者・前田が出られるかどうかが気がかりだ。

◆F2−11H◆
開幕早々、水島の呪いに苛まれ、依然としてエースらしい投球が出来ずにいる斉藤和は4回まで3安打無失点とまずまずの立ち上がり。打線の方は初回一死満塁のピンチに小久保,ブキャナンが連続三振を喫するなど、ゼロ行進を続けていたが、5回、ハマのスペランカーのタイムリーでようやく1点を先制。しかし、その裏、斉藤和は劇団ひちょりのタイムリー二塁打であっさり追いつかれると、何とこの回限りで降板し、またも白星つかず仕舞い。その後、1点ずつ取り合って迎えた7回、突如、ソフトバンク打線が爆発。本多のタイムリーで勝ち越した後、ハマのスペランカー,松中が連続アーチ。更に、アダムにも来日初アーチとなる2ランが飛び出して、この回、一挙7点のビッグイニングで試合を決定付けた。ソフトバンクは11日ぶりの連勝で再び貯金生活が復活した。スタメン8人が15安打4発と打ちまくった中、唯一、ブキャナンだけが5タコ4三振の大ブレーキだったのが、何だか物悲しい。斉藤和も悪くはなかったが、5回で降板を命じられる様ではエースとしては失格だ。まさかどこか痛めたのではあるまいな? 敗れた日本ハムは今季初の3連敗。

◆L1−7Bs◆
同僚・涌井と激しく月間MVPを争うオツは開幕5連勝を懸けて先発マウンドに登ったが、立ち上がりから制球に苦しみ、2回には押し出し四球で先制点を与えるなど、2失点。続く3回には後藤にタイムリー二塁打を浴びると、更に、4回にはローズの2点タイムリー二塁打等で3点を失い、あえなくKO。一方、偽バファローズ先発・デイビーは7回を投げ、福地のタイムリーによる1点のみに抑える好投を展開し、2勝目をマーク。前回は3タテを食らった偽バファローズだが、ようやく対西武初勝利となった。

◆E3−5M◆
ここまで好投を続けながら、なかなか打線と噛み合わない成瀬。この日もロッテ打線は悪の温床・楽天先発・青山の前に3回まで無得点と沈黙。落胆の色を隠せない成瀬に対して、悪の温床・楽天は3回、鉄平,塩川,礒部の3連打で2点を先制すると、更に、ショートにもタイムリーが飛び出し、3点目。しかし、直後の4回、フェルナンデスのエラー等で満塁のピンチを背負った青山はワトソン博士に押し出し四球を許すと、里崎にはタイムリーを浴びて、1点差。更に、5回には青野の内野ゴロの間についに同点。追いついて貰った成瀬だが、その裏、二死から礒部を歩かせると、何を血迷ったかバレンタインはこんな中途半端な所で成瀬を下ろし、成瀬はまたも白星を掴めず。3−3で迎えた7回、ロッテはズレータのタイムリーで、ついに勝ち越し、青山をKOすると、更に、里崎の犠飛で貴重な5点目を追加。最後は小林雅が締めて、3連勝。嫌がらせの様なタイミングで引きずり下ろされた成瀬からバトンを受けたゴーグルは3年ぶりの白星をゲットした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:28コメント(4)トラックバック(101)2007 プロ野球 

 会心と思われた寿也の打球は僅かに左に切れてファール。2−0と追い込まれながらも、必死にボールを見極めていく寿也は野球に出会った時に始まり、幾多の勝負や試練の傍らにいつもいた吾郎と切磋琢磨し、この大舞台まで上がってきた事を思い返していた。一緒に高め合い辿り着いた最高の舞台の最後の試合で吾郎を敗戦投手にする訳にはいかないと言う思いを胸に、ついにセンター前へ弾き返すと、これが松尾さんを迎え入れるタイムリーとなって、試合は振り出しに。なおも勝ち越しのチャンスだったが、続く岩岡はあえなく三振に倒れて、同点止まり。その裏も続投を命じられた吾郎は目の当たりにした寿也の殊勲打に闘志を燃え上がらせるのだった。

 先週の引きはどう見ても寿也のタイムリーかと思いきや、ただのファールと言うスカシネタ。もうミスリードとかじゃなくて、スカシネタだろ、あれは…。美穂への手紙の件を片付けてなかったもんだから、慌ててねじ込んだらページが足りなくなったとかそんな印象。結局、打ち直しのタイムリーは逆転打ではなく同点打に留まり、延長突入は確実となった訳だが、ここまで回想ネタのオンパレードで再三寿也をフィーチャーしまくった以上、延長に入ってからの決勝打もまた寿也なんて展開になると、いい加減、うんざりしてしまう訳で、別の選手が打つと思いたい所だが、それは一体誰になるのか? DH制を捨ててまで吾郎が打席に立つ様な水島漫画で使い古されたネタは勘弁して欲しい所だが、本来、決勝打を放つ打者として本命に挙がらなければならない松尾さんはどうせ酷い扱いなんだよな。結構、前に予想したコジローが勝ち越しタイムリーを放ち、なおも大ピンチと言う場面でギブソンが登場し、松尾さんがシメられる…になりそうな気がしてならない。松尾さんが四球の後、ハマのスペランカーのタイムリー…と言うパターンも飽き飽きだ。まったく松尾さんに同点アーチ打たせて、寿也に決勝タイムリー打たせときゃ、しっくり来たものを…。まぁ、最もサプライズな超展開は闘志を燃やす吾郎が9回裏、いきなり先頭のボルテックにサヨナラ弾を浴びる事だが、松尾さんがシメられるくらいなら、その展開でも全然OKだ!

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 13:00コメント(2)トラックバック(0)2007 MAJOR 

April 20, 2007

◆T5−4G◆
鬼門・ナゴヤドームでの悪夢の逆転負けによる悪いムードを何とか地元・甲子園で断ち切りたい阪神だったが、右脇腹を痛めたマッスル千代の富士のスタメン落ちにより、チャンスが回ってきた鈴木尚の三塁打の後、投手の内海にタイムリーを許して先制点を献上。自らの先制打で気を良くした内海は6回までノーヒットと素晴らしい投球を展開。好投の内海に何とか追加点の欲しい巨人だが、6回一死一、二塁のチャンスには恐怖の残塁量産マシン・ニックンがショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮すると、7回も無死一、二塁のチャンスを逃す拙攻三昧。すると、その裏、シーツのどん詰まりのフライがチーム初安打となるツキに恵まれた阪神はここまで2三振だった浜中のタイムリーでついに同点。試合は延長に突入した。1−1の儘、迎えたラストイニング12回、既に、JFKを使い果たし、江草を投入してきた阪神に対して、巨人は無死一、二塁のチャンスにで鈴木尚がヘッポコバントをかまして、三塁で封殺…と思いきや、江草の送球が大きく右へ逸れ、ゼブラ今岡が後逸。ボールが転々とする間に二塁走者・阿部が生還し、労せずして勝ち越し点をゲット。更に、この後、代打・加藤の犠飛,小坂の今季初安打となるタイムリーでこの回3点。。最後は守護神・豊田が締めて逃げ切り…と思いきや、鳥谷,シャア少佐に連続タイムリーで追いつかれるよもやの展開。なおも満塁のピンチに今季初打席となる代打・狩野にレフトへ弾き返されて、悪夢のサヨナラ負け。狩野はこの劇的な一打がプロ初安打だった。打線に見殺されながらも9回を投げきった内海の好投,会田−林の必死の継投で粘り、やっと掴んだ3点ものリードが豊田の炎上により、全て台無し。11回まで僅か4安打に抑えてきたってのに、12回だけで6安打って何やねん! 開幕戦に三者三振で守護神復活か…と思わせたら次の試合で3失点…に続いて、今度は三者三振で守護神復活か!?と言う次の試合で4失点…。この凄まじいムラっ気は何とかならないものか。次に三者三振締めをやったら、次の試合は敗戦処理だな。阪神はJFKを投入しながらの敗北寸前から、3点差を跳ね返しての逆転サヨナラ勝ちでナゴヤドームの悪夢を完全に払拭した形となった。

◆S1−0D◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいで名前が凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーが6回を2安打無失点に抑えれば、負けじと中日先発・朝倉も5回を1安打無失点の好投を展開。しかし、6回、T.ウッズのエラーで一死二塁のピンチを作ると、続く寿司職人ラミレスのライト前ヒットを福留が弾く相次ぐ拙守でついに先制点を献上。虎の子の1点を貰ったグライシンガーは最後まで投げきり、散発4安打の来日初完封で3勝目をマークした。中日は拙攻拙守と川相不在の弊害を露呈しまくっての今季初の完封負け。人斬り抜刀斎が右脛打撲で登録抹消となる緊急事態も発生しており、一刻も早い名手・川相の現役復帰が待たれる所だ

◆YB7−1C◆
中東をスタメン起用するテコ入れが空転し、嶋をスタメンに戻した広島だが、2回に二死満塁と絶好の先制チャンスを潰してしまうなど、序盤は相変わらずの噛み合わない攻撃を展開。しかし、4回、栗原に2ラン,好調・倉に今季初ホーマーとなるソロと2本のアーチで3点を先制すると、5,6,7回と小刻みに1点ずつ加点し、突き放す。9回には三橋の4連続四死球による押し出しでダメ押しの7点目。なおも無死満塁のチャンスに1点も取れない詰めの甘さは気になるものの、試合の焦点は広島先発・大竹が完封なるかに絞られた。しかし、その裏、いきなり3連打で1点を返され、あえなく完封が消滅。それでも後続をきっちり打ち取り、今季初完投で2勝目をマーク。求道者・前田は栗原の先制弾を呼び込むヒットを含む猛打賞で3得点とこの日はチャンスメーカーに徹し、ついに打率3割を突破したが、スタメン復帰の嶋は4タコと依然としてトンネルを抜け出せない状態だ。

◆F2−4H◆
5試合連続2桁三振の体たらくで悪の温床・楽天に悪夢の3タテを食らい、とうとう借金生活に突入したソフトバンク。留まる所を知らない水島の呪いにより、和田が背中を痛めて登録抹消となるなど、踏んだり蹴ったりの状態だが、この日は初回からダルビッシュの暴投で1点を先取すると、小久保に3ランが飛び出して、いきなり4点の先制パンチ。しかし、2回以降は立ち直ったダルビッシュの前に完璧に抑え込まれてしまう。このうちに追い上げたい日本ハムは5回に金子誠のタイムリー,7回に劇団ひちょりの犠飛で1点ずつ返し、2点差と迫ったが、あと一歩及ばず。ダルビッシュの2年越しのレギュラーシーズン連勝は12でストップした。

◆E2−4M◆
極度の水島の呪いに苛まれていたとは言え、ソフトバンク相手に奇跡の3タテを成し遂げ、勢い付く悪の温床・楽天。この日も初回から一死一、二塁と絶好のチャンスを作ったものの、フェルナンデスがゲッツーを食らってケチをつけてしまう。3回に早川の犠飛で奪われた1点をなかなか追いつけずにいたが、7回、山崎武の一発でついに振り出しに。しかし、直後の8回、草野のエラーを皮切りに、一死一、二塁のピンチを迎えた所で青野に被弾し、一気に3点差。その裏、フェルナンデスのタイムリーで追い上げたものの、最後は小林雅に反撃を断たれて、連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:26コメント(0)トラックバック(87)2007 プロ野球 

April 19, 2007

◆G8−1C◆
前回、3年ぶりの白星を掴んだ木佐貫。それがフロックかどうか、真価を問われる今回の登板で6回を5安打1失点とまずまずの内容で、打線の援護にも恵まれて、2連勝。開幕前から15勝すると豪語していたとの事だが、それを信じるのは気が早いにしても、上原とパウエルの復帰が遅れても何とかなると思わせる存在になってきたのは何よりだ。さて、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員として気になるホリンズはまたもタイムリーを1本と乗ってきた。早いトコ、ゴンザレスにも復帰して欲しい所なのだが、キムタクがこの日も3安打を放つなど好調をキープしており、戻ってきても居場所があるか心配になってきた。

◆D9−7T◆
ナゴヤドームでの嫌なジンクスを打ち砕くかの様な圧勝劇から一夜、この日も5回までに7点を奪う猛攻で人斬り抜刀斎をKOと快勝ムードの阪神だったが、ナゴヤドームの鬼門ぶりは一度の圧勝くらいでは解消出来はしなかった。先発・ボーグルソンが突如崩れて、その裏、5失点であっと言う間に1点差。これで完全に流れを引き寄せた中日は7回に英智,井端の連続タイムリーで逆転勝ちを果たし、首位転落の危機を免れた。グラセスキは中継ぎで早くも3勝目と勝ち運の強さを見せつけているが、依然としてエースらしい投球を見せられない人斬り抜刀斎が気がかりだ。序盤はあれだけ押していた阪神だが中盤以降は攻めあぐね、4併殺を喫する拙攻ぶりでまた1つナゴヤドームでの嫌な黒星を増やしてしまった。

◆S1−14YB◆
2戦続けて雨天中止となったこのカード。亡命前から横浜をカモにしていたヤクルト先発・石井一だったが、初回から相川に満塁弾を浴びるなど6失点。続く2回にも連続タイムリーを浴びるなど3点を失い、一死も取れずにKOとなる大炎上。以降も横浜は着々と加点し、計15安打14点の猛攻で大勝した。先発・加藤は8回で10三振を奪い、青木の一発による1失点のみに抑える好投で今季初勝利。中井美穂の旦那は久々のスタメンマスクで史上37人目となる2000試合出場を飾りたい所だったが、ワンサイドゲームとなった上、その状況で盗塁を仕掛けられた事にブチきれ、更に、遠藤が村田に頭部死球を食らわせて危険球退場となった際、審判に暴言を吐いて退場となる失態で記念試合を自ら踏みにじってしまった。

◆E3−1H◆
よもや悪の温床・楽天相手に3タテを食らおうとは…。9回二死からタイムリーエラーで完封を免れるのが精一杯とは…。これが本当に王さんの為にV奪回を狙うチームの姿なのか!? しかし、このあまりにも無様な試合運びを展開するに至る原因に思い当たる節があった。そう、恒例の水島の呪いである。虚弱投手・里中の前にパーフェクト寸前に追い込まれる様な無体な扱いを受けているとなれば、最早、呪い効果の直撃は避けられないと言うものだ。これでとうとう借金生活とは、泣けてくる…。尚、悪の温床・楽天は創立3年目にして初の本拠地での3タテとなった。

◆L6−2F◆
自らの誕生日を白星で祝いたい伊集院光の弟子・金村だったが、中島の犠飛とベンちゃんのタイムリーで初回から2失点。その後、ルーキー・岸との投げ合いとなり、1点差で終盤を迎えたが、8回二死満塁のピンチに細川,中村と連続タイムリーで3失点と踏ん張りきれず、無念の完投負け。白星はゲット出来ず、FA権をゲットするに留まった。岸は序盤の相次ぐピンチを凌ぎきってからリズムを取り戻し、7回一死まで投げ、リリーフの援護を仰ぎながらも2勝目をマークした。

◆M5−1Bs◆
偽バファローズ先発・川越に対して、初回のチャンスは逃したものの、2回にベニー松山の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったロッテ。中盤に入ると、ズレータが2本のアーチにタイムリー二塁打と爆発し、突き放した。先発・小林宏は早川のダブルエラーで1点を失ったが、7回を自責0の好投で3勝目。何故か、小林雅を差し置いて投入された薮田が今季初セーブをマークした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:53コメント(1)トラックバック(78)2007 プロ野球 

April 18, 2007

◆G3−2C◆
金刃,青木高のルーキー対決となったこの試合。初回、新井のタイムリーで広島が1点を先制。毎度好投しながら打線に見殺しに遭ってきた青木高は早々と貰った先制点を守りたい所だったが、2回に李に被弾し、あっさり同点。もういい加減、青木高の好投に報いてやりたい広島は4回、無死一、二塁で打席には求道者・前田と言う絶好のチャンスを掴むも、求道者・前田はどん詰まりのピッチャーフライと走者を進める事も出来ず、続く栗原のセンター前へ抜けようかと言う打球はキムタクの超ファインプレーに阻まれ、更に、緒方は空振り三振に終わって、結局、二者残塁。相変わらず、不甲斐ない打線にがっくりきた青木高はその裏、阿部に一発を浴び、勝ち越し点を献上。しかし、7回、先のチャンスに凡退してしまった求道者・前田が打った瞬間に分かる会心のアーチを放ち、再び試合は振り出しに。何とかプロ初白星に望みが繋がった青木高だが、その裏、一死から脇谷に三塁打を浴び、無念のKO。しかも、代わった林がホリンズに三遊間を破られて、あえなく勝ち越しを許してしまう始末。この回で金刃に代打を送った巨人は8回に林を挟み、9回から守護神・豊田を投入。若大将・原監督はまるで守護神失格の様な言動を受け、信頼感を取り戻したい豊田は梵,新井,求道者・前田のクリーンアップを三者三振になで斬る気迫の投球で守護神復活をアピール。降板した回に勝ち越して貰った金刃は7回3安打2失点と言う上々の内容で2連勝。覚醒直後に黒田の快投にシメられたホリンズだが、この日は決勝タイムリーを含む2安打を放ち、今後、上昇カーブを描く期待を抱かせた。それにしても、またまたまた打線に見殺されてしまった青木高は何とも不憫で仕方ない。

◆D1−9T◆
鬼門ナゴヤドームの呪縛から何とか逃れたい阪神が初回から怒濤の猛攻撃。中日先発・長峰に対して、鳥谷のヒットを皮切りにキュラソ星人の犠飛で先制すると、ここから四球2つを挟んで5連打を浴びせ、大量6点のビッグイニングを形成。先制点を叩き出したキュラソ星人は4回にも3ランをぶちコンで、ダメ押し。昨年はナゴヤドームで4戦4敗と苦しんだ先発・下柳は大量リードを背に5回を1失点に抑えると、6回からは江草−相木−久保田と繋いで、中日の反撃を許さず、圧勝。下柳はようやく今季初白星となった。

◆S−YB◆
降雨中止。

◆E6−2H◆
大学・社会人ドラフト1巡目ルーキー・永井がプロ初勝利をあげた翌日、高校生ドラフト1巡目ルーキー・田中がプロ初勝利を目指し、4度目の先発登板。いきなり本多,本間,ハマのスペランカーと3連打で先制点を許し、更に、松中を歩かせて、満塁とした所までは一体何点取られるかと心配されたが、ここから小久保,大村,ブキャナンと三者三振に斬ってとる快投でピンチを脱出。これで完全に立ち直った田中は6回まで毎回の10三振を奪う素晴らしい投球で追加点を許さない。一方、ソフトバンク先発・杉内の前に5回までノーヒットと完璧に抑え込まれていた悪の温床・楽天だったが、6回二死から二人の走者を出すと、フェルナンデス,ショートの連続タイムリー二塁打で3点を奪い、一気に逆転に成功。更に、7回にも代打・鷹野のタイムリー二塁打で貴重な4点目を追加。8回に小久保のタイムリーで2点差と詰め寄られるも、その裏、すかさずフェルナンデスの2ランで突き放した。これで一気に楽になった田中は9回も3人で退け、プロ初勝利をルーキー一番乗りとなる完投、しかも13三振のおまけつきで飾った。日に日に攻撃力が弱まっているソフトバンクは2日続けてルーキーにプロ初白星を献上してしまう体たらく。もう一人の新助っ人・アダムを昇格させ、即スタメン起用したものの、結果は3三振を含む4タコ。1〜3番までは7安打と大当たりだったが、4番以降は僅かに2安打と足を引っ張るなど、なかなか打線に繋がりが見えてこないのは気がかりだ。

◆L2−4F◆
2回、4試合ぶりにスタメン起用された田中幸の2000本へあと12本と迫るヒット等で満塁チャンスを作った日本ハムは金子誠のセカンド後方のどん詰まりのフライが片岡とG.G.佐藤の激突により、何と走者一掃のタイムリー三塁打となると、続く劇団ひちょりもタイムリーを放ち、一挙4点をゲット。ここまでまだ白星のない新助っ人・スウィーニーはその裏に大島の犠飛で1点を返されるも、丁寧な投球で踏ん張りを見せ、5回を1失点で切り抜ける。3点を追う西武は7回に代打・福地に犠飛で2点差とすると、土壇場9回にはMICHEAL復帰までの暫定ストッパー・武田久に対して、一死満塁と一打サヨナラの大チャンス。しかし、ここで野田がファーストゴロゲッツーに倒れる最悪の展開で万事休す。スウィーニーは来日初勝利。武田久は今季初セーブとなった。

◆M−Bs◆
降雨中止。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:29コメント(0)トラックバック(90)2007 プロ野球 

April 17, 2007

◆G1−3C◆
珍しくGS神戸での巨人主催ゲームとなったこの試合。かつての首位打者・嶋が1割台に喘ぎ、毎年2割打つかどうかの倉が堂々のリーグ4位と言う異常事態に見舞われている打線を見かねたブラウン監督は大幅なテコ入れを敢行した。ついに嶋をスタメンから外して、これまで3番だった求道者・前田を5番、梵を3番に入れ、そして、1番にはルーキー・中東を初のスタメン起用。3回までは巨人先発・姜の前に1安打と沈黙していたが、4回、東出,梵の連打でチャンスを作ると、新5番の求道者・前田がきっちり犠飛を打ち上げ、先制。更に、栗原にもタイムリーが飛び出して、この回、2点。毎度、打線の見殺しに遭っている黒田は立ち上がりこそ不安な内容だったが、待望の先制点を貰うと、尻上がりに調子を上げていき、巨人打線を翻弄。何とか追加点の欲しい広島は6回、二死一塁の場面でまたも求道者・前田がライト線へ痛打。貴重な3点目は間違いないと思われたが、何とこの打球をボールボーイがファールと勘違いして捕球し、一塁走者・新井は三塁に戻されてしまった。ブラウン監督は恒例の猛抗議を延々10分かましたが、認められず、続く栗原が凡退して、二者残塁となる何とも嫌な展開…。ホームの広島市民球場なら、こうも抗議はしなかった様に思うのだが、かと言って、東京ドームと言う訳でもないし、このボールボーイは一体どこの回し者なのか? GS神戸って事は偽バファローズか……って、何の得にもならねぇ〜っ。それはともかくとして、広島はその嫌な流れを断ち切る様に続く7回に倉,黒田のバッテリーが連打を浴びせると、中東のゲッツー崩れの間にダメ押しの3点目をゲット。あとは黒田が今季初完封なるか…と言う所だったが、9回先頭のマッスル千代の富士に痛打された所でブラウン監督はスパッと永川にスイッチ。永川は簡単に二死を取り、李もセンターフライに打ち取って完封リレー達成…と思いきや、何でもないこのフライを中東がまさかの落球。この間にマッスル千代の富士が生還し、なおも一発が出れば同点と言う不気味な展開となったが、怒濤のチャンスブレイカー・ニックンがライトへの凡フライに倒れる相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮し、大事には至らなかった。求道者・前田は2安打1犠飛と活躍したのは何よりだが、テコ入れ云々とか言う次元の男ではないし、中東は5タコ,梵は4の1とパッとせず、テコ入れの成果はさほどに感じられない内容。果たして、明日はどういうスタメンになるのやら…。一方、覚醒が期待されたホリンズは3タコ。あの爆発はたまたまだったのか、単に黒田が良過ぎたのか…。

◆D5−0T◆
開幕2連敗を喫し、今季中の200勝到達を狙うにはそろそろ勝っておきたい山本昌。何とか援護したい中日はいきなり井端,荒木,福留の3連打を浴びせるなど、2点を先制すれば、3回にはT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2試合連続となる8号3ラン。相変わらず、左投手相手にはどんなに不調の右打者でも左打者よりはマシ理論を炸裂させる岡田監督のヘッポコ采配により、1割打者を2人も並べ、飽きもせずに投手を8番に入れる訳の分からないオーダーに対して、山本昌は5点リードと言う気楽さも手伝って、5回まで1安打と全く危なげのない投球を展開。6回一死から鳥谷に三塁打を浴びたのが唯一のピンチだったが、ここで1割打者・関本を迎えるツキにも恵まれた。結局、最後まで投げきり、散発3安打完封で待望の今季初勝利。200勝まであと8と迫った。阪神先発の太陽の子エステバン・ジャンは4回以降は立ち直り、7回まで追加点を許さなかったものの、打線の援護なく、ついに来日初黒星。

◆S−YB◆
降雨中止。

◆E5−4H◆
ソフトバンク先発・新垣はあまりの寒さに手がかじかんでしまったか、暴投と四球を連発。野手も動きが鈍っており、柴原がエラーを犯すなど、3回に1安打で2点を先制されてしまうと、4回にも山崎がエラーを犯すなど、2失点。新垣は5回にも暴投連発して、プロ野球タイ記録の1試合4暴投をマークしたばかりか、鷹野にタイムリー二塁打を浴びて致命的な5点目を献上。一方、プロ入り初先発となるルーキー・永井は日に日に攻撃力が弱まっているソフトバンク打線相手に初回から三者三振に斬ってとるなど堂々とした投球を見せ、8回を3安打2失点9三振の好投を展開。ソフトバンクは9回、抑えの福盛に対して、ブキャナンのタイムリー二塁打等で1点差と詰め寄り、なおも一、二塁と粘りを見せたものの、あと一歩及ばず。永井は悲願のプロ初勝利となった。

◆L5−0F◆
初回から制球に苦しむ建山に対して、1安打2四球で満塁のチャンスを掴んだ西武はリーファーが3号グランドスラムを叩き込んで、いきなり4点の先制パンチ。3回にはグリーンのエラーをきっかけに一、三塁とすると、ベンちゃんの犠飛で1点を追加。開幕から3連勝で月間MVPを視野に入れている西武先発・涌井は元気のない日本ハム打線を全く寄せ付けず、今季3度目の完投を今季初の無四球完封で飾り、開幕4連勝をマーク。西武は僅か5安打で5得点と効率的な攻撃で首位をがっちりキープした。

◆M3−4Bs◆
初回のチャンスは逃したロッテだが、続く2回にも二死満塁とすると、ここで里崎が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3点を先制。ここまで4点→7点→9点と投げる度に失点が増えている清水はこのペースなら今回は10失点のフェルナンデス越え,次回は14失点の一場越えも夢ではないと期待されていたが、この日は毎回の様にピンチを背負いながらも、5回まで無失点と粘りの投球を展開。ようやく今季初白星が見えてきたと思われた矢先の6回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズに2ランを浴びて、1点差と詰め寄られると、更に、一死一塁の場面で後藤に今季初アーチとなる2ランを許し、一気に形勢逆転。偽バファローズは早めの継投策に切り替えて、この1点のリードを守りきった。清水は失点こそ4点に留まったが、詰めの甘い投球で開幕3連敗となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:34コメント(2)トラックバック(96)2007 プロ野球 

April 16, 2007

 5回裏、先頭の松中は痛烈な打球を放つも、殿馬のファインプレーに阻まれる。これを見ていたじっちゃんはパーフェクトをやる時にはこういうプレーが出るものだと大騒ぎ。依然としてパーフェクト続行中の里中に対して、斉藤和も初回の岩鬼の一発以降は全く付け入る隙を許さない。6回表二死から3度目の打席を迎えた岩鬼はサンマのひらき効果でまたも痛打。レフトスタンドに入るかギリギリの打球はスタンドの少年ファンが身を乗り出してキャッチしてしまい、エンタイトルツーベースと判定されてしまう。東京ファンなので文句も言えないと愛想笑いをしていた岩鬼だが、少年が後ろ向きに被っていた帽子をくるりと翻すと現れたのはソフトバンクのマーク。実はこの少年はホークスファンで故意にホームランを阻止していたのだ。やりきれない思いの岩鬼は殿馬の打席でスタートを切ると、殿馬は三塁線へ絶妙のバント。一塁はギリギリのタイミングでセーフならば、スタートを切っていた岩鬼が一気に三塁を蹴って本塁を陥れるか…と思いきや、小久保は岩鬼の動きを察知し、あえて一塁へは偽投に留め、本塁へ送球。完全に狙いを見抜かれていた岩鬼はあえなくタッチアウトとなり、ソフトバンクベンチはパーフェクト打破へ意気上がるのだった。

 また新たに打法を考えるのが面倒臭くなったのか、「何だかよく分からんがとにかく打ち返した」的な処理をされてしまった岩鬼。全て1打席目の打ち方にしておけばいいものを…。結局、3発で400号→結婚と言うのは思いっきりスカシネタでただの猛打賞で終わりそうだ。サチ子の墓前での台詞とか、どうも里中×サチ子,岩鬼×夏子はんはまだまだ当確とは言えない様な気がしてならない。やはり、「岩鬼×サチ子は出来レース」説が崩壊したとはまだ言いきれないんじゃないかね。ところで、ホームランとかファールボールをグラウンド内に乗り出して捕ろうとするファンって非常に腹立たしいね。ああいう事をかましておいて、大喜びでこれ見よがしにボールを掲げているヤツの気が知れない。今回の様な明らかな妨害工作である故意は言わずもがな、興奮してしまった為の過失だって、決して許されるものではないと思うのだが…。実際、そういう行為で優勝が遠のいてしまった例だってある訳だし、選手の給料に影響を及ぼしたり、将来的に節目の記録に届かずに引退したり…なんて話だって大いにありうる話だ。こういう例は極論にしても、グラウンド外のファンがグラウンド内のプレーに直接介入する資格など断じてありはしないのだ。直接、損害を被った選手は多額の賠償金を請求出来ないものかね? たとえ子供がやった事だとしても、それは親の監督不行き届きな訳で、親には責任を取る義務があるのではないか。ホント、こういうバカなヤツには敵チームのファンだろうが、味方チームのファンだろうが、よってたかってブーイングをかましてやるべきではなかろうか。誤ってスタンドから転落して大怪我したりしても、全く同情したりはしないだろう。入場券に「プレーを妨害したら袋叩きに遭いますが自分で責任を取って下さい」とか注釈を書いておけばいいんだよなぁ。メジャーでも確かワールドシリーズでこういう事やらかして、ネットで名前とか住所とか公開されてえらい目に遭った奴がいたんだよね。そりゃ、やられても文句言う資格ないよ。御大ともあろう者が、こういう愚行を肯定する様な描写はやめて欲しいものだ。周りのファンが激怒して集団でボコボコにするとか、スタンドから転落死とか、そういう黒いネタに走れとまでは言わんけどさ…。ホークスの監督をシメ、選手をシメ、そして今度はファンまでも外道扱いしてシメる。水島氏は本当にホークスファンなのだろうか? ところて、小久保が岩鬼のプレーを見抜いたのは「大甲子園」で室戸学習塾戦と巨人学園戦を熟読していたからに違いない。岩鬼のプレーはまるっきり巨人学園戦の使い回しだし、偽投で刺すのは知三郎が微笑にやったプレーだよな。それにしても、松中の打球を捕った殿馬のプレーは、殿馬にしてはさして特別なプレーには見えなかったのだが、じっちゃんが「すごい」と大騒ぎしていたのには違和感たっぷりだったなぁ。「ストーカー女のさげまん効果により、ダメ男に成り下がった殿馬にしては凄い」の意なら分かんでもないが、じっちゃんにまでそんな風に思われてるかと思うと泣けてくるよ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:07コメント(2)トラックバック(0)2007 ドカベン 

April 15, 2007

◆G9−0S◆
昨年は2戦2敗と高卒ルーキーに苦しんだ巨人に対して、ヤクルト先発・増渕は走者を出しながらも2回を無失点。しかし、3回、先頭のマッスル千代の富士に死球を食らわしてから、それまでテンポで投げていた増渕のリズムがおかしくなる。松田記者に簡単に犠打を許した後、ガッツにセンター前へ弾き返され、まずは先制点を献上。続く李には体勢を崩させたにも拘わらず、レフトスタンドギリギリに運ばれる2ランを被弾。続くニックンに痛打されると、阿部にはライトスタンド中段へ豪快な2ランを叩き込まれて、5点目。更に、脇谷をサードゴロに打ち取ったものの、飯原が痛恨の悪送球。一向に二死目が取れない焦燥感を募らせていると、ここまで不振に喘いでいたホリンズにまで来日初アーチとなる2ランをぶち込まれ、無念の7失点KOとなった。一方、開幕から16イニング無失点を続けている巨人先発・春風亭半ケツは得点圏に走者を背負っても、動揺する事なく後続を断ち切り、この日も7回まで無失点投球。8回に宮出,青木と連打され、無死一、三塁と大ピンチを背負ったが、無失点記録を続けるには三振を取るしかないと言うこの状況で飯原を見事に空振り三振。依然として不振でこの日も2三振のガイエルにはよもやの痛烈なライナーを浴びるも、これがファースト真正面で飛び出した青木は戻れずにゲッツーと言うツキにも恵まれ、このピンチを脱出。その裏、松田記者の2ランでダメ押し点を貰うと、9回も寿司職人ラミレス,リグスと簡単に打ち取り、二死。ここで宮本には痛打されるも、古城がダイビングキャッチ。自己初の2試合連続完封勝利となった春風亭半ケツは無失点記録を25イニングと伸ばした。ホリンズは増渕KO弾で覚醒したか、更に2本の二塁打を重ねて、3安打4出塁の活躍。ここまでスタメンから外せと言う声が絶えなかったが、「素行の悪くない巨人直輸入助っ人をとりあえず応援してみる会」会員としては、やはり(ゴンザレスだけでなく)ホリンズにも頑張って欲しい訳で、今回の覚醒がたまたまではなく、次カード以降に繋がってくれる事を大いに期待したい。

◆C1−7D◆
川相不在の弊害を随所に露呈し、連敗モードに陥っている中日。この日もT.ウッズのタイムリーで先制したものの、4回までに6残塁と相変わらずの拙攻三昧を展開しているうちに、倉のタイムリー二塁打で追いつかれてしまう。直後の5回、最早、川相不在では一発に賭けるしかないと察知したT.ウッズが2ランを叩き込み、勝ち越すと、6回にもT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに2打席連続となる3ランをぶち込むなど、4点を追加。拙攻モードながら、T.ウッズが一人で6打点と爆発してくれたおかげで楽になった先発・中田は制球に苦しみながらも、6回を1失点で切り抜けると、リリーフ陣の援護を仰いで、開幕3連勝。チームは5試合ぶりの白星となった。広島は前日、爆発した事で覚醒を期待された求道者・前田は4の1とパッとせず…。連続試合アーチが止まって以降、新井もすっかり下降線で、嶋は一貫して低空飛行を続けるなど、どうにも明るい材料が見えて来ない。投げれば、必ず失点する宮崎はこの日も3失点と炎上。そろそろ、二軍での再調整が必要かねぇ。個人的には一度、先発起用して欲しい所なのだが…。

◆T10−1YB◆
カリメロ開幕から続いていたぬけぬけがついにストップし、この日は勝つのか負けるのかさっぱり分からないと思われた横浜。しかし、勝敗の行方は初回にしてあっさりと判明する事に…。移籍後、未だに白星のないカリメロに対して、前日の大拙攻の鬱憤を晴らさんとばかりに阪神は鳥谷がいきなり先頭打者アーチを浴びせると、その後も4連打を含む7長短打で大量7点を先制。カリメロは1回ともたずに失意のKOを喫する事に…。続く2回に、5号ソロを放ったキュラソ星人は8回にもダメ押しとなる6号2ランを放ち、3安打4打点の活躍。大量援護を背にルーキー・小嶋は走者を出しながらも要所を締める落ち着いた投球を展開。結局、7回を1失点と踏ん張り、2勝目をマークした。尚、関本はこの日何と2本ものヒットを放ち、打率を大台1割に乗せた

◆Bs4−4H◆
初回、松中の先制タイムリー二塁打で主導権を握ったソフトバンクは3回には小久保の2点二塁打,大村の犠飛で3点を追加。先発・和田は毎回安打を許しながら、4回の塩崎のソロアーチによる1点のみに抑える粘りの投球を展開。最後は守護神・馬原が3点差で登板とあって、試合は決まったかと思われたが、この後、大どんでん返しが起ころうとは…。一死から3連打で満塁の大ピンチを背負った馬原だが、村松を空振り三振に斬ってとると、続く北川もサードゴロに打ち取り、辛くも逃げ切り…と思いきや、これを小久保が痛恨のタイムリーエラー。これで気落ちしたか馬原は続くラロッカに同点2点タイムリーを許して、試合は延長に突入。その後、両軍共に勝ち越す事は出来ず、引き分けに終わったが、完全に勝ちゲームだったものを逸したソフトバンクの方が遙かにダメージが大きいだろう。

◆F18−3E◆
昨年は完全にカモにしていた悪の温床・楽天に対して、互角の戦いを強いられている日本ハムだが、この日は昨年を思わせる戦いぶりで圧倒。初回に青波の長瀬の3ランで先制すると、2回には先頭の鶴岡が二塁打を浴びせて、松崎を早くもKO。この後、1,1,2点と着々と加点すると、5回にはルーキー・金子洋にプロ初アーチが飛び出すなど、大量6点のビッグイニングを形成。更に、6回にも5長短打で一気に5点を追加し、計23安打18点の猛攻。ワンサイドゲームとあって、5回から早くも代打で起用された田中幸は2本のヒットを連ねて、2000安打まであと13本と急接近。投げては先発・グリンが大量点に守られながら、7回を3安打1失点で切り抜ける好投を見せ、古巣相手に移籍初勝利。これで日本ハムは悪の温床・楽天と入れ替わりで、ようやく最下位から脱出となった。一方、2回KOの松崎はこれでデビュー以来11連敗と言うプロ野球タイ記録を樹立。それにしても、先発で1回失敗しただけなのに、中継ぎで起用されたばかりか、14失点されるまで代えて貰えなかった一場は何とも痛々しかった。この晒し者状態を強いたノムさんの意図は一体!?

◆M1−1L◆
久保,ギッセルの両先発が3回を無失点と相譲らぬ好投を展開。4回に久保の暴投で先制を許してしまったロッテだが、5回にサブローの一発ですかさず同点。久保はその後も好投を続け、9回を3安打1失点に抑えるが、ロッテは6,8回とゲッツーでチャンスを潰し、9回も一死一、二塁とサヨナラのチャンスを作りながら、後続を断たれて、試合は延長に。迎えたラストイニング12回、ロッテは前日、大炎上の小林雅を投入。いきなり先頭の代打・リーファーに痛打され、コバマサ劇場再演か!?とライトスタンドは騒然となったが、小林雅は後続3人をきっちり打ち取って、西武の勝ちは消滅。しかし、その裏、ロッテも三者凡退に終わり、結局、両軍決め手に欠けた儘、ドローに終わった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:59コメント(2)トラックバック(133)2007 プロ野球 

April 14, 2007

◆G2−6S◆
先発ローテで唯一、白星のないアゴくらは2回まで無安打とまずまずの立ち上がりを見せていたが、3回、2本のヒットでピンチを作ると、飯原にはレフトスタンドへ運ばれて、3点を献上。5回には満塁のピンチを作ってKOとなり、またも白星ならず。更に、2番手・野口が代わりばな大カモのガイエルに押し出し四球を与えて、やらずもがなの4点目を許す始末。打線もヤクルト先発・藤井の前に6回まで僅かに2安打と沈黙。7回にマッスル千代の富士の犠飛でようやく1点を返したのも束の間、直後の8回、プロ初登板の深町,チョコが炎上し、ダメ押しの2失点。その裏、阿部のタイムリー二塁打で1点返すも焼け石に水。勝てば首位と言うチャンスをむざむざ逃した巨人は3位転落となってしまった。アゴくらはこれで開幕3連敗。悠長にしていると、同じFA組の野口と入れ替え…なんて事もあるのではなかろうか。

◆C6−1D◆
阪神との3連戦で1つも勝てなかった中日は恵みの雨で流れを切り替えたい所だったが、この日も歯車が噛み合わず、4回までに早くも6つと残塁を量産し、川相不在の弊害を露呈。一時は中継ぎ降格も噂された先発・朝倉はローテに踏み留まるべく3回まで無失点の力投を見せていたが、4回、東出,新井と二塁打を浴びて、ついに先制点を献上。その後も粘りの投球を見せていた朝倉だったが、7回,梵,求道者・前田と立て続けに2ランを浴びて、致命的な4失点。中日は川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに8回に李の来日初アーチで完封を免れるのが精一杯で3連敗。一方、広島は連敗を脱出し、大竹は3度目の先発でようやく今季初勝利。求道者・前田は待望の今季初アーチが飛び出すなど、あわやサイクルの猛打賞。これをきっかけに目覚めてくれる事を大いに期待したい。また、右手の指を4本も捻挫し、開幕ベンチを逃したルーキー・中東が8回に代打でデビューしたが、空振り三振に終わった。

◆T0−6YB◆
開幕からのぬけぬけ記録を更新させる為には、うまい事負けなくてはならない横浜。チーム一丸となって記録更新に燃えているのか、初回から先発・ゲーリー川村が恐怖の0割打者・関本にわざわざヒットを打たせると、キュラソ星人のショートゴロをマイケルがさりげなくエラーして、一、二塁のピンチを演出。2回にも大ブレーキの浜中にあえてヒットを打たせて、無死一塁のピンチを作り、3回にはゲーリー川村がわざとらしく連続四球を許した後、相川が白々しく野選を犯して、無死満塁と絶好のピンチを作る。しかし、阪神は再三再四チャンスを施される事にプライドが許さないのか、単に不甲斐ないだけなのか、悉く後続が凡退し、一向に得点が入らない。早いトコ先制して欲しい横浜は4,5,7回と一、二塁のピンチをお膳立てしたにも拘わらず、得点に結びつかない。そして、0−0で迎えた8回表、ここまで散発2安打の力投を続けていた阪神先発・能見が投手のホセロに痛打されたのをきっかけに一死満塁の大ピンチ。下手に打ってしまっては先制点が入りかねないとあって打つ気ゼロの村田だったが、ここで能見は勝手に押し出し四球を与える自滅モードでついに横浜が1点を先制。更に、追加点が入らないように凡退するつもりだった鈴木なおのりが力加減を誤って深いセンターフライを放ってしまい、何とも重い2点目を追加。阪神のあまりの不甲斐なさに最早、記録更新は無理と諦めたのか、横浜は今まで抑えていた力を解放するかの様に、その裏を3人でピシャリと切り抜けると、9回には5安打を集中して、一気に4点を追加。最後は協約上限5倍超の契約金を貰っていた那須野が締めての完封リレーを果たし、今季初の連勝で開幕からの「ぬけぬけ」は12試合でストップ。3番手のホセロに来日初勝利がついた。阪神はなまじ7回まで良過ぎた事で能見を引っ張り過ぎて、JFK投入のタイミングを逸したのも痛かったが、勝ってくれと言わんばかりの横浜のお膳立てを悉く潰した打線がとにもかくにも情けなかった。

◆Bs2−4H◆
3連敗中のソフトバンクは序盤、デイビーの前に抑え込まれていたが、4回、大村の犠飛,ブキャナンのタイムリーで2点を先制。今季、立ち上がりで苦しんでいる斉藤和はこの日も3回までに3安打3四死球と苦しい投球ながら、無失点で切り抜けると、4回は三者凡退。立ち直りの気配を見せたと思いきや、5回にラロッカにタイムリー,6回には日高に犠飛を浴びて、同点を許してしまう。結局、斉藤和は7回で降板となり、またもエースの責任を果たせず仕舞い。2−2の儘、突入した延長10回、ソフトバンクは一死満塁のチャンスを迎えると、押し出し四球に暴投と金子の独り相撲で労せずして2点を勝ち越し。最後は6日ぶりの登板となる守護神・馬原が3人で締めて、辛くも連敗をストップさせた。

◆F6−1E◆
史上初の3試合連続14奪三振以上に燃えるダルビッシュだったが、3回まで奪った三振は僅かに3個。無失点に抑えているにも拘わらず、味方打線は満塁のチャンスを逃すなど、相変わらずの不甲斐なさで辟易としつつある所で4回、ショートにタイムリーを浴びて、ついに先制点を献上。これで目が覚めたか、ダルビッシュは5回に怒りの三者三振。打線もダルビッシュの気迫に応える様に、その裏、ミスタースナイパー・坪井の同点犠飛で実に25イニングぶりの得点をあげると、稲葉にタイムリーが飛び出して、逆転に成功。8回には金子のタイムリー二塁打等、5長短打で一挙に4点を奪い、ダメ押し。ダルビッシュは奪三振こそ9個に留まったが、2試合連続の完投勝利でチームの連敗をストップさせた。

◆M2−5L◆
前夜、オーバーキルと言っても過言ではない程、無駄に打ちまくってしまい、そのリバウンドが心配されたロッテだが、開幕3連勝中のオツに対して、初回、中村のエラーをきっかけにチャンスを作ると、ズレータがきっちり犠飛を打ち上げ、1点を先制。3回までノーヒットに抑えていた渡辺俊が4回に礒?に同点タイムリーを許すも、その裏、またもズレータが一発をかまして、再び勝ち越し。渡辺俊はこの1点のリードを8回まで守りきり、守護神・小林雅にバトンタッチ。しかし、ここで久々のコバマサ劇場が公演されようとは…。2四死球で二死二、三塁のピンチを迎えた小林雅は代打・大島に2点タイムリーを浴びて引っ繰り返されると、更に、ズレータのエラーで足を引っ張られた後、片岡にもタイムリー二塁打を浴びて、この回、悪夢の4失点。最後は小野寺に締められて、万事休す。8回まで投げていたオツはよもやの逆転劇で白星が転がり込み、開幕4連勝となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 17:32コメント(4)トラックバック(90)2007 プロ野球 

April 13, 2007

◆G4−2S◆
マッスル千代の富士の初回先頭打者アーチで先制した巨人は更に、ニックンのタイムリー二塁打,阿部の犠飛で早くも3点をゲット。ヤクルト先発・石井一は2回から立ち直りつつあったが、巨人は追加点の欲しい頃合いの中盤5回、ガッツのタイムリーで貴重な1点を追加。巨人先発・内海は初回からキレのいいボールで三振ショーを展開し、5回で早くも9三振。6回に連打でピンチを作り、併殺崩れの間に1点を許したが、田中浩相手に10個目の三振を奪って傷口を広げない。8回に寿司職人ラミレスに被弾し、完投は逃したものの、会田−林と繋いだリリーフ陣が踏ん張って、逃げ切りに成功。内海はこれで左腕開幕投手としては球団史上初となる開幕3連勝をマークした。それにしても、またしても使って貰えなかった豊田が気がかり。若大将・原監督曰く「本来なら豊田だが、今日は大事に…」との事で林を使った…って、そりゃ、完全に守護神失格の烙印を押したと同意ではないか?

◆C−D◆
降雨中止。

◆T4−6YB◆
開幕からのぬけぬけ記録を更新させる為には勝たなくてはならない横浜。エースでありながら、開幕2連敗でぬけぬけが続いている要因を作っていたハマのチンピラだが、雨天中止が1試合挟まった事により、ようやく偶数試合(=勝ち試合)に出番が回ってくる事に…。これで記録更新の可能性は高まったかに見えたが、初回から無死三塁と言う絶好のチャンスを逃してしまうと、その裏、いきなりキュラソ星人のタイムリーで先制点を献上する始末。その後、杉山,ハマのチンピラの投げ合いで膠着状態となり、試合は1−0の儘、終盤へ突入。ぬけぬけ更新へ意欲を燃やす横浜は7回、代打・メカゴジラが犠飛を打ち上げ、ついに同点。更に、ハマのチンピラが自らを援護するタイムリー二塁打を放ち、2点を勝ち越し。その裏、鳥谷のタイムリーで1点差とされるも、すかさず鈴木なおのりのタイムリー二塁打等で3点を追加。これで決まったかと思いきや、粘る阪神はその裏、矢野に2点二塁打が飛び出して、2点差。土壇場9回には守護神・クルーン相手にいきなり先頭の鳥谷が二塁打。二死を取られたものの、ここで主砲・キュラソ星人に同点アーチを期待…と言う盛り上がる場面。しかし、カウント1−2と言う所で降りしきっていた雨が強くなり、よりにもよってここでコールドゲームが成立。何とも消化不良な展開となったが、これもぬけぬけの魔力か、横浜は記録を12試合に伸ばし、ハマのチンピラはようやく今季初勝利をマークした。

◆Bs7−4H◆
川崎が戦線離脱してから連敗モードに入っているソフトバンクだが、今度は柴原が前夜の自打球にる右脛痛でスタメン落ちと、着々とスタメンの攻撃力が低下するばかり。しかし、そのおかげで久々のスタメンの座が回ってきた江川が、3回、プロ初アーチを放って、1点を先制。その裏、ラロッカの犠飛で追いつかれるも、直後の4回、またまた江川が満塁の走者を一掃するタイムリー三塁打を放って、3点を勝ち越し。だが、折角リードを貰ったと言うのに先発・神内がその裏、大西に2ランを被弾し、瞬く間に1点差。7回には2番手・山村が平野恵にタイムリーを許して、試合は振り出しに。更に、8回には3番手・三瀬が四球を出しただけで引っ込むと言う何しに出てきたんだから分からない失態を演じると、4番手・藤岡が下山に勝ち越し3ランを叩き込まれ、試合を決められた。これでソフトバンクは3連敗となり、3位転落。大村が6番に落とされた事に江川の活躍が重なり、下位打線は機能したが、逆に上位打線が全く機能しなかったのが痛かった。

◆F0−2E◆
前回に続いて、またもや最下位決戦となってしまったこのカード。最下位の座はもうシーズン終了まで悪の温床・楽天に任せておきたい日本ハムだったが、伊集院光の弟子・金村が初回から礒部のタイムリーで先制を許すと、その裏、ノーヒットで満塁のチャンスを貰いながら、三者残塁に終わると言う何とも嫌な立ち上がり。日本ハムは続く2回にも一、二塁のチャンスを逃す拙攻を展開。すると、その隙にとばかりに悪の温床・楽天は4回、草野の犠飛で突き放す。投げては潰していた右手のマメがようやく完治した新助っ人・林が6回を散発2安打無失点の好投を展開。危なげのない投球ながらノムさんは7回から継投策へ切り替えると、ここから5人の投手を繰り出す小刻みな起用で完封リレーを達成。日本ハムは20イニング連続無得点と言う打線沈黙ぶりで伊集院光の弟子・金村を見殺し、最下位脱出に失敗した。

◆M12−1L◆
過去2試合、好投虚しく打線に見殺され、勝敗がつかずにいるロッテ先発・成瀬は、またいつまでも援護を貰えないのでは…と言う不信感からか、立ち上がりから落ち着きかなく、片岡,中島に連打を浴びて先制点を献上。何とか成瀬を援護したいロッテ打線はその裏、満塁のチャンスを掴み、絶好調の青野を打席に迎えるが、センターフライに倒れて、三者残塁。しかし、続く2回に早川が移籍初アーチとなる2ランを放ち、逆転に成功。これで流れを掴んだロッテは4回にはサブロー,TSUYOSHIのタイムリーで一気に3点を追加。これで完全に主導権を握ったロッテは終盤にも着々と加点し、終わってみれば、12安打で大量12点。今季初めて大量リードを背に投げられた成瀬は7回1失点で今季初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(2)トラックバック(74)2007 プロ野球 

April 12, 2007

◆C1−3G◆
広島の先発は投げる度に打線に見殺されているルーキー・青木高。この日も初回から一死一、二塁のチャンスを逃してしまった事に落胆の色を隠せず、直後の2回、よりにもよって怒濤のチャンスブレイカー・ニックンに先制タイムリーを浴びると、前夜のヒーロー・キムタクにもタイムリーを許して、2失点。結局、7回まで投げて失点はこの回のみだったが、援護を貰えない儘、無念の降板を余儀なくされ、またもや見殺される形でプロ初白星はお預け。一方、前回、眠っていたT.ウッズを叩き起こすだけ起こして、久々の白星を逃す事となった巨人先発・木佐貫は3度のピンチを凌ぎながら、6回まで無失点の粘投。7回二死から連打を浴びた所でマウンドを譲ると、代わったチョコが不振の代打・緒方にタイムリーを許して、1点差と迫られたが、土壇場9回、ガッツに貴重な一発が飛び出して、ダメ押し。その裏、昨日の不甲斐ない投球で信頼感を失ったのか、守護神・豊田にはお鉢が回って来ず、8回途中から登板していた林が最後まで投げきり、2年ぶりのセーブ。そして、木佐貫は3年ぶりの白星を手にした。広島は4戦連発と絶好調だった新井が先制のチャンスに見逃し三振したのを初め、4タコ3三振とブレーキだったのが響き、最下位転落となった。

◆T3−1D◆
左腕をぶつければ、好調の左打者よりも、壊滅的不振に喘ぐ右打者の方が分がいいと言う極論にいつまでもしがみつく岡田監督が勝手に自滅オーダーを展開してくれるとは言え、流石にエース・人斬り抜刀斎の登板日を無為にズラす事は出来なかった中日。右が相手と言う事で浜中,関本の0割コンビを気兼ねなく外した岡田監督は林,藤本をスタメン起用。溜飲が下がった思いの阪神打線は初回からキュラソ星人のタイムリー二塁打で先制。続く2回には一死一塁から藤本がショートゴロゲッツー…と思いきや、どう見ても二塁ベースを踏んだ様にしか見えない井端がベースを踏み外したとジャッジされて二塁はセーフ。すると何と投手のボーグルソンに来日初アーチとなる2ランが飛び出して、阪神は3点のリード。自らの一発で気を良くしたボーグルソンは川相不在を象徴するかの様な残塁量産モードを展開する中日の拙攻に助けられながら、5回を無失点。6回に中村に移籍初アーチを浴び、完封が途切れたが、7回からはJFKを投入する必勝リレーで逃げ切り、ボーグルソンは来日初勝利。中日は開幕4カード目にして、初の負け越しとなった。尚、浜中は代打で登場し、ヒットを放ち、打率を1割の大台へ乗せた。

◆YB2−4S◆
金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいで名前が凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガーに対して、横浜は村田のタイムリーで先制。先発・加藤は2回に梶本にプロ初打点となる犠飛を許して、あっさり追いつかれると、4回には宮本にタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。1点差の儘、迎えた7回、横浜は2番手として那須野を投入。協約上限の5倍超の契約金を貰ってしまう程、面の皮が厚い那須野はこんな事があっても全く動じないのか、はたまた汚名を返上したい気持ちで一杯なのか、好調のヤクルト1,2番コンビを連続三振に斬ってとる快投を見せると、その裏、古木が犠飛を打ち上げ、ついに同点。しかし、これで気が緩んだか、那須野は8回、カモのガイエルにむざむざ死球を食らわせて降板すると、代わった木塚が代打・真中にタイムリー二塁打を浴びて、勝ち越し点を献上。9回には吉村のタイムリーエラーで致命的な1点を失い、最後は高津が反撃を断たれた。結局、禊ぎの登板となった筈の那須野が早速黒星を喫してしまう因果応報な展開で敗れた横浜はこれで開幕から11試合連続ぬけぬけと言うプロ野球新記録を樹立し、借金生活に逆戻りとなった。

◆H1−6M◆
背信投球が続いているガトームソンがこの日もワトソン博士,青野の連続タイムリーで2点を先制されるピリッとしない立ち上がり。3回には連続死球でピンチを作った挙げ句に、またも青野にタイムリーを許して、3点目を失った。毎回走者を出しながら、詰めの甘い攻撃で無得点に抑えられていたソフトバンクは4回、小久保の2試合連続アーチで1点を返すも、あとが続かない。で1点を返した。6回には無死一、二塁,8回にも二死一、二塁のチャンスを作りながら、あと一本が出ず。そうこうしているうちに9回に柳瀬がサブローにダメ押し3ランを被弾。これでソフトバンクは3カード連続で勝ち越しを逃す事となった。

◆F0−9Bs◆
4月に入ってからすっかり湿りきっていた偽バファローズが突如、爆発。まず、初回にローズの犠飛で先制すると、2回には平野恵が2点タイムリー。4回には辻の2点二塁打で日本ハム先発・スウィーニーをKOすると、更に、阿部真もタイムリー二塁打。中盤は攻めあぐねていたが、8回に3連打等でダメ押しの3点を追加。投げては先発・川越が8回まで散発無失点の好投を展開。完封がかかったラストイニングで一死満塁の大ピンチを迎えたが、落ち着いた投球で糸井,金子誠と打ち取って、2年ぶりの完封をマークした。今季初の完封負けを喫した日本ハムは再び最下位に転落した。

◆E5−4L◆
ゴールデンルーキー・田中が3度目の先発登板となったが、初回二死二、三塁のピンチを切り抜けると、2回は3人で退け、立ち直りを見せたかに思われたが、3回二死一、二塁と再びピンチを背負った所でカブレラに9試合ぶりの3ランを被弾。4回には細川に犠飛を許して、4点目を献上。しかし、その裏、悪の温床・楽天は山崎武,牧田の連続アーチで追い上げると、続く5回にも山崎武,牧田に連続タイムリー二塁打が飛び出して、一気に同点。黒星を消して貰った田中はその後もピンチを背負いながら、追加点を許さず、7回まで投げ抜いたが、勝ち越してまでは貰えず、この日もプロ初白星ならず。この後、悪の温床・楽天は8回に礒部のタイムリーで勝ち越し。最後は福盛が締めて、ようやく今季初セーブ。2番手の松本に12年目の初勝利が転がり込んだ。悪の温床・楽天は一夜で最下位を脱出し、西武の連勝を6でストップさせた。あと1イニング粘っていれば白星が転がり込んでいた田中だが、投げる度に投球回数が増えてきており、初勝利はそう遠くない日にやって来そうだ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:09コメント(1)トラックバック(81)2007 プロ野球 

 1点ビハインドで迎えた9回二死、今夜の松尾さんの痛烈な打球はJr.のダイビングキャッチに阻まれ、万事休す…と思いきや、大木さんが誤審だと猛抗議。打球はJr.のグラブに収まる直前、三塁ベースを僅かに掠めていた為、Jr.のプレーはダイレクトキャッチではなかったのだ。大木さんの抗議は受け入れられ、ジャッジはセーフへと翻る。更に、続くハマのスペランカー・三田村が四球を選び、一、二塁のチャンス。ここで打席に入った寿也を目にしたスタンドの美穂は試合前に寿也から貰った手紙に、自分を捨てた両親を許せるか分からないが、何の罪もない美穂との失った10年間を帰国後に埋めていこうと書かれていた事を思い出し、感極まっていた。そして、寿也は粘った末についに打ち返す。果たして、打球の行方は!?

 結局、ただの誤審かよ!と言う事で、松尾さんは打ち直しの機会を貰えず、しみったれた内野安打で打席終了。可哀想だ、可哀想過ぎるぜ、松尾さん…。まさか、またハマのスペランカーが…と危惧したが、ハマのスペランカーも刺身のツマでしかなく、回るべくして回ってきた満田キャラ・寿也が痛打。打球の角度からして、どう見ても単打で終わるとは思えず、これは松尾さんに続いて、ハマのスペランカーが長駆逆転のホームを踏む可能性も出てきた。しかし、ここで逆転してしまう様な事があると、その裏、吾郎が再び打たれる展開になるとは思えない上、ギブソンの緊急登板が消滅するばかりか、Jr.へのリベンジの機会すら失われるので、ハマのスペランカーはボルテックの鉄のブロックの前に本塁憤死…か? 別に、逆転後、主砲・ボルテックの同点アーチが飛び出す展開でも構わないんだけどさ。美穂を絡めた演出がいかにも寿也の最終打席です…みたいな雰囲気なんだが、もし、延長に入った場合、果たして、寿也に回るのか否か…。鈴木コジローがチャンスを作って、光中のピッチャー強襲安打で勝ち越し→この際、最後の投手がケガ…と言う場面でギブソンが出てきて、松尾さんをシメ倒すなんて展開にならない事を祈るばかりである

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 06:55コメント(0)トラックバック(0)2007 MAJOR 

April 11, 2007

◆C1−2G◆
広島先発・黒田は立ち上がり、制球に苦しみ、初回いきなり一死満塁の大ピンチ。しかし、ここで恐怖のゲッツー量産マシン・ニックンのショートゴロゲッツーに倒れる相変わらずのインケツぶりに救われると、2回以降は立ち直り、巨人打線を翻弄。一方、前回、継投ミスで初勝利を粉砕されたルーキー・金刃は3回をノーヒットと素晴らしい立ち上がりを見せたが、4回、絶好調の新井に4戦連発となる6号ソロを浴びて、ついに先制点を献上。一気に突き放したい広島だったが、5回には二死二塁から梵のヒットで本塁を狙った倉がマッスル千代の富士の好返球の前に憤死。6回には無死一、二塁の場面で先制弾の新井がゲッツーを食らうなど、あと一本が出ない。大エースと互角に渡り合う投球を見せているルーキーを何とか援護したい巨人は7回、2本のヒットで一、二塁のチャンスを掴むと、金刃の代打・キムタクがライト線へ走者一掃のタイムリー二塁打を放って、一気に逆転に成功。その裏、前回、金刃の白星を粉砕した会田が登板。一死二塁のピンチを迎え、悪夢の再現か!?と心配させた会田だったが、きっちり後続を抑えて、汚名を返上。9回から守護神・豊田投入かと思いきや、若大将・原監督は豊田を見限ったのか、3番手・林を続投させるも、いきなり痛打され、ここでようやく豊田を投入。ただでさえ不安定な豊田を回の頭からではなく、わざわざピンチを作ってから起用すると言う訳の分からない采配にまたしても継投ミスで金刃の白星は粉砕されてしまうのか…と不吉な予感が漂う中、豊田は案の定、一死満塁のピンチを作った上、代打・緒方に対して、カウント1−3と絶対絶命の状況に陥ったが、辛くも凌いで、史上5人目の通算150セーブを達成金刃は黒田に投げ勝ってのプロ初勝利をマークした。

◆T6−6D◆
相手が左投手であればそれが誰であろうと、好調の左打者よりも、壊滅的不振に喘ぐ右打者の方が分がいいと言う極論にいつまでもしがみつく岡田監督のヘッポコ采配を逆利用すべく、落合監督はまたも左腕の長峰を先発に起用。これに対して、岡田監督は0割バッター・関本は外したものの、浜中は相変わらず、スタメン起用。復帰登板だと言うのに、またも味方打線が頼りにならない雰囲気にガックリきたのか先発・福原は福留にタイムリーを浴びるなど、いきなり3失点。その裏、上位打線は好調の阪神はシーツ,ゼブラ今岡のタイムリー二塁打であっさり同点に追いつくも、浜中がきっちりチャンスを潰して、またも打率0割台に逆戻り。これでいい流れが止まってしまったか、2,3回とチャンスを立て続けに逸した阪神に対し、中日は4回、無死満塁から井端のタイムリー等で3点を勝ち越し。粘る阪神はキュラソ星人の一発で追い上げると、8回には二死から連打で一、二塁のチャンス。ここで3タコと相変わらず大ブレーキの浜中を迎えた所で右の浅尾を続投させてしまったのが中日の運の尽き。右対右,左対左に無為に固執する岡田監督はこれ幸いと代打・林を起用すると、理不尽に幽閉されていた鬱憤を晴らすがごとく、林は走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、ついに同点。試合はその儘、延長に突入した。中日は10,11,12回と悉く得点圏に走者を進めながら、決め手に欠く拙攻地獄で均衡を破れず、一方、阪神も延長に入ってからはノーヒットに抑え込まれて、結局、12回規定によりドローに終わった。

◆YB−S◆
降雨中止。

◆H5−9M◆
杉内,小林宏といずれも開幕から16イニング無失点の先発対決となったこの試合。まずはロッテが2回に大塚の犠飛で先制し、杉内の無失点記録を粉砕。川崎が亀裂骨折で登録抹消となり、僅か一夜でベストメンバーが崩壊したソフトバンクだったが、その裏、ブキャナンがあっさり逆転2ランを叩き込み、小林宏もついに今季初失点。1点を争う投手戦になるかと思われた試合は序盤から得点が入った事でスイッチが切り替わったか、この後、両軍怒濤のアーチ攻勢を展開。3回にロッテが里崎,今江の一発逆転すれば、ソフトバンクはその裏に小久保の同点2ラン、続く4回にブキャナンの2打席連続アーチで再び勝ち越し。すると、負けじとロッテは5回にワトソン博士に今季初アーチとなる同点弾。アーチ合戦が一区切りついた所で、ロッテは6回にベニー松山のタイムリーで勝ち越すと、8回には青野がタイムリー。9回にもダメ押しの2点を加えると、最後は小林雅まで投入して、逃げ切りを果たし、5割復帰。ここまで打てない走れないと一番打者失格の成績だったTSUYOSHIが4安打2盗塁とようやく、らしい活躍を見せたのも心強い所だろう。

◆F7−2Bs◆
制球難のセラフィニに対して、日本ハムが電光石火の先制攻撃。2四死球3盗塁でお膳立てが用意された所で青波の長瀬が2点タイムリー。この時、青波の長瀬は右肩に痛みを訴え、交代を余儀なくされるが、4回には内野安打2本を含む4本の単打を集中して、4点を奪い、セラフィニをKO。投げては先発・八木が毎回の様に走者を浴びながら、のらりくらりと偽バファローズの反撃をかわし、6回まで無失点。7回に辻の二塁打で2点を失い、完封は逃したものの、リリーフ陣の援護を仰いで、2勝目をマーク。これで日本ハムは最下位から一気に4位へ浮上した。

◆E2−9L◆
何とか連敗を阻止したい悪の温床・楽天は初回に礒部のタイムリーで先制したのも束の間、先発・牧野がG.G.佐藤に被弾し、あっさり同点。更に、3回にはカブレラ,ベンちゃんの連続タイムリーで3点を勝ち越されると、4回には中島に2点タイムリーを許して、6失点KO。 一方、西武先発・グラマンは先制こそ許したものの、2回から7回までは僅かに1安打に抑える好投を展開。8回にエラーをきっかけに2点目を失い、降板したものの、9回にダメ押しの3点も入って、今季初勝利。西武が6連勝で10勝一番乗りを果たしたのに対し、敗れた悪の温床・楽天は3連敗でノムさん曰く居心地のいい指定席・最下位へ舞い戻った

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:47コメント(0)トラックバック(81)2007 プロ野球 

April 10, 2007

◆C5−4G◆
ようやく打線に当たりが出てきた広島は3回、二死走者なしから、一、二塁のチャンスを作ると、求道者・前田がセンター前へ会心のタイムリーを放ち、1点を先制。更に、好調・新井が3戦連続となる3ランを叩き込んで、この回、一気に4点。4回には栗原に待望の今季はアーチが飛び出して、5点のリード。序盤のピンチを切り抜けた先発・長谷川だったが、勝利投手の権利がかかる5回に気負ったか、エラーとボークでピンチを作り、李のタイムリー等で3点を失うと、7回にはマッスル千代の富士に被弾し、ついにKO。1点差で迎えた8回、二死二塁の場面で三振かと思われた代打・古城へのボールの判定にブラウン監督が怒りの猛抗議。投げこそなかったものの、ホームベースに砂をぶっかけて退場となった事で広島ナインは鼓舞されたか、古城にセンター前へ痛打されながらも、森笠の好返球,倉の好ブロックで決死の本塁死守。最後は守護神・永川が3人で締め、1点差を守りきり、最下位脱出。巨人先発・姜は6回を4安打に抑えながら、うち2本がホームランと一発攻勢に泣いた。これで巨人はまたまた貯金が消滅。

◆T5−2D◆
相手が左投手であればそれが誰であろうと、好調の左打者よりも、壊滅的不振に喘ぐ右打者の方が分がいいと言う極論にいつまでもしがみつく岡田監督のヘッポコ采配により、またも林,藤本は幽閉され、恐怖の0割バッター・浜中,関本コンビがスタメンに登場。すると、川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに飛び出したT.ウッズのアーチで先制された直後、早速、浜中が無死からの走者をゲッツーで潰してしまう。その後、1点ずつ取り合って迎えた5回、上位打線で何とかするしかない阪神は一死満塁からキュラソ星人,ゼブラ今岡の連続タイムリーで逆転に成功。ここでようやく浜中にヒットが飛び出し後、矢野が押し出し四球を選ぶも、今度はもう一人の0割打者・関本がゲッツーでチャンスブレイク。しかし、7回からJFK揃い踏みで中日の反撃を許さず、逃げ切りに成功。先発・ジャンは6回2失点で2連勝。さほど凄い投球はしないものの、毎回そこそこ投げてくれそうなジャンはJFKの恩恵を受けて白星を稼ぐ下柳パターンで最多勝を狙えるか!? それにしても、今日も関本は4タコ。浜中も1本打った後に空振り三振と復調したとは言いきれない。今後も左の先発と当たる確率が高い日程が続くだけに、苦しい状況は変わらない。果たして、不振コンビの復活と、岡田監督の改心とどちらが先か!? 一方、中日先発・山本昌は開幕2連敗。今季中の200勝への黄信号が赤信号へ変わりつつある…。

◆YB7−4S◆
横浜の先発は忘れた頃に凄い投球をすると言うのがステータスなのに、前回凄い投球をしてしまったが為に今回は全く期待出来ないはーちゅん。これに対して、ヤクルトは絶好調の1,2番コンビを前に置いているにも拘わらず、ここまで打点0と言う神懸かり的な成績を残している新助っ人・ガイエルについに来日初タイムリーとなる二塁打が飛び出して、1点を先制。その裏、石川の暴投であっさり追いついた横浜は2回に吉村の今季初アーチで勝ち越し。寿司職人ラミレスの2点タイムリーで逆転された直後の5回裏には村田が史上248人目の通算100号となる3ランをぶち込んで再逆転。更に、吉村にこの日2本目の2ランが出て、ダメ押し。最後はクルーンが締めて、5試合連続セーブ。はーちゅんは凄い投球ではなかったが打線の援護に恵まれて、2連勝。開幕から続いている「ぬけぬけ」状態をまたも更新した横浜はこれで5度目の5割復帰となった。

◆H13−1M◆
大村,本多に続いて、本領発揮の故障発生でリタイアしていたハマのスペランカーも復帰し、ようやく開幕メンバーが戻ってきたソフトバンク打線が序盤から大爆発。2回にブキャナン,大村のタイムリーで3点を先取すれば、3回には小久保のタイムリー等で2点を追加し、突き指した川崎を大事を取って早くも引っ込める余裕の展開。更に、止まらないソフトバンク打線は4回には2エラー2四球と独り相撲の清水をKOした後、4連打で大量6点を奪い、試合を決定付けた。あとは先発・新垣が完封なるかに焦点は絞られたが、8回に松中のエラーをきっかけに1点を失い、ここでお役御免。ブキャナンが4打席連続打点をマークするなど、14安打13点の猛攻でソフトバンクが圧勝となった。しかし、川崎が亀裂骨折だった事が発覚し、明日からの欠場は必至。骨折じゃ、長期離脱だよなぁ。一体いつになったらベストオーダーで戦えるのだろう。それにしても、清水は4点→7点→9点と投げる度に失点が増加。次の登板では魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスの10失点越えも夢ではないか!?

◆F2−4Bs◆
何とか最下位を脱出したい偽バファローズは初回、牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズの6号2ランで先制すると、4回に下山のタイムリーで中押し。そして、6回には牛込氏に「無理に決まってますよ! 夢よ、もう一度って事だろうけど、そんな選手が通用するほど、日本の野球は甘くないですよ」と酷評されたローズにこの日2本目のアーチが飛び出して、ダメ押し。投げては先発・平野佳は7回無失点の好投を展開。2回に1回は失点する心許ない守護神・カーターが被弾するなど、2点差まで詰め寄られたが、大事には至らず、平野佳はようやく今季初勝利。偽バファローズは日本ハムと入れ替わりで最下位を脱出した。それにしても、ローズが本塁打トップを独走しているこの現状を牛込氏はどういう思いで見ているのか、気になって仕方ない

◆E1−4L◆
悪の温床・楽天の先発が左の有銘とあって、6試合ぶりにスタメンに起用された中村は3回、期待に応えて今季初アーチとなる先制2ラン。更に、中島にもタイムリーが出て、有銘はあえなくKO。一方、西武先発・涌井はその裏、フェルナンデスにタイムリー二塁打を浴びるなど、序盤はピンチの連続だったが、4回以降は目を見張る様なピッチングで悪の温床・楽天打線に付け入る隙を許さず、9回も久々に浴びたヒットの直後、きっちりゲッツーに仕留めて、今季2度目の完投で開幕3連勝を飾った。打線沈黙で連敗となった悪の温床・楽天はこれで5位へ転落し、着々と指定席に近付きつつある状況だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:05コメント(2)トラックバック(95)2007 プロ野球 

April 09, 2007

 サンマのひらき効果で3連発による400号到達→夏子はんと結婚…と言う伏線が張られた岩鬼は第2打席では最初から左足を大きく開き、ボールが来たら、足を閉じると言う第1打席とは全く逆の方法で激打するも、打球はフェンス直撃止まりの上、二塁を狙って憤死と3連発の可能性が早くも粉砕される何とも景気の悪い展開。プロポーズ計画があっと言う間に破綻し、落胆の色を隠せない夏子はんに対して、サンマのひらき効果で2の2だから、もう1本(ヒットが)出るなどとはしゃぐ遙は、自分から400号で結婚しろと勧めた事などすっかり忘れている天然ぶりを発揮。4打席使って3発打つ可能性あるものの、最早、サンマとの因果関係はゼロだし(まぁ、これ自体、かなり理不尽なんだが)、岩鬼自身は里中と違って400号で結婚などと公私混同の浅ましい事を考えていない以上、この試合で3発放つ事への拘りはさしてなく、最早、このネタを引っ張る意味はないか? 尚、殿馬の打席は幸か不幸かスルーされ、先週の様な醜態を見ずに済んだのは何よりで、今週のタイトルは「超地獄変」から「地獄変」に復帰した。プロポーズが成立した為、150勝は単なる通過点に過ぎないどうでもいいものになってしまった里中は淡々と投げ続け、1巡目を9人でピシャリと抑える(と言っても、相変わらず、大飛球打たれて義経に助けられてるが)と、サチ子やアナウンサーがやにわにパーフェクトの予感がすると騒ぎ出す。里中クラスの投手が3回完全なんて、今更、珍しくも何ともないだろうに、その妄想っぷりはどうよ? 大体、里中がパーフェクトなるか!?ってなネタは、ついこの間やったばかりだろうに、芸のない事だ。飯島は飯島で里中の快投に「よっぽどいい事があったのか?」などと、寝ぼけたコメント。水島氏的にはプロポーズが成立した事を示唆しているつもりなのだろうが、プロポーズが成立したのは、劇中では半年近くも前の話だなんて事は思いもよらないのだろう。岩鬼の新潟遠征の件と言い、プレーオフ終了後の山田家と言い、1〜2回前に描いた話はたとえ劇中でどれだけの期間が空いていようが、昨日今日あった事の様に描いてしまう有様には閉口するばかりである。4回も3人で抑え、5回裏、先頭の松中を迎える里中に対して、山田はパーフェクトなど考えるな!とテレパシーを送るのだが、果たして…って、水島キャラのノーヒットノーラン,パーフェクトネタはいい加減、飽き飽きなので、そういう期待は全然していない…と言うか早く破れてくれ! この試合は4番勝負だ…とか土井垣が言っていた割に、今の所、山田も松中も完全に蚊帳の外なのだが、今週の引きを考えると、そろそろ松中がパーフェクトブレイクを見せてくれると信じたい所だ。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:44コメント(0)トラックバック(0)2007 ドカベン 

April 08, 2007

◆G2−0T◆
昨夜、初スタメンで大活躍を見せた林(と藤本)を左対左は不利と言う至極安直な理由で外して、何ら復調の気配も見えていない浜中,関本を再びスタメンに戻してしまう岡田ヘッポコ采配が炸裂。0割打者が2人に投手と、警戒すべき打者が6人しかいないオーダーを相手に巨人先発・春風亭半ケツは悠々自適の投球で付け入る隙を許さない。ルーキー・小嶋も全く頼りにならない味方打線に辟易としながらも序盤は粘っていたが、4回、阿部にタイムリーを浴び、ついに先制点を献上。更に、6回にはガッツにライトスタンドへ持って行かれ、無念の降板。2点を追う阪神は7回、二死一、二塁のチャンスを掴むと、ここでようやく林が代打で登場。結局、左対左の状況で使うなら、スタメンで使えよ!と言う不満が鬱積していたであろう林の痛烈なライナーは無情にも小坂の守備範囲で得点ならず。最後のピンチを脱した春風亭半ケツは8,9回も0点で切り抜けて、2年ぶりの完封で2勝目をマーク。巨人は阪神と入れ替わりで2位浮上となった。

◆D6−2YB◆
カリメロ移籍初登板で古巣相手に火だるまに遭ったカリメロが2度目の登板。これに対して、中日は福留の犠飛で3戦連続の初回先制点をゲット。3回にはT.ウッズが2点タイムリー二塁打を浴びせて、3点のリード。カリメロは毎回の様にヒットを浴びながら、先発として最低限の仕事は果たしたが、打線の援護を貰えず、6回で降板。すると、カリメロの後を継いだ木塚,吉見が連打を浴びて、致命的な3失点。この後、2本の犠飛で2点を返すのが精一杯だった。中日はこれで3カード連続の勝ち越し。先発・中田は8回を投げて自責点0の好投で2勝目をマークした。

◆S15−5C◆
魅惑のナックルボーラー・フェルナンデスがついに来日初登板。新井の2試合連続アーチで先制点を貰った直後の2回裏、制球を乱しての3四死球で押し出し。更に、得意のナックルを投手の藤井に痛打され、これが2点タイムリー二塁打となって、勝ち越し点を献上。6回には青木に3ランを浴びるなど、つるべ打ちに遭い、10失点KOと言う惨憺たるデビュー。この後、宮崎,上野のルーキーコンビも炎上し、計18安打15失点で大惨敗。昨日、ようやく目覚めた打線が13安打5点とそれなりに機能すれば、今度は投手陣が壊滅と噛み合わず、再び最下位転落となった。尚、フェルナンデスは「これ以上やられることはないだろうから、気持ちを切り替えたい」と、プラス志向なんだか、マイナス志向なんだかよく分からないコメントで次回の登板へ意欲を見せている。

◆H7−4F◆
3連敗は避けたいソフトバンクは初回から小久保に3ランが飛び出す幸先のいいスタート。しかし、先発・和田が立ち上がりピリッとせず、2回にグリーン,田中幸に連続タイムリーを浴びると、3回には青波の長瀬に逆転2ランを被弾。MICHEALが右肩痛で登録抹消となっただけに、なるべく長いイニング投げておきたい日本ハム先発・グリンだったが、6回に主砲・松中に同点弾を浴びると、更に、柴原には2ランを放り込まれて、勝ち越し点を献上。柴原は8回にも犠飛を放って、ダメ押し。和田は3回から8回までパーフェクトと立ち直りを見せると、最後は守護神・馬原が締めて、連敗脱出。和田は開幕3連勝となった。尚、この日、5試合ぶりのスタメンとなった田中幸はタイムリーとなるヒットを放ち、2000安打まであと15本

◆Bs1−4L◆
自軍の残りカス戦力な筈の悪の温床・楽天より729日ぶりに順位で下回り、一刻も早くこの状態から脱したい偽バファローズは初回のチャンスこそ逃したものの、続く2回に阿部真のタイムリー内野安打で先制。先発・デイビーは6回まで散発3安打無失点と1点のリードを守り抜いていたが、7回、一死一、三塁のピンチに痛恨のボークを犯して、やらずもがなの同点のホームを献上。これで動揺したか、再び一、三塁のピンチを迎えた所で片岡の内野ゴロの間に勝ち越し点を許してしまう。9回にはリードされている場面ながらも投入されたカーターが二死から3連打でダメ押しの2失点。打っては10残塁と拙攻が響いた偽バファローズは3連敗。一方、西武は今季初の4連勝で首位をがっちりキープ。当初、11日にも再来日予定だったジョンソンが右肘のリハビリに長ければ6週間を要する事となり、今季初先発のチャンスが回ってきたギッセルは毎回の様にピンチを迎えながらも、粘りの投球を見せ、6回1失点で今季初勝利。

◆M7−5E◆
弱小球団にあって、開幕2連勝と活躍を見せている青山だったが、この日は不振。初回、いきなり連打で走者を溜めた挙げ句、青野に一発を浴びて、3失点。更に、続く2回には鉄平にタイムリーを許すなど、またも3点を失い、あえなくKO。一方、ロッテ先発・久保も草野,山崎武に被弾するなど、7回途中までに4点を失い降板。更に、藤田,神田が連続二塁打を浴びて、1点差まで詰め寄られたが、このピンチに4番手・高木が踏ん張りを見せると、その裏、青野にこの日2本目となる一発が飛び出し、貴重な1点を追加。8回からは薮田−小林雅と繋ぐ必勝リレーが決まり、連敗ストップで5割復帰となった。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 18:46コメント(3)トラックバック(92)2007 プロ野球 

 Jr.の逆転弾により、絶体絶命の危機に立たされた日本。守護神・ハフマンを送り出し、逃げ切り体制のアメリカに対して、先頭の樋口が一、二塁間を破って、光明を見出すも、続く光中が送りバントを試みてゲッツーを食らう最悪の展開。試合終了まであと一人と言う所で打席に入ったのは今夜の松尾さん。ここまでチームを引き上げたのは吾郎,寿也の若いバッテリーの力であり、Jr.に打たれた事は決して責められないと言う松尾さんはこのまま負けてしまう様な彼らにとって残酷な結末にさせる訳にはいかないとばかりに激振。三塁線を破ろうかと言う痛烈な打球となったが、これにサード・Jr.が素早く反応し、ダイビングキャッチ。審判からは無情にもアウトのコールが響き、万事休すか!?

 満田氏の松尾さんいびりは果てしないねぇ。あの流れはどう考えても、松尾さんの同点ホームランでしょうが! てっきりコジローから始まるもんだとばかり思っていた9回の攻撃だが、この期に及んで8回にコジローで終わっていたと言う景気の悪い展開…。あの状況で癒し系ぬいぐるみスラッガー・光中にバントをさせると言う大木さんの訳の分からない采配…。普通の監督なら、あそこは光中を下げて、名手・川相(もどき)をピンチバンターに送る場面だが、どうせ茂雄(もどき)の陰謀により、川相(もどき)はメンバーに入っていないにしても、それにしたって、光中よりバントのうまい小技の利く控えはいただろうに…。とどめに、吾郎達に対するあの松尾さんの断固たる決意を感じさせるモノローグ。どれもこれも全て松尾さんの同点弾の伏線だと思うでしょうが! しかし、結果はあのザマ! 大体、あの流れで一発で決めにいくのではなく、三塁線へ流し打つ段階で景気が悪い事この上ないよなぁ。とは言っても、流石にこれでゲームセットって事はストーリー上、ありえない。アウトのコールは宣告されたんだから、Jr.は完全捕球してる訳であの後、落球する展開はないにせよ、実はタイムがかかっていたとか、水島漫画でありがちなボルテックがインターフェアーをやらかしていた展開とか、何らかの延命措置が取られるのだろう。打ち直しならば、松尾さんの同点弾の可能性も浮上するが、しかし、三塁線へ流し打ってしまう弱気なバッティングをしてしまった事実は消えないんだよなぁ…。とりあえず、インターフェアーでハマのスペランカーが同点タイムリーとか言う展開にならない事を祈るばかりである。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 13:27コメント(2)トラックバック(0)2007 MAJOR 

April 07, 2007

◆G3−4T◆
打率0割台に喘ぐ浜中,関本に代わり、林,藤本を初スタメンに起用した阪神。ニックン,キムタクのタイムリーで2点を先制されるも、スタメン起用に燃える林の一発で1点を返すと、3回にはキュラソ星人の犠飛で同点。更に、またもや林が勝ち越し2点タイムリーを放って、巨人先発・アゴくらをKO。2点を追う巨人は何と野口にタイムリーが飛び出し、1点差と詰め寄ると、以降も再三チャンス掴みながら、あと一本が出ない。一方、阪神も5,6回と悉くゲッツーでチャンスを潰し、7回も無死一、二塁でクリーンアップトリオが凡退する拙攻続きで1点差が動かない。8回に一死三塁と絶好の場面を作った巨人だったが、阪神は9回を待たずして藤川を投入すると、これが的中。藤川の前に反撃を断たれた巨人はあと一歩及ばなかった。先発ローテに漏れ、中継ぎで活路を見出すしかなくなった2番手・野口が3回1/3を抑えたのは救いか。

◆D5−8YB◆
横浜の先発は巨人に強い…と言うか、巨人にしか強くない土肥。この日も初回から4安打を集中されて3点を失い、相変わらず、巨人以外にはからっきしな所を見せつける。しかし、横浜は3回、プロ初先発打と言うのに川相不在のマウンドを強いられて不安感一杯の佐藤亮に対して、6連打を浴びせるなど一気に5点を奪い、逆転に成功。6回には中継ぎ降格させられた4番手・朝倉を攻め立てて、石井タクローのタイムリー等で3点を追加。2回以降立ち直ったかに見えた土肥はその裏、福留に被弾した後、連打を浴びてKOされるも、中継ぎ陣が1イニングずつをきっちり抑えると、守護神・クルーンが三者三振で締めくくりね逃げ切りに成功。横浜は先発全員の2桁安打で5割復帰。一方、中日は3つのヘッポコエラーがいずれも失点に繋がるなど、川相不在の弊害を露呈。今季最多の8失点で連勝は3でストップした。

◆S1−6C◆
ヤクルト期待の高卒ルーキー・増渕がついに初先発。今日も相変わらずの貧打に苛まれる広島相手に2回の新井のソロアーチを打たれただけの7回1失点と言う上々のデビューを果たした。しかし、肝心の味方打線は寿司職人ラミレスのタイムリー三塁打で先制した以降は残塁の山を築く拙攻地獄で勝ち越せず、増渕のプロ初勝利はお預けとなり、試合は1−1の儘、延長へ突入。延長に入ってからも一向に快音が聞かれる気配が見えない広島だったが、11回に突如、爆発。求道者・前田の内野安打を皮切りに満塁のチャンスを掴むと、栗原が実にチーム31イニングぶりとなる走者一掃のタイムリー二塁打を浴びせて、一気に3点を勝ち越し。更に、倉にも2点二塁打が飛び出して、この回5点と、今季最多得点をこのイニングだけで達成。連敗を止めた広島はヤクルトと入れ替わりで最下位を脱出した。

◆H2−3F◆
開幕から、らしからぬ投球が続いている斉藤和。この日も初回に簡単に二死を取ったのも束の間、ミスタースナイパー・坪井に三塁打を浴びた後、、青波の長瀬,稲葉,高橋と3連続タイムリーを浴びて、早々と3点を献上。2回以降は立ち直りを見せたものの、この日は相手が悪かった。日本ハム先発・ダルビッシュは初回こそ内野ゴロの間に1点を失ったものの、以降はソフトバンク打線をなで斬る奪三振ショーを展開。一向に点差を縮められない儘、斉藤和は3戦続けて7回もたずに降板。先発として最低限の仕事は果たしてもエースとしては物足りない内容で今季初黒星。8回にも内野ゴロの間に1点を許し、1点差に詰め寄られたダルビッシュだが、全く危機感を感じさせない投球で自己最多タイの14三振完投で今季初白星。9回投げての2戦連続14Kは野茂以来史上2人目と言う快記録。大村の6戦ぶりの復帰も報われず、今季初の連敗を喫したソフトバンクは首位陥落となった。

◆Bs1−4L◆
西武は初回、カブレラの内野安打で先制すると、2回には礒?が犠飛を打ち上げ、1点を追加。2点のリードを貰った先発・オツは初回のピンチを切り抜けてからは安定した投球で偽バファローズ打線を翻弄し、6回まで散発2安打無失点の好投。7回にローズに被弾し、リリーフ陣に後を託したが、長田−小野寺ときっちり繋いで逃げ切りに成功。オツは意外にもプロ初の開幕3連勝となり、西武は首位に浮上した。一方、偽バファローズ先発・吉井はこれで開幕3連敗。3月は好スタートをきった偽バファローズだったが、4月に入ってからは1勝5敗と低迷し、いつの間にやら最下位へ転落してしまった。

◆M3−7E◆
前回の登板で今季の完全復活を予感させた渡辺俊だったが、この日は3回に高須の二塁打で先制点を許すと、青野の2点二塁打で逆転して貰ったにも拘わらず、6回にはまたも高須にタイムリーを浴びて同点。更に、山崎武に犠飛を許して、勝ち越しを許すと、7回には鉄平に2ランを浴びて、5失点KO。悪の温床・楽天は8回には山崎武,ウィットに連続アーチが飛び出して、ダメ押し。オープン戦での不振で開幕一軍を外され、ようやく今季初登板となった悪の温床・楽天先発の一場は4回途中でKOとなったが、2番手・山村が好リリーフで試合を作った。悪の温床・楽天はこれで3位となり、10試合以上消化後では球団初のAクラスに浮上した。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 23:18コメント(0)トラックバック(55)2007 プロ野球 

April 06, 2007

◆G6−1T◆
当サイト推奨助っ人・ゴンザレスが開幕早々ハマのチンピラにスナイプされた後遺症により、ついに登録抹消となる悲劇に見舞われてしまった巨人はゴンザレスの代わりに5番に入っている怒濤のチャンスブレーカー・ニックンが初回から絶好のチャンスを潰す相変わらずのインケツぶりを遺憾なく発揮する嫌な立ち上がり。先発・内海も開幕戦で好守に渡って援護してくれたゴンザレスの戦線離脱に動揺を隠せず、2回に満塁の走者を背負うも、ここで下柳を打ち取り、何とかピンチ脱出。するとの、その裏、もう一人の新助っ人・ホリンズが先制タイムリー。更に、マッスル千代の富士,松田記者にも連続タイムリーが飛び出して、3点。4回には李が3ランを叩き込み、下柳を早々とKO。内海は5回にシーツのタイムリーで1点を許したものの、尻上がりに安定感を増していき、完投で2勝目をマークし、チームの連敗を2で止めた。一方、またも拙攻三昧で連敗を喫した阪神。上位打線は当たっていると言うのに、下位打線の壊滅的な貧打ぶりが泣けてくる。浜中,関本と0割台の打者が二人もいて、矢野も1割台と来れば、これで得点が入る方が不思議と言う状態だ。

◆D6−3YB◆
当ブログ推奨助っ人・ゴンザレスの手首を粉砕する罰当たりな真似をかましたハマのチンピラに対して、中日はこの日で通算1000試合出場となった福留の犠飛で先制すると、更に、李の犠飛等でこの捨て、3点。しかし、立ち上がりからピリッとしない朝倉に対して、横浜は不振の吉村に代わって、今季初スタメンとなったメカゴジラのタイムリーで1点を返すと、4回にはまたもメカゴジラがタイムリー二塁打を浴びせ、朝倉をKO。1点差に追い上げられた中日は6回に井端が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりに今季初アーチとなる3ランを叩き込み、試合を決定付けた。横浜は初回に2失策の失態をかましたガッツな貴公子・仁志が汚名返上の移籍初アーチを放ち、追い上げたが、最後は3連投となる岩瀬が反撃を断ち切り、球団新の通算117セーブ目。2番手めグラセスキは2回を無失点に抑える好リリーフで昨日に続いての白星をゲットした。

◆S2−0C◆
ヤクルトの先発は金村(日本ハム)の師匠・伊集院光が「合体変形ロボみたいで名前が凄ぇかっこいいから」と言う理由で一押しの新助っ人・グライシンガー。これに対して、広島は求道者・前田,新井の連打で初回から絶好のチャンスを掴んだものの、嶋が倒れて、先制ならず。以降、すっかり当たりが止まってしまった味方打線のいつ貰えるか分からない援護を待ちながら、3回まで無失点と踏ん張っていたルーキー・青木高だったが、4回、満塁のピンチを迎えると、リグスのファーストゴロの間についに先制点を献上。6回には青木に一発を浴びて、2失点で降板となり、この日も好投は報われず。一方、グライシンガーは7回無失点でリリーフ陣に後を託すと、木田画伯−高津と繋いで、完封リレーを達成。グライシンガーは来日初勝利。貧打続きの広島だが、意外にも完封負けは今季初だった。

◆Bs2−5L◆
ルーキー・岸,川越の相譲らぬ好投で序盤は0−0の投手戦。4回に前夜の殊勲者・ラロッカに2試合連続となる先制弾が生まれ、ようやく均衡が崩れたが、以降も二人の投げ合いは続き、膠着状態の儘、終盤へ突入。好投のルーキーを何とか援護したい西武は7回、G.G.佐藤の逆転2ランを皮切りに6連打を浴びせて、大量5点のビッグイニングを形成。8回まで散発3安打に抑え込んでいた岸はプロ初完投を賭けて、9回のマウンドへ。簡単に2人を打ち取って、初完投初勝利は決まったかと思いきや、ここから一、二塁のピンチを迎えると、北川にタイムリーを浴びて、ついにKO。代わった小野寺は前回、岸のプロ初勝利を粉砕する失態を演じたが、この日はきっちりと後続を断ち、逃げ切りに成功。岸は初完投こそ逃したものの、デビュー2戦目にして嬉しいプロ初勝利を飾った。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 22:34コメント(0)トラックバック(61)2007 プロ野球 

April 05, 2007

◆G3−5D◆
上原,パウエルの戦線離脱により、6番手として開幕ローテの座を掴んだ木佐貫が9ヶ月ぶりの一軍マウンド。初回、軽く三者凡退に抑えると、その裏、李のタイムリーで先制点を貰う幸先のいい立ち上がりとなったが、直後の2回、昨夜ついに目覚めたT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ放り込まれ、あっと言う間に同点。それでも、調子が悪いながらも要所を締める人斬り抜刀斎と互角の投球を演じ、試合は中盤へ。5回、松田記者,ガッツの連続タイムリーで再び勝ち越して貰い、3年ぶりの白星が見えたかと思ったのも束の間、直後の6回、またもやT.ウッズに川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにバックスクリーン右へ同点2ランを叩き込まれて、この回限りで無念の降板。そして、迎えた8回、巨人2番手・チョコに対して、またまたT.ウッズが川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにレフトスタンドへ会心の2ランをぶち込んで、ついに中日が勝ち越し。こうなれば、あとは岡本−岩瀬と繋ぐ必勝リレーが決まり、中日がこの3連戦勝ち越し。T.ウッズが完全に目覚めたのは何よりだが、それでも川相不在を象徴するかの様に一発依存の展開は決して手放しで喜んではいられない。一方、何とか復活を遂げて欲しい木佐貫はT.ウッズ一人にやられたものの、とりあえず先発としては及第点の内容で今後に期待。ここまで先発6人がいずれも最低限の投球を見せているのは巨人にとっては救いだろう。上原,パウエルが復帰してきた時、果たして、誰が落とされてしまうのか、今から気になってきた。

◆S4−1T◆
両軍共に初回から満塁のチャンスを逃すなど、序盤は拙攻合戦が続いたが、4回に飯原の一発でようやくヤクルトが先制。今日こそ今季初勝利を掴みたいヤクルトだったが、6回、先発・石井一がキュラソ星人に被弾し、試合は振り出しに。酷使していた中継ぎ陣が雨天中止で休めたのをいい事に、ボーグルソンに代打を送って、7回から継投モードに入った阪神だったが、これに対して、ヤクルトは先頭の寿司職人ラミレスがいきなり今季初アーチを放って、勝ち越しに成功。更に、宮本のタイムリーと福川のスクイズが決まって、ダメを押すと、館山−高津と繋いで、ようやく今季初勝利を手にした。

◆C2−3YB◆
求道者・前田がスタメンに復帰した広島だが、この日は頼りの前田に本来の冴えが見られない。それでも新井の一発と栗原の犠飛で2点のリードを貰ったエース黒田が6回まで2安打無失点の好投を見せる。しかし、7回、一死一塁から古木に痛恨の2ランを許して、同点に追いつかれると、9回には鈴木なおのりに被弾し、勝ち越し点を献上。最後はクルーンの前に反撃を断たれて、この3連戦負け越し。またも得点は2点と貧打から抜け出せない広島はいつまで先発投手を見殺し続けるのか?

◆L8−3H◆
大村が消え、本多が消え、そして、早くも時限爆弾に火がついたハマのスペランカーの定例行事で日に日に弱体化の一途を辿るソフトバンク打線。しかも、この日は恐怖のパ・リーグ撲滅漫画「ドカパロSS 地獄変」で公私混同虚弱投手・里中にパーフェクトに抑え込まれる呪いをかけられ、試合前から重苦しいムード。ブキャナンの二塁打で先制したのも束の間、先発・ガトームソンが細川,礒?と伏兵コンビによもやの連続被弾で簡単に逆転されると、4回にもカブレラのタイムリー等で2失点。ブキャナンの一発と、ようやく代打で出てきたハマのスペランカーのタイムリーで1点差まで追い上げるも、その裏、藤岡,柳瀬のリリーフ陣が4点を失う体たらくで試合を決定付けられた。

◆Bs3−2M◆
前回、打線に見殺されて白星を逃した成瀬に借りを返したいロッテ打線は初回からズレータの一発先制するも、2回以降、2度の満塁のチャンスを逃すなど、6回まで1併殺9残塁と怒濤の拙攻地獄。5回まで1安打無失点の快投を見せながら、不甲斐ない味方打線に焦りを隠せない成瀬は6回、阿部真にタイムリーを許し、ついに追いつかれてしまう。しかし、8回、この日、当たっている青野に一発が飛び出し、待望の勝ち越し点をゲット。その裏、一死二塁でラロッカを迎えた所でバレンタインが薮田にスイッチする余計な手出しをかまし、案の定、これが裏目。薮田はレフトスタンドへ特大逆転2ランを叩き込まれる最悪の展開で成瀬の白星をまたも粉砕。結局、9回はカーターに軽く捻られ、ゲームセット。15人もの走者を出しながら、結局、ソロ2発でしか点を奪えない有様で3連勝を逃してしまった。

◆E1−3F◆
悪の温床・楽天相手に3タテ食らう訳にはいかないと必死の日本ハムに対して、ゴールデンルーキー・田中がプロ2度目の登板。デビュー戦は2回途中でKOを余儀なくされたが、この日は毎回走者を出しながらも、粘りの投球で6回を1失点(自責0)に抑える好投を展開。何とか田中に白星をつけてやりたい悪の温床・楽天だったが、伊集院光の弟子・金村の前にいきなり鉄平,高須の連続二塁打で1点を先制しながら、それ以降は手も足も出ず、田中のプロ初勝利はまたもお預け。1−1の儘、迎えた8回に青波の長瀬の3戦連続アーチでついに勝ち越した日本ハムは9回にも金子誠の一発でダメ押し。伊集院光の弟子・金村は1失点完投で今季初勝利。8回の満塁のチャンスを逃したのが大きく響き、悪の温床・楽天の連勝は3でストップした。

ランキング投票にご協力下さい→ 人気blogランキング



ritzberry at 21:58コメント(2)トラックバック(93)2007 プロ野球 
Amazon Search
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
Clock Link
プロ野球Freak
Amazon
Recent TrackBacks
Recent Comments
Amazon.co.jpロゴ
  • ライブドアブログ